FC2ブログ
1: 名無しさん 2014/04/24(木)21:44:03 ID:Szv4usymy
まどか「うん!今日は建前抜きで皆の欠点を言い合おうよ!」


QB「君はまた訳の分からないことを……」


杏子「はぁ?何でそんな面倒なことやらなきゃなんないのさ」


マミ「そうね…特に皆溜め込んでることもないと思うし」


まどか「だめだめ!そうやってええかっこしいするの今日は無し!!」

まどか「今日は皆が腹の底で思ってることぶちまけて結束を強める日なの!」


さやか「…でもさぁ?許容出来るくらいの欠点ならわざわざ指摘する必要なくない??」


まどか「どんな小さな欠点でも改善する努力は必要だと思うな?」


さやか「ぐぬぬ……」


ほむら「フッ……いつにも増して考えが浅いわね、美樹さやか」

ほむら「脳みその一部を円環の理に置いてきてしまったんじゃないの?」
2: 名無しさん 2014/04/24(木)21:45:05 ID:Szv4usymy
さやか「おまっ……ほら!見た!?…こいつに至っては常に悪口全開じゃん!」


ほむら「あなたに対してだけよ」


さやか「余計たち悪いわ!」


マミ「ん~……でもやっぱり私達付き合いも長いし、今更結束を強めようなんて言われてもねぇ…?」


杏子「お互い良い所も悪い所も知り尽くしてる感があるしなぁ……」


まどか「その油断が命取りなの!」

まどか「私もほむらちゃんのこと隅から隅まで知り尽くしてると慢心してた結果があれだよ!」

まどか「何が『この時を待ってたドヤァ』よ!素直に導かれときなよ!?なんなの悪魔()って?!」

まどか「マミさん顔負けのイタイタしさだよ!」バンッバンッ


マミ「か、鹿目さん落ち着いて……」


まどか「あんな悲劇を繰り返さないためにも悪口大会を開催します」


さやか「まぁ……まどかがそこまで言うならいいけどさ」


ほむら(私まどかに味方したのに……)
3: 名無しさん 2014/04/24(木)21:46:14 ID:Szv4usymy
まどか「じゃあまずはさやかちゃんの悪口から!せーので一斉に一言言っちゃって!」ワクワク


まどか「じゃあQBよろしくね!」


QB「やれやれ……」


さやか「え? 何これ一人一人集中砲火浴びせていく形式なの?」


QB「せーの!」


まどか「人の話聞かない」


マミ「突っ走りがち……?」


杏子「バカ」


ほむら「負け犬」


さやか「表出ろや下二人」
4: 名無しさん 2014/04/24(木)21:47:36 ID:Szv4usymy
さやか「上二人が言ってることは……まぁ分かるよ?」


まどか「ほむらちゃんの忠告無視したり、マミさん殺しの犯人に仕立てあげたり……」


マミ「挙句の果てには独断で契約していたわよね?」


さやか「……ご迷惑おかけしました」
5: 名無しさん 2014/04/24(木)21:49:06 ID:Szv4usymy
さやか「でもあんたらのは本当にただの悪口でしょうが!」


杏子「あ? 悪口大会なんだから当たり前だろうが?」


ほむら「それに事実よ」


さやか「欠点をなおすってのが目的だろうが!あんたらのは趣旨が違うでしょ?!そうだよねまどか!」


まどか「ウェヒヒ……皆の日頃の鬱憤を晴らすのも目的だから問題ないよ」


さやか「くそぅ……」
6: 名無しさん 2014/04/24(木)21:50:05 ID:Szv4usymy
さやか「大体負け犬って何なのよ!」


ほむら「何回同じ時間を繰り返しても、世界を改変しても、続編を作っても100%寝取られるあなたを負け犬と呼ばずに何と呼べばいいの?」


QB(エグい)


さやか「おまっ……それっ!…おまっ!!」パクパク


ほむら「どうしたの?ついに日本語を話せなくなったのかしら??」ニヤッ


さやか「このっ……知ってるんだぞ!!あんたが昨日こっそりまどかの下着をかぶ……」


まどか「ほむらちゃんの悪口はまだ駄目だよ?今はさやかちゃんの番」


ほむら「ふっ、無様ね?美樹さやか」


さやか「後で覚えてろよ…」ブツブツ


まどか「……覚えといてね、ほむらちゃん」ボソッ


ほむら「ほむぅ!?」ぞくっ
8: 名無しさん 2014/04/24(木)21:51:58 ID:Szv4usymy
さやか「それにバカってなんなのさ……」


マミ(美樹さんの背中が煤けて見える…)


杏子「言葉の通りだろうが」

杏子「あんたは他人の為にがむしゃらなまでに一途に突き進める人間だ」

杏子「その癖自分の見返りなんて二の次……ほとんど考えてない」

杏子「馬鹿としか言いようがないね」


さやか「杏子ォォォォォォ!!」ダキッ


杏子「おい!?いきなり何だよ?!」


マミ「美樹さんと佐倉さんの仲が深まって良かったわ」


まどか「……………チッ」


ほむら(!?)
9: 名無しさん 2014/04/24(木)21:53:53 ID:Szv4usymy
まどか「はいはいはい…じゃあさっさと次行こうか」


QB「君はさっきから何がしたいんだい?」


まどか「いいからちゃんとやって……次、杏子ちゃんね」


杏子「……まあいいけどよ」


QB「せーのっ」


まどか「言葉遣いが悪い」


マミ「遠慮しない」


ほむら「育ち悪そう」



さやか「乞食」


杏子「っ!?おい待ておかしいだろ!てめぇ?!」
10: 名無しさん 2014/04/24(木)21:55:46 ID:Szv4usymy
さやか「何?何でそんなハイになってんの?」


杏子「半分くらいあんたのせいだ!」


さやか「いやだって………ねぇ?」


杏子「ねぇ?じゃねぇよ! おかしいだろさっきの流れからして!!」


さやか「それはそれ。これはこれでしょ?」


杏子「裏切りやがったなっ……!!」
11: 名無しさん 2014/04/24(木)21:56:50 ID:Szv4usymy
さやか「いやぁ……流石に落ちてるガム拾って食べたりするのは私も引くっていうか辞めて欲しいというか…」


まどか「うわぁ……」


杏子「食いもん粗末にする訳にはいかないだろ!」
12: 名無しさん 2014/04/24(木)21:58:03 ID:Szv4usymy
マミ「まぁ、佐倉さんの食い意地が異常なのは確かね」


杏子「マミまで何を言い出す?!」


マミ「あなたこの前も鹿目さん達にご馳走しようと用意してたケーキ全部食べたわよね?」


杏子「………………」


マミ「5人分」


杏子「………………」
13: 名無しさん 2014/04/24(木)21:59:51 ID:Szv4usymy

杏子「そ、それにしたって育ち悪そうとか口悪いとか言われてもどすればいいんだよ!」


まどか「一回丁寧な口調で話してみればいいんじゃないかな?」


ほむら「流石私のまどかね。ナイス提案よ」


まどか「ティヒヒ、ありがとうほむらちゃん!」

まどか「でもほむらちゃんのじゃないから」


杏子「丁寧口調って急に言われても……」


さやか「じゃあさ!まずは丁寧口調で私に挨拶してみてよ!」


杏子「はぁ?!」


マミ「いいんじゃないかしら」


QB「挨拶くらいなら小卒でも出来るだろうしね」
14: 名無しさん 2014/04/24(木)22:01:33 ID:Szv4usymy
杏子「いや……つっても…」


まどか「きょ~うこちゃんのっ!」


さやか「ちょっといいとこ見てみたいっ!!」


まどか「ちょっといいとこ見てみたいっ!!」


ほむら「イェイ!イェイ!」


杏子(こいつら他人事だからって調子乗り過ぎだろ…!)


QB(さやかは自分の番が過ぎた瞬間に様変わりしたね)


杏子「……」


杏子「あ~……さやかさん!おはようございます!!」ニコッ





まどか「さて次に行こうか」


ほむら「ええ」


さやか「そうだね」


杏子(コイツラ殺すっ……! 絶対殺すっ…!!)
15: 名無しさん 2014/04/24(木)22:03:34 ID:Szv4usymy
まどか「さて!乗ってきた所で次はマミさんだね!」ウェヒヒ


マミ「 あら…お手柔らかにね?」ニコッ


まどか「QB?」


QB「…………せーのっ!」




まどか「デブ」


ほむら「デブ」


さやか「繊細過ぎる」


杏子「デブ」


マミ「Why!?」
16: 名無しさん 2014/04/24(木)22:05:14 ID:Szv4usymy
マミ「美樹さんはともかく攻める所おかしいわよ!あなた達!!」


まどか「いやだってデブだし」


ほむら「デブね」


杏子「デブだな」


マミ「中2病とかボッチとか言われる覚悟はしてたけどこれは予想外よ!!!」バンッ
17: 名無しさん 2014/04/24(木)22:06:39 ID:Szv4usymy
マミ「何で私だけ身体的な特徴を指摘するの?!誰にも迷惑掛けてないでしょ!?」


ほむら「……デブは自覚がないから困るのよ」ボソッ


まどか「デブさんのことデブって言うの辞めなよ!!」机バンッ


マミ「そういうの本気で傷付くからやめて!」
18: 名無しさん 2014/04/24(木)22:08:28 ID:Szv4usymy
杏子「ケーキばっか食うからデブるんだよ」


マミ「あなたにだけは言われたくない!」バンッバンッ


まどか「あのデミさん、あんまり騒ぐと近所の方に迷惑ですから……」


マミ「やめろって言ってるでしょ!?」


さやか「というか……マミさん別に太ってないと思うんだけど…」


杏子「はぁ!?あんたの目は節穴かよ!」


ほむら「脳外科に行くついでに眼科に行くことをお勧めするわ」


マミ「…………………」


マミ「……うっぐ……ひっぐ」


QB(マジかよ…ガチ泣きかよ……!?)
20: 名無しさん 2014/04/24(木)22:09:46 ID:Szv4usymy
さやか「マ、マミさん!?大丈夫ですか?!」


マミ「だっでぇぇぇぇ!!がなめざんだぢがあ¨ぁぁぁぁぁ!!!)


さやか「よしよし」ナデナデ


さやか「ちょっとー!あんたらがマミさん虐めるから泣いちゃったじゃん!!マミさんは繊細なんだぞ!」




まどか「うわぁ~デブさん中三にもなってガチ泣きだって~」ヒソヒソ


杏子「ないわ~」ヒソヒソ


まどか「いくら巨乳でもあんな精神年齢幼い女はありえないよね~?」ヒソヒソ


ほむら杏子「「ね~」」ヒソヒソ


QB(コイツラ……)
22: 名無しさん 2014/04/24(木)22:11:38 ID:Szv4usymy
まどか「さあさあ!最高に盛り上がって来た所で締めにほむらちゃん行ってみよう!!」


マミ「うぅ……グスン」


QB(この亀裂修復不可能だろ…)


ほむら(フッ……私は誰に何ていわれようが耐えられるわ。まどかさえ居てくれればそれで…)


まどか「ほらQBちゃっちゃとする」


QB「せーのっ!!!」






さやか「クレイジーサイコレズ」


杏子「悪魔()」


マミ「一人で色々と抱え過ぎ」


まどか「生理的に無理」


ほむら「いやあぁぁぁぁぁ!!?」


QB(Oh……)
24: 名無しさん 2014/04/24(木)22:13:10 ID:Szv4usymy
ほむら「何で!どうしてなのまどか!?」


まどか「いや……普通に考えて女の子同士で『愛よ』とかドヤ顔で言う人に近付きたくないよね」


ほむら「」



マミ「誰かお茶のお代りいる?」

美樹「あ、一杯ください!」

杏子「お!私のも」
25: 名無しさん 2014/04/24(木)22:14:15 ID:Szv4usymy
ほむら「違う!違うのよまどか!!」


まどか「何が違うのかな?」


ほむら「あれは家族愛とか母性愛とかそういう意味の愛なの!!決してガチレズ的な意味ではないの!!」


まどか「子供のパンツを夜な夜なこっそり被って踊り出す親がどこにいるのかな?」


ほむら「」




マミ「あ、お菓子も持ってこようかしら」

杏子「いいのか~デブるぞ~?」

マミ「…佐倉さんのだけは持って来ないわ」

杏子「ごめんなさい」

マミ「分かればいいの」

ガヤガヤ
26: 名無しさん 2014/04/24(木)22:15:45 ID:Szv4usymy
ほむら「たし……かに。いいえ。正直に言うとあなたを性的な目で見てしまう時もあるわ」


まどか「だよね」


ほむら「だけど、私はあなた自身には決して危害を加えたりはしないわ!」


ほむら「それだけは神に誓ってもいい!!」


まどか「781回のループ中103回……私を無理矢理襲ってたよね」


ほむら「」


まどか「神様はちゃんと見てたんだよ」ニコッ




さやか「それでその時杏子がぁ……」

杏子「ちょっ!それ以上言うのはよせよ!」

マミ「あらあら」
27: 名無しさん 2014/04/24(木)22:16:55 ID:Szv4usymy

ほむら「ごめんなさい!本当にごめんなさい!許して!!」


まどか「許すも何も怒ってないよ?生理的に無理なだけで」


ほむら「出来心だったの!」


まどか「103回??」


ほむら「そ、それは…繰り返すごとにあなたとの時間がズレていって……!」


まどか「だからって何をしてもいい訳がないよね?」


ほむら「何でもするからぁぁぁぁぁ許してぇぇぇぇ!!」


QB(必死過ぎて怖い……)
29: 名無しさん 2014/04/24(木)22:18:32 ID:Szv4usymy
まどか「さてさて親睦を深められた所で!今日はお開きにしよっか」

まどか「あ、ほむらちゃんは今後半径2m以内に近寄らないでね?」


ほむら「まどかに嫌われた……死のう。まどかに嫌われた……死のう。まどかにきら」ブツブツ


さやか「ちょっと待ってよ!」


まどか「何かなさやかちゃん?」
30: 名無しさん 2014/04/24(木)22:19:41 ID:Szv4usymy
さやか「あんただけ何も言われないで終了なんて虫が良すぎない?」


マミ「ええ、美樹さんの言う通りね?」


まどか「え~?…もう充分親睦を深められたと思うけどなぁ??」


杏子「え~じゃねぇよ」


まどか「ほむらちゃんもそう思うよね?」


ほむら「!え…えぇ。その通りね」


QB「いや……そんなこと無いね」
31: 名無しさん 2014/04/24(木)22:20:17 ID:Szv4usymy
ほむら「っ!…何を言い出すのインキュベーター!!」



QB「君達5人中4人……まどか以外が悪口を言われたんだ」

QB「彼女だけが何も言われないなんて理屈にそぐわない」

QB「君達がなんと言おうが始めさせてもらうよ」


まどか「………………」


ほむら「インキュベーターっ……やめなさい!!」


QB「せーのっ!!!!」



さやか「笑い方が変態」


杏子「女子中学生が演歌好きとかありえない」


マミ「腹黒い」


ほむら「………じ、純粋」
32: 名無しさん 2014/04/24(木)22:21:58 ID:Szv4usymy

さやか「今一瞬言い淀んだろ?悪口なのそれ??」


ほむら「言い淀んでないわ!純粋過ぎて騙されやすい子なの!あの子は!!」


ほむら「それより『笑い方が変態』って何よ!!」


さやか「ウェヒヒwwは親友の私から見てもちょっと…」


ほむら「笑い方なんて皆違って当然でしょうが!」


ほむら「皆違って皆いいの!!むしろウェヒヒwwの方がいいわ!」


QB(流石に無理があるよ)


まどか「…………………」
33: 名無しさん 2014/04/24(木)22:22:37 ID:Szv4usymy
ほむら「あと女子中学生が演歌好きで何が悪いの!?」


杏子「渋過ぎんだろうが」


ほむら「可愛いまどかが渋い演歌を好んで聴いてるのがいいんでしょ!?ギャップ萌えよ!!」


杏子「……流石にそれはねぇわ」


ほむら「女子中学生ですらないあなたに言われたくないわよ!!」


まどか「…………ほむらちゃん」
34: 名無しさん 2014/04/24(木)22:22:58 ID:Szv4usymy
ほむら「ついでに巴マミ…見損なったわ」


ほむら「まどかはあんなにも純粋で可愛いのに腹黒いなんて一体どの口が…」


マミ「今日の態度見てたらねぇ?」


ほむら「……」


ほむら「まどかは純粋で真っ白な子だから何色にも染まりやすいの!!」


QB(それはつまり腹黒だと認めてるようなものじゃ…)


まどか「もういいんだよ……ほむらちゃん」


ほむら「まどか…」
36: 名無しさん 2014/04/24(木)22:24:32 ID:Szv4usymy
まどか「私が……間違ってた」

まどか「最初から…全部」

まどか「ちょっと行き過ぎちゃうこともあるけど…私の為にこんなにも頑張ってくれる……それがほむらちゃんなんだよね?」

まどか「生理的に無理なんて酷いこと言ってごめんね」


ほむら「ううん……気にしなくていいわ」グスッ



杏子「へへ…世話掛けさせやがって」

さやか「あんた達はいつも素直じゃないかねぇ」

マミ「さあ!暁美さん!ビシッと決めてしまいなさい!!」

QB「やれやれだね」



ほむら「あなたたち……!」
37: 名無しさん 2014/04/24(木)22:25:23 ID:Szv4usymy

ほむら「まどか……!!」ダキッ


まどか「ほ…ほむらちゃん!?」


ほむら「私ね……まどかのことだいっっっすき!!」


まどか「ほむらちゃん……」











まどか「やっぱ無理」ニコッ
38: 名無しさん 2014/04/24(木)22:25:46 ID:Szv4usymy


終われ
39: 名無しさん 2014/04/24(木)22:27:35 ID:mSabpG9B6
報われないのかよ!!
乙乙!

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング