FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:20:48.85 ID:n2CGAkDG0
モバマスSSです。

沙紀「こんにちはっす」

沙紀「誰もいないんすか?」キョロキョロ

楓「あら、こんにちは。吉岡さん」

沙紀「あ、高垣さんこんにちは。他の人はいないんすか?」

楓「いないみたいですね…」

沙紀「そうなんすか。って何してるんすか…」

楓「いえ、プロデューサーがいない間にと思いまして。ぐーるぐる」グルグル

沙紀(Pさんの椅子に座ってグルグル回ってるって中々シュールっすね)

楓「プロデューサーさんには内緒ね?」

沙紀「りょ、りょうか―」

幸子「おはようございますプロデューサーさん!可愛いボクがやって――あれ?プロデューサーさんは?」キョロキョロ

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1369066848
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:22:19.36 ID:n2CGAkDG0
楓「どこかに行かれみたいですよ」

沙紀「ちひろさんもいないんでアタシら三人だけみたいっす」

幸子「そ、そうですか…。ちょっと机借りますね」

沙紀「お、なにするんすか?」

幸子「ノートの清書です。授業中だとやはり書き損じなどがあって汚いですから」

沙紀「真面目っすねぇ」

幸子「当然です!ボクは可愛いんで」ドヤァ

沙紀「……」

楓「……」

幸子「あ、あの、その、えっと…」アタフタ

沙紀「幸子ちゃんって…」

幸子「そ、そのいつもの癖で…」ジワァ

沙紀「可愛いっすね!」

幸子「え?え?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:23:54.76 ID:n2CGAkDG0
沙紀「いやー、可愛いっすよ!自分で言うだけあるっすよね」

幸子「そ、そんな、い、いや、そうです。ボクは可愛いんですよ!」

沙紀「うんうん。可愛いっす。ね。楓さん?」

楓「(今日は久々にお新香でも食べようかしら…)なに?」

沙紀「今絶対別のこと考えてたっすね…」

沙紀「幸子ちゃん可愛いっすよね?」

幸子「あ、あのそこまで連呼しなくてもいいですって!」カァァ

楓「ふふ」ナデナデ

幸子「あ、あの?その、どうもありがとうございます」

沙紀「しっかし、幸子ちゃんってPさんと仲良いっすよねー」

幸子「そ、そう見えますかっ!?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:26:00.88 ID:n2CGAkDG0
沙紀「見えるっすよ。この間もテーマパーク行ってたじゃないすか」

幸子「あ、あれは仕事で…。それに、聞いてくださいよプロデューサーって酷いんですよ。その時にボクにだけレインコート
くれなかったんですよ」

沙紀「そりゃズブ濡れになるっすね…」

幸子「そうなんですよね」

楓「あれ?でも、プロデューサーさんも…」

幸子「ま、まぁ、悔しかったんでプロデューサーさんのコートを取って二人で乗りましたけどね!ボク一人をズブ濡れにした罰です!」

沙紀「ははは…」

沙紀(ノロケっすかねこれ…)

幸子「ちなみにボクももう一回濡れましたけどね」

沙紀「なんでっすか?」

幸子「だって…プロデューサー一人で濡れたら可愛そうじゃないですか…」プイッ

楓「愛されてますねプロデューサー。ラーブラーブ」

幸子「そ、そんなわけないじゃないですかっ!」カァァ
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:27:31.35 ID:n2CGAkDG0
ピロリロリーン

幸子「あ、メールです。すみません――はい。なんでしたっ…なんでそんな笑顔なんですか?吉岡さん」

沙紀「え、ちょっとね。いただきっす!」

幸子「えっ、あ、返し下さいよ!」

沙紀「ちょっと待ってって。うん。やっぱり、アタシの目に狂いはなかったっすね。ほら、楓さん」

楓「(あ、ちょうちょだ…)フラフラ

楓「はい?あ、これ幸子ちゃんとプロデューサーさんですね。遊園地の時のやつですかね」

沙紀「そうっすよね!いいなー。アタシも撮ってもらえば良かったっす」

幸子「こ、これはですね。プロデューサーさんが撮ろうって仕方なく言ったんですよっ」

沙紀「待ち受けにしちゃう辺り可愛いっすね。多分学校だと待ち受け変えてるんすよね?」

幸子「えっ!?」ビクッ
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:31:17.90 ID:n2CGAkDG0
沙紀「図星みたいすね。あー可愛いっ!」ナデナデ

幸子「ちょ、ちょっと撫でないで下さいよ」

楓「~♪」シャカシャカ

沙紀「いきなり、何してるんすか高垣さん?」

楓「ちょっと。大丈夫お話を聞くために右耳は空けてあるから」グッ

沙紀「そ、そっすか」

沙紀「そういやー、幸子ちゃんっていっつもPさんと一緒にいない?」

幸子「そうですか?」

沙紀「まぁ、ロケがロケだからかもしれないからだけどさ」

幸子「多分そうですよ。きっとそうです。というか聞いて下さい。この間スカイダイビングのロケがあったんですけども…」

沙紀「あー、あったねぇ」

楓「スカイハーイ♪いえ、なんでもないです。すみません」ペコリ
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:33:08.18 ID:n2CGAkDG0
幸子「プロデューサーは直前まで一緒に飛んでやるって手まで握ってくれてたのに、直前になって手を離して一緒に飛んでくれなかったんですよ。練習だと飛んでくれたのに…」

沙紀(Pさんも体張ってるなぁ…)

楓「無限の彼方に、さぁ、行かない」

幸子「降りてライブが終わった時褒めてくれましたけどあの時は流石のボクでも怒りましたね」

沙紀「あははー。でも、プロデューサーとアイドルが一緒に降りてきた方が問題だと思うけども」

幸子「う。それはそうなんですけどね」

沙紀「でも、一緒がよかったんすね。心細かったんすね」ヨシヨシ

幸子「さ、さっきからなんなんですか!?」

楓「うん。撫でたくなるよね分かるわ」ウンウン
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:35:06.65 ID:n2CGAkDG0
沙紀「そういや、高垣さんさっきからなんの歌聞いてるんすか?」

楓「え?私のシングルです」

沙紀「いいなぁ。アタシも持ち歌が欲しいっすよ」

楓「きゃは★」

沙紀「いや、多分違う歌聞いてますよねそれ…」

幸子「ボクもそんな気がします…」

沙紀「それにしてもさー」ニヤニヤ

幸子「な、なんですか?」

沙紀「意外とPさんがいないところだと大人しいんすね」

幸子「変わらないと思いますが…」

楓「ボクが一番可愛いんですから!…どや?」チラッ
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:38:21.60 ID:n2CGAkDG0
沙紀「こっちに救いを求めないで下さいっす。……でも、そんな感じすよね」

幸子「そ、そうなんですか?」カァァ

楓「…どや♪」

沙紀「あ、気に入ったんすね」

幸子「で、でもいいじゃないですか。プロデューサーさんはボクのものなんですから」

沙紀「どっちかと言うと幸子ちゃんがプロデューサーさんのものって感じっすよね」

楓「そうですね」

幸子「だって、プロデューサーさんはボクがいないとダメダメなんですからっ!」

楓「だそうですけど?」チラッ

沙紀「さっきからなに言ってるんすか?ってかどこ向いて――」

P「まぁ、幸子の言ってることもあながち間違っちゃいないけどさ」ガチャ

沙紀「あ、Pさん。こんにちはっす」

幸子「ぷ、プロデューサーさん!?」

楓「あ、どうも」ピッ

P「いきなり電話かけてきた時はなんだと思いましたよ…」

沙紀「あ、そういうことなんすね」

幸子「ど、どういうことですか」

沙紀「多分Pさんと楓さんが電話してたんすね。ここの会話は全部聞こえてたみたいっす」

幸子「あぁ、そういう…ってえぇっ!?」

P「まぁ……なんというかこれからもよろしくな幸子。今度は俺も飛んでやるから」グッ

幸子「しょ、しょうがないですねっ!そこまで言うならずっと一緒にいてあげてもいいですよ!」

幸子「ボクは可愛いので!」ドヤァ
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:38:54.62 ID:n2CGAkDG0
おしまいです。それでは失礼しました。
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 01:40:33.26 ID:gxNegwwd0
乙です
弄られる幸子かわいい

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング