FC2ブログ
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:09:17 ID:INgYF8.Y
アーニャ「マラジェッツ! フミカ、アリス!」

アーニャ「ハラショー! 素晴らしい、歌声でしたね!」

文香「あ……ありがとう、ございます」

ありす「……あ、ありがとうございます」


アーニャ「マラジェッツ!」


文香・ありす「……」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:13:57 ID:INgYF8.Y
  ・  ・  ・

美波「――アーニャちゃんが、そう言ったの?」

文香「……はい」

ありす「私達がレッスンで歌ったのを聞いて……言ったんです」

文香「美波さん……あの、意味を……教えてもらえますか?」

ありす「褒めてくれてる、っていうのはわかったんですけど……」

美波「……なるほどね」


美波「アーニャちゃんがニコニコしてて、何となく聞き返せなかった?」


文香・ありす「……はい」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:17:46 ID:INgYF8.Y
美波「ふふっ! でも、その気持はちょっとわかるわ!」

文香「美波さんも、そういう時が……?」

美波「だって、アーニャちゃんの笑顔を見てたら、ね」

美波「言葉なんて通じて無くても、それでも良いかなって」

ありす「美波さんでも、わからない事があるんですね」

美波「勿論よ! でも、せっかくだったらきちんとわかってあげたいじゃない?」


美波「だから、今は色々と勉強中♪」


文香・ありす「美波さん……!」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:23:11 ID:INgYF8.Y
美波「それで、マラジェッツの意味なんだけど――」

ありす「あっ! すみません! 少しだけ待って貰えますか?」

文香「ありすちゃん……?」

美波「? どうかしたの?」

ありす「更衣室に、タブレットを忘れちゃってたみたいで……」


ありす「すぐ、取ってきます!」

タッタッタッタッ!


美波「あっ! 走ると危ないから、焦らなくて大丈夫よ!」

美波「……ふふっ、ああして見ると、ありすちゃんも小さな女の子ね♪」

文香「はい……とても、可愛らしいです」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:27:23 ID:INgYF8.Y
美波「う~ん、それじゃあ――」

美波「待ってる間に、文香さんにだけ教えちゃおうかしら」

文香「えっ?」

美波「それで、文香さんがありすちゃんに教えてあげて――」

美波「――ありすちゃんが、私に教える」

美波「どう? ちょっとした伝言ゲームみたいで、面白そうじゃない?」

文香「どう、なのでしょうか……よく、わかりません」

美波「文香さん、そんなに緊張しないで?」


美波「ちょっとした遊びだと思って気楽に……ね?」ニコッ!


文香「……わかりました」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:35:23 ID:INgYF8.Y
美波「それじゃあ、文香さん……目を閉じて」

文香「えっ?」

美波「ん?」

文香「は……はい、わかりました」

美波「それじゃあ、想像して……」


美波「マラジェット――おちんちんジェットが」

美波「何本も、何本も……青空を飛んでる光景を」


文香「……」

文香「…………」


文香「出来ません……! すみません、出来ません……!」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:40:11 ID:INgYF8.Y
美波「えっ!? ど、どうしたの文香さん!?」

文香「ファンタジーな世界すぎて、私には……!」

美波「そんな事ないわ、文香さん!」

美波「文香さんなら、きっと出来る! 自信を持って!」

文香「その一歩は、踏み出せそうに……ありません……!」

美波「……そうよね、ごめんなさい」


美波「まずは、一本から想像してみましょ♪」ニコッ!


文香「……い、いえ……あの……!」

文香「ほっ、ほ、本数の問題では、ありません……!」
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:45:19 ID:INgYF8.Y
美波「本数の問題じゃない……?」

文香「そもそも……有り得ない、光景ですし……」

美波「……確かに、文香さんの言う通りだわ」

美波「――でもね、文香さん」


美波「そんな……有り得ない光景を実現させた……」

美波「努力に努力を重ねて……不可能を可能にした」

美波「そんな男の人達が居たら……どう思う?」


文香「……」

文香「……えっ?……えっ……!?」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:49:57 ID:INgYF8.Y
美波「文香さん、思い出して」

文香「なっ、何を……でしょうか……!?」

美波「LIVEが終わった時の、ファンの人達の声援を」

文香「えっ!? い、今……このタイミングで……!?」

美波「……どう?」

文香「ん、んんん……んん……はい、とても……嬉しい気持ち、です」


美波「――ふふっ!」

美波「それよ、文香さん!」ニコッ!


文香「……」

文香「どっ……どれですか……?」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/06(木) 23:59:01 ID:INgYF8.Y
美波「それじゃあ、その気持ちを忘れずに……目を閉じて」

文香「えっ、は……はい……」


美波「後の事なんて考えず――おちんちんジェットを飛ばした」

美波「……プシュウウウッ! シュゴゴゴゴゴゴッ!」


文香「……ああ……何てことでしょう……」


美波「プシュウッ! プシュウッ! プッシュウウウッ!」

美波「シュゴッ! シュゴッ! シュゴゴゴゴッ!」


文香「何本も……何本も、空へ……飛び立って……!」
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 00:04:31 ID:su9ZHV/o
美波「おちんちん……マラ……魔羅」

美波「煩悩と共に……飛んでいくジェット達」

文香「……」

美波「……さあ、文香さん……目を開けて」

文香「……はい」

美波「文香さんが、実際にその光景を目にしたら……何て言うかしら?」


文香「……マラジェッツ……です」


美波「……ふふっ!」

美波「文香さん、マラジェッツ!」ニコッ!
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 00:15:58 ID:su9ZHV/o
文香「とても……不思議な感覚なのですが……」

美波「ええ……聞かせて、文香さん」

文香「もしも、その光景を目にした時……」

文香「マラジェッツ以外の言葉を紡ぐのは……無粋に思えました」

美波「凄いわ、文香さん!」


文香「おちんちんジェット達が、空へ飛んでいく……」

文香「……どこか切なく、物悲しい光景」

文香「しかし、それは未来へと羽ばたくための……努力の結晶」

文香「そんな物語を紡ぎ出した事を褒め称える言葉――」


文香「――マラジェッツ」


美波「その通りよ、文香さん!」

美波「簡単に言えば、頑張ったね、って言う意味ね♪」
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 00:22:58 ID:su9ZHV/o
文香「簡単に言ってしまえば……そう、なのでしょうね」

文香「けれど、マラジェッツという言葉に込められた……想い」

文香「私は、それはとても重要なものだと……教えていただきました」


美波「ふっ、文香さん?」


文香「ありがとうございます……美波さん」

文香「書の世界に籠もっていては、得られない知識……見られない光景」

文香「それを……美波さんは、私に見せてくれます」


美波「……もうっ、そんなの気にしなくていいのよ!」

美波「ふふっ! だって、私達――お友達、でしょう?」ニコッ!


文香「美波さん……」

文香「……はいっ」ニコッ!
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 00:31:12 ID:su9ZHV/o
美波「あっ! でも気をつけて、文香さん」

文香「……はい?」

美波「マラジェッツっていうのは、目上の人に使ったらいけないの」

文香「失礼に……当たるのでしょうか?」

美波「ええ、そうなの」

美波「でも、もしもロシアでLIVEをした時、飛んでくる言葉は――」


美波「マラジェッツ!」


美波「……に、なるのよ♪」

美波「よくやった、頑張ったね、ジャンボジェットだね、ってね♪」

文香「成る程……とても、勉強になります」
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 00:41:14 ID:su9ZHV/o
美波「……あっ、いけない!」

文香「美波さん?」

美波「ごめんなさい、文香さん……私、そろそろレッスンの時間なの」

文香「そう、なのですか」

美波「だから、ありすちゃんに教えるのは……」

文香「……はい、任せてください」


文香「ちょっとした遊び……ですよね?」ニコッ!
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 00:52:17 ID:su9ZHV/o
  ・  ・  ・

アーニャ「マラジェッツ! フミカ、アリス!」

アーニャ「ハラショー! 素晴らしい、ダンスでしたね!」

文香「ありがとうございます……ですが、まだ本数が足りません」

アーニャ「本数?」

ありす「そ、それに……まだまだ、ジェットじゃないです……///」

アーニャ「ジェット?」


アーニャ「……シトー? 何を言っているのですか?」
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 01:03:58 ID:su9ZHV/o
文香「マラジェッツと言う言葉を頂くには……足りない、と」

アーニャ「フミカ」

ありす「ぜ、全然……飛距離も出てないと思います……///」

アーニャ「アリス」


アーニャ「……ニェート! ニェニェニェニェート!」

アーニャ「フミカも、アリスも、とっても努力しています!」


文香「な……何本でしょうか……?」


アーニャ「ンー? アー、百万本、です! そのくらい、です!」


文香「そっ……そんなに……!?」

ありす「えっ……じゃ、じゃあ……飛距離は?」


アーニャ「ンー? アー、星! 星まで、届きます!」


文香・ありす「ま……マラロケッツ……!?」
64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 01:16:22 ID:su9ZHV/o
アーニャ「……イズヴィニーチェ、すみません」

アーニャ「大声を……出してしまいました」

文香「いえ……謝るのは、こちらの方です……」

ありす「すみませんでした……もっと、自信を持ちます……!」

アーニャ「ダー! ダーダーダー! その通り、です!」

アーニャ「だから、私は何度でも言います!」


アーニャ「マラジェッツ!」ニコッ!


文香「……ああ……百万本の、おちんちんジェット……いえ――」

ありす「――ロケットが……星に向かって飛んでいきます……!」


アーニャ「……」


アーニャ「…………シトー?」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング