FC2ブログ
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 07:55:31.03 ID:vKjLKvVj0
八幡(土日、それは1週間という地獄に唯一のオアシスである。)

八幡(しかし、そんな貴重なオアシスをどのように使ったらいいのか俺は知らない)

八幡(もしも時間を切り取って他者に与える事が出来るなら俺は土日を切り取って売っている」

八幡「何なら「夏休み」と「冬休み」を売っちゃうまである」

優美子「ならその無駄な休日をあーしのために使えし」

八幡「は?」


八幡(あーしさんだった)

優美子「なんかさっきから土日はいらない見たいな事言ってたじゃん」

八幡(えー声に出しちゃってたよww)

優美子「……なに?いやなん?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 07:56:06.93 ID:vKjLKvVj0
八幡「まぁ、嫌だな」

優美子「は?嫌なの!?」イラッ

八幡「だってカースト上位者が俺みたいなボッチに話しかけてんだぞ?怪しすぎるだろ」

優美子「うっわ!ヒキオ面倒くさ」

八幡「……じゃ他をあたるんだな」ソソクサ

優美子「ちょっ!?ヒキオー?話くらい聞けぇ!」


八幡「何だったんだ?」






放課後部室

八幡「」ペラッ

雪乃「」ペラッ

結衣「でさー」

優美子「へー」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 07:56:48.23 ID:vKjLKvVj0



八幡「………いや違うだろ」

雪乃「何かしら間違い谷くん?」

八幡「いや俺が間違いじゃないから」

結衣「何が?」キョトン

八幡「何がじゃないだろつーか由比ヶ浜何でそんなナチュラルに受け入れてんだよ?」

優美子「だからなんだし?ヒキオ」

八幡「何で部員じゃない三浦がいんだよ?依頼あんじゃねーのかよ」

雪乃「あら?ホントだわ」

結衣「なんか自然に打ち解けてたねー優美子」

優美子「ふふん」エッヘン

八幡(いばるとこなのか?それ遠回しで影が薄いって言われてるのと同じだぞ?)

雪乃「確かに比企谷くんの言う通りね、三浦さんなにか依頼あるんじゃないかしら?」

三浦「そうそうあーし依頼があって来たんだけど」

結衣「え?なになんか困った事でも?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 07:57:16.90 ID:vKjLKvVj0
三浦「うん」チラッ

八幡(まさか)ギクッ

三浦「ヒキオとデートの練習に付き合って貰いたいんだけど」

八幡「でぇとぉ?!」

結衣「ゆゆゆゆ、優美子ヒッキーとデートしたいの……?」

優美子「いや別に」

雪乃「この男と交際をしても意味が無いわよ、きっと彼が挙動不審になって三浦さんが恥をかくだけよ大体この男は………」


八幡(なんか棘があるのですが……)

優美子「なんか前に隼人がヒキオは人の心を読むのに長けているって言ってたから」

八幡(またアイツいらぬ事を)

優美子「だからどうしたら隼人が喜ぶデートが出来るか意見を聞こうと」

八幡「だったら実際に行く必要ないだろ」

優美子「こういうのはリアリティが大事なんだし」

八幡「はぁ?とにかく何を言おうとも俺は絶対行かん」

雪乃「比企谷君は何故そこまで拒否してるのかしら?」

八幡「これは友達の友達の話なんだが」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 07:57:43.78 ID:vKjLKvVj0
ある日そいつはクラスの女子から映画に誘われた、そいつは夜も眠れない程に喜んでいたそうな、そしていざその日を迎えてそいつは今までで一番のおしゃれをしてクラスの女子の待つ待ち合わせ場所に向かった。だがその子は来なかった。1時間経っても2時間経っても3時間経っても、その子は来なかった。そして4時間経った頃そいつは諦めて帰ったのだ。そして次の日おれ…ゴホッゴホッそいつは見てしまったのだ黒板に貼られていた1枚ビラをそしてそれにプリントされたそいつの待ち姿の写真。しまいに大きな文字で書かれた「4時間待ってました」のテキスト

じつはその子はグルでそいつを騙していたのだ。







優美子「うわぁ」ヒキッ

結衣「ヒッキー可哀想……」ウルッ

雪乃「4時間も…」


八幡「まて本気で俺を哀れむはやめろ、俺じゃないからな?!」アセアセ

優美子「まさかそこまでとは……でもヒキオお願いデートして」

雪乃「比企谷君の気持ちも分かるけど依頼じゃ仕方ないわ頑張って」

結衣「ヒッキー優美子を任せたよ」


八幡「お前ら俺の話を聞けよ……」

優美子「ヒキオ土日のいつデート行けんの?」

八幡「あ?俺は行くとは一言も」

優美子「はっ?!」ギロッ

八幡「ひっ!日曜でしゅ?!」ビクッ

優美子「じゃ日曜10時ね言っておくけど別にヒキオを騙したりしないから」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:35:46.96 ID:9ELtjD1k0
待ち合わせ場所

八幡「……一応来てみたものの」


八幡「三浦おっせーな」


八幡(やはり騙されたのか?)


八幡「もう、こういう依頼は絶対受けねーからな……」


八幡(と俺が帰ろうとした時)


優美子「ヒキオごめん遅くなった」タタタ


八幡「……」じー


優美子「な、なんだし」


八幡「えーとあれだ、今日のお前の服おしとやかでいいんじゃね?」


優美子「は?何言ってんの」


八幡「いや意見聞きたいって言ったのお前だろ?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:38:57.03 ID:9ELtjD1k0
八幡「でも、遅れてくるのはちょっとな~……」


優美子「だからごめんって………ん?」


八幡「行くぞ」


優美子「ちょっと待ったー」パシ


八幡「な、なんだよ」


優美子「ヒキオもしかしてセンスない?」


八幡「は?ばっかお前、あんだろこれ」


優美子「なんか緑のチェックシャツがヒキオのオタクさを引きたててる気が」


八幡「嘘だろ………」ガーン


優美子「いいから来るし」グイグイ


八幡「い、いずこえ?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:40:56.85 ID:9ELtjD1k0
メンズファッション「SEEDs」

八幡「ここブランドショップじゃねーか」


優美子「あーしのセンスでアンタをカッコよくしたげる」


八幡(俺はあんまり服詳しくないんだけど)





優美子「んーと、これ?ダメかー」カチャカチャ


八幡「あのーあーしさん………」


優美子「んー?」


八幡「俺にも選ばせて頂けませんか?」


優美子「えーヒキオセンス無さそうだし」


八幡「さいで」


優美子「これは?」


八幡「ってワイシャツ?」


優美子「あーやっぱりヒキオに合うね」


八幡(そしてあーしさんが持ってきた紺色のジャケットをワイシャツが見せるように羽織る)


優美子「ホイ♪帽子」


八幡(ありゃりゃこれ系の服は俺苦手なんだけど)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:43:00.49 ID:9ELtjD1k0



ウィーンアリガトウゴザイマシタ

八幡「……」ぐったり


優美子「ヒキオよく2万なんてポンって出せたね」


八幡「普段出歩いたりしないからな金が余ってんだ」


優美子「へー…………んー?まだなんか足りないなー」


八幡「え、え?」オロッ


美容院

八幡「」ジョキッシャッ


優美子「♪」ペラッ


八幡(あれーなんか違くね?デートだろ?これ?あーしさんなんて雑誌読んでて動かないし)
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:44:41.08 ID:9ELtjD1k0
優美子「♪」ペラッ


八幡(てか、俺は美容院に来るのは初めてなんだが?)


店員「ねーねーお客さんもしかして美容院来るの初めて?」チョキチョキサッサッ


八幡(うおっ!?いきなり話しかけて来んなよびっくりすんだろ)


八幡「まぁそうっすね」


店員「マジ?!じゃウチが初めての美容院?」チョキチョキ


八幡「え、はい」


店員「美容院デビューおめおめ」サッサッ


八幡「え、はぁ」


八幡(なんか戸部みたいでムカつくな)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:45:55.57 ID:9ELtjD1k0


八幡「え、はぁ」


八幡(なんか戸部みたいでムカつくな)


店員「もしかしてあれ彼女?」ヒソヒソ


八幡「え?いや違いますよ」


店員「嘘だー、だって絶対そうにしか見えないし」


八幡「みう……アイツはよく来るんですか?」


店員「まぁね、そういえば前に金髪イケメンを連れてたかな?」チョキチョキ


八幡(葉山か…)


店員「あ、そっちがもしかして彼氏かな」チョキチョキサッサッ


八幡「………」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:47:39.78 ID:9ELtjD1k0
優美子「おーヒキオもこうすればイケメンだし、目は腐ったままだけど」


perfect八幡「そ、そうか」キラキラ


八幡(一言多くね?)キラキラ


優美子「これであーしの近くに居ても釣り合うし」


八幡「へいへい」


優美子「じゃ次映画行くしー」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 09:49:27.47 ID:9ELtjD1k0
キミノゼンゼンゼセカラボクハキミヲサガシハジメタヨ~♪


八幡「好きなアニメだったのになんか疲れた」ぐったり


優美子「そろそろ時間だあーし帰らきゃ」


優美子「ヒキオ」


八幡「なんだ?」


優美子「今日楽しかった?」


八幡「ああ、楽しかったぞ」


優美子「そう、良かった」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 20:53:29.67 ID:8LvJJYME0
八幡(嘘だと思ったのに、本当に来てくれた)


八幡(少し嬉しかった)


八幡「……」




次の日

八幡(あー……どうすんだこれ?ボッチがこんな髪にしたら調子乗ってると思われるだろ)


八幡「」ガララ


戸塚「あ、八幡おはよってええ!八幡どうしたのその髪」


八幡「お、おうちょっとイメチェンだ、変か?」


戸塚「ううん、凄く似合ってるよ」ニコッ


八幡「そうか、彩加ありがとうな」


戸塚「!///もう八幡不意打ちに言うなんてズルいよー」


八幡(何これヤバい可愛い…!)



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:14:01.01 ID:8LvJJYME0
結衣「ヒッキーやっはろってごめん間違いました」


八幡「いや俺だから…」キラキラ


結衣「え?じゃ本当にヒッキーなの?あ、ホントだ目腐ってる」


八幡(最近由比ヶ浜が雪ノ下に似てきているような気がするんだが)


結衣「で、優美子の依頼上手く言ったの?」コソコソ


八幡「ああ、とりあえずはな」


結衣「とりあえず?」


八幡「後は三浦次第だ、俺はあくまでも意見を言ったまでだからな」


結衣「ふーんそーなんだ」


戸部「あれ?もしかしてヒキタニくん?」


八幡「お、おう」


戸部「なになに?イメチェン結構ヒキタニくんイケメンなんだべ」


優美子「だっしょーそれあーしが選んだんだー」


優美子「ねー、ヒキオ」


八幡「ああ、三浦の意外なセンスにびっくりしたぞ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:29:11.06 ID:8LvJJYME0
優美子「意外なセンスってなんだしッ」ズカッ


八幡「いてっ!」


戸部「え?これ優美子選んだん?じゃ2人だけで出かけたべ?」


優美子「えーいや、そういうじゃないつーの」チラッ


隼人「戸部あんまりそんな事聞くのは野暮だぞ?」


戸部「さっすが隼人くぅん紳士過ぎるわー」


隼人「そんな事ないさ」ハハハ


優美子「て、てかさ、見てみ周り」


八幡「ん?」



「なんだあのイケメン」

「カッコいい///」

「転校生?」

八幡「……もう皆俺のことなんか忘れて俺だってわかんなくなってんだろうな」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 22:27:24.59 ID:8LvJJYME0
優美子「かもねー」


結衣「ヒッキーじゃ仕方ないよ」


八幡(何気に傷付いたんだけど)


戸部「まぁまぁこれからNEWヒキタニくんとして皆に覚えて貰えばいいっしょ?」


優美子「そうそう」


八幡「そうなのか?」


戸部「ところでさ」


隼人「どうした戸部?」


戸部「俺ら3年の夏じゃん?これから受験で忙しくなるしさこの夏パーと海で遊ばない?」


結衣「海?」


戸部「そうそう海だよ海だよ、俺の叔父さんが夏場に海の家やってんのよ」


海老名「へー」


戸部「んで、手伝ってくれる人募集してるんだけど」


戸部「皆が手伝ってくれるなら、叔父さんが経営してる旅館に泊めてもいいって言ってんだけど」


戸部「来てくれるかな?」


八幡(タモリか)


結衣「えー旅館いいねー」


優美子「行くっしょ」


八幡(俺は誘われてないよな?)


結衣「ヒッキーも来るでしょ?」


八幡「え、俺はその」


戸部「いいべヒキタニくん遊ぼうぜー」カタクミ


八幡「わーたよ、行くよ」


海老名「トベ×はち………ぶあっ!」ぶしゅうぅ


優美子「海老名………自重しろし」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 22:36:11.22 ID:8LvJJYME0
優美子「かもねー」


結衣「ヒッキーじゃ仕方ないよ」


八幡(何気に傷付いたんだけど)


戸部「まぁまぁこれからNEWヒキタニくんとして皆に覚えて貰えばいいっしょ?」


優美子「そうそう」


八幡「そうなのか?」


戸部「ところでさ」


隼人「どうした戸部?」


戸部「俺ら3年の夏じゃん?これから受験で忙しくなるしさこの夏パーと海で遊ばない?」


結衣「海?」


戸部「そうそう海だよ海だよ、俺の叔父さんが夏場に海の家やってんのよ」


海老名「へー」


戸部「んで、手伝ってくれる人募集してるんだけど」


戸部「皆が手伝ってくれるなら、叔父さんが経営してる旅館に泊めてもいいって言ってんだけど」


戸部「来てくれるかな?」


八幡(タモリか)


結衣「えー旅館いいねー」


優美子「行くっしょ」


八幡(俺は誘われてないよな?)


結衣「ヒッキーも来るでしょ?」


八幡「え、俺はその」


戸部「いいべヒキタニくん遊ぼうぜー」カタクミ


八幡「わーたよ、行くよ」


海老名「トベ×はち………ぶあっ!」ぶしゅうぅ


優美子「海老名………自重しろし」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 08:43:33.56 ID:/pkuOhE20
奉仕部


八幡「」ペラッ


結衣「でさー戸部っちの叔父さん?叔母さん?ヒッキーどっちだっけ?」


八幡「叔父さんな」


結衣「そうそう叔父さんが海の家をやってるんだってー」


雪乃「そうなの」


結衣「ゆきのんも海どう行く?」


雪乃「そうね、海なんてしばらく行ってなかったかしらせっかくなのだし行くわ由比ヶ浜さん」


結衣「ありがとうゆきのん」ギュー


雪乃「ふふ、由比ヶ浜さんくすぐったいわ」


八幡「」ペラッ


ガララ

優美子「依頼があるし!」


八幡「うおっ!びっくりしたぁ」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 09:00:00.38 ID:/pkuOhE20
結衣「優美子?!依頼ってまた?」


雪乃「三浦さんあまり人を頼るのは良くないわよ?」


優美子「でも、頼らないで失敗するよりはマシでしょ」


雪乃「……それも一理あるわね」


八幡「で、依頼てのはなんだ」


優美子「さっき言ってた海に行く話なんだけど」


結衣「それがどうしたの?」


優美子「もう明日夏休みじゃん?その今のうちに水着を選びたいからそのヒキオの意見が聞きたくて」


八幡「行かんぞ絶対行かん!」


結衣「即答だし?」


雪乃「比企谷君どうしてかしら」


八幡「だって水着を売ってるとこって男が居れば気まずくなっちゃうからだ」


優美子「で、いつ行く?」


八幡「ねぇ、聞いてた?行かないって?」


結衣「あたしは明後日か土曜日かな」


雪乃「明日か土曜日」


優美子「土曜日か金曜」


八幡「……」


3人「じゃ土曜日に」


八幡(俺の意見は?どこ行ったの)


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 09:13:38.38 ID:/pkuOhE20
八幡(俺のステレスヒッキーがいらない所で発揮してる)




土曜日

小町「はーい皆さんこんにちは比企谷八幡の妹の比企谷小町です!」


結衣「小町ちゃんやはろー」


雪乃「こんにちは小町さん」


優美子「へーヒキオにこんな可愛い妹がいたんだ」


小町「えー可愛いなんて照れますよぉ」テレテレ


八幡「で何でいんだよ?」


結衣「うわぁ、ヒッキー妹に対してそんな事言うの」


八幡「いやいやおかしいだろ俺小町に今日の事言ってなかったんだけど」


小町「結衣さんから聞きました」ビシッ


八幡「えー…(小町が来ると面倒くさくなるんだが)」


優美子「まぁまぁヒキオ、小町ちゃんでいいかな?よろしくっ」


小町「よろしくです(ふふふ……ゴミぃちゃんのお嫁さん候補がまた1人)」


八幡(あー小町今絶対やらしい事考えてんだろうな)じー




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 09:26:04.13 ID:/pkuOhE20
雪乃「それじゃ行きましょうか」




八幡「ふぁーまだかよ」


結衣「ねえねえヒッキー!」


八幡「あんだよ」


結衣「こっちとこっちどっちがいい?」


八幡「ん」


右ビキニ(黄緑)左フリフリ(薄さくら色)


八幡「………お前本当にそのビキニ着れんの?」


結衣「……そだねちょっと恥ずかしいかも///」


小町「ねねお兄ちゃんこれとこれどっちがいい?」

右マイクロ水着 左絆創膏

八幡「っ///おまっ!そんな事どこで覚えたんだよ?」


小町「お兄ちゃんのベッドの下」


八幡「」ギクッ


小町「」ニマニマ


八幡「し、しまってきなさい」


小町「はーい」ニヤニヤ


八幡(本当に小町ちゃん怖い……)
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 09:50:04.13 ID:/pkuOhE20
優美子「ヒキオ」トントン


八幡「なんだよ」


優美子「私に似合う色って黒と白どっちがいい?」


八幡「黒」


優美子「……なんかその返答に悪意を感じるし」


八幡「いやあくまでも客観的な意見だし」


優美子「」じー…


八幡「なんだよ」


優美子「分かった黒探してくる」


雪乃「比企谷君比企谷君私は?」


八幡「お前は青じゃね?」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 09:50:45.89 ID:/pkuOhE20







小町「はあー買った買ったあ」


結衣「ホントだねー」


雪乃「久しぶりいい買い物をしたわ」


優美子「ほんとそれ」


八幡「お、重い……」ズシッ


小町「せっかくだからここのゲーセンで遊んで行きません?」


結衣「そうだねーそうだプリ撮ろ!プリ!」


優美子「いいね私のプリテク見せてやるし」


雪乃「プリ?何かしらそれ」


優美子「えー、雪ノ下さんプリ撮った事ないの?」


雪乃「ええ」


結衣「じゃ私たちが教えてあげるよゆきのんこっちこっち~!」


八幡「じゃ俺はここで待ってるよ」


小町「お兄ちゃんも早く」


八幡「えー俺もー」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 09:51:21.13 ID:/pkuOhE20
『それじゃまずは仲良しポーズから』

『撮るよー321』

3人「いえーい」

パシャッ




三浦「で、写真撮ったらこうやってデコレーションするの」ピッピッ


雪乃「なるほど……あ」


結衣「どうしたの?」


雪乃「パンさんのスタンプが」


八幡「流石だな見逃さないのな」


雪乃「ちょっといいかしら三浦」


優美子「え、うん」


ピッピッピッピッ


『完成しましたー』

ウィーン

八幡「ぜ、全部パンさん」


優美子「逆に凄いかも」


雪乃「ごめんなさい調子に乗りすぎてしまったわ」


結衣「私は全然いいよ」


八幡(パンさん恐るべし)
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:09:51.64 ID:/pkuOhE20
???「チョイチョイそこのおにぃさん」


八幡「あん?」


不良「君女の子引き連れてるんだね、俺らにも分けてよ」


不良B「そうそう俺らおにぃさんみたいにイケメンじゃ無いからモテないのよ」


小町「もしかしてナンパですか?」


不良「そうそうナンパだよ君ぃ」


八幡「へぇナンパねぇ」


結衣「大丈夫なの?ヒッキー」ヒソヒソ


雪乃「あなた強いって訳じゃないんでしょ?」ヒソヒソ


八幡「任せろ」ヒソヒソ


八幡「ねぇお前ら誰に口聞いてるのか分かって、それ言ってんの?」


不良「ああ?てめぇ潰すぞ?」グイッ


八幡「お前ら葉山隼人って知ってるか?」


不良「ああ、あの葉山だろ」


八幡「俺そいつのダチなんだけどそれ分かって言ってのか?」


不良「お、お前ダチ頼んのかよ?」


八幡「友達なんて頼むもんだろ?ちょっと待ってろ」ピッピッ


prrrr

八幡「あ、葉山か?今なんか不良に絡まれてるんだがちょっと助けてくれないか?」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:10:26.77 ID:/pkuOhE20


不良「ひっ!」


不良B「おい、どうすんだよ葉山って強いんだろ?」


八幡(え、そうなのか葉山さんパネェ)


不良「わーたよ、手を引くよ」


八幡「ならいい、とっとと帰れ」ピッ


八幡(必殺虎の皮を被った狐)


八幡(知り合いのコネは使えるだけ使った方がいい)


優美子「ヒキオ………カッコ悪い」


雪乃「ほんとね」


結衣「なんか戦ってくれるかと思ったのに」


八幡「ばっかお前戦う分けないだろ、痛いし」


小町「ほんとにゴミぃちゃんだね」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:24:58.10 ID:/pkuOhE20
八幡「もう帰ろうぜ、心配だから皆送るぞ」


結衣「そうだねお願いするよ」


雪乃「私は護身術があるからいいわ」


優美子「でも女子1人は危ないよこんな事あった後だし」


雪乃「そう、ならお願いするわ」


小町「皆を心配するお兄ちゃん小町的にポイント高いよ」


八幡「うっせ」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:40:24.39 ID:/pkuOhE20








そして来た夏休み。


八幡「あーついに来ちゃったかー……嬉しくない訳じゃ無いがなぜか無駄に潰してしまう夏休みが」


小町「何言ってんのお兄ちゃん」


八幡「お前は夏休み予定あんのかよ」


小町「そりゃ、小町は予定あるよ、今日は友達の家で宿題をやるんだよ」


八幡「そうなのか」


小町「じゃ小町友達の家で宿題やって来るよ」ガチャ


八幡「うぃー」

バタンッ


八幡「……」

『クチヅケダイヤモンドヲー』

八幡「……やまじょおもしろ」

『コンナニカボソクオレソウナー』

八幡「………?」ウルウル


『ソレデモオレハ………ホンモノガホシイ!』

八幡「ぐあああああ////馬鹿じゃねぇの馬鹿じゃねぇの」ジタバタ



<ピンポーン


八幡「誰だよ」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:44:06.74 ID:/pkuOhE20








そして来た夏休み。


八幡「あーついに来ちゃったかー……嬉しくない訳じゃ無いがなぜか無駄に潰してしまう夏休みが」


小町「何言ってんのお兄ちゃん」


八幡「お前は夏休み予定あんのかよ」


小町「そりゃ、小町は予定あるよ、今日は友達の家で宿題をやるんだよ」


八幡「そうなのか」


小町「じゃ小町友達の家で宿題やって来るよ」ガチャ


八幡「うぃー」

バタンッ


八幡「……」

『クチヅケダイヤモンドヲー』

八幡「……やまじょおもしろ」

『コンナニカボソクオレソウナー』

八幡「………?」ウルウル


『ソレデモオレハ………ホンモノガホシイ!』

八幡「ぐあああああ////馬鹿じゃねぇの馬鹿じゃねぇの」ジタバタ



<ピンポーン


八幡「誰だよ」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:49:35.09 ID:/pkuOhE20
ガチャ
八幡「なんだ>>46か」


安価
1雪ノ下
2由比ヶ浜
3三浦


一旦落ちます
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 10:56:41.08 ID:ny//xPGNo
三浦
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 19:24:12.40 ID:mlgjtU1t0
八幡「なんだ三浦かなんだこんな朝から」


優美子「ヒキオ……ちょっといい?」


八幡「おう……とりあえず中は入れよ」




八幡「はぁ?!家出?」


優美子「うん……」


八幡「で理由は」


優美子「ウチの親潔癖症でさ3日に1回掃除するくらい几帳面なんだけどさ」


優美子「昨日掃除してる時、間違って私が一昨日買った水着を捨てちゃったみたいで」


八幡「それでか」


優美子「うん」


八幡「でも三浦は親がそれをやった事は故意にじゃないって分かってんだろ?」


優美子「うん」


八幡「じゃお前の中では許容のできる範囲じゃないのか?」


優美子「そうなんだけど」ワナワナ


優美子「それがウチの親謝るどころか逆ギレしたんだし!」バンッ


八幡「ひっ!」ビクッ


優美子「しかも言い訳が『あんたがこまめに掃除しないからでしょ!』だって!誰もアンタみたいに潔癖症じゃないし」ウガー


八幡「それはまた理不尽な…」


優美子「でしょー?」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 20:09:56.89 ID:QazMkFSI0
優美子「ほんとムカつく」


優美子「でも喧嘩した手前帰りづらいし」


八幡「で、どうしろと?」


優美子「その頼みづらいんだけど」


八幡「なんだよ、出来ることなら力になるぞ」


優美子「泊めてくんない?」


八幡「ん、おういいぞ」


優美子「えー、即答ま、まさか変な気起こして言ってんの?」


八幡「あ?そんな事する訳ないだろ?」


八幡「俺は訓練されたボッチだからな、俺と関わりを持った人間全員をその対象外にしてんの」


八幡「ただちょっと待ってろかーちゃんや小町に聞いてみるから」


優美子「あ、あんがと」


prrrrrr

ア、コマチカ ジツハナ

カーチャンタノミガアンダガ


ピッ

八幡「これでよしと」


八幡「おい三浦」


優美子「な、なんだし」


八幡「お前着替えとかあるか?」


優美子「あ、うん一応持ってきた」


八幡「そうか、あのさ一つ聞きたいことがあるんだが」


優美子「?」


八幡「何で葉山に頼らなかったんだ?」


八幡「あいつなら泊めそうだけど」


優美子「なんて言うか流石に隼人の家で泊まるのは……信用出来ないっていうか」


八幡「ほー、俺は信用出来るのか」ニヤニヤ


優美子「っ、うっさいし!」カァ/////
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 20:32:16.33 ID:QazMkFSI0
八幡「まぁとりあえず今日は俺の部屋で寝てくれ」


優美子「ひ、ひひひきおの部屋?!///」


八幡「ああ、もちろん俺はこのリビングで寝るから安心しろ」


優美子「分かった///(な、なんだびっくりしたし)」プシュー


優美子(でもヒキオの部屋気になる)


八幡「あ、そうそう漁ろうなんて考えるなよ」


優美子「か、考えるわけないつーの」
八幡(あ、考えてたんですね)


八幡「まぁくつろいでくれよ、そこのPCでYouTube見ていいからさ」


優美子「うん」


八幡「ふあー」ピッ

八幡「ん、なんか踏んだか?」


優美子「あ、ヒキオだ」


<ソレデモオレハ……ホンモノガホシイ

<ヒッキー…

<ワタシニハ…ワカラナイワ……


八幡「ぐあああああああ!見るなああ!」









優美子「ねぇヒキオいつまで落ち込んでんの?」


八幡「そっとしてくれ今ヒキオアイデンティティがクライシスなんだ……」チーン


優美子「ねぇヒキオ暇ー遊びに行こーよ」


八幡「あー?暇だ?YouTubeは?」


優美子「もう飽きたしねぇヒーキーオー」


八幡「しゃーねーな、どこ行く? 」


優美子「じゃ>>52」



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 21:30:32.35 ID:0JPUjVTBo
ゲーセン
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 22:30:40.12 ID:QazMkFSI0
八幡「おま、ゲーセンてこの間あんな事あった後によく行けるな」


優美子「でも、守ってくれるんでしょ?」


八幡「んまぁ、善処するが」


優美子「ならいいじゃん、それにこの間と違う場所だし」


八幡「分かったいくか」




ゲーセン

バババババッ

乙坂「おぉ…おお、これは楽しぃ……」ニタニタ



八幡「だ、大丈夫かアイツやばい目をしてたし」


優美子「ち、近づかない方がいいっしょ」


UFOキャッチャー

優美子「あーアレ可愛い」


八幡「あれか?」


優美子「違うーほらそれの2つ隣」ピト


八幡「!っ////」どきっ


優美子「どした?ヒキオ」


八幡「別に何でもないし///」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 22:57:06.88 ID:QazMkFSI0
優美子「何顔赤くなってんの可愛いねー」ニコニコ


八幡「ふん…///」プイッ


優美子「ねーねーヒキオアレ取ってー」


八幡「…やだ」


優美子「あ、拗ねた?」


八幡「拗ねてない」


優美子「じゃあ取ってよ」


八幡「やだ」


優美子「自信ないんでしょー」


八幡「……わーたよ取ってやるよ」チャリン


ウィーン…ウィーン…ガシッ

ウィーン…ポロッ

八幡「あ…」


優美子「ウッソーヒキオ下手くそ役立たず」


八幡「うるせぇ、ならお前やってみろよ」つ百円


優美子「ん、見てなし」チャリン

ウィーン…ウィーン…スカッ

八幡「っぷ」


優美子「~っこれ反応悪いんだけど」ムキー


八幡「まぁまぁクス落ち着けクスクスって」プルプル


八幡「次は俺だな」チャリン

ウィーン…ウィーン…

優美子「そこだしヒキオ!」


八幡「おい、横から見るなよ恥ずかしいだろ」

八幡(どんだけ必死なんだよ)


ウィーン…ガシッウィーン…ウィーン…ヒョイ

優美子「やった取れたし~」


八幡「どうだ」ドヤァ



59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 10:45:46.42 ID:cneq/hKx0

優美子「ヒキオその顔やめて、キモイ」


八幡「う、ひどい」


<イツマデヤッテンダ、イイカゲンドケヨ!

八幡「うわさっきのやつ喧嘩始めたよ」


優美子「そんなのいいから次行こ」 グイグイ


八幡「お、おう」


優美子「アレやろーよ」


レーシングゲーム



八幡「レーシングゲームか」


優美子「あーし強いんだよ?」


八幡「自慢じゃ無いが俺もだ」


優美子「ふーん……じゃ賭けしない?」


八幡「何をだ」


優美子「あーしが勝ったらお昼奢りね」


八幡「なら俺が買ったら奢ってくれよ」


優美子「いいし」

321

ブオオオン
ブオオオン


八幡(しまった、少し出遅れた)


優美子「よっしゃ」


八幡(だが三浦は気づいていない、実はこのコースは)


優美子「きゃっ」ドンッ


八幡(障害物が多いのだ)
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 10:46:31.95 ID:cneq/hKx0
優美子「なんなのこれ」ドンッ


八幡「そら」ヒョイヒョイ


優美子「あーもぉ!」





Win八幡

Lose優美子

優美子「悔しいー!」


八幡「まぁアレだ俺から言うことは一つだ」


優美子「何よ」


八幡「お昼ゴチになります」ドヤァ


優美子「ムカつくムカつく!」ポカポカ


八幡「痛っ、おいやめろよ」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 10:47:18.49 ID:cneq/hKx0
『こってりラーメンなるたけ』


優美子「……やだ」


八幡「えーここ美味いだぞ?」


優美子「だってこんなの食べて太ったら嫌だし」


八幡「でも俺ここ食べたいし」


八幡「」ジー


優美子「…分かったっていいわよここで」


八幡「サンキュ」ニカッ


優美子(その顔見たら断れないし……ってあーし何を?!カァ/////)


八幡「……?何してんだよ入ろうぜ」


優美子「うん」


ウィーン
ラッシャイ

八幡「こってり豚骨ラーメン一つ」


優美子「じゃあーしも同じヤツで」


大将「へいっ!こってり豚骨ラーメン2つ入りました」


八幡「大将相変わらず元気ですね」


大将「まぁな!ん?そちらのお嬢さんは?」


八幡「あー、コイツは」


優美子「同じクラスの三浦です」


大将「へーなるほどクラスメイトかい」

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 10:48:04.00 ID:cneq/hKx0

大将「可愛い顔して、ヒッキーくんの彼女かなんか?」


優美子「彼女!?」


八幡「いや違うッスよ」


大将「そうかい、残念だい」


八幡「つか、大将前もこんな事言って無かった?」


大将「そうか?」


八幡「前、平塚先生と来た時も『彼女さん?』って聞いてきたじゃないスか」


八幡「あの人教師すよ?俺と三浦の担任です」


大将「それは悪かったな、ほら出来たぞ」

コトッコトッ


八幡「おお~」


優美子(脂ですかマジですか?)


八幡「いただきます」ズルズル


優美子「…」チュルル


優美子「!!」


ズルズルズル
ズルズル

ズル…


八幡「ご馳走さん」

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 11:15:30.75 ID:cneq/hKx0

八幡「大将、会計」


大将「はいよ1900円ね」


八幡「ほい」


ウィーンアリガトウゴザイマシター


優美子「結局あんたが払っちゃったね」


八幡「まぁそんなに金かからなかったからな」


優美子「ヒキオ帰ろ」


八幡「そだな…ふぁ眠いし」


優美子「今日は付き合ってくれてありがとね」


八幡「おう」





比企谷家

八幡「たでーまー」


優美子「ただいま」


小町「あ、お兄ちゃんと優美子さんおかえりー」


優美子「ただいま小町ちゃん」


小町「ささ早く上がって下さい夕ご飯出来てますよ~」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 08:51:25.63 ID:wvq1Ftxb0
優美子「もしかして小町ちゃんが作ってるの?」


小町「そうですよ、兄は見ての通りニートなので小町が代わりに作ってるんです」


八幡「ばかお前俺が小6までは俺が作ってたろうが」


小町「そうだったけ?」


小町「まぁでも現状ニートには変わらないでしょ」


八幡「それは認める」


優美子「ヒキオあんた………」


八幡「おいそんな目で見んなよ…本当にニートって訳じゃないんだぞ?」







優美子「」モグモグ


優美子「美味しい!」


小町「そうですか、よかったです」


八幡「まぁ小町の作るご飯はどれも美味いから新鮮みがないがな」


小町「あー、今の発言小町的にポイント低ーい」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 12:07:36.86 ID:JsHNloj00
優美子「ポイント?」


八幡「いや気にするなこっちの話だ」


優美子「何さヒキオ秘密にする気ー?」


八幡「言ってもいいが聞くだけ無駄だぞ?」


優美子「……やっぱりやめとく」


八幡「いい判断だ」パクモグモグ


小町「なんかお兄ちゃん冷たい…」ヨヨヨォ…


八幡(うぜぇ…)


小町「でも、よかったよ」


八幡「?、何がだ」


小町「お兄ちゃん中学の時たまにいじめられてたから、高校は大丈夫か心配でさ」


三浦「……」


小町「でも良かったよ、優美子さんのような素敵な人が友達になってくれて」


八幡「まぁ友達では無いがな」


小町「それでも、お兄ちゃんを見てくれる人がいるだけ」


小町「小町にとっては嬉しい事なんだよ」


小町「優美子さん」


優美子「は、はい」


小町「お兄ちゃんをお願いします 」


優美子「こ、こちらこそ」



78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 12:30:42.79 ID:JsHNloj00
「ごちそうさま」


小町「ふんふふーん♪」カチャカチャ


優美子「~♪」フキフキ


八幡「ふぁーあ」ゴロゴロ


優美子「……やっぱりヒキオニートかも」


八幡「おい 」ガクッ


八幡ルーム

八幡「じゃ今日はここで寝てくれ」


優美子「ありがとうヒキオ」


八幡「……何が?」


優美子「今日は楽しかったし、ゲーセン行ったりラーメン食べたり」


八幡「そりゃよかった」


優美子「……ヒキオ優しいな………」ボソッ


八幡「ん?なんか言ったか?」


優美子「別に」ツーン


八幡「そうか」


バタン


優美子「……八幡」


優美子「っ」カァ/////


優美子「~っ」ゴロゴロバタバタ
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 13:08:22.88 ID:JsHNloj00
優美子「あ、あーし何言ってんだろ///」ハッ


優美子(もしかして……あーし)


優美子「……」



八幡「……小町ちょっと来い」


小町「なーにお兄ちゃん」トテトテ


八幡「何でさっきあんな事言ったんだ」


小町「……何がかな」ハハ


八幡「お前は分かっててあんな事言ったのかよ? 」


小町「うん、知ってたよ」


八幡「はぁ…アイツは海老名さんの件で少なからず罪悪感は抱いてる」


小町「うん」


八幡「ただ小町、その罪悪感を利用して媚を売るのはやめろ」


八幡(確かに使えるコネは使った方がいい、だが悪意を持ってそのコネを使うのはそれは不正義だ)


八幡「小町、お前は俺にとっての正義であって欲しい」


小町「何それ」フフ…


八幡「だからこんなのはやめろ」

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 13:11:04.36 ID:JsHNloj00


八幡「俺は寝る…」バサッ


小町「おやすみ」パチ










うーん ……何か息苦しい……………

そして温かくて柔らかい……なんだこれ




ふにゅ

八幡「あ、?」優美子「zzz」スースー


八幡「/////!?」バッ


八幡(何で三浦がここに?!)


八幡(やばい眠れなくなる)ドキドキドキドキ


八幡(ふぁ、いい匂い……)クンクン


八幡(おっと危ない落ち着け俺理世の化け物なんだろ?)ブンブン


優美子「ん……」モゾッハラリ………


八幡(あ、服がはだけて)


八幡Jr「やあ!」


八幡(理性の化け物だろおおおぉぉぉ?!)


八幡(ど、どうする)オロオロ



安価

1とりあえずこの場を離れる

2キス

3抱きしめる
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 13:47:53.97 ID:LK9DnaluO
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 14:10:00.11 ID:m3jRQX1yo
3
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 14:11:01.08 ID:JsHNloj00
八幡(三浦って結構、華奢だよな)ゴクリ


スッ

八幡「」ギュッ


八幡「……なんか落ち着く 」うとうと……


八幡(眠い………)カクン







2時間後





戸塚『は、八幡こんなの所でなんて恥ずかしいよぉ///』

八幡『にしてはヤル気満々じゃないのか?』ニヤリ

八幡『ココとか』イジイジ

戸塚『はう!気持ちいいよ八幡』ビクッ

戸塚『もう、らめぇ//』


戸塚『八幡肩もみ上手いね』



優美子「んんーあれあ~し」パチッ


八幡「」ぎゅー


優美子「ヒキオ!?」


優美子「……」ギュッ


八幡「にへへ」ニヤニヤ


優美子「ヒキオ嬉しそうどんな夢見てんだろ」


八幡「とちゅかー」ニタァ


優美子「うわっ気持ち悪」


八幡「むにゃむにゃ………んあ戸塚どこ?」パチッ


優美子「戸塚はここにいないよ」

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:00:12.66 ID:XQFu3MEW0
八幡「え、俺寝言言ってた?」


優美子「うん、戸塚、戸塚~って」


八幡「なっ!」カァ/////


八幡「頼む、だ黙っててくれ」


優美子「どうしよっかなー」


八幡「何でもするから」


優美子「・・・なんでも?」


八幡「え?やっぱり・・・」
優美子「言っちゃおうかなー」ニヤッ
八幡「何でもします」


八幡「・・・で、何すれば良いんだよ」


優美子「じゃあさ・・・ヒキオってあーしのことを名前で呼んで」


八幡「・・・何で名前呼びなんですか」


優美子「イイじゃん」


八幡(えー恥ずかしいだろ)



88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:22:59.52 ID:XQFu3MEW0
八幡「ゆ、優美子・・・さん」


優美子「ふーん・・・悪くはないし」///テレッ


八幡「・・・そうか」///(危ない今のが並の男子高校生なら一発で惚れてるレベルだわ。)


優美子「じゃあーしヒキオの事八幡って言うね八幡」


八幡(なに?!八幡って言われてこんなにキュンと来るのは戸塚だけだと思っていたが、三浦だとこんなに威力があるんだなATK3000だよブルーアイズだよ)


八幡「やっぱ恥ずかしいしやめようぜ」


優美子「八幡」ニヤニヤ


八幡「うぐっ」キュン


優美子「はーちーまーん」上目遣い


八幡「ぐあぅ」キュンキュン


優美子「八幡・・・」オメメウルウル


八幡「ぐはぁ」ズキューン ブシュー


優美子「わわ、ヒキオ鼻血出てる!」




数分後

優美子「やっと止まったし」ナデナデ


八幡「で、何で膝枕なんですかね」



89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:31:50.31 ID:XQFu3MEW0
優美子「んー、それはその上向きに寝ると鼻血止まるらしいし」


八幡「いや、だからって・・・」ムクッ


優美子「そのままでいろし」ググッ


八幡「いてぇ!頭抑えんな痛いから!」


優美子「あ、ごめん」


八幡「・・・三浦は」
優美子「優美子!」


八幡「ゆ、優美子は葉山の事好きなんだろ?良いのかこんな事してて」


優美子「・・・いいよ、あーし隼人の答え想像つくしね」


八幡(そう言われると一色の事を思い出す)


八幡「俺は・・・葉山隼人の代用品か?」


優美子「ふふ、そうかもね」クスッ


八幡「なぁ三浦」


優美子「んー」










八幡「俺と付き合わないか?」
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 23:44:36.71 ID:XQFu3MEW0
優美子「は、はぁ?何でそんな////」


八幡「いや、冗談だよ」


優美子「八幡!」プクー


八幡「悪かったって」


小町「ふぁー遅よう」ガチャッ


あーしの膝にon the八幡

2人「あ・・・」


小町「え」


小町「あ、ごめんなさいごゆっくり~」



八幡「小町ぃ!」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 08:48:04.20 ID:QE1oBKs/0
ここから少し話が飛びます。


八幡(あれから三浦は親と仲直りをしてとりあえず一件落着し、俺はいつもの生活を取り戻していた。)


ピロリン

八幡「あ?」


mail
From戸部
titleごめん!
この間言ってた海に行く話だけど急遽予定変更。明日になった。

明日10時に千葉に集合で。


八幡「マジかよ」


小町「なになにどうしたんお兄ちゃん」


八幡「予定変更で海に行くのが明日になって、ちょっとダルくてな」


小町「ええ!そうなの?!」


八幡「ああ、て事で小町明日お兄ちゃん海に言ってくるから」


小町「んー?お兄ちゃんもしかして私が行かないと思ってるの?」


八幡「は?行かんだろ、お前」


小町「残念ー、結衣さんからお誘いを受けています!」


八幡「えー・・・・」


小町「なに、そのえーって」


八幡(だって絶対面倒になるじゃん)


八幡「迷惑かけんなよ?」
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 21:24:14.35 ID:/SOWExTH0
小町「えー、小町お兄ちゃんに迷惑かけた事ないよー」


八幡(あるでしょうが)


八幡「とりあえず準備してくるわ」スタスタ




バタン


八幡「クソッ戸部のヤツいきなりこんなメール送りやがって」ガサゴソ


八幡「つか俺行くとか言ってないのに何でこんな事に・・・」


八幡「変な事にならなきゃいいが」


八幡「はぁ」


108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 21:35:27.61 ID:GcTNm8su0
当日

八幡「・・・」

雪乃「・・・」

八幡「で、なんで俺たちしかいないの」

雪乃「わ、私に聞かれても困るわ」

八幡「お前由比ヶ浜の友達だろ?なんか聞いてるんじゃないの?」ヤレヤレ

雪乃「そ、そうだけども///」

八幡「ところでなんか様子が変なんだが、なんかあったのか?」

雪乃「その、2人きりだから・・・恥ずかしいのよ///」

八幡「お、おうそうか///(なんだよ可愛いとこあるじゃん、並の男子高校生なら惚れてるレベルだわ)」

葉山「やぁ、遅くなったね」

八幡「うお!?なんだ葉山かいきなり変な奴に話しかけられたかと思ったろ」

雪乃「遅いわ13分の遅刻よ」ギロッ

葉山「はは、あ、相変わらず厳しいな」

結衣「あ、ゆきのんやはろー」

雪乃「やは・・・こんにちは由比ヶ浜さん」

八幡「(もういっその事言っちゃえばその挨拶)」

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/10(火) 15:58:49.50 ID:ZARe3sli0
戸塚「八幡おはよ!」

八幡「なっ!戸塚?戸塚も来るのか?!」

戸塚「うん!八幡と旅行が行けて嬉しいよ」ニコ

八幡(神は本当に居たのか、生きてて良かったです)ウルウル

戸塚「どうしたの八幡?なんで泣いてるの?!」

八幡「いや、嬉しくてな」ゴシゴシ

結衣「なんか感動してる!」

優美子「八幡ホントキモイ」

八幡「何でだよ」

優美子「何でもないし!」イラッ

八幡「?」

戸部「ヒキタニくんマジで気づいてないっぽい?」ヒソヒソ

隼人「みたいだな」ヒソヒソ
110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 04:08:24.91 ID:qcTaK4zBo
乙です

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング