FC2ブログ
関連スレ:

モバマスP「今日は花屋に行く日だった」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:58:56.87 ID:HhIqsmas0
凛「いらっしゃい、そろそろ来る頃だと思ってたよ」

P「ああ、予約してあった物は届いてるか?」

凛「うん、蛇結茨と……」

P「二つ増やしただろ?」

凛「あったあった、エーデルワイスと彼岸花」

加蓮「それにしても、洒落たことするんだね。 ロマンチスト?」

P「うるさい、って居たのか」

奈緒「悪ィか?」

P「別に悪くないさ」

加蓮「ふふ、ならいいじゃない」

P「まーな」

凛「明日行くんでしょ?」

P「……ま、約束だからな」

凛「私達も、付いて行っていいかな?」


お久しぶり
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:04:42.59 ID:HhIqsmas0
P「来ても面白いことは無いと思うぞ?」

加蓮「いやー、別の意味で面白いし」

奈緒「だな」

P「アホか」

凛「明日だけど、何時に行けば良いかな」

P「さあな」

奈緒「は?」

P「気まぐれだから、いつ来るかも分からないし」

加蓮「あ、一緒には行かないんだ?」

P「そりゃな、あそこで会うのが大事なんだよ」

加蓮「やっぱりロマンチストだね」

P「違うっての……」

凛「加蓮はわかってないね」

加蓮「人をロマンの欠片も無いみたいに」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:09:10.22 ID:HhIqsmas0
P「ま、その話は追々しようか」

凛「うん、私も店を空けるわけにはいかないから」

奈緒「んじゃ、明日3人で迎えに行くから」

P「ん? 俺んち知ってたっけ?」

凛「前の時に……ね」

P「うわ……」

加蓮「アタシらも必死だったからね」

奈緒「主に凛がな」

凛「……うん」

加蓮「否定しないんだ?」

凛「否定しても、もう遅いから」

P「……じゃあな」

凛「ありがとうございました」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:14:18.43 ID:HhIqsmas0
加蓮「……さて、Pさんは去ったわけだけど」

凛「私は引き続き店番だからね」

奈緒「はいはい、じゃあハナコと遊んでるから」

凛「ちょっと、私だけほったらかし?」

加蓮「店番でしょ? 仕方ないね」

奈緒「仕方ないな」

凛「……ずるい」

加蓮「あはは、冗談だよ」

奈緒「アタシらに手伝えることあれば言えよな」

凛「うん」

奈緒「……ところで加蓮さ」

加蓮「うん?」

奈緒「いつからプロデューサーのこと名前で呼ぶようになったんだ?」

加蓮「……あれ?」
11: 画像先輩おっすおっす 2013/03/25(月) 01:19:41.88 ID:HhIqsmas0
翌日

ぴんぽーん

P「……はい」

凛「おはよ」

加蓮「おはよー」

奈緒「おっす」

P「もう来たのか、まだ9時だぞ」

加蓮「いつ来るかわからないなら、早めの方がいいんじゃない?」

凛「そういうこと」

P「なるほどね、じゃあ行くか」

奈緒「おう」

P「……遠足じゃないぞ?」

凛「……知ってる」

P「じゃあそのお菓子とジュースはなんだよ」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:24:39.31 ID:HhIqsmas0
加蓮「道中暇だと思って」

奈緒「思い出話を聞きながら電車に揺られるのもいいだろ?」

P「ロマンチスト発見」

奈緒「う、うっさい!」

P「ま、その方がいいか」

凛「じゃ、行こう?」

P「メールは……いいか」

加蓮「送らないの?」

P「送る必要なんて無いかもしれんからな」

奈緒「ふーん、変わってんの」

P「15年同じことしてきたんだ、今更だろ」

凛「……いいな、そういうの」

P「そうか?」

凛「うん」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:29:34.29 ID:HhIqsmas0
加蓮「15年といえば凛の歳と同じだからね」

P「そう考えると長いな」

奈緒「さ、行こうぜ。 電車少ないんだから」

P「そうだな」







凛「お弁当?」

P「2時間くらいだとしても、長旅には変わらんからな」

凛「なんだ、言えば作ったのに」

P「……作れるのか?」

凛「完全にバカにしてるよね?」

P「お前らはどうなんだよ」

奈緒「……あんまり」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:34:09.55 ID:HhIqsmas0
P「イメージに無いものな」

凛「あはは」

奈緒「ひっでェな! 今に見てろ!」

加蓮「アタシは練習中」

凛「そうなの?」

加蓮「うん、ちょっと前からね」

P「何でまた」

加蓮「……うーん? 何でなんだろ」

奈緒「気まぐれだなァ」

凛「……猫?」

P「……加蓮にゃん?」

凛「ぶふっ」

加蓮「ちょっと、噴き出さないでよ」

凛「けほけほ……ごめん」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:40:43.68 ID:HhIqsmas0
P「ふむ、考えてみるか」

加蓮「やめてよ、変なことになりそう」

P「今度ネコミミと尻尾でもつけてみるか」

奈緒「是非立ち合せてくれよな」

凛「私も私も」

P「あはは、勿論だ」

加蓮「アタシがいじられるなんて……」

P「……お、乗り換えだぞ」

凛「加蓮、置いていくよ?」

加蓮「……むー」

P「不貞腐れてる加蓮って珍しくないか?」

凛「だね」

P「拗ねっ子は放っておいて行くか」

加蓮「ちょ、ちょっと!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:47:41.78 ID:HhIqsmas0
がたん   がたん

P「……変わるものと変わらんものがあるだろ?」

凛「うん」

P「この路線だけはずっと変わらないんだ」

奈緒「景色は変わっちまったのか?」

P「大分かな……駅の数も減ったし、今乗ってるのだって俺達だけだろ?」

加蓮「そういえば……もぐ……全然いないね」

凛「食べながら喋らない」

P「あはは、思い出って大事だぞ?」

奈緒「Pさんとあの人に思い知らされてるって」

P「そう言われるとなんだかな」

加蓮「んぐ……他にも話聞かせてよ」

P「いいや、俺は弁当食うわ」

凛「私も」

奈緒「んじゃアタシも」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:52:15.58 ID:HhIqsmas0
△△駅

P「結局昼過ぎだな」

凛「3時間くらいかかるんだね、去年は短く感じたのに」

奈緒「起こすの任せて寝てたのは何処の誰だよォ?」

凛「……誰?」

奈緒「しらばっくれやがって、もういい」

加蓮「とにかく、これからもう向かうの?」

P「折角だし、ダム見るか」

凛「ダム?」

P「ああ、もともと俺達が住んでた町があるダムだ」

加蓮「……ねえPさん」

P「なんだ?」

加蓮「住んでた町が無くなるなんてアタシ達にはわからないけど、寂しくない?」

P「寂しくないよ、お前達もいるしな」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 01:59:30.70 ID:HhIqsmas0
凛「う……」

奈緒「そう言われると照れるな……」

P「ま、昔を思い返す暇すら無いってことだよ」

加蓮「……大変?」

P「まさか、楽しいさ……さ、こっちだ」

凛「加蓮、平気?」

加蓮「もう大丈夫だよ、去年とは違うから」

奈緒「頼もしいな、出発ー」







P「平気か? 公園化してるから道も舗装してあるけど……」

加蓮「ん、平気……トレーニングのお陰かな」

凛「私達も平気だよ」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:05:38.81 ID:HhIqsmas0
P「さ、これだ」

加蓮「……うわ……」

奈緒「……すご……」

凛「わ……綺麗……」

P「湖面しか見えないけどな、水位が下がったときは電柱なんかも見えるぞ」

凛「それも……綺麗なんだろうね」

P「んー……どうなんだろ」

奈緒「なァPさん」

P「なんだ?」

奈緒「……ちょっとだけ、思い出ってものがわかったかも」

P「……」

わしわし

奈緒「な、なんだよ……撫でんなよ……」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:10:52.47 ID:HhIqsmas0
P「さて、俺はもうちょっとここに居るつもりだけど……駅に戻ってるか?」

凛「……私達もここにいていい?」

加蓮「もうちょっと話聞きたいな」

奈緒「……アタシも」

P「そのコーヒー取ってくれ、何の話からしようかな……」

―――――

―――



P「げ」

凛「……17時、だね」

加蓮「話し込んじゃったね」

P「加蓮……平気か?」

加蓮「自分でもびっくりするくらい平気だよ」

奈緒「アイドルって体力つくもんなァ」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:15:44.04 ID:HhIqsmas0
P「さて、花の確認もしたし……行くか」

凛「……今更だけどさ、迷惑じゃない?」

P「全部知っておいて何を言うよ」

加蓮「……あー、全部聞いたもんね」

奈緒「何か悪ィことしたな」

P「気にするな、一度下まで戻らないと道が無いからな……暗くなる前に下りるぞ」

凛「わかった」







凛「……着いたね」

P「……」

奈緒「……Pさん?」

P「……ふー……」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:23:40.54 ID:HhIqsmas0
加蓮「緊張してるの?」

P「違うよ、ここはいつ来ても変わらないから……すこし安心するんだ」

凛「……いない……ね」

P「時間潰したつもりだったんだけどなー」

奈緒「……へ?」

P「あの人は夜に来るんだよ」

加蓮「え、アタシ達早すぎた?」

P「今日も昼過ぎに来る予定だったのにさー、お前らがさー?」

凛「……ごめん」

P「いいよ、普段思い出さないことまで思い出したから」

加蓮「あと1時間くらいかな?」

P「そんなでもない、夕暮れには来るさ」

奈緒「ふーん?」

P「……ほら」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:31:28.44 ID:HhIqsmas0
凛「……うん、来たね」

奈緒「おーい! のあさーん!」

のあ「……貴方達……?」

加蓮「こんばんは、のあさん」

のあ「……ええ……」

P「今年は会えたね」

のあ「……そうね……」

P「……」

のあ「……」

奈緒「……お……?」

加蓮「……立ち入れない……」

凛「……二人の世界とか……ずるい」

P「そんなんじゃないよ、懐かしんでただけ」

のあ「……記憶は……違ってしまったりするものだから……」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:36:37.72 ID:HhIqsmas0
P「いや、そこまで疎通は無理じゃない?」

のあ「…………」

P「無理だから」

のあ「……記憶の鍵はPの瞳であると言っても……?」

P「何それ……」

凛「わかんない……」

奈緒「……のあさんってさ」

加蓮「うん、時々わからない」

P「さ、もう日没か」

のあ「……待っていた……向こうを見なさい……」

奈緒「あ、さっきのダムだ」

加蓮「こっちの方が高いところにあるんだね」

凛「夕焼け……綺麗だね」

P「俺も見るのは初めてだわ」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:43:53.51 ID:HhIqsmas0
のあ「……この瞬間……Pにあの町で最後に会ったのも……この夕暮れ……」

P「ばいばいって言って……それっきりだね」

のあ「……待っていたわ……15年……」

P「アイツら景色見てて気付いてないな……今のうちに」

のあ「……何……?」

P「で……これ」

のあ「……蛇結茨……」

P「なんとなくだけどさ、毎年持って帰ってたでしょ」

のあ「……想像することは易いわ……」

P「で、持って帰るの?」

のあ「…………」

P「じゃあ、はい」

のあ「…………そう…………」

P「誕生日おめでとう、のあちゃん」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:50:45.76 ID:HhIqsmas0
のあ「…………」

P「初めて会って16年、再開して1年……パーティーでもした方が良かったかな?」

のあ「……無用よ、この瞬間に勝るものなどそう無いわ……」

P「大げさだな」

のあ「……今の私の言葉をどう理解するかは……P次第よ……」

P「……わかってはいるんだけど……ね」

凛「のあさんってさ、回りくどくストレートに言うよね」

P「……凛!?」

のあ「……景色はもういいのかしら……」

奈緒「うん、凄かった」

加蓮「綺麗だったなーって考えてたら二人で誕生日会してるから……見学してた」

P「見てどうにかなるもんでもないぞ」

凛「私達も言わなきゃと思ってね、誕生日おめでとう……のあさん」

奈緒「おめでとう!」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 02:56:22.55 ID:HhIqsmas0
加蓮「おめでとう、のあさん」

のあ「……誕生日……祝う事など……無かったというのに……」

P「珍しく感激してる……?」

のあ「……誰かの為に……など……」

P「こんな形になったけど、小さい誕生会だな」

のあ「……感謝を形に……空を見なさい……」

P「うおお!?」

奈緒「何だよこれェ!?」

凛「……流星群……?」

加蓮「……まさかのあさんが……!」

のあ「……私は人外じゃないわ……」

P「おお、のあさんが傷ついてる」

のあ「……暦の通りなだけ……毎年の事だけれど……」

奈緒「……すげー……毎年これ見てるんだ?」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 03:03:40.23 ID:HhIqsmas0
のあ「……ええ……星が流れる様は……万華鏡のよう……」

凛「……あ……」

P「……本当のロマンチストってのあさんなんじゃ……」

のあ「……Wish upon a star……」

P「……それって?」

のあ「……意味は考えなさい」

P「そっか」

のあ「花……増えてる……?」

P「折角誕生日を祝えるし……去年はおめでとうも言えてなかったからね」

のあ「……言葉より容易く意思を伝える方法はあるわ……」

P「ふーん?」

のあ「……ん……」

P「ちょ、ちょっと」

凛「待った」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 03:09:09.08 ID:HhIqsmas0
加蓮「アタシ達も見てるのに」

奈緒「な、何やってんだよォ!?」

P「何しようとしてんだ!」

のあ「……謝意……」

凛「だめ」

P「同じく」

のあ「……ふっ……」

P「げ、最終行っちまう!」

加蓮「やば、早く帰らないと」

奈緒「急げ!」

凛「ほら、行こうよ二人とも」

のあ「……P……来年も……」

P「ここで会おう」


おわり
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 03:10:56.77 ID:HhIqsmas0
のあさん誕生日おめでとう
蛇足で申し訳ない


モバマスP「今日は花屋に行く日だった」
の続きですはい
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 03:15:44.02 ID:6dChsSNl0
おつおつ
前作も読んできた よかったぜ

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング