六花「ゆうた…具合、大丈夫…?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 21:47:52 ID:NIVqHZXo0
ゆうた「ああ…もうだいぶ治ってきた……って、なんでお前がいるんだよ!」

六花「ゆうたがいないと、学校、つまらない」

ゆうた「そうじゃなくて! 窓は閉まってたろ!」

六花「ゆうたの母上に開けてもらった。今から出かけるそうだ」

ゆうた「まじかよ…腹減ってたのに…」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 21:52:35 ID:NIVqHZXo0
六花「ということでわたしが作る」

ゆうた「えっ?」

六花「心配は無用。最近プリーステスに少し教わった。ちょっと自信ある」

ゆうた「(六花の手料理か…ちょっと食べてみたいけど…)一人で大丈夫か?」

六花「大丈夫。ゆうたは寝てて。それに、ゆうたに食べてもらいたいし…」

ゆうた「えっ」

六花「///…なんでもない! つくってくるっ!」

ゆうた「……」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 21:57:50 ID:NIVqHZXo0
六花「えっと…ゆうたは風邪だから……おかゆでいいか。えっと…お姉ちゃんは確か…」

ゆうた「六花」

六花 ビクッ「なっ何?」

ゆうた「ああ、その…無理しなくていいぞ?」

六花「いいから、ゆうたは寝てて」

ゆうた「あっ、ちょっ…お前…」

六花「すぐできるからね」

バタン

ゆうた「…はぁ」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:03:52 ID:NIVqHZXo0
六花「お米は…あった。お水は…こんなもんかな? あとは…あっ、高菜!」

六花「えっと、お鍋とお茶碗…これかな? あとお箸…あった。『ゆうた』って書いてある。…かわいい///」

六花「ゆうたのお茶碗とお箸……ってだめだめ! あっ、お米炊かなきゃ」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:06:37 ID:NIVqHZXo0
-30分後-

六花「できた!」

六花「ゆうた、ついに完成した」

ゆうた「あ、ああ…」

六花「はい召し上がれ」

ゆうた「…いただきます…」

六花「(ドキドキ…)」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:10:34 ID:NIVqHZXo0
ゆうた「…ん、結構うまいな」

六花「! ほっ、ほんと!?」

ゆうた「うん。前よりすごい上手になってる」

六花「じゃあこの前のは…」

ゆうた「ちっちがうちがう! 前と比べてってことで、前のがまずかったわけじゃなくて…」

六花「…ほんとぉ?」

ゆうた「(ドキッ)あっ、ああ」

六花「よかった…」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:13:00 ID:NIVqHZXo0
-10分後-

ゆうた「ごちそうさま。ありがとな、六花」

六花「喜んでもらえてよかった。…ゆうた? ゆぅ……」

ゆうた「(あれっ? なんかめまいが…)」

ドサッ
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:15:49 ID:NIVqHZXo0
-1時間後-

ゆうた「……うっ…」

六花「あっゆうた! 大丈夫?」

ゆうた「六花…おれ、どうなったんだ?」

六花「そのまま倒れちゃったから…心配で…心配で…」

ゆうた「ごめんごめん、泣くなって、六花は悪くないよ」

六花「ゆうた…」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:19:56 ID:250WuAf90
六花の話し方って文字にするとより可愛いな・・
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:21:57 ID:NIVqHZXo0
ゆうた「まだ治ってなかったのかな…あれっ? おれって床にいたよな」

六花「えっ、いや、最初からベッドの上で…」

ゆうた「六花…寝かせてくれたのか」

六花「えっいや、でもっ…なにも、してないから…」

ゆうた「? 何もしてないって、どういう意味?」

六花「あぅっ……ゆっゆうた、顔赤いから、タオル持ってくる」

ゆうた「あっ、おい」

六花 ダダダ

ゆうた「(なんだ、六花のやつ…もしかして俺が寝てる間に……いっいや、ないないそんなのあるわけない)」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:24:24 ID:NIVqHZXo0
六花「ゆうた。タオル持ってきたよ」

ゆうた「……」

六花「ゆうた…?」

ゆうた「……ぐー…」

六花「寝ちゃったんだ……」

ゆうた「……」

六花「(ゆうた、ぐっすり寝てる。今ならまた…よし)」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:27:32 ID:NIVqHZXo0
六花「ゆうた、起きてる?」

ゆうた「……」

六花 ドキドキ「(よし!)」

六花 ゴソゴソ…

六花「(ゆうた…あったかい…)」

ゆうた「…六花……」

六花 ビクッ

ゆうた「……ぐー……」

六花「(寝言…わたしのことを…)」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:30:39 ID:NIVqHZXo0
六花「(ゆうたの体…今なら、独り占め…)」

ゆうた「…スー…」

六花「(ゆうたの寝息…)」

六花「(ゆうた…やさしい顔…ほっぺた…やわらかそう……)」

ゆうた「……」

六花「ほっぺた同士なら、いいよね…」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:33:46 ID:NIVqHZXo0
六花 ドキドキ

そーっ

ぺた

六花「(ゆうたと…ゆうたと密着してる…ダメ、やめられない)」

六花「(次は…体……)」

ギュッ

六花「/// 恥ずかしいけど…あったかい……」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:35:26 ID:NIVqHZXo0
六花「ずっとこのままで…」

ゆうた「ん…六花?」

六花 ビクッ

ゆうた ドキドキ「六花…なに…してんだ?」

六花「///」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:41:48 ID:NIVqHZXo0
六花「もう少し…このままでいさせて…」

ゆうた「六花…」

六花「///……」

ギュッ

六花「! ゆっ、ゆうた!」

ゆうた「おれも、このままでいさせてくれないか?」

六花「……うん!」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:47:48 ID:NIVqHZXo0
-翌日 小鳥遊家-

ゆうた「六花、大丈夫か?」

六花「だい、けほっこほっ、じょうぶ、ごほっ!」

ゆうた「あーしゃべるなしゃべるな。俺のがうつっちゃったみたいだな」

六花「大丈夫…ゆうたなら、こほっ、いい…」

ゆうた「そうか…。そろそろ帰るぞ」

六花「あっ待って」

ゆうた「どうした」

六花「もうちょっと…ここにいて…」

ゆうた「…はぁ。…しかたないな」

六花「えへへ…」

ゆうた「早く治るといいな」

六花「うんっ!」
              <終>
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:52:09 ID:sDI2JEZP0
素晴らしかった 出来れば続いて欲しい
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:57:42 ID:GoXnp1VY0
良かった
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11 22:57:47 ID:HNJDQF2k0
あら可愛い
いいじゃないっすか

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク