FC2ブログ

佐天「恋愛事に関して的確な助言が出来る能力かぁ」

1: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:02:07 ID:w8/fbCtp0
佐天「だってさ初春」

初春「へぇ…じゃあ私に助言して下さい!」

佐天「オッケー、えーとね……[まずは相手を探しましょう]…だって」

初春「……あ、ああそうですか…」


注目記事




3: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:09:20 ID:w8/fbCtp0
初春「まあ確かにあってますけど…」

佐天「初春じゃこの能力を生かせないねやっぱり、ここは他の人に使ってみよう!」

初春「白井さんとか御坂さんですか?」

佐天「うん」

初春「ですよねやっぱり」
4: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:14:10 ID:w8/fbCtp0
黒子「是非ともお願いしますの!!」

佐天「うん、白井さんならそう言うと思ってた」

美琴「…それって能力なの?」

初春「正直佐天さんの元からの特技かもしれませんよね」

佐天「能力だってば、そんな特技が使えるほどの経験なんてあたししてないもん」

黒子「いいから早くわたくしに能力を使って下さいまし!!はやく!!」

初春「……白井さん」
6: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:20:39 ID:w8/fbCtp0
佐天「えーと、じゃあ使いますよ白井さん」

黒子「お願い致しますの!!」

佐天「……えと、[まずはがっつくのを即刻辞め、仲の良い先輩後輩の間柄を貫きましょう]」

美琴「………」

佐天「[相手側が現状で貴女に傾く事は100%あり得ません、打開のチャンスが訪れる事を祈りましょう]」

黒子「」

初春「辛口ですね…」
9: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:28:32 ID:w8/fbCtp0
黒子「……なんですのそれ」グスッ

美琴「…まぁ、間違いないわねうん」

黒子「お姉さま…嘘でも良いのでちょっとは否定して欲しいですの」ウルウル

美琴「ごめん、それはムリ」

黒子「………うぅ」

初春「…あ、白井さんまだ続くみたいです」

黒子「ふぇ?」

佐天「[もっとも可能性があり、難易度も低いチャンスは相手の失恋直後です、その時優しく健全に慰める事が出来れば可能性が僅かに上がります]」

黒子「……なるほど」

美琴「…いや失恋て…」
10: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:34:08 ID:w8/fbCtp0
佐天「……ふぅ」

黒子「とりあえず参考になりましたの、ありがとうございます佐天さん」

初春「けっこう合ってる気がしましたね…」

美琴「私の前で言ってなければね」

黒子「わたくしがんばりますの!!」

美琴「いや頑張らないで、ホントに」

佐天「…けっこう好評みたいですね…では御坂さんにも助言しましょうか!!」

美琴「えっいや私はあの!?」ビクッ
11: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:40:09 ID:w8/fbCtp0
佐天「まあまあ御坂さん、相手が居ない場合は相手を探しましょうって言われるだけですから!!」

美琴「いや…あのでも…」ソワソワ

初春「嫌がる理由なんかないですよ!!だって対象にはメリットしかないですし!!」

黒子「そうですわね」

佐天「初春は完全に興味本位だよね、白井さんは完全に漁夫の利狙ってますよね」

初春黒子「「なにをバカな」」

美琴「…うーん…えと」モンモン
12: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:43:33 ID:w8/fbCtp0
佐天「強制はしないですけど…どうします?」

美琴「…えと」

初春「………」

黒子「………」

美琴「…………お…おねが…ぃ…」カァァァ

佐天「りょーかいです御坂さん!!では………」

美琴「……うぅ」モジモジ
15: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:50:44 ID:w8/fbCtp0
佐天「…[現状では難しいですが、相手の嫌がる行為を一切辞めれば可能性は高いでしょう]」

美琴「…え?」

初春「…おぉ」ワクワク

黒子「………」

佐天「[素直になるよう努めれば道は開けます]」



佐天「……以上ですね」

美琴「…………」

初春「けっこうシンプルでしたね…」

黒子「そうですわね」
17: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 21:56:50 ID:w8/fbCtp0
美琴「……素直に…か」

佐天「御坂さんって確かに意地っ張りなとこありますもんね」

美琴「そ、そっかな?」

初春「はい、ゲコ太の事とか正に」

美琴「…あんまり自覚ないんだけど」

佐天「でしょうね、御坂さん自覚なさそうです」

美琴「………私ってもしかして分かりやすい?」

黒子「今さらですの」
18: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:03:32 ID:w8/fbCtp0
美琴「わかった、助言の通りにしてみる」

佐天「おお!!いきなり助言の通りですね!?」

黒子「いつもなら「私はいつも素直にしてるわよ、そんなのに見栄なんか張ったってなんにもならないじゃない!!」とか言ってる所ですわね」

美琴「…う、うんそうね」

初春「頑張って下さい御坂さん!!応援しますから!!」

美琴「ありがと初春さん」
19: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:11:06 ID:w8/fbCtp0
…………後日

美琴「………」ションボリ

初春「…み、御坂さんどうしたんですか?」

佐天「なんか凄い落ち込んでますね…」

黒子「お姉さま風に素直になった結果ですの」

美琴「………」ショボーン

初春「…何があったんですか?」

美琴「……勝負仕掛けて全力で電撃ぶっ放した」

初春「え、なんですそれ」

佐天「なんで電撃?」

黒子「それがお姉さまが素直になった結果ですの」
21: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:17:41 ID:w8/fbCtp0
佐天「…す、素直になってそれですか?」

黒子「ええ、お姉さま的には自分の全力を受け止めてくれるというイメージが強いのでしょう」

初春「それで、相手の人は?」

美琴「……説教された」

黒子「今回はかなり頭に来ていたらしいですわね、お姉さま正座させられて2時間ばかりくどくど言われていましたの」

美琴「……佐天さんのうそつき…」グシグシ

佐天「…いや…助言で相手の嫌がる行為はしないようにって言ったじゃないですか」
23: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:24:05 ID:w8/fbCtp0
美琴「……嫌がってたんだ、そっか…」

初春「普通はlevel5にケンカ売られたら嫌がりますよ御坂さん」

美琴「…いや、いっつも危ない事に首突っ込んでるからそういうのが好きなのかなって」

佐天「すごい都合の良い解釈ですよそれ」

美琴「…そうよね…うん…確かにそうよね…ははは…はぁ」

初春「…佐天さん、もう一度御坂さんに助言してあげて下さいよ、ちょっとかわいそうですし」

佐天「うん…そうだね」
26: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:32:06 ID:w8/fbCtp0
佐天「[相手に懇切丁寧に謝りましょう、先ずはそこからです、そして喧嘩はよくありません、相手からすればただの迷惑です、これらを踏まえて行動すれば可能性はあります]……以上ですね」

初春(…前回は可能性は高いって言ってたのに言わなかった…)

美琴「謝ってきて、それでケンカは絶対だめっと…なるほど」

黒子「お姉さま、今度は失敗なさらぬように」

美琴「…う、うん」

佐天「頑張って下さい御坂さん!!」

美琴「うん、ありがと佐天さん」
27: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:39:40 ID:w8/fbCtp0
…………さらに後日

美琴「」ズーン…

初春「…み、御坂さん?」

美琴「……ほぇ?」ドヨーン

佐天「失敗したんですか…」

美琴「……………うん…」ウルウル

黒子「謝りにあの殿方の寮へ言ったのですがそこでちょっと…」

美琴「……う…ぅ…さてんさんのうそつき……」グシグシ

佐天「…えーと、失敗する要素ありましたっけ?」

初春「謝るだけならそこまで失敗しないでしよね?」
29: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:46:41 ID:w8/fbCtp0
佐天「……まさかケンカしたんですか?」

初春「相手の人とケンカは駄目って言われたじゃないですか」

黒子「あの殿方とはケンカしていませんの、説教を3時間食らってはいましたけれど」

佐天「…じゃあ誰と?」

美琴「…………」

黒子「その方の部屋に居たシスターさんと激しく言い合いになりしまいには取っ組み合いになっていましたわね」

美琴「…だって」

初春「…まあその人からしたら自分の部屋で暴れられたらたまったもんじゃないですよね…」

佐天「……御坂さん…」
32: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 22:54:25 ID:w8/fbCtp0
美琴「あいつとケンカしなきゃ大丈夫だと思ったんだもん…ムキになった私も悪いけど…」

黒子「あのシスターさんもお姉さまの神経逆撫でしていましたもの…仕方ないと言えばそうなりますわね」

美琴「…ありがと黒子」ウルウル

初春「はぁ…でも失敗ばかりしてられないのも事実ですからね御坂さん?」

美琴「…うん、わかってる」

佐天「…じゃあまた助言してみますか御坂さん!!」

美琴「お願い、ごめんね佐天さん何度もお願いして…」
34: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 23:05:49 ID:w8/fbCtp0
佐天「[とにかく謝りましょう、でないと嫌われます、そして信頼回復の為に動くと良いでしょう、オススメは手料理を作りに行く事です、
料理の出来る女の子が嫌いな男性はいません、まずはテンプレで攻めて名誉を挽回しましょう]…以上です」

初春(…ついに嫌われる一歩手前宣言ですか)

美琴「…なるほど、手料理か…」

佐天「御坂さん料理は作れます?」

美琴「自信あるわよ?常磐台の実習でもみんなに教えてあげてるくらいだもん」

佐天「なら問題ないですね、次こそ頑張って下さい!!」

美琴「ありがとう佐天さん!!今度は失敗しないから!!」
37: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 23:15:02 ID:w8/fbCtp0
………またまた後日

美琴('A`)

初春「………」

佐天「……生気のない顔ですね」

黒子「今回はお姉さまに同情しますの…」

初春「…料理が上手く出来なかったんですか?」

黒子「…いえ、料理そのものは凄く美味しそうでしたの」


黒子「…ただ、あの殿方の冷蔵庫の中身をすっからかんにしてしまう位気合いを入れて料理してしまいまして」

佐天「冷蔵庫って…事前に食材買わなかったんですか?」

黒子「用意した分では足りなかったらしいですの、まぁそれでも2週間分の食料全部はやり過ぎでしたけれど」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13 23:19:03 ID:tw+rlTSRO
不覚にもワロタ
41: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 23:25:00 ID:w8/fbCtp0
美琴「…だってあの子の機嫌もとっといた方が良いと思ったんだもん」ウルウル

黒子「お姉さまの考えは間違っていませんの…ですが」

美琴「…うぇ…ぇ…くろこ…」グシグシ

黒子「あの殿方が不在の時に勝手に冷蔵庫の中身を使ったのはダメでしたわね…」

美琴「……使った分はちゃんとお金払うって言ったけどいらないって…コイツが食った分なんだしって…でも完全に余計な事しやがってってかおしてた!!すごい邪魔って言いたそうなかおだったぁ!!」ポロポロ

黒子「…お姉さま」

初春「……上手くいきませんねぇ」

佐天「…うん」
53: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/13 23:59:06 ID:w8/fbCtp0
佐天「御坂さん!!まだ諦めちゃダメですよ!!次です次!!」

美琴「ざでん゙ざん…」ボロボロ

黒子「お姉さま、黒子は応援していますから頑張って下さいまし!!」

初春「私も応援してます御坂さん!!」

美琴「ありがとう…ありがとうみんな…私がんばるから…!!」ゴシゴシ

佐天「では助言を…[こうなったら既成事実を作りましょう、責任感が人一倍強い相手ならば効果は抜群です、短パン脱いで勝負下着履いて夜這いをしましょう]……え?」

初春「え?」

美琴「え?」

黒子「なるほど」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14 00:01:49 ID:y0l7oskO0
ついに勝負にでるのか…
56: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:07:07 ID:w8/fbCtp0
美琴「………マジで?」

初春(…最終手段じゃないですか)

佐天「いや…あたしの意思で言った訳じゃないからなんとも…」

黒子「どういたしますのお姉さま?」

美琴「…………やる」

初春「え、本気ですか?」

美琴「やるったらやる!!もう後には引けないわよ!!」

佐天「…み、御坂さん」

黒子「…わかりましたお姉さま、では勝負下着はわたくしがチョイス致しますの、勿論お姉さまの好みを踏まえて」

御坂「……わかった、お願い黒子」

黒子「お任せくださいまし」

御坂「やってやる…やってやるわよ!!」
58: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:19:01 ID:uCpOIZeH0
………さらにさらに後日

美琴(∵)

初春「………」

佐天「………」

黒子「………」

佐天「えーと、今回はどんな失敗を?」

黒子「簡単に言えば夜這い相手を間違いましたの」

初春「…いや、どうやって間違うんですか…」

黒子「ベッドに忍び込んだら相手が違っていたと言う事ですの」

佐天「…なにそれ」

美琴「……なんであいつのベッドにあの子が寝てんのよ」グシグシ

黒子「で、お姉さまはそれに気付かずベッドに潜り込んで、そのシスターさんの身体をまさぐってから初めてそれがあの殿方じゃないと気づいたんですの」

美琴「その時あの子が声上げてね…そしたらお風呂場からあいつが来て…うん」

佐天「…シスターさんに襲い掛かっている御坂さんを目撃されたと」

美琴「…うん」
63: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:25:50 ID:uCpOIZeH0
美琴「…あは…ははは…もう笑うしかないわ……」ポロポロ

黒子「お姉さまも必死に説明したのですが「上条さんはそういう趣味に偏見はございませんよ、うん…無理矢理はインデックスも困るだろうからあれだけど…うん」…と聞く耳持たずでして…」

初春「…やっちゃいましたね…」

佐天「…御坂さん…事前に確認しないとダメですよ」

美琴「うん…そうだよね…あはは…はは」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14 00:35:28 ID:u50+o+qS0
それでも佐天さんなら何とかしてくれる
67: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:36:52 ID:uCpOIZeH0
黒子「…お姉さま、無理をなさらずに…」

美琴「…うんそうだね黒子…はは…あは…はぁ……」

佐天「…助言…聞きます?」

美琴「…うん、一応きくー」

初春「御坂さん…なげやりですねもう…」

佐天「…そうだね、えと…[新しい恋を探すのが無難です]…………………あ」

初春「……」

黒子「……」

御坂「……やっぱり?だよねーあははははは…はは…ぅ………うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん
…えっ…ぐ…うえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇんっ!!!!!」ポロポロポロポロ
佐天「…じょ…助言だから容赦ない時はホントにはっきり指摘するんだこの能力…」ダラダラ
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14 00:41:35 ID:S7/TTnWTO
黒子が最初っからここまで助言に従ってる
74: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:43:40 ID:uCpOIZeH0
佐天「ど、どうしよう初春」オロオロ

初春「わ、私に聞かれても…」オロオロ

美琴「ひっぐ…うぇ…っ…やだやだやだ……」ポロポロ

黒子「…お姉さま」

美琴「…ぅ?」

黒子「黒子はお姉さまの味方ですの、ずっとずっといつまでも」

美琴「…くろこ」グスッ

黒子「…だから、泣かないで下さいまし…さあハンカチですの」

美琴「……うん…ありがと…」グシグシ

黒子「……」
83: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:53:44 ID:uCpOIZeH0
黒子「…ちなみに佐天さん、今わたくしに助言するとどうなっていますの?」

佐天「え?あっはい………[ごーとぅー!!]……え?」

黒子「………」ニヤリ

美琴「……くろこ?」グスッ

黒子「お姉さま…わたくしとずっと一緒にいてくださいますか?」

美琴「……うん、いる」コクリ

初春「…うわぁ」

佐天「……白井さん…」

黒子「………ミッションコンプリートですの」

美琴「……」グスッ…ギュッ

黒子(うへへへへへへへへへへへへへへへふひひひひひひひ…!!)ギュッ

佐天「……まあ、いいか幸せそうだし」

初春「…なんかずるいですけどね」

おわり
87: しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 2012/08/14 00:55:29 ID:uCpOIZeH0
たまには分かりやすい伏線もいいかなってね?


じゃーな
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14 00:56:53 ID:kkD0EzLS0
oh......
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/14 01:03:34 ID:RU3DWLoa0
腹黒子

関連スレ:

この書き手SS


佐天涙子 能力目覚めたシリーズ
(書き手はバラバラです)


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

ミコトラブ

めちゃくちゃ面白かった


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。