FC2ブログ

貞子「あ、あれ?!で、出られない!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 19:57:40 ID:xNJfGM4A
男「呪いのビデオ・・・ねぇ・・・・」

友「そうそう。なんか友達から回ってきたんだよ」

男「ふーん。で?なんで俺に押し付けてくるんだ?」

友「俺さ、心霊系は無理なんだ。スマン。だから代わりに見てくれ」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 19:58:42 ID:xNJfGM4A
男「・・・・とりあえずデッキ出さないと・・・」

ガラガラ

男「こことここつないで・・・よし」

男「ほんじゃまぁ、再生・・・っと」

ピッ
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:00:47 ID:xNJfGM4A
男「あ、どっかで見たような井戸・・・」

?「うぁぁぁぁぁ・・・・・・」

男「・・・・井戸登ってんのかな?」

?「うぁぁぁぁぁ・・・・あっ!?きゃああああああああ!!」

ドボーーーン

男「えっ!?落ちた!?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:02:56 ID:xNJfGM4A
男「・・・音量上げれば、井戸の中の音も聞こえるかな」

オンリョウ 89

?「うぅぅぅ・・・ぬれちゃった・・・滑って登れないよぉ・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」

?「うぅぅぅぅぅ・・・・きゃああああああ!?」

ドボーーーーン
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:05:25 ID:xNJfGM4A
母「おとこー!ごはんよーー!」

男「あーーい!・・・・・とりあえずつけっぱなしにしておくか」

?「きゃあああああああああ!?」

バタンッ

男「・・・・・・・・・・・・・・・」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:07:36 ID:xNJfGM4A
男「ごちそうさま」

母「はい、おそまつさま」

男(・・・・・どうなってるかな)

ガチャッ
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:09:52 ID:xNJfGM4A
男「ん?焚き火?」

?「・・・・・さむぃさむぃさむぃ・・・・」ガチガチガチ・・・

男「・・・とりあえず上がれはしたのか」

?「あ、帰ってきた!よぉし・・・・」

男「あ、こっちに近づいてきた」

?「うぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:12:24 ID:xNJfGM4A
ゴッ!!

?「いった・・・・・・あ、あれ?出られない?!」

男「・・・・これほんとにビデオなのか?」

?「あ、あのすいませんけど、このテレビってブラウン管でしょうか?」

男「あ、会話できんのね。いや、地デシ対応のやつですけど」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:16:17 ID:xNJfGM4A
?「えっと・・・薄いやつです?」

男「はい。えっと・・・なにか問題でも?」

?「あの~・・・よろしければコードをブラウン管のテレビに差し替えていただけませんか?」

男「え?ブラウン管?あったかな・・・ちょっとまってて」

ガタガタガタガタ・・・・・ガサガサガサ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:20:30 ID:JudSueSw
なにこのかわいい生き物
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:20:39 ID:xNJfGM4A
男「よっこい・・・しょっと!」

男「ふぅ・・・・ってあれ?あの子がいないな?」

男「・・・・・あ、そうか。これビデオだから巻き戻せばいいのか」

ジィィィィィ・・・・

男「あ」

?「きゃーーーー!?」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:23:38 ID:xNJfGM4A
男「ごめん!まさか服着替えてるとは思ってなくて!」

?「いやーーーー!」ダダダダダッ・・・

男「・・・・なんか悪いことしちゃったな」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:26:05 ID:xNJfGM4A
~5分後~

男「さっきはごめん」

?「あ、いえ・・・・ち、ちなみになんですが」

男「ん?」

?「ビデオを巻き戻しても私がその時間にいた場所に移動するだけなので・・・その・・・」

男「・・・・・・・・」

?「こ、今回みたいに着替え中のときは・・・その・・・・」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:30:51 ID:xNJfGM4A
男「あ、そっ、そうだ!ブラウン管見つけてきたよ」

?「ほ、本当ですか?!よかったぁ・・・では早速つないでいただいてもよろしいですか?」

男「う・・・・ん?つなぐとどうなんの?」

?「私が出てきます」

男「・・・・・・・・・・・」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:32:55 ID:xNJfGM4A
?「??」

男「出てきてなにすんの?」

?「えっと、驚かせます」

男「・・・・・・・・・・・」

?「あのぉ・・・なにか?」

男「あ、いや。今つなぐよ」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:37:38 ID:xNJfGM4A
男「・・・・これでいいかな」

男「えーっと・・・入力2か・・・ほいっ」

男「お、映った映った」

?「や、やったぁ!つ、ついに・・・ついにぃ・・・グスッ」

男「? なんで泣くの」

?「えっ?!い、いえ!」ゴシゴシ

?「そ、それじゃあ、お邪魔します」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:40:18 ID:xNJfGM4A
男「・・・・・あれ?画面にいなくなった?」

男「でも出てこないし・・・・・あれ?」

ガタガタガタガタ!! ガンッガンッガンガンガン!!

男「うぉっ!?な、なんだ?!テレビが!?」

?「うぅー!・・・あ、あかないぃ~~~!このっ!このぉっ!」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:43:06 ID:xNJfGM4A
ガンガンガンガンガンガンガン!

ガコッ・・・・・

?「あ、あいたぁ!」

男「おぉ!・・っておい!何で画面からじゃなくてテレビ本体の中から出てくんだよ!」

?「・・・・・あ、あれ?」

男「・・・・こりゃもう完璧に壊れちまったな・・・・」

?「うぁぁぁぁぁぁぁ・・・・」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:45:13 ID:xNJfGM4A
男「・・・・・なにやってんの?」

?「あ、あれ?驚かないんですか?!」

男「・・・・・テレビ壊された怒りのほうが強いかな・・いまは」

?「ひぅっ!?」

男「アンタが怖がってどうする・・・・・」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:48:36 ID:xNJfGM4A
男「・・・・あー、もしもし?友?」

友「おー、男。どうした?」

男「お前から渡されたビデオ?見てみたんだけど・・・」

友「な、なにかあったのか?!」

男「あー・・・テレビが壊れた」

友「ま、まじかよ!?」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 20:50:32 ID:xNJfGM4A
男「呪いのビデオってのはあながち間違いじゃないわ」

友「や、やっぱり・・・貞子の呪いは本物だったのか!」

男「貞子?あいつ貞子っていうのか」

友「お、おまえ見たのか!?」

男「ん?まぁ・・・・・」

友「ひぃぃぃぃぃ!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 21:47:11 ID:xNJfGM4A
男「あ、きれた・・・・にしても・・・」

貞子「・・・・・・・」キョロキョロ

男「・・・・・この子どうしたもんかなぁ・・・・」

貞子「・・・はっ、は、はくちっ!」

男「あっと、そういえば井戸に落ちたんだっけ」

貞子「ズズー・・・あ、ふぁい」

男「ほらほら、鼻すするな。ほいティッシュ」

貞子「あ、ありがとうございます」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 21:55:41 ID:xNJfGM4A
男「ちょっと風呂たいてくるから・・・さっき着替えはしたんだよな?」

貞子「ふぁ、ふぁい。チーン!」

男(アイツほんとに幽霊とかそういう類なのか?)タッタッタッタ

男「・・・・・あ、そうだ」

タッタッタッタッタ・・・・
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 22:59:08 ID:xNJfGM4A
タッタッタッタ・・・

男「あと15分もすれば入れると思う」

貞子「あ、ありがとうございます~・・・・」

男「風呂前にあんまりよくないと思うけど、食うか?」

貞子「か、からあげとおにぎり・・・・・」

男「・・・・・・・・・」

貞子「・・・・・・・・・・」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:01:33 ID:xNJfGM4A
貞子「お、おいしぃですぅ~」モモモモモモ

男「そりゃよかった」

貞子「ムシャシャシャシャ」

男「ところで、君は何しに来たのかな?」

貞子「え?」

男「いや、ウチに飯くいに来たわけじゃないんだろ?」

貞子「あ、はい。そうでしたムシャムシャムシャ」

男「・・・いいよ。食べ終わってからで」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:07:06 ID:xNJfGM4A
貞子「実は私、呪いのビデオの貞子と申します」

男「あぁ、それは知ってるけど」

貞子「な、なんと!私の名前も一般の方が知ってるくらいに有名になってたんですね!」

男「いや、なんか喜んでるところ悪いんだけど、ビデオのラベルに書いてあったんだ」

貞子「え?」

男「ほら」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:12:22 ID:xNJfGM4A
ビデオ(注・貞子の呪いのビデオ)

貞子「・・・・・・・・」

男「ね?」

貞子「・・・・・・・・・・」

男「で、ショックを受けているところ悪いんだけど」

男「なにをするために出てきたの?用がないならもう帰ってほしいんだけど」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:16:45 ID:xNJfGM4A
貞子「・・・・え?」

男「さっきのラベルがそんなにショックか・・・・いや、だから、何しに出てきたんだ?」

貞子「わ、私も一応おばけとか幽霊の類なので・・・・人を驚かすために」

男「うーん・・・なんだろ。君、べつに怖くない」

貞子「・・・・!?」ガーン

男「そもそも、さっきのビデオのときから思ってたんだけど」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:19:26 ID:xNJfGM4A
男「なんか井戸に何回も落ちてるの見てたら、怖いって言うより面白いになっちゃうんだよねぇ」

貞子「そ、そんな・・・・」

男「・・・・もしかして、前に見たやつもこんな感じだったのか?」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:23:52 ID:xNJfGM4A
貞子「前に見られた方は私が井戸を登る途中で巻き戻してしまったので、お顔すら・・・」

男「・・・・・ってことはそん時からずっと井戸の中に?」

貞子「すごく寒かったんですよぉ!滑って登れないし!」

男「そ、それはご愁傷様・・・・・」

貞子「正直な話、もう井戸からの登場なんかいやなんですよぉ~・・・」

男「はぁ・・・・」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/03(木) 23:26:03 ID:xNJfGM4A
男「んじゃあほかのビデオに入っていけばいいんじゃないの?」

貞子「ほかの?」

男「まぁ・・出てこれたってんなら、入ってもいけるんじゃない?」

貞子「私に出来るんでしょうか?」

男「さぁ?まぁテレビが壊れちゃったからどうにも出来ないけど」

貞子「ご、ごめんなさい!」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 00:39:31 ID:tnicnjHs
男「ためしになんかのテープにでも入ってみたら?あ、でもテレビがねーか」

貞子「あ、いえ。入るだけなら薄型でも大丈夫です」

男「でも今入ったら出てこれないじゃん」

貞子「あ、そうでした・・・」

男「まぁ、そろそろ風呂も沸いただろうし、まずは風呂いってきなよ」

貞子「あ、はい。それでは失礼して・・・・」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 00:44:45 ID:tnicnjHs
男「母さん、この子さ友達の妹なんだけど、預かってくれって頼まれたんだけどいいかな」

母「はーいわかったよー」

男「それとさ、なんか急に来たから着替えとかないらしいんだけど、なんかないかな?」

母「パジャマとかならアンタのを貸してあげなよ。ほかのは・・・えーっと」

男「まぁいいや。そこらへんは母さんに任せるわ」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 00:46:54 ID:tnicnjHs
ガラガラ

男「ここにパジャマとかおいとくぞー」

貞子「あ、すみません」

男「あいよー」

ガラガラガラ
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 00:49:26 ID:tnicnjHs
~男の部屋~

男「んー・・・ビデオねぇ・・・なんか面白そうなのねぇかなぁ」

ガサガサガサガサ・・・ゴソゴソゴソ・・・・

男「・・・・あ。こ、これは・・・!」

貞子「お風呂ありがとうございましたー!」

男「お、あがったのか」

貞子「はい。暖かくて天国にいけそうなほどの心地でした」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 00:53:41 ID:tnicnjHs
男「にしてもやっぱダボダボだな。少しまくっといたほうがいいんじゃないか?」

貞子「そうですね・・・でわ・・・」クルクルクル

男「あ、そうだ。君の寝る場所どうしよう」

貞子「えぇ?!こちらに泊まらせていただけるのではないんですか?!」

男「いや、泊まるのはいいんだけど、部屋がな。・・一応俺も男だし」

貞子「ま、まさか・・!わ、わたしを襲うおつもりなんですか・・・!?」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 00:59:03 ID:tnicnjHs
男「襲われるって思うんならビデオの中に帰れ」

貞子「そ、それじゃあ怖がらせる修行が出来ないじゃないですかぁ・・・」

男「逆にきくけど、俺と一緒の部屋でもいいの?」

貞子「わ、私はかまいませんが」

男「・・・・・・・・・・・・」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 01:01:35 ID:tnicnjHs
貞子「おふとんふかふかです~」

男「はいはい。それじゃあ電気消すぞ」

貞子「あ、はい」

男「はい、おやすみー・・・」

パチッ
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 14:40:34 ID:uzcwKg2g
~翌朝~

コケコッコー

男「・・・・・んぁ・・・・・・・・・・ん?」

男「何で・・・・・・俺が布団で寝てんだ?」

貞子「zzz・・・・・・zzz・・・・・」

男「そして・・・・なんでアイツがベッドに?」ボリボリ
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 23:47:35 ID:0D/OPQEQ
貞子「朝ごはんおいしぃですぅ~ムシャムシャ」

男「そしてなぜ一緒に朝飯を食っている・・・・」

母「なにいってんの。友達の妹さんなんでしょう?」

男「あ、そうだったそうだった」

貞子「友達?妹?なんのことでs・・・ムグ!」

男「いいから黙って食え」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 13:40:18 ID:kcTZIBjw
貞子「モモモモモモモモモ・・・・」

男「なんつー食いっぷり・・・・」

母「あらあら。健康的でいいじゃないの」

貞子「モシャモシャモシャモシャ」

男「・・・・・・・・・・・・・」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 13:46:09 ID:kcTZIBjw
男「さて、飯も食ったことだし・・・・」

貞子「zzz・・・・zzz・・・・・・」

男「食ってすぐに寝てんじゃない」ペチンっ!

貞子「ふぁっ?!あ、お、おはようございます。もうご飯ですか?」

男「お前は認知症か。さっき食ったばかりだろが」

貞子「えっ?あっ、そうでした」
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 13:48:36 ID:kcTZIBjw
男「ほれ」

貞子「これはブラウン管テレビ・・・またお貸ししていただけるんですか!」

男「・・・・ぜったいに壊すなよ?」

貞子「う・・・そ、それにつきましては確証が持てません・・・・」

男「おいおい」
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 13:52:16 ID:kcTZIBjw
男「とりあえず、修行になりそうなビデオを探しといてやったから、まぁ入ってみろよ」

貞子「ありがとうございます。ちなみにどんなテープなんですか?」

男「それは入ってみてからのお楽しみ。まぁ修行なんだしお楽しみでもないか」

貞子「わ、わかりました!がんばります!」

男「おっしゃ、それじゃあいってこい」

ガチャッ・・・ジー
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 13:56:21 ID:kcTZIBjw
~in ビデオ~

貞子「・・・・なんでしょう?なんだか懐かしい感じが」

男「おーい、まだ序盤だから、修行になりそうなとこまで早送りするぞ」

貞子「はーい。お願いしますー」

男「ぴぴっと・・・」

ガーーーー・・・・
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 14:03:29 ID:kcTZIBjw
男「再生っと・・・それじゃあがんばれよ」

貞子「・・っと、あれ?」

ヒューーーー・・・

貞子「この井戸って・・・・・・」

?「・・・・・・・・・・・・・」

貞子「・・・・・・・ひっ」ブルッ

貞子「な、なんでしょう?寒気が・・・・」
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 14:04:49 ID:kcTZIBjw
?「・・・・・・・・・」

ぺた・・・ぺた・・・・ぺた

貞子「・・・・・・・」クルッ・・・・

?「・・・・・・・・・・」

貞子「きゃあああああああああああああああああああああああ!!?」
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 22:56:44 ID:92UFZyxs
貞子「いやぁ!出てきた!なにかでてきましたよぉーー!?」

?「・・・・・・・・・・・・」ペタ・・・・ペタ・・・・・

貞子「いやぁああああああ!怖い!怖いよぉぉ!!」

男「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

貞子「えっ!?で、出れない!?で、出られませんよ!?」

男「あ、ブラウン管につなぎかえるの忘れてた」
64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 23:02:11 ID:92UFZyxs
貞子「や、やだぁぁあぁぁあああ!?来てる!?こっちに来てますよぉぉぉ!?」

男「ちょ、ちょっとまってろ・・・いま・・・・」

?「ぅぁぁぁっぁぁぁっぁぁ・・・・・・・・」ペタペタ・・・・ペタ・・・

貞子「ぅ・・・・・・・ぁぅ・・・・・・・」

男「ほれ!!戻って来い!!」
65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 23:07:05 ID:92UFZyxs
ぺた・・・ぺた・・・・

貞子「・・・・・・・・・・」

男「あ、あれ?普通に画面から・・・・」

ぴちゃ・・・ぴちゃ・・・・

男「・・・ん?ぴちゃ?」

貞子「う・・・・ぅ・・・ひっ・・・・」

男「・・・・・・えぇ・・・・・・」
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 23:17:18 ID:92UFZyxs
男「・・・・ほれ、とりあえずこれ着とけ」

貞子「・・・・・ひっ・・・・ひっ・・・・・」

~着替え中・・・・さらに15分後~

男「おい・・・・もう出てこいよ」

貞子布団饅頭「・・・ひっ・・・・はぁ・・・」

男(まさか本家にここまでショックを植えつけられるとは)
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:32:46 ID:wltoPHwE
男「悪かったよ。でもアレくらいじゃないと驚かせる練習台にならないと思ったんだよ」

貞子布団饅頭「・・・・・・ふぁ・・・・・ふ・・ぅ」

男「・・・あーもう・・・わかったよ。次に入るビデオはお前が選べよ。ほれ」

貞子「・・・・・ズズッ」

男「鼻水・・・・・ほれ、チーンしろ」

貞子「・・・・・ちーん」
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:36:15 ID:wltoPHwE
~さらに15分後~

男「選ぶって言っても、ウチにもそんなにビデオは無いんだけどな」

貞子「・・・・もうホラー物はいやです・・・・・」

男「お前もホラー的な存在だと思うんだが・・・・」

貞子「思い出すだけで・・・・・ちょ、ちょっとトイレをお借りしますね」ブルブル・・・

男「・・・修行になんねぇなぁ」
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:41:38 ID:wltoPHwE
男「ほれ、どれがいいか選べよ」

貞子「・・・・・・・・・・・」ジー・・・

男「俺まんが読んでるから決まったら言ってくれ」

貞子「・・・・・・・・・・」ガサゴソガサゴソ

男「・・・・・・・・・・・・」

貞子「・・・・・・・・・・」
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:45:01 ID:wltoPHwE
~5分後~

貞子「・・・・あのぉ」

男「ん?決まった?」

貞子「2本あるんですが・・・」

男「ん。まぁいいんじゃないか?数が多いにこしたことはないし」

貞子「じゃ、じゃあ・・・これで・・・お願いします」
74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:50:44 ID:wltoPHwE
男「・・・・・・・・・・」

猫「にゃー」

猫「にゃーー」

猫「なー」

貞子「にゃ~♪」

男「・・・・・おい」
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:53:51 ID:wltoPHwE
男「これが修行になるのか?」

貞子「え、えっと・・・は、はい」

男「ほう。いったい何の?」

貞子「え、えっと・・・じょ、女子力?ですか?」

男「質問に質問で返すなよ」

猫「にゃー」

貞子「にゃ、にゃー♪」
76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 02:56:44 ID:wltoPHwE
男「お前のいう女子力というもので人を怖がらせることが出来るのか?」

貞子「え、えっと・・・・その・・・」

猫「なー」

貞子「なー♪」

男「おい、ちょっと戻って来い」
77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 03:06:29 ID:wltoPHwE
貞子「すみません・・・癒されたかったんです・・・」セイザッ

男「まぁ・・・さっきのショックが大きかったのはわかるが・・・」

貞子「・・・・・・・・」ガタガタガタッ

男「あぁ、悪い。思い出させちまったか」

貞子「い、いえ・・・・」タッタッタ

男「なぜそう言いつつ、また猫ビデオに入ろうとしている」
79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 03:09:14 ID:wltoPHwE
貞子「い、癒され足りないんです・・・お願いしますあと少しだけ・・・」

男「・・・あとでちゃんと修行になりそうなテープ探せよ?」

貞子「は、はい!」

男(こいつに人を怖がらせるのは無理だな)

猫「にゃー」

貞子「なー♪」
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 20:54:06 ID:G8TfAT42
男「おーい、飯だってよー」

貞子「あ、はーーい」

男(結局ひとつも前進してないんだよなぁ・・・)

男「・・はぁ」

貞子「今日のお昼は何でしょうかね!」

男「さぁな。夏だしそうめんとか・・・・」

貞子「? どうなさいました?」

男「いや、おまえ・・・その腕に抱えてるのなに?」
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 21:00:05 ID:G8TfAT42
猫「にゃー」

貞子「猫さんですよー♪可愛いですよねー♪」

男「いや・・・・どっからつれてきたんだ?」

貞子「え?・・・・・・あれ?」

男「え?ビデオの中から連れて来たのか?」

貞子「えっと・・・そ、そうなるんでしょうか?」

男「いや、俺に聞かれてもわかんないんだけど」
88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 21:09:17 ID:iZy9WMNc
男「まぁ・・・ここにいるってことは、つれてこれたってことなんだろうけど」

猫「にゃー」

貞子「・・・・・・あのー」

男「とりあえず返して来い」

貞子「そ、そんなー!?」
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 21:16:18 ID:iZy9WMNc
猫「そんな硬いこというなよーお兄さん」

貞子「え?」

男「ん?」

猫「ん?」

男「え?貞子、お前今しゃべった?」

貞子「い、いいえ」
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 21:21:24 ID:iZy9WMNc
猫「俺だよ俺。なんだー?猫がしゃべるとそんなにおかしいのかー?」

貞子「・・・わぁー」

男「・・・・てか、こいつほんとに猫なのか。なんか怖いんだが」

猫「失礼なやつだなーお兄さんは」

貞子「わぁー・・・」コショコショ

猫「お嬢さん。くすぐったいんで勘弁して」

貞子「あ・・・すみません」
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 21:28:38 ID:iZy9WMNc
男「・・てか、何で猫がじゃべれるんだよ」

猫「こっちの猫はしゃべれないのか」

男「こっちってことは、お前やっぱりビデオから出てきたのか?」

猫「出てきたっていうか、連れてこられてたんだけどな」

貞子「うっ・・・・」コショコショ

猫「まぁそう落ち込むなやお嬢さん。そして落ち込んでる振りしてくすぐるのやめて」
92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 21:35:25 ID:iZy9WMNc
猫「まぁ、こっちは表で、あっちは裏みたいなもんだからな。何が起きててもおかしくないっしょ」

男「ふーん」

貞子「そうなんですかー」コショコショ

猫「お嬢さん、心ここにあらずって感じでくすぐるのやめて」
95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 06:12:59 ID:lUfk.Wjk
猫「あ、兄さん。俺はご飯に鰹節でもかけてもらえれば十分だ」

男「・・・食っていく気かよ」

猫「無理やりつれてこられたのも何かの縁。据え膳食わぬはなんとやらってやつだ」

男「だれも膳を据えてないんだが」

貞子「いいじゃないですかぁ~」ナデナデ

猫「お嬢さん。くすぐるのがダメだからって、あまり頭をなでるのもやめてほしいな」

貞子「むー・・・・じゃあなんならいいんですか」
96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 06:17:35 ID:lUfk.Wjk
男「なんだ。母さん飯の準備だけして出かけたのか」



貞子「ちゅるちゅるー」

男「ずるるるー」

貞子「あぁっ!?ピンクのそうめんがぁ・・・」

男「んぁ?味なんか白でもピンクでもかわんねぇよ」
97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 06:21:25 ID:lUfk.Wjk
貞子「そ、そうなんですか!?てっきり桃味なんだとばかり・・」

男「んなそうめんが売れるわけ無いだろ」

猫「俺も箸が使えりゃ一緒にそうめんがつつけるのになぁ」

男「そんな猫見たくねぇよ」

貞子「箸を使える猫・・・・・・」

貞子(・・・・・・・・・・・・・・)
98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 06:26:21 ID:lUfk.Wjk
貞子「獣人・・・に分類されるんでしょうか?」

男「は?」

猫「ん?」

貞子「え?」
102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 21:49:35 ID:MpPtKS0s
男「ふわぁぁぁぁ・・・・・・ねむ」

友「よう男。おはよ」

男「ん・・・?あ、友か。おはよ」

友「眠そうだな。なんかあったのか?」

男「あぁ・・・例のビデオのやつがな」

友「お、おいおい・・・まさかこないだの電話って・・・マジだったのか!?」

男「あぁ、まじまじ」
103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 21:53:48 ID:MpPtKS0s
男「昨日はなんかわからんけど寝る前に急にしりとりがしたいとか言い出してな」

友「び、ビデオの中から語りかけてくるのか!?」

男「いや、もう隣からガンガン言ってくるんだ」

友「で、出てくるのか!??」

男「あー、うん。出てきてるな」

友「お、お前やばいよ!?お、御祓いしてもらったほうがいいよ!?」

男「・・・・その原因を押し付けたやつがどの口でそれを言う」
104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 22:02:22 ID:MpPtKS0s
~学校・昼~

男「あー・・・飯だ飯だー」

友「そーだなぁ・・今日はどうするよ」

男「購買いくかー」

ピンポンパンポーン・・・

アナウンス「2年C組 男。至急職員室へ来なさい」

ピンポンパンポーン・・・
105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 22:06:24 ID:MpPtKS0s
男「あん?」

友「なんかしたのか?」

男「見に覚えが・・・・ないぞ」

友「貴重な昼休みに迷惑なことで」

男「まぁ、いくしかないよなぁ・・・友、金あとで渡すからカレーパンとメロンパン買ってきといてくんね?」

友「あいよー」
106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 22:13:15 ID:MpPtKS0s
ガラガラー

男「しつれいしゃーす」

担任「あ、男きたかー。こいつ次の授業で使うから配っといてくれ」

男「へーい」

男(係りの仕事でよばれたのね)
107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/08(火) 22:20:25 ID:MpPtKS0s
担任「あ、それとこいつをオカルトに渡しておいてくれ」

男「・・・携帯?」

担任「あぁ。無くしたっていってたのが見つかったんでな」

男「へーい。わかりやしたー」
109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:38:44 ID:hp87lsAI
男「おーいオカルトー」

オカルト「・・・・あれ?男君。どうしたの?」

男「これ。先生が渡してくれってさ」

オカルト「・・あぁ。僕の携帯だ。ありがとうね男君」

男「別にこのくらいお礼言われるほどでもないよ。それじゃな」

オカルト「あ、ちょ、ちょっとまってよ」
110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:41:04 ID:hp87lsAI
男「ん?」

オカルト「携帯を届けてくれたお礼にこれをあげるよ」

男「・・・なんだこの紙・・・ん?電話番号?」

オカルト「よ、よかったら、今度一緒にあそびにいかないかな?」

男「へ?俺とお前の二人で?」

オカルト「う、うん・・・・」
111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:42:24 ID:hp87lsAI
男「んー・・・まぁ、暇があったら・・・そんときに電話するよ」

オカルト「う、うん!僕待ってるよ!」

男「おう。それじゃなー」タッタッタ・・・

オカルト「・・・・・・・うふふ」ニヤリ
112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:48:04 ID:hp87lsAI
~放課後・自宅~

男「ただいまー」

貞子「あ、お帰りなさい。男さん」

男「んー・・・」

猫「おー、兄さんお帰り。ガッコは楽しかったかい?」

男「いつもと変わりなかったよ」
113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:50:45 ID:hp87lsAI
男「あー・・はらへったなぁ」

ヒラヒラヒラ・・・

男「なんか台所にねぇかなぁ」タッタッタ

貞子「あれ?この紙はなんでしょう?」

猫「ん?電話番号かコレ?」
114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:53:44 ID:hp87lsAI
猫「んー・・・数字の並び的に携帯電話用の番号みたいだな」

貞子「どうして猫さんはそんなにいろんなことに詳しいんですか?」ワシャワシャ

猫「長く生きてるからな。だから撫でるなって」

貞子「でもこれ、誰の番号なんでしょうね?」

猫「さすがに長生きしてる俺でもそれはわからん。気になるならかけてみればいいさ」

貞子「そうですね!」
115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:55:41 ID:hp87lsAI
貞子「えっと・・・・」ぴっぽぱっぽっぽ

貞子「・・・・・・・」

トゥルルルル・・・・トゥルルルル・・・・

ガチャッ

貞子「あっ、つながりました!」
116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 00:58:27 ID:hp87lsAI
?「はーい。そのまま1分半待っててねー」

貞子「あ、はい。分かりましたー」

猫「ん?何の会話をしてるんだ嬢ちゃん?」

貞子「なんだか少し待っててほしいそうです」

猫「ふーん・・・」

貞子「・・・・・・・・・」
117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:00:19 ID:hp87lsAI
?「はーい、おまたせー。待たせちゃってごめんねー?」

貞子「あ、いえいえー」

?「それじゃねー」ガチャッ・・・ツーツー・・・・

貞子「あ、あれ?」

猫「ん?」

貞子「急に切られちゃいました」
118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:02:36 ID:hp87lsAI
貞子「なんだったんでしょう?」

猫「さぁなー・・・第一話をしたお嬢ちゃんに分からないなら俺にもわからんよ」

貞子「そうですよねー・・・・はぁぁ・・・・」

~~~~♪~~~♪

貞子「うわっ!?」ビクッ

猫「着信だな」
119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:06:00 ID:hp87lsAI
男「っとっとと、電話電話・・・ん?なんでお前が俺の携帯持ってんだ?」

貞子「あ、いえ、玄関に置きっぱなしになっていましたので」

~~~♪~♪

男「あ、そっか。っと電話電話」

貞子「はい男さん」

男「おう。はいもしもし」
120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:08:56 ID:hp87lsAI
?「私メリーちゃん。今デパート前のバス停にいるn・・・・」

ブツッ・・・

男「・・・・・・・」

貞子「どうしました?」

男「いや、いたずら電話」

猫「へー。いたずら電話なんてするやつがまだいたのか」
121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:14:39 ID:hp87lsAI
~~♪~~~♪

男「・・・・また非通知からか・・・・」

ピッ・・・

男「はいもしもし」

メリー?「ごめん・・・来ちゃった」

男「あ?てか誰だお前」

ピンポーン

貞子「誰かいらしたみたいですね」
122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:17:14 ID:hp87lsAI
貞子「はーい」

ガチャッ

貞子「・・・?あれ?誰もいませんよ?」

~~♪~~~~♪

男「また電話・・・・」
123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:20:05 ID:hp87lsAI
男「・・・もしもし」

メリー?「はっはっはー!家に上がり込めばもうこっちのもの!」

男「は?」

メリー?「ふふふふ・・・お前らはアタシがどこにいるかも分からずにビクビクしながら暮らしていくのよ!」

男「・・・・・・」ピッ

猫「また同じ相手からかい?兄さん」
124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:22:47 ID:hp87lsAI
男「あぁ。なんか・・・なんていえばいいかわかんねぇや」

猫「?」

男「とりあえず相手は馬鹿っぽいやつってことしか分からなかった」

~~~♪~~♪

ピッ

男「・・・はい」
125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:24:47 ID:hp87lsAI
メリー?「馬鹿っていうやつが馬鹿なんだよーー!!」

男「なんでそんなに怒ってるんだか・・・・」

貞子「お、男さーん」

男「あ、悪いな切るぞ」

メリー?「えっ?ちょ、ちょっと・・」ブツッ
126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:26:18 ID:hp87lsAI
男「どうした」

貞子「いえ・・・アレなんですけど・・・」

ヤギ「・・・めぇぇぇ~」

男「・・・なんでウチにヤギがいるんだ?」

貞子「さ、さぁ?ちょっと分かりかねます・・・・」

男「とりあえず外に出そう」
127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:29:31 ID:hp87lsAI
ガチャッ

男「ほれ。もうここにくんなよ」

ヤギ「めぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーー!!!」

ダダダダダダダダダダ!

貞子「や、ヤギってあんなに早く走れるんですね・・・」

男「・・・あんな早く走れる動物はヤギじゃないと思うぞ」
128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 01:32:12 ID:hp87lsAI
~~~♪~♪

男「あいあい」

メリー?「ちょ、ちょっと!?なんで私の羊を!!」

男「羊?いや、うちにいたのはヤギだったが」

メリー?「あ、アイツがいなくちゃ・・・帰れないのに」

男「アイツのついでにお前もウチから出てってくれ」
132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 11:47:53 ID:J.2fwq7w
男「ていうか、お前誰なんだよ。そしてどこにいるんだよ」

メリー?「・・・う・・うぅ・・・・羊が・・・帰・・・れな・・い・・・・」

男「泣いてないで質問に答えろ」

メリー?「わ、わた・・し・・・め、メリーさ・・ん・・・」

男「・・・・・・・・」

メリー?「い・・いま・・・・うぅ・・あ、あなたの・・後ろに・・・う、うぅぅぅ・・・・」

男「あ?後ろ?」
133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 11:50:28 ID:J.2fwq7w
男「・・・っていないじゃん」

ピチャッ

貞子「ひゃっ?!・・・・・あ・・・・」

男「どうした?」

貞子「男さん。上、上ですよ!」

男「上?う・・・・・え・・・・」
135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 18:25:29 ID:HU0z5SHw
~30分後~

男「さて、落ち着いたか?」

メリー「・・・・・・まぁ」

貞子「私と猫さんはヤギさんを探しに行ってきますね」

男「あぁ、頼む」

メリー「・・・・・ヤギじゃない・・・・羊」
136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 18:28:55 ID:HU0z5SHw
男「ところでお前誰?何でウチにいんの?」

メリー「私メリーさん。いまあなたの正面でお話してるn・・・いたっ!?」

男「ふざけてるんだったら怒るぞ」

メリー「き、きかれたから答えたのに・・・」

男「だいたいなんでウチに来たんだよ?」

メリー「だって・・・電話してきたんだもん・・・」

男「ん?電話?」
137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 18:33:09 ID:HU0z5SHw
メリー「・・・・電話してきたでしょ?」

男「・・・・いや、してないが」

メリー「う、嘘だよ!だってほら!私の携帯に着信履歴で残ってるもん!」

男「は?・・・・ほんとだ・・・・」

メリー「だから私は自分の仕事をするためにここにきたのに、もう散々だよ・・・・」

男(・・・・あとで貞子を問い詰めるか)
138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 18:44:21 ID:HU0z5SHw
男「というか、メリーさんの電話ってメリーさんからかかってくるんじゃなかったっけ?」

メリー「そうよ!でも珍しく相手からかかってきたから大サービスで来てあげたのに・・・・」

男「別に来なくてよかったのに・・・そういえばどうやってウチの場所をかぎつけてきたんだよ」

メリー「GPS」

男「俗世に染まりすぎだろ」
139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/09(水) 18:49:29 ID:HU0z5SHw
メリー「・・・もう帰りたい・・・・」

男「どうぞ」

メリー「あんたたちが羊を逃がしちゃったから帰れないの!」

男「何であのヤギがいないと帰れないんだよ」

メリー「羊!・・・・とにかくあの子がいないと帰れないの!!」

男「んなこといってもなぁ・・・ものすごい速さででてっちゃったし」
142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/10(木) 23:20:17 ID:2RILl3pU
~30分後~

貞子「ただいま戻りましたー・・・・」

猫「ただいま」

男「あ、貞子!見つかったか?」

貞子「えーと・・・それがですね・・・・」

猫「すまないな兄さん。俺たちではこれくらいのものしか見つけることが出来なんだ」

男「・・・・これって・・・ヤギのぬいぐるみ?」
144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/10(木) 23:27:03 ID:2RILl3pU
男「一応大きさはこんなもんだったけど・・・・さすがにこれじゃあだませないだろ」

貞子「わ、私たちもがんばって探してきたんですよ?」

猫「そうだぜ兄さん」

男「・・・まぁ・・一応・・・やってみるか」
146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 01:28:31 ID:aIpD3k0Q
貞子「あ、男さん」

男「ん?」

貞子「戻ってくるときに気付いたんですけど、そのぬいぐるみおなかの辺りを押すとですね」

ぬいぐるみ「わんっ!」

貞子「という感じに鳴くんですよ!」

男「なんで犬の鳴き声なんだよ・・・」
147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 01:41:18 ID:aIpD3k0Q
メリー「・・・・・・・はぁ」

男「おい」

メリー「・・・・・・へ?」

男「ほら、あいつらが探してきてくれたんだ」

メリー「ひ、羊!?ひつじーーーー!!」ガシッ

ぬいぐるみ「わんっ!!」
148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 02:00:34 ID:aIpD3k0Q
男「見つかってよかったな」

メリー「これで・・・これでやっと帰れるよぉ・・・」

男「そうか。それじゃあ道中気をつけてな」

メリー「うん!アンタ見かけによらずいいやつなんだな・・・」

男「そんなことねぇよ」

メリー「それじゃあ帰ろう羊!」

ぬいぐるみ「わんっ!!」
149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 02:03:52 ID:aIpD3k0Q
~土曜日~

男「はー・・・朝から雨ってのもなんだかなぁ・・・」

貞子「そうですか?私は雨の日におうちにいるのは好きです」

男「・・・ていうか、怖がらせる授業とやらはどうなったんだオイ!」

貞子「ふっふっふ・・・私だっていつまでも進歩していないと思ったら大間違いですよ男さん!」

男「へー。で?どこが進化したんだ?」

貞子「ふっふっふ・・・聞いて驚いてください!」
150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 02:05:49 ID:aIpD3k0Q
ピンポーーーン

男「ん?誰か来たな」

貞子「むー・・・いい所なのに・・・」

男「お前出てきてくれ」

貞子「えー・・・私この家の子じゃないんですよぉ・・・」

男「居候に断る権利は無い。さっさと出て来い」

貞子「むー・・・・」
151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 02:56:53 ID:aIpD3k0Q
ピピピピピピピンポーーーン

男「どんだけ連打してるんだよ」

猫「最近のピンポンダッシュは捕まるか捕まらないかのギリギリを楽しむものなのか兄さん?」

男「俺に聞かれてもなぁ・・・・・」

貞子「きゃあああああああああああああああああああああああああ!?」

男「うおっ?!」

猫「なんかあったみたいだなぁ」
152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 03:00:56 ID:aIpD3k0Q
男「どうした!」

貞子「・・・・・・・・・・・」バタッ

猫「気絶しちまったみたいだな。ん?あれは・・・・」

男「あ?」

ピカッ!ゴロゴロゴロゴロ・・・
153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 03:03:13 ID:aIpD3k0Q
ぬいぐるみ「わ・・・・・ん・・・・・・わ・・・わ・わわ・・・」

男「お、お前・・・メリーか?」

メリー「う・・・・・・・・・・」

男・猫「・・・・・・・・・・・・」

メリー「うわああああああああああああん!」
154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 03:08:34 ID:aIpD3k0Q
~遡る事3日前~

メリー「さぁ羊!早くお家にかえろ!」

ぬいぐるみ「わんっ!」

~2日前~

メリー「おかしいなぁ。なんでお家に帰れないんだろう?ねぇ羊、どうして?」

ぬいぐるみ「わんっ!」

メリー「それじゃあわかんないよ・・・・」
155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 03:11:12 ID:aIpD3k0Q
~昨日~

ザーザーザーザーザー・・・

メリー「さむい・・・ひつじぃ・・・さむいよ」

ぬいぐるみ「わんっ・・・・・わ・・・んっ!・・わ・・・・・・・・ん」

メリー「ひ、ひつじ!?どうしたの?!どこか痛いの?!」

ぬいぐるみ「わ・・・・・・・・・・・・・・」

メリー「ひ、ひつじぃ!やだよぉ!死なないでぇ!」
156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/11(金) 03:15:51 ID:aIpD3k0Q
男「・・・・それでびしょぬれでウチの前にいたってわけか。ほれココア」

メリー「・・・・・・・・ぐすっ」ズズー

男「とりあえず風呂たいてくるから」

猫「あいよー」

メリー「・・・・・・ひつじ・・・・」
161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 17:42:38 ID:sawfomRA
~メリーお風呂中~

男「にしてもなぁ」

猫「うん?どうした兄さん」

男「今回はなんだかさすがに罪悪感を感じるなぁ」

猫「ふむ」

男「3日間あの状態でさまよってたって考えると・・・・なぁ?」

猫「兄さんはなんだかんだいってお人よしだねぇ」
162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 17:46:07 ID:sawfomRA
男「まぁ・・・アイツが風呂から出てくる前にコイツを直しておいてやるか」

猫「ん?ヤギのぬいぐるみかい?」

男「あぁ。なんか泣き声がホラーチックになってたしな。こんな感じに」グッ

ぬいぐるみ「わわわ・・・わわわ・わわわ・・・わわわわわ」

猫「夜中になり始めたら恐怖だな」

男「貞子が聞いたらまた気絶しそうな低音だな」
163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 17:49:37 ID:sawfomRA
男「んっと・・・これがその機械かな」

猫「結構簡単に取れるもんだね」

男「まぁ電池の入れ替えとかのためにそうなってるんだろ。雨で濡れちゃったから電池換えただけじゃ直んないだろうけど」

猫「分解するしかないな兄さん」

男「そうだなぁ」

ガラッ・・・タッタッタッタ
164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 17:51:53 ID:sawfomRA
メリー「ふひー♪あったかかった~♪」

男「お、あがったか」

メリー「うん。あったかかっt・・・・ぎゃああああああ!!ヤギになにやってんのーー!?」

男「え?いや音がおかしいから・・・」

メリー「内臓!?内臓が飛び出てる!?」

男「・・・・・・・・・・」
172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 19:43:47 ID:tAuoTXAc
男「・・・・ヤギ?」

メリー「あっ・・・ひ、羊!」

男「お前ずっと羊っていってたじゃん」

メリー「うっ・・・・・!」

男「なんだ?知ってて羊だって言い張ってたのか?」

メリー「くぅ・・・・!」
173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 19:49:31 ID:tAuoTXAc
男「・・・お前・・・」

メリー「う、うっせぇうっせぇ!!」

男「お?」

メリー「元はといえばテメエが私に電話なんかするからだろうが!!」

男「・・・あれ・・・なんだろ・・・それが素?」

メリー「うっせぇ!」
174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 19:52:21 ID:tAuoTXAc
猫「これが猫かぶりってやつか」

男「まぁ・・・いうほどかぶってなかった気もするが・・・」

メリー「お前らアレだろ?ちょっと抜けてるくらいが可愛いとか思ってるんだろ?」

男「・・・んー・・・ただのアホにしか見えてなかったが」

メリー「なっ!?」

男「というか、そんな猫かぶりするためだけにヤギを連れてきたのかよ」

メリー「そ、そんなわけ!!」
175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 19:57:06 ID:tAuoTXAc
男「じゃあなんでヤギなんだよ」

メリー「・・・う・・・・」

男「ん?」

メリー「うちに・・・ヤギしか残ってなかった・・・」

男「・・・・・・・・・」

メリー「他の羊はみんなねぇーちゃん達がのってっちゃったし・・・・」
176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 20:10:01 ID:tAuoTXAc
男「・・・・・・・・」

メリー「じーちゃんの原付借りていこうとしたら、かーちゃんにそれでもメリーさんかってビンタされるし・・・・」

男「・・・・なんかお前も大変なんだな」

メリー「テメェが電話したからだろ!!」
178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 22:49:00 ID:iIXyI/5k
貞子「・・・・・・・・あれ?」ムクッ

貞子「・・・・おふとん?」

貞子「・・・・・・・・どうして」

貞子「男さんは・・・お茶の間でしょうか」

タッタッタッタ
179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 22:58:39 ID:iIXyI/5k
猫「お、目が覚めたか嬢ちゃん」

貞子「あ、猫さん、私どうしちゃったんでしょう?」

猫「あぁ。さっき玄関先で気絶したんだよ」

貞子「そ、そうだったんですか?すみません。お二人に迷惑をかけてしまって」

猫「いや、運んだのは兄さんだから兄さんに礼いっとけ」

貞子「はい!それで男さんは?」

猫「茶の間でほかの嬢ちゃんと話してるぜ」
180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:00:49 ID:iIXyI/5k
男「ほれ。ドライヤー。とりあえず髪乾かしとけ」

メリー「・・・ふん!」

男「なに怒ってんだよ」

メリー「うるさいな!お前の電話のせいでヤギには逃げられるし、家には帰れないし、どうしてくれんだよ!」

男「どうするも何もなぁ・・・てか俺の責任かそれ?」

メリー「そうだよ!責任取ってどうにかしろよ!」
181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:04:18 ID:iIXyI/5k
貞子「・・・・・・・・・」

猫「ん?どうした?入らないのか?」

貞子「・・・・・・えっと・・・・・あの、猫さん。ちょっと・・・」

猫「どしたい?」

貞子「えっと、今、女の人の声で責任を取れって」

猫「ん?あぁ。まぁ今回のことに関しては兄さんも悪いことしたかなっていってたしなぁ」

貞子「えっ!?」
182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:09:11 ID:iIXyI/5k
貞子「そ、そんな!男さんがそんなことするはずありません!」

猫「といってもなぁ。兄さんも騙したことを悪く思ってたみたいだぜ」

貞子「そ、そんな・・・・・」

猫「相手も家に帰れないっていってたしな」

貞子「!!」
184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:15:18 ID:iIXyI/5k
ガチャッ!

男「ん?貞子起きたのか。お前からもこいつにいってくれy・・・・」

バッチーーーーーン!

メリー「・・・・へ?」

男「・・・・・ってーー!?なにすんだy・・・・って」

男(え?泣いてる?)

貞子「見損ないましたよ男さん!女の子を騙すなんて!その上お家に帰れないなんて可哀想過ぎます!!」

男「・・・・・あ?なに言ってんだお前?」
185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:20:30 ID:iIXyI/5k
貞子「それも、こんな小さい子に!さらに犯罪を重ねる気ですか!」

メリー「ちっせぇゆうな!俺は16だ!」

貞子「あ、す、すいません・・・」

男「・・・・・すまん貞子。状況がまったく読めないんだが・・・」

貞子「とぼけないでください!男さんがこの子と・・・その・・・・」

男「なんだよ」
186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:24:29 ID:iIXyI/5k
貞子「え・・・えっちなことをしたのはもう分かってるんですから!!」

メリー「・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」

猫「え?兄さんこの子と一発しけこんじゃてたのか?」

男「んなわけねけねぇだろ」

貞子「そんなこといったってごまかされませんよ!さぁ!ちゃんと座ってお話しますよ!!」
187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:30:26 ID:iIXyI/5k
~15分後~

猫「・・・というわけだ嬢ちゃん」

貞子「・・・・・・・・・・・・」

猫「つまり逃がしちまった責任と、ぬいぐるみ拾ってきた責任のそれぞれの半分は嬢ちゃんにあるわけだ」

貞子「・・・・えっとぉ・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」むすっ

メリー「お前きもちわりぃ顔してんなぁ。あははっ・・・いでぇ!ふぉっへふへるな!」

男「さて・・・・・」
188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:34:16 ID:iIXyI/5k
貞子「・・・!!」ビクッ

男「弁解を聞こうか」

貞子「え・・・えっとぉ・・・・・・そのぉ・・・」ダラダラ

男「・・・・・・・・・・・」

貞子「ご、ごめんなさい・・・・・」

猫(兄さんも意地がわりぃなぁ)
190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:37:45 ID:iIXyI/5k
男「とりあえず、ビンタ一発分のお返しはしないとなぁ・・・・」

貞子「ひっ!?」

男「俺のは痛いぞ」ググググッ

貞子「や・・・いやああああああ!」

ベチンッ!

貞子「きゃっ!?」
191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:41:26 ID:iIXyI/5k
貞子「いたいぃぃ!いたぃよぉぉ!」ゴロゴロゴロゴロ

猫「兄さん、デコピンってそんなに痛いのか?」

男「当たり所がいいと相当痛いぞ」

メリー「おまえさ。女には優しくしろよ」

男「うるせぇ。今の世の中は男女平等だ」
192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:44:43 ID:iIXyI/5k
メリー「っておい!今ので忘れてたけどどう責任取るんだよ!」

男「くそ、余計なこと思い出しやがって」

メリー「どうすんだよー!おいー!」

男「じゃあ聞くけどどうしてほしいんだよ」

メリー「家に帰れるまであたしの家来になれよ」

男「却下だ。すぐに出て行け」
193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:48:02 ID:iIXyI/5k
メリー「ちょ!やめろ!襟つかむな!持ち上げるな!」

男「いっとくけど、家は無理だぞ?ただでさえ一人と一匹が余計に増えてんだから」

猫「すまんね兄さん」

貞子「いたいいいいいい!?」ゴロゴロゴロゴロ

メリー「な、なんだよ・・・こんないたいけな女の子を追い出すっていうのか?」

男「いたいけってどこが」
194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:50:22 ID:iIXyI/5k
メリー「・・・うぅ・・・・・ひっく・・」

男「え・・・」

メリー「ぐすっ・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・」

メリー「うわぁぁぁぁぁん」

男「・・・・まじか」
195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:52:29 ID:iIXyI/5k
男「・・・・わかったよ。だけど早めに出て行けるようにしろよ!いいな!」

メリー「分かればいいんだよ」

男「なっ!?てめー!嘘泣きか!」

メリー「ひひっ♪こんなんに騙されるとはな!二階がお前の部屋だな!」ダダダッ

男「あのやろう!」

猫「兄さんちょっといいか?」
196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 23:58:16 ID:iIXyI/5k
男「なんだよ?」

猫「あの嬢ちゃんほんとに泣いてたっぽいぞ?」

男「はあ?」

猫「いや、兄さんには背中向けてたから分からないと思うけど、あの嬢ちゃん目元赤かったぞ」

男「・・・・・・・え?マジ泣きだったの?」

猫「さぁ?」
200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:04:10 ID:oz2bTtAM
ガチャッ!バタンッ!

バフッ

メリー「ふとん・・・・うぅ・・・ふかふか・・・・うぅぅぅう・・・・・」

メリー「帰れない・・・・・うわぁぁぁぁぁ・・・・」
201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:07:34 ID:oz2bTtAM
コソコソ・・・

男「・・・・ほんとだ」

猫「だろ?」

男「・・・・俺、なんか泣かせるようなことしたか?」

猫「さぁ?でもまぁ、相手も女の子だ。優しくしてやったほうがいいんじゃないか兄さん?」

男「ふむ・・・・・」
203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:17:42 ID:oz2bTtAM
ガチャッ!

メリー「っ!?」ササッ

男「よっ」

メリー「な、何しに来た!」

男「いや、なにしにもなにも、ここ俺の部屋だし」

メリー「そ、そうかよ!」
204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:19:59 ID:oz2bTtAM
男「ってお前なに布団汚してるんだよ!」

メリー「う・・・うるさい!」

男「おいおい・・・よだれなんか垂らすなよ」

メリー「ばっ・・・!違う!よだれなんかじゃねぇよ!」
205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:30:51 ID:oz2bTtAM
男「そうだ、お前の部屋、外にテント張るからそれでいいか?」

メリー「い、いいわけない!女の子にそんな生活させるの?!」

男「都合のいいときだけ「女の子」って部分を強調すんな」

メリー「それにしたって外はないでしょ!?ほら!余ってる部屋とか・・」

男「残念ながら余ってる部屋が無いんだなこれが」
206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:34:50 ID:oz2bTtAM
メリー「なんで!だってあの子には部屋を貸してあげてるんでしょ?」

男「貞子か?アイツは俺と相部屋」

メリー「あ、相部屋?!」

男「あぁ」

メリー「ま、まじで?!」

男「どうした顔が赤いぞ」
207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 21:56:43 ID:oz2bTtAM
メリー「ま、まさかあんたたちってそういう関係だったの?!」

男「は?」

メリー「よ、夜にあの子とエロいことがしたいからあたしを外に住まわせようと・・・ふぎゃっ!?」

男「あほ。あいつとはそんな関係じゃねぇよ」

メリー「いったー・・・じゃあなんでよ!」

男「だってお前、俺の部屋なんていやだろ?」
209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 22:46:26 ID:oz2bTtAM
メリー「そうだ!アンタが出て行けばいいんじゃない!そうすればあたしとあの子で部屋が使えてみんな納得!」

男「俺が納得しねぇよ」

メリー「ぐぬ・・・・・」

男「で、一応聞くけどどうすんだよ。この部屋か、テントか」

メリー「・・・・あぁもう!わかったわよ!!」
210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 22:54:56 ID:oz2bTtAM
男「ほれ、組むの手伝え」

メリー「ちくしょー・・・・何であたしがこんなこと・・・」

男「お前が住むんだから自分で組み立てるのは当たり前だろ」

メリー「うぅー・・・・・」

貞子「よいしょ・・・よいしょっ・・・・」

男「・・・貞子、なんだそれは」

貞子「バーベキューセットです。テントと一緒にしまわれていたので持ってきちゃいました」
211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 22:57:49 ID:oz2bTtAM
男「え?バーベキューやる気?」

貞子「え?」

男「その「もしかしてやらないの?」って顔やめろ。こんな住宅街で出来るわけないだろ」

メリー「いいじゃん!やろうよ!」

貞子「ほらほらー、メリーさんもああいってますよ?」
212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 23:01:08 ID:oz2bTtAM
メリー(ふふふふ・・・・)

メリー「どさくさにまぎれて家に火をつけてやる・・家に帰れないつらさを思い知らせてやる!」

男「心の声丸聞こえだからな」

メリー「あ、あれ?!」

貞子「だめですよメリーさん。お家を燃やしたらどうやって私はご飯を食べればいいんですか」

男「お前は飯を食うために家に来たのか?」

貞子「あっ・・・い、いえ、そうではなくて・・・・」
215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 01:42:09 ID:CAFhcIB6
~男の部屋~

貞子「きょうはー・・・どれに・・・しようかなー」

男「修行になら無そうなのは却下だぞ」

貞子「うっ・・・・」

メリー「・・・素人のお姉さんは好きですか?欲求不満な彼女は・・・いってぇ!?」

男「お前はなにを朗読してるんだ」

メリー「DVDのパッケージだよ」
216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 01:45:33 ID:CAFhcIB6
メリー「毎度思うんだけど、いちいちたたかなくてもいいじゃんよー・・・」

男「そう思うなら最初からすんな」

貞子「・・・・・・・・・・」ゴクッ

カチャッ・・・ジジー

男「ん?入るやつ決まったのか?」

貞子「えっ!?え、ええ!!早速いってきます!!」
217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 01:47:57 ID:CAFhcIB6
メリー「貞ちゃんなんのテープに入ったんだ?」

男「ん?あれ?ビデオデッキが動いてないな」

メリー「上のレコーダーが動いてるぞ」

男「・・・・・ちょっとまてよ」

メリー「どったの?」

男「俺の部屋にあるDVDって」

男「AVしかねぇぞ」
218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 01:51:15 ID:CAFhcIB6
メリー「・・・・は?」

男「だからAVしかねぇよ」

メリー「さっき叩かれたあたしに謝れ、この変態!」

男「顔真っ赤にしてパッケージ見てたやつに誤る義理も変態といわれる筋合いもねぇよ」

メリー「て、ていうか!貞ちゃん大丈夫なのかよ!?」

男「んー・・・わからん」
219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 01:54:49 ID:CAFhcIB6
男「何よりまだ映像が始まってすらいないからな。出てくるにも出てこられないんだろ」

メリー「なんだと!?」

男「まぁ、アイツが自分から出てくるのを待つしかないな」

メリー「そ、そんなんでいいのかよ?!」

男「あぁ。とりあえず修行に関係ないもん選んだから戻ってきたらデコピンだな」

メリー「・・・・・・」
220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 01:59:49 ID:CAFhcIB6
DVD「シリーズ第5弾!ついに登場・・・・」

男「最近のやつはしょっぱなにいらねぇ宣伝がはいってるのが嫌だよなぁ」

メリー「お、俺に同意を求めんなー!・・・う、うえあっ!?」

DVD「あっ!・・・ああ~~ん!」

メリー「うわっうわっ!?」

男「落ち着け」
221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:03:37 ID:CAFhcIB6
メリー「お、落ち着けるわけ・・な、無いだろ!」チラッ・・・チラッ

男(といいつつ指の隙間からチラチラみてんな)

男「というかちゃんと観ろ。じゃないと貞子がみつけらんないだろ」

メリー「み、観ろって!?こ、これを!?」

男「ほれ、もう本編始まるぞ」

メリー「うぇあっ!?」
222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:09:26 ID:CAFhcIB6
~開始5分~

男「まぁ序盤は適当に離してるだけだからまだ見てられるだろ」

メリー「あ、ああ・・・・」

男「それにしてもなんだって貞子もこんなDVDになんて入ったんだか」

メリー「し、しらねぇよ!!」
223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:11:53 ID:CAFhcIB6
~開始15分~

メリー「・・・・・・・・・」ボッ

男(キスシーンだけでもうこれかよ)

メリー「・・・・・・・・・」ムフゥー

男「・・・・・・・・・・・」
224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:13:59 ID:CAFhcIB6
開始~30分~

DVD「あぁ~~!!ああああああああっ!」

男「いねぇなぁ・・・・」

メリー「・・・・・・・・・・!!」

メリー(あ、あんなのがはいんのか!?)ドキドキドキドキ

男「おい、見つかったか?」

メリー「・・・・・・・・・・・・」ムフゥー
225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:16:16 ID:CAFhcIB6
男「おーい」

メリー「・・・・・・・」ムムフゥー

男「おい」

メリー「うぇああっ!?ば、馬鹿!あんなのはいんねぇよ!!」

男「・・・・なにいってんだ?」
226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:21:44 ID:CAFhcIB6
~開始60分~

男「・・・で、終わったわけだが」

メリー「・・・・・・・・・」

男「貞子はいたか?」

メリー「・・・あ・・・ご、ごめん・・・わかんない」
227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 02:24:47 ID:CAFhcIB6
男「終わったのに貞子が帰ってこないとこを見ると、アイツ中で気絶してるな」

メリー「気絶?」

男「たぶんな。でもつけておかないとあいつ戻って来れないんだよなぁ」

メリー「・・・えっ?」

男「とりあえず戻ってくるまでリピートだな」

メリー「ええっ!?」

男「今度はちゃんと探せよ」

ピッ!
232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 00:58:05 ID:oek3oMzA
~2周目~

DVD「あぁっ・・・あんっ!あっあっあ・・・・あーー!」

男「・・・・・・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・・・・・」ムッフゥーー

男「いねぇなぁ・・・一体どこにいるんだか・・・」

メリー「・・・・・・・・・・・・・・!・・・・・・・!?」

男(集中してんなぁ・・・・・)
233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:06:39 ID:oek3oMzA
~二周目 終盤~

DVD「あっ・・!い、イク!いっちゃ・・・・あああああああ!」

男「結局見つからなかったなぁ」

メリー「・・・・・・・・・・・!!」

男「どれ、もっかい巻き戻して・・・」ガシッ

メリー「ま、まだ!まだ終わってない!」

男「え?」
234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:14:43 ID:oek3oMzA
メリー「まだ!まだ抜けてない!」

男「・・・・・・・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・・!!」クワッ!

男(真剣すぎだろ・・・)

DVD「・・・・にゅぽんっ」

マリー「・・・・・・・・」ムフフゥー!
238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:28:32 ID:oek3oMzA
テレビ「・・・・ガッ!」

メリー「うわーーー!?」

男「あ、やっと出てきやがった」

貞子「・・・・・・・・・・・・」カタカタカタカタカタ

男「ん?貞子?」

貞子「・・・・お、おとこさ、さん?」
239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:37:51 ID:oek3oMzA
貞子「わ、わわわたしししにににははははやすすすぎままましたたた・・・・」

男「落ち着けなに言ってるかわからん」

貞子「おおおおおととこのひひひっひとのおおおちっ、おちっ!」

男「・・・・・もういい休め」

貞子「おちっ・・・が!?あ、あんなの・・?!ひぃぃぃぃ・・?!!」

メリー「ど、どうすんのよ!?」
240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:45:24 ID:oek3oMzA
男「んー・・・フルパワーでデコピンする」

メリー「は?」

男「うまくいけば気絶する・・・と思う」

メリー「そんなに痛いの?あんたのって」

男「さぁな?けどやってみる価値はある」

貞子「・・・・・・・・」ガタガタガタ

男「貞子・・・やすらかに眠れ」
241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:47:04 ID:oek3oMzA
バッチイイイイイイイン!

貞子「いっ!?」パタッ・・・

男「・・・成功したみたいだな」

メリー「・・・・こ、こぶになってる・・・」

男「とりあえずその布団の上からどけ。よいしょっと・・・」

メリー「あ・・・うん」

男「どっこい・・・しょっと」
242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:52:10 ID:oek3oMzA
男「今回学んだことは軽い好奇心てのは裏目に出るって事か」

メリー「貞ちゃん・・・・」

男「おい、気遣う振りしてDVDを懐に隠そうとするな。それは俺のだ」

メリー「・・ふぇっ!?」ドキッ!

男「見たいなら恥を忍んで自分で買いにいけ」

メリー「じゅ、16だから買えねえし!!」

男「いや、逆ギレされてもしらねぇよ」
243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 01:56:32 ID:oek3oMzA
男「てか、16だからってことは、18だったら買いに行ってるってことかよ」

メリー「いっ、いかねぇし!!誰がこんなもん!」

男「お前言葉と動きがかみ合ってないぞ。とりあえずそれ返せ」

メリー「や、やだっ!返さない!うぅっ!」

男「ほれ、返せ」

メリー「うぅぅぅ・・・・・」
244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 02:01:06 ID:oek3oMzA
メリー「うぅぅぅぅ!」

男(な、泣いてやがる・・・)

メリー(ふふ・・・これなら奪えないでしょ!)

男「・・・・・・・」ガッ!

メリー「あっ!?」

男「エロDVD抱きしめて泣く女なんているかアホ!」
245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 02:04:26 ID:oek3oMzA
メリー「くそっ!よこせよっ!」ガッ!

男「絶対にやらん!」

メリー「くっ!おりゃぁー!!」

男「聞くかボケー!」
248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:31:04 ID:ASiH1wek
~夜~

メリー「・・・・ご馳走様」

母「はい、お粗末様」

男(母さんも簡単にもう一人引き受けてくれる辺りお人よしだよなぁ・・・)

貞子「もしゃもしゃもっちゃもっちゃ・・・・もぐもぐ」

男「・・・・・・・・・・・・ごちそうさま」

母「あれ?もういいの?」

男「ん。部屋にいってるわ」
249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:39:10 ID:ASiH1wek
~男の部屋~

メリー「・・・・・・・」ペラッ

メリー「・・・・・・・・・」ペラッ

男「何で俺の部屋にいるんだ?」

メリー「やることないし」

男「・・・・・なに読んでんだ?」

メリー「・・・・ん?湯煙痴帯 若妻の・・」
250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:41:44 ID:ASiH1wek
男「エロ小説かよ!てかそれどうしたんだよ?」

メリー「・・・・さっき買ってきた」

男「・・・・・・・・?」

メリー「・・・・・・・・」ペラッ

男(なんか様子がおかしいな)

メリー「・・・・・・・・・・」ペラッ
251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:46:29 ID:ASiH1wek
男(AVのキスシーンで顔真っ赤にしてたやつがエロ小説を平然と読んでいる・・・)

メリー「・・・なに?」

男「いや、なんか昼間と違うなと思ってな」

メリー「・・・・まぁ」

男「・・・・まぁ?」

メリー「あなた一号ちゃんにあったんでしょ?」
252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:48:55 ID:ASiH1wek
男「一号ちゃん?」

メリー「私は二号」

男「え?お前らロボットなん?」

メリー「・・・そんなわけないでしょ。人格よ人格」

男「は?人格?」

メリー「たじゅーじんかく」
253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:53:00 ID:ASiH1wek
男「多重人格?おまえが?」

メリー「ん」

男「え・・・まじ?お前二重人格なの?」

メリー「二重じゃない」

男「え?だって」

メリー「キレの一号 エロの二号 アホの三号」

男「三重・・・・だと」
255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:55:37 ID:ASiH1wek
~そのころ食卓では~

母「貞子ちゃんよく食べるわねぇ~。作った甲斐があるわぁ~」

貞子「お母さんのお料理おいしいです~」もしゃもしゃ

母「私も娘が欲しかったわ~」ナデナデ

貞子「・・・・♪」もぐもぐ
256: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 21:57:27 ID:ASiH1wek
貞子「そうだ!お母さんに私の特技を見せちゃいますよぉ!」

母「あらあら?なにかしら?」

貞子「ちょっと待っててくださいね!」

母「はいはい」

貞子「あっ、すみません。紙とペンをお借りできますか?」
257: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 22:00:30 ID:ASiH1wek
~5分後~

貞子「どうぞー!」

母「はいはーい。・・・あら?貞子ちゃん?」

紙「テレビを見ててください」

母「テレビ?」
258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 22:02:22 ID:ASiH1wek
テレビ「・・・・うぁぁぁぁぁぁぁ」

母「あら?何か・・・出てきた?」

貞子「うあぁぁぁぁぁ・・・・」

母「・・・・・・・・・・・・」

貞子「うあぁぁぁぁぁぁ・・・・・」

母「・・・・・・・・あら~」

貞子「・・えっと、あの・・・・・・」
259: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 22:05:21 ID:ASiH1wek
貞子「い、いかがでした?」

母「貞子ちゃん髪が長すぎじゃないかしら?全体的にもう少し短くしたら?」

貞子「え?い、いえ、そうじゃなくて・・・・」

母「ね?少し切りそろえてあげようか?」

貞子「え、え?ええ?!」
260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 22:10:24 ID:ASiH1wek
~男の部屋~

男「じゃあ昼間のメリーは」

メリー「キレの一号」

男「・・・だろうな」

メリー「ちなみにアンタは三号にももう会ってるわよ」

男「は?」
261: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/16(水) 22:15:03 ID:ASiH1wek
メリー「初めてここに来たときね。客受けがいいだろってことで一号が三号に行かせたのよ」

男「・・・そんなに受けはよくなかったけどな」

メリー「はいはい。まぁとりあえずそれだけ覚えておいてよ」

男「・・・言いたかったんだけど」

メリー「なに?」

男「人の部屋でエロ小説読みながら股擦るのやめろ」
266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:18:38 ID:C6zYP4/U
メリー「はいはい、わかったわよ。狭いテントのなかでシコシコ・・・もといセコセコやるわよ」

男「わかったからさりげなく俺のDVDを持っていこうとするな」

メリー「ちぇっ・・・」

男「・・・・まてよ?ってことはさっきDVDを取り合ったときの人格って」

メリー「ご明察。どうだった?一号ちゃんの真似は?」

男「やっぱりか!」

メリー「でもDVDを見てたときは一号ちゃんの人格だったわよ」
267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:22:26 ID:C6zYP4/U
チョキチョキ・・・チョキチョキ・・・・

貞子「えっと・・・お母さん?あんまり短くされちゃいますと、私、自分の存在意義がですね?あの・・・」

母「え~?なに~?」

チョキチョキチョキチョキ・・・・

貞子「うぅぅーー・・・・・」
268: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:25:32 ID:C6zYP4/U
~10分後~

母「ほら?どう?」

?「えっと・・・・あの・・お母さん?これ・・いくらなんでも短すぎるんじゃあ?」

母「そう?貞子ちゃん短い髪型も素敵よ~」

?「あぅぅー・・・・」

?(ほめられちゃったら何にも言えないよぉ・・・・)
269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:29:36 ID:C6zYP4/U
母「男にも見せてきて見なさいよ~」

?「は、はい・・・」

トボトボトボトボ・・・・

母「やっぱり女の子はいいわぁ~♪・・・あら?」

キラッ

母「やったー!百円みっけ!ラッキー!」
270: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:31:48 ID:C6zYP4/U
コンコンッ

男「んー?誰ー?」

?「あ、あの、私です」

男「あー、入れよ」

ガチャッ

男「どうし・・・・た!?お前髪?」
271: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:33:53 ID:C6zYP4/U
?「お母さんが切ってくれまして・・・それで男さんにも見せて来いって」

男「はー・・・・見事にばっさりいっちまったなぁ・・・」

?「は、はい・・・・えっと・・・」ウズウズ

男「?」

?「えと・・・どうでしょうか?」

男「んー・・・なんかイメージが変わったな」
272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:36:12 ID:C6zYP4/U
?「えっと・・・具体的にはどうなんでしょう?」

男「んーと・・・なんだろ?ホラーっちゃホラーに出てくるんだろうけど」

?「は、はい」

男「日本人形?」

?「・・・・・はぁ」

男「え?俺なんかへこませるようなこと言った?!」
273: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:39:07 ID:C6zYP4/U
猫「兄さん違うっしょ」

男「ん?」

猫「だから、嬢ちゃんは可愛いかどうかを聞いてんだよ」

男「え?そうなん?」

?「え?違いますけど・・・・」

猫「・・・・なんと」
274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:44:00 ID:C6zYP4/U
?「日本人形ですか・・・・」

男「だってなー・・・浴衣っぽいの着てるし、髪も短いし」

?「・・・・はぁ」

猫「んー・・・俺には日本人形って言うよりも」

男・?「?」

猫「座敷童子に見えるけどな」
276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:52:57 ID:C6zYP4/U
男「あーー・・・・・なるほど、いわれれば確かに・・・」

?「ざしき・・・わらし?」

猫「日本の妖怪・・・というか精霊的な存在だな」

?「へー・・・・」

男「家に幸福を運ぶんだったかな?」

猫「まぁいてくれると助かるもんだな」
277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 22:56:38 ID:C6zYP4/U
?「・・・・・・・はぁ」

男「どうした?元気ないけど」

?「そりゃそうですよ・・・・人を怖がらせるために出てきた私が人に幸せをもたらす存在に見えるなんて・・・」

男「まぁでも、まだ俺たちにいいことがあったわけじゃないしなぁ」

猫「そうそう。お嬢ちゃんも深く考えることはねえよ」

?「・・・・・はぁ」
278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:03:51 ID:C6zYP4/U
男「・・というわけで」

男「貞子がジョブチェンジしました」

メリー「・・・なに?それだけのことで私を呼んだの?」

男「しぃっ!そんなことなんていうな!今は猫を触っててトリップしてるが現実に戻ると落ち込むんだから!」

メリー「もう少しでイケそうだったときに呼ばないでほしいわほんと・・・」
281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 21:48:58 ID:S3MZEY1s
コンコン・・

母「男ー?ちょっといい?」

男「んあ?はいはい。おまえはちょっと貞子の様子を見といてくれ」

メリー「はいはーい」
282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 21:55:31 ID:S3MZEY1s
男「・・・・・なにこの札束?」

母「それがねー?さっき百円を見つけたんだけど・・・・」

~貞子散髪後~

母「んふふ♪ラッキー♪」

母「・・・あら?」
283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 21:58:20 ID:S3MZEY1s
母「なにかしら・・・・・」

母「五百円玉!・・・私そんなにぽろぽろお金落としてるのかしら?いやだわー・・・」

ボトッ!

母「?」

母「・・・・・・・札束・・・・・・・」
284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 22:00:20 ID:S3MZEY1s
母「・・・・ってことがあったのよ」

男「・・・まぁ・・・その札束を見れば・・・」

母「こんなことってあるのねー・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・・」
285: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 22:02:00 ID:S3MZEY1s
ガチャッ!

メリー「あら、お帰り。速かったわね」

男「あぁ」

?「あぁ~・・・すごいもふもふですねぇ~」

猫「・・・・・・・」グッタリ

男「えっと、貞子、ちょっといいか?」
286: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 22:05:34 ID:S3MZEY1s
男「・・・というわけで、お前は完璧に座敷童子になったみたいだ」

座敷「そうですかー・・・うすうすそうだろうと思っていましたけど・・・」

男「でもまさか札束が出てくるなんて・・・お前ってかなり強い力持ってるんじゃないのか?」

猫「それは違うんじゃないか兄さん?」

男「ん?」
287: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 22:09:33 ID:S3MZEY1s
猫「座敷童子にそんな力はないと思うぞ」

男「だってなぁ・・・現に札束が出てきてるんだぞ?」

猫「座敷童子てのは気付いてない幸福を気付かせる程度の力しか使えないぞ?」

男「気付いてない?」

猫「そ。忘れられてる物って行ったほうがいいのか?」

男「・・・じゃああの札束は誰のモンなんだ・・・・」
289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 14:38:59 ID:UgXgrio6
~翌朝~

貞子「あ、おはようございます男さん」

男「・・・・・髪・・・もう伸びたのか?」

貞子「あ、いえ、これはですね」カポッ

座敷「かつらなんですよー。なんだか短いのにまだ慣れなくて」

男「ふーん」

座敷「それよりも、ご飯の時間ですから行きましょう男さん」
290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 14:44:42 ID:UgXgrio6
男「ん?かつらつけていかないのか?」

座敷「お母さんが似合うって言ってくださいましたので、お母さんに悪いかと思って・・」

男「ふーん」

座敷「あのかつらはお母さんがいないところでだけつけておこうと思ってるんです」

男「ふーん。あ、俺メリー起こしてくるから、先にいっててくれ」

座敷「わかりました」
291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 14:46:57 ID:UgXgrio6
~テント~

男「おーい、メリー」

テント「・・・・・・・・・・・」

男「入るぞー」ジィィィィ・・・

メリー「すーすー・・・・・」

男「おーい、飯だぞー」ペチペチ

メリー「んっ?・・・んん・・・・」
292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 14:53:04 ID:UgXgrio6
メリー「んんー・・・・」ムクッ

男「目さめたか?」

メリー「・・うん」

男「ほれ、飯だからさっさと着替えろ」

メリー「・・・うん」
293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 14:55:28 ID:UgXgrio6
~テント・外~

男「・・・・・・・・・」

~テント・中~

メリー「よい・・しょっ・・・・う、うわっ!?」ドテッ!

メリー「いたた・・・・・」

~テント・外~

男「・・・・・・・・・・・」
294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 15:00:55 ID:UgXgrio6
座敷「もしゃもしゃもしゃ・・・ゴクゴク」

母「おいしい?」

座敷「はい!もしゃもしゃもしゃもぐもぐ」

男「相変わらずだな・・・ん?」

メリー「おかわりーー!」

母「あらあら、今日はメリーちゃんもよく食べるわね~。はい、どうぞ」

メリー「ありがとう!」
295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 15:06:02 ID:UgXgrio6
男「んじゃ、いってきまーす」

母「はい、いってらっしゃーい」

座敷「いって・・もぐもぐ・・」

男「いいから座って食ってろ」

メリー「・・・・・・・・・・」

男「んじゃ」
296: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 15:08:30 ID:UgXgrio6
友「よー、男ー」

男「お、友、おはよ」

友「おはよ。土日が明けるとなんだか憂鬱だなー」

男「そうか?」

友「まぁ夏休みが終わったときほどじゃないけど」
297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 15:16:00 ID:UgXgrio6
ブルブルブルブル・・・

男「ん?電話か・・・もしもし」

メリー「私メリーさん!いまおうちにいるの!」

男「・・・・・」ピッ

友「どうかしたのか?」

男「いや、ただのいたずら電話だった」

友「ふーん。このご時勢にいたずら電話ねぇ」
298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 15:19:25 ID:UgXgrio6
友「ところでよ」

男「ん?」

友「あの電信柱に隠れてるやつお前の知り合いか?さっきからついてきてるけど」

男「え?」

メリー「・・・・・・あっ!」

男「・・・・・・・・・・・」
301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 20:27:58 ID:96n8fOAM
男「いや、まったく見たことがないな。さ、いこういこう」

友「ん?そうか?」

メリー「あっ・・・くぅ・・・」ピピピッ

ブルブルブルブル・・・・

男「・・・・・・・・・・・・・・・・」ピッ
302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 20:31:06 ID:96n8fOAM
男「・・・・もしもし」

メリー「私メリーさん!今あなたのうしr」ピッ

男「さぁいこういこう」

友「ん?あ、ああ」

ダダダダッ!ひしっ!

メリー「な、なんで切るの?!お相手してよぉ!」

男「・・・・・・・・・・」
303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 20:35:32 ID:96n8fOAM
友「お前ほんとに知らないのか?」

男「・・・・あんまり知り合いだと思われたくないんだよ」

友「でも腰に抱きつかれてんのみると、慕われてるんじゃないのか?」

男「冗談。お前が三号か?」

メリー「うん」

男「そうか。よし!家に帰れ!」
304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 20:37:14 ID:96n8fOAM
メリー「な、なんで?」

男「俺はこれから学校なんだよ学校」

メリー「じゃあ私もいく!」

男「なんで?」

メリー「メリーさんだもん」

男「・・・友、縄とか持ってない?」

友「ほらよ」
305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 20:39:06 ID:96n8fOAM
メリー「ほどいてよぉー!」

男「とりあえず貞子に電話してきてもらうから一緒に帰れ」

友「男、早く行かないと遅れるぞ」

男「ああ。それじゃな」

メリー「うぅ~~・・・・ほどいてよ~~~!!」
306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 20:41:58 ID:96n8fOAM
男「ところで、なんで縄なんて持ってたんだ?」

友「ん?んー・・・・お前とあの子の関係を教えてくれたら教えてやるよ」

男「んじゃ聞かなくていいや」

友「とにかく急ぐぞ」

男「おう」
307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 22:15:25 ID:96n8fOAM
~電信柱前~

貞子「男さんも急なんですから・・・せっかくおいしいご飯中だったのに・・・・」

貞子「・・・・・・・あれ?」

メリー「ほどいてよぉ~!」

貞子「メリーちゃん?」

メリー「あ、貞ちゃん!これほどいてぇ~・・・・」
308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 22:17:55 ID:96n8fOAM
メリー「ふひー・・ありがとう貞ちゃん」

貞子「一体どうしたんですか?」

メリー「男くんに縛られた」

貞子「・・?なんで?」

メリー「学校についていこうとしたら縛られちゃった」

貞子「・・・・・はぁ」
309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 22:21:09 ID:96n8fOAM
メリー「でもこれで男くんの学校にいけるよぉ」

貞子「えーとですねぇ・・・男さんからメリーちゃんを連れて帰るようにって言われてるんですよぉ」

メリー「それじゃあいってくるねー!」ダダダダダダダ!

貞子「あ!ちょ、ちょっと!?」

ヒューーー・・・・

貞子「お、怒られるのは私なんですよぉ・・・・・」
310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/19(土) 23:56:45 ID:96n8fOAM
~昼~

男「ふひ~・・・月曜日ってなんか時間が長く感じるなぁ・・・・」

友「ほんとだなぁ・・・」

ピンポンパンポーーン

スピーカー「2年 男 至急職員室まで」

友「なんかしたのか?」

男「見に覚えがないなぁ・・・・」
311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:05:41 ID:xjI2QS3A
ガラガラガラ

男「しつれいしゃーす」

担任「来たか」

メリー「あ・・・・」

男「・・・・・・・・・・」
312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:12:44 ID:xjI2QS3A
担任「というわけで、敷地内でうろうろしてるところを見つかり、今に至るというわけだ」

男「とりあえずすいませんした・・・・お前も謝れ!」ペコ

メリー「ご、ごめんなさい・・・」

担任「次からは気をつけるように言っとけよ。ところで、その子はお前の親戚かなにかか?」

男「え?えーっと・・・・う、うちにホームステイしてるんです、はい」

担任「ほー、若いのにすごいなぁ」
313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:14:23 ID:xjI2QS3A
男「しつれいしあしたー・・・」

ガラガラガラガラ・・・

男「で・・・・・」

メリー「えーと・・・・男くん・・・もしかして・・・怒ってる?」

男「怒ってないように見えるか?」

メリー「み・・・・見えない」
314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:16:18 ID:xjI2QS3A
~屋上~

男「俺、家に帰れって言ったよな?」

メリー「はい」セイザ

男「なのになぜここにいる?」

メリー「私はメリーさんだから・・・」

男「だから?」

メリー「電話した人に付きまとわないと・・・」
315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:19:23 ID:xjI2QS3A
グーーーー・・・・

男「ん?」

メリー「・・・・・・・・・」

グギュルルルル・・・・・・

メリー「おなかすいちゃった」

男「家もどって飯食えばいいだろ」

メリー「帰り道わかんない・・・」
316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:22:07 ID:xjI2QS3A
~教室~

友「おー、男。結局何のだったんだ?」

男「ん?あー気にするほどのことじゃねーよ。それより・・」

友「ん?」

男「俺、早退」

友「・・・ほんとに何もなかったのか?」

男「心配すんな。ほんとくだらない野暮用だから」
317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:25:33 ID:xjI2QS3A
~購買部~

男「おばちゃーん。あとお茶2本くれー」

おばちゃん「はい、全部で840円ね」

男「あい」

おばちゃん「そうだ、男ちゃん、これももっていきなよ」

男「なにこれ?」

おばちゃん「パンの耳揚げたの。カリカリでおいしいわよ」
318: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:28:10 ID:xjI2QS3A
~屋上~

メリー「いただきまーす」

男「とりあえず、今日だけだからな。二度と学校に来るなよ」

メリー「もぐもぐ・・・ふぁんへ?」

男「俺が迷惑だからだよ!」

メリー「ゴクン・・・男くんはあたしが嫌いなの?」
319: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:31:19 ID:xjI2QS3A
男「好き嫌いじゃなく迷惑なんだよ」

メリー「でも・・あたしメリーさんだもん」

男「じゃあ俺じゃなくて、貞子か母さんについてけ」

メリー「そんなぁ・・・」ポロポロ

男「んなことで泣くな!」

メリー「うぅ・・・男くんに嫌われたぁ・・・・うぅぅ」
320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 00:32:53 ID:xjI2QS3A
男「泣くな。ほらこれやるから」

メリー「グスッ・・・なにこれ」

男「パンの耳」

メリー「・・・・・・・」カリカリカリ

男「・・・うまいか?」カリカリ

メリー「うん!」
323: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 01:41:39 ID:xjI2QS3A
男(食い物で収まるとか・・・どっかの馬鹿に似てるな)

~男の家~

座敷「ふぁっ・・・ふぁくしょ!」

母「あら?貞子ちゃん風邪?」

座敷「ふぁ・・いえ。ちょっと鼻がむずむずしただけですので」

母「そう?具合が悪かったらすぐに言ってね?」

座敷「はい。もしゃもしゃもしゃもしゃもぐもぐズルズルー」
324: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 13:23:19 ID:muTUkcBo
~昼休み後~

男「ほれ、帰るぞ」

メリー「? 男くん授業は?」

男「誰のせいで早引きしなくちゃいけないのかわかるか?」ギリギリギリ・・・

メリー「いたいたいたいたたあ?!」

男「ったく・・・・帰り道わかんないんだろ?ほらさっさといくぞ」

メリー「・・・・・・・うん!」
325: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 13:28:14 ID:muTUkcBo
~早引き 下校中~

男「・・・・・なぜ手をつながなくてはならんのだ」

メリー「?」

男「まぁ・・・別にいいけど」

メリー「男くんっておにいちゃんみたいだね」

男「ん?お前って兄貴いんの?姉ちゃんはいるっていってたけど」

メリー「ううん。おにいちゃんはいないよ」
326: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 13:38:35 ID:muTUkcBo
メリー「でもいたらこんな感じかなーって思ったの」

男「・・・この年で妹と手つないで歩いてたらいろいろと問題だと思うが」

メリー「? 仲がいいのが問題なの?」

男「いや、そういうことじゃねーよ」

メリー「???」
327: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/20(日) 13:40:54 ID:muTUkcBo
~男の家~

男「ただいまー」

メリー「ただいまー!」

座敷「あれ?男さん?学校はどうなさったんですか?」

男「早引きしてきたんだよ」

座敷「えっ?どこか具合が悪いんですか?!」
332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:05:12 ID:wWmR4xfw
男「こいつが帰り道がわかんないって言うから早退してきたんだよ」

座敷「そうだったんですかー」

男「ちなみに・・・お前にも責任はあるんだからな」

座敷「うっ・・・・だ、だってしょうがないじゃないですか!メリーちゃんとっても足が速いし・・・」

男「・・・・まぁ、急に頼んだ俺も悪かったけど。とりあえず明日からはついてこないように見張っててくれ」

座敷「わかりました。・・・あんまり見張るっていうのはいい感じがしませんけど・・・」
334: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:12:51 ID:wWmR4xfw
男「まぁ、見張っててくれたらそのうち何かおごってやるよ」

座敷「ほ、本当ですか?」

男「飯おごるくらいで嘘なんかつかねぇよ」

座敷「やったー!私一回でいいから食べてみたいものがあるんです!」

男「さすがに高級料理店とかは無理だからな?高校生の財布でいけるところにしろよ?」

座敷「はい!楽しみだなぁ~♪」
335: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:22:18 ID:wWmR4xfw
メリー「ふぁぁぁぁ・・・・ねむい・・・・・」

男「ん?どうしたメリー?」

メリー「三号が昼食べ過ぎたせいですごく眠いの・・・・」

男「・・・お前一号?二号?」

メリー「・・・・二号」

男「そういや三号は?」

メリー「「お腹いっぱいで眠いや」だってさ」
336: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:25:51 ID:wWmR4xfw
メリー「だからってこんな状況で変わられてもこっちが困るわ」

男「寝ればいいじゃん」

メリー「ご飯食べてすぐに寝ると太るって一号がうるさいのよ」

男「じゃあ一号に変わってもらえばいいじゃん」

メリー「まぁそれもそうなんだけど」
337: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:31:19 ID:wWmR4xfw
メリー「とりあえず眠気を覚ますためにオナニーしてくるわ」

座敷「お、おなっ?!」

男「お前のその考えはどうかと思うぞ」

メリー「大丈夫。オナといっても催眠オナニーだから」

男「なにが大丈夫なんだ・・・・それに結局寝ちまうんじゃないか?」

メリー「寝てる二人へのささやかな嫌がらせよ」
338: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:35:55 ID:wWmR4xfw
犬、キツネ、狸
 
どれが好き?(´・ω・`)

見てる人いたら答えておくれ>>338
340: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:45:34 ID:66aMGpxE
いぬ
342: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 20:57:59 ID:wWmR4xfw
~創立記念日~

座敷「・・・・とこさー・・・・・」

男「ん・・・・・・・んん?」

座敷「おとこさーーん」

男「ふふぁぁあああああ・・・・・・」

座敷「おはようございます男さん」

男「・・・・・・なんで馬乗り?」

座敷「約束したじゃないですか。ご飯をおごってくださるって」
343: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 21:02:24 ID:wWmR4xfw
男「・・・・今何時だ?」

座敷「えっと・・・5時半ですね」

男「こんな時間じゃ開いてる店なんてコンビニしかねぇよ」

座敷「いえいえ!私が調べたところ、その店は24時間営業だそうですよ!」

男(・・・あんな約束すんじゃなかった・・・・・)
344: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 21:04:59 ID:wWmR4xfw
~早朝5時50分~

男「さすがに朝はまだ寒いなー・・・・」

貞子「ほらほら!早く行きましょう!」グイグイ!

男「わかったからもう少し落ち着け」

貞子「うふふ」

男「で?お前がそれほどまでに食いたいモンってなんなんだ?」
345: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 21:13:22 ID:wWmR4xfw
貞子「ここです!」

男「・・・へー。こんなんでいいのか?」

貞子「はい!」

男「まぁ、とりあえず入るか」

貞子「楽しみです~♪」
346: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 21:16:34 ID:wWmR4xfw
店員「いらっしゃいませー!」

男「ハンバーガー食いにくるのもなんか久々だなぁ」

店員「いらっしゃいませ!ご注文はお決まりでしょうか?」

貞子「えっと・・・・えっとぉ・・・・・」

男「・・・なんでもいいよ。好きなもん頼め」

貞子「そ、それじゃあ・・・・・」

男(まぁ、たまにはこういうのもいいかな)
347: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 21:21:29 ID:wWmR4xfw
貞子「朝限定のバーガーを五つと、チーズバーガー三つと、ポテトのLを四つと・・・」

店員「・・・・え?」

男(前言撤回だ・・・・全然よくねぇ・・・・)

貞子「それと、チキンを二つとパイを四つと・・・・」

店員「え、えっと・・・」ピピピピピピ

男「・・・・どんだけ食うんだ・・・・」
348: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/21(月) 21:24:59 ID:wWmR4xfw
店員「えっと・・お持ち帰りですか?」

貞子「いいえ」

店員「あの~・・・少々お時間いただいてしまうんですが・・・よろしいですか?」

男「あ、はい。あ、それとアイスコーヒーひとつ」

店員「はい。合計3700円になります」

男(・・・一食分の食費で3700だと・・・・)
353: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 21:14:34 ID:KGuvBsQU
貞子「モグモグモグ・・・・チューチュー」

男「・・・・・なんつーくいっぷりだ・・・・」

貞子「モグモグモグ・・・・カリカリカリ・・・・」

男(あの体のどこにこれだけの量が入るんだ・・・・?)

貞子「・・・・・あ」

男「ん?どうした?」
354: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 21:17:51 ID:KGuvBsQU
貞子「いえ、私だけ食べるのもなんだか申し訳なくてですね・・・・その」

男「気にするな。おごるっていったのは俺なんだから」

貞子「で、ですけど・・・・」

男(そういいながらも食べる速度は変わっていない・・・だと)

貞子「あ、そうだ!男さん?」

男「ん?」

貞子「あ~んです」っポテト
355: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 21:21:07 ID:KGuvBsQU
男「・・・・・・・・」

貞子「お、お気に召しませんでしたか?」

男「いや・・・まぁもらえるのはうれしいんだけど・・・」

貞子「?」

男「一回のあ~んの量じゃないだろこれ」

貞子「え?私はいつもこれくらいですけど・・・」

男(一口でポテト10本以上かよ・・・・・)
359: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/29(火) 15:51:57 ID:Ppz0NiXo
貞子「モシャモシャ・・・・」

男「・・・なんだろうな。お前を見てると掃除機を髣髴とさせる」

貞子「掃除機?」

男「なんでもない。気にせず食べろ」

貞子「あ、男さん。この朝限定のハンバーガー追加してもいいでしょうか?」

男「朝限定のバーガーは腹を満腹にするために食うもんじゃないと思うんだがな・・・何個だ?」

貞子「取りあえず五つお願いします」

男(出費4000over・・・・oh・・・・)
360: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/29(火) 16:00:09 ID:Ppz0NiXo
~朝食~

貞子「いただきます!モグモグモグモグ・・・」

母「相変わらず朝からすごいわね~」

メリー「・・・眠くて胃が受けつけねー・・・・」

男(アイツの胃袋は一体どうなってるんだ)

貞子「お母さんおかわりをいただけますか」

母「はいはい」
361: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/29(火) 16:02:39 ID:Ppz0NiXo
母「ところで貞子ちゃん?その髪はかつら?」

貞子「ふぇ?あっ!」

男(すっかり忘れてたみたいだな)

貞子「え、えっと・・・これは・・・」

母「もしかして短い髪型は嫌いだった?」

貞子「い、いえ!決してそんなことは!」

母「ごめんなさいね・・・・」
363: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/02(土) 14:16:52 ID:E5x/36JA
~男の部屋~

座敷「お母さんに悪いことをしてしまった気がします・・・・」

男「気にすんなって」

テレビ「あっ!・・・い、イクぅ!いっちゃううううう!」

メリー「・・・・・ふむふむ」

男「朝っぱらから人の部屋でエロDVD見てんじゃねーよ」ペシッ

メリー「・・・・痛い」
365: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/02(土) 14:23:21 ID:E5x/36JA
座敷「・・・・はぁ」

男「落ち込むなって。お前気使いすぎ。それになぁ・・・」

座敷「・・・・?」

男「母さんはそういうことで落ち込むって言うよりはむしろ・・・」

母「貞子ちゃ~ん?ちょっといい~?」

座敷「は、はい?」

男「むしろ燃え上がるから気をつけろ」
366: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/02(土) 14:30:47 ID:E5x/36JA
~居間~

母「これも似合ってるわ~、やっぱり貞子ちゃんは何でも似合うわねぇ~」

座敷「な、なんだか下半身がスースーして落着かないです・・・・」

男(もはや着せ替え人形だな)

母「ねね?今度はこっちのカツラとこっちの服ね~」

座敷「は、はい」

男(まぁ、これで少しは貞子も気が楽になったかな)
367: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/02(土) 14:33:56 ID:E5x/36JA
~男の部屋~

男「さーて・・・もう一眠りするかー・・・」

ガチャッ

メリー「・・・あっ・・・ん」ニュプニュプ

男「人の部屋で何してんだ」ベシッ

メリー「・・・ナニです」

男「少しは年頃の女だという自覚を持てアホ」
368: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/02(土) 14:39:43 ID:E5x/36JA
メリー「・・・・・・」ニュプニュプ

男「無心で続けようとするな!」

メリー「・・・もう少しなのに」

男「そういうのは一人のときにやってろ」

メリー「・・・ちょっとお花摘みにいってくるわ」

男「これほど堂々とした宣言もなかなかないぞ」
377: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 15:00:09 ID:YBFzRFA2
~土曜日~

座敷「わー!男さん見てください!滝ですよ滝!」

男「間近で見るとすごいなぁ」

メリー「結構迫力があるもんだなー」

男「久々に来て見るとやっぱりいいなぁ」
378: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 15:02:59 ID:YBFzRFA2
~前日・金曜日~

母「おとこ~」

男「ん?どったの?」

母「おばあちゃんが明日来るのかって電話~」

男「・・・・あー、もうそんな季節かー。どうするか考えてからもう一回電話するって言っといてー」

母「はいはい」
379: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 15:10:22 ID:YBFzRFA2
貞子「明日、なにかあるんですか?」

男「ん?あぁ。ばーちゃん家のほうで祭りがあるんだよ。それに来ないかって」

貞子「お祭りですかー」キラキラ

男「・・・・・・・・・・」

メリー「へ、へー。祭りねー。まぁ男がどうしてもっていうなら一緒に行ってやっても・・・」

男「いや、俺はめんどくさいからあんまり行きたくないんだよ」
380: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 15:18:22 ID:YBFzRFA2
貞子・メリー「!?」

男「いや、そんな顔されてもなぁ」

貞子「そんなこといわずに連れて行ってくださいよー!」ガシッ!

男「つってもなー・・・・」

メリー「わたしだって日本の文化をいろいろ勉強中なんだぞ!」

男「とってつけたようなことをいうな」
381: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 15:25:51 ID:YBFzRFA2
男「それに・・・」

メリー「な、なんだよ・・・」

男「毎朝納豆をうまそうに食ってるやつは勉強中どころかもはや免許皆伝レベルだアホ」

メリー「く・・・」

猫「まぁまぁ兄さん。あんまりそういじめるモンでもないだろ」

男「あ、猫」
382: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 15:31:09 ID:YBFzRFA2
猫「女の子のお願いは聞いておいて損はないと思うぜ」コソコソ

男「見返りが期待できんのだが・・・」コソコソ

猫「そんときゃ俺がみみうちしといてやるよ」コソコソ

男「んー・・・・わかったよ」コソコソ
383: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 22:19:40 ID:A9NNulqc
~土曜日に戻る~

男「ほれ、次の駅でおりっから準備しとけ」

貞子「はい!」

メリー「おう!」

男「お前ら元気だなー。この辺に有る霊山の影響でも受けたか?」

貞子「この辺に霊山なんてあるんですか?」

男「あぁ。まぁその話はあとでばーちゃんにでも聞けるから」
384: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 22:26:39 ID:A9NNulqc
メリー「とーーちゃーく!」

男「まだ6月なのにあっちぃなー・・・」

座敷「ふぅ・・・」

男「どうしたんだ?さっきからカツラをつけたり取ったりして」

座敷「いえ、電車の中は冷房が強かったもので・・・」

男「そんな上着じゃねーんだから・・・・」
385: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 22:32:45 ID:A9NNulqc
爺「おとこー」

男「じーちゃん久しぶり」

爺「ん?その二人が電話で言ってた子達か?」

男「うん」

座敷「はじめまして。貞子っていいます」ペコ

メリー「こんちわ。メリーっていいます」ペコ
386: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 22:36:19 ID:A9NNulqc
ブロロロロロロロ・・・

男「軽トラのるのも久しぶりだなぁ」

座敷「う、うぅ・・・・」

メリー「う、うううう・・・・・」

男「お前らあんまくっつかないでくれ。暑い」

メリー「だ、だってお前・・・こ、これ・・・」
387: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 22:43:32 ID:A9NNulqc
男「ん?あぁこの熊ね。じーちゃんこの熊どうしたの?」

爺「んー?出掛けに家の畑の野菜食ってたから撃ってきた」

男「だってよ」

座敷・メリー「・・・・・・・・・・」ゲンナリ

爺「今日の夜は熊鍋だな」

座敷「!!」
388: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 22:55:26 ID:A9NNulqc
爺「ほいとーちゃく。ほれ、お前ら婆に顔見せて来い」

男「うん。ほれいくぞお前ら」

メリー「・・・なんかきもちわるい・・・・」

座敷「大丈夫ですかメリーちゃん?」

男「とりあえず縁側で休ませるか」
390: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 12:25:28 ID:z41oQXyk
~裏庭~

爺「さって・・・・解体するか」

?「じっちゃ。その熊はどうしたんじゃ?」

爺「おぉワンコロ。さっき畑でしとめてきたんだ」

?「ワンコロっていうな」

爺「あーそうだ。いま俺の孫きてっから婆のとこいって来てみろ」

?「ふむ?」
391: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 12:28:57 ID:z41oQXyk
~縁側~

男「ほれ。ここで少し寝とけ。ちょっとは楽になるだろ」

メリー「・・・うん」

男「どれ、俺と貞子はばーちゃんに挨拶してくるから」

座敷「すぐに戻ってきますから」

メリー「んー・・・・・・」
392: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 12:38:32 ID:z41oQXyk
?(孫かー・・・どんなやつじゃろ。男?女?)タッタッタッタ

メリー「はー・・・・少し楽になってきた」

?「おー、じっちゃの言ってたとおりじゃ」

メリー「・・・・あんた誰・・・・ってちょっと?!なになになに?!」

?「・・・・・・」クンクンクンクン

メリー「な、なんなのよ!」

?「んー?お前ほんとにじっちゃとばっちゃの孫か?全然匂いが似ておらんのじゃ」
393: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 12:45:03 ID:z41oQXyk
~台所~

男「ばーちゃん久しぶりー」

婆「あらあら、男ちゃん。よくきたわねー。こっちの子が昨日電話で言ってた?」

座敷「はじめまして。貞子と申します」

婆「はいはいいらっしゃい。あら?昨日は二人連れて行くって言ってなかった?」

男「あぁ。一人気分が悪いっていってたから縁側で休ませてる」
395: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:03:04 ID:q/2dJHEU
~縁側~

男「あれ?あいつどこいったんだ」

座敷「いませんねー」

男「んー・・・・・・ん?あそこで言い合いしてるのメリーじゃないか?」

座敷「あ、そうみたいですね」

男「とりあえず行ってみよう」
396: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:07:10 ID:q/2dJHEU
メリー「ちょっと!離しなさいよ!」

?「黙るのじゃ!泥棒はおとなしく捕まるのじゃ!」

メリー「だから泥棒なんかじゃないって言ってんじゃないのよー!!」

?「おとなしくお縄を頂戴するのじゃ!・・・・・ん?」

男「なにやってんのお前?」

メリー「しらないわよーーー!!はやく助けろーー!」
397: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:11:17 ID:q/2dJHEU
男「とりあえず、離してやってくれ」

?「なんじゃお前は」

男「いや、こっちからすればお前のほうが誰だって感じなんだが」

?「・・・!まさかお前らも泥棒の一味か!」

男「んなわけねーだろ」ゴンッ!

?「わきゃっ!?」
398: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:17:46 ID:q/2dJHEU
メリー「いてて・・やっと開放されたわ・・・・」

?「くぅ・・・この犬娘に一撃を入れるなんて・・・貴様が泥棒一味の親玉じゃな!」

男「だから泥棒じゃねーよ」ゴンッ!

犬娘「ぎゃふっ!?一度ならず二度までも?!」

座敷「お、男さん・・・もうその辺で・・・・」

?「ゆ、ゆるさん・・・絶対に許さないのじゃ!勝負じゃ泥棒!」
399: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:20:38 ID:q/2dJHEU
男「・・勝負?」

犬娘「そうじゃ!時間無制限の何でもありじゃ!」

男「・・・・・いいよ」

座敷「・・・大丈夫なんですか男さん」コソコソ

男「まぁみてろ」コソコソ

座敷「・・・・男さん?」コソコソ
401: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:30:09 ID:q/2dJHEU
犬娘「大得意のラリアットで沈めてやるのじゃ!ウィーー!!」

男「・・・・なーんかどっかで見たことあるような気がするんだよなぁ」

犬娘「どうした!かかってこんのか!だったらこっちからいくのじゃー!」

男「んー・・・じゃあいくぞー」
402: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:33:46 ID:q/2dJHEU
犬娘「喰らうのじゃー!必殺ラリアットーーー!!」

男「・・・・・ごふっ!?」

座敷「お、男さん?!」

男「て、てめぇ・・・腹パンだと・・・・」

犬娘「お前身長が高くて腕が届かんから攻撃変更じゃ!」

男「許さん・・・・」ガシッ

犬娘「わっ?!」
403: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:39:43 ID:q/2dJHEU
男「許してといっても絶対に許さん・・・」

犬娘「は、離すのじゃ!離すのじゃ!」

男「離さん。腹パンの土産にじーちゃんから教わった技をお返ししてやる」

犬娘「な、なんじゃなんじゃなんじゃ?!」

男「くらえ!じーちゃん直伝のコブラツイストだ!」
404: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 18:43:46 ID:q/2dJHEU
~5分後~

犬娘「イタタタ?!いたいいたいいいたあああああいい?!」

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「ま、負け!犬娘の負け!負けでいいのじゃ!?だ、だから!?」

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「わぎゃあああああああああ」

メリー「・・・男って絶対Sだよなー。見ろよあの顔、すげー楽しそう」

座敷「・・・あは、はは」
407: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 20:33:15 ID:X/SZHWx.
~10分後~

爺「お、男、もう犬娘とプロレスごっこするくらい仲良くなったのかー!」

犬娘「ちが・・!じ、じっちゃ!た、すけ・・・ぐぇ?!」

男「そうそう。もう俺たち親友なみに仲良しだよ」

爺「そうかそうか。お、そうだ、そっちのふたり」

座敷「? 私たちですか?」

爺「そうそう。飯の準備の手伝いをしてきてくれねぇか?」
408: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 20:37:02 ID:X/SZHWx.
男「そういえばメリーはばーちゃんに挨拶してないしな。いってこいよ」

座敷「そ、それじゃあ・・・」チラ

犬娘(涙目)「ん!んんーーー~!?」

座敷「え、えっとぉ・・・・・」チラ

男(笑顔)(さっさといけ)

座敷「は、はい!お手伝いさせていただきます!」

メリー「わ、わたしも・・・・」

犬娘「んんんんーーーーーー!!」
409: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 20:43:07 ID:X/SZHWx.
男「さて・・・もう俺たち二人だけだな」ニコニコ

犬娘「ぎゃああああああ!?」

男「反省したか?」

犬娘「し、した!したから!したからああああああ!」

男「んー?言葉に誠意が感じられないなぁ。反省したなら敬語だろ」

犬娘「は、反省しました!しましたからあああああああ!!」

男「・・・・しょうがねぇなぁ」
410: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 20:48:16 ID:X/SZHWx.
犬娘「い・・・・いだい・・・・いだいぃぃ・・・・」ポロポロ

男「あー・・・すっきりした・・・・」

犬娘「隙ありじゃー!」

男「おっと」

犬娘「なぬー?!」ドテッ

男「反省が足りないみたいだな・・・っと」

犬娘「や、やめ・・!?」
411: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 20:51:21 ID:X/SZHWx.
~台所~

ギャアアアアアアアアアアアアアア

婆「あら?何かしら?」

座敷「な、なんでしょうね?」

メリー「・・・立派な大根・・・・このにんじんも素敵・・・」

婆「おいしそうでしょメリーちゃん?」

メリー「・・・・はい。・・・・とっても」
412: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 20:55:41 ID:X/SZHWx.
~縁側~

男「四の字固めも飽きてきたなぁ」

犬娘「いたいいいいいいい!?」バンバン!

男「んー・・・そろそろ技を変えるか」

犬娘「と・・・解けた!今じゃ!」サッ!

男「あっ」
413: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:01:38 ID:X/SZHWx.
犬娘「や、やっと逃れられたのじゃ・・・・」

男「なんだよ、次はキャメルクラッチでもやろうと思ってたのに」

犬娘「要らぬ世話じゃあほー!!」

男「・・・・あほだと?」

犬娘「い、いや、違うのじゃ!今のは売り言葉に買い言葉というやつじゃ!」

男「・・・まぁいいや。二度と俺に逆らうなよ」

犬娘「お、おぬしは暴君か・・・・」
415: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:19:05 ID:X/SZHWx.
~夕暮れ~

座敷「えっと・・・おばあさん?少しきつい様な・・・」

婆「浴衣は少しきついくらいがちょうどいいのよ貞子ちゃん。はい出来上がり」

座敷「ありがとうございます」

婆「それじゃあ次はメリーちゃんね」

メリー「・・・お願いします」
416: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:20:05 ID:X/SZHWx.
~茶の間~

男「女の着替えってのは長いなぁ・・・」

犬娘「そうじゃのー」コロコロ

男「・・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・・・・・」コロコロ
417: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:28:07 ID:X/SZHWx.
男「なんでお前がウチにいる?」

犬娘「なんでといわれても・・・じっちゃとばっちゃにいつでも遊びに来いといわれているのじゃ」コロコロ

男「そういえばお前うちのじーちゃんと仲良さげだったな」

犬娘「だから遊びに来てるまでじゃ」コロコロ

男「ん?お前も浴衣着てるってことは祭りに行くのか?」

犬娘「もちろんじゃ。ばっちゃに着せてもらったのじゃ」コロコロ
418: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:33:19 ID:X/SZHWx.
男「じゃあ先に祭りにいって来たらいいじゃん」

犬娘「そうそう硬いことをいいなさんな。ほれ飴玉をあげるのじゃ」

男「・・・・」コロコロ

犬娘「一人で回る祭りほど虚しいものはないんじゃ。じゃから犬娘が一緒に回ってやるのじゃ!」

男「お前が一人で回りたくないだけじゃん」
420: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:40:12 ID:X/SZHWx.
座敷「男さーん。お待たせしましたー」パタパタ

メリー「・・・浴衣って着るの初めて」

男「あれ?今は二号なんだな」

メリー「・・・一号と三号になると浴衣を汚しそうだしね」

男「ふーん。まぁいいや。それじゃあいくか」
421: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:48:20 ID:X/SZHWx.
~道中~

犬娘「わはは!この辺の地理に詳しくないお前たちにこの犬娘が特別に道案内してやるのじゃ!」

男「こっちいくと会場に近いんだ」

メリー「・・・・・・・・」ペラッ

座敷「そうなんですかー」

男「昔何回も来てたからな。ある程度の道は把握してるさ。ほらいくぞ」

犬娘「・・・・・・・・ぐぬ」
422: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:51:23 ID:X/SZHWx.
~会場~

座敷「うわー!」

メリー「すげー!」

犬娘「そうじゃろうそうじゃろう」

男「なんでお前が得意そうにしてんだ」ポカッ

犬娘「あいたっ?!」
423: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:54:25 ID:X/SZHWx.
犬娘「な、なにをするんじゃ!飴玉の恩を忘れたのか!」

男「あの程度で恩を売れたと思ってたのかよ」

座敷「男さん!はやく回りましょうよ!」

メリー「そうそう!さっさと回ろうぜ!」

男「あり?お前一号?」

メリー「ああ。二号は人ごみに疲れたってよ」

男「まだ会場の入り口だぞ」
424: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 21:59:40 ID:X/SZHWx.
男「とりあえず、人が多いから4人で回るぞ。はぐれたら大変だ」

座敷「はーい」

男「入り口付近の出店から順番に回っていくか」

座敷「それじゃあ、最初にから揚げと焼きそばを買います!」

男「いきなりかよ」
425: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:04:07 ID:X/SZHWx.
メリー「ん~~~・・・・・」

パンッ!

コト

メリー「やったあ!」

男「お、何が取れたんだ?」

メリー「これこれ!」

メリー「ガスライター?」
426: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:06:48 ID:X/SZHWx.
男「なんで疑問系なんだ?」

メリー「火がつかないんだけど?」

男「そりゃガスが入ってねぇもん」

メリー「なんだよ。つまんない」

男「家にもどったらじーちゃんに持ってないかきいてやるよ」
428: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:13:42 ID:X/SZHWx.
犬娘「うぬぬ・・・・」

男「なに悩んでるんだよ」

犬娘「イチゴ飴・・・・りんご飴・・・うぬぬぬ・・・・」

男「両方買えばいいじゃん」

犬娘「な、なにぶん予算が予算なのじゃ・・・・うぬぬ」

男「・・・・・・・」
429: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:18:50 ID:X/SZHWx.
男「すいません。りんご飴ひとつ」

おっさん「へいまいど!」

男「ほれ」

犬娘「な、なんじゃ?!」

男「やるよ。さっきの飴玉のお礼」
431: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:23:15 ID:X/SZHWx.
犬娘「お、お主・・・何かたくらんでおるのか?」

男「いらねぇんならいいよ俺が食うから」

犬娘「い、いやいや!誰もそんなこと言っておらんぞ!ありがたくいただいてやろう!」

男「調子のいいやつだな」

犬娘「さり気に200円高いりんご飴を買ったところは好評価じゃ!」

男「なんか腹立つなぁ」
432: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:27:40 ID:X/SZHWx.
メリー「・・・・・・・・」

男(・・ん?)

男「なにみてんだ?」

メリー「・・・・これ」

男「天狗のお面?」

メリー「・・・立派な鼻」

男「次いくぞー」
433: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:31:34 ID:X/SZHWx.
座敷「お祭りの屋台で食べると一味違いますねー」モシャモシャ

男「お前食いすぎじゃねーか?」

座敷「あ!男さん!フランクフルトが売ってますよ!」

男「聞いちゃいねー・・・・」

メリー「・・・フランクフルト・・・・ふふ」

猫娘「にゅふふ」カリカリ
435: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:39:05 ID:X/SZHWx.
~花火会場~

男「おぉー」

メリー「すごーい!きれーーー!」

座敷「わぁー」

犬娘「ふふふ、綺麗じゃろう?」

男「だからなんでお前がえらそうにするんだよ」
436: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:44:04 ID:X/SZHWx.
男「にしても、祭りが終わると夏も終わったような気がしちまうなー」

座敷「なんだか喪失感に襲われますよねー」

メリー「総室官?なんかのお仕事?」

男「三号は少し黙ってろ」

メリー「男くん、人に向かって黙ってろはひどいよ!」

男「食い掛かってくんな」
437: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:48:44 ID:X/SZHWx.
~帰り道~

犬娘「夜の田んぼは風情があっていいのじゃー」

ビチャッ!

犬娘「・・・・・・・・・」

男「開口一番にいきなり田んぼに足突っ込むなよ」

犬娘「す、すべったんじゃ!は、はやく助けるのじゃ!」
438: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/07(木) 22:53:14 ID:X/SZHWx.
犬娘「うぅ・・・足がヌメヌメするのじゃ・・・・」

座敷「幸い、浴衣が汚れなくて幸いでしたね犬娘さん」

犬娘「・・・うぅ」

男「ほれ、さっさと帰るぞ。じーちゃんに風呂沸かしといてもらうから」

犬娘「にちゃにちゃヌメヌメきもちわるいのじゃ・・・・」
440: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 16:53:48 ID:NpLqS4Uw
~帰宅~

男「ただいまー・・・ってあり?」

婆「あー、おかえりー。お風呂なら沸いてるよ」

男「あ、ばーちゃん。じーちゃんは?どっかいったの?」

婆「じーちゃんなら祭りの役員の人たちと飲み会に行ったわよ」

男「こりゃ、今日は帰ってこないかな」

婆「そうねぇ・・・・帰ってこないかもしれないわねぇ・・・」
442: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 17:06:46 ID:NpLqS4Uw
~玄関~

男「とりあえず貞子とメリーは先に着替えて来いよ」

座敷「あ、はい。それじゃあ行きましょうかメリーちゃん」

メリー「うん」タッタッタッタ

男「で、お前はまずその泥まみれの足をどうにかしないとな」

犬娘「外に水道があったからそこで洗うのじゃ」

男「そーだな」
443: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 17:11:34 ID:NpLqS4Uw
~庭・水道~

ジョボボボボ

男「ほれ、さっさと洗え」

犬娘「冷たくて気持ちいいのじゃ」

男「・・・ふぁぁあぁ~・・・・ねみぃ」

犬娘「ふふふ、お主も子供じゃのう。たかが祭りではしゃぎ疲れるなんてのう」

男「りんご飴一個で大喜びしてたお前に言われたかねーや」

ジョボボボボボ
444: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 17:19:05 ID:NpLqS4Uw
ちょっとお遊び(´・ω・`)
1貞子
2メリー
3犬娘
4爺
5婆

好きなのを選んで(´・ω・`)>>446
446: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 18:13:39 ID:CtWgIOvc
犬娘
448: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:04:29 ID:NpLqS4Uw
~茶の間~

男「あー・・・貞子、眠いから先に風呂いってきてもいいか?」

座敷「あ、はい。私はかまいませんよ」

メリー「べつにいいけどー」

男「んじゃーいってくるわー」トボトボ
449: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:12:09 ID:NpLqS4Uw
ガラッ

犬娘「おや?奴がおらんのじゃ」

座敷「男さんでしたらお風呂に入ってますよ」

犬娘「・・・・・ふむ・・・・・・・ふむ!」

婆「貞子ちゃんたち、お祭りはどうだった?」

座敷「とっても新鮮でした!」

メリー「花火も綺麗だったし」
450: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:15:31 ID:NpLqS4Uw
犬娘「ばっちゃ、少しばかり出かけてくるのじゃ!」

婆「あら?こんな時間にどこへ行くの?」

犬娘「ふふふ・・・内緒じゃ!」タッタッタッタ

婆「気をつけてねぇー」

座敷「犬娘ちゃん元気ですねぇ」

メリー「・・・そうだねぇ」
451: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:19:49 ID:NpLqS4Uw
メリー「・・わたし少しお部屋で休んでるね」

座敷「え、大丈夫ですか?」

メリー「・・・うん。別に体調不良とかっていうのじゃないから」

婆「うーん・・・それじゃあ何しようかねぇ」

座敷「えーと・・・・」
452: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:21:48 ID:NpLqS4Uw
~風呂場~

男「・・・・・あ~・・・気持ちいい・・・・」

男「・・・このまま眠っちまいそう・・・・」

男「いや、ダメだ・・・風邪引いちまう」

ガンガン!・・・ガンガンガン!

男「ん?なんだ?」
453: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:25:02 ID:NpLqS4Uw
黒い幽霊「タチサレ~!コノムラカラデテイケ~!」

男「・・・・・・・・・・」

男(・・・少しだけのってやるか)

ガラガラ

男「だ、だれだ!?出て来い!」

犬娘(にゅふふ・・・・)
454: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:27:35 ID:NpLqS4Uw
黒い幽霊「ウォォォォォ!」

男「うわわわわわ!?」

犬娘(にゅふふふ・・・怖がってるのじゃ!)

黒い幽霊「ウォォォォォォォオ!」

男「ひぃぃぃぃぃぃぃ!?」

犬娘(あはははは!とっても清清しいのじゃー!)
455: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:29:19 ID:NpLqS4Uw
黒い幽霊「クッテヤルーー!」

ガシッ

黒い幽霊「う・・・お?」

男「よい・・・・しょっと」グイッ

黒い幽霊「あわわわわわ?!」

ドボーン
456: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:36:11 ID:NpLqS4Uw
~いん ざ ばす~

男「あんまりおふざけはするもんじゃないぞ」

犬娘「ま、窓から無理やり風呂場に引きずりこむなんて・・・・」

男「てかさっさと出ていけよ」

犬娘「な・・!このびしょ濡れのまま出て行けじゃと!?」

男「自業自得だろ」
457: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:41:18 ID:NpLqS4Uw
~5分後~

犬娘「ふんふ~ん」ワシャワシャ

男「だからってなんでお前と一緒に入らなくちゃいけないんだよ」

犬娘「びしょ濡れになったのは誰のせいだと思ってるんじゃ?」

男「お前のせいだろ」ビシッ

犬娘「いたっ!?な、なんでおぬしはすぐ暴力に走るんじゃ!もう少しは犬娘のように和平の心を・・・・」

男「お前には言われたくねぇ」ビシッ
458: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:45:08 ID:NpLqS4Uw
犬娘「?」

男「どうかしたか?」

犬娘「なんでお主はさっきからこっちを見んのじゃ?あ、わかった。お主、犬娘の体に欲情・・・」

男「してもらえるほど立派なもんでもないだろ」

犬娘「お、お主は本当に失礼なやつじゃ!ならばとくと見るがいいのじゃ!」

バッ!
459: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:46:52 ID:NpLqS4Uw
男「・・・・・・・」ジー

犬娘「ふっふっふ・・・言葉も出んほどに完璧じゃろう!」

男「・・・・・・・」ジー

犬娘「あっはっはっは!」

男「・・・・・・・」ジー

犬娘「あっはっは・・・・」
460: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:48:58 ID:NpLqS4Uw
~5分後~

犬娘「・・・・あの・・・・」

男「・・・・・・・」ジー

犬娘「・・・・・うぅ・・・・」

男「おい隠すな。お前の言う完璧な体が見えないだろ」ジー

犬娘「・・・うううう・・・なんだか目が怖いのじゃぁ・・・・」
461: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:52:22 ID:NpLqS4Uw
~さらに5分後~

犬娘「・・うぅぅうぅ・・・」

男「・・・・うん」

犬娘「・・・・・・・・」

男「いうほど完璧でもなかったな」

犬娘「・・・お、お前は人でなしじゃぁ・・・・」
462: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 19:56:37 ID:NpLqS4Uw
~貞子VS婆~

婆「若い子でわかる子ってあんまりいないからうれしいわー」

座敷「わたしもわかるっていってもコイコイしかわからないんですけど」

婆「いいのいいの。それじゃあちょっとやってみましょうか」

シャッシャッシャッシャ
463: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 20:02:26 ID:NpLqS4Uw
~風呂場~

犬娘「・・・・もう少し左じゃ」ワシャワシャ

男「ここらへんか?」ワシャワシャ

犬娘「違う~。お前は右と左もわからんのか!」

男「・・・・・・・・」

犬娘「あ、ああああ!ま、待つのじゃ?!シャンプーハットをとってはいかんのじゃ!?」

男「遠慮すんなよ」

犬娘「だ、ダメなのじゃ!目に沁みるのじゃー!」
464: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 20:16:38 ID:NpLqS4Uw
犬娘「ふぁぁぁぁ~・・・・あったかいのじゃ~」

男「やっぱ風呂はいいなー」

犬娘「・・・なんで抱きついてるんじゃ?」

男「俺が先に入ってたところにお前が入ってきたからこういう構図になってんだろうが」

犬娘「ふぃー・・・でも誰かと一緒に入る風呂はいいもんじゃなー」

男「お前一人じゃ髪洗えないもんな」

犬娘「う、うるさいのじゃ!」
465: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/08(金) 20:17:22 ID:wrCVlN4Y
か…かわいい…!
468: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 12:48:23 ID:k0oJkySo
~脱衣所~

男「はー・・・いい湯だった」フキフキ

犬娘「そうじゃのー」パンッパンッ!

男「・・・・なにやってんだ?」

犬娘「じっちゃがいつもやってるんじゃ」パンッパンッ!

男「・・・・・・・・」
469: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 12:56:45 ID:k0oJkySo
~茶の間~

男「・・・ふぁあぁあぁ・・・・」

婆「あら、男ちゃん。お風呂はどうだった?」

男「うん。いい湯だったよ」

婆「それじゃあ次は貞子ちゃんとメリーちゃんと犬娘ちゃんで入ってらっしゃいな」

座敷「あ、はい。それじゃあメリーさんを呼んできますね」

犬娘「ばっちゃ、犬娘はもう入ったからいいのじゃ」
470: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 12:58:29 ID:k0oJkySo
婆「あら?いつの間に?」

犬娘「今さっき男と一緒に入ったのじゃ!」

婆「あらあらそうだったの」

男「ばーちゃん、俺眠いからもう寝るね」

婆「はいはい。お布団はもうお部屋に敷いてるからね」

男「うん・・・・おやすみ~・・・」
471: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 13:02:30 ID:k0oJkySo
~二階の部屋~

座敷「メリーちゃん。お風呂に行きましょう」

メリー「・・・うん。わかった。ちょうど手が汚れちゃったし」

座敷「??どうかしたんですか?」

メリー「・・・ちょっと天狗と戯れてた」

座敷「????」

メリー「・・大丈夫。膜は破れてない」
472: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 13:04:40 ID:k0oJkySo
~階段~

座敷「あ、男さん」

男「よう。俺は先に寝てるから」

座敷「あ、はい。おやすみなさいです男さん」

メリー「・・・・おやすみ」

男「ん。おやすみ」
473: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 13:14:37 ID:k0oJkySo
~いん ざ ばす 2~

座敷「ふは~・・・・気持ちいいです~」

メリー「・・・・・・・」ワシャワシャ

座敷「そうだ!メリーちゃん背中の流しっこしませんか?」

メリー「・・いいよ。シャンプーが終わったらね」ワシャワシャ
474: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 13:18:59 ID:k0oJkySo
座敷「えへへ~。メリーちゃんとお風呂に入るのは初めてですねー」

メリー「・・・そうだね」ワシャワシャフニュン

座敷「ひゃっ?!め、メリーちゃん?」

メリー「・・・ごめん。手が滑った」

座敷「は、はぁ・・・」
475: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 17:27:30 ID:NOuwozxg
メリー「・・・・・・・・」フニュフニュ

座敷「ちょ!?め、メリーちゃん!?」

メリー「・・・ごめん。手が止まらない」

座敷「きゃああああああああああ?!」

メリー「・・・・・形のいいおっぱいだね」フニュフニュ

座敷「は、離してぇええええ!?」
476: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 17:33:29 ID:NOuwozxg
~二階の部屋~

男「くー・・・・・くー・・・・」ポリポリ

犬娘「・・・・・・・・」ジー

男「・・・・・すー・・・・すー・・・」

犬娘「・・・・・・・・・」ツンツン

男「くー・・・・・くー・・・・」

犬娘(くくく・・・完璧に寝てるのじゃ・・・)
477: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 17:36:45 ID:NOuwozxg
犬娘(いまのうちに昼の仕返しじゃ・・・犬娘の4の字固めを食らうのじゃ!)

犬娘「えっと・・・・こっちの足をこっちで・・・・」

男「・・・・くーー・・・くー・・・」ガバッ!

犬娘「ぬ、ぬぉっ!?」バタッ!
478: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 17:40:32 ID:NOuwozxg
犬娘「く、くそぉ・・・・抱きつくなぁ・・・!」

男「くー・・・・・くー・・・・」

犬娘「う、うごけんのじゃ!?」

男「・・・・・なんか・・・いいにおい・・・・」スリスリ

犬娘「うっ・・・・・・」
479: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 17:47:02 ID:NOuwozxg
犬娘「は、離すのじゃ・・・!」

男「くかー・・・・・」ギュー

犬娘「あぅ・・・・・」

犬娘(に、逃げられないのじゃー・・・・)

男「・・・・・くかー・・・・・」

犬娘「・・・・・・・・・・・」
480: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 17:53:55 ID:NOuwozxg
犬娘「・・・・・・・」クンクン

男「・・・・・・すぴー」

犬娘(なんだかじっちゃみたいじゃ)

犬娘「・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・ふぁぁぁふぁふ」

犬娘(明日の朝・・・コイツより早く起きて仕返しするのじゃ)
481: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/09(土) 22:41:49 ID:AJYZExPQ
かわいい…
482: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 04:35:31 ID:FEGK.AtU
~午前4時~

男「・・・・・・・・・・・・う?」

犬娘「すー・・・すー・・・」

男「・・・・・・・ん?」

男(なんで俺がコイツを抱きしめてるんだ?)

男「んしょっと・・・・」

犬娘「・・・・んぅ・・・・・」ゴロン

男「ふぁあああああ・・・・・・」
483: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 04:37:19 ID:FEGK.AtU
犬娘「すー・・すー・・・・」

男「目が覚めちまったのはしょうがないな・・・・起きるか・・・」

ガラッ

男「・・・・・・・・・・」

座敷「・・・・・・・・・・」

男「・・ってうわ!?」

座敷「ふぇっ!?」ビクッ!
484: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 04:43:22 ID:FEGK.AtU
男「・・・なにしてんの?こんなとこで?」

座敷「え、えと、思ってたよりも早く目が覚めてしまいまして、ボーっと外を眺めてました」

男「へー、お前もか」

座敷「寝不足な感じはないんですけどねー・・・」

男「ふむ・・・・・暇だったらその辺に散歩でも行くか?」

座敷「・・・え?」
485: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 04:53:30 ID:FEGK.AtU
~祭り会場~

男「活気のない屋台ってのもなんかあれだな」

座敷「そうですねぇ」グゥゥゥゥ

男「・・・・・・・・」

座敷「す、すみません。なんだか屋台を見ていたらお腹がすいちゃって・・・」

男「まぁ、午前中にまた来ればいいさ」
486: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 12:47:33 ID:FEGK.AtU
男「さーて、じわじわもどるとするかー」

座敷「そうですね。・・・・・あれ?」

男「ん?どうした?」

座敷「あれっておじいさんじゃないですか?」

男「え?じーちゃん?」

男「・・・・・・・・・・・」

座敷「・・・・・・・・・・・あれ、おじいさんですよね?」
487: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 12:51:09 ID:FEGK.AtU
~帰還~

男「た、ただいまー・・・」

婆「おかえりー、早かったわねー・・・・あらあら」

男「いやさ、途中でじーちゃんとあったんだけど」

爺「ぐごー・・・・ぐごー・・・・」

男「酔っ払ってて途中で寝ちゃってさ。ばーちゃん布団敷いてきてくれる?」
488: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 12:56:05 ID:FEGK.AtU
~二階・男の部屋~

犬娘「・・・・・んにゅ・・・・・にゅ?」

犬娘「ふぁふぁぁぁぁ・・・・・んにゅ・・・・」

パタパタパタ

男「あれ、お前起きてたの?」

犬娘「・・・・・・・・・」コクン

男「てかなんで俺の部屋で寝てたんだよ」
489: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 13:01:39 ID:FEGK.AtU
犬娘「・・・・・・ふぁー・・・・」ウツラウツラ

男「・・・・・・・・・」ビシッ

犬娘「あいたっ?!」

男「目ぇ覚めたか?」

犬娘「痛ぃ・・・・・何するんじゃ!」

男「なんで俺の部屋で寝てるかって聞いてるんだよ」
490: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 19:37:00 ID:Bw4R0JwE
犬娘「んー・・・・?たしか・・・いたずらしに来て・・・・・」

男「お前も懲りないなー・・・・」ワキワキ

犬娘「い、いや!待つのじゃ!?」

男「・・・なんだ?」

犬娘「犬娘がこの部屋で寝ていたのはお主が抱きついてきたからじゃぞ!」

男「あー・・・・そういえばなんか抱き枕みたいのを抱いていたような・・・」

犬娘「そのせいで出て行けなかったのじゃ!だからお主のせいなのじゃ!」
491: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 19:43:21 ID:Bw4R0JwE
男「でもいたずらしに来たことには変わりないからな」

犬娘「り、理不尽じゃーーー!?」

男「いたずらしにきたお前が悪いな」

犬娘「お、お主だって犬娘に頬ずりとかしてきたんだからお互い様じゃろ?!」

男「寝てる時のことなど覚えておらん」

犬娘「みぎゃああああああああ!?」
492: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 19:55:35 ID:Bw4R0JwE
~茶の間~

男「いただきまーす」

座敷「いただきます」

メリー「いただきまーーす!」

犬娘「いただくのじゃ」

婆「たーんと食べてね」
493: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 19:58:19 ID:Bw4R0JwE
座敷「おばあさん、おかわりをお願いします!」

婆「はいはい」

男「朝からとばしてるなぁ」

メリー「わたしもー!」

婆「はいはい。そういえば男ちゃん。今日は何時ごろにこっちを出るの?」

男「んー・・・午後2時の電車かな。午前中はもう一回祭りに行って来るよ」
494: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 20:03:15 ID:Bw4R0JwE
~祭り会場~

男「・・・まだ6月なのにあっついなー・・・・」

座敷「そう・・・もぐもぐ・・ふぇふね」

男「あー・・・受け答えしなくていいから食ってろ」

メリー「・・・・・・・・・」

男「なに見てんだ?」

メリー「べ、べつに!?」

男(・・・手作りのアクセサリーか)
495: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 20:07:03 ID:Bw4R0JwE
男「お前もこういうの好きなんだな」

メリー「べつに好きじゃねーよ」

男「すいません。このペンダントひとつ」

お姉さん「はーい。ありがとうねー」

男「ほれ」

メリー「・・・・え?」

男「やるよ」
496: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 20:09:34 ID:Bw4R0JwE
メリー「な、なんで?」

男「なんでっていわれてもなぁ。昨日貞子と犬娘にはそれぞれ欲しいもん買ってやったからな」

メリー「・・・・・・・・」

男「お前にだけ買ってやらないってのもな」

メリー「あ、あり・・・・」

男「それに、あとで買ってやらなかったことがばれたら散々文句いわれそうだし」

メリー「う、うるせぇ!バカ!」
498: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 20:17:51 ID:Bw4R0JwE
ハーレムってなんか嫌なんだ(´・ω・`)

というわけで、ルート分岐したいんだけど、どう思います?(´・ω・`)
501: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 20:38:04 ID:Bw4R0JwE
全員の個別いいですね(´・ω・`)

1貞子
2メリー
3犬娘
4ハーレム以外でなにか要望を

>>506までで多かったやつから書かせてください(´・ω・`)
505: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 20:44:49 ID:gtMguGtM
メリーさんはぁはぁ
506: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 21:23:42 ID:AZWxOIYE
メリー!
乱暴人格のメリー!
525: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 10:33:25 ID:G2ffrqtU
~~貞子ルート~~

よろしくお願いします(´・ω・`)

ではでは(´・ω・`)
526: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 10:37:47 ID:G2ffrqtU
~7月下旬~

男「ただいまー・・・・・」

半貞子「あ、おかえりなさーい」

メリー「・・・お帰り」

男「今日はまた一段とあっついなー。ほれ、アイス買ってきたから好きなの選べ」

半貞子「やったー!ありがとうございます男さん」
527: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 10:44:10 ID:G2ffrqtU
~男の部屋~

半貞子「やっぱりカキ氷はイチゴですよね」シャクシャク

メリー「・・・わたしは檸檬」シャクシャク

男「おい、扇風機こっちにも向けろよ」

メリー「・・・首ふりの範囲に男がくればいい」

男「お前ら2人と猫で場所が埋まってんじゃねーか」
528: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 10:47:41 ID:G2ffrqtU
男「そういえばそろそろ納涼祭だなー」パタパタ

半貞子「納涼祭?」シャクシャク

男「そ。ここら辺のは肝試しとかお化け屋敷とかをやるんだけの祭り」

半貞子「わー、面白そうですねー!」

男「お前は食い気があるだけだろ」

半貞子「うっ・・・・・」
529: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 10:50:43 ID:G2ffrqtU
半貞子「で、ですが!納涼祭!しかもお化け屋敷に肝試しと来れば渡しの出番ですよ!」

男「ふーん・・・・」

半貞子「な、なんでそんな優しい目で見てくるんですか!」

男「だってお前怖くないしなー」

半貞子「そ、それは男さんが本当のわたしを見たことがないからですよ!」

男「え?お前それが本当の姿じゃないの?変身とか出来るの?」

半貞子「い、いえ、出来ませんけど・・・・」
530: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 10:55:05 ID:G2ffrqtU
男「てか、お前最初に出てきたときも相当なドジっぷりをさらしてたじゃん」

半貞子「ふふーん。そういっていられるのも今のうちですよ男さん!」

男「ん?」

半貞子「わたしも以前の失敗から学習しているんです」

男「ほほう。具体的には?」

半貞子「それはですね・・・えーと・・・見てもらったほうが早いです」
531: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 11:00:02 ID:G2ffrqtU
~いん ざ びでお~

男「ん?これお前がもともと入ってたビデオじゃん」

半貞子「そのとおりです」

男「これがどうかしたのか?」

半貞子「それじゃあわたしの進化をお見せしましょう!」

男「はいはい。それじゃあ準備が出来たら声かけてね」
532: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 11:04:27 ID:G2ffrqtU
~開演~

男「ほんじゃ、スタートっと」ピッ

井戸「・・・・・・ウアァァァァァア・・・・」

男「・・・・・・・・」

メリー「・・・これってただの井戸?」シャクシャク

男「あー、そうか。お前日本の生まれじゃないもんな。知らなくてもしょうがないか。まぁみてろ」

井戸「・・・・ウアァァァァ」
533: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 11:08:59 ID:G2ffrqtU
半貞子「・・・・・・」ペタ・・・ペタ

男(・・・・あ、そうだ)ガサガサ

メリー「・・・・・・・・・?」

テレビ「・・・・・ニュルン」

半貞子「・・・ウァアアァァァ・・・・?」

男「・・・・・・・・・」っフライドチキン

半貞子「・・・・・・ウ、ウマソウ・・・」ジュルリ
534: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 11:12:07 ID:G2ffrqtU
~反省会~

男「最後の最後で台無しじゃねーか」

メリー「・・・これが日本のホラーなの?」

男「いや、どちらかというとギャグに近いかな」

半貞子「うぅ・・・・」モシャモシャ

男「で、結局どこらへんが進化なんだ?」
535: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 11:14:51 ID:G2ffrqtU
半貞子「良くぞ聞いてくれました!」

男・メリー「・・・・・・・・」

半貞子「今回はですね・・・・」

男・メリー「・・・・・・・・」

半貞子「井戸の中にはしごを取り付けたんですよ!」

男・メリー「・・・・・・・・・・・」

半貞子「これで今まで以上に簡単に出ることが出来るんですよー!」
536: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 11:18:20 ID:G2ffrqtU
男「結局あんまり進化してないのね」

半貞子「そ、そんな・・・」

男「だってなー・・・怖くねぇもん」

半貞子「・・・うぅ」

男「俺としてはお前と外食するほうが怖いよ」

メリー「・・・それも日本のホラー?」

男「いや、金銭的な話で」
537: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 17:59:32 ID:G2ffrqtU
男「・・・あれ?」

半貞子「どうしました?」

男「なんか冷蔵庫みたいなの映ってるけど」

半貞子「あ、はい。あれは私の冷蔵庫です」

男「んー・・・・・」

半貞子「どうしました?」
538: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 18:02:07 ID:G2ffrqtU
男「いや、なにかはいってんのかなって思ってさ」

半貞子「どうなんでしょう?」

男「いや、聞き返されても」

半貞子「よくよく考えるとここ半年ほど開けた記憶がありません」

メリー「・・・一回見てきたら?」

半貞子「それもそうですね。ちょっと見てきますね」
539: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 18:04:54 ID:G2ffrqtU
~5分後~

半貞子「ただいま戻りましたー」ニュルン

男「なんか入ってたか?」

半貞子「えっと・・・・はい、一応」

男「なんか煮え切らない答えだな・・・」

半貞子「えっと・・・まずはですね・・・これです」ドンッ

男「パック納豆?」
540: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 18:07:47 ID:G2ffrqtU
男「まぁ、いたって普通の納豆だと思うが」

半貞子「よく見てください男さん」

男「ん?いや・・・特におかしいところは・・・」

メリー「・・・あ、これ賞味期限が98年の3月だ」

男「・・・・・・・」オソルオソル

半貞子「あぁ!?開けちゃダメです!?死にたいんですか!?」
541: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 18:12:22 ID:G2ffrqtU
~10分後~

男「・・・なつかしいなこれ。もう製造が終わったジュースじゃん」

半貞子「それおいしかったですよねー」

男「お前の冷蔵庫ってタイムマシーンみたいだな」

メリー「・・・というよりタイムカプセルに近い気がする」

半貞子「・・・なはは」
556: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:00:43 ID:SJoeS7qM
~翌日~

半貞子「おはようございますー!」

母「あらあら?今日は遅かったわね~」

半貞子「すみません!昨夜は遅くまで読書にふけってしまって・・・!」

母「いいのよ~。ご飯は盛るわね~」

半貞子「あれ?男さんはどうしたんですか?」

母「男はなんか用があって学校に行ったわよ~」

半貞子「土曜日にですか?んー・・・・?」
557: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:03:46 ID:SJoeS7qM
母「そうそう。何でも友君に誘われたって言ってたけど」

半貞子「んー・・・何をなされているのか気になります」

母「あ、どうする?貞子ちゃん学校にいってくる?」

半貞子「でも、男さんに来るなって言われてるんですよねー・・・」

母「あはは、そんなの気にしない気にしない~」

半貞子「で、でも・・・」
558: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:06:40 ID:SJoeS7qM
母「あ、それじゃあお弁当作ってあげるから、男に持っていってあげて」

半貞子「お弁当ですか?」

母「そうそう。貞子ちゃんの分も作ってあげるから一緒に食べてきなさいな」

半貞子「で、でもー・・・・」

母「大丈夫大丈夫。わたしが行って来てって言ったことにしとくから」

半貞子「そ、それでしたら・・・・」
559: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:11:29 ID:SJoeS7qM
~ところ変わって男の学校~

男「・・・ふぁぁあああ・・・なぁ、もういいだろ?」

友「全然見たりないぜ!」

男「・・・・いくら、学校のプールが一般開放されてるからって・・・」

小学生「キャッキャ」 中学生「キャーー」

男「小中学生の水着姿見て興奮してるお前、結構ヤバイ人だぞ」
560: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:14:34 ID:SJoeS7qM
友「誤解を招くような言い方をするな!俺はなぁ・・」

男「「小さな胸にこそ夢がある」っていうんだろ?」

友「よくわかってるじゃないか!さすが親友!」

男「こんなことで親友呼ばわりされたくねぇ・・・・」

友「まぁそういうなって!見ろよあの子・・・そんなに大きくないのにビキニなんか着ちゃって・・・・」

男「・・・・・・はぁ」
561: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:20:21 ID:SJoeS7qM
男「・・・・ん?」

友「どうした?可愛い子いたか?!」

男「いや、ちょっと知り合い見つけたから、会ってくる」

友「おいす!俺はここでもうしばらく観察してるぜ!」

男「あぁ。それじゃな。あ、俺もう戻ってこなくてもいいか?」

友「なんだよー・・・つきあいわりーぞー」

男「俺を変態に引き入れようとすんな」
562: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:24:10 ID:SJoeS7qM
~昇降口~

半貞子「えっと・・・・男さんはどこにいるんでしょう・・・」

男「あ、やっぱりか」

半貞子「あ、男さん!」

男「何しにきたんだよ。用がなかったらくるなって言ってただろ」

半貞子「いえいえ、今日はちゃんとした用があるんです!」
563: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:28:15 ID:SJoeS7qM
半貞子「実はお母さんからお弁当を持っていくようにと」

男「母さんが?」

半貞子「はい」

男「んー・・・家戻って食おうと思ってたけど、まぁ・・・せっかく持ってきてくれたんだし」

半貞子「それと・・わたしの分もあるんです!」

男「んー・・・・じゃあ、どっか涼しいところで食うか」
564: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:32:32 ID:SJoeS7qM
男「ところでその服は・・・母さんか」

半貞子「はい。夏は麦藁帽子が似合うと、それに合う服を選んでいただきました」

男「お前のそういう服装、なんだか新鮮だな」

半貞子「そうですか?えへへ」

男「まぁ、お前がいっつも白装束着てるからって気もするけど」

半貞子「・・・なはは」
565: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:36:29 ID:SJoeS7qM
~廊下~

男「・・・ん?!」

半貞子「?」

男「隠れろ!」

半貞子「えっえっえ?!」

男「しっ!静かに!」

半貞子(???)
566: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:40:49 ID:SJoeS7qM
友「だ、だから!俺はやってないって!」

先生「双眼鏡やらカメラやらを持っているやつが言い逃れできると思っているのか!」

友「は、ほんとうにやってねぇってばああああ」

男「・・・・・・・・・・・ふぅ」

半貞子「あの方はお知り合いなんですか?」

男「あぁ。友達だけど、今見つかると俺まで巻き込まれる」

半貞子「はぁ・・・・」
569: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 11:33:08 ID:ne9ESIPI
~男の教室~

男「窓を全開にして・・・と」

半貞子「ここが男さんの教室ですかー」

男「あぁ。ほんじゃ、飯食うか」

半貞子「はい」

男「・・・えっと・・・・」ガサゴソ

半貞子「?」
570: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 11:37:20 ID:ne9ESIPI
男「ほらよ」コンッ

半貞子「あ、ありがとうございます。でも、なんでロッカーからウーロン茶が?」

男「心配すんな。古いもんじゃねーから」

半貞子「それにこれすごく冷たいです」

男「内緒だぞ。じつはな・・・・」ガサゴソ・・カパッ

半貞子「えっ?隠し扉ですか?」
571: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 11:44:40 ID:ne9ESIPI
男「隠し扉って言うほどのもんでもないけどな」

半貞子「これ・・・どうしたんですか?」

男「俺達の二つ三つ上の先輩たちが残していったもんなんだけどさ」

半貞子「・・・・・・・・・」

男「学校でアイスが食いたいってことで自分のロッカーの壁くり貫いてその奥に冷蔵庫を設置したんだ」

半貞子「そうだったんですかー」

男「絶対誰にも言うなよ?見つかったら滅茶苦茶怒られるんだから」
572: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 11:50:31 ID:ne9ESIPI
男「まぁ冷蔵庫も冷凍庫も小型だからそこまで量が入るわけじゃないけどな」

半貞子「それでも便利でいいですね!」

男「そうだな。さてと、説明も終わったところで飯にするかー」

半貞子「はい!いただきます!」

男「・・・・・はー・・冷たいお茶がうまい」
573: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 20:31:52 ID:w9y14R.c
~食後~

半貞子「風が気持ちいいですねー」

男「そうだなー。あ、そうだ」

半貞子「?」

男「・・・よいしょっと」ガコッ

半貞子「・・・・・・・・・」

男「ほいっと」パキッ
574: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 20:38:45 ID:w9y14R.c
男「ほれ、アイス」

半貞子「わー、ありがとうございます」

男「いやー、パキッと割れるアイスも夏って感じだなー」

半貞子「そうですねー・・・あれ?」

男「どーしたー?」シャリシャリ

プール「わーわー・・・きゃーきゃー」
576: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 20:47:27 ID:w9y14R.c
半貞子「わー!プールだー!」

男「あぁ、夏の間は一般公開って形でみんな使えるんだ」

半貞子「そうなんですかー」

男「んー・・・行きたいの?」

半貞子「え?!連れて行ってもらえるんですか?!」

男「行ってもいいんだけど、さすがに昼間はなー・・・小中生が多すぎて遊べないんだよなー・・・」

半貞子「そ、そんなー・・・・」
577: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 20:52:04 ID:w9y14R.c
男「んー・・・じゃあ行くか?」

半貞子「・・でも今からじゃ・・・遊べないんですよね?」

男「まぁ、そこらへんはどうとでも出来るけど。それよりも」

半貞子「?」

男「お前水着もってんの?」

半貞子「あぅ・・・・そういえば・・・」
578: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 20:54:34 ID:w9y14R.c
~男の部屋~

テレビ「・・・・ニュルン」

男「あったか?」

半貞子「・・・あるにはあったんですけど、小さくて着れませんでした・・・」

男「・・・太ったんじゃね?」

半貞子「ふ、太ってません!・・・男さん失礼です!」

男「まぁ、それは置いといて・・・・」
579: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 21:02:06 ID:w9y14R.c
男「そうなると、水着を買いに行かないとなー」

半貞子「男さんも水着が無いんですか?」

男「探せばあるだろうけど、どうせお前の水着も買わないといけないしな。ついでに俺も買うよ」

半貞子「それじゃあメリーちゃんも誘って行きましょう!ほらほらー!」グイグイ

男「わかったから、そう引っ張るな」
580: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 21:06:17 ID:w9y14R.c
~水着コーナー~

メリー「・・・こんなのどう?」

男「それはただの紐だ。水着じゃない」

メリー「・・・・・・・・」トボトボ

半貞子「うーん・・・どういうのがいいんでしょうか?」

男「女の水着のことを俺に聞かれてもなぁ」
581: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 21:08:30 ID:w9y14R.c
半貞子「うー・・・難しいです」

シャー

メリー「・・・こんなのどう?」

男「肩紐ずらして悩ましげなポーズをとらない」

シャー

半貞子「う、うーん・・・・」
582: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 21:14:04 ID:w9y14R.c
男「俺はこれでいいかな」

メリー「・・・こんなの・・・どう?」

男「貞子ー、きまったかー?」

メリー「・・・なんというスルー・・・」

半貞子「ま、まだ、決まらないです・・・・とりあえず、この三つには絞ったんですけど・・・」

男「・・・なんかまとまりがねーなー・・・」

半貞子「よかったら、男さんが選んでくれませんか?」
583: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/15(金) 21:16:34 ID:w9y14R.c
男「何で俺?」

半貞子「こうなっちゃうとなかなか決まりませんし・・・それに・・・」

男「・・・ん?」

半貞子「メリーちゃんに任せると・・・・その・・きわどい水着ばかりになってしまって」カァァ

男「あぁ・・・なるほど」

半貞子「なので、お願いします男さん」
593: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:14:08 ID:WnwWdBVc
男「じゃあ・・・これ」

半貞子「競泳水着ですか?」

男「うん」

半貞子「では、買ってきますね」タタッタッタ

男「・・・・・・・」

メリー「・・・ちなみに、選んだ理由は?」

男「・・・・・・・ロマンかな」
594: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:16:05 ID:WnwWdBVc
男「お前はどれにしたんだ?」

メリー「・・・見てからのお楽しみ」

男「さっきの紐みてぇなやつじゃないよな?」

メリー「・・・さぁね。もしかしたら、濡れるとスケスケになる水着かも」

男「まぁお前がいいんならそれでもいいけど」

メリー「・・・反応がつまらない」

男「どないせっちゅうねん」
595: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:18:23 ID:WnwWdBVc
~午後6時~

半貞子「今日は晩御飯の時間が早かったですね」

男「あぁ、俺が母さんに早めにしてくれっていったんだよ」

半貞子「? なにか用事があるんですか?」

男「いやいや、プールに行くんだろ」

半貞子「え?」
596: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:21:19 ID:WnwWdBVc
半貞子「もう日も暮れてきてますけど・・・」

男「夜のプールも楽しいもんだぞー。幸いここ最近の夜は蒸し暑いしな」

半貞子「この時間から使っても大丈夫なんでしょうか?」

男「まぁ、ばれたら怒られるだろうな。ま、そんなのを恐れてたら遊べないけどな」

メリー「夜のプールなんて楽しそうじゃん!いいないいな!」

男「それじゃ、そろそろいくか!」
597: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:23:13 ID:WnwWdBVc
~プール~

男「女の着替えってのはやっぱ遅いなー」チャプチャプ

男「はー・・・冷たくてきもちー・・・」

半貞子「お、お待たせしましたー」

男「おっ・・・来たか」

半貞子「な、なんだか恥ずかしいですね・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・」
598: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:25:53 ID:WnwWdBVc
半貞子「な、なんですか男さん?」

男「・・・・・・・・・」

半貞子「あ、あの・・・あんまり見られると・・・・」

男「・・お前って結構着痩せするのな。それにそこそこ胸がある」

半貞子「・・・あぅ。は、恥ずかしいです・・・」

メリー「きゃっほーーー!」ドボーン
599: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:28:09 ID:WnwWdBVc
メリー「ぶはっ!あはは、冷たくてきもちいー!」

男「あれ?お前三号?」

メリー「そーだよー」

男「一号はどうした?ここ来るまであいつだったのに」

メリー「一号ちゃんはこの水着が嫌なんだってー。動きやすいのにねー」

男「まぁ、スク水だしな」
600: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:31:25 ID:WnwWdBVc
~30分後・プールサイド~

メリー「わーい!」ザバザバザバ

男「三号は元気だなー」

半貞子「そうですねー」

男「夜のプールも結構いいもんだろ?」

半貞子「はい。貴重な経験です・・・・へ、へくちっ!」
601: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:33:39 ID:WnwWdBVc
男「大丈夫か?」

半貞子「ズズッ・・・あ、はい。少し冷えたみたいです」

男「ほれ、これ羽織っておけ」

半貞子「あ、ありがとうございます。・・・・うふふ」

男「ん?」

半貞子「男さんってやっぱり優しいんですね」
602: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:43:09 ID:WnwWdBVc
男「そうか?」

半貞子「はい。そんな男さんが私は好きですよ」

男「え?好きなの?」

半貞子「はい」

男「・・・・・・・・・・・・」
603: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:47:10 ID:WnwWdBVc
~男の家~

男「・・ってことがあったんだけどどう思う?」

猫「んー・・・聞く限りだと、男として好きって言うよりは人間として好きって感じかな?」

男「だよなー」

猫「まぁ、兄さんがそういうことで相談してきたってことは兄さんも少しは気に掛けてるってことだね」

男「んー・・・?」

猫「兄さんは嬢ちゃんのことをどう思ってるんだい?」
604: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:54:25 ID:WnwWdBVc
男「うーん・・・・」

猫「そんなに悩むことかい兄さん?」

男「いや、なんだろう・・・もう家族みたいな存在になってるからなぁ」

猫「なるほど。でも好きって言われて悪い気はしなかったんだよな?」

男「それは、な」

猫「じゃあそれ以上先に進みたいとかっては思わないのかい?」
605: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 00:57:56 ID:WnwWdBVc
男「それ以上・・ね・・んー・・・・」

猫「まあ、兄さんと嬢ちゃんならそういう関係になっても今と変わらない気もするけどな」

男「んー・・・・・・」

猫「じゃあ、こういうのはどうだい?」

男「ん?」
606: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 01:05:17 ID:WnwWdBVc
~10分後~

半貞子「はふー・・・男さーん。お風呂あきましたよー」

男「あ、ああ」

猫「それじゃな兄さん」タタタッタタ

半貞子「あれ?猫さん?」

男「・・・・・・・・・・・・・」

半貞子「? 男さん?」
607: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 01:08:16 ID:WnwWdBVc
男「貞子」

半貞子「はい?」

男「さっき、俺のこと好きだって言ってただろ?」

半貞子「はい」

男「俺もお前のドジなとことか好きだよ」

半貞子「・・・・あ、ありがとうございます?」
608: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 01:16:02 ID:WnwWdBVc
半貞子「・・・・あれ?ドジなところ?」

男「うん。可愛いから」

半貞子「・・・・か、かわ?!」

男「うん」

半貞子「・・・・・・・・・・」ポー

男「んじゃ、俺風呂行ってくるわ」

半貞子「・・・・あ、は、はい!いってらっしゃいませ!」
609: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 02:50:39 ID:WnwWdBVc
ガチャッ

半貞子「・・・・・・・・・・・・」

半貞子「・・・・・・・・・・・・」

半貞子「・・・・・・・・・あれ?」

半貞子「・・・わたしってそんなにドジだったの?」
610: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 10:47:46 ID:WnwWdBVc
~風呂~

男「・・・・って感じに照れてた」

猫「それは可愛いって言われたからだろ兄さん」

男「あいつそういうことに耐性なさそうだしなー」

猫「なによりずっとビデオの中に居たわけだしなー」

男「まぁな」
611: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 10:51:24 ID:WnwWdBVc
~茶の間~

半貞子「はぁ・・・・」

母「あらあら?どうしたの貞子ちゃん?ため息なんてつくと幸せが逃げていくわよ?」

半貞子「あ、お母さん」

母「何か悩み事?」

半貞子「実は・・・・」
612: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 10:57:53 ID:WnwWdBVc
母「へ~。男にね~」

半貞子「はい」

母「はい、麦茶」

半貞子「あ、ありがとうございます」

母「それで?」

半貞子「え?あの、それで、とは?」
613: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:03:01 ID:WnwWdBVc
母「貞子ちゃんはどう思ったの~?」

半貞子「私は男さんにからかわれているのだと・・・・」

母「あら?それだけ?」

半貞子「え?」

母「好きって言われたことについてはどう思ったの~?」

半貞子「・・・・・・・・」
614: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:15:39 ID:WnwWdBVc
母「嬉しかった~?」

半貞子「・・・それは・・嬉しかったですけど」

母「けど?」

半貞子「男さんはわたしのドジなところが好きだというのはなんだか・・・・」

母「う~ん・・・・」
617: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:26:11 ID:ZvuDcQGs
~男の部屋~

ガチャッ

半貞子「はぁ・・・・」

男「お、母さんと何話してたんだ?」

半貞子「い、いえ、な、何でもありませんよ」

男「ふーん」

半貞子「あはは・・・・」
618: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:30:42 ID:ZvuDcQGs
男「そだ、俺ちょっちコンビニいってくるけどなんか買ってくるものあるか?」

半貞子「えーと・・・・男さんは何を買いに行くんですか?」

男「あぁ、夏休みの宿題用のノートを買いに行くんだ」

半貞子「もう宿題に取り掛かるんですか?」

男「俺は序盤で一気に終わらせるんだ」

半貞子「そうなんですかー」
619: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:36:10 ID:ZvuDcQGs
~道路~

男(んー・・・・ムシムシするなー・・・・)

?「・・・こさ・・・」

男「ん?」

半貞子「・・とこさーん!」

男「ら?」

半貞子「はぁ・・・はぁ・・・」
620: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:38:46 ID:ZvuDcQGs
男「どうした?そんなに急いで」

半貞子「はぁ、はぁ・・・男さん・・・お財布・・・」

男「え?・・・あれ?」ゴソゴソ

半貞子「つ、机の上に置き忘れてましたよ」

男「あちゃー・・・悪かったな。持ってきてもらって」

半貞子「い、いえいえ」
621: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:41:45 ID:ZvuDcQGs
男「もって来てくれた御礼にアイスのひとつでも奢らせてくれ」

半貞子「え?いいんですか?!」

男「うん。ここまでしてくれたしな」

半貞子「やったー!」

男「そんじゃあいくかー」

半貞子「はーい」
622: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:45:41 ID:ZvuDcQGs
~コンビニ~

店員「いあっしゃせー」

男「はー・・・すずしー」

半貞子「きもちいいですねー」

男「さて、どれにする?」

半貞子「私はこれにします!」ソフト

男「あいよ」
623: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:47:56 ID:ZvuDcQGs
店員「あれ?男ちゃんじゃないの?」

男「え?」

店員「あー、やっぱり!おひさー!」

男「おー!店員?!久しぶりー」

店員「やべー中学以来?」

男「お前髪染めてるからわかんなかったよー」
624: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:52:19 ID:ZvuDcQGs
半貞子「男さん、お知り合いですか?」

店員「お、なにその子、男ちゃんのコレ?」

半貞子(小指?)

男「んーと・・・友達の妹で今うちで預かってるんだ」

半貞子「はじめまして。貞子といいます」ペコ

店員「おう。俺は店員っていうんだ。男ちゃんの中学んときの同級生だ」
625: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 20:59:03 ID:ZvuDcQGs
店員「いやー、懐かしいなー」ピッ

男「ほんとだなー」

店員「そういえばよ、ほれ、中学んときに女っていたべ?」

男「あぁいたなー」

店員「アイツこないだ出来婚で結婚したみたいだぜ」

男「まじでか!」
626: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 21:02:12 ID:ZvuDcQGs
店員「それじゃーなー」

男「おーう」

半貞子「それでは失礼します」ペコ

店員「おーう!またきてくれよー」
627: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 21:06:18 ID:ZvuDcQGs
~道路~

男「あいつおまけでフライドポテトまでくれたよ」

半貞子「いい方ですね!」

男「そうだな、ほれ、アイス」

半貞子「あ、ありがとうございます」

男「こう暑いとアイスがうまいなー」
628: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 21:08:07 ID:ZvuDcQGs
半貞子「ん~♪おいしいです~♪」

男「お前は、イチゴソフトだっけ?」

半貞子「はい。男さんはメロンソフトですかー」

男「おう。一口食うか?」

半貞子「いいんですか!?」

男「あぁ、ほれ」
629: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 21:10:26 ID:ZvuDcQGs
半貞子「あー・・・ん」パクッ

男「うまいか?」

半貞子「はい~♪」

男「そりゃなによりだ」

半貞子「それじゃあ、わたしもお返しに・・・どうぞ男さん」

男「ん?いいのか?」
630: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 21:13:47 ID:ZvuDcQGs
半貞子「はい。おいしいものはみんなで食べてこそですから!」

男「それじゃ・・・・あむ」パクッ

半貞子「どうですか?」

男「うん、うまい」

半貞子「えへへ、それはよかったです」

男「・・・・・・・・・・」
635: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/22(金) 23:43:35 ID:h/LQ5uLY
男「・・・・・」ナデナデ

半貞子「?どうしました?男さん」

男「んー・・・なんだかなでたくなった」

半貞子「???」

男「なんだろ?娘を持った父親のような感情というか、なんというか・・・」

半貞子「あ、もしかして、私を子供っぽいと思ってるんですか!?」
640: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 19:43:27 ID:HGGl0gsw
男「思ってないよ。ほれ、ポテト食うか?」

半貞子「食べますー♪」

男「ほれ、あーん」

半貞子「あー・・・ん♪」モグモグ

男(食い物で釣られる辺り子供っぽいと思うが・・・・)

半貞子「男さん、あーん」

男「ん、ほれ」

半貞子「あむっ」モグモグ
641: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 19:45:42 ID:HGGl0gsw
男「・・・・・・・・・・・・」

男(・・・なんだろう・・・・餌付け?)

半貞子「あーん♪」

男「ほりゃ」

半貞子「んー♪」モグモグ
642: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 20:40:35 ID:gyVbw88M
~翌日~

男「返してくれって?」

友「そーそー。ほかの友達が見てみたいって言っててよ」

男「マジか・・・・・」

友「? なにか問題でもあったか?」

男「いや・・・・まぁ・・・・うーん」

友「とりあえず近いうちにまた電話するからな」

男「・・・・・・・・・・・・・・・」
643: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 20:43:35 ID:gyVbw88M
~男の部屋~

男「うーん・・・・・・」

半貞子「どうかなさいました?男さん」

男「ん?ああ、いま友達から電話があってお前のビデオを返してほしいってさ」

半貞子「・・・・・・・?」

男「いや、だから呪いのビデオを見たいやつがいるんだってさ」

半貞子「ほ、本当ですか!?」
644: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 20:52:15 ID:gyVbw88M
半貞子「わー!久々のお仕事ですよー!」

男「・・・・・・・・・・・・」

半貞子「・・・・・・?男さん?」

男「・・・ん?あ、ああ、どした?」

半貞子「い、いえ、元気がなかったような気がしまして・・・・」

男「そうか?」

半貞子「はい」
645: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 20:55:48 ID:gyVbw88M
男「それで、お前は行きたいのか?」

半貞子「はい。今度こそ皆さんを怖がらせて見せますよー!」

男「・・・・・そうか」

半貞子「はい!今度こそ絶対に怖がらせて見せます!」

男「ん。がんばれ」ナデナデ

半貞子「はい!」

男「・・・・・・・・・・・・」
647: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:24:05 ID:btUYol.2
~3日後~

男「・・・・・・・・・・・・・」

猫「どうした兄さん?」

男「んー?」

猫「嬢ちゃんが居なくなってからなんだか元気がないなー」

男「・・・・・まぁな」

猫「兄さんもがんばれって送り出してやったじゃないの」
648: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:29:11 ID:btUYol.2
男「がんばろうとしてるやつをやる気を殺いでもしょうがないだろ」

猫「うまくいかないもんだねぇ・・・」

男「・・・・はぁ」

猫「嬢ちゃんも今頃がんばってるんだろうな」

男「・・・・・・・・・・・」

コンコン

猫「ん?」
649: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:32:29 ID:btUYol.2
メリー「・・・失礼」

男「あぁ、メリーか」

メリー「・・・貞ちゃんが居なくなってからずいぶんと腐ってるわね」

男「なんだかなー」

メリー「・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」

メリー「・・・うふふ」
650: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:35:06 ID:btUYol.2
男「どうした?」

メリー「・・・いえいえ別に」

男「そういわれると気になるだろ。話せよ」

メリー「・・・いえね?もしかしたら貞ちゃんほかの人に餌付けされてるのかもって思って」

男「・・・・・ぬ?」

メリー「・・・たとえば・・・・」
651: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:37:15 ID:btUYol.2
半貞子「わー!こんなにたくさん!これ全部食べてもいいんですか?!」

?「どうぞどうぞ」

半貞子「もぐもぐ・・・もう私一生ここに居たいですー♪」

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・
652: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:40:09 ID:btUYol.2
メリー「・・・的な」

男「・・・・・・・・・」

メリー「・・・そしてそのまま・・・・」

猫「嬢ちゃん、話が飛躍しすぎだろ」

メリー「・・・寝取りシチュに少し興味があるの」

男「いや、幽霊に寝取りって」
653: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:45:41 ID:btUYol.2
メリー「・・・幽霊を好きになった人が言うセリフじゃないわね」

男「・・・む」

メリー「・・・それに寝取りっていわれて嫌だったでしょ?」

男「そりゃ嫌だ」

メリー「・・・取られたくないんだったら最初から釘を刺しておけばいいのに」

男「・・・・なんだか話が飛躍しすぎな気もするんだが」
654: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:50:45 ID:btUYol.2
男「ていうか何でそんな話するんだよ・・・さらに気になっちまうじゃねーか」

メリー「・・・うふふ、これが寝取られ男の心情なのね」

男「お前は結局なにがしたいんだよ」

メリー「・・・ただオナネタが欲しかっただけよ」

男「んなくだらない理由かよ」

メリー「・・・まぁでも、貞ちゃんは今何をしてるんでしょうね」

男「・・・・・・・・・・・・・・・」
655: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:55:43 ID:btUYol.2
~?の家~

半貞子「・・・うあぁぁぁぁあああああああぁあ」

?「ぎゃあああああああああああああああああああああ!?」

テレビ「ヌルン」

半貞子「うあああああああああああああああ!」

?「嫌ああああああああああああああああっ!?」

?「きゅぅっ・・・・・」バタッ
656: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 23:59:00 ID:btUYol.2
~10分後~

?「んっ・・・・んん」

半貞子「あっ!お目覚めになられましたか!」

?「うぎゃああああああああああああああ!?」バタッ

半貞子「あっ!?」

?「・・・・・・・・・」
657: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/08(日) 00:02:29 ID:W8/IMSc6
~30分後~

半貞子「落ち着かれましたか?」

?「は、話はわかったけど・・・・あなたが本当の貞子さん・・なの?」

半貞子「はい。・・・・・うぅ・・・・」ポロポロ

?「えっ?!な、なんで泣くの?!泣きたいのはむしろこっちなんだけど?!」

半貞子「い、いえ・・・ここまで怖がってもらったのが初めてでして・・・」

?「は、はぁ・・・・」
658: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/08(日) 00:07:23 ID:W8/IMSc6
グゥゥゥ・・・

?「・・・?」

半貞子「あぅ・・・・」

?「お腹すいてるの?」

半貞子「は、はい・・・実は昨日の夜からビデオ待機だったもので・・・」

?「??? ま、まぁよくわからないけど、何か食べる?」

半貞子「よ、よろしいんですか!?」
661: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 20:57:16 ID:BDRZL//c
?「はい、召し上がれ!」

半貞子「わー!い、いただきまーす!」

?「いっぱいあるからたくさん食べてね?」

半貞子「もぐもぐも・・・・・・・・・・・」
662: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:11:32 ID:BDRZL//c
男「ちょっとコンビニいって来る」

メリー「・・・男、コンドーム買ってきて」

男「・・・・・・自分で買いに行け」

メリー「・・・女の子に買いに行けだなんて」

男「・・・もうつっこむのにも疲れた」

メリー「・・・突っ込むだなんて・・・」

男「・・・・・いってきまーーす」

バタン
663: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:14:24 ID:BDRZL//c
メリー「・・・やっぱり元気ないね。いつもだったら何かしら言葉を返してくるのに」

猫「そうだなー・・・・どうしたもんか」

メリー「・・・うーん」
664: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:17:55 ID:BDRZL//c
~道路~

男「・・・あぢぃ・・・」

男「・・・アイスでも食いたいなぁ・・・」

男(・・・・・・・・)

半貞子(どうぞ男さん)

男「・・・・・・・・・・・」
665: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:27:10 ID:BDRZL//c
~?の家~

カランッ

半貞子「あ・・・・・ぐぅ・・・・かふっ・・・」

?「えっ?どうしたの?」

半貞子「ごほっごほっ!み・・・みじゅ・・・・みじゅを・・・」

?「え?水?水ね?ちょっとまって!」
666: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:30:18 ID:BDRZL//c
~コンビニ~

店員「いらっしゃせ~・・・おっ、男ちゃんじゃないの」

男「よっ」

店員「あり?こないだの女の子は一緒じゃないの?」

男「んー・・・まぁな」

店員「ふむ?」
667: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:32:36 ID:BDRZL//c
~?の家~

ゴクゴクッ

半貞子「げほっげほっ!」

?「ど、どうしたの?!」

半貞子「ぎゅ・・・ぎゅうにゅ・・・を」

?「え?牛乳?ちょ、ちょっとまって!」

ガチャッ

?「あっ!な、ない!」
668: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:34:16 ID:BDRZL//c
半貞子「う、うあぁあぁあ・・・・」ゴロゴロゴロゴロ!

?「ま、まってて!すぐに買ってくるから!」

タタタタタタタタ!

ガチャッ

バタン!
669: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:37:22 ID:BDRZL//c
~コンビニ~

店員「なに?振られちゃった?」

男「もともとそういう関係でもねぇよ」

店員「でもずいぶん落ち込んでるみたいだけど?」

男「あー・・・・・」

店員「グダグダ悩んでもしょーがねーよ男ちゃん」

男「ん?」
670: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:41:26 ID:BDRZL//c
店員「次会ったら襲っちまえ!」グッ

男「極端すぎるだろ」

店員「なはは、まぁそれはおいておいてだ・・・・」

~~~♪

店員「っと、いらっしゃせ~・・・・・って妹かよ、どした?」

妹「に、にいちゃん、牛乳ちょうだい!」
671: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:46:36 ID:BDRZL//c
店員「ほれ、奥の棚にあっから持って来い」

男「お前妹なんて居たんだ」

店員「そういや言ってなかったな。まぁ正直俺の兄弟の事なんてだれも興味持たないだろ」

妹「にいちゃん、はやく!」

店員「へいへい。温っめやす?」

妹「こんなときにおふざけはいらないから!」タタタタタッタタ

店員「なーにをそんなにあせってるんだか」
672: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:49:12 ID:BDRZL//c
男「なんかめっちゃあせってたな」

店員「んー・・・・なんかあったのか?男ちゃんよ」

男「ん?」

店員「もし暇だったらウチにいって様子を見てきてくれね?」

男「俺お前の家どこにあるかわかんないんだけど?」

店員「あり?知らなかったっけ?」
673: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:51:29 ID:BDRZL//c
男「で、お前んちってどこにあんの?」

店員「そこ」

男「そこ?」

店員「このコンビニんとなり」

男「ちけぇ」

店員「だろー?バイト時間ギリギリまで寝てられるんだぜ」
674: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 21:57:58 ID:BDRZL//c
~店員の家~

男「おじゃましまーす・・・」

ガタガタガタガタ!

男「な、なんだ?」

妹「・・・・ぶで・・か?!」

男「あ、妹さんの声だ・・・・こっちか」
675: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 22:01:18 ID:BDRZL//c
ガチャッ

男「・・・・・・・あ」

半貞子「・・ぐあぁっ・・・・ぎゅうぅぅ」ゴロゴロゴロゴロ

妹「い、一体どうしちゃったのー!?」

男「お、おい貞子?!」ガシッ

半貞子「げほっ・・・・お、ごほっ・・・おとほひゃん・・・ごほっ・・・」

男「一体なにが・・・・」
676: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 22:05:37 ID:BDRZL//c
妹「そ、それが、ご飯を食べてないって言ってたんで、ご飯を・・・」

男「うん」

妹「それで、食べてる途中に急に・・・」

男「・・・・・・・・えっと、ちなみに何を食べたの?」

妹「昨日つくったマーボー豆腐です・・・」

男「・・・これ?」

妹「はい」
677: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 22:17:18 ID:BDRZL//c
男「・・・ちょっと一口・・・・」ガシッ!

男「ん?」

半貞子「ギロッ!・・・・・・・」ブンブンブンブン!

男(こわっ!?今までで一番こええ!?)

男「えっと・・・・ちなみにこれさ、なんか特別なモンとか入ってる?」

妹「特別なモノ・・・ですか?」
678: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 22:22:02 ID:BDRZL//c
妹「いつもウチで作ってるときとおんなじですけど・・・」

男「材料を教えてもらえる?」

妹「えっと・・・・お豆腐と、ひき肉と、片栗粉と、鶏がらスープと・・・・」

男(あれ?普通?)

妹「ジョロキアと」

男「・・・・・それだ!」
680: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 23:14:02 ID:BDRZL//c
~道路~

半貞子「あぅー・・・・・」

男「大丈夫か?」

半貞子「まだ唇がビリビリします・・・・・」

男「それにお前、汗がすごいな」

半貞子「あぅっ!?す、すみません!お、おります!」

男「いいよいいよ。おとなしくしてろ」

半貞子「は、はぃ・・・・」
681: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 23:18:16 ID:BDRZL//c
男「まさか驚かしにいって逆にやられて帰ってくるハメになるとなぁ」

半貞子「わ、笑わないでください!ちゃんと驚いてもらえたんですよ!本当ですよ!」

男「そりゃあ良かったなぁ」

半貞子「あ・・・男さん信じてませんね?!」

男「まぁ、実際に見たわけじゃないしなぁ」

半貞子「うぅー!」バタバタ
682: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 23:24:25 ID:BDRZL//c
男「こらこら、暴れるなって」

半貞子「むー・・・」

男「ていうか勝手につれて帰ってきちゃったけど良かったのかね?」

半貞子「あっ、ビデオ置きっぱなしにしてきちゃいました」

男「まぁ、明日アイスでも買いがてら取りに行くか。妹ちゃんも一回見たらもう十分だろ」

半貞子「・・・・?男さんなんだか嬉しそうですけど何かあったんですか?」
683: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/09(月) 23:32:38 ID:BDRZL//c
男「ん?いや、やっぱりお前が居ると落ち着くなーと」

半貞子「?? 私が居ると落ち着くんですか?」

男「うん」

半貞子「あはは、それは私のあふれ出す母性によるものですよ、きっと」

男「いやいや、お使いに出した子供が無事帰ってきたような安心感だ」

半貞子「あー!また子ども扱いして!」
686: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 00:30:57 ID:xFO6ePTU
~男の家~

男「ただいまー」

半貞子「ただいま戻りましたー」

メリー「・・・あら、お帰りー貞ちゃん。それと寝取られ男さん」

半貞子「寝取られ?」

男「余計な事は知らんでいい」

メリー「・・・あらあら、貞ちゃんが居なくなって誰よりもお・・・ムグっ!?」

男「余計な事は言わんでいい」
687: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 00:36:03 ID:xFO6ePTU
猫「嬢ちゃんおかえり」

半貞子「あ、猫さん、ただいまです」

猫「これでにいさんも元気になるかな」

男「あっ、おい!」

半貞子「?」

メリー「・・・貞ちゃんが居なくなってから男の元気がなくてねー」

猫「まさに心ここにあらずって感じだったな」
688: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 00:40:09 ID:xFO6ePTU
半貞子「そうなんですか男さん?」

男「べ、べつに?」

メリー「・・・なにすっとぼけてんの。貞ちゃんが戻ってきたら急に元気になったくせに」

男「うっ・・・・」

猫「そうだなー。いつものにいさんに戻ったみたいだ」

男「くっ、猫まで・・・・」
689: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 00:48:59 ID:xFO6ePTU
半貞子「・・・そうなんですかー」

男「・・・ん?」

半貞子「男さんは私がいなくてさびしかったんですか?」

猫・メリー「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・」

半貞子「どうなんですか男さん?」
690: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 00:55:28 ID:xFO6ePTU
男「そりゃあ・・・・まぁ」

半貞子「そうですか・・・・うふふ」

男・猫・メリー「?」

半貞子「男さんは甘えん坊さんですねー」ナデナデ

男「・・・・は?」

半貞子「私が居なくちゃ元気が出ないなんて」ナデナデ
691: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 01:00:42 ID:xFO6ePTU
男「・・・お姉さんぶってるけど、唇が腫れてる奴から言われてもなぁ、なんかなぁ」

半貞子「むー・・・今はそんなの関係ないじゃないですか!」

男「み、みずぅぅぅ・・・・!」ゴロゴロゴロゴロ

半貞子「あぁぁ!?や、やめてくださいよぉ!?」

メリー「・・・なんか平和だね」

猫「そーだなー。いつもの空気だなー」
692: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 01:03:53 ID:xFO6ePTU
半貞子「おとこさぁーん!」

男「なははは」

男(・・・いまはまだこんな関係でいいかな)

           終わり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング