FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:41:58.58 ID:N62VaXZF0
いっそ参加型にしたらいいかしら。

そして初SSなのでご容赦ご容赦。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1369921318
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:42:54.29 ID:N62VaXZF0
――――――
  ――――
    ――

○月×日

私の名前は渋谷凛。えっと……今日から個人的な日記を書いていこうと思う。

まず何から書こうか。プロフィール、とか?

えっと――15歳。高校生。愛想もあまりよくないし、ピアスも付けてたりするので人から怖がられることもあるが、アイドルをやってる。

うん。そうだね。最初だからちょっととりとめもないことを書いてくね。

えっと……アイドルを始めたきっかけはある人にスカウトされて、それでまぁ……色々とあったけど、少しは退屈な日常と離れられるかなと思ったから。

実際に始めてみて私の日常は激変した。

事務所の人たちは年齢も出身もバラバラだが、すごくいい人ばかりで新しい友達も増えた。

仕事も私にとってはどれも本来ならテレビの向こうのものだったのが目の前に並べられて迷ったり、失敗したりと刺激に溢れていた。
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:43:22.55 ID:N62VaXZF0
でも、それも私にとっては日常の延長線。学校にも友達はいる、家でも仕事はある。

じゃあ、なにが――?

そう自問すれば出てくるのはあの人の顔だ。

いっつも近くにいて、ことあるごとに頭を撫でたりと私を子ども扱いして、

でも、私が悩んでる時は「どうした?」って心配してくれて、茶化すこともなく真剣に相談に乗ってくれたりもして、

ちょっと悪戯してみようかななんて思って、抱き着いたりすると真っ赤になって慌てて、

そんな彼の顔が、そんな彼の一瞬一瞬の表情が浮かんでは消えて、消えては浮かんで。

そう、私はきっと彼に恋をしているんだろう。

アイドル的にはご法度なのかもしれないけど、一度彼にそれとなく相談したら「別にいいんじゃないか?」なんて返ってきてビックリした。

「アイドルの前に女の子なんだから、恋の一つや二ついいさ。あ、でもスキャンダルとかはやめてね」

なんて、かっこいいんだか悪いんだかわかない台詞だったけど、嬉しくて泣いちゃって。

別に誰が好きなんて言ってないけど……。それでも、彼にそういう気持ちを否定されなかったことが嬉しくて。

でも、そのせいで彼、すごい慌ててたけど。ふふっ。
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:43:53.12 ID:N62VaXZF0
まだ、この気持ちは言えない。こうやって文字に書いて、心に思って持っていることしかできない。

いつになれば言えるのかもわからない。

……でも、きっといつか言える日が来る。それは確か。

その日はきっと――、

    ――
  ――――
――――――
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:44:32.82 ID:N62VaXZF0
P「なに書いてんだ?」

凛「ぷ、プロデューサー!? ちょ、だめだよ! 女の子の日記横から見たら!」バッ

P「日記だったのか。すまん」

凛「ま、まぁ事務所で書いてる私も悪いんだけどね……で、何か用事?」

P「ん? あぁ。ほら仕事終わったから飯食いに行く約束してたろ。そろっと行かないとな」

凛「え、もうそんな時間……?」チラッ

凛「ほんとだ。遅刻すると加蓮がうるさいからね」

P「ははっ。そうだな」

凛「ん。じゃぁいこっか」

P「おう。事務所前に車回すから待っててくれ」
    スタスタスタ

凛「うん。っと、ねぇプロデューサー」

ガチャ
P「ん?」

凛「一つお願いしていい?」

P「なんだ? 俺にできることならいいが」

凛「今じゃなくて、ね。いつか、いつかね」

凛「私が、トップアイドルになったら――」

凛ルートEND
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:52:00.98 ID:EOpbZNDH0
いいねいいね
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 23:23:23.47 ID:N62VaXZF0
――――――
  ――――
    ――

△月△日

久々に日記を書いてみる。

別にサボってた訳じゃないけど、仕事が忙しくて書く暇がなかっただけ。

……なんで自分の日記に言い訳してるんだろう? ……まっ、いっか。

でも久々すぎて何を書いていいかわからない。うーむ。

ちょっと今日までの纏めでも書いてみようかな……。

えっと、まず日記を書かなくなった理由は仕事が増えた。うん、アイドルとしての。

これはきっといいことだと思う。

考えてみたら昔、日記を書いてた頃って主にベットの上だったからあの時はあの時でまったく書くことがなかったような……。

こうしてアイドルとして活動始めてみると、今度は色々目まぐるしくて何を書いていいかわかなくなるとはねー。

でもそれもこれもプロデューサーに会ったおかげ……かな。

うん。きっとそうだよね。
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 23:23:58.72 ID:N62VaXZF0
白い天井と壁とベットしか知らなかったアタシ。

そんな世界からやっと抜け出せてもやっぱり世間とのずれは大きくて結局1人でいることしかできなかったアタシ。

自分という存在がどこにいるのか定かじゃなかった。

誰にも必要とされず、ここにいていいのか、ダメなのか。――もちろんお母さんやお父さんは優しくしてくれたけど、そうじゃなくて。

でも、たまたま買い物に出た――ほんと、運命的なんて状況が全く似合わないような状況で、それでもそんな中プロデューサーはアタシを見つけてくれた。

状況はそうだったけど、アタシは少し運命ってものを感じたよ? ――――なに書いてるんだろう、ちょっと恥ずかしくなってきた。

ま、まぁ、それでなんやかんやでアイドルすることになったんだけど。……ほんとなんやかんやだよねー。

練習とか努力とか嫌いだー。って言ってるのに「いいんじゃね、別に」で済ませるあたり、バカなのか大物なのか……。

今思えばプロデューサーらしいって言えばらしいんだけど。

入院の話しても「ふーん」って。

アタシに興味ないのかー! なんて思ったりもしたけどさ、

話せばちゃんと聞いてくれたし、聞けば答えてくれたもんね。
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 23:24:24.96 ID:N62VaXZF0
アタシがちゃんと自分で、自分の言葉で言えるように待っててくれてたんだよね。

口下手すぎてアタシじゃなかったら気づかないよきっと。……あ、凛とかなら気づくかな。

奈緒なんかは「アタシに興味ないのかー!」ってそのまま言いそうだけど。

でも、それもこれもアタシがアタシ達がみんなプロデューサーの事好きだからなんだよね。

プロデューサーは気づいてないだろうけどー。鈍感。

でも、どんなに鈍感でも直接言ったらきっとわかるよね。

さすがに今すぐに、なんて無理だけど……きっとみんなもそう思ってるけどさ。

でもトップアイドルになったらその時はきっと伝えるよ。

ちゃんとアタシの言葉で。

だからその時は「ふーん」じゃなくて、ちゃんと聞いてね。

――――なんか、日記っていうよりラブレターみたいな……。ま、まぁ? 初心忘れるべからずってことで。


    ――
  ――――
――――――
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 23:25:21.13 ID:N62VaXZF0
加蓮「おっと。もうそろっと出ないと」チラッ

加蓮「凛とプロデューサーは一緒に来るんだっけか……。アタシも事務所行けばよかったかな」

加蓮「でも、今日は凛の日だし……くー。あそこでグーを出さなければなー」

加蓮「まぁ、ここから挽回挽回。っと日記は仕舞わないとね」

 ジー……
加蓮「……見ててよねプロデューサー。ちゃんと一番輝いてみせるから!」


加蓮ルートEND
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:05:30.20 ID:hsWuyYIe0
――――――
  ――――
    ――

□日×日

えっと、日記を書くことになった。

ってこれは書く必要あるのか? 正直、日記なんて書いたことないからどうしたらいいかわからないんだけど……。

きっかけはなんだったかな。この間のレッスンでトレーナーさんとPさんが話していたのがそうなのかな。

トレーナーさんが日記をつけてるって話をPさんとしてて、

それにPさんが……いろいろ割愛するけど「マメな人って素敵ですよね」とか言うもんだから、

加蓮と凛が「日記だ!」とかいきりたっちゃって。アタシも巻き込まれたんだよな。

まぁ、日記自体書くのは別に悪くないだろうし今後の為にもなるかもだしな。

で、なに書くかってことなんだけど……。
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:06:13.56 ID:hsWuyYIe0
そういえばPさんって事務所の昼飯時はカップ麺が多いんだけど毎回違うの買ってくるんだよな。

居合わせると少しくれるんだけど割とそれが面白い。いろいろと味が合って同じカップ麺なのに違うんだよな。

Pさんにそのこと話したら「アイドルと同じだな!」とか言われたけど、カップ麺とアイドルを並べるのはどうなんだろう。

言いたいことはわかるんだけどな。

そうそう、Pさんってガムも集めてるんだよな。あれも色々と味が違うし、季節ごとに新作が出てたりするから

Pさんの机の引き出しが1つガム専用になってるのには少し驚いたっけ。

Pさんに言わせると「季節ごとに違う味……プロデューサー業やアイドル業と同じだな!」って言われたけど、どうなんだ?

あの人の頭の中はどうも全ての事がアイドルに繋がっているみたいなんだよな。

まぁそれがPさんの良いところなのかもしれないけど。でももうちょっとアタシ個人の事とかも見てほしいよな……。

……日記だとすんなり言えるもんだな。いや、書けるもんだな?

…………Pさんが好き。
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:06:46.08 ID:hsWuyYIe0
    ――
  ――――
――――――

ドスンバタンゴロゴロ
ウワアアアアアー///

――――――
  ――――
    ――
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:07:15.16 ID:hsWuyYIe0
や、やっぱり、日記でも恥ずかしいものは恥ずかしいな。

でも、うん。これは消さないし消せない。この思いがきっとアタシの原動力だから。

いつか一番になるって原動力。

アイドルとしても、女の子として……も。

……やばい、はずい。

い、いや、そうだこれを機にもっと素直になってみるのもわ、悪くないよな?

    ――
  ――――
――――――
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:07:40.75 ID:hsWuyYIe0
奈緒「///」

奈緒「そ、そろっと行かないとな! うん!」スクッ

奈緒「……」

奈緒「……素直になっても」

奈緒「だああああああ! 無理だぁあああああ!」ゴロゴロー

奈緒「……っ、はぁ、はぁ……でも、いつかきっと……Pさんに」

奈緒「…………大好き、だよ」

――今はまだ素直になれないけど、いつかきっと。

奈緒ルートEND
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:10:32.15 ID:JmAOlwCvo
――――――
――――
――

甲月乙日 くもり


6:45
起床。
昨日はそのまま事務所で寝てしまったせいか、身体中からパキパキと音がした。
顔を洗いに行く。

7:00
取り置きのカップラーメンを啜る。
明らかな栄養不足。
顔色が悪い気がする。

お弁当でもあれば……

7:15
今日の仕事の確認。

7:40
まゆ到着。
仕事の打ち合わせと皆が来るまでの間雑談を交えた。
その際にお弁当を。

8:06
ぞくぞくと他のアイドルが事務所に到着。
疲れた顔はおくびにも出さない。
挨拶、スキンシップを交わす…

8:30
あらかた到着した所で仕事に行くアイドルを送る。
ワゴンにまゆ、渋谷 凛、高垣 楓、輿水 幸子を乗せて運転。
たまにカックンカックンと船を漕ぐ。眠いのだ。
アイドル達に心配される。

9:12
スタジオに到着。
モデルの仕事なので、少し指示を出した後は静かに見守るつもりだ。
今日は途中で抜け出してしまう事は無いだろう。
アイドルの皆も安心したように落ち着いた仕事振りを見せる。
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:13:09.00 ID:JmAOlwCvo
12:36
仕事終了。
皆が良い出来だったようで満足そうな顔をした。
少し時間が空くのでアイドル達とご飯を食べに行く事に。
あまりの勢いに断る事は出来なかった模様。

……………

13:30
事務所へ戻る。
まゆを除いた皆は今日の仕事はもう終わりなので、まゆだけまた後で出掛ける事になる。
他のアイドルはレッスン。

…………

13:40
事務仕事に追われる。
あくびをする。

13:50
くしゃみをする。

14:00
鼻をかむ。

…………
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:14:59.66 ID:JmAOlwCvo

………

……




パタン

「ふぅ……」

「お、こんな所にいたのか。何やってたんだ?」

「ええ……少し日記を書き始めたんです」

「へえ、そうなのか! 何だか楽しそうで何よりだ……おっと、もうこんな時間か、仕事行くぞまゆ」

「ええ、Pさん……うふ」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:17:13.51 ID:JmAOlwCvo

「……あ、そうそう……これ、ありがとな、まゆ」

「あ…」

「めちゃくちゃ美味かったよ…ウップ」

「……ふふふっ」

「ははは……じゃ、行こうか」

「はい、Pさん♪」


トタトタ……バタン







――――――
――――
――

甲月乙日 くもり

~~~

14:15
Pさんは「また作ってくれたら嬉しい」と言ってくれた。

素敵な笑顔。

今はそれだけで……うふ

~~~


end
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:44:27.85 ID:NTyk89640
――――――
  ――――
    ――

☆日○日

久しぶりの日記です。久しぶりすぎて何を書けばいいのか迷いますね。

凜さん達ほどではないですけど、私もそれなりに売れてきたことで忙しい日々を過ごしてます。

それまでも安定してお仕事を頂いてましたが、特に4月の桜祭りから急激に増えたので当初はてんてこ舞いでした。

最近では少し余裕ができて、以前のように趣味に時間を割いたりできてるので心配はいりませんよ、Pさん?

俺の要領が良く無いばっかりにってPさんは言いますけど、私もそんなに良く無いのでお互い様です。

なんでも頑張るのが好き。っていつか言いましたが、実はお祖父ちゃんに過程を楽しみなさいって言われるまで苦手だったんです。

でも今では言った通りに頑張るのは好きです。
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:45:00.25 ID:NTyk89640

だから2人でわたわたと慌てながらお仕事してたときも、とっても充実してました。

この程度じゃへこたれませんので、一番上を目指すためにこれからもご指導お願いしますね、Pさん?

……なんて、ふふふっ。日記に書くことじゃ無いと思いますけど、初心に帰るということで。



さて、改めて今日の日記ですけど、Pさんへのプレゼント用に焼いていたお茶碗と湯呑ができたので渡してきました。

湯呑はこれで3つ目ですが、一番最初のは事務所でペン立てにしているので問題無い筈。

今までもPさんに色々としプレゼントてきましたけど、今回のは実は夫婦茶碗です。

片方はもちろん私の手元に……。
38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:45:35.07 ID:NTyk89640

アイドルでいる内は胸に秘めておくので、これくらいのお茶目は大目に見てください。

あの時に言った、来年も再来年もって言うのはそういう意味だったんですよ?

でもPさんのプロデュースでずっとステージに咲き続けたい、というのも本当です。

どちらも私の本音……でもまずは一番上に立ってから、そう思ってます。

まずはこの憧れだった世界を見せてくれたPさんに、Pさんのアイドルとして頂上からの景色をプレゼントします。

その後に、私の想いを貴方へ………。

    ――
  ――――
――――――


肇「―――ふぅ……。恥ずかしい、ですね」

肇「こうして、想いを言葉にして記すのは………。でも、私も覚悟を決めました」

肇「精一杯私の全てを魅せますから、しっかり最後まで見届けてくださいね、Pさん」コツン
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 11:48:30.34 ID:NTyk89640
あ、書き忘れてた!
肇編 endです
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 16:36:59.90 ID:NTyk89640

――――――
  ――――
    ――

星屑の月最果ての日

我が城にて過去を見詰めし禁断の書物が好まれているようだ、戦友の誘いに我も乗る事としよう。

過日の女帝を巡る聖戦で選ばれた事、誇りに思う。

だがしかし、我もまだまだ修業中の身故、慢心せぬよう気を払わねばな。

聖戦の時期に我の魔王就任の祝祭が開かれた事も関係しよう、全魔界の王となるその日まで油断は出来ぬ。
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 16:37:25.61 ID:NTyk89640

このように書物に記すことで戒めとしよう、我が覇道はまだまだ続くのだ。


さて、今日は我が友と共に次の戦地を視察しに向かった。

全魔界統一の為には戦地の些細な差にも意識を向けなければならない、小さな戦場とて気を抜けば死ぬ。それが戦なのだ。

此度の戦地は些か信徒共との距離が遠い、これは十分に考慮すべき点であろう。

我が友と軍議を交わした結果、幾つか策ができた。これはいくら禁断の書物といえど記すべき事ではない。

視察が終われば魔王としての責務も無く、友と我は詩人が唄を奏でる地にて遅めの贄を賜った。

王たる者常に贄には感謝を捧げねばならぬ。まこと美味であったぞ、大義である。

友との逢瀬も長く続けば戦友等に怪しまれる、ともなれば我が城は混沌の坩堝となろう。
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 16:38:15.11 ID:NTyk89640

まこと、まこと残念ながら今日はここまでであった。

次こそは友の不意を打ち、接吻を………。

    ――
  ――――
――――――

蘭子「(―――って、私ったら何を書いてるのっ!? こんなのダメだったら、無し無しっ!!)」ゴシゴシゴシ

蘭子「でも、いつかしてみたいなぁ……///」

蘭子「口吸ひ……」ソッ

蘭子 end
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 16:38:43.55 ID:NTyk89640

翻訳版
――――――
  ――――
    ――

星屑の月最果ての日

今プロダクションの中で日記が流行ってるそうで、皆に誘われたので私も書いてみようと思います!

先日の選挙でシンデレラガールに選ばれたこと、今でも夢のみたい。

だけど私もまだまだなので、皆さんに負けないよう努力しないと駄目ですね。

ちょうど選挙の時期に大規模ライブが行われたのも一番を取れた理由に入ってると思うの、トップアイドルはまだまだ遠いなぁ……。
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 16:39:10.39 ID:NTyk89640

こうやって日記に書くことでふわふわ気分を落ち着けよっと!


今日のお話ですけど、プロデューサーと一緒に次のライブ会場を見てきました!

トップアイドルになるには会場の小さな違いも考えないと駄目、って言われたのでしっかり観察です。

今回の会場は少しファンの皆さんとの距離が遠い気がします、プロデューサーに言うと良く気付いたなって撫でてくれました!

その後の打ち合わせで何個か案がでてきましたけど、日記には書きませんよ?
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 16:39:42.45 ID:NTyk89640

今日のお仕事はこれでおしまいだったので、プロデューサーとお洒落な喫茶店でご飯を食べました。

どれにしようか迷ったんだけど、結局2つのどっちかを決められなくて2人で交換する事に!

とっても美味しかったけど、これってプロデューサーにあーんってして貰ったからかな?

プロデューサーを独り占めすると皆が怖いので、とっても残念だけど今日はこれだけ。

今日は関節キスだったから今度は頑張ってキス、してみようかなぁ………。

翻訳版 end
47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 17:32:45.80 ID:NTyk89640

――――――
  ――――
    ――

○月▼日

最近プロダクション内で日記が流行ってるそうです、なので菜々も随分とつけてないけど久しぶりに取り出してみました!!

最後につけた日を見てみると、なんとプロデューサーにスカウトされた日ですっ。

思えば随分遠くまで来ました。CDデビューもできましたし、次は声優のお仕事もやりたいなぁ……。

そういえば! 17歳(笑)を演じるの大変だし、そろそろ本当の事を……ってプロデューサーに言ったらですね。

「お前が本当にウサミン星人で17歳だなんて信じてくれるはず無いだろ?」

とか言うんです! 酷い話ですよもう、きっとファンの皆さんは信じてくれる筈なんですから!!
48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 17:33:26.26 ID:NTyk89640

その今日のライブでも皆さんはちゃんと信じてるって言ってくれましたし、プロデューサーは意地悪ですっ。

でもでも、ちょーっとファンの皆さんの生暖かい視線が気になります。

だ、大丈夫! ファンを疑っちゃ駄目ですよねっ!! ウサミンは疑いませんよ?

ウサミン星に来た事があるのはプロデューサーとのあさんだけなので、今度は他のアイドルの子を誘ってみようかなぁ

次の惑星間列車はいつだったか確認しとかないとっ!

    ――
  ――――
――――――

菜々「――これでよしっと。周子ちゃんは凄く疑ってましたし絶対連れて行きましょう!」

菜々「後は……年少組を連れて行くと、あんまりファンシーじゃなくてがっかりしますかね?」

菜々「えっと、時刻表どこやったかなぁ……」

菜々 end
49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 17:35:41.59 ID:NTyk89640
モバマス初めて書いたから難しいな、3人書いたから>>1頑張れよ!チラッチラッ
53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 20:33:27.28 ID:hsWuyYIe0
――――――
  ――――
    ――

×月×日水曜日 天気【晴れ】

今日はグラビアの撮影をしました。

太陽も出てて、気温も暖かく、絶好の撮影日よりでした。

でもやっぱり水着は恥ずかしいですね。

Pさんは「綺麗だよ」って言ってくれるので嬉しいのですが、恥ずかしいものは恥ずかしいです。

知ってますか? Pさん。わたしがこうやって頑張れるのもPさんの為、なんですよ?

Pさんの言う事ならきっと大丈夫だって信じられるから。

ふふっ。Pさんはきっと意識なんかしてないんでしょうね。でも、きっとみんなそうです。

Pさんがいるから頑張れるんです。

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 20:34:03.67 ID:hsWuyYIe0

ファンの皆や家族の応援……それ以上に私たちにはPさんが必要なんですね。

なんだか、Pさんの事ばかり書いてる気がしますね。日記なのに。

それだけPさんとの思い出が一日一日、たくさんあるということなんでしょう。

そういえば、昨日の夢にもPさんが出てきました。

なぜかわたしは水着でしたけど……。ベッドの上でしたけど……。

わたし、エッチな子になっちゃったんでしょうか? “子”って年齢でもないかもしれませんけど。

Pさんには責任を取ってもらわないといけないですね。

……Pさんに会えて本当に良かった。資格だけじゃ見つからないものがたくさんみつかりました。

わたしの知らないわたしにも出会えた様な気がします。まだ確信はないんですけど。

でも、胸の奥がポッと温かくなるこの感覚はきっと本物だって信じてます。

だからいつか、この胸の温かさをPさんにも伝えたいです。

    ――
  ――――
――――――
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 20:35:25.85 ID:hsWuyYIe0
美波「……ちょ、ちょっと大胆になっちゃった?」テレテレ

美波「でも日記ですし……誰かに見せるわけじゃないからいいですよね……?」

美波「ふぅ……」

美波「温かい、です……。――やっぱり好き、なんですよね。きっと」

美波「///」

美波「……も、もうこんな時間! ね、寝ちゃおう。明日もお仕事あるしね」モゾモゾ

美波「――夢の続き……見れると良いなぁ……Zzz」

美波END
58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 23:12:19.42 ID:NTyk89640
――――――
  ――――
    ――

□月☆日

こ…交換日記の書き方が…か、硬い…って言われたので…しゃ、喋り言葉で…書きますね…?

Pさんとの…こ、交換日記も…もう…い、一週間くらい…?

あの子も…ひ、日に日に…近くなる…Pさんが嬉しいって…。

み、見えるし触れるけど…こ、声が聞こえないって…き、聞いた…もう少し…だね…。

あの子…な、名前は覚えてないから…ア、アイドルやるなら…芸名をい、一緒に考えようって…えへへ。

できたら…わ、私とあの子は…ユニットがいいな……。
59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 23:12:56.92 ID:NTyk89640

Pさんも…い、一緒に…考えて…? きっと…楽しいから……えっと…ひ、ひとつ…考えたの…。

ナイトメア・コープス…って…ど、どうかな…?

明日…感想を…き、聞かせてね……。お、おやすみ……良い悪夢…み、見て…。

    ――
  ――――
――――――

小梅「え、えへへ…Pさんとあの子…な、仲良くて…嬉しいな…」

小梅「今…アレを…よ、読んでる頃…? ユニット名…か、考えてくれてる…よね…」

小梅「明日…聞いてみよ…っと…。お、おやすみなさい……」パチン

小梅 end
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 23:44:00.02 ID:NTyk89640


――――――
  ――――
    ――

☆月☆日

交換相手のいない交換日記にも大分慣れたわね。……嘘よ、まだ慣れるまでには時が必要。

私はいつか貴方に「余計な言葉で自分を飾るのは苦手」と言ったわね? 貴方は別だけれど、とも言った筈。

けど今にして思えば多く着飾るべきだったわ。言葉はうつろうモノだけど、こうして書き記せば確かな軌跡になる。

多くの頁が擦り切れてきて、そしたら交わした言葉の少なさに驚くの。

最初の頃はあまり理解されてなかったようね、この頃から心も繋がった、この時には言葉も必要なくなった。

そうやって記憶は探れてもカタチには勝てない、私の空白は貴方が埋めていたの。

早くまた私を見つけなさいP。幾星霜の月日が流れても、私を輝かせるのは貴方の仕事よ。

    ――
  ――――
――――――

のあ「―――。未だ縋るように綴る私を見て、Pはどう思うかしら」

のあ「ふふ、声に出して名を呼ぶのは久しぶりね、懐かしい………菜々に会いに行きましょうか」


のあ「貴方が引き出した私の煌き、曇らせはしない。貴方がまた、私を見つけるその時までは……ね」

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 23:44:40.14 ID:NTyk89640
のあ end
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 01:07:52.61 ID:ZEmfnJmE0

――――――
  ――――
    ――

☆月▲日

今日の昼頃、書店で店番をしていると変わったお客さんに会った。

アイドルを探しているらしく雑誌の事かと聞けば、アイドルのスカウトをしているとの事。

名刺を渡され、良ければ我がプロダクションに。なんて言われたので何の冗談かと思った。

叔父に店番を変わってもらい、早数時間。こうして日記に書く事で気持ちを落ち着けようとする。

私は人と話すのも、目を合わせるのも苦手だ。そんな私がアイドル? 何か変な夢でも見ているみたい。

渡された名刺にはCGプロダクションの文字。

100人を超えるアイドル達がそれぞれの分野で活躍する、私でも知っている所だ。
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 01:08:20.15 ID:ZEmfnJmE0

確か友達はCGプロダクションで売れてない娘はいないとか言っていた、そんな場所が私をスカウトしてくれている。

私のどこが琴線に触れたのだろうか? あの人の前では本を読んで、少しお話しただけだ。

ティンと来たからと言われても、よくわからなかったけど……。

本は好き、でもずっと囲まれていると時が止まったかのよう。その中にいる私も立ち止まったままで……。

私は何か変われるだろうか? アイドルという道に一歩を踏み出せば、前に進めるだろうか?

きっとそれも、踏み出さないと分からない。

アイドルという仕事がどういうものか分からないけど、まずは一歩。

うん、行こう……。まずは電話して、それからだ。

    ――
  ――――
――――――

文香「……あの、CGプロダクションのPさんでしょうか? 先ほど声をかけていただいた鷺沢文香です」

文香「はい……はい。まずは見学という形でもいいですか? はい……はい。それでは後日、伺わせていただきます」

文香「あ、あの! あのですね……もしアイドルになったら、何か変われますか?…私も」

文香 end
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 18:08:17.28 ID:MzzsTB5W0
――――――
  ――――
    ――

今日は7回でした。

あの人は何回言っても私の事を名前で呼ぼうとして……。

その度に訂正するのもいい加減疲れてきました。

今日なんて、「おい、ありす。お前名前可愛いよな!」って、全然脈絡ないですし。

その後も、「橘って呼んでくださいっ!」って言ってるのに、「HAHAHA。照れるな照れるな」って、

別に照れてる訳じゃないんですよ! とも言いましたけど、頭撫でられて有耶無耶にされました。

そんな事をここ毎日続けているせいか、事務所のみんなも名前で呼ぶようになってきて……。

ま、まぁたしかに学校とかで呼ばれるような嫌な感じじゃないですけど……。

でも、嫌なものは嫌なんです。まったく。プロデューサーは全然人の気持ちが読めてません。

そんなことで仕事は大丈夫なんでしょうか。

……こんどそっち方面から攻めてみようかな。

なんかまた頭撫でられて終わりにされそうだけど。

橘って呼んでくださいって言うたびに頭撫でられてる気がする。

もう、名前で呼ばれるの我慢しようかな……でも、それだと負けたような気がするし、それに――。

い、いや、それは違う気がします! うん、きょ、今日の活動日誌は終了!

○月△日 金曜日

    ――
  ――――
――――――
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 18:08:59.82 ID:MzzsTB5W0
ありす「も、もう寝ましょう。明日は朝から仕事ですし!」モゾモゾ

ありす「……明日は何回名前呼んでくれるのかな……?」

ありす「訂正する身にもなってほしい……です……」

ありす「名前……許したら……Zzz」

――それに、頭撫でてもらえなくなっちゃうかもしれないし。

ありす編END
88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 20:07:20.66 ID:rBlt+OD7o
――――――
  ――――
    ――


 @月×日


今日からアイドル養成所に通うことになった。

先日、とある女性歌手の歌に感銘を受け、自分もそんな仕事をしてみたいと思ったからだ。

母は「ありすちゃんは可愛いから、絶対人気者になれるわ!」とか言っているが、

笑顔を振りまくだけの軽いアイドルになんてなりたいとは思わない。

あくまでも歌の練習と、業界の付き合いを学ぶためだ。

この養成所を選んだのも出来たばっかりで人員は積極的に募集していること、

それに個人の方向性を重視していると評判だったからだ。

可愛がられるだけの存在は嫌だ。両親は好きだがこの日本人離れした名前とその溺愛っぷりだけは少々恨めしく思っている。
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 20:15:07.23 ID:rBlt+OD7o
 @月□日


今日は他に通っている候補生達、それに私の担当だと言うプロデューサーと挨拶した。

皆個性豊か……というか濃すぎるんじゃないかという事務所だ。私は何か間違ったのだろうか。

それに皆私を下の名で呼ぶ。その度に苗字で呼ぶよう促しているがキリがない。

プロデューサーも当然のように名前で呼んだ。正直訂正するのも面倒になってきたがそこは譲れなかった。

反論すると怪訝な顔をしていたので私が名前を呼ばれるのを嫌う理由を説明した。

プロデューサーは笑って『似合ってると思うけど』などと言っていた。

担当を変えて欲しい。明日から大丈夫かな。
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 20:34:44.05 ID:rBlt+OD7o

 @月△日


初めてのレッスン日。やはり緊張した。

歌の声量、音程、滑舌……それにダンスやポーズの練習など一通り。

元々体を動かすのは苦手だし、あんな大きな声を出し続けたのも生まれて初めて。疲れた。

私の評価は【筋は悪くないが、歌以外への積極性が欠ける】とのこと。流石プロのトレーナーだけあってよく見ている。

プロデューサーから『歌が好きなのか?』と聞かれたので、いつも持ち歩いている女性アーティストのCDを差し出した。

するとプロデューサーも持っているという。俺も好きだよという言葉が内心嬉しかった。

何せ周りの同年代はそれこそ今時のアイドルに憧れていて、フリフリの服や明るい歌を真似している。

初めて趣味の分け合える人が出来て私はちょっと浮かれてしまったようだった。

熱くなった私は音楽には力があるだの、自分の夢だのを臆面も無く語ってしまった。不覚。

でもプロデューサーはこんな子供の話もちゃんと聞いてくれて、その道を応援すると約束してくれた。

中々話の解るプロデューサーみたいだ。少しは認めてあげようかな。
91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 20:53:50.78 ID:rBlt+OD7o

 @月☆日


やっぱりあのプロデューサーは駄目だ。明日にでも担当を変えるよう申請することにした。

今日はオーディションを見据えての衣装の見繕いだった。

しかし候補に選ばれたのは私が忌み嫌う、お人形のようなふわふわした服ばかり。

その上選んだのはプロデューサーらしい。昨日の今日でこれとは、大人は嘘吐きというのは本当だったようだ。

せめてもの反抗にと出来る限りの不機嫌顔でいるようにしたが、

プロデューサーは似合ってるだの可愛いだの褒めるばかり。

よくもまあそんな白々しく言えるものだ。そういうのは嫌いって昨日教えた筈なのに。

認めてあげるなどと書いた昨日の自分を諭してやりたい。
92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 21:03:02.87 ID:rBlt+OD7o

 @月◇日


朝一にプロデューサーがニコニコ顔で写真を持ってきた。昨日撮った写真だ。

客観的に見てもすっごい膨れっ面だ。正直ここまでとは思わなかった。

しかしプロデューサーはそれを気に掛ける様子も無く、どれが気に入ったかを訪ねてきた。

口答えしたい気持ちもあったが、写真の出来栄えは自分でもやり過ぎたと思ったので反省も兼ねて素直に答えた。

挙げた衣装も気に入ったと言うより一番マシ、という理由からだったがプロデューサーは納得したように仕事に戻った。

分かってくれたのだろうか?今思えば私の態度も意図的に無視していたのだろう。

仕事は仕事、明日からは意識するようにしよう。

ちなみに担当プロデューサーの変更は事務の女性に笑顔で却下された。

考える素振りも見せない辺り、諦めろという事なんだろう。

やっぱり大人ってズルい。
93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 21:16:34.62 ID:rBlt+OD7o

 @月#日


少しづつ仕事が入ってきた。相変わらず笑顔を振りまくのは苦手だけどプロデューサーはそれでいいと言っている。

勿論言われた仕事はしっかりこなす。ドレスだって最近は平気になってきた。

それにちゃんとやるとプロデューサーは優しく褒めてくれる。

今まで無条件に、ただそこに居るだけで可愛いと褒められるのとは違う、認められる嬉しさがある。

でもありすって呼ぶのと頭を撫でるのはやめて欲しい。子供扱いは好きじゃない。

……実際まだ子供だけど。
94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 21:31:09.32 ID:rBlt+OD7o

 @月*日


プロデューサーと休憩時間に一緒にゲームをした。他のアイドルとよくやることもあるようだ。

折角なので何か賭け事をしてみる。負けた方が勝った方の頼みを聞くという内容だ。

結果から言えば私の勝ち。ハッキリ言ってプロデューサーは弱かった。

まあ普段からゲームに触れいているかどうかの差なんだろう。

ともかく私の勝ちという事で、休日に付き合って貰う約束をした。

最近はイチゴが旬なのでイチゴ狩りに行きたいと思っていたのだ。

いつもは両親と行くが偶にはプロデューサーと行くのも悪くない。

そう、いつも世話になっているのも事実だし、何かしら恩を返しておこうと思っただけだ。

耳聡い他のアイドル達にはデートだと騒がれた。断じて違う。
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 21:41:38.48 ID:rBlt+OD7o

 @月¥日


恥ずかしい。落ち着くまでに意味の解らない文字の羅列で日記帳を何ページも無駄にしてしまった。

今日のイチゴ狩り、私は誰から見ても間違いなく上機嫌だった。

こんなにはしゃいだのは久しぶりだ。プロデューサーも私の意外な一面に驚いていたようだった。

そんな空気だったからか、いつもは言わないようなことも一杯言った。

イチゴを食べさせ合ったりもした。馬鹿か私は。

最後にプロデューサーを名前で呼んだことは他の皆には絶対秘密。

プロデューサーにも口外厳禁を誓わせておいた。
96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 21:54:48.13 ID:rBlt+OD7o

 @月〆日


今日からプロデューサーのにみ名前で呼ぶことを許可した。勿論二人の時だけだが。

これからも一緒に居る訳だし、やっぱり苗字で呼び続けるのも味気ないですし。

でもプロデューサーは喜びのあまり簡単に周りに言い触らした。秘密だって言ったのに。

お陰で周りの視線がもの凄く鬱陶しかった。彼女達とプロデューサーとじゃ呼んだ時と反応が違うとも言っていた。

どこが違うんだろうか?自分じゃよく分からない。

それを聞いても皆意地悪く笑うだけで教えてくれない。何なんですか本当に。

やっぱり許可取り消そうかな。



    ――
  ――――
――――――
97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 22:03:07.49 ID:rBlt+OD7o
プロデューサー、何を見てるんですか?……そ、それっ!!

み、見ないでくださいっ!駄目!駄目です!

まったく、勝手に人の日記を見るなんて!……はい、そうですよ。私にもそんな時期がありました。

子供なんだから世間知らずなのは当然でしょう。

今?今は……

……認めてあげてもいいですよ?ええ、ありすって呼ぶのも許してあげます。

特別、特別ですよ?私が両親以外に許すのはあなたが初めてなんですから。

……何ですかその顔。ニヤニヤ気持ち悪いです。

駄目です。許しません。反省してください。

……な、名前呼んでも駄目ですっ!



ありす編(2nd) end
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 00:14:49.64 ID:b+zAdNr90
橘さん可愛い!
あえて同じ娘書くのもいいかもね
102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 19:08:08.72 ID:HsHKo8e20
というわけで、これにて完と致します。

参加してくださった方、見て下さった方どうもありがとうございました。

初スレで至らぬところもありましたが、今後も何かの機会によろしくお願いいたします。
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 19:11:16.18 ID:BnHZegLq0
おっつおっつ☆
どれも良かったよ
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 21:40:14.41 ID:9X3kxSDWo

楽しかった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング