FC2ブログ

佐天「太鼓の達人?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 17:49:42 ID:WTBD2GcWO
佐天「ゲーセンにこんなゲームあるんだ。初春やったことある?」

初春「ありますよ。」

佐天「そうなの?ちょっとやってみせてよ!」

初春「えぇ!?恥ずかしいですよぉ~」

佐天「いいじゃんいいじゃん!一回だけっ!」

初春「もぉ~しかたないですね……」

タイコヲタタイテスタート!

佐天「やさしい、ふつう、むずかしい……初春どれでやるの?」

カカカカカカカカカカッ
ドン!
オニデアソブドン

佐天「鬼……だと……!?」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:15:19 ID:+kAHXKDR0
鬼とか無理過ぎwww
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 17:59:17 ID:WTBD2GcWO
ドドカカドドカカ

佐天「!?」

カカドカドカドカ

佐天「(えっ?初春これ見えてるわけ?)」

ノルマクリアセイコウ!モウイッキョクアソベルドン

初春「ふぅ…」

佐天「す、すごいじゃん初春!」

初春「え?まあ、このくらいは///」


黒子「あら、初春と佐天さんではありませんの。何をやってるんですの?」

佐天「あ、白井さん!このゲーム、初春がすごいんですよ!」

黒子「ああ、太鼓の達人ですの。私も久々にやってみましょうか」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 18:11:53 ID:WTBD2GcWO
タイコヲタタイテスタート

黒子「まずは肩慣らしとしますか」

カカカカカカカカカカッ
サンバイ、ヨンバイ

初春・佐天「!?」

ドドカカドッカッドカド

黒子「ふぅ…、一個ミスりましたの。腕が鈍ってますわね。」

初春「(鬼エゴエゴ4倍をフルコン……私じゃ腕が持たないよ……)」

黒子「初春、太鼓出来るんですわよね?もちろん鬼KAGEKIYOくらいはフルコン出来ますわよね?」

初春「くっ…」

黒子「あら?できないんですの?」

初春「で、できますよっ!」

黒子「なら見せて下さいな。」

初春「今日はさっきやったから腕が…」

黒子「なら、来週。またこのゲーセンに集まるというのはどうです?初春の実力を見るのもかねて勝負してみたいんですの」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 18:17:47 ID:WTBD2GcWO
初春「い、いいですよ。また来週、ここで集まりましょう」

黒子「その言葉、忘れないで下さいまし。あ、来週までにはKAGEKIYOくらいは出来るようにしといて下さいね。それじゃあまた」

初春「で、できますよーっ!(どうしよう……私鬼do-daiが精一杯だよ……)」

佐天「う、初春?どしたの?大丈夫?」

初春「……帰ります。」

佐天「えっ?ちょっと待ってよ!初春ってば!」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 18:33:29 ID:WTBD2GcWO
常盤台寮

黒子「初春がまさか太鼓の達人をやってたなんて、予想外でしたわ」

黒子「でもまあ、あの様子なら出来てもせいぜい鬼メルトかキラメキラリくらいでしょうし大丈夫だとは思いますが」

黒子「念には念をいれて十露盤ときさまを安定出来るようにしときましょうか」

ドカドカドカ

美琴「ドカドカうるさーい!ってwiiなんてひっぱり出してなにやってんの?」

黒子「見ての通り太鼓の達人ですわ」

美琴「うわっ手、キモっ…あんた、よく叩けるわね。」

黒子「ほっといて下さいまし。黒子にとっても負けられない戦いですの!」

美琴「ふーん、まあいいけどあんまり夜にやりすぎると寮監が怖いから程々にね」

黒子「了解ですの」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 18:42:20 ID:WTBD2GcWO
初春寮

初春「白井さんは私から見てもかなりの実力の持ち主……最低でも2000系ができないと話にならないでしょう。」

初春「これはもうあの人にコーチを頼むしかなさそうですね。」

ポパピプペ

初春「あ、もしもし!実はお願いしたいことがあるんですけど……」



佐天「というわけで、初春が最近まったく遊んでくれないんですよー!」

美琴「うーん、黒子も最近寮ではずっと寮ではゲームやってるからつまんないな」

佐天「あ、そうだ!明日、たまには私二人だけで遊びに行きません?」

美琴「いいわよーじゃあ学校終わったら駅前で待ってるから。」

佐天「はーい!」

佐天「(うふふ、御坂さんとデート♪)」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 20:20:42 ID:WTBD2GcWO
初春「いらっしゃい、固法先輩。今日はよろしくお願いします。」

固法「初春さん…よく私が太鼓の達人やってるの知ってたわね。」

初春「この前偶然見ちゃったんですよ。鬼十露盤フルコン素敵でした♪」

固法「はぁ…不幸だわ…。先輩には絶対言わないでね」

初春「はーい☆」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 20:32:49 ID:WTBD2GcWO
固法「とりあえず、初春さんどれくらいまで叩けるの?」

初春「えと、do-daiノルマクリアくらいまでです。」

固法「うん、鬼の基本は叩けるみたいね。☆10入門としてまずはKAGEKIYOを練習しましょう」

固法「とりあえず、実際に叩いて見てくれる?」

初春「はーい」

ドドカカドドカカ
ノルマクリア失敗

固法「あら、結構いけるじゃない。この分ならすぐに叩けるようになるわよ」

初春「家のバチなら大丈夫なんですけど、アーケードだと重くって腕が疲れちゃうんですよ…」

固法「技術面の問題じゃなくて体力面の問題かぁ……よし、明日いいもの貸してあげる。」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 20:43:42 ID:WTBD2GcWO
翌日

固法「はい、初春さん。今日からはこのバチで練習しましょ」

初春「? 普通のタタコンのバチじゃないですか?…って重っ!」

固法「このバチはアーケードのバチと同じ重さよ、私もきさまの時苦労したのよー」

固法「一番の上達方法はリズムに乗ることとパターンに慣れること。」

固法「十露盤の最後とかは覚えゲーになっちゃうけどね。」

初春「が、頑張ります。」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 20:56:37 ID:WTBD2GcWO
佐天「御坂さーん。ごめんなさい、遅れちゃって」

美琴「ううん、私も今来たとこだよ。今日はどこ行く?」

佐天「とりあえず、スタバ行きますか。」

美琴「ですね。」



佐天「……御坂さん、今夜暇ですか?」

美琴「ん?どうしたの急に」

佐天「ここんとこ、初春電話にもでないしスカートめくっても反応ないし……寂しくなっちゃって///」

美琴「///」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 21:06:20 ID:WTBD2GcWO
初春「痛ったー!もう腕パンパンです!」

固法「まだまだよ、初春さん。筋トレって言うのは50回やるとしたら49回と50回目をやるために1回目から48回目をやっているようなものなの」

固法「じゃあ耐久エゴエゴ後2回!風船割れなかったらやり直しだから。」

初春「ふぇ~~」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 21:28:41 ID:WTBD2GcWO
固法先輩のスパルタによってみるみる腕をあげていった初春


本場当日

黒子「初春、せめて☆101つくらいは叩けるようになりましたの?」

初春「白井さんこそ御坂さんの前で泣いても知りませんよ?」

黒子「勝負は2本勝負、お互いに曲を選んでその合計スコアで決定致しますわ」

初春「わかりました。」

黒子「先行は初春に譲りますわ」

初春「では、お言葉に甘えて……」

カカカカカカカカカカッ
ドン!
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 21:59:44 ID:WTBD2GcWO
黒子「(どろん恋文!?考えましたわね……どろんは慣れてないと難しい部分もありますわ)」

黒子「(でもあなたの貧弱な腕力で途中の最速連打を越えられるかしら?)」

ドカドカドカドドカカドドカカ

黒子「(うっ、見にくいですのっ!初春もミスはあるながらも拾えるとこは的確に拾ってますし)」

ドカドカドカ
(dear my sister)

初春「ふぅ!(すごい!今まであんなに重かったのに今は普通に叩けるよ!)」

黒子「くっ…!」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:07:53 ID:WTBD2GcWO
ノルマクリアセイコウ!

黒子:518620点
初春:570440点

初春「やたっ!」

黒子「くぅっ…!」

黒子「ま、まだまだですわ。次は私の選曲ですの!」

カカカカカカカカカカッ
ドン!
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:09:29 ID:J63elLTN0
点数がリアルだなw
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:15:29 ID:WTBD2GcWO
初春「(夜桜かぁ……私は裏の方が得意なんだけど……)」

ドカドカドカドドカカドドカカ

初春「(うっ…やっぱり叩きにくい。白井さん、自分で選んだだけあってうまい。)」

ドドカカドドカカ

黒子「(初春、体力の部分もちゃんとついてきてますわね……)」

黒子「(一週間前までKAGEKIYOすら叩けなかったのに、一体どんな練習をしたんですの!?)」

ドドカカドドカカドン

黒子・初春「ふぅ!」

セイセキハッピョウ!
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:26:04 ID:WTBD2GcWO
初春:527210点
黒子:589040点

結果

初春:1097650点
黒子:1107660点

初春「……負けました。うぅ」

黒子「なんとか勝ちましたわ。」

黒子「でも初春、本当に驚きましたわ。まさか短期間でこんなに腕をあげてくるとは」

初春「えへへ///だって一緒に一人前になろうって約束したじゃないですか!」

黒子「初春…」

美琴「おーい!黒子!初春さーん!」

佐天「やっほー☆」

黒子「お姉様!?なななななんで佐天さんと腕をくんで歩いてますの!?」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:36:52 ID:WTBD2GcWO
佐天「だってー初春がかまってくれないんだもん。ねー美琴さん!」

美琴「そうね。黒子も太鼓ばっかりで絶対喋らなかったし……」

黒子「おおおおお姉様っ!言って下されば黒子はいつでも!」

佐天「あ、太鼓の達人。美琴さんちょっとやっていきますか?」

美琴「ん?まあ、涙子がそういうなら」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:41:37 ID:WTBD2GcWO
黒子「(これはちゃんすですわ!これを機にお姉様に手取り足取り太鼓を教えて差し上げますの!デュフフ……)」

佐天「まずは軽いとこから行きますね。」

美琴「そうね、最初にノルマ失敗とかだったら恥ずかしいもんね。」

カカカカカカカカカカッ
ドン

黒子・初春「鬼燎原ノ舞……だと……!?」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:47:56 ID:WTBD2GcWO
ノルマクリアセイコウ!
フルコンボダドン!

佐天「あちゃー、一個ミスった!でも美琴さんはさすがですね!」

美琴「まあ、最後以外は簡単だしね♪」

黒子・初春「…………」

佐天「よし!じゃあ次は4倍はたラク2000でもやりますか!」

美琴「今日こそフルコンね!」

黒子・初春「!!!!!!」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 22:55:51 ID:WTBD2GcWO
ノルマクリアセイコウ!

美琴「うーん、やっぱりフルコンの壁は厚いわね。」

初春「ささささ佐天さん、や、やだなぁ!本当は叩けたんじゃないですか!」

初春「もう!最初から私のこと下手くそ~とか思ってたんですね!」

佐天「ん?私達太鼓始めたの5日前だよ?」

黒子・初春「!???」

佐天「白井さんも初春も構ってくれなくてさー。美琴さんと遊んでたんだけどどうも二人じゃ盛り上がらなくて」

美琴「だからあんた達がハマってるみたいだったしおもしろそうだったから始めたんだけど以外と簡単ね、コレ」

黒子「(^p^)」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 23:04:21 ID:WTBD2GcWO
美琴「よし!次は裏ロッテルいくわよ!」

佐天「はーい☆」


終わり。

短いSSでしたが、ご視聴ありがとうございました。


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26 23:07:40 ID:YLK+w1Hy0
>>59
 なかなか面白かった。

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング