FC2ブログ
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:31:58.45 ID:OXzoEgHj0

団長「ぬわぁぁぁぁぁん! 古戦場疲れたもぉぉぉぉん!」


団長「風クリュサオルで犬を1キル出来るのも考えものだな。肉集めが捗り過ぎて止まれない………」

アンチラ「お疲れ様♪ 今日もたくさん頑張って走ったね」

アンチラ「ご褒美にボクがキミを撫でであげましょうー♪ 偉い偉い♪」ナデナデナデ

団長「あぁ^~~~///」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:35:23.72 ID:OXzoEgHj0
団長「あぁ……もうこのまま古戦場なんかサボって、アンチラとまったりしよっかなー………」

アンチラ「リーシャおねーさん辺りに怒られちゃうよ?」

団長「かまわへんかまへん! 俺もう今回の古戦場中は走らないでこのままアンチラとイチャイチャすりゅー!」抱きっ

アンチラ「ひゃあ! こ、こらぁ~! どこ触ってるの!?」

アンチラ「も、もう………しょうがないなぁ、キミは………///」

団長「ぐへへへ~♪」


キャキャッ ウフフフフ アハハハハ♪


『………』

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:36:07.75 ID:OXzoEgHj0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!


団長「な、なんだ!? 急に凄まじいプレッシャーが!?」

アンチラ「凄い殺気が辺りを渦巻いている………まさか敵か!?」


『団長さん………』ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!


団長「こ、この声は………まさか!?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:36:46.82 ID:OXzoEgHj0
ニーア「何で………古戦場………走らないの………!?<●> <●>」



団長「ギャアアアアアアアアアアアアアアアア!?!?!?!」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:39:16.75 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「あれ、この人は確か十賢者の………」


団長「ににににニーア!? 何で君がここに!?」

ニーア「団長さん………どうして古戦場走ってくれないの? やる気ないの?」

ニーア「なんで………? なんで………?」


団長「いやあのその!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:40:35.26 ID:OXzoEgHj0
ニーア「どうして古戦場サボるの………一体どうしてっ!?」


団長「お、落ち着いて二―ア! サボってない! ちょっと休憩してるだけだから!」

二―ア「さっきサボるって言ってたじゃない……私、ちゃんと聞いてたんだから………」

団長「え、えっと……」アセアセアセ


ニーア「古戦場………走らないの?」つ包丁

団長「おっ、待てい! 手に持ってる物騒な刃物はなんだ!?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:41:25.75 ID:OXzoEgHj0
ニーア「貴方も裏切るというの………? 私の家族のように!!」

二―ア「団長さんも私を散々利用して否定してきたあの両親やクーリエと同じっ!! 私を捨てるんだっ!!」

ニーア「そんな団長さんなんていらない! 私を拒絶する団長さんなんて!!」


ニーア「消えればいいっ!!!」


グサッ!!


団長「がっ………はっ………!」

アンチラ「だ、団長―――ッ!!??」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:42:35.53 ID:OXzoEgHj0
二―ア「ああああああああああああああああ!!!!!」


ザシュザシュザシュザシュザシュ!!!(包丁でめった刺しにする音)


団長「ギャアアアアアアア!?!?!?」

アンチラ「や、やめて!! 団長が死んじゃう!! やめて! やめろぉぉぉぉッッ!!!」



団長「」バタリ



二―ア「ハァ……ハァ………」

アンチラ「あっ、ああ………そ、そんな………」ガクッ



アンチラ「だ、団長が死ん―――」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:43:27.68 ID:OXzoEgHj0
団長「いててて、あーあー、身体中がレンコンみたく穴だらけになっちゃった」ムクリ

アンチラ「――って普通にピンピンしてる!?」


団長「まったく、何回もブッ刺しまくりやがって………ああっ、買ったばかりの上着が血まみれになっちまった!」

アンチラ「えぇ……キミって化け物かなにかなの?」


ニーア「うわぁぁぁぁぁぁん! 団長さんが丈夫過ぎて殺せない………うううっ」ポロポロ

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:44:34.60 ID:OXzoEgHj0
団長「ほらほら、一先ず落ち着いてくれってばよニーア」

団長「とりあえず包丁から手を離して? ね?」

ニーア「うえぇぇぇぇっぇ………」グスッ


アンチラ「あ、あの~……一体これはどういうことなんでしょうか~?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:45:40.72 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「その人、アーカルムの十賢者の人ですよね? なのに何でキミに古戦場を走れだなんて言ってくるんですか?」

アンチラ「そもそも、その人ってまだこの騎空団に加入してませんよね?」ジトー

団長「いやまぁ、その、色々と事情があってね」


ニーア「だ、だって団長さんが……私の事を仲間にしてくれないから………うえぇぇ」ポロポロポロ

アンチラ「どういうこと?」


二―ア「私は団長さんの事が大好きなのに………仲間になって共に冒険したいのに………」ウルウルウル

二―ア「だけど団長さんは、私の愛を受け入れてくれなくて………仲間にしてくれないの………うえぇぇぇ」ポロポロ


アンチラ「むぅ~、団長~~?」ジトー

団長「ち、違う! それは誤解だ!!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:46:24.82 ID:OXzoEgHj0
団長「俺だって仲間に出来るモノなら仲間にしたいわい!」


団長「だけど圧倒的に素材が足りなくて出来ないんだ! 特にアストラが!!」

アンチラ「アストラ?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:49:31.94 ID:OXzoEgHj0
団長「この前のグラブル5周年で、やっとこさアーカルム10賢者がプレイアブル化されたじゃん?」

アンチラ「うん、そうだね。確か1年以上延期してやっと実装したんだよね」

団長「だけど……いや、案の定と言うべきか? 加入条件にエグい数の素材を要求されてよぉ」

団長「特にアストラという素材をバカみたいな量を要求されてさ。しかも手に入れる事自体も難しい素材だから全然集まらなくて………」


アンチラ「そんなにキツイの?」

団長「そりゃもう! 嫌がらせとしか思えない数を要求されんだよ!」

団長「しかも二―アは闇属性だからな。光と闇は他属性と比べてアストラ集めるのがキツくてキツくて………」

団長「アーカルムを何度周回しても微々たる量しか手に入らないから、全然仲間に出来る目途が立たないんだ」

団長「一応、アストラはアーカルムポイントでも交換できるけど、一個1500ポイントもするという高レートだしなぁ」


アンチラ「なんで光と闇だけそんなに厳しいの?」

団長「さぁ? 単純に設定ミスじゃね?(適当)」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:50:48.42 ID:OXzoEgHj0
団長「まぁ、こんな感じで様々な要因があって、二―アを仲間にするのは本当に難しいんだよ」

アンチラ「仲間にしたくても、素材が集められなくてすぐには出来ないってわけなんだね」


ニーア「私を仲間にさせづらくするサ〇ゲなんて許せない!! 社員全員消してやるッッ!!!」

アンチラ「それは駄目―っ!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:51:40.99 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「ん? でも、それじゃあ古戦場走れってのはなんなの?」

アンチラ「二―アさん仲間にするのと、古戦場とじゃ何も関係ないよね?」

団長「それがそうでもないんだ」



団長「今回の古戦場から勲章報酬にセフィラ玉髄ってアイテムが追加されたからな」

アンチラ「玉髄?」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:52:54.17 ID:OXzoEgHj0
団長「玉髄は賢者を仲間にするための必須アイテム。まぁ、十天衆でいうとこのヒヒイロカネみたいなものだな」

団長「玉髄を通常手段で入手しようとすると、アーカルムポイント4万も必要になるんだよ」

アンチラ「よ、4万………これまた重いんだね」

ニーア「だ、だから………勲章で玉髄を入手出来れば、4万ポイント分が浮くわけでしょ……?」

二―ア「そ、その浮いたポイントを……闇のアストラに回してもらえたら………」

アンチラ「二―アさんを仲間にしやすくなるってことだね!」

二―ア「そ、その通り!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:54:08.57 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「なるほど、だからニーアさんは団長に古戦場走って欲しいわけなんだね」

アンチラ「勲章をたくさん入手してもらって、玉髄を取ってもらうために」

ニーア「う、うん………だけど、団長さんは走ろうとしてくれない………」


二―ア「私を仲間にする気がないんだ………」

二―ア「いつもそう………みんな…私を受け入れてくれない………愛してくれない……」

ニーア「うううっ……うぇぇ………」グスッ


団長「違うよニーア。それは誤解だよ」

ニーア「で、でも!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:56:15.79 ID:OXzoEgHj0
団長「俺はニーアの事、大好きだよ?」

ニーア「えっ………ほ、本当に!?」

団長「ああ、本当さ」



団長「確かに二―アはヤンデレでメンヘラな面倒くさい性格してるし」

団長「魔法の練習をするために、自分に好意を寄せていた男達を実験と称して殺害しちゃうし」

団長「しかも、その事に対しまったく罪悪感を感じないというサイコパスだし」

団長「デスと契約した後は、自分を冷遇した両親と妹とその使用人達を皆殺しにしたりするヤベーイ奴だけど」



団長「俺はそんな二―アの事が大好きだよ」

二―ア「だ、団長さん……///」ポッ


アンチラ(あれ? これって好きになってはいけない人なんじゃ………?)


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:57:29.04 ID:OXzoEgHj0
二―ア「でも、さっき古戦場走らないって………」

団長「あれは冗談だよ冗談。ただちょっと休憩してただけ」

団長「それに古戦場から逃げる逃げる言ってるきくうし様程、古戦場を熱心に走るもんやし」

二―ア「そ、そうなの………?」

団長「そうなんですよ」

アンチラ「人によると思います」

団長「シッ! 余計な事言わないの!」

アンチラ「はーい」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 22:59:34.94 ID:OXzoEgHj0
団長「休憩し終えたらちゃんと古戦場走るから心配しないでくれ」

団長「そんで勲章取って、玉髄取って、二―アを仲間にするからさ。ね?」

二―ア「う、うん! わかった! 私………団長さんを信じるね!」


二―ア「その……さっきはごめんなさい………怒って、包丁で団長さんを刺したりして………」

団長「なーに気にしなくていいよ。全然大したことじゃないし。はははははっ」

アンチラ「よくよく考えたら大した事なんじゃ………?」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:00:21.99 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「あれ、でもそういえばキミ……」



アンチラ「今回の古戦場の勲章はヒヒイロの方に使うとか言ってなかったけ?」

団長「!?」ギクッ



二―ア「………は?」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:01:04.72 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「『統べスキン欲しいから、十天衆仲間にするためにヒヒイロ取るぜ~~』って言ってたよね?」

団長「ちょ、アンチラおま!?」


二―ア「は?」

二―ア「は?」


二―ア「………は?」


団長「アカン」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:01:48.97 ID:OXzoEgHj0
二―ア「団長さん……今の話……本当なの………?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


団長「いや、あの、その!」アセアセアセ


アンチラ「あっ、これもしかして言っちゃイケナイやつだった?」

アンチラ「ご、ごめんなさい………」

団長「アンチラァァァァァァァァァァッッッ!!!」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:02:45.45 ID:OXzoEgHj0
二―ア「嘘ついた………団長さんがまた嘘ついた………!!」

団長「ま、待ってくれ二―ア! 話せばわかる!!」

二―ア「やっぱり私を仲間にする気ないんだ!! 拒絶するんだ!!」

二―ア「私の事を愛してなんかいないんだ!!」

二―ア「アアアアアアアアアアアアアアァァァァァァ!!!!!」


デス『オオオオオオッッッッ!!!!!!!』ドドドドドドドドドド!!!



団長「ひぃ!? 二―アの奴、デスまで召喚しやがった!?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:03:48.09 ID:OXzoEgHj0
二―ア「私を愛してくれない団長さんなんていらない!! 私を拒絶するこの世界なんてものもいらない!!」


二―ア「みんな……みんな………」


二―ア「みんな消えればいいッ!!!」



デス『オオオオオオオオオオッッッ!!!!!』


ザシュザシュザシュザシュザシュ!!(団長を切り刻む音)


団長「ギャア―――ッッ!?!?」


アンチラ「団長―――ッッ!?」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:05:51.52 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「団長大丈夫!? しっかりして!!」

団長「だ、大丈夫だ。傷口から血が大量に流れまくってて止まらないけど、なんとか平気だ」

アンチラ「何でそれで平気なの!?」



デス『ウゴォォォォォッァァァァァl!!!」

ドンガラガッシャーン!!! ドガガガガガガガガガガ!!!!



アンチラ「うわぁ、デスがグランサイファー内で狂ったように暴れ回ってるよぉ!」


団長「まずいぞ! このまま暴れ続けられたらグラサイが蚊トンボみたいに落ちる!」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:07:14.35 ID:OXzoEgHj0
アンチラ「ど、どうしよう団長!?」

団長「二―アとデスを止めるんだ!」


団長「とはいえ、流石に俺とアンチラの2人だけでは………」



リーシャ「これは何の騒ぎですか団長さん!?」タタタタタッ

ニオ「な、何が起きてるの………?」


団長「おおっ、リーシャにニオ! いいところで来てくれた!!」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:11:09.23 ID:OXzoEgHj0
団長「よし、この風パで二―アとデスを止める!! みんな協力してくれ!」

アンチラ「まっかせて!!」

ニオ「何だかよくわからないけど、貴方の頼みなら何でもするわ」

リーシャ「い、いまいち事情が把握できませんが………了解です!」


デス『オオオオオォォォォォォォッッッ!!』

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:13:17.75 ID:OXzoEgHj0

団長「ジョブチェンジ!『魔法戦士』!!」ピカァァァァァッ!!


団長「アンチラ、いつものバフデバフを頼む!」

アンチラ「任せて! それそれ! とっておきだよ!」ピュオーン

団長「次はニオ、4アビだ!」

ニオ「九界は尽く隆盛し、我らただただその美酒を啜るが如く」ポロロロン♪

団長「リーシャ、号令をかけろ!!」

リーシャ「了解、『号令5』を発動です!」キュウウィーン!!

団長「次はシヴァを召喚!! かーらーの! ドラゴンブレイクッッ!!」ピカァァァァァl



ニオ「す、すごいバフの量………」

リーシャ「力が全身に漲ります!」

アンチラ「これで準備は全部完了だね。やっちゃえ団長!」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:14:49.56 ID:OXzoEgHj0
団長「喰らえデス! これがグラブル風属性最高火力!!」


団長「魔戦シヴァリーシャニオ砲だ―――ッ!!!」


リーシャ「技名が長すぎる!?」


デス「ぬわ―――ッ!?」


ドカカカカカカカカカカン!!!!


デス『ぐ、ぐふっ………!?』

二―ア「で、デス!?」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:17:03.77 ID:OXzoEgHj0
―――――――――――

―――――――――

――――


リーシャ「デスの沈黙を確認しました。我々の勝利です!」

ニオ「ふぅ、どうにか抑え込む事に成功したわね」

アンチラ「あとは………」チラッ


二―ア「うわぁぁぁぁぁぁん! どうして……どうして私を仲間にしてくれないの………あぁぁぁぁぁぁん!」ポロポロポロ


アンチラ「あそこで泣きじゃくってるニーアさんを落ち着かせるだけだね」

ニオ「彼女の旋律は酷く乱れている。それを安定させることが出来るのは………団長、貴方だけよ」

団長「うん………わかった。任せてくれ」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:18:12.14 ID:OXzoEgHj0
ニーア「うぇぇぇぇぇぇ………」グスッ


団長「悪かったよ二―ア………本当ごめん。ヒヒイロ取ろうとして本当すまない!」

団長「もうヒヒイロ取ろうとしないから許してくれ。ちゃんと勲章は玉髄に使用するから」

二―ア「ほ、本当に………?」

団長「ああ。統べスキンは今度にするよ。二―アを仲間にする事を最優先にするから」

ニーア「わ、私の事を………仲間に入れてくれる?」

団長「ああ、少し時間がかかるとは思うけど、絶対に仲間にするから」


団長「だから、どうか待っていてくれ」

二―ア「だ、団長さん………」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:19:20.30 ID:OXzoEgHj0
ニーア「良かった……私、受け入れてくれるのね………」

ニーア「嬉しい……嬉しい………うううっ」ポロポロポロ

団長「うんうん。よしよし」ナデナデ


ニオ「無事仲直り出来たみたいね」

リーシャ「一件落着です」

アンチラ「むぅ~! 二―アさんだけずるいですー」


アンチラ「ボクの事もギュッとして~!」

団長「はいはい」ぎゅー

アンチラ「えへへ~♪」

ニオ(後で私にもやってもらおう)


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:20:18.64 ID:OXzoEgHj0
団長「よーし! 二―アを仲間にするためにも、古戦場を頑張って走るぞみんな!!」


団長「俺達の戦いはこれからだ!!」

アンチラ&ニオ「おーっ♪」

ニーア「お、おー……♪」


リーシャ「なんでそんな打ちきり漫画みたいな終わりなんですか!?」



―――こうして団長達の活躍により騒動は無事解決することとなった―――

       ――しかし、その後―――
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:22:12.72 ID:OXzoEgHj0
―――――――――――――

――――――――――

―――――

団長「うへぇ、今回の古戦場ボーダーやばい……やばくない?」

アンチラ「仕様が色々と変更になったせいで凄いことになってるね」

団長「こんなん泥試合確定やん。とてもじゃないけどやってらんねー」


団長「やっぱ古戦場走るのやめるンゴ! 勲章も玉髄も諦めるンゴ!」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:23:36.03 ID:OXzoEgHj0
二―ア「<●> <●>」ゴゴゴゴゴゴゴ


団長「――というのは嘘ンゴ! 諦めないンゴ!! 走るンゴ!!」


二―ア「………」つ包丁スッ


団長「ちょ、待ってくれ二―ア! 話せばわかる! お、落ち着いて――……」



二―ア「ああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


ザシュザシュザシュザシュザシュ!!


団長「ギャアアアアアアア!?!??!」



その後、

怒り狂ったニーアをなだめるために団長は渋々と古戦場を真面目に走ることに。
結果、厳しいボーダーであったにも関わらず、4戦全勝、44箱堀り達成、サプル島崩壊、団ラン個ラン共に高い順位につくなどの成果をあげることができ、
勲章をたくさん手に入れる事ができましたとさ。



おしまい

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/22(月) 23:30:51.08 ID:OXzoEgHj0
これで終わりです。駄文失礼しました
古戦場で肉を使い果たしたので書きました。
ボーダーおかしい………おかしくない?


前作です。よろしければどうぞ

グラン「ヴィーラを仲間にしたかったぁぁぁぁぁぁッッッ!!!!!」


グラン「レジェフェスじゃ―――ッッッ!!!!!!!!」


グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」


グラン「ごめん、正直ルリアにイマイチ萌える事ができない………」


グラン「いよいよカードキャプターさくらとコラボだぁぁぁぁ!!!!」


グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」


グラン「ファンタジー世界に推理ミステリーモノは合わないッッ!!」


グラン「古 戦 場 か ら 逃 げ る な」 


グラン「ナル・グランデ編のレオナちゃん!!」


グラン「シャドウバースの新パックに、グラブルキャラが出るだって――ッッ!?」


グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」


リリィイベのポイント含めても闇アストラは全然足りなくて辛いとです。
まだ50個程しかない………ニーア入手までまだ数ヶ月かかりそう


駄文失礼しましたぁぁぁぁぁッッ!!!!

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング