FC2ブログ

男「あっ……」エルフ「あっ……」

2: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:50:37.10 ID:/iJrmH9l0
どっかの原っぱにて……

男「あっ……」

エルフ「あっ……」

男「野生のエルフだ!」

エルフ「一人っ子の男だ!」

男「なんで分かったの?」

エルフ「雰囲気がそうっぽいから」

男「ふーん」

エルフ「なんで野生って思ったの?」

男「全裸だから」
3: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:51:04.23 ID:/iJrmH9l0
エルフ「あっ、そっか!」

男「服要る?」

エルフ「いるいる!」

男「家来る?」

エルフ「くるくる!」

道中にて……

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「魔法ってあるの?」

エルフ「あるある!」
4: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:51:30.75 ID:/iJrmH9l0
男「できる?」

エルフ「うん!」

男「どんなの出来るの?」

エルフ「えっと……」

男「出来ないの?」

エルフ「忘れちゃった」

男「あっそう、まぁ、いっか」

エルフ「いっか!いっか!」

男「魔法で服作れる?」

エルフ「あっ、いやその……そういうのは出来ないんで、そんな魔法に期待持たれても困るんで……あっ、夢壊してすみません」
5: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:51:56.66 ID:/iJrmH9l0
男「なーんだ」

エルフ「ごめーんね」

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「まだ質問していい?」

エルフ「いいよ!」

男「エルフさんのお耳はなんでとんがってるの?」

エルフ「えっとね……えっとね……」

男「忘れたの?」

エルフ「……それはお前を食べるためさぁああ!!!」
6: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:52:29.87 ID:/iJrmH9l0
男「…………」ガクブルガクブル

エルフ「いやっ、その……ほら、ジョークですよ。ジョーク……そ、そういうの要りませんでした?あ、あのぉ……なんかすみません」

男「なーんだ」

エルフ「ごめーんね」

エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「一人っ子?」

男「うん!」

エルフ「農家?」

男「ちがーうよ!」

7: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:52:57.69 ID:/iJrmH9l0


エルフ「学歴は?」

男「四大卒」

エルフ「ご職業は?」

男「あっ、私、美ッ普商事営業部の絵巣絵巣 書区太郎と申します」

エルフ「あっ、これはこれはご丁寧に名刺まで……えっと、私……あれ?」がさごそ

男「どーしたの?」

エルフ「いやですね……名刺が確か……」

男「野生でしょ?」

エルフ「あっ、そっか!」

男「あはははは」
8: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:57:07.71 ID:/iJrmH9l0
エルフ「あはははは」

エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「家って遠い?」

男「とおーいよ!」

エルフ「どれくらい?」

男「スペースシャトルで7時間!」

エルフ「あ、あはは……と、遠いですねー」

男「いや、あの本当にすみません。これまたつまらないことを、お詫び申し上げます」

エルフ「えっ、いや頭下げなくても、ほ、ほら周りの人見てますし……あぁ、もうなんかすみません!」
9: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:57:38.10 ID:/iJrmH9l0
男「いやいや、そちらは頭をお上げ下さい」

エルフ「いやいや」

男「いやいや」

エルフ「あはははは」

男「あはははは」

エルフ・男「なんか……」

エルフ・男「すみません」

エルフ「それで実際はどれくらいなんですか?」

男「電車で三駅ほど」

エルフ「ワープ魔法ならすぐ!」
10: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:58:06.72 ID:/iJrmH9l0
男「できるの?」

エルフ「で、ですから先程申し上げた通り、そういうのを期待されましても……あはは……あったらいいなぁって……ね?」

男「なーんだ」

エルフ「ごめーんね」

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「お金ある?」

エルフ「あるある!」

男「何円?」

エルフ「5ヘンダーマルク!」
11: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:58:34.36 ID:/iJrmH9l0
男「貸してあげる!」

エルフ「いいの?!」

男「いいよ!」

エルフ「わーい!」

男「よかった!よかった!」

エルフ「それで返済の方なんですけど……利息の方は……あるんでしょうか?そして期日の方も……」

男「次会った時に返せばいいよ!」

エルフ「いいの?」

男「いいよ!」
12: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:59:01.81 ID:/iJrmH9l0
電車内にて……

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「けーさつに声掛けられたね!」

エルフ「まちの平和のために頑張ってるね!」

男「だね!」

エルフ「でもなんでどこかに連れてこうとしたのかな?」

男「さぁ?」

エルフ「考えてみよー!」

男「うん!」
13: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:59:29.08 ID:/iJrmH9l0
エルフ「うーんと、うーんと」

男「えっと、えっと」

男「あっ!分かった!ナンパだ!ナンパ!」

エルフ「ナンパ?なんで、なんで?」

男「エルフさん、可愛いから!」

エルフ「そっか!」

男「かいけつ!かいけつ!」

エルフ「わーい!わーい!」

男「いや、本当に危なかったですね」

エルフ「本当にありがとうございます。前科の無い私が、迷惑防止条例違反で前科の有りの私になるところを止めてくださってありがとうございます」
14: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 20:59:57.39 ID:/iJrmH9l0
男「なんか!お金あげたらどっかいっちゃったんだよね!」

エルフ「お金ってすごいね!」

男「すごい!すごい!」

エルフ「ちゃんとお返しするんで、ほんとにすみませんでした!」

男「いえいえ、大した額ではないですから。だから頭をお上げください」

エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「目線を一杯感じるの!」

男「なんで?」

エルフ「分かんない!」
15: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:00:24.49 ID:/iJrmH9l0
男「うーん」

エルフ「うーん」

エルフ「分かった!私のボディがすごいから!」

男「そっか!」

エルフ「すみません、家は近い方なんですよね?駅から家までどれくらい歩きます?ちょ、ちょっとこれ以上ヤバイ気が」

男「そ、そろそろ着くと思うんでもう少し待って下さい……家までは多分ダッシュすれば1分で着きます。多分」

エルフ「ヤバイねー!」

男「ごめーんね!」
16: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:00:56.95 ID:/iJrmH9l0
家の近くの駅にて……

エルフ「オラァアアアアアア!!!!!キェエエエエエエエ!!!!!」ダッシュ

男「ウォオオアオオ!!負けるかぁああ!!!」ダッシュ
17: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:01:23.04 ID:/iJrmH9l0
着いた

エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「ここがおうち?」

男「ここがおうちー」

エルフ「ちょ、早く開けてもらっていいですかね……汗ダラダラで全裸って多分捕まりますよ」

男「開けたー!」

エルフ「わーい!」

男「上がって!上がってー!」

エルフ「上がる!上がる!」
18: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:01:49.92 ID:/iJrmH9l0
男「服どーする?」

エルフ「服選ぶー!」

男「男物しかないやー」

エルフ「いいよー!」

男「ちょ、サイズの方……」

エルフ「あ、触らないで下さい」

男「そ、そうですよね。失礼しました!」

エルフ「いやいや、頭上げて、別にセクハラとかそういう事じゃないですからね。ほら、頭上げ……無用な誤解を招いてすみませんでした!」

男「いやいや、そちらは……ねっ!頭上げて下さいよ。ほら、そんな床にすりつけたら傷が」

エルフ「傷なら魔法で治せますんで、いやわ、私の気が済まないので、本当にすみませんでした!」
19: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:02:16.52 ID:/iJrmH9l0
男「うわっ、傷治せるの?!すげっ!」

エルフ「他にも出来ます!」

男「どんなの、どんなの!」

エルフ「うーんとね、包丁貸して!」

男「どーぞ!」

エルフ「うー!!!えいっ!!」

男「いや、どこも変わってないように……」

エルフ「切れ味が最高です!」

男「あっ……そ、そういう……え、なんか包丁浮かせたりとか……魔法の力込めたりとか……」

エルフ「いやっ……その何度も言いました通りそういうのは……本当に期待させてすみませんでした!!」
20: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:02:43.02 ID:/iJrmH9l0
男「ま、魔法はいいですから……サイズ……」

エルフ「えっと……タオルちょーだい!」

男「どーぞ!」

エルフ「ありがと!」体ふきふき

男「良ければ冷やしたタオルの方を……」

エルフ「そんなそんな気遣わなくて、結構なんで……と、というか魔法で出来るんで」

男「うわっ!こいつぁ、たまげた!」

エルフ「はい!測って!」

男「ぼくがー?」

エルフ「そー!」
21: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:03:09.13 ID:/iJrmH9l0
男「測った!それじゃ、持ってくるから待ってて!」

エルフ「はーい!」

しばらくお一人

エルフ「状況を整理しましょう。私はエルフ。起きたら何故かあの原っぱにいた。そして男さんという人に出会った。またその時私は全裸だった為、男さんに服借りる事になって、家にのこのことあがってしまった。そして私は何故かこの世界の事を良く知ってるみたい。初めて来たのに。そんな事はどうでも良い。私はのこのこと一人暮らしの男の家に全裸でお邪魔している。これは……」

男「持ってきたー」

エルフ「ありがとー、あっ、シワだ!」

男「ごめーんね」

エルフ「いいよ!」

男「魔法ってすごーい!」

エルフ「そう!こんなシワもちょちょいのちょい!」
22: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:03:36.73 ID:/iJrmH9l0
男「ちょっとした家事に対する魔法って以外に便利ですね」

エルフ「パパからはいいお嫁さんになれるよって言われてるのー!」

男「すごーい!」

エルフ「えへへ」

男「靴下いるー?」

エルフ「いるー!」

男「えーっと、洗ったばかりの奴どこに置いたっけな……」

エルフ「タンスの右の下から2ばんめー!」

男「うっわ!ほんとだー!」

エルフ「これも魔法だよ!」
23: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:04:03.97 ID:/iJrmH9l0
男「すごーい!」

エルフ「でしょー!」

男「いや、よくです私タブレットのタッチペンとか無くすですよ。いや、便利ですね~」

エルフ「なくしたものは一個もないよー!」

男「すごーい!」

エルフ「えへへ」

エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「しばらくここに居てもいい?」

男「いいよー!」
24: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:04:30.55 ID:/iJrmH9l0
エルフ「やったー!」

男「でも、しばらくってどれくらい?」

エルフ「うーんとね……元の世界に帰れる方法が見つかるまで!」

男「わかったー!」

エルフ「でもー、ぜんぜん手掛かりないから一生かも!」

男「そっかー……えっ?大丈夫なんですか?ご実家のお母さんとかお父さんとかに連絡は……」

エルフ「あぁ、実は私の両親は幼い頃に亡くなってるんですよね……それ以来一人で山でぼーっと暮らしてました。ぼーっとし過ぎて最近クラゲの幻覚が見えるようになるくらいで……タヌキさんからはお医者様に行けって言ってるんだけど、私あんまり山から降りたくなかったんで……」

男「す、すみません。失礼な事聞いちゃって……」

エルフ「いえいえ、とっても昔の事なんで、まぁ、時々悲しくはなりますけど、あんまり気にしてないんで」

男「というかタヌキと喋れるんですか?」
25: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:05:03.23 ID:/iJrmH9l0
エルフ「タヌキとって言うよりも丸っこい動物となら大概喋れます」

男「へー、例えば?」

エルフ「えーっと……確か爆弾岩とかイシツブテとかですね」

男「た、確かに丸っこいですね!」

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「エルフさんの耳が動く時ってどんな時?」

エルフ「えっとねー……悲しいときは垂れたりしちゃってー、うれしい時とはずかしい時はピクピク動いたりー、怒ったら色が変わったりするのー!」

男「どんな色?」

エルフ「あずきいろー!」
26: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:05:30.63 ID:/iJrmH9l0
男「へー!」

エルフ「人間にもそーいうことある?」

男「ぼくはないけど、他の人ならあるよー」

エルフ「へぇー」

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「エルフさんの耳がピクピク動いてるけど、それってうれしかったり、恥ずかしかったりしてるのー?」

エルフ「えっ、ほ、本当にしてますか?」

男「はい、ほら。キュウリの千切りが出来るほどピクピク動いてますよ。はい、どうぞ」

エルフ「あっ、塩が効いてて美味しいです……って本当ですか」
27: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:06:02.50 ID:/iJrmH9l0
男「うん!」

男「エルフさん、エルフさん」

エルフ「なーに?男さん」

男「うれしーの?はずかしーの?」

エルフ「どっちもー!」

男「なんでー?」

エルフ「いや、あんまりというか両親以外と話したことないので、緊張してるんです……そ、それと会話っていうものが……というか男さんとの会話がなんか楽しいんです」

男「へー」

エルフ「そーいうこと!」
28: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:10:03.98 ID:/iJrmH9l0
エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「お嫁さんになっていいー?」

男「いいよー!」

エルフ「本当に不束者ですが、これからよろしくお願いします。ですが、家事は見ての通りちゃんと出来るんで、この通り……」

男「いやいや、私も大した稼ぎではないので、やりくり大変でしょうが頑張って下さい……」

エルフ「男さん、男さん」

男「なーに?エルフさん」

エルフ「私たちってなんか似てるねー」

男「ねー」
29: ◆jPpg5.obl6 2015/09/22(火) 21:10:38.04 ID:/iJrmH9l0
おわり
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/22(火) 21:11:28.50 ID:Vc7yYRlFo
まったりだったな

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング