FC2ブログ
2: ◆TDuorh6/aM 2016/11/03(木) 22:12:08.64 ID:4ny7LBaBO
フレデリカ「ふんふんふふーん、ファンタスティック~」


杏「それはFだよ?」


文香「ちゃんとFですね…」


肇「…え、なんですかこの流れ」


フレデリカ「…なんだろーね?」


文香「…さぁ…フォアボールですね…」


杏「えー、球審の宮本です」


肇「間違ってなかった!」


3: ◆TDuorh6/aM 2016/11/03(木) 22:14:38.91 ID:4ny7LBaBO
フレデリカ「うーん、ふぁみでりか?」


肇「そういえば、あのコンビニって交差点に3箇所展開して他のコンビニ潰しにいきますからね」


杏「なにその下手なシムシティ」


文香「…実際の業者がやっているのですから、ケチをつけるのはどうかと…」


杏「そんなつもりはないけどね?」


肇「杏ちゃんは待機で」


杏「ごめん意味がわからない」
4: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 01:04:23.64 ID:NnqGOaLS0
フレデリカ「そーいえば、竹輪なんだけどね」


杏「なにがどーなってそーいえばなの?」


肇「杏さん、そこを求めたら負けですよ」


杏「別に勝つ気はないんだけどなぁ…」


フレデリカ「おでんの具の話しよっかなーって」


杏「あー、最近寒いもんね」


肇「地域によって、具材も違いますからね」
5: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 01:43:11.60 ID:NnqGOaLS0
フレデリカ「こないだコンビニでおでん買おうとしたらね、ロールキャベツがあったんだー」


文香「ロールキャベツ…」


肇「竹輪関係ない…それにしても、普通おでんってロールキャベツ入ってましたっけ?」


杏「自分ちで作る時は入れないよね」


フレデリカ「でねー、珍しいからびっくりしちゃって」


肇「そこまでですか?コンビニによってはラーメンやイカまでありますが」


杏「あー、あと薬味とか辛子も色々あるよね。柚子胡椒とか」


文香「柚子胡椒…ラーメン…」


肇「文香さん、せめて普通に会話に参加して下さい」




6: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 01:49:12.91 ID:NnqGOaLS0
フレデリカ「でねー、結局Fチキ買ったんだけど」


肇「おでんは?」


フレデリカ「仕込み中だったんだー」


杏「ありゃ、それは残念だったね」


文香「では…今から、おでんをしにいきましょうか?」


肇「買う、ではなくしに行くんですか?」


杏「杏は構わないけど、どこでやるの?お店?」


フレデリカ「…フレちゃん今日そんなに手持ちないよ!」


肇「逃げましたね…」


文香「いえ、既にお願いしてありますので…」


杏「…ん?誰に?」

7: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:15:25.66 ID:NnqGOaLS0
茄子「いらっしゃいませー、お待ちしてましたよ!」


フレデリカ「いえ~い、お邪魔しちゃいまーす」


文香「フレデリカさん、邪魔する様でしたら…」


杏「…ここどこ?」


肇「さぁ…気が付いたら、到着していましたね」


杏「何言ってるのか分からないと思うけど杏達も理解出来てないから」


フレデリカ「ここはきっとFの空間だねー」


茄子「深く考えたら負けですよっ!津田沼の星と一緒です」


文香「では…始めましょうか」


肇「おでん、ですか?」


フレデリカ「お鍋だよー」


杏「なんでさ」

8: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:20:18.65 ID:NnqGOaLS0
フレデリカ「わぁお、もう六人分食器が用意されてる!」


茄子「食材も大体用意してありますよ」


肇「茄子さん、料理出来たんですか?」


茄子「切るくらいなら流石に出来ますって」


杏「…ん?六人分?」


茄子「あ、朋ちゃんが台所で野菜切ってます」


肇「ふぅ…」


文香「…何ベースのお鍋にするのですか?」


フレデリカ「やっぱり家だしホームベースじゃない?」


文香「では、フレデリカさんはハンペンのみで…」


茄子「富士山の水を贅沢に使ったキムチ鍋ですよっ!」


杏「富士山の意味…」

9: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:24:46.63 ID:NnqGOaLS0
文香「…はやく…」


肇「文香さん、キムチ鍋ですから零すと致命傷ですからね?」


杏「鍋かー、久し振りだなー」


フレデリカ「竹輪入ってるかなー?」


茄子「みなさん飲み物はどうします?」


肇「でしたらお茶を持ってきます。フレデリカさんは牛乳でいいですよね?」


フレデリカ「わぁお肇ちゃんの先制攻撃!」


杏「それとなんで肇ちゃんは2リットルのペットボトル持ってるのさ」


文香「…お鍋の蓋が…揺れ始めてますね…」


茄子「お手つきしたら手持ちを鍋に戻して貰いますからね」


杏「完全に坊主めくり」


フレデリカ「麻雀やる?フレちゃん強いよー?」


茄子「…負けませんよ?」


肇「せめて文香さんがいないところでやって下さい」


10: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:28:04.05 ID:NnqGOaLS0
文香「…そろそろ、完成ではないでしょうか?」


フレデリカ「いぇーい待望の鍋だね」


肇「さて…始まりますか」


茄子「ふふっ、年長者としての威厳を見せないといけませんね」


杏「しょうがないなぁ…本気でやってあげるよ」


茄子「では…蓋をとりますよっ!」


がばっ!


ーーー


ーーーーー


ーーーーーーー



11: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:31:02.82 ID:NnqGOaLS0
杏「…あれ?私寝てた?」


肇「…私も寝てました。何故かみなさんと鍋をする夢を見た気が…」


文香「鍋…鍋…」


肇「作って差し上げましょうか?」


杏「それ鍋自体でしょ?」


フレデリカ「あー、せっかく新しい必殺技あったのになー」


肇「あ、これは無かったやつですね」


杏「それにしてもみんな同じ夢を見るなんて不思議だねー」


文香「あら、杏さん…ポケットに、何か…」



12: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:36:28.09 ID:NnqGOaLS0
杏「これは…竹輪?」


肇「ロマンの欠片もありませんね」


文香「この竹輪は…確か、鍋に入れた竹輪ですね…」


杏「なんで分かるのさ」


肇「そう言えば、茄子さんが…年長者としての威厳を見せる、と言っていましたが…」


フレデリカ「すごい必殺技だねー」


杏「威厳、威厳ってなんだ」


文香「ですが…不思議な体験でしたね」


肇「それと、朋さんは…?」


杏「あ、流しの方で寝てるね」


文香「今頃おそらく、給仕に忙しいのでしょう」


杏「夢の中まで…がんばれ朋ちゃん」


フレデリカ「とりあえずさっきの竹輪食べさせてあげよっか」


杏「なんでそうなった」


14: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:38:21.79 ID:NnqGOaLS0
茄子「ふふっ、もう少ししたらまた呼んであげますか」


朋「あー、のんびりお鍋なんて幸せね」


茄子「では改めて、いただきます」


朋「いただきます」


茄子「キムチ鍋、美味しいですねっ!」


朋「…」


朋「…なんでかしら?竹輪の味しかしないわコレ」

15: ◆TDuorh6/aM 2016/11/05(土) 03:39:15.38 ID:NnqGOaLS0
地方によっておでんの具材は違うそうですね
コンビニも様々で、この季節はおでんで楽しめます
お付き合い、ありがとうございました
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 23:34:27.42 ID:O7ZBTw/e0
世にも奇妙な物語でありそうな展開だな。
なんだかんだで付き合いのいいふじともは癒し。

関連スレ:

この書き手のSS
(このシリーズの他の作品もこちらに)


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング