FC2ブログ
1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 10:46:33.21 ID:np0Nbn5DO
――海

――誰もいない砂浜を二人歩く

千枝「Pさんと、こうして海を一緒に歩くのは初めてですね」

モバP(以下P)「あぁ、いつもは撮影か、L.M.B.Gのみんなと一緒だからな」

P「ま、明日から学校も始まるし、夏の海ともしばらくお別れだな」

千枝「そうですね……」



千枝「あの……Pさん」クルッ

P「ん?」

千枝「千枝がこうやってアイドルになってなかったら、千枝はあなたの隣をこうして歩いていられたのでしょうか?」

千枝「……もし、千枝がアイドルに……もし、Pさんじゃない人に出逢っていたら……」

P「……それはわからないな」

千枝「……」

千枝「……むぅ」プクー

千枝「そこは嘘でも、一緒だって答えてください」プンプン

P「ははっ」



P「でも」

P「俺の隣は千枝がいて、千枝の隣には俺がいる。そんな現実じゃ駄目かな?」

P「ま、実際問題、担当の子に手を出している最低な」

ギュウゥゥ

P「お、おい」



千枝「えへへ……ここにいる間。この海岸を歩いている間だけでも、Pさんの左腕は千枝のモノですよー!」



千枝(ありがとう……ございます)



――少女の目にうっすらと浮かぶのは涙であろうか

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535679992
2: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 10:49:01.01 ID:np0Nbn5DO
31日だけど、街中を子ども達がよーさん歩いているのを見て思いつきました。

書きとめはありませんので、ゆっくり投稿していきます



こちらは、L.M.B.G全員+晴+こずえに手を出したプロデューサーである等、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします
3: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 11:00:06.05 ID:np0Nbn5DO
――30日



麗奈「♪宿題は~」

みりあ「NO!」

美由紀「♪やらないよ~」

仁奈「YES!」

くるみ「♪そうさ「約束は日曜日まででしたよね」

麗奈「うっ……そ、その声は」オソルオソル

ネネ「ちょうど晴ちゃんと梨沙ちゃんも捕まえましたし、みんなで一緒にやりましょうか」ゴゴゴ

晴「」チーン

梨沙「」チーン





ありす「どうしたんですか?たしか夏休み入ってすぐに、終わったって本人が」

舞「その……感想文と自由研究がまだ……」

桃華「……で、事務所内のあちらこちらで騒いでらっしゃるのですね」



ユズハヤラナイヨー

ユズチャン、ニゲタライチゴパスタノケイデスヨ!

ユイモニゲルヨ

ニョワー、サテハオメーアンチダロー



千枝「あはは……」



ガチャ

P「よぉ、宿題完了組はどれだけいるか?」

みんな「プロデューサーさん!?」

P「急で悪いが、宿題未完了組で穴が開いてしまってな。今から……数箇所に別れての収録だがやれるか?」

みんな「はいっ!!」
5: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 18:34:26.79 ID:np0Nbn5DO
―代役はすぐに決まった

晴「悪い、ありす。感想文さえ終われば……」

ありす「いいんですよ。それに急いで読んだ本の感想文なんて、読まれた本がかわいそうです」

晴「お、言ってくれるな。ならぎゃふんって言わせるぐらいのモノを書いてやる!」

ありす「ぎゃふんって……でもその意気です」



梨沙「もーっ、パパと遊ぶ日を増やしていたらこうなっちゃんだから!」

桃華「あら?そんな言い訳に使われるなんて、梨沙さんのお父様もさぞかしお嘆きでしょうね」

梨沙「な……」カチン

梨沙「……」

梨沙「……そうね。パパのせいにするなんてアタシらしくないわ。こうなったら全力でいくわよ!」

桃華「そうですわね。つねにその姿でしたら、Pちゃまもきっと喜ばれますわ」

梨沙「ぶっ!……アンタ、今それを言う?」

桃華「さぁ?……ふふふっ」



P「どうやら行き先は決まったみたいだな。ネネはここを頼まれてくれるか?」

ネネ「はい、任せてください!」グッ

P「じゃあ、本当に急ですまないが現場の方をよろしく頼む!」



みんな「わかりました!」
6: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 18:40:04.42 ID:np0Nbn5DO
―海

―撮影終了後の海辺は、夏休み最後ということで夕方には人もまばらであった



こずえ「ふわー、おわったのー」

千枝「はい、お疲れ様でした」

カタカタ

千枝「片付けも終わりましたし、忘れ物はありませんね」

こずえ「ないよー、ぬらしたしたぎはもったー」

千枝「わわっ、それは隠してくださいっ!へ、変な人に見つかると大変なんですからね」

こずえ「んー?あとはないよー」

千枝「じゃあ、後は帰るだけですね」

こずえ「……」

こずえ「ちえー」

千枝「はい、何ですか?」



こずえ「このままー、かえるだけでいいのぉー?」

千枝「えっ?」
7: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 18:48:48.95 ID:np0Nbn5DO
こずえ「ぷろでゅーさーもくるしー、いっしょにいるのー」

千枝「えっ、で、でも、それじゃあPさんに迷惑が……それにこずえちゃんも」

こずえ「だいじょうぶなのー」



こずえ「二人の想いは私にはわかります」

こずえ「ここは私に任せて、千枝ちゃんはPと一生の想い出を作ってください」

千枝「えっ?え?こずえちゃん……?」ドギマギ

こずえ「それが……私たちの…プロデューサーを想う人からのあなたへのプレゼントです」

千枝「えっ、えっと……」

こずえ「みんながPに想いを伝えられず、尻込んでいる際に、一番先に伝えて結ばれたこと。感謝しています」

こずえ「それから……私たち全員がPと結ばれるきっかけになったのですから」

千枝「こずえちゃん……みんな……」

こずえ「私は、若葉さんと帰りますので……」



オーイ

チエチャーン、コズエチャーン

こずえ「さぁ……」



千枝「は……はいっ!」

千枝(ありがとう……みんながPさんを想う気持ち、大切にするからね)

タッタッタッ
8: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 18:58:18.47 ID:np0Nbn5DO
千枝「Pさぁん!」ダキッ

P「おっ、撮影も終わって元気だな。じゃあ……」

千枝「あの、あのっ、ご迷惑じゃなければ……」

P「ん?」







若葉「こずえちゃんはいいの?」

こずえ「Pは一人、私たちは20人……想いは違ってもやっぱり一人に」

若葉「そっか……でもおこぼれを貰うぐらいは罰は当たらないよね」

こずえ「それは大丈夫。Pもそこまで度量の低い男じゃないよ」

若葉「そっか……そうだね」

ギュッ

こずえ「……」

若葉「こずえちゃんもいいのよ。お姉さん、なんか涙を流したくなっちゃったし」

こずえ「ん……ありがとー」

若葉「あ、喋り方、元に戻るんだ」

こずえ「この方が……」

こずえ「なきたいと…きは……えうっ……うっ……うぐっ」

若葉「うん……うん……ぐすっ」



―二人、慰め励ましながら海に流すように、溢れる想いを、心の底の熱い言葉をすべて涙に変えていった
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 19:19:18.96 ID:np0Nbn5DO
ザクッザクッ

千枝「……」

P「……」

千枝「……」

P「……」



P「千枝……何か…」

千枝「見てください、Pさん。月があんなに」

P「ん……正に月が綺麗ですねっていうそのものだな」

千枝「Pさん……それは改まっての告白ですか?」

P「あ……いや、い、今のは偶然。偶然だからな」

千枝「ふふっ、そこは言葉で大好きって言ってくれますと、女の子的にポイントは高かったですよ」

P「おいおい、どこでそんな言葉を」

千枝「悪い女の子の方が、ヒミツがあって素敵ですよね」

P「奏か文香辺りか?まったく、俺の千枝を変な方向へ染めようとしやがって」

千枝「ふふっ、それも内緒ですよ」

P「その仕草、奏だな……まったく」



P「で、急にどうした?夏休みは終わるが、またいつでもこれるだろ?」

千枝「……毎日」

千枝「あの日から毎日会っていたのに……夏休みが終わったら、そう毎日、すぐには会えなくなったらと思ったら……」

千枝「急に目の前が真っ暗になって」

千枝「千枝がPさんに告白して……」

千枝「結ばれて、愛してもらったのは嘘だった……そう思っちゃうんです」

千枝「もう千枝は、Pさん中毒の患者さんです」
10: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 19:25:53.47 ID:np0Nbn5DO
千枝「だから……いつか……いつになるかわかりませんが」

千枝「千枝と……千枝と一緒になるために……千枝と結婚してください」

P「千枝……」

千枝「そのためならなんでもします。千枝のすべてを捧げます。料理だって裁縫だって得意です」

千枝「あ、まず千枝がトップアイドルになればPさんだって」



P「千枝!」

千枝「っ!」ビクッ



千枝「ゴメ…ナ…イ」

千枝「ごめんなさい……ごめんなさい」

千枝「謝って許してもらおうってわけじゃありません……」

千枝「でも、千枝はPさんが大好きで、大好きで……」

千枝「だから……」



P「……すまない」
11: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 19:38:16.79 ID:np0Nbn5DO
千枝「っ!」



千枝「……そう……ですよね」

千枝「千枝はまだ……」

千枝「Pさんにも人生がありますから……」

千枝「ごめんなさい……」

千枝「でも……Pさんを……あなたを想う気持ちは……誰にも負けたくなかったです」

千枝「だから……あなたを好きだったアイドルとして」



P「そうじゃない!」

千枝「え……」



P「俺の方こそ……こんな……まだ11歳の……小学生にいつ妊娠させてもおかしくないことをさせ」

P「自分の趣味でアイドル達の衣裳や仕事を決めたり」

P「怖いんだ……まだ自分の中でただ今まで通りのやり方でいいのかって」

P「たまに爆発しそうになるんだ……みんなを幸せにできるだろうかって。こんな俺が」

P「こんな……まだ一人ですらトップアイドルにしていない男に、千枝の将来を付き合わせるなんて……そんなの」



千枝「それでも……それでもPさんがいいんです!」

千枝「Pさん一人でも、千枝一人でも、いつかは倒れるかもしれません」

千枝「でも、横に誰かがいれば……千枝がいなくても他の誰かがいれば、Pさんは絶対に大丈夫です」

千枝「だって、私たちを……こんな風にした人なんですから」
12: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 19:45:24.97 ID:np0Nbn5DO
P「こんな……風?」

千枝「だって、だって……そうじゃないですか」

千枝「千枝を……私を……みんなをこうやって導いて」

千枝「みんな、素直な気持ちでPさんを好きって言ってるんですよ」

千枝「Pさんに心から……精神的な面でも頼りにしてますから」

千枝「時々、何気ない一言で心のやわらかい所が傷ついちゃってますけどね」

P「す、すまん」



千枝「でもよかった」

ズイッ

千枝「千枝もPさんにも心にやわらかい所があるって知ることができて」

ズズズィ

P「千枝?」

千枝「だから」

グイッ



千枝「今から、Pさんの心、食べちゃいますね」



チュッ
13: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 19:56:33.20 ID:np0Nbn5DO
―事務所

オハヨー

オハヨーデスヨ

アラ、ピーサンハ?



バタバタバタ

P「お、おはようございます!」ゼーゼー

千枝「おはようございます!」ツヤツヤ



みんな「…………おはよう」ギラリ

千枝「あ、あれ?み、みんな?」タジタジ



ありす「Pさんはここに待機していてくださいね」

ネネ「ふふっ、私が見張ってますよ」

千枝「えっと……そうだ、学校の書類を」タジタジ

桃華「今はそれはいいですのよ」ガシッ

梨沙「さぁ、洗いざらい」ジリジリ

麗奈「昨日の出来事を」ジリジリ

美由紀「話してもらうよ」ジリジリ



千枝「ふぇ……ふぇぇぇっ!」

千枝「えっと、えっと……は、初めて…中に……出してもらいました……えへっ」ポッ

桃華「死刑」

ありす「意義無し」

千枝「うわぁーん!」

ギャーギャー





ネネ「で、実際は?」

P「海岸で朝まで20回以上は……」

仁奈「で、ちゃんと避妊したでごぜーますか?」

P「その……七回目でゴムが…」

若葉「……ぎるてぃ!」

晴「意義無し」



ギャー







こずえ「おわりだよ~」

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング