FC2ブログ

エレン「ミカサって好きな人いるの?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 18:33:35 ID:WGsJ2.yU
ミカサ「!?」

ジャン「」ガタッ

アルミン(胃薬まだ残ってたかな?)
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 18:38:31 ID:WGsJ2.yU
エレン「なあ、どうなんだよ?」

ミカサ「…エレンはどう思う?」

エレン「俺?俺は…ライナーだと思うな」

ライナー「グフウッ」ビシャアアア

コニー「うわっ!何すんだよライナー!汚えじゃねえか!!」

ライナー「あ、ああ。悪い」

ライナー(クリスタもいいけどミカサもありかな?)
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 18:44:22 ID:WGsJ2.yU
ベルトルト「ライナー、顔がにやけてるよ」

クリスタ「ひどいよライナー!ライナーは私だけを見てくれるって言ってくれたじゃない!」

ライナー「い、いや違う、そういうつもりじゃないんだ」

クリスタ「むぅ…今回だけは特別に許してあげるんだから…」

ライナー(結婚しよう)
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 18:59:01 ID:WGsJ2.yU
ミカサ「…ライナーにはクリスタがいる」

エレン「そうか…じゃあだれなんだ?」

アルミン(まずい…このままだとエレンはいつものように珍回答を連発してしまう。取り敢えず話をずらさないと…)

アルミン「な、なんでエレンはそんなこと急に質問したの?」

エレン「は?そんなの決まってんだろ。俺がミカサを好きだからだよ」

アルミン「」

ミカサ「」

ジャン「」ガタタッ

マルコ「ジャン椅子が壊れちゃう」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:02:06 ID:WGsJ2.yU
アルミン「…ねえ、エレン、今のって…」

エレン「どうした?俺なんか変なこと言ったか?」

アルミン(ああ、きっとこれは夢だ)

ジャン「」ゲシッゲシッ

マルコ「椅子は蹴るものじゃないジャン」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:04:37 ID:WGsJ2.yU
アルミン「…ねえ、エレン、今のって…」

エレン「どうした?俺なんか変なこと言ったか?」

アルミン(ああ、きっとこれは夢だ)

ジャン「」ゲシッゲシッ

マルコ「椅子は蹴るものじゃないジャン」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:12:54 ID:WGsJ2.yU
エレン「とにかく、お前好きな人いるのかよ?」

ミカサ「それはもちろんエレn」

アルミン「エエエエエエレン君はきっと疲れてるんだ早く寝た方がいいようんきっとそうだ君は疲れてるんだよ」

エレン「そうか?じゃあ今日はもう寝るか。ミカサ、明日好きな人教えてくれよ!」オヤスミナサイ

アルミン「うんお休みお休みバイバーイ」

ミカサ「…」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:23:25 ID:WGsJ2.yU

すいません、ちなみに夕食時です
ミカサ「…アルミン…何で今私に言わせなかったの?」ゴゴゴゴゴ

アルミン「ヒッ!ち、違うんだミカサ、これってなんかおかしいと思わない?昨日、いやついさっきまでミカサ二見向きもしなかったエレンがここにきて急におかしくなってる…

ミカサ「エレンが私の良さにやっと気づいただけ」

アルミン(んなわけねーだろクソ女)

アルミン「と、とにかく今のエレンはおかしくなってる。僕の方でも調べてみるから、ミカサも今日は先に休んでて」

ミカサ「…分かった。おやすみなさいアルミン」ギギーバタン

アルミン「うん、お休み」

アルミン「…さてと…」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:30:21 ID:WGsJ2.yU
アルミン「はいwwww皆さんお疲れ様ですwwww」

ライナー「ブハハハハwwwwwまんまとあいつだまされてやんのwwww腹いてえwwwww」

クリスタ「くっそwwwwwww」

ジャン「おいエレンwwwwもう入ってきていいぞwwww」

エレン「ようwwww」

ベルトルト「エレンwwww君の演技は素晴らしかったよwwww」

エレン「俺がミカサのことwwww好きとかwwwwありえねえwwwwwユミル天使だからwwww」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:35:57 ID:WGsJ2.yU
ユミル「それでアルミンwwwwこのあとはどうすんだよwwww」

アルミン「wwwwwそうだったwwwwみんなよく聞いて欲しいwwww明日は…」ゴニョゴニョ

エレン「うっはwwwwwwそれ最高wwwww」

クリスタ「アルミンwwwwマジ天才wwww今夜私が抱いてあげるうううwwwww」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 20:23:34 ID:WGsJ2.yU
翌日

アルミン「ミカサおはよう」

サシャ「聞きましたよミカサ、エレンに告白されたんですって?おめでとうございます!」

ミカサ「…私はただ好きな人がいるかどうか聞かれただけ」テレテレ

アニ「私もいつかそういう出会いをしたいねえ」

エレン「そうだミカサ、今日の格闘術、一緒に組んでくれよ」

ミカサ「…」コクッ

エレン「よし、じゃああとでな!俺水汲み行ってくるから!」


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 20:30:58 ID:WGsJ2.yU
格闘術の時間

キース「始め!」

エレン「よしミカサ、早速始めようぜ!」

ミカサ「分かった」テレテレ

エレン「うおおおお!!!」

ミカサ「ふんっ!」エレンパーンチ

エレン「ぐわあっ!」ドサアッ

ミカサ「!エレン!大丈夫!?」

エレン「イテテテテ…背中を打っちまったじゃねえか…」

ミカサ「…ごめんなさいエレン…私が悪かった…」

エレン「まあいいけどよ、ちょっと俺を医務室に連れてってくれないか?自分じゃ歩けそうにないんだ」

ミカサ「…分かった」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 20:38:17 ID:WGsJ2.yU
医務室にて

エレン「ふう、悪いなミカサ」

ミカサ「違う、悪いのは私」

エレン「よし、突然だけど、この前の答えを聞かせて欲しい。ミカサ、お前に好きな人はいるのか?」

ミカサ「…そんな事は決まっている。エレン、私はあなたを会いしている」

エレン「そうか…じゃあミカサ」

エレン「今すぐ服を脱げ」

ミカサ「!?」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 20:51:28 ID:WGsJ2.yU
エレン「…いや、冗談だ。もう戻ろうぜ、ミカサ」

ミカサ「う、うん」

アルミン()ジー

アルミン(エレンの奴、何やってんだよ!昨日の計画が台無しじゃないか!)

アルミン(こうなったら、エレンも「粛正」するか…)
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 21:03:44 ID:WGsJ2.yU
その日の夜
エレン「…」

ミカサ「どうしたのエレン?対人格闘術のときからずっと考え事してる」

エレン「…いや、大丈夫だ」

アルミン「…」

エレン「…アルミン、食事が終わったら外に出てきてくれ」

アルミン「…分かった。僕は先に行ってるよ」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 21:17:00 ID:WGsJ2.yU
宿舎裏にて
アルミン「で、話ってなんだい?」

エレン「…言われなくても分かるだろ、お前もみていたはずなんだから」

アルミン「…君には心底がっかりしたよ。なんであそこでやめてしまったんだ」

エレン「…俺にはもうミカサを騙すことはできない」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 21:24:04 ID:WGsJ2.yU
エレン「格闘術のとき、けがをしたと嘘をついた俺をミカサは本気で心配してくれた」

エレン「それに、あいつは俺のことを本気で大切に思っていてくれる」

エレン「そんなミカサを見てると、自分のことが恥ずかしくなってきてくるんだ」

エレン「…なあ、もう俺たちこんなことやm」

アルミン「分かったよ。君がそこまで言うなら、君はもう何もする必要はない。ただし…」

アルミン「君にはもういてもらっては困るんだ」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 21:36:24 ID:WGsJ2.yU
アルミン「アニ、ライナー、ベルトルト。エレンをしばらく動けなくして」

エレン「おい!これってどういうことだよ!なんでアニ達が!?」

アルミン「君は僕たちの掟を破った。だから君は「粛正」を受けなくてはいけない」

アニ「すまないねエレン、アルミンにはいつもお世話になってるんでね」スッ

ベルトルト「…」スッ

ライナー(報酬はクリスタのパンツクリスタのパンツ)スッ
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 21:44:49 ID:WGsJ2.yU
エレン「アルミン…俺たち親友じゃなかったのかよ・・・!」

アルミン「ああ…僕たちはいい友達だったよ」

エレン「おい…」

アルミン「じゃあもう僕は行くよ。3人とも後は頼むよ」クルッスタスタ

エレン「ちくしょう…ちくしょう…」

ライナー「うおおおおおおお!!!!!」

バキィィィィッ
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 21:52:26 ID:WGsJ2.yU
ミカサ「嫌な予感がしたから出てみたと思ったら…」

ミカサ「これはどういうこと…?」ゴゴゴゴゴ

ベルトルト「ヒッ!!!」

ライナー「うっ…しかし俺もクリスタのパンツがかかってるn」

アニ「ちょっとライナー今のどういうこと?」

ライナー「」

アニ「悪いねベルトルト、私はこいつとちょっと話をしてくるからそっちは頼んだよ」

ライナー「」ズルズル

ベルトルト「え?ちょっと…え?僕一人でミカサに勝てってこと?」

ミカサ「…ベルトルト、覚悟はできてる?」スッ

ベルトルト「うわああああああごめんなさいいいいいいいい!!!!!」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 22:10:27 ID:WGsJ2.yU
ミカサ「エレン、無事でよかった…」

エレン「ミカサ…俺は、俺は…」

ミカサ「私はいい…エレンが無事でいてくれたなら…」

エレン「…ミカサ」ギュ

ミカサ「!!」カァァ

その頃、宿舎にて・・・

???「そうか、あの3人はやはり駄目だったか」

アルミン「しかし、まだこちらには優秀な者が大勢がいます。ミカサを倒すのは時間の問題でしょう…」

???「フフフ…ハハハハハ!!!!」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 22:13:03 ID:WGsJ2.yU
一体アルミン達の目的は何なのか!?ミカサとエレンは一体どうなってしまうのか!?

終われ
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 22:28:13 ID:WGsJ2.yU
とりあえずこれで「ミカサって好きな人いるの」はおしまいです
次回作はもし書くなら題名は変えます

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング