FC2ブログ
1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:29:18 ID:2VW
女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪」

受付嬢「ヒィッ!?」

女神官(マッチョ)「冒険者登録がしたいのです☆」

受付嬢「え、あっ…は、はい、新人の方ですね? こちらの用紙に記載をお願いします…も、文字は書けますか…?」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 神殿で習ったから大丈夫なのです☆」

受付嬢「そ、そうですか…」
2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:33:52 ID:2VW
女神官(マッチョ)「出来ました☆」

受付嬢「はい、確認しますね…あれ? あの、クラスが修行僧(モンク)じゃなくて神官になってますけど…?」

女神官(マッチョ)「はい♪ 私は地母神様に使える神官なのです☆」ムキムキ

受付嬢「ヒッ…し、失礼致しました! こ、こちらが白磁等級の識別証です」

女神官(マッチョ)「ありがとうございます、なのです☆」ムキムキミチィ

受付嬢「い、いえ…」
3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:38:39 ID:2VW
青年剣士「な、なあ…その格好、あんた神官なの…か…?」

女神官(マッチョ)「? そうなのです☆」

青年剣士「こ、これからゴブリン退治に行くんだけどさ…同じ白磁同士、一緒に行かないか? うちのパーティ、回復役がいなくてさ…!」

女神官(マッチョ)「うーん…わかったのです☆ よろしくお願いしますね! トゥットゥルー♪ 」

女武闘家(え…ベテランのモンクじゃないの…)

女魔法使い(どう見ても混沌の眷属じゃない…なんで声掛けたのよ…)
4: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:42:51 ID:2VW
~ゴブリンのいる洞窟~

女神官(マッチョ)「狭くて所々引っ掛かるのです☆」ガツンッ!(洞窟の天井に頭をぶつける)

女魔法使い「…ほら、遅れているわよ、急ぎなさいっ」イライラ

女神官(マッチョ)「…!? 今、後ろから物音が聞こえたのです☆」ガッ(肩が洞窟の壁に引っ掛かる)

女魔法使い「ハァ? 一本道で後ろから何が来るって…ヒッ! ご、ゴブリン…!?」

ゴブリン「グギャギャ!」

女神官(マッチョ)「洞窟に引っ掛かって振り返れないのです☆」
5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:47:23 ID:2VW
女魔法使い「くっ…『ファイアボルト』!」

ゴブリン「グギャ!?」

女魔法使い「や、やった…!」

ゴブリン共「「「ギャギャギャギャ!!」」」

女魔法使い「ヒッ…!? グッ…『ファイアボ…』キャアッ!?」ゴブリンに飛び掛かられる

女神官(マッチョ)「こうなったら洞窟の壁を壊して抜け出すのです☆」ムキムキムキムキミチミチィ…! バキバキ(洞窟の壁に亀裂が走る)
6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:52:56 ID:2VW
女魔法使い「離れろぉ! こ、のぉっ…!!」ゴブリンに組み敷かれながら暴れる

ゴブリン「ギギ…ギャギャ!!」女魔法使いの腹に短剣を突き立てる

女魔法使い「ガッ…!?」

女神官(マッチョ)「ようやく抜けられたのです……!? 今助けるのです☆」ブォンッ!(剛腕を振るい、ゴブリン共を無造作に薙ぎ払う)

ゴブリン共「「「ヒギッ!?」」」グシャ!!(壁に叩きつけられて潰れる)

青年剣士「おい! 大丈夫か!?」

女武闘家「これは…ッ、早くこの子に癒しの奇跡を!」

女神官(マッチョ)「…待て」女魔法使いの様子を見る

女武闘家「ヒッ…」

青年剣士「な、なんで…?」
7: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:59:30 ID:2VW
女神官(マッチョ)「短剣に毒が塗られている。誰か解毒剤は持ってないか」

青年剣士「あ…いや、金も時間もなかったから…その…」

女武闘家「も、持ってない、です…」

女神官(マッチョ)「…私もキュアは使えないので、仕方ないのです☆」女魔法使いの傷口に顔を近付ける

青年剣士「な、何を…?」

女神官(マッチョ)「ジュル…ジュルルルルルッ! ジュチュッ!!」思いっきり傷口を吸い上げる

女武闘家「ヒィ!? た、食べてる…!?」

青年剣士「な、内臓が…ウッ、オエェ…!」

女神官(マッチョ)「ちょっとやり過ぎたけど、このくらいなら大丈夫なのです☆ 『ヒール』♪」

女魔法使い「…ウッ……うぅ…」

女武闘家「…!? な、治った…!」
8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:03:03 ID:2VW
女神官(マッチョ)「まだ毒が全部抜けてない可能性もあるので、おぶってあげて欲しいのです☆」

青年剣士「あ、ありがとう、俺が背負うよ」

女武闘家「容態は安定しているみたいだけど…攫われた女の子を早く助けて、急いで戻りましょう?」

女神官(マッチョ)「それじゃあ、先頭が女武闘家さんで、最後尾が私、真ん中を剣士さんに歩いてもらうのです☆」

青年剣士「は、はいっ、わかりました」
9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:05:17 ID:2VW
~洞窟の奥~

女武闘家「…あれ? 女神官さん、奥は行き止まりです」

青年剣士「本当だ…」

女神官(マッチョ)「うーん……!? 後ろから誰か来るのです☆」両脇を畳んだピーカブースタイルで素早く振り返る
10: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:08:10 ID:2VW
ゴブスレ「…ゴブリンか」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ ゴブリンじゃないのです☆」構えを解く

ゴブスレ「ゴブリンチャンピオンか」素早く長剣を構える

青年剣士「あ、あの、すみません! 違うんです!」

女武闘家「こ、この人はこう見えて、人間なんです!!」

ゴブスレ「……そうなのか」まだ身構えている

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 」ムキムキミチィ
11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:10:12 ID:2VW
ゴブスレ「脇道を見逃したか。新人によくあるミスだ」

青年剣士「は、はい…」

ゴブスレ「解毒剤だ。その様子ならまだ間に合うだろう。飲ませてやれ」

女武闘家「あ、ありがとうございます!」

女神官(マッチョ)「ありがとうなのです☆」ムキィ!
12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:14:41 ID:2VW
ゴブスレ「あとは任せろ。早くそいつを医者に見せてやれ」

青年剣士「ッ…すみません…」

女武闘家「そう、ですね…はい、わかりました…」

女神官(マッチョ)「私はあなたについていくのです☆」

ゴブスレ「好きにしろ」

女神官(マッチョ)「はい♪ 好きにするのです☆」

青年剣士「すみません、お二人とも、よろしくお願いします」

女武闘家「ありがとうございました。この御恩は必ず…!」

女神官(マッチョ)「気を付けて帰るのです☆」

ゴブスレ「………」
13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:22:27 ID:2VW
~ゴブリンの洞窟・脇道との分岐点~

ゴブスレ「ここだ」

女神官(マッチョ)「なるほど、脇道が狭過ぎて見逃していたのです☆」

ゴブスレ「奴らは馬鹿だが間抜けじゃない。岩陰に隠れるように脇道を隠し、トーテムを置いて意識を誘導する…奴らがよくやる手だ」

女神官(マッチョ)「なるほど、勉強になるのです☆」

ゴブスレ「………」ガサゴソ

女神官(マッチョ)「何をしているのです?」

ゴブスレ「罠の準備だ。脇道の出口だ、よく覚えておけ。忘れたら死ぬぞ」

女神官(マッチョ)「わかったのです☆ 私はその間に、通れるように脇道を拡げておくのです☆」ゴリゴリ…メキィ!(素手で岩を剥がし、脇道入口を拡張する)

ゴブスレ「………」黙って入口が拡がった分までロープを引き直す
14: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:26:16 ID:2VW
ゴブスレ「いくぞ」

女神官(マッチョ)「はいなのです☆」ムキムキ

ゴブスレ「…奇跡は何が使える。あと何回だ」

女神官(マッチョ)「『ヒール』と『ホーリーライト』が使えるのです☆ 回数はあと100回は余裕なのです☆」

ゴブスレ「……『ヒール』は物の役に立たん。『ホーリーライト』を使え」

女神官(マッチョ)「はいなのです☆」
15: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:32:43 ID:2VW
~ゴブリンのいる洞窟・脇道の奥~

ゴブシャーマン「グギャギャギャギャ!」

ゴブリン共「「「ギャギャギャギャ!!!」」」

ゴブスレ「『ホーリーライト』を使え、奇襲するぞ」ブンッ(ゴブリンから奪った短槍を投げる)

ゴブシャーマン「グギャ!?」

女神官(マッチョ)「はいなのです☆ 『ホーリーライト』!」ビッカアアアアアアア(女神官の筋肉が光り輝く)

ゴブスレ「……」手近なゴブリンに斬りかかる

ゴブリン共「「「ギャギャ!?」」」

ゴブスレ「…よし、引くz…」脇道を戻るために走ろうとする

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 鏖殺なのです☆」ゴシャアッ!(素手の一撃でホブの頭を吹き飛ばす)

ゴブスレ「」
16: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:39:46 ID:2VW
女神官(マッチョ)「これで最後なのです☆」ゴチュ!(ゴブリンの頭部を素手で握り潰す)

ゴブスレ「22…いや、まだだ」ゴブシャーマンに近付く

ゴブシャーマン「…………グヒャギャギャ! ギッ…!?」ゴブスレの剣で頭を割られる

ゴブスレ「23…やはり上位種はしぶとい」

女神官(マッチョ)「なるほど…ありがとうございます」

ゴブスレ「そしてここに…」洞窟の壁に立て掛けられた木板をどかす

子ゴブリン達「「「ギャギャ!?」」」

ゴブスレ「早めに巣を潰せて運が良かった。奴らすぐに増えるからな」棍棒を構える

女神官(マッチョ)「…待ってください」

ゴブスレ「止めるな。生き残ったゴブリンは学習し、復讐のためにより厄介な個体になる」

女神官(マッチョ)「いえ…私にやらせてください。どうやら、今までは覚悟が足りなかったようです」

ゴブスレ「……そうか」
17: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:45:34 ID:2VW
女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 早く帰って女の子をお医者さんに見せてあげなくちゃなのです☆」

ゴブスレ「…『ホーリーライト』はまだ収まらないのか」

女神官(マッチョ)「今日は地母神様ノリノリなのです☆」ビッカアアアアアアア(まだ全身の筋肉が光り輝いている)

ゴブスレ「…そうか」

女神官(マッチョ)「今なら松明代わりにもなるしありがたいのです☆」ビッカアアアアアアア

ゴブスレ「…そうだな」

女神官(マッチョ)「そろそろ脇道の出口…あっ」ゴブスレの張ったロープを踏み抜く

ゴブスレ「…杭を抜く手間が省けたな」
18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:49:27 ID:2VW
~辺境の街・冒険者ギルド~

受付嬢「あっ、おかえりなさ…ヒッ!?」

女神官(マッチョ)「ただいまなのです☆ この人はゴブリンスレイヤーさんなのです、悪い人じゃないのです☆」

ゴブスレ「ゴブリンだ」

受付嬢「ひゃっ…! あ…はい! 報告ですね。今回はどうでしたか」

ゴブスレ「こいつのお陰で楽に終わった」

女神官(マッチョ)「照れちゃうのです☆///」ムキムキィ

受付嬢「そ、そうですか、そうですよね…」
19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:54:15 ID:2VW
青年剣士「あ、あのっ!」

ゴブスレ「む…」

女武闘家「お二人とも、先程はありがとうございました!」

女魔法使い「あ、ありがとう、ございました…」

女神官(マッチョ)「もう大丈夫なのですか?☆」

女魔法使い「あ、はい、お陰様で」

女神官(マッチョ)「…すぐに助けてあげられなくて、すみませんでした」

女魔法使い「そ、そんな! こちらこそ、失礼な態度を取ってしまって…あの、本当にありがとうございました!」深々と頭を下げる
20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)07:58:01 ID:2VW
青年剣士「それで、その…よければこれからも一緒にやっていきませんか?」

女神官(マッチョ)「私が…ですか?」

女武闘家「はい! 私達、まだまだ未熟者ですけど、何か少しでも恩返しが出来たらと」

女魔法使い「お、お願いします…!///」

女神官(マッチョ)「うーん…☆」ムキムキミチィ

ゴブスレ「………」
21: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)08:00:42 ID:2VW
ゴブスレ「…よかったのか。一緒に行かなくて」

女神官(マッチョ)「私はあなたと一緒にいて、学んで行きたいのです☆」

ゴブスレ「…好きにしろ」

女神官(マッチョ)「はい! 好きにするのです☆」ムキムキィ
22: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)08:04:51 ID:2VW
ゴブスレ「…ゴブリンだ」

受付嬢「えっ!? 今帰ってきたばっかりですけど…大丈夫なんですか…?」

ゴブスレ「疲労は無い…楽だったからな」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ そう何度も言われると照れちゃうのです☆///」もじもじムキムキィ

受付嬢「そ、そうですか…それでは、立て続けで申し訳ないのですが、また新しいゴブリン退治の依頼がきてまして…」

ゴブスレ「そうか」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ ゴブリンは鏖殺なのです☆」
23: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)08:05:01 ID:2VW
第一部完
24: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)08:58:30 ID:HHA
わく(*゚▽゚*)わく
25: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:10:13 ID:2VW
~とある洞窟の前~

ゴブスレ「ここだ」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 」ムキムキ

見張りゴブリン「ギギ…」

ゴブスレ「見張りのいる巣か、厄介だな」

女神官(マッチョ)「どうするのです?☆」

ゴブスレ「攫われた娘が孕み袋として生かされている可能性がある。面倒だが突入するぞ」

女神官(マッチョ)「了解なのです☆」
26: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:13:37 ID:2VW
女神官(マッチョ)「あ、見張り退治は任せて欲しいのです☆」

ゴブスレ「そうか…使え」石をセットしたスリングを手渡す

女神官(マッチョ)「あ、大丈夫なのです…トゥットゥルー♪ 」フォンッ!(石を素手で投擲する)

見張りゴブリン「ギ? ビュチッ…!」着弾して水風船のように吹き飛ぶ

女神官(マッチョ)「やったのです☆」

ゴブスレ「いくぞ」
27: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:19:46 ID:2VW
ゴブスレ「来るぞ」剣を構える

女神官(マッチョ)「新たに開発した洞窟内闘法の出番なのです☆」ピーカブースタイルになり、極端に猫背の姿勢になる

ゴブリン共「「「ギャギャギャギャギャギャ!」」」

ゴブスレ「………」ザクッ!(物陰から飛び出して先頭のゴブリンを斬り捨てる)

ゴブリン「ギッ!?」

女神官(マッチョ)「鏖殺なのです☆」ヒュンッ!(脇を締めたショートアッパーでゴブリンの頭を吹き飛ばす)

ゴブリン共「「「ギャギャー!?」」」
29: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:27:13 ID:2VW
~とある洞窟・最奥~

ゴブスレ「…ホブがここの頭か」物陰から伺う

ホブ「グギギ…」

村娘「………」汚物塗れ

女神官(マッチョ)「…女の子を盾にしているのです」グググ…ムキムキミチィ…!

ゴブスレ「奴らがよくやる手だ」

女神官(マッチョ)「どうするのです? ゴブリンスレイヤーさん☆」

ゴブスレ「まず俺が一人で行く。ホブに一撃を入れたら、『ホーリーライト』を使って飛び込んでこい」

女神官(マッチョ)「…わかったのです☆」

ゴブスレ「…頼んだぞ」
31: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:33:26 ID:2VW
ゴブスレ「おい」物陰から出て行く

ホブ「ギッ? グギャギャギャギャ!」村娘を突き出す

村娘「ぁ…たす、け…」

ゴブスレ「何を言ってるんだかわからんが…こうすれば満足か」剣を放り捨てる

ホブ「ギャギャギャギャ!」大笑い

ゴブリン共「「「ギャギャギャギャ!!!」」」ガシャンガシャン(手に持った武器を打ち鳴らす)

ゴブスレ「馬鹿め」ヒュ…ゴシャ!(大笑いするホブの股間を蹴り上げる)

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 『ホーリーライト』なのです☆」ビッカアアアアアアア(筋肉が光り輝く)

ゴブスレ「少し任せるぞ」村娘抱きかかえて走る

女神官(マッチョ)「お任せなのです☆」ブォン!グチャッ!(剛腕を振り回してホブの頭を吹き飛ばす)
33: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:42:43 ID:2VW
ゴブスレ「戻ったぞ」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ これで…終わりなのです☆」グシャ!(掴んでいたゴブリンの頭部を握り潰す)

ゴブスレ「数は?」

女神官(マッチョ)「今ので47なのです☆」

ゴブスレ「…妙だ。頭がホブの割に数が多い」

女神官(マッチョ)「そうなのですか?☆」

ゴブシャーマン「ギヒ…ギャギャ!」岩陰から女神官目掛けてライトニングを放つ

女神官(マッチョ)「!?」

ゴブスレ「……」ライトニングの射線上に丸盾を投げる

ゴブシャーマン「ギギャ!?」バリバリバリバリ!!(丸盾にライトニングが命中して弾ける)

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー!」ヒュ…ボゴォ!(素早い踏み込みからのボディブローでゴブシャーマンの腹に穴を開ける)

ゴブシャーマン「ガッ…!」

ゴブスレ「岩陰に潜んでいたか…お前の『ホーリーライト』は光量が大きい分、影が濃くなって気付きにくくなる。気を付けろ」

女神官(マッチョ)「はい、すみません…ありがとうございます」ビッカアアアアアアア(相変わらず筋肉が光り輝いている)
34: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:48:07 ID:2VW
~辺境の街・冒険者ギルド~

受付嬢「ですから、そのような人は…あっ、おかえりなさい! ゴブリンスレイヤーさん!」

妖精弓手「!? …あなたが、オルクボルグ…?」

女神官(マッチョ)「私…ですか?」キョトン(ムキムキ)

鉱人道士「ホッホ…確かに詩で語られている通りの恵体じゃのぉ」

蜥蜴僧侶「おお…確かに、これは素晴らしい」

ゴブスレ「ゴブリンだ」

受付嬢「はい、報告をお受けしますね」

女神官(マッチョ)「えっ…えっ?」キョトン(ムキムキミチィ)
36: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)09:52:43 ID:2VW
鉱人道士「なんじゃ、そっちが本物のかみきり丸なんかい」

蜥蜴僧侶「詩では『白き衣を纏った鋼の武人』と言われておりましたが…」

妖精弓手「何よ、アンタがオルクボルグなら、ちゃんとそう言いなさいよ」

ゴブスレ「俺はそんな名ではない」

受付嬢「あはは…」

女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさんに御用なのです?☆」ムキムキ

ゴブスレ「なんだ。ゴブリンか」
37: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:01:32 ID:2VW
蜥蜴僧侶「実は、混沌の眷属が小鬼共を使って、森人の里付近で何やら企んでおりましてな…」

ゴブスレ「やはりゴブリンか。場所はどこだ。規模は。補給を済ませ次第すぐに出発する」

妖精弓手「えっ、ちょっと…!」

鉱人道士「ほう…」

蜥蜴僧侶「地図はこちらに。数は多勢、としか…まさか一人で行かれるおつもりで?」

ゴブスレ「ふむ…お前はどうする」

女神官(マッチョ)「もちろん、ついていくのです!☆」ムキムキ!

ゴブスレ「そうか、好きにしろ」

女神官(マッチョ)「はい! 好きにするのです☆」

妖精弓手「えぇ…」

受付嬢「それでは、個人指名のご依頼として手続きを進めさせて頂きますね」

鉱人道士「ほっ、すまんのぉ」

蜥蜴僧侶「よろしくお願い致しまする」
38: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:07:24 ID:2VW
~移動中~

ゴブスレ「なんだ、お前達もついてくるのか」

妖精弓手「当たり前でしょ!?」

鉱人道士「はっはっはっ、足手まといにゃならんようにするわい」

蜥蜴僧侶「冒険者が依頼を出してついていかぬでは、拙僧も先祖に顔向けができませぬしな」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ よろしくなのです☆」ムキムキ

妖精弓手「ヒッ…よ、よろしく…?」
39: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:15:26 ID:2VW
~森人の里付近・ゴブリンが潜む遺跡前~

ゴブスレ「ゴブリンだ」

鉱人道士「ふむ…見張りが2匹も立ってるのぉ…」

蜥蜴僧侶「それに、狼を飼って番犬にまでしておりますな…」

妖精弓手「ふん、あんなの私の手に掛かれば楽勝よっ」ギッ…ヒュン!(弓を放つ)

見張りゴブリンズ「ギッ? ギャッ!」一本の矢で同時に頭を射抜かれる

狼「!?」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー♪ 」ヒュ…ゴッ!(狼目掛けて石を投げる)

狼「ワ…グシャ!」着弾して水風船の様に弾け飛ぶ

蜥蜴僧侶「凄まじい膂力ですな…」

鉱人道士「この距離を素手の投擲で仕留めるとかとんでもないのぅ…」

ゴブスレ「いくぞ」

妖精弓手「ちょ…ちょっと! 少しは驚きなさいよ!? 投石で狼が血煙になったのよ!?」

ゴブスレ「いつものことだ」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」ムキムキミチィ
40: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:20:15 ID:2VW
ゴブスレ「………」グチャグチャ(矢で射抜かれたゴブリンを解体している)

妖精弓手「ちょ、ちょっと! 何してんのよ!?」

ゴブスレ「…奴らは臭いに敏感だ」ゴブリンの内臓を取り出す

妖精弓手「…えっ?」

ゴブスレ「特に女子供、森人の臭いには」内臓をボロ布で包んで絞る

妖精弓手「…!? 嘘でしょ、ちょっと…嫌よ!」

ゴブスレ「必要なことだ」ズイッ

妖精弓手「嫌アアアアアアア!!!」

鉱人道士「…こりゃ酷いのぅ」

蜥蜴僧侶「しかし小鬼殺し殿がわざわざ仰るのですから、本当に必要なことなのでしょうや…」

女神官(マッチョ)「………」
41: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:25:00 ID:2VW
妖精弓手「うぅ…」ゴブリン汁塗れ

女神官(マッチョ)「…ゴブリンスレイヤーさん☆」

ゴブスレ「………なんだ」

女神官(マッチョ)「さっきの話、初耳なのです☆」

ゴブスレ「……なんのことだ」

女神官(マッチョ)「私も一応、女の子なのです☆」ムキムキ…ミチィッ…!

ゴブスレ「………そうか」

女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさん?☆」

ゴブスレ「………」

鉱人道士「なんぞ修羅場じゃの…(コソコソ」

蜥蜴僧侶「はて、拙僧にはなんとも…(コソコソ」

妖精弓手「誰かちょっとくらい同情してよぅ…」
42: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:29:46 ID:2VW
~ゴブリンが潜む遺跡・最奥の広場~

ゴブスレ「ゴブリンだ」

女神官(マッチョ)「沢山いるのです☆」ゴブスレさんと手を繋いでいる

妖精弓手「戦士兼斥候と一応神官が手を繋いで遺跡探索って…」

蜥蜴僧侶「まあこうでもしなければ、命を刈り取られそうな雰囲気がありましたからな」

鉱人道士「初っ端からとんでもないファンブルじゃったのぉ」

ゴブスレ「…ゴブリンだ」
43: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:32:33 ID:2VW
ゴブスレ「確か『サイレンス』が使えたな」

女神官(マッチョ)「はいなのです☆」

ゴブスレ「よし、『ドランク』で眠らせてから、一匹ずつ殺していくぞ」

鉱人道士「ほいきた」
44: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:37:13 ID:2VW
~眠りこけたゴブリンを一匹ずつ処理中~

妖精弓手「…クッ…血脂で滑って、斬れ味が…他の人はどういう風に…」チラリ

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」ゴシャ!(寝ているゴブリンの頭を一匹ずつ握り潰して歩いている)

妖精弓手「」

妖精弓手「……いやいや、流石にあれは参考にならないわよ…オルクボルグは…?」

ゴブスレ「………」ザクッ! ポイッ(ゴブリンの武器を奪い、斬れ味が鈍ったら捨てている)

妖精弓手「なるほど…」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」ゴチュ!
45: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:40:13 ID:2VW
妖精弓手「!? 何か来るわ…!」

ゴブスレ「ゴブリンか?」

鉱人道士「いや、こりゃあ…!」

蜥蜴僧侶「なんと…!」

オーガ「貴様ら…ここを我らが砦と知っての狼藉とみた」ズシンッ!

妖精弓手「オーガ…ッ!」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」ムキムキ
46: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:46:46 ID:2VW
ゴブスレ「なんだ。ゴブリンではないのか」

オーガ「貴様ッ! 我を侮っているのかァ!!」ブォン!ドゴォ!

ゴブスレ「貴様なぞ知らん。興味もない」オーガの一撃を回避する

女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさん!☆」バッ!(ゴブスレさんの前に飛び出す)

オーガ「なんだ貴様…我が眷属か…? 何故混沌に与する者が人間の味方をする!?」

女神官(マッチョ)「私は普通の只人なんですっ☆」

妖精弓手「普通…かなぁ…?」

鉱人道士「『普通』の概念が乱れとるのぅ」

蜥蜴僧侶「まあまあ、お二人とも。常識は種族ごとそれぞれでしょうや」

ゴブスレ「………」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」
47: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:52:15 ID:2VW
オーガ「貴様、なかなかの手練れとみた…手加減はせぬぞ! 『ファイアボール』!!」

妖精弓手「ッ!? 危ないッ!」

女神官(マッチョ)「!! 『いと慈悲深き地母神よ か弱き我らをどうか大地の御力でお守りください』…サイド・チェスト!!!」ムキムキィ!(ポージング付き)
48: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:52:55 ID:2VW
※参考資料
サイド・チェスト
49: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:54:00 ID:qmE
参考資料wwwww
50: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:56:12 ID:ytw
か弱き?
51: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)10:57:35 ID:2VW
オーガ「何っ!? まさか、脆弱な人間の奇跡ごときで…我が術が…ッ!?」

ゴブスレ「ふむ…術も使えるのか」ゴソゴソ

妖精弓手「今、変な奇跡名聞こえなかった…?」

鉱人道士「いやぁ、オーガの『ファイアボール』をその身で受けきるとはのぉ」

蜥蜴僧侶「まさに武神の名に相応しい御力ですな。拙僧も見習わねば」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」ムキムキ!
52: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:00:48 ID:2VW
オーガ「おのれ…おのれぇえええええええ!!!」再びファイアボールを撃とうとする

女神官(マッチョ)「!! 『いと慈悲深き地母神よ…』」

ゴブスレ「馬鹿め」女神官の前に出てスクロールを拡げる

女神官(マッチョ)「!? ゴブリンスレイヤーさん!?☆」

ズバアアアアアアア!!!

オーガ「!?」
54: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:10:19 ID:2VW
オー/ガ「なんだ…これは…っ、何が…なにをしたあああああ!!?」

ゴブスレ「転移の巻物だ。海の底へと繋げた」

オー/ガ「海の底…だと…!?」

ゴブスレ「ゴブリンの巣を潰すための巻物だったが…まあいい」

オー/ガ「!? たかがゴブリンを殺すために…こんなものを…ッ」

ゴブスレ「さて、お前の名はなんと言ったか…」

オー/ガ「わ、我は…!」

ゴブスレ「まあいい」ザシュ!(オー/ガの心臓に剣を突き立てる)

オー/ガ「ガッ…」





ゴブスレ「お前なぞより、ゴブリンの方がよほど手強い」

女神官(マッチョ)「トゥットゥルー☆」ムキムキ
55: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:22:15 ID:2VW
~ゴブリンが潜む遺跡の外・帰り道の馬車内~

妖精弓手「…ねぇ、あの子一人でもなんとかなったんじゃないの?(コソコソ」

鉱人道士「ほっほっほ、さてさて…」

蜥蜴僧侶「オーガと武神殿の一騎討ち。是非一度見てみたいものですなぁ…」

女神官(マッチョ)「………(スヤスヤ」

ゴブスレ「………」女神官の膝の上で抱き締められている

妖精弓手「ふふ…こうして寝てる顔は、可愛いんだけどねー」

女神官(マッチョ)「……(スヤスヤ」グググッ…!(ゴブスレさんを強く抱き締める)

ゴブスレ「…グッ!?」ミシミシ…バキッ(革鎧が軋み、鉄兜が歪む)

鉱人道士「こ、こりゃいかん! 寝惚けてかみきり丸を殺しちまうぞッ!」

蜥蜴僧侶「『おお、気高き惑わしの雷竜よ。我に万人力を与えたもう…パーシャルドラゴン』! ふんっ、ぬおおおおっっ!!!」肉体強化して女神官の腕を開こうとする

妖精弓手「ちょっと、起きて! このままだとオルクボルグがミンチになっちゃうわよ!?」女神官の肩を必死で揺する

女神官(マッチョ)「スヤスヤ…えへへ……ゴブリンスレイヤー、さん…///」

ゴブスレ「」
56: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:22:29 ID:2VW
終わりです
58: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:26:03 ID:2VW
ご拝読ありがとうございました!

過去作も並べておきますね。

女神官♂「ゴブリンスレイヤーさん…?」///


ゴブ男「ゴブスレの世界のゴブリンに転生した」


男「アラクネを拾ったのでペットにした」


男「スキュラを拾ったのでペットにした」



他にも色々です
59: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:28:01 ID:qmE
よく考えたら、前作の最後に前衛職っぽくなった神官の話から、
更に発展させたっぽい内容なのか。
60: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:29:20 ID:2VW
>>59
そうですね

あの時は細身のままで終わらせましたけど、
同時に「めっちゃマッチョで全ての禍からゴブスレさんを守る女神官ちゃん」が浮かんでしまって
頭から離れなくなったので書きました
62: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:48:14 ID:Ocq
ということは、この女神官(マッチョ)ちゃんも生えて…?
63: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)11:51:15 ID:ysN
女の子やぞ(半ギレ

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング