FC2ブログ
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:19:12 ID:c9468FTE
まゆ「そうなんです……どうにかなりませんか?」

武内P「……あの、佐久間さん?」

まゆ「はい?」

武内P「そもそも、貴女と彼は付き合っていません……よね?」

まゆ「はい?」

武内P「あの、佐久間さん?」

まゆ「はい?」


まゆ「はい?」


武内P「……何でもありません」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:22:50 ID:c9468FTE
まゆ「二人は、運命の赤い糸で結ばれてるんです」

武内P「そ、そう……ですか」

まゆ「だから、浮気はいけないと思いますよね?」

武内P「え、ええ……まあ」

まゆ「うふ、わかって貰えて嬉しいです」


まゆ「わかって貰えなかったら……うふふっ」


武内P「……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:26:04 ID:c9468FTE
武内P「その……佐久間さん?」

まゆ「はい?」

武内P「仮に、彼が浮気をしていたとして、ですね」

まゆ「浮気はしてますよ?」

武内P「特定の相手が、いるのでしょうか?」


まゆ「……これです」

…スッ


武内P「……」

武内P(……TENGA!?)
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:29:25 ID:c9468FTE
武内P「さ……佐久間さん!?」

まゆ「……うふ、ご存知だったみたいですね」

武内P「い、いえ……その、まあ……はい」

まゆ「プロデューサーさん、これに夢中なんです」

武内P「な、何故……それをご存知で?」

武内P「……と、言いますか……どうして、それが此処に!?」


まゆ「? 愛の力ですよ?」


武内P「……そう、ですか」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:31:47 ID:c9468FTE
まゆ「どう思いますか?」

武内P「ど、どう……とは?」

まゆ「うふ、決まってるじゃないですかぁ」

武内P「えっ?」


まゆ「どうしたら、コレに浮気するのをやめさせられますか?」


武内P「……」

武内P「えっ?」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:36:48 ID:c9468FTE
武内P「彼に……それを使うのをやめさせたい、と?」

まゆ「捨てれば良い、なんて単純な話じゃないですよね」

武内P「そう……ですね」

まゆ「捨てても……また、新しい浮気相手が現れるだけ」

武内P「再購入……ですね」

まゆ「一緒に、考えてくれますよねぇ?」


まゆ「プロデューサーさんに、オナホールを使うのをやめさせる」

まゆ「……その、方法を」


武内P「待ってください!」

武内P「せめて! せめて、ぼかして言いましょう、佐久間さん!」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:42:16 ID:c9468FTE
まゆ「プロデューサーさんと、同期なんですよね?」

武内P「え、ええ……そうですね」

まゆ「だから、きっと良い方法を見つけてくれるだろう、って」

武内P「……あの、佐久間さん」

まゆ「はい?」


武内P「使用を許してあげては、貰えませんか?」


まゆ「……うふ」

まゆ「今、何か、言いました、か?」


武内P「笑顔です」

武内P「彼に浮気をやめさせ、佐久間さんを笑顔にしたい、と」

武内P「……そう、思います」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:49:51 ID:c9468FTE
まゆ「まゆも……頑張ってはみたんです」

武内P「えっ?」

まゆ「コレに浮気しないよう、スキンシップを多くしたり……」

武内P「は……はあ」


まゆ「胸を押し付けたり、耳元で囁いてみたり、下着を見せてみたり!」

まゆ「なのに……なのに、どうして……!?」


武内P「なるほど」

武内P「佐久間さん、それはやめましょう」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 00:55:17 ID:c9468FTE
まゆ「……まゆが、間違ってたって言うんですか?」

武内P「佐久間さん、完全に逆効果です」

まゆ「はい?」

武内P「貴女のとった行動が、それの使用回数を高めています」

まゆ「何を言ってるんですか?」


まゆ「まゆが、愛を注いでるんですよ?」

まゆ「なのに、どうしてプロデューサーさんがコレに注ぐんですか?」

ペチペチ!


武内P「待ってください、佐久間さん!」

武内P「あの、ペチペチは! ペチペチはいけません、佐久間さん!」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:00:55 ID:c9468FTE
まゆ「……まさか」

武内P「! おわかりになりましたか?」


まゆ「まゆが、プロデューサーさんに注いだ愛情が――」

まゆ「――そのまま、コレに注がれている……?」


武内P「えっ?」


まゆ「……うふ……うふふっ!」

まゆ「まゆの愛が、プロデューサーさんの体を通じて!」

まゆ「運命の赤い糸が、白い線になって出たんですね!」


武内P「……」

武内P「…………」


武内P「そうですね」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:06:56 ID:c9468FTE
まゆ「ああ……そう考えると、コレ――いえ、この子は……」

武内P「こ……この子、ですか?」

まゆ「まゆと、プロデューサーさんの――」


まゆ「――溢れ出た、愛の受け皿」


武内P「そ、そう……ですね」

武内P「そういう見方も……はい、ん……んん」

武内P「……それで良いです」


まゆ「うふ、だから非貫通式なんですねぇ」


武内P「……」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:11:45 ID:c9468FTE
まゆ「……プロデューサーさんに、謝らないと」

武内P「謝る……ですか?」

まゆ「……はい」

武内P「何か……他に、されたのですか?」

まゆ「……はい、コレを使わないように――」


まゆ「いやらしい本の、女の人の顔」

まゆ「それに全部、今西部長の顔を貼り付けたり……」


武内P「……」

武内P「何と、恐ろしいことを……!?」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:17:30 ID:c9468FTE
まゆ「……でも、新しいのを買って来るだけだったので」

武内P「ええ、そうでしょうとも」

まゆ「だから……所々、今西部長の顔を貼って、ですね」

武内P「……」

まゆ「……」


まゆ「もう……真っ直ぐ部長の顔を見られない、って」


武内P「……」

武内P「そう……ですか」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:20:58 ID:c9468FTE
まゆ「他にも――」

武内P「待ってください」

まゆ「はい?」

武内P「すみません、これ以上聞くと……」

武内P「彼が、あまりに不憫で……泣いてしまいます」

まゆ「そう……ですよね」


まゆ「プロデューサーさんと……部長さんに謝らないと」


武内P「待ってください」

武内P「部長にこの件を伝えるのは、絶対にやめましょう」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:29:35 ID:c9468FTE
武内P「佐久間さん」

武内P「貴女は、とても魅力的なアイドルです」

まゆ「……」

武内P「なので、彼も……恐らく、必死なのでしょう」

まゆ「まゆに、手を出さないように……コレで我慢してるって事ですか?」

武内P「! その通りです!」


まゆ「つまり――我慢汁を出してるんですね?」


武内P「……」

武内P「…………」


武内P「そうですね」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:35:01 ID:c9468FTE
武内P「それの使用は……貴女を思っての事」

まゆ「それは……まゆでイってると言っても、過言じゃないですね」

武内P「過言です」

まゆ「はい?」

武内P「佐久間さん、それは、過言です」

まゆ「えっ?」


まゆ「じゃあ、どうしてイってるんですか?」

まゆ「まゆでイってないなら、浮気ですよね?」


武内P「待ってください、佐久間さん!」

武内P「着地しそうだったのに! 何故、振り出しに!?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 01:46:54 ID:c9468FTE
まゆ「まゆに手を出さないよう、我慢してるんですよね?」

武内P「そ、そう……だと、思われます」


まゆ「なら、どうして……まゆでイかないんですか?」

まゆ「お仕事の時の写真とか、沢山あるのに……どうして?」

まゆ「読モ時代の写真も、渡してるんですよ? ねぇ?」

まゆ「これって、浮気ですよね? ねぇ、そうですよね?」


武内P「……しっ」

武内P「仕事と! プライベートは分ける性分なのでは!?」


まゆ「……あぁ、そういう事だったんですね!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔……ん、う……ん……」

武内P「……笑顔です」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 02:00:41 ID:c9468FTE
まゆ「プロデューサーさん、とってもお仕事出来ますし……」

まゆ「そういう人って、仕事とプライベートもキッチリわけますからね」

武内P「え……ええ」


まゆ「プロデューサーさんが、コレを使うのは――プライベート」

まゆ「まゆが、それに対して何か言うのは……いけませんよね」

まゆ「うふ、だって……まゆは、プロデューサーさんのアイドルですから」


武内P「……」

武内P(アイドルでなくとも、そっとして置いてあげて欲しい、と)

武内P(……そう、思います)


武内P「――はい、その通りです」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 02:09:38 ID:c9468FTE
まゆ「ありがとうございます、おかげで……わかりました」

武内P「わかって……いただけましたか」

まゆ「はい」


まゆ「まゆは――」

まゆ「プロデューサーさんが、TENGAを使う」

まゆ「――その事を……もう、止めたりしません」


武内P「……はい、そうしてあげてください」


まゆ「まゆが、本当にするべきことがわかりましたから♪」


武内P「えっ? するべき事……ですか?」


まゆ「だから、コレは赤いリボンをかけて、元の場所に戻しておきます」


武内P「待ってください!」

武内P「普通に……普通に、戻しておいてあげてください!」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 02:20:47 ID:c9468FTE
  ・  ・  ・

武内P「……」

オーネガイーシーンデレラー♪

武内P「……はい、もしもし」

武内P「ええ……ええ、先日、佐久間さんと……はい」

武内P「……そうですね、はい……はい」

武内P「――えっ?」


武内P「……その時以降、アプローチが激化した?」


武内P「……プライベートな関係を求めてくる?」



武内P「アイドルの本気に困っている?」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年04月15日

    乙!

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング