FC2ブログ
1: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:45:04.66 ID:pSLCOGdy0

――夏の終わりのある日・事務所

モバP(以下P)「なんだって?」

渋谷凛「もう一回言うよ。連れていってほしい場所があるんだ」

P「なんだ藪から棒に」

凛「訳は話すけど、ちょっと長くなる」

P「連れてけって、なんか遠い場所なのか」

凛「遠い……うん、そうだね、多分ちょっと遠い」

P「要領を得ないな」

凛「都内でも大丈夫だと思うんだけど」

P「それなら自分でいけるだろう」

凛「うーん、ちょっと難しいかな。あと、保護者も欲しい」

P「普通親御さんに頼まないか、そういうの」

凛「いや、いろいろ吟味した結果、プロデューサーが適役なんだ」

P「……よくわからん」クル

凛「あ、ちょっとこっち向いてよ」

P「こう見えても忙しいんだぞ。お前だってレッスンあるだろ」

凛「……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1547822704 >
2: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:46:05.18 ID:pSLCOGdy0
P「プライベートで遊びに行くにしても、誘い方って言うのがあるだr」

凛「ねぇ」ギュッ

P「おわっ」

凛「お・ね・が・い」フゥッ

P「おぉぅ……耳に吹きかけるな!」バッ

凛「こっち向いてくれたね」

P「はぁ……何だよ、遊びなら他の人誘えって」

ガチャ

大和亜季「いえ、P殿。私からもお願いしたいであります」

P「亜季? んー……」

凛「本気でお願いしたいことなんだ」

P「遊びじゃないのか。……わかった、話を聞こう」

凛「ん、ありがと」

P「場所変えるか」

凛「アシストありがとう」

亜季「援護射撃任務完了であります」ニパッ
3: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:46:43.35 ID:pSLCOGdy0
――会議室

凛「前にプロデューサーが持ってきてくれた仕事、あるよね」

P「えーと、凛は特に多いからなぁ……亜季も一緒ってことは、今度の新曲だな」

亜季「それであります」

P「そうか。……にしては、乃々が足りないようだけど」

凛「そこが本題」

P「またレッスンから逃げた?」

凛「違うよ、そんなことしない……最近は」

P「そうだな。机の下にもいなかったし」

亜季「先日、P殿より頂いたインストと歌詞でありますが……あれを三人で視聴していて……」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

♪~

凛「すごく、なんていうんだろう。メロディが綺麗だよね。星空みたい」

亜季「間奏の電子音が心地いいでありますな」

森久保乃々「こ、こんな曲を……あぅ……」

亜季「怖気づいてしまいましたか乃々殿! ですがこれもP殿のオーダー、立派に遂行してみせましょうぞ!」

乃々「そのテンションはむーりぃー……」

凛「それで、この曲に合わせる歌詞が」

凛「……」
亜季「……」
乃々「……」
4: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:47:24.36 ID:pSLCOGdy0
亜季「わ、私がこのような歌を歌うのでありますか?」

乃々「それはもりくぼの台詞ですけど……」

凛「亜季さんが怖気づいちゃった。でも、これは確かに難易度高そう」

乃々「でも、これ……すごくいいのはわかります……」

亜季「も、もちろん! このような楽曲を用意してくれたP殿、作詞家殿、作曲家殿に報わなければ!」

乃々「うぅ……やれるかは分からないですけど……」

---

凛「私たち、意気込みは十分だった。乃々も、乃々の基準で」

P「まぁ、そうだな」

亜季「ライブより前にまずレコーディングがありますので、訓練も普段に加えてボイトレを増やしていただきました」

凛「最初は問題ないかなって思っていたんだけど」

亜季「パート練習から合わせていって、トレーナー殿にも順調との言葉を頂きました」

凛「けど、私たちは行き詰ったんだ」

P「順調、って言われたのにか」

亜季「で、あります。三人とも、どことない不安を抱えていました」

凛「乃々が、一番納得いってなかった」

---

♪~

ベテトレ「よし」

凛「ふぅ」

乃々「……」

亜季「いかがでしたでしょう」
5: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:48:03.92 ID:pSLCOGdy0
ベテトレ「ふむ、まずまず順調と言っていいだろう。もちろん、ここからまだまだ仕上げるぞ」

ベテトレ「大和、普段の声ではないが、もっとしっとりとした雰囲気が出ると良い。いけるな」

亜季「イエスマム」

ベテトレ「森久保、音はとれている。自分のイメージに自信を持って、しっかり声を出せ」

乃々「はい……」

ベテトレ「渋谷、出だしがブレる。曲を印象づける場所だ。後続を安心させるためにも芯を持ってはじめろ」

凛「はい」

ベテトレ「皆、歌う技術は追い付いている。しっかりレッスンを重ねていってほしい。今日は以上」

凛乃々亜季「「「ありがとうございました」」」

亜季「さて。お二人とも、今日は何か食べて帰りますか?」

凛「そうだね。いい時間だし、食べて帰りたいかも」

亜季「ベテトレ殿、この後の予定はいかがです? せっかくなら」

ベテトレ「申し出は嬉しいが、このあともう1レッスンだ。気持ちだけ受け取っておく」

亜季「そうでありますか。お仕事お疲れさまであります」

ベテトレ「それに、私がいてはしにくい話もあるだろう?」

亜季「いやそんな、ハハ」

凛「ふふ。乃々はどうする?」

乃々「……ちがう」

凛「乃々?」

乃々「あっ、いや」

亜季「違うというのは……曲のことでありますか?」

乃々「えっと……」

ベテトレ「どうした。気になる所があるなら聞いておきたい」

乃々「あぅ…… その……」
6: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:48:41.33 ID:pSLCOGdy0
乃々「……ダメ出しは、分かります。自分でも……気になっていたところを言われましたから……」

凛「声が出ていないってとこ?」

乃々「それは結果で……自分のイメージに自信がないところ……です」

亜季「イメージでありますか。私も、雰囲気をもっと出すよう言われました」

凛「私は出だしに芯を持てって言うことだった。……ねえ、これって」

亜季「同じ原因、でありましょうか」

乃々「そうかも、って……」

ベテトレ「なるほど。全員、原因は曲への理解が足りていないことだな」

亜季「理解でありますか」

凛「……歌詞の解釈ってことかな」

ベテトレ「確かに大事なところだ。それが無いとどんな歌も枯れてしまう」

ベテトレ「歌は心、ソウル、魂と言う人がだろう。歌の技術が足りなくても、心の入った曲は人の心を揺さぶるものだ」

乃々「……そこが足りないのは……ダメっぽいなって……」

ベテトレ「そうだな。それが分かっているなら良い。しっかり曲と歌詞を聴きこんで、自分の中に落とし込め」

凛「こう言う解釈だって、教えてはくれないの?」

亜季「凛殿、それは」

ベテトレ「渋谷、それを私が言ったらその通りに歌うのか」

凛「……」

ベテトレ「歌詞の解釈を、私が教えても、私が考えても無意味だ。お前たちが見つけ出した物を伝えてくれないと、お前たちが歌う意味がなくなる」

凛「……そっか。わかった」

乃々「あう……こう言う雰囲気は苦手です……」

凛「あ……ごめん、乃々。大丈夫、私が軽率だったよ」

ベテトレ「すまないが時間いっぱいだ。言っておくが、曲の解釈で頭を悩ませているならいい方だ。大半は技術がついてこないからな。しっかりその曲を自分の物にしてやれ」

亜季「了解であります」
7: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:49:12.15 ID:pSLCOGdy0
――ファミレス

凛「イメージって言っても、やっぱり最初は宇宙が出てくるよね」

亜季「曲の雰囲気で、見えてくるのは確かに星空であります」

乃々「……」

凛「乃々は?」

乃々「あの、変なんですけど……真っ黒な雲に覆われて、何も見えない夜空です……」

凛「そうなんだ。ふーん……確かに雨が降ってることも書いてあるよね」

亜季「その暗い夜も突き抜けて、そこまで行こうということでしょうか」

凛「地上では雨が降っていて、手を伸ばせば銀河にも届きそうな空に、私達はいるのかな」

亜季「空よりももっと上、宇宙空間まで行っているのかもしれません」

凛「あ、じゃあ、銀河までの旅の歌とか」

乃々「辿り着くのが……ゴールじゃないんです、そこから『さよなら』してますから……」

凛「そっか、確かに」

亜季「銀河で二人、旅、別れ、とくると『銀河鉄道の夜』を連想するでありますな」

凛「宮沢賢治の?」

亜季「ええ」

乃々「もりくぼも、最初それが思い当たって、読んでみたんですけど……」

凛「けど?」

乃々「……言葉だけ取ると連想はしやすいんですが……ちょっと噛み合わない気がして」

亜季「確かに、最後に笑い合えるお話かというと。しんみりとするお話でありますから」

乃々「それに……銀河鉄道をモチーフした歌なら、デュエットで歌うんじゃないかと思って……」

凛「なるほどね」
8: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:49:42.32 ID:pSLCOGdy0
凛「んー……『さよなら』って切ないとか、しんみりとか、そういう言葉とセットなイメージがあるよね」

亜季「この歌だと、最後に笑っているのであります」

凛「笑えるような、さよなら? 無理して笑って見せてるのかな」

乃々「曲の最後の方は……もう一人になってます。その独白で、無理に笑うことは無いかなって……思います……」

亜季「おお……」

凛「……乃々、すごいね」

乃々「え、ええっ……なんですか……」

凛「それぐらいよく読みこんでるってことだよ」

亜季「説得力あるであります」

乃々「あの……すいません、否定ばっかりで……」

凛「そんなことないよ。すごく助かる」

凛「にしても、なんだろう。切なくない別れ……前向きな別れ?」

亜季「前向きな……うーん、私にはそんな経験はないであります」

凛「私もそういったことはまだないや」

乃々「もりくぼも、です……」

凛「最初は泣いているのに、最後は笑って別れられる関係か。なんか、ロマンチックかも」

亜季「きっと、いい関係なのでしょう」

乃々「そうなんでしょうか……」

亜季「互いに大切じゃないと、泣いたり笑ったりできないものでありますから」

凛「そうだね」

乃々「それは確かに、そうかも……」
9: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:50:26.59 ID:pSLCOGdy0
乃々「あの、これ……」

乃々「……本当に二人なんでしょうか……」

亜季「うーん?」

凛「でも歌詞には、僕ら、二人って」

乃々「そうなんですけど……」

凛「君と僕が二人じゃなかったら、か。三人だったら、ユニットで分かりやすかったかもね」

乃々「私には……まだ考えがまとまっていません……」

亜季「いやいや、私達もまだまだ理解が浅いです」

凛「そうだね。悩み過ぎてもなんだし。ゆっくり考えていこうよ」

乃々「ごめんなさい……」

亜季「何を言いますか。乃々殿のおかげで、解析は大きく進展をしていますよ」

乃々「え……」

凛「そうだよ。乃々が今日、レッスンの最後に言ってくれてよかった。このままじゃいけないってわかったの、すごい成果だよ」

乃々「あぅ……そういう風に褒められるの、慣れてないんですけど……」

亜季「私も、もっと理解を深めないといけないでありますな」

凛「そうだね……うん、うん」

亜季「凛殿?」

凛「うん。まずは……いろんなところに相談してみようか」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

P「それで俺か」

亜季「私は凛殿から話を持ちかけられたであります」

P「まあ、大筋は分かった」

凛「乃々は、私達よりもっと深い場所で悩んでいると思う」

亜季「本来であれば、年長の私がいろいろアドバイスするべきなのでしょうが……」

凛「ううん、亜季さんにはいろんな意味で支えになってもらっているから」

亜季「そう言っていただけると嬉しいであります」

P「乃々のこと、どうにかしてあげたいんだな」

凛「人事じゃないよ。私達も歌うんだから。乃々ばかりに悩ませられない」

亜季「互いにカバーし合ってこその、スリーマンセルであります!」

P「ん? まあ、ユニットな、うん」
10: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:51:02.41 ID:pSLCOGdy0
P「しかしそうか、乃々がなぁ。『∀NSWER』のときより歌いやすい曲かなと思ったんだが」

凛「あれはほら、インディビジュアルズの妙な相性の良さもあるし」

P「やけくぼした時の勢いはすごいもんな」

凛「でもこの歌は違うでしょ?」

P「まあ確かに」

亜季「だからと言って、単純に悲しさを表現すればいいわけでもなさそうなのです」

P「そうか……うーん、作詞さんに聞くとかもできるけど……無しだろ、今の話を聞くと」

凛「そうだね」

亜季「そこは、ベテトレ殿の仰るとおりにしようかと」

凛「私達がもらった歌詞なら、私達が解釈するのが筋なんじゃないかなって」

P「ふーん、いい心がけじゃん」

凛「それ私の真似のつもり?」ピク

亜季「まぁまぁ」

P「とはいえ、俺が教えられることって言ってもな」

凛「確かにヒントは欲しいけど、お願いはそれじゃなくて」

P「ん? ああ、そういやどこか行きたいんだっけ」

凛「うん。見に行きたいんだ」

P「見に行くって……」

凛「これを」

亜季「そのものであります」

P「あー。そうきたか」
11: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:51:39.55 ID:pSLCOGdy0
P「見えるのか?」

亜季「肉眼で見られる様であります。ただ、実際は少々暗いものらしく」

凛「天文台とか、高い山の上でとかまでは行かなくていいけど」

亜季「やっぱり星を見るなら、空気の綺麗なところで見るのがいいと思いまして」

P「亜季って免許もってたっけ。いや、どっちにしろ見るなら夜に行かないといけないから、男の付き添いがあった方がいいな」

凛「というわけで、プロデューサーが適役なんだ」

P「なるほど、納得した」

凛「ね、お願い」

亜季「お願いします」

P「わかった。そこまで言われちゃ断れないよ」

亜季「ありがとうございます、P殿!」

凛「ありがとう、プロデューサー」

P「おう、これも仕事のうちだ。……あれ、結局なんで乃々はここにいないんだ」

凛「サプライズにしようかなって」

P「えー……未成年連れ回すんだから、親御さんの了解はとってくれよ」

凛「わかった、乃々のお母さんに取るね」

P「お前もだよ」

凛「ふふ、はーい」

亜季「私は器具の準備と、場所の選定をしておきましょう」

P「助かる。俺は車出すだけだな。出来れば翌日休日に頼む」

凛「わかった」

P「……で、あの最初のあれはなんだったんだ。あの、耳」

凛「ああ、あれ? いい誘い方ってのを教えてもらったんだけど……間違えてたかな」

亜季「どうにも私達、まだそういうことには慣れないものでして」

P「誰に教えてもらったんだ」

凛亜季「奏」「殿であります」

P「……よくわかった、人選ミスだ」
12: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:52:09.55 ID:pSLCOGdy0
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

――後日

凛「おつかれ」

亜季「お疲れさまであります」

乃々「お疲れさまです……」

凛「乃々、今日はこれから予定ある?」

乃々「え……いえ、ないですけど……ご飯なら、一緒しても……」

亜季「ふむふむ。ちなみに明日の予定は?」

乃々「一日なにもないですけど……え、なんですか、予定無しくぼを笑いに来たんですかぁ……」

凛「そうじゃないそうじゃない。うん、やっぱり決行日は今日だね」

亜季「でありますな」

乃々「はいぃ?」

凛「はいこれ乃々のスマホ。おうち電話して」

乃々「はいぃ」スッスッ トゥルルル…

亜季「プロデューサーにトラ連送! ご足労願ってくるであります!」

乃々「はいぃ」ガチャ

母久保『あら、乃々? どうしたの?』

乃々「はいぃ」スピーカーオン

凛「どうも、乃々のお母さん。346プロの同僚の渋谷凛と申します」

乃々「はいぃ」

凛「かくかくしかじか」

母久保『あらあら』

凛「もちろん私達だけでなく、プロデューサーも同行しますので」

母久保『じゃあ安心ね。ではうちの乃々を、よろしくお願いします』

乃々「はいぃ」

---

P「よっしゃー出発するぞー」

凛「はーい」

亜季「アイサー!」

乃々「むーりぃ……」
13: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:52:38.77 ID:pSLCOGdy0
ブロロロ…

乃々「急に説明もなしに……なんですか、いぢめですか……」

凛「そんなことしないよ」

乃々「むしろこれは拉致では……」

P「北海道の大物俳優みたいなこと言いだしたな」

凛「よくわかんない」

乃々「どこに連れていかれるんですか……」

凛「え、乃々のお母さんに説明してたじゃない」

乃々「なにか耳に入ってくる精神状態でしたか……?」

凛「このメンバーってことは、あの歌のことだよ」

乃々「それは、何となく見当は付きますけど……」

凛「私達の歌を、確かなものにしたいんだ。乃々もずっと思ってきたよね」

乃々「……まぁ、はい……」

亜季「発案は凛殿です。P殿も私も、この日のために準備を進めてきました。是非とも、皆で確認しに行きたいと思っていたのであります」

乃々「……なにをですか」

凛「決まってるじゃない」

亜季「実際にこの目で、見に行きましょう」

凛亜季「「アンドロメダを」」
14: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:53:05.67 ID:pSLCOGdy0
亜季(助手席)「雲レーダーによると、今日は西の方が条件がよさそうです」

P「西か。とりあえず中央道乗るか」

亜季「候補はこのキャンプ場であります。駐車場も充実しているでありますな!」ピッ ピッ

P「そりゃ助かる。山で街明かりもないし。あ、これでも都内なんだな」

乃々「アンドロメダ……」

凛「そう。実際に見に行ってみよう。アンドロメダ銀河」

乃々「えっと、じゃあこれは……天体観測の」

亜季「まあ、小旅行みたいなものでありますな」

乃々「先に言ってくれても良かったんじゃ……」

凛「こういうのって、勢いが大切なんだよ」

乃々「はい……?」

凛「事前に行こうって言っても、予定だ何だで伸ばし伸ばしになっちゃう。どこかですぱっと、行く、って連れていった方が乃々は行きやすいかなって」

乃々「それは……そうかもしれないです。凛さん、そこまで考えて……?」

凛「まあね」

乃々「……」

乃々「ちょっとだけ……見たくなりました。アンドロメダ」

凛「うん、見に行こう」

P(いや、乃々の混乱顔見たかっただけだろ)

亜季(言わぬが花でありますな)
15: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:53:33.34 ID:pSLCOGdy0
凛「私達は明確に答えが出ているわけじゃない」

亜季「そうですね。なんとなくこんな感じ、と雰囲気は分かっているつもりでしたが」

凛「それじゃダメ。それは、乃々の方が良く分かってるよね」

乃々「あぅ……もりくぼは、そんな大層なこと……」

凛「これまでも、いろんな歌を貰うたびにたくさん考えてきた」

亜季「これも、その延長線であります」

凛「それと、ちょっとした気分転換も兼ねて。ね」

乃々「はい…… 答えが出せるように」

P「出せるといいな」

凛「……プロデューサー、答えは見つかるかな」

P「ん? そりゃ、わからないよ」

凛「随分、あっさりしてるね」

P「君たちが答えを出すものだからな。誰にだってわからない」

凛「ん……」

P「でも、今回で見つからなくても大丈夫だ」

凛「え?」

亜季「何故でありますか?」

P「答えが出るまで、また何度でも付き合うさ」

凛「……そっか。ありがとう」

P「でもまぁ、収録日の変更はできないけどな」

凛「ちょっと、せっかくいい雰囲気だったのに」

乃々「だいなしぃ……」

亜季「P殿はもう少し女心に理解があるといいのですが」

P「そこまで言う?」
16: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:54:00.60 ID:pSLCOGdy0
――キャンプ場
キッ

P「んー……まだ夏って言っていい季節だもんな。キャンプしてる人もいるな」

亜季「週末でありますから……あ、でもキャンプ場の敷地から少し外れれば、街灯も無くて星が見やすそうであります」

凛「じゃあ降りてみようか」

パタ バタン

P「冷えるってわけじゃないけど、秋の雰囲気になってきてるな」

凛「わっ。ここでも結構星見える」

亜季「街灯のある駐車場でこれでありますから、暗いところに行くともっと見えるでありましょう」

凛乃々「「……」」

凛「ここより暗いところ行くの?」

乃々「あの、あっちの方とか、真っ暗で怖いんですけど……」

亜季「おおっ、良いでありますな。ではそこに向かっていきましょう!」

乃々「怖いって言ってるんですけど!?」

キュッ

P「なにスーツの端つまんでるんだ?」

凛「別に?」
17: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:54:27.58 ID:pSLCOGdy0
乃々「暗いのを嫌がるのは本能なんですけど……」

亜季「ではこういう時のための!」

ピカーッ

凛乃々「「まぶしっ!」」

亜季「防水、防塵、米国防省の軍用調達規格クリアのLED懐中電灯であります!」

P「おいこら、それ直接向けるな」

亜季「はっ! ではローモードで使用します。それでも30分置きに消灯時間を設けさせてください。バッテリー寿命が短くなりますので!」

P「使いづらいわ! まあ明るいのは確かだから、その間はこっちの普通のライトでいいか」

ペカー

乃々「なんていうか亜季さんのライトの後だと……」

凛「しょぼいね」

P「すごく理不尽なこと言われた」
18: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:54:59.45 ID:pSLCOGdy0
乃々「やっぱり行くんですかぁ……」

凛「まあ、いてもせいぜい鹿か狸だよ」

P「その割にはスーツから手、放さないのな」

凛「なにか言ったプロデューサー?」

P「声に震えが出ていないあたりプロだよ、凛は」

乃々「ぷ、ぷろでゅーさーさぁん……」キュッ

P「おっと。そっちはライト持っているほうの手だから、逆を」

キュッ

P「凛、その逆を塞ぐな」

凛「ライト私もつよ。気にしないで」

P「……じゃあ任せるけど」

亜季「ほらほら、早くいきましょう」

P「頼もしい」

凛「亜季さんがいて本当よかった」

P「一番実感こもってるぞ」

---

亜季「おおっ」

P「雲一つない、満天の星空だな」

凛「すごい……」

乃々「……綺麗、です」

亜季「ライト消したら、もっと凄そうでありますな」

乃々「だめです。消したらもりくぼは帰ります」

P「いつになく強い口調だ」

亜季「まあ、乃々殿がそう言うのなら」
19: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:55:25.73 ID:pSLCOGdy0
カシャッ

乃々「ひゃっ……なんですか……?」

凛「んー、これだけ綺麗でも、スマホじゃ撮れないか」

P「シャッタースピード調整と、ISOの設定ができるなら撮れるだろうけど」

凛「何の設定?」

亜季「いえ、結局手で持っての撮影は難しいであります。地面に直置きなら、あるいは」

凛「それはちょっと遠慮したいかな……」

亜季「それで、結局どの星でありましょう」

凛「銀河だから、しっかり光ってるんじゃなくて、ぼやっと見えるらしいよ」

P「そもそもどれがその銀河なんだ」

乃々「目に映る星の数が……多すぎます」

凛「よし、じゃあこれ。星座アプリ、ダウンロードしてきたんだ」

凛「えーとGPSオンにして……あ、すごい。スマホ動かすと星空も動く」

P「おー。お目当ての銀河は……」

凛「検索すると、矢印が出るね。その方向に合わせて……」

凛「んー、ちょっとだけコンパスがずれてるかな。他の星の位置からして……」

亜季「あ、あのW字、カシオペアでありますな」

P「お、詳しいのか?」

亜季「北極星を探すのに使える星でありますから」

P「あー、なんか聞いたことはあるような。北斗七星?」

亜季「そっちも使えますし、カシオペア座も使えるであります。ですが、まだ六分儀の使い方まではマスターしてないので、緯度経度の割り出しはできないであります」

P「いや、必要ないだろ」

亜季「何を仰いますか! 電子戦時にGPSが使えなくなった時のことも考慮しておかねば!」

P「お前さては今日テンション高いな?」
20: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:56:01.19 ID:pSLCOGdy0
凛「カシオペアから、東に寄った、ちょっと低い位置に……アンドロメダ座」

凛「黄色っぽい星から、少し左上に……」

乃々「あれ、でしょうか」

凛「その、なんていうか……もや、みたいなの」

亜季「多分あれのことですね……」

P「あれなのか?」

乃々「あれ……ですか……」

凛乃々亜季「「「……」」」

凛乃々亜季「「「うーん」」」

凛「なんて言うかこう……動かない雲?」

乃々「ちょっと楕円っぽく見えるような……気がしなくもないような……」

P「よくわからんな」

亜季「ではこの双眼鏡で」パッ

凛「うわ、ごつい」

亜季「USアーミー採用の代物であります! 防水性はもちろん、高度5,000mの低気圧下でも曇りが発生いたしません!」

P「日常使用には絶対オーバースペックだろ」

亜季「ではいざ!」スチャ

乃々「……」

凛「双眼鏡だと何か変わる?」

亜季「……しっかりと……楕円であります」

P凛乃々「「「うーん」」」
21: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:56:27.82 ID:pSLCOGdy0
P「とてつもなく遠い星の集まりだもんなぁ。双眼鏡でも全体の形が見えるくらいか」

凛「何光年だっけ」

乃々「230万光年です……」

P「良く知ってるな」

乃々「……調べました……」

凛「これ、天文台の望遠鏡とかじゃないと綺麗には見られないんじゃ」

亜季「むむむ」

P「まぁ、ロマンはあるよな」

凛「ロマン?」

P「230万光年だろ。いま見ているアンドロメダの光は、230万年宇宙を駆け抜けてきた光ってわけだ」

凛「230万年……」

亜季「途方もない時間でありますな」
22: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:57:01.74 ID:pSLCOGdy0
ピピピ

亜季「お、アラームが。30分経ったので、一時消灯させていただきます」カチ

乃々「うひぃ、とても暗いです……」

P「一応懐中電灯あるけど」ペカー

乃々「その程度の明るさだと、もう心もとないです……」

P「うん、まあ、わかる。車戻ってちょっと休憩するか」

---

ガチャ パタン

凛「意外とあっさり見つけられたけど」

亜季「それ以上にあっさりと見終わってしまったであります」

乃々「ある意味……もりくぼみたいに急に連れてこられた方が、期待が膨らまない分良かったかもしれません……」

P「まあ、星見て何か掴めるくらいなら楽なもんだよな。えーと」ガサガサ

凛「なにしてるの、プロデューサー?」

P「よっと。コンビニもので何だけど、飲み物と軽食だ」

凛乃々亜季「「「……」」」

P「あ、あれ? そこはもっとこう、盛り上がってもいいんじゃ」

乃々「いえ、その……」

亜季「この時間の配給は、何とも魅力的でありますが」

凛「ちょっと気にするよね……」

P「君ら、ちゃんとアイドルなんだなぁ」

凛「アイドルにしたのプロデューサーだよ」

グゥゥ

亜季「……」

乃々「……」

凛「だれ?」

亜季「いえ、私では」

乃々「あの、はいぃ……お腹鳴りくぼです……」

凛「ふふっ。いいね、私もお腹空いた。食べようよ」

亜季「食べた分、レッスンで消費すればいいでありますな!」
23: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:58:08.17 ID:pSLCOGdy0
P「そんで」

P「実際に見て、何か分かったか?」

乃々「そんな何が分かったとかなんて……」

亜季「とても遠い、遠い宇宙の彼方から来た光だということは、知識として分かりますが、実感が追い付かないであります」

乃々「……」

凛「あっ」

P「ん?」

凛「ねえプロデューサー。ここで曲、聴けるかな」

亜季「確かに! 聴きたいであります!」

P「ああ、待ってな。確かタブレットにデータが」

亜季「では、カーステレオにブルートゥース接続はいかがでしょう」

P「それいいな。タブのスピーカーよりいい音出るだろうし」
24: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:58:37.39 ID:pSLCOGdy0
♪~

P(みんな聴き入り始めたな)

P(ぼそぼそと呟いて歌ったり。じっと窓の外を見つめていたり)

乃々「……」

凛「……」

亜季「どうして……どうして……きみは君なんだ」

乃々「……」ピク

凛「乃々?」

亜季「……?」

乃々「いつでも……きみは……」

凛「……?」

ガチャッ

凛「え、あっ、ちょっと」

亜季「どうしたでありますか」

凛「わかんないけど、乃々が外に」

P「おいおい、あまり遠くに行くなよ」

バタバタ

凛「乃々、どうしたの?」

乃々「なにか……分かったような気がして」

亜季「なにが、とは……なんでありますか?」

乃々「……」

凛「……」

亜季「……」

乃々「あぅ……やっぱり分からないです……」

乃々「……ごめんなさい、凛さん。こんな天体観測までして……」

凛「……」

乃々「なんていうか……くやしい、です。何か分かりそうだったのに……」

凛「ねえ」

乃々「はい……」

凛「こんばんは」

乃々「はい……?」

凛「ねえ。どうしたんだい」

凛「ねえ」

乃々「どうして、どうしてずっと泣いてるの、ですか?」
25: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:59:04.36 ID:pSLCOGdy0
凛「ふふっ。ここからがいいところなのに」

乃々「急に振られても困りくぼですけどぉ……」

亜季「ふふ……しかしなんです。天気はこんなに晴れて、満天の星空だというのに。あまりすっきりできないものでありますな」

凛「そうだね。ちょっと夢見すぎていたかも。実物を見てすっきり解決、なんて」

乃々「夢……」

P「……」ピ ピ ピ

♪~

凛「あ」

亜季「カーステの音量、結構大きくできるのでありますな」

亜季「せっかくです、何か掴めなくても、歌ってみませんか」

凛「そうしよう、乃々。私も、歌ってみたい気分」

乃々「待って……もらえますか……」

凛「え?」

乃々「すっきりできない……暗い、曇り空のような……」

亜季「乃々殿?」

乃々「夢、願い……」

乃々「……」

乃々「うまく言えるか分からないけど、聞いてくれますか」

凛「うん」

亜季「ええ」

乃々「私たち……アンドロメダ銀河を見にきました」

凛「うん。一応、見れたね」

亜季「目標達成とはいきませんでしたが」

乃々「いえ……達成、だと思います……」

凛「えっと、どういうこと?」

亜季「何か答えがでたのでありますね?」
26: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:59:46.24 ID:pSLCOGdy0
乃々「ぼくらが目指すアンドロメダは……」

乃々「……願いかな、って……」

凛「願い?」

乃々「夢、でもいいです……」

乃々「アンドロメダは、夢なんです」

亜季「夢……」

乃々「正確には、歌詞の中では『夢が形になって叶う場所』って……」

凛「うん」

乃々「アンドロメダへ行くのが夢じゃなく、夢が叶う場所がアンドロメダ……」

乃々「そこを目指す、ぼくらの物語」

乃々「泣いている、夢にあこがれているだけの僕と……」

乃々「夢に向かう、笑えない自分にも笑ってくれる、君」

亜季「やはり、二人の物語なのでありましょうか」

乃々「……この二人……自分自身のことかなって、思いました」

凛「どっちも、自分自身?」

乃々「太陽も見ずに過ごした自分……」

乃々「……夢に向かって、僕にも微笑むことができるようになった自分……」

乃々「不思議だったんです……君と僕と、そして、平仮名の『きみ』も『ぼく』あるの」

凛「あっ、確かに……」
27: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:00:19.50 ID:ngn5gcrC0
乃々「夢を叶えられなかった『きみ』」

乃々「夢を叶えた『君』に手を差し出された『ぼく』」

乃々「変わっていく『僕』……」

亜季「どれも、自分ということでありますか」

凛「じゃあずっと、ここにいる君も僕も、一人だったっていうこと?」

乃々「凛さんと亜季さんは……ありませんか? 前の自分と、今の自分は違うなって、変わったなって思うこと……」

凛「それは……あるよ。うん」

亜季「アイドルを始めてからは、良く思うであります」

乃々「もりくぼも……少しは、変わったかなって思います……」

乃々「そんな、前の自分との」

亜季「アンドロメダという夢への旅路」

乃々「はい……だから」

乃々「アンドロメダは……ここなんです……」

凛「いま、ここが私達の夢」

亜季「今日の、みんなであの銀河を見るという夢」

凛「それが叶った私たちは」

乃々「夢に会えた自分は……」

乃々「夢に会えていなかった自分にさよならをするんです……」

凛「……ああ、そっか……さよならって言っているけど」

凛「夢が叶った自分との、出会いの曲でもあるんだ」

凛「寂しそうとか、切ないとかそんな感じかと思ったけど、そんなことはなくて」

乃々「もしかして、嬉しいのかなって……」

亜季「そして夢を願っていた自分を思い出して、微笑むことができる」

凛「……」
乃々「……」
亜季「……」
28: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:00:46.44 ID:ngn5gcrC0
P「いいんじゃないか」

乃々「いいんでしょうか……これが正しいのかは、ちょっと分からないです」

P「こう言う解釈って、間違ってることはあっても、正しいってことはないからな」

凛「正しい答えは無いの?」

P「誰もが同じ答えには辿り着かないってこと」

亜季「その人それぞれによって夢が違うように、答えが違うということでありますか」

P「そんな感じかも。俺なんか、最初は銀河鉄道かと思って」

亜季「P殿も宮沢賢治でありましたか」

P「いや、999の方。アンドロメダに主人公の夢を叶える場所があるからさ」

亜季「あっ、そっちもありました!」

P「そのあと少し考え直して、ラブソングかなって思っていた」

乃々「えっ、プ、プロデューサーさんがそう思っていたなんて……じゃあ……」

P「大丈夫、乃々たちの考えた答えのままでいい。解釈は違ってて大丈夫」

P「すべてが伝わるものじゃない。でも、自分の中に何かの答えを持っていないと、なにも伝えられない」

P「伝わった想いは、受け取った人たちがまた考えていく」

P「その乃々の答えは、そのまま乃々が持っていればいいんだ」
29: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:01:15.40 ID:ngn5gcrC0
亜季「また一つ、願いが叶ったでありますね」

凛「え? どんな願い?」

亜季「この天体観測の最初の目標でありますよ! 歌詞の解釈に、一つの答えを出せたではないですか!」

凛「あっ。そうだった」

亜季「これで凛殿も、前の自分にさよならするのでありますな」

凛「ちょっと、そんな頻繁に別れてなんていけないよ」

亜季「ははは」

乃々「ふふ……」

P凛亜季「「「……」」」

凛「乃々が、笑った」

乃々「ふえぇ……?」

凛「私達といるとき、ずっと借りてきたリスみたいだったのに」

乃々「猫では……」

亜季「私達とも、笑えるようになったのでありますね」

乃々「……そうかも、です。インディビジュアルズとは違うけど……ここも、これはこれで……ちょっと居心地いいかも……です……」
30: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:01:43.66 ID:ngn5gcrC0
P「さーて、帰るか」

亜季「イエッサー!」

乃々「はい」

凛「……」

乃々「……凛さん?」

タタタッ

凛「プロデューサー」ギュッ

P「おっと?」

乃々「わわっ、後ろから……」

亜季「大胆でありますな……」

P「な、なんだ凛?」

凛「今日は……ここまで連れてきてくれてありがとう」

P「え? あ、ああ」

凛「この先も」

凛「まだまだこの先も」

凛「あの銀河の向こうまで」

凛「連れていってほしい」

P「凛……」
31: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:02:10.84 ID:ngn5gcrC0
乃々「……」チラ

亜季「ふふっ、乃々殿。私達も行きましょう!」

乃々「む、むりじゃないですけど……」

ギュッ

亜季「私達も、同じ気持ちでありますよ」

キュ

乃々「いえ……もりくぼは連れていかれたくはないんですけど……」

P「お、お前たちな」

凛「プロデューサー。まだ答えを聞いてないよ」

P「答え?」

凛「連れていってくれる?」

乃々「この先も」

亜季「あの銀河も」

凛「夢の、そのまた次の夢の先も」

P「……いくらでも」

P「どこまでも連れていってやる!」

凛「うん……ありがとう」

乃々「ありがとう……ございます」

亜季「嬉しいであります……!」ギュゥ~

P「……」

P「……92」

凛「ん?」

乃々「……」

P「ほ、ほら、もういいだろ!」
32: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:02:37.14 ID:ngn5gcrC0
P「さあ、帰るぞ。乗った乗った」

凛乃々「わかった」「はい」

亜季「了解であります!」

ガチャ
バタン バタン

P「……いい曲になるな」

亜季「肯定であります」

P「作詞さんにも期待しててって言っておくな」

亜季「ふふ、それはプレッシャーでありますな」

P「あと、レコーディングも絶対行くぞ」

亜季「おおっ、P殿自ら参陣とは!」

凛「見ててね、プロデューサー。すごくいい曲にするから」

乃々「あの……」

凛「ん?」

乃々「みなさん、今日は……ありがとうございました」

凛「どうしたの、改まって」

乃々「今日ここに来なければ……私、もっとずっと悩んで……」

乃々「もしかしたら、歌うのも嫌になっていたかもしれなくて……それを」

乃々「凛さんが発案してくれて、亜季さんが準備してくれて……プロデューサーさんが連れてきてくれて……」

乃々「三人がいなかったら……」
33: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:03:06.73 ID:ngn5gcrC0
凛「乃々のためだけじゃないんだよ」

乃々「え?」

亜季「私もであります。この三人と、そして自分のために。今日ここに来て、よかったと思っています」

凛「私も乃々に感謝したい。結局解釈は、乃々にまかせっきりだったし」

亜季「いやはや、乃々様様であります」

乃々「そんな……私も、二人がいなかったら、自分では辿り着けなかったですから……」

凛乃々亜季「「「……」」」

凛「ふふ」

亜季「ふふふっ」

乃々「……ふふ……」

---

ブロロロ…

亜季「P殿」

P「ん?」

亜季「アイドルは最前線で戦いますが……それは、P殿や作詞家殿、作曲家殿、たくさんのスタッフさん達に兵站を調えられて、初めて戦えるのだと改めて感じました」

乃々「美玲ちゃんが……せ、戦友って言ってました……」

凛「そして、願いを……夢を届けたいファンたちがいる」

亜季「P殿の願いも、私達の歌に乗せさせてください」

P「それは……いいのか? 大変だぞ?」

亜季「お任せください。必ずや、届けてみせるであります」

P「プロデューサー冥利に尽きるな。楽しみにしてるよ。ああ、そうそう」

亜季「はい」

P「この曲、作詞と作曲、別名義だけど同じ人」

亜季「マジですか!」
34: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:03:37.60 ID:ngn5gcrC0
亜季「それにしても、仕事の後にこんなところまで車を出していただいて……P殿には貧乏くじを引かせてしまったでありますな」

P「いや、俺にも十分収穫あったよ」

亜季「それは重畳であります。どのような?」

P「まあ、ライブでやりたいプランができたな。この曲をやるなら、満天の星空を作りたい。プラネタリウムみたいに」

亜季「可能でありますか?」

P「それはまぁ……後々考えるけど」

P「普通のハコだと難しいか……ステージにだったら照明で……ああ、でも……」ブツブツ

P「なあ凛、次のドーム公演なら……」

亜季「P殿」シー

P「ん? ……ああ」

亜季「レッスンからの直行は、なかなかの強行軍でありましたから」

P「亜季も寝てていいぞ」

亜季「そんな、P殿を差し置いて寝るなど。私で良ければ、話し相手になるであります」

P「それは有り難い」

亜季「では、戦闘ドクトリンの好みなどはいかがですか。私はやはり縦深突撃からのブリッツクリークを」

P「わからんわからん」



凛「すぅ……」

乃々「くー……」



乃々(帰り道に、夢を)

乃々(夢を見ました)

乃々(それは、三人で星屑の波に乗って)

乃々(三人で宇宙を駆け抜けて行く夢で)

乃々(それは、どこまでも)

乃々(そう、どこまででも)

乃々(銀河の向こうまでも)



乃々「えへ……」





さよならアンドロメダ
https://www.youtube.com/watch?v=3g1-u8qPxkU




おわり
35: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/19(土) 00:04:05.04 ID:ngn5gcrC0
いつかフルメンバーでライブお願いします。
話が固まってから見つけたネタなので入れられなかったのですが、
アンドロメダ銀河と天の川銀河は、いずれひとつになるそうです。

いまのところ書きたい話としては、
奏でシリアスとか
肇でいちゃいちゃとか
LiPPSでエロコメとかを考えています。

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 08:25:00.70 ID:cNQcX59Ho
おつ
こういうの好き

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング