FC2ブログ

勇者「その武器重くねぇの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:09:15.35 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ん?これのこと?」ブォンッ

勇者「うおっ!あぶねぇ!」ヒョイ

勇者「なんで魔法使いのくせにそんな大きな斧使ってんだよ」

魔法使い「最近は魔法使いもちからの時代なのさー」

勇者「いや、俺を回復役に使ってんのがさらに問題なんだよ」

勇者「戦わせろ、俺を」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:11:36.90 ID:W2v8yDL40
魔法使い「えー、だって勇者弱いじゃーん」

魔法使い「魔法の強さどころかちからもボクに負けてるしー」

勇者「ぐ、ぐぅ……」

魔法使い「ボクは回復魔法使えないんだし、適任だと思わない?」

勇者「くそぅ……どうしてこうなった」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:14:41.69 ID:W2v8yDL40
勇者「……!」ガサッ

魔法使い「……敵?」

勇者「ああ、そうみたいだな……結構多いな、こりゃ」

勇者「オークの群れか……10匹は軽く越えてるな」

魔法使い「んー……そのぐらいならっ!」ガサッ

勇者「お、おいっ!魔法使いっ!」

魔法使い「おおりゃぁっ!」ザシュオンッ

勇者「……やっぱでたらめに強いよなぁ、こいつ」

勇者「俺が勇者なのに……あ、補助呪文っと」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:19:17.95 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ふぅ……片付いたね」ガシャン

勇者「毎度のことながら一瞬だな……魔物に同情するよ」

魔法使い「まーねー……でも、勇者の補助があるからだよ?」

勇者「無駄な慰めはいらねーっての……」スタスタ

魔法使い「……むぅ」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:27:45.07 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ねぇ、これからどうするの?」

勇者「んー、最近魔王がどうこうとか騒がれてるしな、町で情報収集かな」

魔法使い「この近くっていったら……あの港町かな?」

勇者「そうだな」

魔法使い「うへー……ボクあの町好きじゃないんだよなぁ」

魔法使い「風がベタベタしてるし……」

勇者「……置いてくぞ」

魔法使い「あう、待ってよー」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:30:56.77 ID:W2v8yDL40
――港町
勇者「……なんか、活気が感じられないな」

魔法使い「前に来たときはもっと活き活きしてたのにね」

勇者「妙だな……船が一つも出てないじゃないか」

勇者「なぁ、あんた」

店主「ん?なんだ、あんたら。ここにはもう売るもんなんてねーよ」

勇者「……どういうことだ?」

店主「海で魔物が暴れてんだよ。おかげで漁は出来ないし、交易船も来ない!」

店主「この町は、終わりだよ……」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:35:59.47 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ねぇ、勇者」

勇者「……はぁ。本当に魔王復活してるみたいだな」

勇者「これだから魔王は……何回復活すんだよ、マジで」

魔法使い「ボヤいてても仕方ないって!町長さんに話を聞きに行こう!」ガシッ

勇者「魔物が倒せるからってはしゃいでやがる……」

勇者「こいつが勇者でいいだろもう」ズルズル
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:41:14.71 ID:W2v8yDL40
町長「あいつらには、言葉も何も通じません」

町長「ただ、破壊を楽しみ、わしらの町を壊していくだけ……」

町長「最初は傭兵を雇いなんとか防いでいましたが、その金も無くなり……」

町長「どうか旅の方!あの魔物達を退治してくだされ!」

魔法使い「だってさ、勇者!」ウズウズ

勇者「だー、ただ働きの臭いがプンプンするぜ……」

勇者「とか言っても、どうせ力ずくで行かせるんだろ?」

魔法使い「もちろん!」

勇者「……なら聞くなってーの」

町長「ありがとうございます!」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:44:34.16 ID:W2v8yDL40
勇者「さて、退治依頼を受けたわけだが」

勇者「なんだこの小船は。二人用っておい」ギコギコ

魔法使い「だってー。町長さんお金無いって言ってたしー」

勇者「お前これ……ひっくり返されたらどうすんだよ」

魔法使い「泳ぎながら戦う!」

勇者「……もう最初から泳いでこいよ」ハァ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:49:10.50 ID:W2v8yDL40
勇者「……っ!」ギコギコ

魔物「ギシャアアアアア!」

魔法使い「来たね……準備はバッチリだよ!」キュイーン

魔法使い「落ちろ、雷撃!」ドゴーン

魔法使い「燃えろ、火球!」ボゴワァ

勇者「……やっぱ、呪文の破壊力も凄いな……おっと、防壁っと」カキン
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:52:10.07 ID:W2v8yDL40
魔物「フシュルルッルル!」

魔法使い「はぁ……はぁ……キリがないや」ボシュン

魔法使い「ま、魔力切れか……とおっ!」ザブーン

魔法使い「おりゃあああ!!」ブオン ブオン

魔物「ギャアアア!」

勇者「……こいつは、なぜに魔法使いなんだ?」ギコギコ
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 00:56:00.21 ID:W2v8yDL40
魔法使い「……ふぅ、ふぅ」ガシャン

魔法使い「お前で終わり、だね」グシャッ

ボスみたいなの「ギャ、ギャギャギャ……」ブクブク

魔法使い「ふー……やっと終わったー!!」

勇者「予想以上に数多かったな。ボス的なのもいたし」ギコギコ

魔法使い「でも、これでこの海域も安全だね!」

勇者「まぁ、しばらくの間はそうだろうな」ギコギコ

魔法使い「さー、帰って町長さんに報告だーっ!」

勇者「ああ、そうだな」ギコギコ
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:00:12.26 ID:W2v8yDL40
勇者「……そういや、魔法使い」

魔法使い「ん?なーに?」

勇者「無い胸が透けてんぞ」

魔法使い「……(チラッ」 「……」ボッ

魔法使い「……み、る、な、ぁっ!」ブオン

勇者「おいおい、シャレにならんぞ……って聞いちゃいねぇ」グシャッ
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:04:12.49 ID:W2v8yDL40
魔法使い「これで、しばらくは安全なはずですよ」

町長「ありがとうございます!なんとお礼をすればいいか……」

魔法使い「いえいえ、困ってる人を助けるのは当然のことですから!」

町長「……しかし」

魔法使い「どうかしましたか?」

町長「……ご一緒だった方の姿が見えませんが、まさか魔物との戦いで……?」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:07:58.10 ID:W2v8yDL40
魔法使い「あー……いえ、勇者なら無事ですよ」

魔法使い「ただ、少し別の場所にいるだけです」

町長「そうでしたか……でしたらいいのですが」

町長「こんな村を守るために死人でも出たら、それこそ申し訳ない……」

魔法使い「いえ、勇者は世界を救うものですから!死んででも村を守るべきです!」

勇者(お前が殺しておいてよく言うな、おい)
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:12:44.53 ID:W2v8yDL40
魔法使い「宴会なんて悪いっていったのに……」

勇者「いやまぁ、好意は素直に受けておこうぜ。金じゃないのが悔しいが」

魔法使い「あれ、勇者……今日は随分回復早いね」

勇者「お前が疲れてたから威力が弱かったんだろ。あー、体いてぇ」ズキズキ

魔法使い「しかし、勇者ってのは凄いよねぇ。ほぼ不死身だもん」

勇者「そりゃぁ、精霊の加護的なもんがあるからな。勇者だし」

勇者「死なないだけで力が無きゃなんの意味無いがな……」

魔法使い「……」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:15:31.72 ID:W2v8yDL40
魔法使い「なんかさ、ボクに突っかかってない?」

勇者「ん……そうか?」

魔法使い「文句があるならさ、はっきり言ってよ。気分悪いよ」ガシャッ

勇者「お前、武器の音鳴らされながら言われて本音が出るわけねぇだろ……」

魔法使い『……少しは、頼ってんだからさ(ボソ』

勇者「ん?なんか言ったか?」

魔法使い「……なんでもないよ!ふん!」ブン

勇者「ちょっ……治ったばっかで死ねるかぁ!」ガギィィン
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:27:31.07 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ふぅ……お腹いっぱいなんて久しぶりだよ……」

勇者「まぁな、旅してるとどうしても食事を軽視しがちだからな」

勇者「今度、料理人でも仲間にしてみるか?」

魔法使い「……なんで?」

勇者「ん?」

魔法使い「だって、ボクが作ってるじゃないか!」バタン

勇者「いや、お前のあれはメシって言わない。炭か毒のどっちかが正しい」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:35:29.50 ID:W2v8yDL40
魔法使い「勇者のだって食べ物としての見た目をしてないじゃないか!」

勇者「俺のは食べれるからいいんだよ。お前の食べ物ですらない」

魔法使い「……うー」ガシッ

勇者「おいおい……何する気……」メキメキ

魔法使い「勇者の……あほおおおおお!!!」ブン

勇者「……あー……れー」ピュー  ザブン
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:43:01.31 ID:W2v8yDL40
勇者(昨日は酷い目にあった……半魚人どもがあんなに強いなんて……)

勇者(村まで帰ってくる間に大分時間がかかってしまった)

勇者(こんな変なところで魔法使いのありがたみを感じてしまうとは……)

魔法使い「……(むす」

勇者「……お、おい。魔法使い……」

魔法使い「……(ジトーッ」

勇者(あーあ……この目かー……)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 01:58:49.12 ID:W2v8yDL40
勇者(俺も弱いなー、この目に……)

勇者「……すまん、俺が悪かった」

勇者「料理人なんて、仲間にしないから……許してくれ」

魔法使い「……ボクも、悪かったよ」

魔法使い「料理下手なのは、絶対なんとかするから……」

勇者(試食につき合わすのは、勘弁してくれよ……)
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 02:11:23.97 ID:W2v8yDL40
勇者「さて、とりあえず魔王が復活したことは分かったが」

勇者「次の行き先が思いうかばないな」

魔法使い「いつも通り、魔物倒しながら適当に旅すりゃいんじゃないの?」

勇者「いや、一応勇者だしさ」

勇者「魔王が復活したんだったら、やっぱ倒さないといけないかなぁと」

魔法使い「おー、勇者もちゃんと考えてるんだねー」

勇者「まぁ、実際に倒すのはお前なんだろうがな」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 02:22:32.39 ID:W2v8yDL40
勇者「しかしなー……港町じゃたいした情報は集まらなかったし」

勇者「どこから手を付けたもんか……ん?」

魔法使い「どしたの?勇者……あ」

魔物「ゲギャギャギャギャギャ!」

僧侶「……ぐ」カキン カキン

子供「うえーん……たすけてぇ……」

魔法使い「子供が襲われてる!」

勇者「可愛い僧侶がおそわれっ」グシャッ
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 02:39:52.51 ID:W2v8yDL40
僧侶「……う、く」ガギ  ガギギン

子供「びええええん!」

僧侶(子供……だけでも……)

魔法使い(あの子、そろそろやばい……間に合えっ!)

魔法使い「うなれ……雷雲!」ピカッ  ドゴゴォーン!

魔物「グギャウアアアアアア!」ボシュッ

僧侶「……っ!?」バゴォッ ズザァ

僧侶「……」くたっ

子供「うわあああああん!!!」

魔法使い「……ありゃ?」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 02:43:34.61 ID:W2v8yDL40
僧侶「……う、く」

僧侶「……はっ!」ガバッ

勇者「おお、起きた起きた」

魔法使い「よ、よかったぁ……」

僧侶「……?」

勇者「とりあえず、意識ははっきりしてるか?大丈夫か?」ドクドク

僧侶「……あなたが……大丈夫?」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 02:52:14.80 ID:W2v8yDL40
勇者「とりあえず、子供は無事に送り届けといたよ」

僧侶「……よかった」

魔法使い「ほんっとうにごめんなさい!まさか、あんな風になるなんて……」

勇者「お前の力は強すぎんだよ、まったく……」

僧侶「……魔法、使い……なの?」

魔法使い「え?」

勇者「まぁ、その背中のそれを見りゃ疑問に思うだろうな」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 02:57:21.01 ID:W2v8yDL40
僧侶「……不思議」

魔法使い「あはは……そうかなぁ?自分ではわかんないや」ドスン

勇者「まぁ、その代わり防御低下呪文すら唱えられんがな」

魔法使い「それは……そうだ!僧侶ちゃん、一緒に行かない?」

僧侶「……え?」

勇者「お、おい……いきなりそんな……この子にも悪いだろ……」

勇者(実際は俺の立場が危うい……)

僧侶「……」コクリ

勇者「え、えぇっ!?」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 03:11:15.50 ID:W2v8yDL40
勇者「さっきのに恩義感じてるとかだったら気にしなくていいんだぞ?」

勇者「魔法使いはいつもおせっかいであんなことしてるし」

魔法使い「おせっかいってなんだよー」

勇者「だから、考え直したほうが……」

僧侶「……気になる」

僧侶「……魔法使いの、こと」

僧侶「……だから、着いてく」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 03:22:45.31 ID:W2v8yDL40
魔法使い「やったー!よろしくねー」

勇者(はぁ……また影が薄くなるな、俺。勇者なのに……)

僧侶「……よろしく」

勇者「さーて、僧侶が加わったが……結局、どうすっかね」

僧侶「……?」

魔法使い「あぁ、僧侶ちゃん分かんないか。それがねぇ……」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 14:28:10.91 ID:W2v8yDL40
僧侶「……魔王を、倒しに……」

勇者「まぁ、そういうこと。一応勇者なんだ、俺」

魔法使い「勇者とは言っても、戦うのは私だけどね」

勇者「それを言うなマジで……そういや僧侶」

僧侶「……?」

勇者「お前は、その手にした杖で魔物を撲殺したりしないよな?」

僧侶「……」コクコク

勇者(よかった……)
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 14:38:28.78 ID:W2v8yDL40
勇者「さーて、だべってても仕方ないし、さっさと行き先考えるか」

魔法使い「そうだねー……こうしてる間にも魔王がいろいろしてそうだしねー」

僧侶「……」コク

勇者「とりあえず、情報を集めたいから……どこか大きな町へ行こう」

魔法使い「こっから大きな町って言ったら、どこ?」

勇者「……辺境の王宮、かな」

魔法使い「えぇ!?あのアホみたいに長い洞窟抜けたとこじゃん!」

勇者「しかたねぇだろ!この辺にあるでかい町はそこぐらいだろ?」

魔法使い「あーもう、分かったよ……ったく、移動呪文も使えないんだから……」

勇者「ぐっ……」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 14:53:29.45 ID:W2v8yDL40
勇者「……で、洞窟まで来たはいいが……」

僧侶「……魔物」

魔法使い「めちゃくちゃいるねー……」

勇者「辺境の王宮で、何かが起こってるのか?」

僧侶「……急がないと」

魔法使い「人の命がかかってるかもしれないから、のんびりしちゃいられんね」バッ

僧侶「……っ!」バッ

勇者「えっ」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:01:34.29 ID:W2v8yDL40
僧侶「……強化呪文っ」キュイーン

僧侶「……はっ!」ズバッ

魔法使い「おんどりゃああ!!」ズガーン

僧侶「……防御呪文っ」キーン

魔法使い「ありがとう、僧侶ちゃんっ!」ドゴーン

勇者「なにこれこわい」
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:03:21.98 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ふむ、あらかた片付いたね……」

僧侶「……進む」

勇者「あ、あぁ……そうだな……」

勇者「なぁ、僧侶」

僧侶「……?」

勇者「さっきの言葉、嘘だったのか?ほら、杖で……」

僧侶「……殴らない、切る」

勇者「……」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:10:32.21 ID:W2v8yDL40
勇者(強化呪文……昔どれだけ練習したことか)

勇者(転職も考えたが、神官に怒られちゃったからなぁ)

僧侶「……勇者?」

魔法使い「おーい、早く来ないとおいてっちゃうぞー」

勇者「ん、あ、あぁ……」

勇者(まぁ、これで魔法使いの負担も減るしいい、のかな……?)

勇者「あ、毒沼解除魔法」シュワー
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:24:33.26 ID:W2v8yDL40
魔法使い「洞窟の中は意外と魔物が少ないね」

僧侶「……なぜ?」

勇者「まぁ、ここの洞窟はかなりトラップ多いからな」

勇者「大方飛べない魔物は外に配置されてんじゃないかな。解除魔法」シュー

勇者(つまり、頭のいいトップがいるってことか……ああ、めんどくさい)
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:29:55.71 ID:W2v8yDL40
勇者「さて、ここを抜ければ王宮は目の前なのだが」

魔法使い「さっきより数がいるね……しかも魔術師も何体かいる」

僧侶「……苦戦」

勇者「まぁ、デカブツどもは魔法使いが吹き飛ばすとして」

勇者「魔術師を生かしたままだと、魔法跳ね返される危険があるなぁ」

魔法使い「昔それで死にかけたもんね、勇者が」

勇者「まぁ、お前に盾にされてなきゃ生きてたんだがな」

魔法使い「あ、あれはっ……ボクも咄嗟で悪気は……っ!」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:38:46.01 ID:W2v8yDL40
勇者「まぁ、同じようなバカは俺もやらんさ……沈黙魔法」ヒュイーン

僧侶(……!)

勇者「よし……これで、しばらく相手は呪文を唱えられんはずだ」

勇者「魔術師どもに異変を気付かれるとまずいから、さっさとやってくれ」

魔法使い「おーけー、勇者。……大地の怒りっ!」ドガガーン

魔術師「……!!!」パクパク

魔物「グゲゴアアアアアアアアア!!」グシャ グシャ

僧侶(……沈黙魔法……上級魔法のはず)
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:45:57.53 ID:W2v8yDL40
勇者「相変わらず容赦ないな……っていうか」

勇者「敵がまだいるかもしれないのに、あんな大音量の魔法使うんじゃねぇ!」ポコ

魔法使い「あうう……だって、洞窟の中は大地の力を受けれるから、魔力消費が少なくて済むんだよー」

勇者「だからって……」 ガヤ ガヤ ガヤ

僧侶「……くる」

勇者「だぁ、くっそお……さっさと洞窟出るぞ!閉じ込められでもしたらシャレにならん」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 15:53:32.98 ID:W2v8yDL40
魔物ども「グゲギャゴゲホヒャフヒィィ」

勇者「うわぁ……」

勇者「洞窟を抜けたら、魔物でした」

魔法使い「入り口の三倍近くいる、かな?」

僧侶「……魔術師も、いる」

勇者「……こりゃまた大歓迎なこった」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:09:37.40 ID:W2v8yDL40
勇者「とりあえず、俺が魔法に対する防壁は張るから」

勇者「後は各自頑張ってくれ」

魔法使い「おーけーおーけー。まぁ、いつも通りだね」

僧侶「……勇者は、大丈夫?」

勇者「ん?俺の心配してくれてんの?」

勇者「魔法使いはしてくれないから、嬉しいねー」

魔法使い(ボクだって心配ぐらいしてるし……)

勇者「だいじょぶだいじょぶ。いつもこんなもんだから」
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:13:53.89 ID:W2v8yDL40
魔術師「……ゲギャギャ」シュイーン

勇者「くるぞっ!防壁呪文っ!」キキューン

魔法使い「よし!暴れるぞぉっ!」ゴワァッ

僧侶「……倒す」キーン

ザシュッ ドゴッ ズガァン

勇者「おーおー、派手にやってるねぇ」

魔物「ゲヒャグギョホォ」

勇者「で、やっぱこっちに来ますよねー」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:22:06.44 ID:W2v8yDL40
勇者「よーし、かかってこいやー(棒)」

魔物「ギャギャァッ!」ビュゴ

勇者「……くぅっ!」ガギィン

勇者「なんとか受け止めっ……」

魔物「グゲゴヒャ!」ブオン

勇者「あらら、後ろいたの?」グチャッ
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:25:21.42 ID:W2v8yDL40
僧侶「……勇者っ!」ダッ

魔物「グヒヒヒ」

僧侶「……どけっ!」ズバッ

魔法使い「あらー、やっぱやられたかー」カキン

魔法使い「まぁ、魔術師はもう全部倒したし、防壁はいいか」ブォン ザシュ

魔物「グギョォォ……」ドサ
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:41:45.71 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ふぅ、あらかた片付いてきたかな」ザグッ

ドズーン  ドズーン

魔法使い「なんだ、このデカイ足音……」

僧侶「……勇者っ!治癒呪文!」ポワアア

勇者「ふぅ……生き返るなぁ、まったく」

僧侶「……無事?」

勇者「あぁ、心配すんなって言ったろ?簡単に死にはしないさ」

魔法使い「おい、勇者っ!あうっ」ズザー
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:45:45.78 ID:W2v8yDL40
勇者「魔法使いっ!って、なんだこいつ!?」

鳥人間「貴様が、勇者か……」

勇者「うぉ!しゃべりやがった!」

僧侶「……しゃべる、魔物」

鳥人間「ふん、我ぐらい高等な魔物なら当然のことだ」

鳥人間(これが勇者……?横の女よりもちからが弱いではないか)

鳥人間(こんな雑魚に負けるとは……やはり、あの魚人王が弱すぎただけか)
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:52:35.44 ID:W2v8yDL40
鳥人間「さて、おしゃべりはこれぐらいにしておくか」

鳥人間「弱くても、勇者は勇者。魔王様に仇名す者を生かしておくわけにはいかん」バサッ

鳥人間「死ねぇっ!勇者!」ガッギィン

鳥人間「むぅ!?」

魔法使い「ボクを忘れちゃ困るなぁ……あれぐらいじゃ倒れないよ?」

鳥人間(バカな……相当なダメージだったはずだが)
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 16:56:28.73 ID:W2v8yDL40
僧侶「……隙だらけ」ヒュバッ

鳥人間「ぐっ!小癪なっ!」バサッ

僧侶「……うっ」ズザッ

魔法使い「おっと、今度はこっちだよ!」ブオン

鳥人間「ぬぐぅっ!?」ズドン

鳥人間「効かぬわぁっ!」バシーン

魔法使い「あうぁっ」ドサッ

勇者「……攻撃強化かけても耐えるか。今までのと格が違うな、流石に」
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 17:01:53.93 ID:W2v8yDL40
鳥人間「さて、次は貴様……はっ!」バッ

僧侶「……避けたか」キュイーン

鳥人間(な、なぜだ……なぜ立ち上がれる……)

魔法使い「空はボクに任せてっ!……うなれ、暴風!」ビュゴワアア

鳥人間「む、ぐおわああああ」バリバリ  ドサッ

鳥人間(く、羽がやられたか……)

鳥人間(しかし、なんだこいつら。不死身なのか……?)
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 17:07:35.43 ID:W2v8yDL40
鳥人間「ぐっ……かくなる上は!」ダダダッ

魔法使い「あ、逃げたっ!」

勇者「まずいな、あっちは町のほうだ」

魔法使い「逃がすかっ!……からみつけ、木々よっ!」ポフ

勇者「……」

僧侶「……」

魔法使い「魔力切れ、みたい」

勇者「あー、追わないといけないのか……かったるいが急ぐぞ!」
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 19:40:19.49 ID:W2v8yDL40
貴族「……化け物は引いたか?」

兵士A「はい、なにやら慌しく去っていきました」

貴族「ぐぐぐ……魔王が復活したというのは本当だったのか……」

兵士B「報告します!先ほどの化け物が戻ってきました!」

貴族「なんだと!?攻撃をやめたわけではなかったのか!?」

貴族「く……民衆の避難を最優先させろ!奴が戻ってくるまでに急ぐのだ!」

兵士全員「はっ!」

貴族「化け物め……ここに何があるというのだ……」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 19:44:41.48 ID:W2v8yDL40
鳥人間「この私がこのような姑息な手を使うことになるとはな……」

鳥人間「だが、ここで勇者をしとめねば……」ズズン

兵士A「とまれーっ!化け物め!」

鳥人間「ふん……寄せ集めどもめ」

魔法使い「まーーーてーーーー!!」ダダダダ

僧侶「……追いついた」

鳥人間「人間にしては早かったな」

鳥人間(勇者の姿がない……遠距離からの奇襲狙いか?)

勇者「……はぁ……はぁ……二人、とも、はや、す、ぎ……」
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 19:48:09.92 ID:W2v8yDL40
鳥人間「……」ガシッ

兵士「ひ、いいぃ」ガクガク

魔法使い「あっ!」

僧侶「……く」

鳥人間「私が言いたいことは、伝わっているな?」ギリギリ

兵士「ぐ、ぐふぅぅ……」

魔法使い「……この、卑怯者っ!」ガシャン ガシッ

僧侶「……ダメ」

魔法使い「……ぐぅ」

勇者「……はぁ……あとどんぐらいだっけ……」
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 19:54:38.86 ID:W2v8yDL40
鳥人間「さて……このままただお前達を捻り潰してもいいが」

鳥人間「それではいささかつまらないな……そうだ」

鳥人間「貴様ら、本気で殺しあえ」

魔法使い「な、なんだって!?」

僧侶「……!」

鳥人間「聞こえなかったか?殺しあえ、と言ったんだ」ギリギリギリ

兵士「あ……ぎゅぐげ……」ブクブク

魔法使い「そんな……ボク……」

僧侶「……」シャキン

魔法使い「そ、僧侶ちゃん……?」

僧侶「……」ダッ   シュバッ

勇者「まだ、つかねぇのかよ……こんな遠かったか?」
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 20:01:17.73 ID:W2v8yDL40
僧侶「……はっ!」ビュン カキン

魔法使い「ちょ、ちょ、ちょっと!僧侶ちゃん!」ギャリリ

僧侶「……戦って、ください」ガギーン

魔法使い「ボクには……出来ないよ。人と殺し合いなんて……」ガシャン

鳥人間「ほぅ……この人間はどうなってもいいと?」

僧侶「……ダメ!」ビュゴッ ドス

魔法使い「……かふ……」ドサッ
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 20:06:30.16 ID:W2v8yDL40
僧侶「……うく」ズブッ

鳥人間「躊躇いが無いな……仲間とは言え所詮は他人と言うわけか」

僧侶「……その人を、放せ」

鳥人間「んん?殺し合えばこいつを放すと言ったかな?」

鳥人間「実にいい余興だった。これだから人間は面白い」

鳥人間「自分の利害のためなら、平気で仲間を裏切れる」

鳥人間「さて……貴様にも後を追ってもらおうか」シャキン
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 20:54:25.69 ID:W2v8yDL40
鳥人間「さぁ、地獄に落ちろっ!」ガギン

鳥人間「なっ……!?なんだと!?」

勇者「いやー、魔物ってのは実に愚かだねぇ」

鳥人間「!!!」

勇者「だらだらと長い口上並べてよ。そんなに自分が強いって思ってんの?」

鳥人間「き、貴様はっ!」

鳥人間(すっかり忘れていた……ぬかったか!)

勇者「今のあんたじゃ何にも傷つけられねーよ」

鳥人間「な、何を馬鹿な……フン!」グッ

兵士「……あ、あれ?なんともない……おりゃ!」ガスッ

鳥人間「ぐはぁっ!?」ズザァ

鳥人間「ば、ばかな……この私がこのような下等な人間に……」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:12:06.81 ID:W2v8yDL40
勇者「どう?下等生物の気持ち分かった?」

鳥人間「これが……これが勇者の力だと言うのか……」

鳥人間(危険だ、危険すぎる……!魔王様に伝えなければ!)

勇者「僧侶、遅れてすまなかったな」

僧侶「……いえ」

鳥人間「はぁっ!」バサッ

勇者「まだ羽ばたく力が残っていたのか。ご苦労なこった」

鳥人間「ははは、何を余裕ぶって!」ゴシュ

鳥人間「な……に……」ドサッ

魔法使い「よくもやってくれたね……これで終わりだよ!」ボゴシャ
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:20:55.27 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ふぅ……流石に今回は大変だったね」

勇者「まぁな。魔力がすっからかんなんていつぶりかな」ヘタン

僧侶「……勇者」

勇者「ん?」

僧侶「……さっきのは、何?」

勇者「あー、あれね……あれは、対象を極端に弱める魔法だよ」

勇者「俺に対して以外の」

僧侶(……聞いたこともない、呪文)

勇者「魔力大量に消費する上に、詠唱にも無駄に時間がかかるから」

勇者「仲間で対処できる相手には使う必要ないからほとんど意味ないけどな」

勇者「久しぶりに使ったけど、上手くいってよかったよほんと」
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:25:23.89 ID:W2v8yDL40
魔法使い「しかし……これから先あんなんがいっぱい出てくるのかな?」

僧侶「……」ゾク

勇者「かもしれんなー。こりゃ相当ヤバイわ」

魔法使い「ボクたちの今の力じゃ、魔王の足元にも及ばなさそうだね……」

勇者「俺の魔法が当たればイチコロなんだがな……」

勇者「一体にしか使えないから、周り囲まれると意味ないからなー」

魔法使い「ほんと不便だね、その魔法」

勇者「うるせー、勇者専用なんだぞ?……多分」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:31:39.60 ID:W2v8yDL40
兵士「報告っ!先ほどの魔物ですが、撃破に成功しました!」

貴族「なんだとっ!それは本当か!」

貴族「倒したものは誰だ?褒美を取らせるぞ!」

兵士「それが……突然現れた旅の者らしいです」

貴族「ほう、旅の者か……随分と腕の立つ者がいたものだ」

貴族「その者たちを連れてまいれ!」
139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:40:07.41 ID:W2v8yDL40
貴族「ふむ……お前達があの魔物を……」

勇者「まぁ、そうなりますね」

魔法使い「うわー……屋根たかーい」

僧侶「……」キョロキョロ

貴族(なんだこの田舎者どもは……本当にこんな奴らが……?)

貴族(いや、見た目で力を図るのは愚か者のすることだな)

貴族「お前達には、感謝しよう。あの怪物達のせいでこの町は壊滅するところだった」

勇者「そりゃどうも」

魔法使い「うわー……おっきいカーテンだなー」

僧侶「……」ドキドキ
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:54:07.84 ID:W2v8yDL40
貴族「お前達に褒美を取らせようではないか」

貴族「何か欲しいものはあるか?」

勇者「んー、とりあえず金をください、金を。10万Gぐらいで」

貴族(なんという不躾な奴だ……まぁ、恩人である以上断れんが)

貴族「ふむ、10万Gでいいのだな?すぐに用意させよう」

勇者「あと、今回の魔物がどこから来たか分かります?」

貴族「あの化け物は、北の山を越えたとこから来たが……それがどうかしたのか?」

勇者「いえ、少し気になっただけです。ありがとうございました」

勇者「さ、帰るぞ。お前ら」

魔法使い「……あんな可愛いドレス、ボクも欲しいな……」ボソ

僧侶「……強い、杖」ボソ
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:03:44.19 ID:W2v8yDL40
勇者「さて、軍資金の調達も済んだし……今日は休むか」

魔法使い「わーい!やったー!」

僧侶「……疲れた」

勇者「適当な宿屋でも探すかな……っと」

魔法使い「どしたの?勇者」

僧侶「……?」

勇者「すまんな、先に二人で宿行っててくれ」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:10:45.16 ID:W2v8yDL40
魔法使い「とりあえず、言われるまま先に宿屋に来たけどさ……」

魔法使い「なーんか腑に落ちないけど……」

僧侶「……?」

魔法使い「まぁいいや。勇者のことだから特に変なことはしない、と思う」

僧侶「……そう」

魔法使い「さーて、今日は大分疲れたし、服もボロボロだから」

魔法使い「さっさとお風呂に、入っちゃおうか!」

僧侶「……!」アワアワ

魔法使い「?」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:22:54.63 ID:W2v8yDL40
魔法使い「どうかしたの?僧侶ちゃん」

魔法使い「ボクとお風呂、嫌だった?」

僧侶「……」フルフル

僧侶「……そうじゃない」

魔法使い「えーと、じゃぁ。お風呂入ろ?」

僧侶「……」コクコク

魔法使い(なーんか引っかかるなぁ……無口な子だからわかんないや)
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:55:15.53 ID:W2v8yDL40
魔法使い「……久しぶりだなぁ、お風呂なんて」ぬぎぬぎ

僧侶「……そう、なの?」ぱさっ

魔法使い「旅をしてるとね、どうも水浴びぐらいしか……」

僧侶「……どうして、旅に?」

魔法使い「んー……それがね『旅に出たい』ってある日突然あいつがね」

魔法使い「あいつの家さ、本当に勇者の家系なんだよ」

魔法使い「まぁ、勇者自体が迷信みたいになってるけど……」

僧侶「……」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:59:16.35 ID:W2v8yDL40
魔法使い「あいつ、昔から弱いくせに大きな夢持っててさ」

魔法使い「剣も上手く使えないのに強がっちゃってさ」

魔法使い「危なっかしくて、見てられなくて……」

魔法使い「だから……一緒に旅に出たの」

僧侶「……好き、なの?」

魔法使い「え?」

僧侶「……勇者のこと」

魔法使い「んー……どうかな?よくわかんないや」

魔法使い「さ、こんな格好じゃ風邪ひいちゃうよ。早く入ろ?」

僧侶「……うん」
161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:03:46.86 ID:W2v8yDL40
魔法使い「ふーっ……きもちいいなぁー……」

魔法使い「広い町の宿屋だけあって、しっかりしてるなぁ」

僧侶「……きもち、いい」カポーン

魔法使い(……しかし、改めて見ると)ジー

魔法使い(ボクよりも、大きくないか……?いや、そんなはず……)

僧侶「……?」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:06:36.70 ID:W2v8yDL40
僧侶「……見て、ますね」

魔法使い「えっ!?い、いや、ボ、ボクはそんな!」アセアセ

僧侶「……はぁ」

魔法使い(もしかして、さっき嫌がってた理由って……)

魔法使い「胸のこと、気にしてた……?」

僧侶「……!」
164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:09:48.37 ID:W2v8yDL40
魔法使い(やっぱり気にしてたか……大きくて悩むなんて、贅沢な悩みだなぁ……)

僧侶「……大きいと、戦うとき、邪魔」

魔法使い「ぐふぅ!」

僧侶「……?」

魔法使い「いや、なんでもないよ……はは、ははは」

魔法使い(どうせボクは邪魔にならないよ!悪かったな!)
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:17:37.59 ID:W2v8yDL40
魔法使い(っと、僧侶ちゃんは悩んでんだから。ちゃんと教えてあげなきゃな)

魔法使い「大きいことに、自信持っていいと思うけどなぁ」

僧侶「……なんで?」

魔法使い「いや、女の子なんだからさ。女の子っぽいのはいいことだと思うよ?」

魔法使い「ボクなんて、こんなナリだから……」ペタペタ

僧侶「……そう、かな?」

魔法使い「うん!戦うだけが女の子の仕事じゃないだから!」

僧侶「……そっか」プクプク

ーーーーーーーーーー

勇者「なんだろう凄く損している気がする」

店主「おい兄ちゃん、さっさと選んでくんな!」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:24:08.33 ID:W2v8yDL40
魔法使い「僧侶ちゃん、背中流したげるよ!」

僧侶「……ありがとう」

カポーン

魔法使い「僧侶ちゃん、肌綺麗なんだねー……うらやましいよ」ゴシゴシ

僧侶「……そんなこと、ない」

魔法使い(しかし、一番気になるのは胸の実寸……)

魔法使い(ええい!どうとでもなれい!)むにっ



ーーーーーーーーーーー
勇者「……早く……早くしてくれないか?」

鍛冶屋「まぁ、そう急かすなってあんちゃん!」カンカン
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:32:02.02 ID:W2v8yDL40
僧侶「……あぅ」

魔法使い(こ、これはっ……!う、嘘だろ……?)

僧侶「……ま、ほう、つか、い?」ハァハア

魔法使い(まだだ……まだ認めんよ!)むにむに

僧侶「……あう、あ」ビク

魔法使い(……認めねばならぬ、ということか……ははは)

魔法使い「負けだ……… 完全 敗北だ………」もみもみ

僧侶「……は、はなし……あうっ」ビクビク


ーーーーーーーーーーーー

勇者「大分遅くなっちゃったなー……」

勇者「しかし重い……」ずっしり
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:39:12.28 ID:W2v8yDL40
僧侶「……」ジトー

魔法使い「いやー……もうね、はい。ごめんなさいしか言えません」

僧侶「……もう、いい」

僧侶「……普通に、洗う」ゴシゴシ

魔法使い(あちゃー……やりすぎちゃったかな……反省しなきゃ)

僧侶(……変な、感じ)

ーーーーーーーーーーー
勇者「さーてと、そろそろ宿屋か……長く感じたな」

勇者「ちからが無いってのは、こういう面でも不便だよ、まったく……」
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:58:06.49 ID:W2v8yDL40
勇者「……やっと着いた」ゼーゼー
   バタン

宿主「いらっしゃい」

勇者「えーと、女の2人組みが先に来て部屋を取ってるはずなんですが……」

宿主「えーと……はいはい、確かに」

勇者「二人は、今どこいます?」

宿主「確か、先に風呂に行くとかなんとか」

勇者「なんてこった」

宿主「え?」

勇者「いえ、こっちの話です」
187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:06:14.23 ID:/r0D6C4A0
僧侶「……きもちよかった」ツルツル

魔法使い「んぅー、そうだねー」ツヤツヤ

僧侶「……あ」フキフキ

魔法使い「ん?どしたの、僧侶ちゃん」ふきふき

僧侶「……服」

魔法使い「……あららー、すっかり考えてなかったねー」
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:09:48.92 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「流石に、こんなボロボロをまた着たくはないなー……」

僧侶「……でも」クシュン

魔法使い「しまったねー、宿主さんから服を借りとけば……」

コンコン

魔法使い「…だれっ!」
僧侶「……!」

勇者「俺だ、勇者だよ」
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:14:11.85 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「勇者……?って、こっちは女湯だよっ!」バゴン

勇者「お、おい!扉を殴って壊す気か!?バカやろう!」

勇者「大体、恥ずかしがるほどないだ(ドゴゴン うおっ!?」

魔法使い「バカはどっちだよ!ばーか!すけべー!へんたい!のぞきー!」

僧侶「……待って」

魔法使い「……僧侶ちゃん?」

僧侶「……勇者、用は?」

勇者「その声……僧侶か」

勇者「少しドアを、開けてもらえないか?変な意味じゃないぞもち「ちかん!えろがっぱ!」
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:20:10.51 ID:/r0D6C4A0
僧侶「……」ギィ

魔法使い「ちょ、ちょっと!僧侶ちゃん!?」

勇者「……」スッ  バタン

魔法使い「……これは?」

僧侶「……服」ガサゴソ

魔法使い「……う」

僧侶「……ふ、く」

魔法使い「わ、分かってるよ!……後で謝ればいいんだろう?」むすっ
198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:32:53.32 ID:/r0D6C4A0
勇者「……さて、俺も風呂に入るかな」

勇者「しかし、この服改めて見ると……所々血が染み込んじゃってるな」

勇者「まぁ、仕方ないか。あんだけグシャグシャ潰れればな」パサッ

勇者「むしろ、服として機能してるだけでもこの素材を評価できるぜ」

勇者「さっさと入ってさっさとあがるか、腹も減ってるし」ザパーン
199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:38:03.47 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「ゆ、う、しゃぁぁっ!」バタンッ

勇者「なんだよ、人が風呂から上がってすぐに」ホカホカ

魔法使い「なんだよ、このフリフリした服!」フリフリ

勇者「いや、魔法使いっぽくていいじゃないか」

魔法使い「そうじゃなくて……恥ずかしいじゃないか!」

魔法使い「こんなの……ボクには似合わないよ……」

勇者「んー……そんなことねーと思うけど?十分可愛いぞ?」

魔法使い「え……そんな、その……」カーッ

勇者「まぁ、そのまな板をなんとかすりゃ見栄えもかわっ」ゴシュ

魔法使い「……死んじゃえ!」

僧侶(……相変わらず)
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:41:46.53 ID:/r0D6C4A0
勇者「そういや、僧侶」ダクダク

僧侶「……なに?」

勇者「ほい、これ」ポイ

僧侶「……杖?」

勇者「あれだ、特注品で持ち手のところを鍛えた鉄の棒にしてある」

勇者「今使ってる木の杖より、強化したときの威力があるはずだぜ」

僧侶「……あり、がとう」

勇者「なーに、金は余らしてても意味ねーからな。旅が楽になるならそっちのほうがいいさ」

僧侶(……大事に、使おう)ギュッ

魔法使い「……む」
201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:51:45.01 ID:/r0D6C4A0
勇者「んー……腹いっぱいになったのは久しぶりだなー」

魔法使い「やっぱり、しっかりした料理を食べるようにしたいね、旅してても」

勇者「そうだよなー……」

僧侶「……私、料理、出来る」

勇者「な、なに!?マジか!」

僧侶「……少しなら」

勇者「いいことを知ったぜ……これで上手い飯が食べれる!」

魔法使い「……むむ」
202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 00:57:36.69 ID:/r0D6C4A0
勇者「さて、そろそろ寝るかなー……って、あれ?魔法使いは」

僧侶「……外」

勇者「……こんな時間にか?」

僧侶「……」コクリ

勇者「……」



魔法使い「はぁー……なんだかな」

魔法使い「自分で誘ったからなんだけどさ……私って、必要なのかな?」

魔法使い「僧侶ちゃんは私と違って、回復も補助も多少は出来るし」

魔法使い「ただのちからバカの私とは違うんだよな……」

魔法使い「はぁー……どうしよう」ガシャン
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:03:09.99 ID:/r0D6C4A0
勇者「どうしようって、どこか行くあてあんのか?」

魔法使い「!!」

魔法使い「……勇者」

勇者「ったく、せっかく人が服買ったってのに、こんなとこ座り込んじまって……」

魔法使い「ご、ごめん……」

勇者「……だー、もう!何悩んでんのかしらねーがな!」

勇者「お前を不必要だなんて思ってねぇよ!」

勇者「確かに、僧侶は万能型だから、そこに負い目を感じるのは分かる!」

勇者「だけど、それを言っちまったら、このパーティーで一番必要ないのは……」

勇者「俺だ!」
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:09:48.09 ID:/r0D6C4A0
勇者「だから、俺が抜ける!」

魔法使い「そんな……ダメだよ!勇者が抜けるなんて!」

勇者「だろ?」ズィッ

魔法使い「!!!」

勇者「だーかーらー、お前もくだらんこと悩んでんじゃねぇよ」つねつね

魔法使い「い、いたふぃ……」

勇者「遊び人とか商人とか、戦いに向いてない職でも勇者の仲間として戦った記録が残ってんだ」

勇者「悩む前に、旅をしようぜ。魔王を倒してから、ゆっくりと悩めばいいさ、なっ」ニカッ

魔法使い「……うん」ぐすっ
210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:18:49.37 ID:/r0D6C4A0
僧侶「……」スー

勇者「寝ちまってるな、僧侶」

魔法使い「まぁ、色々大変だったしねー。ボクも凄く眠いや……」

勇者「俺も大分疲れてるわ……寝るとするか」

魔法使い「……でさ」

勇者「ん」

魔法使い「なんでベッドが一つしかないのかな?」
211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:21:15.81 ID:/r0D6C4A0
勇者「いや、別にいいだろ。俺床で寝るから」ゴロン

魔法使い「え……」

勇者「ん?まだなんか話があるのか?」

魔法使い「い、いや……なんでもないよ」パサッ

魔法使い(……昔はよく一緒に寝てたのにな)

勇者(自分で言って悲しくなったが、本当に俺必要ないよな……くそっ)

勇者(また、特訓しなおしてみるか……)スー スー
215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:36:16.73 ID:/r0D6C4A0
宿主「ゆうべは、おたのしみでしたか?」

勇者「あんただったのか、あれは……」

魔法使い「無駄な気遣いです!」

宿主「いやぁ、申し訳ありません……」

僧侶「……ねむ」くしくし
216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:41:34.27 ID:/r0D6C4A0
勇者「さて、腹ごしらえも済んだし出発するか」

魔法使い「そうだね、長くいても仕方ないし」

僧侶「……」コクリコクリ

勇者「とりあえず、情報があった北の山へ向かうかな」

魔法使い「あー、寒いことかー……寒いの苦手なんだよなー」

勇者「まぁ、ある程度の準備はしておいたが、寒さは慣れるしかないな」

僧侶「……」プクーッ
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 01:47:35.67 ID:/hEhpX7E0
僧侶かわいい


支援
259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 12:38:08.64 ID:/r0D6C4A0
ビュゴー  ビュゴー

勇者「……こりゃ、予想以上の吹雪だな」

魔法使い「ううう……さ、むいよぅ……」ガチガチ

僧侶「……さむ」

勇者「とりあえず、ほい」ヒュ

魔法使い「これって……暖房の実?高いよね、確か」

勇者「金を抱えて凍え死ぬよりはマシだろ、ほら僧侶も」ヒュ

僧侶「……」パク 「……か、らい」
261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 12:44:10.00 ID:/r0D6C4A0
勇者「まぁ、このままボーっとしてても寒いだけだし、暖かいのが続く間に行っちまうか」

魔法使い「そうだねー……覚悟を決めるよ」

僧侶「……出発」

ザク  ザク

勇者「しかし、北の山なんて初めて来るな……地形が分からん」

魔法使い「ボクが寒いとこ苦手だからねー、暑いとこもだけど」

僧侶「……」ピク

魔法使い「むむっ」

勇者「ちっ、魔物の気配がするな……どんな奴がくるやら」
262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 12:49:26.19 ID:/r0D6C4A0
魔物「グギャギャギャ!ニンゲン!ニンゲン!」

勇者「うわぁ……めちゃくちゃ強そうじゃねぇか」

魔法使い「しかも若干言葉を話してるね」

僧侶「……強い?」

魔法使い「まぁ、話してても通じるかなんて知らないけどね」ズシャン

魔法使い「先手必勝!」ズゴン

魔物「ハハァッ!」ヒュッ

魔法使い「しまった、避けられたか!」ググ

魔法使い「……埋まって、抜けない」
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 12:56:20.99 ID:/r0D6C4A0
勇者「何してんだバカ!得体の知れない相手に突っ込んでいくなんて!」

僧侶「……助ける」ザザッ

魔法使い「うぐ……落ちろ!稲妻!」ドゴーン

魔物「ギャギャギャギャッ」バッ

魔法使い「全然堪えてないっ!」カキィン

僧侶「……無事?」

魔法使い「ありがと、僧侶ちゃん……死ぬかと思ったよ」
266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:04:13.85 ID:/r0D6C4A0
僧侶「……くっ!」ギィン

魔法使い「とりゃっ!」ガィン

魔法使い(足場が不安定でいまいち戦いずらいや……)

僧侶(……硬い)

勇者「見た目的には炎に弱そうだが……この地形じゃ魔法使いに負担がなぁ」

勇者「魔法に期待はできず、物理戦は防御強化と攻撃強化をかけて互角ってところか」

勇者「いきなり強くなりすぎだろ、魔物……」
268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:11:16.62 ID:/r0D6C4A0
勇者「ま、炎をどんぐらい怖がるかだな。試してみるか」カチッ  ボッ

魔物「ギャギャッ!?」ザザッ

魔法使い「……?」

勇者「おっ?」ブンブン

魔物「ギャギャギャギャ」ズザザッ

僧侶「……炎」

勇者「やっぱり苦手だったか。これで、形勢ぎゃくて」ドグショッ

魔物「ギャギャギャギャ」キュイーン

勇者「魔法も使えんのかよ……油断した、な。ぐほぇ」ドサッ
270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:18:40.23 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「魔法を使える魔物……嘘でしょ?」

僧侶「……まずい」

魔物「ゲギャギャギャギャギャハ」キィィィン

魔法使い「……多重詠唱、か」

僧侶「……」

魔法使い「僧侶ちゃん」

僧侶「……?」

魔法使い「ボクが合図したら、すぐに防御壁を全力で張ってね」
271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:24:32.83 ID:/r0D6C4A0
僧侶「……」コク

魔法使い「じゃぁいくよ。せーの!」

僧侶「……防御壁!」キュイーン

魔法使い「お願いだから、魔力よ尽きないで……舞い上がれ!業火!」ドゴゴゴゴ

魔物「グゲギャアアアア!!」ジュウウウウ

僧侶(……凄い)
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:30:47.30 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「……ふぅ」ドサ

僧侶「……!!」

僧侶「……気絶、してる」

魔法使い「すー……すー……」

僧侶「魔法使い!寝たら死ぬ、起きて!」
グラグラグラグラ 

ズザザザザザ

僧侶「……う、そ」
276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:46:12.04 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「……ん、んん……はっ!」

僧侶「起きた!」

魔法使い「僧侶ちゃん……よかった、生きてたんだ……」

僧侶「……こっちの、台詞」

魔法使い「服、新しく買ったのにボロボロにしちゃったね……ごめん」

僧侶「……気に、してない」

魔法使い「……ありゃ?勇者は……?」

僧侶「……」
277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 13:59:25.79 ID:/r0D6C4A0
勇者「……ん……あれ?」バッ

勇者「……どこだ、ここ?」

勇者「確か、さっきまでは魔物と戦ってて……」

勇者「そうだ、魔法でやられちまったんだ、俺……いてて」ズキズキ

勇者「しかし、ここは一体山のどの辺りなんだ……?」

勇者「俺の死んでる間に何があったやら」
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 14:05:15.09 ID:/r0D6C4A0
勇者「僧侶も魔法使いも見当たらん……」

勇者「どうやら、ここは洞窟のようだが……入り口が塞がってるな」

勇者「多分、雪崩か何かで運ばれた、のかな?」

勇者「雪崩が起こるぐらい強力な魔法を使ったのか……」

勇者「あいつら、無事だといいけど……」
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 14:18:47.49 ID:/r0D6C4A0
魔法使い「……ボクの魔法で、そんなことが……」

魔法使い「これだから、力を調節できないバカ力なんだよ……」

僧侶「……」フルフル

僧侶「……ああしなきゃ、死んでた」

魔法使い「……そうだけど」

僧侶「……勇者は、強い。だから、大丈夫」

魔法使い「そう、だね。心配しててもことは始まらないや」
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 14:23:32.58 ID:/r0D6C4A0
勇者「しっかし、寒いな……」ガチガチ

勇者「あの二人には暖房の実を持たせといたから、大丈夫だろうけど……」

勇者「魔物とかいなきゃいいけどなー、面倒なことなるし」

勇者「……っ!」サッ

魔物「ゴギャギャギャ!」ザッ ザッ

勇者(魔物から隠れる勇者、か……なんかマジで泣きたい)
327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 22:50:48.33 ID:/aMMFKe00
魔法使い「……とりあえず、闇雲に探してみたけどさ」

僧侶「……いない」

魔法使い「はぁー……流石に山で人探しなんて無謀だったかなぁ」

僧侶「……頑張る」

魔法使い「そうだね……勇者が一人なんて、心配すぎる……」

僧侶「……」コクコク



勇者「……へっくし!」ブルブル

勇者「急に寒気がしたな、一瞬……」
329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 22:57:06.06 ID:/aMMFKe00
勇者「そういや、こういう風に一人になるなんて久しぶりだなー」

勇者「旅に出てからというもの、いっつもあいつが一緒にいたし」

勇者「……結構、寂しくなるもんだな」カツン カツン

勇者(……また魔物か!?)サッ

魔物「クケケケケケ」ザッ ザッ

少女「……」

勇者(魔物が女の子を担いでいる……どういうことだ?)
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:01:18.11 ID:/aMMFKe00
魔物「ウケケ ウケケ」ズッ ズッ

勇者(勢いで尾行をしてみたものの……)

勇者(後をつけて何が出来んの?って話なんだが……)

少女「……」

勇者(まぁ、どう考えても危険な状況の女の子をスルーってのも出来ないが)

魔物「ウクカケコ」

勇者(……ん、明かりか……?)
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:03:22.48 ID:/aMMFKe00
氷女王「ほう、今回の生贄はそのものか……」

魔物「ウケキャキャ!ゴゲギャギャ!」

氷女王「うむ、ご苦労であった。早く失せるのだ下賎のものよ」

魔物「キャキャァ……」ザッ ザッ

氷女王「うむ、今回の生贄も若々しくいい肉体をしておる……」

勇者(あちゃー……なんかめっちゃボスみたいなのいるわー)
332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:09:51.19 ID:/aMMFKe00
勇者(しかも、なんかかなり危ない発言してるし……)

勇者(歳は僧侶よりも下かな、多分……そんな小さな子が生贄、か)

勇者(というか、この辺りに人がいることが驚きだ)

氷女王「さてと、それではさっそく……」スッ

勇者(移動する、みたいだな……っと)タタッ
333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:18:51.28 ID:/aMMFKe00
魔法使い「あうー……見つからないなー」

僧侶「……あそこ」

魔法使い「ん?僧侶ちゃん、何か見つけたの?」

僧侶「……洞窟」

魔法使い「洞窟、かぁ……まぁ、適当に探し回るよりはいいかな」モグモグ

僧侶「……から」モグモグ
335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:22:56.89 ID:/aMMFKe00
勇者(なんだか、大広間みたいな場所だな……)

氷女王「さーてと、久しぶりの生贄だからな……」

氷女王「ゆっくりと楽しんでやろう」

勇者(くっ……俺が出て行ってなんとかなるのか……?)

勇者(あの呪文を使ったとしても、女の子に意識が無いんじゃ無意味だ)

勇者(くぅ……一人だと果てしなく無能だな、俺は)
338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:27:53.15 ID:/aMMFKe00
勇者(……だけど)

勇者(時間稼ぎなら、最も得意だ!)

勇者「おい、お前!」

氷女王「っ!!何者だ!」バッ

勇者「……その子を、助けにきた」シャキン

氷女王「ふん……あの村のものか?片腹痛い……何度挑もうと無駄よ!」カキン カキン

勇者(一瞬で氷の壁が……)

氷女王「逃げられると興ざめなのでな……出入り口は塞がせてもらったぞ」
340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:34:11.35 ID:/aMMFKe00
勇者(さて、女の子だけを逃がすという策が儚く散ったわけだが)

氷女王「しかし、久しぶりだな……わらわに挑む人間などとは」

氷女王「どれ、遊んでやろうではないか」ヒュオーン

勇者「氷で出来た鎌……」

氷女王「そぉれっ!」ヒュザッ

勇者「くうっ!」ガキィン 「ぐはっ!」ズザッ

氷女王「……なんだと?」
343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:38:03.33 ID:/aMMFKe00
氷女王「貴様……ふざけているのか?」ブン

勇者「ぐ……う」

氷女王「弱い、弱いっ!弱すぎる!その実力ではこの山に入ることすらままならぬはず!」

氷女王「ここまで来るから歯ごたえがあるかと思えば……」

氷女王「実につまらん……もういい、死ね」ブオン

勇者「う……」グチャ ガシュッ
346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:43:48.01 ID:/aMMFKe00
氷女王「……ふん。あっさりと死におったわ」

氷女王「死にきただけの、ただのバカか?相手にしたのが間違いだった」

少女「……ん、んん……」

氷女王「む、生贄が目を覚ましてしまったか」ザッ

氷女王「まったく、面倒なことじゃ」

少女「ここ……どこ?」

氷女王「……まぁ、たまには泣き叫ぶ姿もよかろうて」ジャキン
347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:46:23.52 ID:/aMMFKe00
少女「ひ、ひぃ……」

氷女王「さぁ……もっと恐怖で顔を歪ませておくれ……」カツ カツ

少女「い、いやぁ」ダッ

氷女王「ほっほっほ、逃がさんよ……」

少女「あ……あ」

氷女王「さぁて、鬼ごっこは終わりじゃ」

氷女王「今日は機嫌が悪いのでなぁ……いつもより痛いかもしれん」

氷女王「恨むなら、そこのバカな男を恨むんじゃな!」ゴワッ  プニッ
351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:53:21.21 ID:/aMMFKe00
少女「……?」

氷女王「な、なんじゃ!?これは……」プニ プニ

氷女王「爪がささらん!ならば!」グオン ポキッ

氷女王「わらわの鎌までっ!なんじゃ、なんなんじゃこの子供は!」

少女「……?」
352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/02(金) 23:55:39.29 ID:/aMMFKe00
氷女王「この子供……まさか、魔術師か!」

氷女王「それならば説明がいく……ふはは!これで終わりじゃ!」キーン

少女「きゃっ」

氷女王「魔族に伝わる魔法封印の杖じゃ……これで貴様も!」プニ

少女「……」

氷女王「……」
359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:00:42.37 ID:seaoDF220
氷女王「……まさか」クルリ

氷女王「貴様が、何かをしよったのか……?」カツ カツ

氷女王「……完全に、死んでおる。そんなわけはないか」

少女「……てやぁ!」タタタッ

氷女王「ははは、人間の苦し紛れというやっ」ドゴォ 「ぐはぁっ!?」
363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:05:45.42 ID:seaoDF220
氷女王「ば、ばかなっ!わらわは魔族の王であるぞ!」

氷女王「それをこんな人間の、しかも子供なぞにっ!」

少女「やあぁっ!」タタタ

氷女王「ふんっ!」ブオン ポコ  ドゴォ「うぐふっ!」

勇者「さて、完全に形成逆転なわけだが?」

氷女王「なっ……き、きさまっ!?」
365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:09:46.55 ID:seaoDF220
氷女王(バカな……完全に心臓は止まっておったぞ!?いや、それより……)

氷女王「貴様、わらわに何をしおった!」ズドン

勇者(うわー……すごい魔力だ……)

少女「ええいっ!」バシン

氷女王「い、いたいっ!や、やめろっ!」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:15:23.80 ID:0N7z8IWy0
>>365
> 氷女王「い、いたいっ!や、やめろっ!」
あれ?
氷女王可愛くね?
369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:18:24.74 ID:seaoDF220
氷女王「この魔法、貴様がかっ!」ガシッ

勇者「あぁ、そうだ」

氷女王「貴様ぁ……解け!今すぐ解け!」シャキン

勇者「あぁ、俺を殺してもいいけどさ」

勇者「一生解けなくなるよ?それ」

氷女王「なん、じゃと……」

勇者(まぁ、実際は俺が死なないんだけどね)
373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:24:49.80 ID:seaoDF220
勇者「さて、ここで取引なわけだが」

氷女王「取引、じゃと……?」

勇者「その女の子を、村に帰してやってくれ」

氷女王「何をバカな……生贄をむざむざと返せるものか」

少女「わーいわーい」ゲシッ

氷女王「く、くぬぅっ……」ガクン

勇者「どうする?」

氷女王「ぐ、ぐぐぐ……」パチン パリーン

勇者(お、氷の壁を解除した。予想以上に上手くことがいってるな)

氷女王「おい、誰かおるか!その小娘を帰してこい!」
374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:30:22.60 ID:seaoDF220
魔法使い「……あーもー、長いよー暗いよー」

僧侶「……いない」

魔法使い「やっぱりここにはいないのかな?僧侶ちゃん、一旦出ようよ」

僧侶「……」フルフル

魔法使い「……え?」

僧侶「……」

魔法使い「えーと、これはボクたちも迷っちゃったかな?」

僧侶「……」コクコク
375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:36:01.88 ID:seaoDF220
魔法使い「そろそろ暖房の実も切れちゃうよ……寒いのやだなぁ」

コツン コツン

僧侶「……!」サッ

魔法使い「足音……何かいる」

魔物「ギャギャギャイ」ザッ ザッ

少女「……♪」

魔法使い「魔物っ!…って、なんであの女の子若干楽しそうなの?」ボソッ

僧侶「……謎」
376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 00:42:51.60 ID:seaoDF220
魔法使い「あの子、助けたほうがいいのかな……」

僧侶「……分からない」

魔法使い「少し、後をつけてみようか。どうせ勇者の居場所も分からないし」

僧侶「……ん」タッ
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:02:00.77 ID:seaoDF220
氷女王「さぁ、あの小娘は村に帰してやったぞ」

氷女王「さぁ、わらわにかけた魔法を解け」

勇者「ん?確かに俺は村に帰してくれとは言ったが」

勇者「魔法を解いてやると約束した覚えは無いんだが?」

勇者(あの子の無事が分からない以上、時間稼ぎが必要だな)

氷女王「き、さ、ま、ぁっ……」ジャキン

勇者「いつかバレたら怖いよねー。女王様が実は人間の女の子以下なんて」

氷女王「ぬぬぬ……」スッ

勇者(なんか、言葉が話せるようになったほうが戦いやすいな)

勇者(しかし……どっちが悪者か分からんなこりゃ)
381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:11:16.33 ID:seaoDF220
氷女王「……わらわに、どうしろと言うのじゃ……」

勇者「んー……俺らの仲間にならない?」

氷女王「……はぁ?何をたわけたことを申しておるのじゃ」

氷女王「わらわは、魔族の王じゃぞ?それがなぜに人間と仲間などと……」

勇者「ふーん。ならそのままがいいのか?」

氷女王「き、貴様……わらわを誰だと思っておる……わらわは……」

勇者「人間の女の子にも勝てない貧弱女王様、だろ?」

氷女王「ぬううううう!言わせておれば!」ゴシャッ

勇者「ぐえへぁっ」ビチャッ

氷女王「はぁ……はぁ……」
383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:17:45.05 ID:seaoDF220
氷女王「やってしまった……」

氷女王「これでわらわは人間以下の存在……はぁ」

氷女王「どうしてこんなことになってしまったのだ……」

氷女王「こんなことなら、あの人間の申し出を……」

勇者「マジで!?」

氷女王「うおわあああっ!?」
385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:21:41.56 ID:seaoDF220
氷女王「き、きさまっ!さっきからなぜ死なん!」

氷女王(こやつ、本当に人間か……?本当はこちら側の存在なのでは?)

勇者「仲間になってくれんの?」

氷女王「いや、あ、あれは……」

勇者「仲間になったら、魔法解いてやるよ?」

氷女王「ほ、ほんとか!(よし、ここは仲間になるフリをして……)」
388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:26:33.32 ID:seaoDF220
魔法使い「おおっ!明かりが見えてきた……!」

僧侶「……町」

魔物「ギャギャギャイ」トス

子供「ありがとー!」

魔法使い「……え?何もせず降ろした?」

僧侶「……意味不明」

魔法使い「おっと、こっち来るね」サッ

魔法使い「とりあえず、町で情報でも集めようか」

僧侶「……了解」
389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:32:46.50 ID:seaoDF220
村長「なんじゃと……そんな……」

村長「少女が、帰ってきおったぞー!」

村人A「なんだって……」 村人B「生贄の子が……?」 村人C「前代未聞だ……」
ざわ ざわ ざわ

町長「あなた方が、救ってくださったのですか!?」

魔法使い「あ、あの、えーと……」

僧侶「……」

町長「まぁ、お疲れでしょう!ゆっくりと休んでいってください!」

魔法使い(……いいのかなぁ?これで)
391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:36:05.53 ID:seaoDF220
氷女王「……ふん!人間に従うことには納得せんが」

氷女王「よかろう、仲間になってやろうではないか!」

勇者「おー、やっと決心したか」

氷女王(ふふふ……魔法を解いたらすぐに)

勇者「あ、仲間と合流するまでは魔法解かないからな?グサッとやられても困るし」

氷女王「……ぐっ、よかろう」

氷女王(その仲間とやらもまとめて殺してやろうではないか……)
393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:42:02.88 ID:seaoDF220
村長「いやー、この村にもやっと平和が!」

村長「ついにあの氷の女王めを討ち果たす勇者様が現れてくださいましたか!」

魔法使い「いやー、その……ははは」

村長「魔王が復活してから間もなくして現れたあの忌々しい女王め……」

村長「村の者達が幾度と無く挑み、命を落としていった」

村長「しかし、それも今日で終わりです!ありがとう、勇者様!」

魔法使い(どんどん尾ひれがついていってるよ……なんか勇者様にされてるし)

魔法使い(僧侶ちゃん!なんで黙ってんのさ)ボソッ

僧侶(……都合が、いいから)ボソッ

魔法使い(意外と黒いね……まぁ、そうだけどさぁ)
394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 01:46:26.12 ID:seaoDF220
村長「さ、さ、ゆっくりしていってください!」

魔法使い「え、でも……ボクたちお金……」

町長「勇者様からお金なんてとんでもない!もちろん、ただでいいですよ」

僧侶「……」(……少し、心配)

魔法使い「……」(勇者探しにいきたいけど……体力限界だしなぁ……)

僧侶「……よろこんで」(……でも、休みたい)

魔法使い「感謝します、村長さん!」(ま、勇者なら大丈夫か……)
397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 02:02:32.10 ID:seaoDF220
勇者「……なんだか、もの凄い邪険にされたのを感じた」

氷女王「む、どうかしたのか?」

勇者「いや、なんでもない」

勇者「しかしなー……あんた本当に強いんだな」

魔物「ガガア」 「ギャギイ」 「グゲゴゴ」

勇者「みんなぴしーっと跪いてる……」

氷女王「誇り高き女王のわらわに、このような下賎の者は顔を向けるだけで許されん」

勇者「いやまぁ、今は……」ピシッ 「おうふ」

氷女王「だ、だまれい!そのことを知られては絶対にならんのだ……!」

氷女王「このものたちは、わらわの力で押さえつけておる」

氷女王「わらわが弱いとしれば……このものたちは暴れだすであろう」

勇者(……ん?なーんか引っかかる感じだな)
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 02:06:14.58 ID:seaoDF220
勇者「なぁ、お前さ」

氷女王「なんだ?」

勇者「周りの魔物抑えるために女王やってんの?」

氷女王「……まぁ、そんなものだな」

勇者「いい奴じゃん」

氷女王「な、何を……っ!」

氷女王「この者達が暴れると、若い女が集まらなくなるのだ!だから……」

勇者「いや、理由はどうにせよさ。そのおかげでその村襲われてないんだろ?」

氷女王(こいつ……なんだと言うのだ、さっきから)

氷女王(わらわもわらわじゃ……さっきから、らしくない、らしくないぞ)
402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 02:15:19.59 ID:seaoDF220
魔法使い「……とは、言ったもののねぇ」

僧侶「……心配」

魔法使い「死なない、とは言ってもね……閉じ込められたりしたらアウトだしなぁ」

魔法使い「逆に死なないってことが、さらに悪い方向に思考を向けちゃうよ」

僧侶「……うん」

魔法使い「あーあ、こんなんだったらもっと修行しとくんだったなぁ……」

魔法使い(無事でいてね……勇者)
403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 02:20:10.47 ID:seaoDF220
勇者「なぁ、どんぐらいしたら着くんだ?」

氷女王「後もう少しだから辛抱しろ。まったく、人間という奴は……」

勇者(あいつらの手がかりが少しでも見つかればいいんだがな……)

勇者(ん?というか……こいつを連れて行って大丈夫なのだろうか?)

勇者「なぁ、あんたさ。村の人達に顔とか見られてる?」

氷女王「まぁ……数回は赴いたことがあるが」

氷女王「はっきりと見られてるかは知らん」

勇者(うーん、微妙だな……まぁいいか、その辺はおいおいな)
404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 02:25:50.83 ID:seaoDF220
魔法使い「……やっぱり、落ち着いてられない!」ダン

僧侶「……行く?」

魔法使い「心配、だしね……見当はついてないけど、探してればいつか見つかるさ!」

僧侶「……だね」スク

村人たち「わー わー わー」

魔法使い「ん……?なんか外が騒がしいね」
456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 17:31:26.96 ID:seaoDF220
村長「そんな……氷の女王め……生きておったのか!」

村人A「生贄を取り返しにきたのか!」

村人B「勇者様が倒してくださったのではなかったのか?」

村人C「終わりだ……報復に来たんだ……」


勇者「おいおい、随分な怖がられようだな」

氷女王「……まぁ、こんなものであろう」
460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 17:37:21.49 ID:seaoDF220
魔法使い「騒がしいから外に出てみれば……」

村人たち「わいわい がやがや」

僧侶「……勇者」

村長「隣の男は一体誰じゃ……人間に見えるが、女王の手下か?」

村人D「魔物に手を貸すとは、なんて奴だ!」

魔法使い「えーと……あれが女王なの?まさか」

魔法使い「なんで勇者と一緒にいるのさ……」
463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 17:46:58.35 ID:seaoDF220
村長「おお!勇者様!」

村人たち「そうだ、勇者様……今は勇者様がいるんだ!」

勇者「ん?勇者は俺のはずだが?」

魔法使い「あちゃー、見つかっちゃったかぁ……」

僧侶「……行こう」

勇者「おー、魔法使い!無事だったのか、お前ら。心配したぞ」

魔法使い「いや、それはこっちの台詞だよ……」

僧侶「……説明して」
465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 17:54:20.94 ID:seaoDF220
村人たち『勇者様が何か話しておられる……なぜお倒しになられぬのだ?』ヒソヒソ

勇者「とまぁ、そういうわけなんだ」

魔法使い「……なるほど、ね」

僧侶「……把握」

氷女王「これが貴様の仲間か?おなごばかりではないか」

魔法使い「……女の子だけど、今の君を潰すぐらいの力はあるよ?」ガシャン

氷女王「ひ、ひいぃっ!」

村人たち『さすが勇者さまだ……あの氷女王が恐れおののいている……』ヒソヒソ
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 17:58:42.98 ID:seaoDF220
勇者「そう喧嘩腰になるなって……これから一緒に旅すんだから」

魔法使い「え?」 僧侶「……え?」

魔法使い「ここで退治しちゃうんじゃないの?」ジャキン

勇者「んー……正直、こいつそんな悪い奴じゃないんだよな」

氷女王(……何を言っておるか)

勇者「それに、今回の魔物との戦いで戦力不足が明らかになったわけだし」

魔法使い「だからって……魔物と一緒に旅なんて、聞いたことないよ!」
469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:04:39.92 ID:seaoDF220
村長「えーと、勇者様……?」

魔法使い「あ、は、はい!」

村長「先ほどから何を話しておるのですか?その者は一体……」

魔法使い「えーと、あの、その」

勇者「どうも、勇者です。氷の女王は無害にしたんで安心していいですよ」

村長「勇者……?無害にしたとは、一体……?」
470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:09:12.82 ID:seaoDF220
村長「失礼致しました!あなたが本当の勇者様でしたか」

勇者「あー、まぁ。その二人は俺の旅仲間です」

魔法使い「村長さん、ごめんなさい……」 僧侶「……」ペコッ

村長「いえいえ、そんなことはいいんですよ!」

氷女王「……くっ」ジャラ ジャラ

村長「こうも容易く捕らえられるとは……無害になったとは本当だったのですね」
472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:15:03.00 ID:seaoDF220
氷女王「下賎な人間どもめ……わらわにこのようなことをして許されるとでも思っているのか……」

村長「黙れ!貴様に今まで殺されたもの恨み……」シャキン

氷女王「……!!!」

勇者「あー、村長さん?ちょい待ちちょい待ち」
473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:20:56.64 ID:seaoDF220
勇者「お前さ、本当に村の人殺してたの?」

氷女王「……」

勇者「黙ってたらこのまま死ぬぞ?いいのか、それで」

氷女王「……村の者は、殺してなどおらん」

村長「な、なんじゃとっ!?」

氷女王「生贄の娘達は、洞窟のわらわの部屋におる」

氷女王「歯向かってきたものたちは、牢獄に幽閉しておるだけだ」

氷女王「……誰一人、死んでなどおらん」

村長「な……何をバカな!この期に及んでたばかりおる気か!」

勇者「まぁまぁ、村長さん落ち着いて……」
476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:28:26.98 ID:seaoDF220
勇者「……論より証拠だよな、やっぱ」

勇者「ここに全員連れてきてもらえるか?今までの人達全員」

氷女王「……ふん。後悔することになっても知らぬぞ?」

勇者「んー……後悔すんのは俺じゃないと思うから構わない」

魔法使い『ねぇ、勇者!どういうことなんだよ!』ボソボソ

僧侶『……』

勇者『まぁ、見てりゃ分かるんじゃないかね。後、戦う準備しとけ』

氷女王(こやつ……何を考えているのだ、まったく)
477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:37:57.00 ID:seaoDF220
少女達「……あれ?村だー」タタタッ

村人A「おお、無事だったか娘よ!」

村人B「本当に……本当に生きてたんだ!やったー!」

捕虜A「村だ……やっと帰ってこれたんだ……」

村人C「男達も無事だぞ!」

村長「ど、どういうことなんじゃ……」

氷女王「……ふん」
478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:42:58.11 ID:seaoDF220
魔物「ギャギャ……ゲギャギャギャ!」

村人「ひ、ひいっ!魔物だ!」

氷女王「く……貴様ら……待つのだ!」

魔物「ギャギャギャギィ!」バッ  ガッギィィン!

魔法使い「もう……なんなんだよ!もう!」

僧侶「……戦う」

氷女王(やはり……こうなってしまうか)
479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:51:10.31 ID:seaoDF220
勇者「なぁ、あんたさ。生贄とか言って連れてきてたのはこのためだろ?」

勇者「威厳保たないといけねぇもんな、偉い奴は」

氷女王「……わらわは、出来れば戦いたくはなかった」

氷女王「争いは好まぬ……行き着く先は破壊しかないからのう」

氷女王「しかし、低級な魔物どもにはそんな考えはない……」

勇者「だから、生贄って形で満足させてたんだなー……頭いいな、お前」

氷女王「……人間などに褒められても、嬉しくなどないわ」

勇者「でも、あの時少女襲ってたよな?」

氷女王「あ、あれは……たまには怖がらせて楽しもうかと思っただけじゃ!」
480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 18:56:28.14 ID:seaoDF220
勇者「……でもさ」

氷女王「なんじゃ」

勇者「争い好まぬとか言っといて、俺は思いっきりグシャッってやったよね?」

氷女王「あぁ……あれでもかなり威力を落としてたのじゃが……」

氷女王「あのぐらいの威力で死んだ村人はおらんかったからのう」

勇者「……マジかよ」
483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 19:00:48.84 ID:seaoDF220
魔物「グゲゲゲゲ!」ガギン ゴギン

魔法使い「ええぃやぁ!」ズガン

僧侶「……はっ!」ザシュ

魔物「グギャギャギャギャ!」ブゥン

魔法使い「……キリが、ないや」はぁ はぁ

魔法使い「こんなところでボクの魔法使うわけにもいかないしなぁ……」

僧侶「……まずい」

魔物「グゴゴゴゴ」キュイーン

魔法使い「多重詠唱、か……」ツゥ
487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 19:08:51.39 ID:seaoDF220
氷女王「おい、勇者よ。わらわにかけた魔法を解け」

勇者「……んー」

氷女王「悩んでおる場合か?この村が滅んでもいいと?」

勇者「しかたねぇか……頼むぞ」パシィン

氷女王「きさまらっ!やめんかぁ!」ヒュゴオオオオオオ

魔物「ゲ……ギャ、ギャ?」カチン コチン

魔法使い「す、すごい……氷に強い雪山の魔物が氷漬けに……」

僧侶「……さむ」
496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 19:20:36.05 ID:seaoDF220
氷女王「ふん……下衆どもが」

勇者「お前、どっちの味方なんだよ……」

氷女王「わらわは、わらわの生きたいように生きておるだけじゃ」

氷女王「誰かに味方せねば生きれぬのか?この世の中は」

魔法使い「すっごーい!今の魔法は君が?」

氷女王「う、うむ……」

魔法使い「すごいすごいすごーい!多重詠唱でもあんな威力でないよ!」

氷女王(な、なんだと言うのだこの小娘は……)
500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 19:29:10.41 ID:seaoDF220
村長「……氷の女王が、村を守ったというのか……?」

村人A「ど、どういうことなんだ……」

村人B「まさか、本当にいい奴……?」

氷女王「ふん、別に貴様らを助けたわけではない……勘違いをするでない」

勇者(……素直じゃねーのな)
519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:06:46.69 ID:seaoDF220
氷女王「さて、と……」ジャキン

勇者「おーおー、やっぱりそうなるか」

魔法使い「全然仲間じゃないじゃんか!勇者!」

僧侶「……戦う?」

氷女王「……はぁ……もうよい」パリン

氷女王「付いて行ってやろうではないか、勇者とやらよ」

氷女王「どうせお前を殺しても、また復活してしまうのであろう?」

氷女王「無駄な徒労はもうたくさんじゃからな……」
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:18:06.70 ID:seaoDF220
魔法使い「でもさ、あなたが離れたら魔物たち暴れちゃうんじゃないの?」

氷女王「それなら、大丈夫じゃ。……ほれ」カキィーン

勇者「これは……氷の像か?」

氷女王「さっき釘を挿しておいたからの。わらわの姿があれば村を襲わんじゃろう」

僧侶「……大丈夫、なの?」

氷女王「お前らが思っておるほど低級魔物は賢くない。力に従順なだけじゃ」
524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:28:52.81 ID:seaoDF220
氷女王(わらわが人間と旅、か……)

氷女王(不思議な人間がいたもんじゃな……もう少し早く出会いたかったぞ)

勇者「あー……しかし、今日はマジで生きた心地がしなかったぜ……」

魔法使い「本当だよ……何があったのか全部話してもらうからね!」

勇者「分かった分かった。お前らが何してたのかも話してくれよ?」

僧侶「……」コクコク

勇者「さて、今日はもう遅いし宿に行くか」
528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:33:57.15 ID:seaoDF220
宿主「い、いらっしゃ、いませ、え……」

勇者「めちゃくちゃ警戒されてるな、こりゃ」

氷女王「まぁ、当然と言えば当然であろう……」

魔法使い「今まで恐れてた人が急にいい人って言われても、ねぇ」

僧侶「……仕方ない」

氷女王「……むぅ」

勇者(……) 「じゃ、4人でお願いします」
533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:41:04.62 ID:seaoDF220
魔法使い「さて……じゃぁ、お風呂に入ろうか」

僧侶「……」コク

氷女王「風呂……?」

勇者「なんだ、風呂を知らないのか?」

氷女王「聞いたこともないし見たこともないな」

魔法使い「だったら入ってみなよ!気持ちいいよ」

僧侶「……」コクコク

氷女王「む、そこまで言うのなら試してみるかのう」
536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:48:09.67 ID:seaoDF220
魔法使い「……」パサ パサ

僧侶「……」ヌギヌギ

氷女王「む、風呂とは服を脱いで入るものなのか」バサッ

魔法使い(サイズはなかなか……僧侶ちゃんよりもあるか)

僧侶(……大きい)

氷女王「な、なんじゃ!わらわの顔に何か付いておるか?」

魔法使い「……別に」

僧侶「……別に」

ーーーーーーーーーーーー
勇者「……寂しいな」クピ

村人「勇者様!どうぞどうぞ」

勇者「あ、どうも」
537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 20:54:03.88 ID:seaoDF220
氷女王「な、なんじゃこれは!」

魔法使い「え?なにって……お風呂?」

僧侶「……あ」

氷女王「おぬし、頭がおかしいのか!?わらわは氷女王であるぞ?」

魔法使い「あー……そういえばそうだっけ」

氷女王「あぅ……湯気が……あ、あつい……」クラクラ

魔法使い「あ……そっちは湯船……」  ザパーン

ーーーーーーーーーーー
勇者「あ、そういえば……あいつら服どうすんだろ」

勇者「……世話のかかる奴らだ、まったく」
542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:01:40.04 ID:seaoDF220
氷幼女「はうあうあー……」プカー

魔法使い「……えーと」

僧侶「……」ゆさゆさ

魔法使い「ちっちゃく、なっちゃったの?」

僧侶「……そう、みたい」

魔法使い(なーんだ、あの胸は氷か、ははは……)

魔法使い「じゃなくて!」

ーーーーーーーーーーーーー
勇者「あー……」パッサ パッサ

勇者「財布の中身が……雪崩の時か?」

勇者「あー、すいません。……服を、譲っていただけませんか?」
544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:06:42.06 ID:seaoDF220
氷幼女「ふぅ…ふぅ…」くてぇ

魔法使い「えーと……」

氷幼女「わらわを殺す気か、貴様ら……」

魔法使い(全然怖くない……僧侶ちゃんよりちっちゃいや)

僧侶「……水」バシャー

氷幼女「ふぅ……感謝する」

僧侶(……可愛い)

ーーーーーーーーーーーーー
勇者「譲ってもらえた……いい人達だ」

勇者「しかし、まだ半分は残ってたのにな……お金」

勇者「こっから先また貧乏旅かぁ……はぁ」
545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:10:35.03 ID:seaoDF220
氷幼女「ふむ……これなら風呂なら悪くないのぅ」カポーン

魔法使い(水風呂に氷を浮かべてる……見てるだけで寒いや)

僧侶(……)ブルッ

氷幼女「お前達、入らぬのか?なかなか気持ちいいぞ」

魔法使い「えっと……ボクは普通の湯船でいいよ!」ザプン

僧侶「……同意」ザプン

氷幼女「なんじゃ、つれないのう……」

魔法使い(あんなのに入ったら死んじゃうっての!)
548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:19:41.94 ID:seaoDF220
魔法使い「相変わらず肌綺麗だねー、僧侶ちゃん」ゴシゴシ

僧侶「……そんなこと、ない」

氷幼女「む、何をしておるのじゃ?」

魔法使い「体を洗ってるんだよ。お風呂に入ったら体を綺麗にしなきゃ」

氷幼女「ふむ……わらわもお願いできるだろうか?」

僧侶「……」ちょいちょい

氷幼女「ふむ、そこに座ればよいのじゃな?」

ーーーーーーーーーーー
勇者「そういや、氷女王って武器いらんのかな?」

勇者「……鎌を作れたよな、確か」

勇者「まぁ、何か一つぐらい持ってたほうがいいか、探してこよう」
553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:24:50.22 ID:seaoDF220
氷幼女「むむむ……くすぐったいのう」

僧侶「……冷たい」ゴシゴシ

氷幼女「わらわの体温は、おぬしらには冷たく感じるかもしれんのう」

魔法使い「えー、ほんと?うわっ、つめたっ!」ビク

氷幼女「わらわにとってはおぬしらの手が少し熱いぐらいじゃ」

僧侶「……白くて、綺麗」さわっ

氷幼女「べ、べたべた触るでない……熱いというておろう」カァ

魔法使い「ほんとだ、うらやましー……」ぺたぺた

氷幼女「や、やめろと言うとろうに!わ、わらわは出るっ!」タッ

僧侶「……あっ」

魔法使い「そんな勢いよく立ったら……!」

氷幼女「え?」ツルン

氷幼女「わ、わわわっ」ドパーン

魔法使い「あららー……言わんこっちゃない……」
554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:34:33.63 ID:seaoDF220
氷幼女「……」プカー

魔法使い「気絶しちゃった……」ザパァ

僧侶「……」さわさわ

魔法使い「ちょ、ちょっと!僧侶ちゃん!?」

氷幼女「……ん、あ」ピク

僧侶「……ひんやり」

魔法使い「……」さわさわ

氷幼女「……あっ、ん」ビクン

魔法使い「ほんとだ、ひんやりしててこれはこれで」

ーーーーーーーーーーーーーーー
勇者「え?貰っていいの?」

武器屋「おう!勇者様に使ってもらえるなんて光栄だぜ!」

勇者(まぁ、俺が使うんじゃないのだが……)
557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:43:16.92 ID:seaoDF220
氷幼女「あふ……あ?」パチ

僧侶「……あ」クリクリ

魔法使い「……あ」クチュクチュ

氷幼女「な、に、を、し、て、、る、の、だ……!」

氷幼女「きさまら、もうゆるさっ」

魔法使い「せーの」

僧侶「……えい」ポイ

氷幼女「あー……」ザパーン

魔法使い「そろそろあがろっか」

僧侶「……」コクコク
558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:45:13.35 ID:8QvV30zm0
>僧侶「……あ」クリクリ

>魔法使い「……あ」クチュクチュ

おい

な、に、を、し、て、い、た……!!!!!!!11111
559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:46:28.88 ID:YBhLkdUB0
気になるな
561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:51:14.35 ID:seaoDF220
氷幼女「はぅ…はひぃ……さっきまでの記憶がないぞよ……」

魔法使い「きっと気のせいだよ、それ」

僧侶「……気のせい」

氷幼女「気のせいなわけあるか!……もう風呂はこりごりじゃ」

魔法使い「えー、今度もみんなで入ろうよー……あ」

僧侶「……不覚」

氷幼女「ん?どうしたと言うのじゃ?」

魔法使い「服をまた忘れちゃってる……」
562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 21:56:29.19 ID:seaoDF220
氷幼女「こんな熱いところはもうこりごりじゃ……」ガチャ

魔法使い「ちょおっとまったぁ!」バタン

氷幼女「なんじゃ!わらわをここから出さぬ気か!」

僧侶「……違う」

魔法使い「もしかして、そのまま出る気なわけ!?」

氷幼女「ふん!わらわは魔力で服ぐらい作れるわ!」シューン

氷幼女「あ、あれ……?はっ!」シューン

氷幼女「そ、そんな……ばかな……」
569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:02:58.46 ID:seaoDF220
氷幼女「なんということじゃ……なんということなのじゃ……」

魔法使い「なんか凄いショック受けてるね」

氷幼女「魔法使いの貴様なら分かるだろ!魔力を失う気持ちが!」

魔法使い「いや、ボクは斧で戦えるから別に……」

氷幼女「おぬし、それは魔法使いと言えるのか……?」コンコン

僧侶「……来た」

勇者「おい、俺だ、勇者だ」
573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:07:34.20 ID:seaoDF220
魔法使い「……服、持って来たの?」

勇者「あぁ、その感じだとやっぱり忘れてたな」

氷幼女「ふむ、それでははやく差し出せい」ガチャリ

勇者「……!!!」

魔法使い「……!!!」

僧侶「……!!!!!」

勇者「……どちら様?」
574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:10:39.60 ID:seaoDF220
氷幼女「何をとぼけておる。さっさと服をわたさんか」

勇者「ええと……あ、はい」ばさ

魔法使い「……」プルプルプル

僧侶「……」カーッ

魔法使い「……とっとと、でていけぇっ!」ボゴーン

勇者「ぐぼふぉっ!」ビターン

勇者(僧侶のほうがやはり大きかった……か)ドサリ
584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:25:24.77 ID:seaoDF220
氷幼女「むぅ……?なんじゃこれは、ぶかぶかではないか」

魔法使い(勇者に見られた……って、まぁ初めてではないけどさ)

僧侶(……)プシュー

氷幼女「体を元にも戻せぬか……やはり魔力が尽きておるようじゃな……」

魔法使い「……今度はゴスロリか……まぁ、フリフリよりはマシか……」

僧侶「……新しい、帽子」もふっ
587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:29:22.03 ID:seaoDF220
氷幼女「大分腕が余ってしまっておるのう……後で直すとするか」

魔法使い「……出ようか」

魔法使い「もう絶対にああいうことしないでね!」

氷幼女「う、うむ……気をつけよう」

僧侶「……あったかい、服」
ガチャ

勇者「……」

氷幼女「いつまで寝ておる、さっさと起きんか」ぺちん

勇者「……」ジー

勇者「なんだ、夢か」 氷幼女「ばかもん、違うわ」ぺちぺちん
590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:34:11.91 ID:seaoDF220
勇者「……そういうことがあったのか」

魔法使い「ほんとにボクたちもびっくりしたんだよ!」

氷幼女「よし、これでぴったりじゃ!感謝するぞ」

僧侶「……構わない」

勇者「しかし、あの姿が擬態だったとはな……」

氷幼女「魔族の王はほとんど老いんからのう」

氷幼女「幼い外見に生まれてしまったら、ああする以外に方法がないのじゃ」

勇者(せっかくの胸要素が……)

魔法使い「……なんかよからぬこと考えてない?」

勇者「いんや、んなこたないな」
598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:43:18.64 ID:seaoDF220
魔法使い「しかし……勇者、きみのセンス疑うよ」くいくい

勇者「ん?その服のことか……それは貰い物なんだ、文句言うな」

魔法使い「え……?貰い物?」

氷幼女「おー、上手いものじゃのう」

少女「もっと出来るよー」ポン ポン

僧侶「……」パチパチ

宿主(あの女の子……誰だ?)
600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:45:56.04 ID:seaoDF220
魔法使い「お金落としちゃったの!?あの時」

勇者「あぁ、すまんな……」

魔法使い「いや、ボクが原因だし……はぁ、また貧乏生活かぁ」

勇者「ここの村長からいくらかもらえんかなぁ」

魔法使い「気は乗らないけど……明日試してみようか」

氷幼女「ほっ!ほっ!……あ」ポロ

少女「幼女ちゃんへたー」

氷幼女「う、うるさいわっ!」

僧侶(……か、かわいすぎる)
608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:55:11.92 ID:seaoDF220
氷幼女「ふわぁぁ……魔力がないせいかどうも眠いのう……」

魔法使い「あー、分かるそれ!なんか魔力無いと体重いよね」

僧侶「……」コクコク

勇者「じゃぁ寝るとするかな……おい、宿主」

宿主「はい、なんでしょうか?」

勇者「ベッド一つの部屋とかじゃ、ないよな」

宿主「え?はい、ベッド一つじゃありませんよ」
609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 22:58:30.69 ID:seaoDF220
勇者「で、部屋に来てみれば……」

魔法使い「布団が一つ、敷いてあるね……」

勇者(宿屋で流行ってんのか?これ)

僧侶「……ねむ」ころん

魔法使い「あ、僧侶ちゃん」

氷幼女「わらわも眠いの……ねさせてもらうぞよ」こてん

僧侶「……!」ビクッ

僧侶「……さ、さむい……」

氷幼女「む、む……す、すまんの……」
610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:00:05.71 ID:hs8wc8WN0
>氷幼女「む、む……す、すまんの……」

決定打だ・・・辛抱たまらん!
611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:01:47.37 ID:seaoDF220
魔法使い「……で、何でこうなるのかな?」

勇者「さぁ?俺にはわからんな」

僧侶「……あったかい」ギュー

氷幼女「わらわはぬくいぞ……服などいらぬ」バサッ

勇者「……っ!」

魔法使い「あ、ちょっ!勇者!あっち向いて!」

勇者「へいへい……(少し見えたが……完全なる絶壁!)」
616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:06:52.87 ID:seaoDF220
魔法使い「すー……すー」

僧侶「…くー…くー」

氷幼女「……」

勇者(……みんな寝たか)ガバ ガチャリ

宿主「おや、勇者様。どうなさいました?」

勇者「少し、外の空気を吸ってくる」バタン

宿主「今夜は冷え込みますから、ご注意くださいねー」
618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:20:08.85 ID:seaoDF220
勇者「さて、と……」シャキン

勇者「修練なんて、いつぶりかね……」ブン ブン

勇者(村にいるときは、毎日のようにしてたのになぁ)ブン

勇者(魔法使いと旅に出てから、めっきりしなくなっちまった)ブン

勇者「この剣も、魔物を倒せたのはスライムぐらいまでだったっけな」

勇者「はぁ、ほんとなさけねぇよなー」   パキ

勇者「……誰だ!」
621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:24:05.48 ID:seaoDF220
魔法使い「勇者……」

勇者「なんだ、魔法使いか……寝てなかったのか?」

魔法使い「なんか、胸騒ぎがして起きちゃった」

勇者「なんじゃそりゃ……」

魔法使い「勇者こそ、何してんのさ。夜中に物騒なもん振り回して」

勇者「お前のほどじゃねーよ……そうだ、魔法使い」

魔法使い「ん?なに」

勇者「その斧、貸してくれないか」

魔法使い「んー……いいよ、はい」ゴスン
622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:30:02.69 ID:seaoDF220
勇者「よっ……ふっ、くっ」グググ

勇者「やっぱ、無理か……」

魔法使い「……あんた、昔も同じこと言ったよね」

勇者「そうだったっけか?」

魔法使い「うん、言ってた。あの時はまだ武器がどうのつるぎだったっけな」

勇者「……思い出したよ。俺はひのきのぼうだったな」

魔法使い「……ごめん」

勇者「謝るなって、余計悲しくなる」
624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:33:53.86 ID:seaoDF220
魔法使い「で、でも……っ!」

魔法使い「勇者は、強いじゃん!補助や回復得意だし」

魔法使い「今回のだって、勇者の力がなきゃボクたち……死んでた」

魔法使い「だから、だから……」

魔法使い「無理は……しないで……心配、だから……」

勇者(……なんか、無駄な心配させちまってたみたいだな)

勇者(心配なんてしてないぞー!って顔して人一倍心配性だからなぁ、こいつは)
626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/03(土) 23:42:31.82 ID:seaoDF220
勇者「……綺麗だな」

魔法使い「……え?」

勇者「……月」

魔法使い「あ……あぁ、ほんとだ。雲が晴れてる」

勇者(魔法使いの横顔……いつもとは違う弱弱しい表情)

勇者「魔法使い」

魔法使い「え?」ダキッ 「え、えぇっ!?」

勇者「心配すんな、お前を残して死んだりはしねーよ」

勇者「絶対に、守ってやるから。だから心配すんな」

魔法使い「……」ボーッ
ーーーーーーーーーーーーーーー
氷幼女「人が寝たフリをしておれば……」

氷幼女「これだから人間と言うのは、蒸し暑いのじゃ。見ておれん」「……む」

氷幼女「うぉわ!?なんじゃ、おぬしも起きとったのか!」

僧侶「……静かに」

氷幼女「す、すまん……」
631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:00:57.69 ID:GTsWQF1F0
魔法使い「ゆ、ゆ、ゆうしゃっ!」

勇者「……!」バッ

勇者「す、すまん……つい」

魔法使い「あ、あやまらないでよ!……なに言っていいか、分からないじゃんか……」

勇者「……」

魔法使い「……」

勇者「……戻るか」

魔法使い「……うん」
ーーーーーーーーーーーーー
氷幼女「かーっ、見ておられんのう……臆病者め」

僧侶「……」スタスタ

氷幼女「む、僧侶?どこへ行くのだ?」

僧侶「……トイレ」バタン

氷幼女(なんじゃ……なんなのじゃこの気まずさは……)
648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:29:42.21 ID:GTsWQF1F0
魔法使い「……どうする?」

勇者「いやー……流石に別々に寝る、よな?」

魔法使い「ボ、ボクに聞かないでよ!……ボクは別に、いいけど」

勇者「……そういうこと言っちゃうか……」

魔法使い「……むー」

氷幼女(……僧侶よ、そういうことか……)

氷幼女(そういうことなら、わらわも誘ってくれればよかったであろう……)
649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:32:29.20 ID:GTsWQF1F0
僧侶「……」コクリ コクリ

宿主「お譲ちゃん、もう寝なくて大丈夫なのかい?」

僧侶「……だい、じょうぶ」コクン コクン

宿主(全然大丈夫じゃない……)

僧侶「……」スー スー

宿主「ちょっと!ここで寝られたら困ります!」

僧侶「……おき、てる」スー スー

宿主(布団、もう一枚出すか……)
656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:38:46.01 ID:GTsWQF1F0
宿主「ほんと、申し訳ありませんでした……」

勇者「い、いえ、別に……」

魔法使い「……」カーッ

僧侶「……ねむ」バフッ

勇者「……じゃ、寝るか?」

魔法使い「……うん。変なこと、すんなよ?」

勇者「しねーよ。命がいくらあっても足りんわ」

氷幼女(さっさと寝てくれんかのう?熱すぎて眠れんわ……)
657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:44:16.00 ID:GTsWQF1F0
勇者「……ふわぁぁ」

魔法使い「お、おはよう……」

勇者「ん?あ、あぁ。おはよう」

魔法使い(昨日はほとんど眠れなかったや……)

勇者(昨日はかなり寝心地がよかったな、うん)

僧侶「……」ポケー

氷幼女「……む、わらわの服はどこじゃ?」キョロキョロ

勇者「!!!」

魔法使い「……反応するな!」ボゴォ
658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:48:02.60 ID:GTsWQF1F0
氷幼女「朝から流血とは、おぬしも大変じゃのう」

勇者「誰のせいだと思ってんだこら……」

魔法使い「自業自得だよ!」(昨日はかっこよく感じたのに……勇者のアホ!)

僧侶「……ねむい」フラー フラー
コン コン
宿主「みなさん、朝食の用意が出来ましたよ」

勇者「……ま、とりあえずは腹ごしらえかな」
661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:50:22.47 ID:GTsWQF1F0
氷幼女「……」
ほか ほか
勇者「……うん、美味いな」モグモグ

魔法使い「ほんとだねー、ただで貰っちゃうのが悪いぐらいだよ」マフマフ

僧侶「……」プクー

氷幼女「き、きさまら!分かっててやってるだろ!」ぐすん

勇者(あ、泣いた)

魔法使い(流石にやりすぎた?)

僧侶(…スー…スー)
663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 00:53:34.89 ID:GTsWQF1F0
氷幼女「……うむ、美味」ガリガリ

勇者(幼女の見た目で氷をかじっている……)

魔法使い(シュールすぎるよ、これは……)

僧侶「……」モグ スー モグ スー

勇者「……そういや、氷」

氷幼女「ん、なんじゃ?」

勇者「これからの行き先についてなんだが、お前魔王の居場所知ってる?」

魔法使い(こりゃまたずいぶんとどストレートだね……)
665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 01:01:34.87 ID:GTsWQF1F0
氷幼女「魔王の居場所、か……」

氷幼女「もちろん知っておるぞ。わらわは王族じゃからな」

勇者「本当か!意外とあっさり分かるもんだな」

氷幼女「しかし……場所は知っておるが行き方は知らん」

勇者「え?」

氷幼女「魔王の居城は、こことは別の次元じゃからのう」

氷幼女「向こうから呼ばれん限り、行ったこと無いわ」

勇者「……なんじゃそりゃ……」
667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 01:08:07.14 ID:GTsWQF1F0
勇者「そんなんどっから探せばいいんだよ……」

氷幼女「まぁ、行きかたに見当が無いわけではないぞ」

勇者「なに!それを先に言ってくれよ……」

氷幼女「うう……あそこは……しかしのう」

勇者「一体どこなんだ!教えてくれ!」

氷幼女「むぅ……それは、じゃのう」

氷幼女「……火山じゃ……ここから東へ行ったところにある」
668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 01:11:15.15 ID:GTsWQF1F0
氷幼女「あそこには、遠くと繋がる道があると伝え聞いておる」

氷幼女「……まぁ、わらわは一度も行ったこと無いがのう。部下を行かせたら溶けてしもうた」

勇者(さりげなく怖いこと言ったな、今……)

勇者「しかしよ、なんで俺達に簡単に教えてくれるんだ?」

氷幼女「……わらわは、魔王のやり方が嫌いじゃからの」

氷幼女「すべてを破壊し、支配する……おろかなことじゃ」

氷幼女「それに……」

氷幼女「わらわたちは、仲間であろう?」ニコ
670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 01:15:22.07 ID:GTsWQF1F0
勇者「ふーん……魔族もいろいろあるんだな」

氷幼女「……わらわのような考えのほうが珍しいがのう」

氷幼女「大体の魔物は、相手を支配したり、壊すことしか考えておらん」

魔法使い「……そっかー。てことは、他に協力者は期待できない、か」

氷幼女「そう考えておったほうがよいじゃろう」

僧侶「……うまい」モグモグ
674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/04(日) 01:19:37.71 ID:GTsWQF1F0
勇者「あ、そうだ、氷」ヒョイ

氷幼女「なんじゃ、まだ何かあるのか?」パシッ「なんじゃ、これは」

勇者「見りゃ分かるだろ、鎖鎌だよ。お前、今魔法使えないんだろ?」

勇者「なんか武器持ってりゃ、俺よりはマシに戦えるだろ」

氷幼女「……余計なお世話じゃ!武器などなくともおぬしよりはマシじゃ」

氷幼女「まぁしかし……献上すると言うのなら貰っておいてやろう」

魔法使い「……あの女たらしめ」

僧侶「……クズ」

勇者「ん?なんか言ったか、二人とも」

次スレ:

勇者「その武器重くねぇの?」【後編】


関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年09月10日

    僕っ娘は大好物

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング