FC2ブログ

大淀「初潮来た」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/10(水) 21:45:56.62 ID:r8AzL9N20
大淀「提督、こちら報告書です。ついにやりましたよ~」

提督「おっ、なんだか嬉しそうだな。何があったんだ?」

大淀「うふふっ。まあ報告書を見てくださいよ」

提督「なんだよ~。口で言えばいいじゃんよ~。どれどれ?」

報告書『初潮来た』

提督「ふぁぁぁぁっ!?!?」

大淀「念願でしたよね?」



提督の認識:しょちょうが来た

大淀の認識:初めて潮が来た
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/10(水) 21:48:55.92 ID:r8AzL9N20
提督「ねねねねねね//////!?」

大淀「まあ、そんなに顔を赤くするほど嬉しいんですか?もう、エッチなんですから」

提督「いやお前がだよね!?」

大淀「なっ、なんで私がエッチなんですか?」

提督「だってなんでこんな事報告するのよ!」

大淀「何でってこの鎮守府で起きる全ての事を知りたいから報告書にまとめろって言ったじゃないですか」

提督「いいよ、こんなことまで報告しなくて!」

大淀「提督に報告しなくてどうするんですか!?必要な事じゃないですか!ほかの鎮守府ではみんなやってますよ!」

提督「他の鎮守府みんなやってんの!?え、そんなにおーぷんなの!?」

大淀「オープンとかそういう問題じゃないですよ。この程度の報告、普通ですから」

提督「ふふ、普通なの!?え!?え!?」

大淀「まったく……これは指導が必要そうですね……。お仕事が終わったら話がありますからね」

提督「終わったらナニするの///!?」

大淀「なんでちょっと嬉しそうなんですか」

提督「でも……ごにょごにょかぁ……。というか大淀ってまだだったの?」

大淀「はい、まだでしたね」

提督「……そ、ソウナンダ」

大淀「この鎮守府で初ですからね」

提督「鎮守府で初!?そうなの!?加賀とか金剛もまだなの!?」

大淀「はい、まだ(潮と会ってない)ですよ。あ、もしかしたら明石の方が先に……」

提督「遅くないっ!?てっきりもっと居るのかと思ってたよ!?」

大淀「そうですか?あ、でも他の鎮守府では出撃中に(潮と出会う)、という話も聞きますね」

提督「出撃中に!? 他の鎮守府何やってんの?」

大淀「だから普通の事ですから!私たちが異常なんですよ?」

提督「私が異常……異常……普通ってなんだろう……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/10(水) 21:49:53.67 ID:r8AzL9N20
提督「いや、でもそうか……もっと重く受け止めねばならないかもしれんな……」

大淀「は、はぁ……」

提督「考えてもみたまえ。新たな生命の誕生に立ち会うその階段を上ったのだぞ。もっとお祝いせねばな」

大淀「はぁ……、では歓迎会でも開きましょうか?」

提督「いや、お赤飯でいいのではないか?そういうの知られるのが嫌な場合もあるだろうし」

大淀「どうせ全員にお披露目するんですからそういう場でやった方がいいと思いますけど」

提督「全員にお披露目するの!?」

大淀「はい、みんなも早く知りたいでしょうし」

提督「え?え?どうやってお披露目するの?」

大淀「そりゃあもうジャーンって感じに見せるしかないんじゃないでしょうか?」

提督「そんなに!?ホントにオープン過ぎない!?恥ずかしくない?」

大淀「それは……恥ずかしいと思いますが……」

提督「だよね?だよね?じっくり見られちゃうよね?」

大淀「ええ、でもそれも慣れませんと。これから付き合っていくわけですし」

提督「突き合っちゃうの!?」

大淀「当たり前じゃないですか。提督もですからね?」

提督「わわわ、私が!?いやいや無理無理!無理だって!!」

大淀「そんなことありませんから。というか提督が初お目見えなんですからね」

提督「私が最初なの!?」

大淀「ええ、ですからこうして報告したんですよ」

提督「…………え?え?つまり……そういう事?そういうことだよね?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/10(水) 21:51:12.45 ID:r8AzL9N20
提督「……つまり大淀は、(私と赤ん坊を)作りたい、という事か?」

大淀「作りたい、というより出来ちゃいましたからね」

提督「出来たの!?早くない!?私した覚えないんだけど!?」

大淀「何を言ってるんですか、この前準備したじゃないですか。他の駆逐艦の娘たちも頑張って手伝ってくれたじゃないですか」

提督「他の駆逐艦も!?記憶にないんだけど!?」

大淀「うわっ、それ絶対他の娘に言っちゃいけませんからね怒られちゃいますよ」

提督「わ、分かった……。覚えがない……これはもったいない事をしたか……」

大淀「そんなに落ち込まないでください。じゃあ、出来た娘を紹介しますね」

提督「うむ。写真か?いいだろう。男か女かはまだ分からないかな?」

大淀「女の子ですよ」

提督「ええーー!?ももももう分かったの!?」

大淀「ですから出来たって言ったじゃないですか。もう執務室の前に居ますよ」

提督「そそそ、そこまでぇ!?で、でも大淀そんな風に見えなかったぞ?」

大淀「失礼ですよ、本当に。もう、なかなか出なくて苦労したんですから」

提督「出なかったの!?ごめん……一人にして……」

大淀「あ……いえ、あの……だ、大丈夫ですからそんなに落ち込まないでください」

提督「いや、私も心を入れ替えるべきだ。今度からはどんな時でも必ず立ち会う事にしよう」

大淀「え、ですが出撃中とか提督には無理ですよ」 

提督「出撃中!? 出るの!?」

大淀「出ます。現に沢山出たじゃないですか。忘れたんですか?」

提督「……し、知らなかった……」

提督「よし、私も男だ責任を取ろう」

大淀「いえ、さすがに出すぎたら解体してください」

提督「懐胎!?私にそこまで鬼畜に成れって言うのか?」

大淀「はい。できれば小さい娘は出た瞬間に解体してもらえるといいですね」

提督「小さい子から懐胎!?それを私にしろと!?」

大淀「はい、他の鎮守府でも当たり前にやってますからね」

提督「やってんの!?え、じゃあこの前会った別の鎮守府の提督とか……」

大淀「やってます」

提督「ほげーー!?!?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/10(水) 21:52:13.95 ID:r8AzL9N20
大淀「なに変な声ばっかり出してるんですか、変な提督ですね」

提督「いや、絶対俺は変じゃないわ……」

大淀「……とにかく早く新しい娘(こ)に会ってあげてください」

提督「わ、分かった。私の子だ。お父さんだと正直に言って可愛がってやる」

大淀「いえ、それは止めてくださいね」

提督「な、なんだと……?なんでだ!?」

大淀「こんな変態だと知られたくないからですよ……」

提督「…………お前たちの方が変態だろ……」

大淀「何か言いましたか?」ギロッ

提督「いいえ、なんでもありません!」

大淀「分かりました。では入ってきてください!」


こうして提督はしばらくの間、潮の事を自分と大淀の間に生まれた実の子どもだと勘違いしたそうな
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/10(水) 21:54:51.05 ID:r8AzL9N20
以上、終了です。最後まで読んでくださってありがとうございます。
もの凄く久しぶりに艦これSSを書きました。
今までオリジナルをなろうで書いてまして…そろそろVIPの仕様が直ったかな?と思ったのですが…
この仕様ホント直してほしいですね。普通にノーマルに立てたい…

それでは皆様、よい駆逐ライフを~

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年04月26日

    こういう勘違い系の話ってすきだわ

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング