FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 20:54:43.94 ID:iWCcFmaX0
<鶴亀高校>

排球美「どん子、いくわよーっ!」

どどん子「いいわよー!」

排球美「アターック!」バシッ

ワイワイ……

かめはめ太(どん子ちゃん、可愛いなぁ……)

狼牙風助「よう、はめ太」

かめはめ太「!」ビクッ

狼牙風助「ずいぶん熱心に、女子バレー部の練習を見てるじゃんか」

かめはめ太「いいだろ、別に。好きなんだよ、バレーボール」

狼牙風助「ウソつけ」

狼牙風助「お前、どん子ちゃんのこと見てただろ」ニヤッ

かめはめ太「!」ギクッ
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 20:57:56.62 ID:iWCcFmaX0
かめはめ太「ち、ちがうよ! だって彼女は──」

狼牙風助「だよなぁ」

狼牙風助「彼女はみんなのアイドルだし、とてもお前とは釣り合わんよなぁ」

かめはめ太「………!」

狼牙風助「砲作、お前もそう思うだろ?」

気功砲作「……俺はよく分からん」

狼牙風助「お前に振った俺がバカだったよ」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:01:32.65 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「ま、この学校で彼女と釣り合うヤツっていったら──」

狼牙風助「陸上部エース、太陽ケン。あいつぐらいのもんだろうなぁ」

狼牙風助「お、噂をすりゃあ……」

キャーキャー

女子A「ケン君、かっこいい~!」キャピキャピ

女子B「ケン君、みんなでカラオケ行こうよ~!」キャピキャピ

女子C「ケンさん、お菓子作ってきました!」キャピキャピ

太陽ケン「参ったな、ハハハ」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:06:21.62 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「──ったく、うらやましいねぇ」

狼牙風助「俺たちみたいなモテない人間にゃ、アイツは眩しすぎるぜ」

狼牙風助「ま、だからといって、お前にまったくチャンスがないわけじゃない」

狼牙風助「万が一、ということもある」

狼牙風助「そんなに好きなら、玉砕してこいよ。慰めにメシくらいおごってやるぜ」

かめはめ太「だから、俺はどん子ちゃんに興味ないって!」

狼牙風助「おいおい、そう怒るなよ」

かめはめ太(玉砕なんか、してたまるか……!)
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:10:26.90 ID:iWCcFmaX0
<はめ太の家>

かめはめ太「ふぅ……」

かめはめ太(まったく、風助はいちいちうるさいんだよ。おせっかい焼きめ)

かめはめ太(でも、あながち間違ったことをいってるわけでもないんだよな)

かめはめ太(美人で、性格も明るいみんなの人気者、どん子ちゃん……)

かめはめ太(一方、俺にはなぁ~んもない)

かめはめ太(彼女と釣り合う点なんか、一つもない……)

かめはめ太(ウチの学校で彼女と並んで絵になる人間といったら)

かめはめ太(たしかにケンくらいのもんだ)
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:13:16.82 ID:iWCcFmaX0
かめはめ太(ケンも、どん子ちゃんのことが好きなのかなぁ)

かめはめ太(もし好きだったら、俺なんか到底勝ち目ないや……)

かめはめ太(ケンは陸上部のエースで、イケメンで、成績もトップクラス……)

かめはめ太(風助じゃなくても、眩しすぎる存在だ)

かめはめ太(あ~あ、ケンが持ってるものの中で一つでも俺にあれば)

かめはめ太(告白する勇気も湧いてくるんだけどなぁ)

かめはめ太(神様ってのは不公平だよ、ホント)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:20:21.38 ID:iWCcFmaX0
翌日、学校にて──

どどん子「おはよう、はめ太君!」

かめはめ太「お、おはよう……」

どどん子「昨日、バレー部の練習を見に来てたよね?」

かめはめ太(やべぇ、バレてたのか)

かめはめ太「……まぁね」

どどん子「どうだった?」

かめはめ太(どうだった……って、練習じゃなくどん子ちゃん見てたからなぁ……)

かめはめ太「い、いやぁ~みんな、頑張っててすごかったよ!」

どどん子「そっか!」

どどん子「また時間があったら見に来てね!」

かめはめ太「う、うん……」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:27:02.74 ID:vfQ3cCnv0
ためだ どどん子がチャオズでしか再生できない
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:24:24.44 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「よう」

気功砲作「おはよう」

かめはめ太「おう、おはよう」

狼牙風助「今、どん子ちゃんに話しかけられたよな」

狼牙風助「いったいなんの話をしてたんだよ?」

かめはめ太「なにって……昨日練習見に来てたよね……って」

かめはめ太「それで、どうだったって聞かれて……」

狼牙風助「へぇ~……で?」

かめはめ太「みんなすごく頑張ってたねって答えて……」

狼牙風助「で?」

かめはめ太「いや、それだけだけど……」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:28:10.12 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「はぁ~……」

狼牙風助「5点だな!」

かめはめ太「な、なんだよ5点って……」

狼牙風助「お前さぁ、もうちょっと話を広げるようにしてみろよ」

かめはめ太「広げるったってなぁ……」

狼牙風助「例えばさぁ“バレーじゃなく、君を見てたのさ”とか」

かめはめ太「バ、バカ! んなこといえるかよ!」

狼牙風助「それは冗談にしても、もうちょっとなんかあるだろ」

狼牙風助「なぁ、砲作?」

気功砲作「俺はよく分からん」

狼牙風助「………」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:30:51.32 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「みんな頑張ってたね、なんて小学生の作文レベルだぞ!」

狼牙風助「練習を見てたんだから、あのレシーブがすごかった、とか具体的にいえよ!」

かめはめ太「いや……だって俺、どん子ちゃんしか見てなかったし」

狼牙風助「………」

狼牙風助「──やっぱな」ニヤッ

狼牙風助「お前、どん子ちゃん好きなんじゃねえか」

かめはめ太「あっ……!」

狼牙風助「まぁまぁ、気にすんな! バレバレだったから!」

狼牙風助「はっきりいって成就する可能性は低いけど、協力してやるよ!」

狼牙風助「な、砲作?」

気功砲作「まぁ……いいけど」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:35:34.10 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「じゃあ、さっそくライバルの情報を手に入れなきゃな」

狼牙風助「あとで三人でケンのところに行ってみようぜ」

かめはめ太「えぇっ、なんで!?」

狼牙風助「決まってんだろ。アイツがどん子ちゃんを好きかどうか探りに行くんだよ」

かめはめ太「でも、三人で行くことないだろ。それぐらい俺一人で──」

狼牙風助「バカか」

狼牙風助「一人で行ったら、それこそ“俺はどん子ちゃんが好きです”って」

狼牙風助「宣言してるようなもんじゃんか」

かめはめ太「あ、そっか……」

気功砲作(……なぜ俺も行かなきゃならないのだろう)
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:40:32.89 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「お、いたいた」

狼牙風助「俺がアイツと話すから、お前らは黙っとけよ」

かめはめ太「わ、分かった」

気功砲作(元々俺は話すつもりないしな……)

狼牙風助「フンフ~ン」

狼牙風助「よぉ、ケン!」

太陽ケン「ん、なんだい?」

狼牙風助「今、こいつらとさぁ、好きな女がどうのって話をしてたんだけど」

狼牙風助「お前にも好きな女っているの?」

太陽ケン「……いるよ!」

かめはめ太「!」ギクッ
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:43:34.27 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「へぇ~いるのか」

狼牙風助「ちなみにだれ?」

太陽ケン「どん子ちゃんさ」

かめはめ太「!?」

狼牙風助「へ、へぇ~……たしかに彼女は可愛いもんな」

太陽ケン「今度、正式に交際を申し込もうと思ってるんだ」

かめはめ太「!?」

狼牙風助「ふ、ふぅ~ん……ま、まぁ頑張れよ」

太陽ケン「ありがとう!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:50:26.97 ID:iWCcFmaX0
かめはめ太「はぁ……終わった……」

狼牙風助「そう落ち込むなって!」

かめはめ太「ケンにコクられて断る女子なんて、この学校にゃまずいないだろ」

かめはめ太「アイツ、太陽みたいに眩しいもん」

狼牙風助(まぁ、たしかに……)

かめはめ波「はぁ……失恋決定……」

狼牙風助(俺の読みじゃ、ケンは同じ陸上部の天空ペケ子に気があると思ってたけど)

狼牙風助(まさか、こんなことになるとは……)

かめはめ太「あ~あ、学校やめよっかな……」

狼牙風助「バ、バカ! こんなことで学校やめたら親が泣くぞ!」

狼牙風助「砲作、お前も励ましてやれよ」

気功砲作「………」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:53:17.86 ID:iWCcFmaX0
気功砲作「はめ太」

かめはめ太「なんだよ?」

気功砲作「お前、ホントにどん子のことが好きなのか?」

かめはめ太「好きに決まってるだろ!」

気功砲作「でもホントに好きだったら、こんなことで諦めるか?」

かめはめ太「………!」

狼牙風助(コイツ、たまに核心突くようなこというんだよな……)

かめはめ太「うるさい! 好きな女の子もいないお前なんかにいわれたく──」

気功砲作「いるよ」

かめはめ太&狼牙風助「えっ?」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 21:56:35.37 ID:iWCcFmaX0
狼牙風助「まさか、お前もどん子ちゃんが……?」

気功砲作「いいや、ちがうよ」

気功砲作「ただ、今の今まで自分があの子を好きかどうか分かんなかったけど」

気功砲作「はめ太や風助のやり取り聞いてたら、気づいたよ」

気功砲作「やっぱり俺、好きみたいだ」

気功砲作「だから俺、今日その子に告白するよ」

狼牙風助「マ、マジかよ……今日って……」

かめはめ太「でも砲作、もしフラれたらって考えないのか……?」

気功砲作「ん~……別に」

かめはめ太&狼牙風助(すげェ!)
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:00:21.85 ID:iWCcFmaX0
<はめ太の家>

かめはめ太(ホントに好きなら諦めない、か……)

かめはめ太(まぁ、たしかにそりゃそうだ)

かめはめ太(──にしても砲作のヤツ、恋愛とかしないタイプだと思ってたのに……)

かめはめ太(好きだと気づいたら即日告白とか、すごすぎるだろ……)

かめはめ太(それに、あんなに気さくに他人に好きな人とか聞ける風助もすげぇよな)

かめはめ太(あ~あ、なんで俺ってこんなに何も持ってないんだろ)

かめはめ太(まぁいいや……もうどうでもよくなってきた)

かめはめ太(俺の恋愛は、コクらずして試合終了だ)
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:06:51.80 ID:iWCcFmaX0
翌日、学校にて──

狼牙風助「マジかよ!?」

気功砲作「ああ」

かめはめ太「どうしたんだ?」

狼牙風助「コイツ昨日、四妖子にコクってオッケーされたんだってよ」

かめはめ太「おお、よかったじゃん!」

気功砲作「あ、ありがとう……」

かめはめ太(鉄面皮が今日はさすがに嬉しそうだな……)

狼牙風助「たしかに妖子ちゃんも、あまり目立つタイプじゃないけど可愛いからなぁ~」

狼牙風助「大切にしろよ、砲作!」

気功砲作「ああ」

狼牙風助「よしはめ太、お前も続けよ!」

かめはめ太「お、俺はいいって……」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:08:29.40 ID:iWCcFmaX0
放課後──

太陽ケン「どん子ちゃん、ちょっと来てもらっていいかな?」

どどん子「なに?」

太陽ケン「話があるんだ」スッ

どどん子「分かったわ」スッ

狼牙風助「ついに来たか……」

狼牙風助「結果は分かり切ってるけど、こっそり見に行くか?」

かめはめ太「いや、いいよ……帰る」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:10:20.81 ID:iWCcFmaX0
<はめ太の家>

かめはめ太(あ~あ、今頃ケンとどん子ちゃんはデートだろうなぁ)

かめはめ太(メシでも食いに行くのか)

かめはめ太(あるいは映画か)

かめはめ太(買い物ってのもアリか)

かめはめ太(──で、夜になったら……)

かめはめ太(ち、ちくしょぉ~~~~~っ!)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:16:38.11 ID:iWCcFmaX0
翌日、学校にて──

かめはめ太(ケンの彼女になったどん子ちゃんなんか、見たくないな……)

狼牙風助「おい、はめ太!」

かめはめ太「なんだよ、風助」

狼牙風助「大変なことになったぞ!」

かめはめ太「大変なこと?」

狼牙風助「ケンが……」

狼牙風助「ケンがフラれたんだってよ!」

かめはめ太「えぇっ!?」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:22:35.18 ID:iWCcFmaX0
かめはめ太「それはつまり、どん子ちゃんに断られたってことか!?」

狼牙風助「あぁ、俺の予測じゃ絶対カップルになると思ったが──」

狼牙風助(ケンの好きな女子も外したし、どうも最近キレが悪いな俺……)

狼牙風助「……まぁ、でもよかったな」

狼牙風助「ケンほどの奴がフラれたんだ」

狼牙風助「お前もいっそダメもとでコクってみたらどうだ?」

かめはめ太「………」

かめはめ太(たしかにな……)

かめはめ太(ケンがフラれるってことは、この学校の男子全員フラれるってことだ)

かめはめ太(いっそここでケリつけて、新たな恋を探すのもいいかもしれない)

かめはめ太(──やってみるか!)
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:25:24.48 ID:iWCcFmaX0
放課後、女子バレー部の休憩時間を見計らって、はめ太はどん子に話しかけた。

かめはめ太「やぁ、どん子ちゃん」

どどん子「あら、はめ太君。また練習見に来てくれたの?」

かめはめ太「うん……」

かめはめ太「で、さぁ……ちょっとどん子ちゃんに話があるんだけど、いいかな?」

どどん子「うん、いいよ」

かめはめ太「ここじゃちょっと……」

どどん子「じゃあ、向こう行こっか」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:28:40.50 ID:iWCcFmaX0
どどん子「話って?」

かめはめ太「……お、俺……」ドキドキ

かめはめ太(ヤバイ、なんか急に緊張してきた!)ドキドキ

かめはめ太(バカ、もう後戻りなんかできないぞ!)ドキドキ

かめはめ太「俺さぁ……」ドキドキ

かめはめ太(まだ心のどこかで、どん子ちゃんとくっつけると思ってんのか!?)ドキドキ

かめはめ太(今日はフラれるために来たんだ! そう、フラれろ俺!)ドキドキ

かめはめ太「俺……」

かめはめ太「俺、君が好きなんです!」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:35:33.86 ID:iWCcFmaX0
どどん子「私も……」

かめはめ太「ハハハ、まぁ、そうなるよね」

かめはめ太「ごめんね、こんなこと急に……身の程知らずだよな、俺」

かめはめ太「でも……俺のこと嫌わないで欲しいんだ。今後も今までみたいに──」

かめはめ太「──ん?」

かめはめ太「今、なんて?」

どどん子「私も……はめ太君、好きだよ」

かめはめ太「……マジ?」

どどん子「マジ」

かめはめ太「そっか……じゃ、これからよろしく」

どどん子「うん」

かめはめ太「じゃ、今日は帰るね」

どどん子「うん」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:37:57.89 ID:iWCcFmaX0
<はめ太の家>

かめはめ太(──とまぁ、まっすぐ家に帰ってきちゃったけど)

かめはめ太(やった……のか?)

かめはめ太(やった……んだよな?)

かめはめ太(やった……)

かめはめ太「やったぁ~~~~~!」

かめはめ太「どん子ちゃんとカップルになれたぁ~~~~~!」

かめはめ太「やったぁ~~~~~!」

かめはめ母「はめ太、うるさいよ! 静かにしな!」

かめはめ太「ご、ごめん、母ちゃん」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:41:19.20 ID:iWCcFmaX0
かめはめ太(──って、なんで俺は帰ってきちゃったんだろ)

かめはめ太(部活終わるまでどん子ちゃんを待っとくべきだったよなぁ)

かめはめ太(とはいえ、オッケーされた時はなんか実感がなかったんだよな)

かめはめ太(ほとんどダメもとだったし)

かめはめ太(……夢じゃないよな)ツネッ

かめはめ太(うん、夢じゃない)

かめはめ太「やったぁ~~~~~!」

かめはめ母「うるさいっての!」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:44:36.57 ID:iWCcFmaX0
翌日、学校にて──

狼牙風助「なんだとぉっ!?」

狼牙風助「マ、マジかよ……お前とどん子ちゃんがカップルに……?」

かめはめ太「ああ、俺も信じられないよ」

気功砲作「よかったな」

かめはめ太「ありがとう、砲作」

狼牙風助(砲作には妖子ちゃん、はめ太にはどん子ちゃん……)

狼牙風助(彼女ナシは俺だけになっちまった……)

狼牙風助「ええい、おごれっ!」

狼牙風助「お前ら、俺に飲み物おごれっ! プーアル茶をおごれっ!」

狼牙風助「ち、ちくしょぉ~~~~~っ!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:47:23.69 ID:iWCcFmaX0
放課後──

どどん子「はめ太君、今日部活ないから……一緒に帰らない?」

かめはめ太「い、いいよ」

どどん子「手……繋ごっか」

かめはめ太「う、うん」

どどん子「………」ギュッ

かめはめ太「………」ギュッ

かめはめ太(憧れのどん子ちゃんの手だ……ちっさくてひんやりしてて……気持ちいい)

どどん子「はめ太君の手……おっきくて頼りがいがある手だね」

かめはめ太「あ、ありがと……」

どどん子「ふふっ……」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:51:04.25 ID:iWCcFmaX0
ある日、はめ太は学校で太陽ケンと出くわした。

太陽ケン「こんにちは、はめ太君」

かめはめ太「よ、よぉ」

かめはめ太(ケンがフラれた直後に、俺がコクってどん子ちゃんと付き合ったんだよな)

かめはめ太(なんか気まずいな……)

太陽ケン「ハハハ、大丈夫だよ。君に対してわだまかりなんかないさ」

かめはめ太「えっ……」

太陽ケン「もちろん少し悔しいけどね」

かめはめ太「でも俺なんて、ケンに比べたら──」

太陽ケン「いや……」

太陽ケン「なんというか、君は安心感があるんだよ」

太陽ケン「君ならば決めてくれる、やってくれる、任せられる、っていう安心感が」

太陽ケン「どん子ちゃんもきっと……君のそういうところに惚れたんじゃないかな」

かめはめ太(安心感、ねぇ……。コイツ褒めるとこないからって適当いってないか?)
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:54:29.72 ID:iWCcFmaX0
<はめ太の家>

かめはめ太(──でも)

かめはめ太(ケン、やっぱりアイツ、いい男だな)

かめはめ太(アイツがモテる理由が分かったような気がするよ)

かめはめ太(陸上部のエースとか、勉強ができる、とかだけじゃない)

かめはめ太(やっぱりアイツは人に好かれるようなものを持ってる)

かめはめ太(どん子ちゃんに関しては俺が勝った格好だけど、やっぱり眩しいもんな)

かめはめ太(それにアイツだって何もしないで足が速くなったり)

かめはめ太(テストでいい点取れるようになったわけじゃない)

かめはめ太(勉強もスポーツも頑張って、自分自身を磨いてきたんだ)

かめはめ太(俺も……)

かめはめ太(俺も……自分自身を磨いてみるか!)
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:57:14.47 ID:iWCcFmaX0
はめ太は自分を変えようと、体を鍛え始めた。

かめはめ太「まずは腕立て伏せだ」

かめはめ太「1、2、3……」

かめはめ太(もっと他にもやるべきことはあるかもしれないけど)

かめはめ太(やっぱり体は資本だしな)

かめはめ太(どん子ちゃんにとって頼れる男にならないと!)

かめはめ太「10、11、12……」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 22:59:39.84 ID:iWCcFmaX0
はめ太の変化に、友人たちも気づいた。

狼牙風助「はめ太、お前最近スゲー生き生きしてるよな」

狼牙風助「心なしか、体つきもガッシリしてきたし」

かめはめ太「分かる? ちょっと鍛えてんだ」

狼牙風助「ベタだけど、どん子ちゃんを守るため、か?」

かめはめ太「それもあるけど……俺もケンみたいに自分を磨こうと思って」

狼牙風助「自分を磨く、か……」

狼牙風助「やっぱり彼女ができると、男って変わるもんだなぁ」

気功砲作「俺はあまり変わってないけど」

狼牙風助「砲作、お前は特殊すぎるんだよ」

かめはめ太「ハハハ……」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:06:23.47 ID:iWCcFmaX0
はめ太とどん子の仲も順調だった。

どどん子「ハハハ、もうやだぁ~はめ太君ってば!」ピッ

かめはめ太「いつも思ってたけど、その仕草可愛いよね」

どどん子「ああ、ごめん。私、ついクセで人に人差し指を向けちゃうんだ」

どどん子「行儀悪いし、直そうと思ってるんだけど、ちっとも直らなくて……」

かめはめ太「いや、いいんだよ」

かめはめ太「どん子ちゃんに指差されると、なんか心がズバッとシビれるんだよね」

かめはめ太「それに俺も……クセがあるしさ」

どどん子「あの両手を向けるやつでしょ、波動拳みたいに」

どどん子「かっこいいじゃない」

かめはめ太「あ、ありがと……」

しかしそんな彼らに、災いが降りかかることになる。
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:12:39.91 ID:iWCcFmaX0
<遊園地『レッドリボンランド』>

どどん子「あ~怖かったぁ……」

かめはめ太「いやぁ~すごかったね、海底基地大脱走」

かめはめ太「絶叫マシーンってだけでも怖いのに」

かめはめ太「巨大ダコや変なロボットが出てきた時は本気でビビったよ」

どどん子「次は大人しめのアトラクションにしようよ」

かめはめ太「そうだね。じゃあ占いでも──」ドンッ

かめはめ太「あ、すいません(うわっ、外人だ)」

アク=マイト「うわっ!? す、すいません!」

アク=マイト「──ん?」

アク=マイト(な、なんだ……てっきりあの人かと思ったら、別人じゃねえか)

アク=マイト「てめぇ、このマイト様にぶつかっといてそれだけかい!」

かめはめ太「あ、謝ったじゃないですか!」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:18:29.39 ID:iWCcFmaX0
アク=マイト「あぁ!? 治療費よこせやゴラァ!」

かめはめ太「ち、治療費ったって……」

どどん子「肩がぶつかったぐらいで怪我をするはずないでしょう!?」

アク=マイト「な、なんだこのアマ……」

どどん子「行こっ、はめ太君」スタスタ

かめはめ太「う、うん」スタスタ

アク=マイト「あっ、まだ話は──」

ザワザワ…… ガヤガヤ……

アク=マイト(く、くそっ……!)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:24:42.57 ID:iWCcFmaX0
どどん子「今日は楽しかったわ」

かめはめ太「うん、変な外人に因縁つけられちゃったけどね」

どどん子「どうせもう会うことなんかないって」

どどん子「それに占いによると、私たち相性バッチリだったじゃない!」

かめはめ太「まぁ……色々困難も待ち受けてるっていってたけどね」

どどん子「私たちなら、なんとかなるって」

かめはめ太「そうだね、なんとかなるよね」

かめはめ太(困難も待ち受けている、か……)

かめはめ太(なんだろう。妙な胸騒ぎがする……)
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:30:14.96 ID:iWCcFmaX0
数日後、学校にて──

狼牙風助「聞いたかよ!」

かめはめ太「どうした?」

狼牙風助「なんでもこの町に外人の不良グループがやってきて」

狼牙風助「次々にこの辺りの不良やら暴走族やらをシメてるらしいぜ」

狼牙風助「なんでも魔族高校のアタマ、魔貫光司もやられたらしい」

かめはめ太「マジかよ」

かめはめ太「魔貫光司って、ケンカでプロボクサーに勝ったとかってヤツだろ?」

狼牙風助「ああ」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:37:01.11 ID:iWCcFmaX0
かめはめ太「でもまぁ、俺たちには関係ないだろ」

狼牙風助「たしかに俺たちの学校なんか相手にしないだろうけどさ」

狼牙風助「ただ、リーダーがすげぇヤバいヤツみたいでよ」

狼牙風助「欲しいと思ったものはどんな手段を使っても手に入れるらしい」

狼牙風助「お前らも、デートとかする時は気をつけろよな」

かめはめ太「ありがとう」

気功砲作「気をつけるよ」

狼牙風助(俺だけなんだよな、デートする相手がいないの……トホホ)
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:42:17.07 ID:iWCcFmaX0
放課後──

どどん子「今日の部活、大会前だし遅くなるから先に帰ってて」

かめはめ太「うん、分かった」

かめはめ太「そういや風助から聞いたんだけどさ」

かめはめ太「なんでもよそから不良グループが来てて」

かめはめ太「この辺も物騒になるかもしれないから、気をつけろよ」

どどん子「ありがとう」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:48:18.72 ID:iWCcFmaX0
バレー部の練習が終わった。

どどん子「球美、帰ろ」

排球美「うん」

排球美「ところでさぁ、なんでアンタ、ケン君じゃなくはめ太君と付き合ってんの?」

排球美「絶対ケン君の方がかっこいいじゃん」

どどん子「う~ん……なんでだろうね?」

排球美「はぁ?」

どどん子「あえていうなら……」

どどん子「なんか、落ち着くんだよね。はめ太君といると」

どどん子「安心できるっていうか、はめ太君なら必ず守ってくれるって気がするんだ」

排球美「とてもそうは見えないけどねぇ」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:51:24.43 ID:iWCcFmaX0
どどん子「──こないだだって、遊園地でかっこよかったんだから!」

排球美「もうノロケ話は分かったってば!」

どどん子「球美がはめ太君が頼りないとかいうからでしょ!」

排球美「ゴメンゴメン……ん?」

排球美「なんか、音が聞こえない?」

どどん子「ホントだ」

バキッ… ドカッ…
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:54:31.69 ID:iWCcFmaX0
ドゴッ! ベキッ!

魔閃ヒカル「うぐぅ!」ドサッ

アク=マイト「よえぇくせに、俺たちに刃向かうんじゃねえよ」

チェンジ「クソがっ!」ペッ

魔閃ヒカル「うぅっ……よくも光司さんを……!」

アク=マイト「ケッ、今時武器も使わねぇタイマンなんて流行らねぇんだよ」

アク=マイト「あの人とタイマンだと思って武器も持たずにやってきたアイツを」

アク=マイト「バットでフクロにした時は最高だったぜ!」

チェンジ「ヒャッハッハ!」

魔閃ヒカル「ち、ちくしょう……」

アク=マイト「まぁいいや、舎弟のテメェも仲良くICU送りにしてやんよ」



どどん子「あなたたち、何やってるの!?」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/22(木) 23:57:29.26 ID:iWCcFmaX0
アク=マイト「なんだテメェは? ……あ」

どどん子「あ」

アク=マイト(コイツ、あの時のクソ女じゃねえか!)

アク=マイト(だが、よくよく見るとツラは悪くねぇな)

アク=マイト(そういやあの人、女を欲しがってたっけな……)

アク=マイト(コイツさらっていけば、いい点数稼ぎになりそうだ)

アク=マイト「おい、おめぇ、ちょっと話が──」

どどん子「えっ……!」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:00:39.51 ID:HB+ioEV60
<はめ太の家>

かめはめ母「ちょっとー」

かめはめ太「なに?」

かめはめ母「あんたの学校の球美さんって方から電話よー」

かめはめ太(そういや、アイツは俺のケータイ番号知らなかったか)

かめはめ太(……にしても、なんで球美が俺にかけてくるんだ……?)

かめはめ太「もしもし」

排球美『あっ、はめ太君!? 大変なの! ちょっと来てくれない!?』
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:06:20.15 ID:HB+ioEV60
かめはめ太「どん子ちゃんが、外人どもにさらわれた!?」

排球美「う、うん……この人が殴られてるとこに私らが駆けつけて……」

排球美「私とこの人を殴られたくなきゃ、一緒に来い……って」

魔閃ヒカル「すまねぇ、俺のせいでっ……!」

かめはめ太「えぇと、アンタは?」

魔閃ヒカル「魔貫光司の舎弟、魔閃ヒカルだ……」

かめはめ太(あぁ、仇討ちしようとしたら返り討ちにされたってとこか……)

かめはめ太「アンタ、あいつらの溜まり場、分かるか?」

魔閃ヒカル「分かるが……行く気か?」

かめはめ太「当たり前だっ!」

排球美「アンタだけじゃ、とても……応援を呼んだ方が……」

かめはめ太「応援、か……」

かめはめ太「とりあえず、知ってる奴に片っ端から連絡してみる!」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:12:25.93 ID:HB+ioEV60
何人かの応援が駆けつけた。

かめはめ太「風助、砲作……。来てくれて、ありがとう……!」

狼牙風助「いいってことよ。みんなのアイドルであり、親友の彼女のピンチだもんな」

気功砲作「放ってはおけないよ」

かめはめ太「ケン……。巻き込んじまって、すまない……」

太陽ケン「なぁに、気にしないでくれ。女の子をさらう卑劣な輩は許してはおけん」

かめはめ太「ヒカル、ヤツらの溜まり場はどこだ?」

魔閃ヒカル「繁華街にある、クラブ『ヴェズィータ』だ」

かめはめ太「球美ちゃんは家に帰ってな。大丈夫、必ずどん子ちゃんは助ける」

排球美「う、うん……(たしかにはめ太君、けっこう頼もしいかも……)」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:18:23.12 ID:HB+ioEV60
<クラブ『ヴェズィータ』>

ズンチャカ♪ ズンチャカ♪ ズンチャカ♪

アク=マイト「リックさん、女を連れてきましたぜ!」

ギャ=リック「ほう?」

アク=マイト「オラッ、こっち来い!」グイッ

どどん子「痛ッ!」

どどん子「えっ……!」

どどん子(なにこの人……外人だけど、顔がはめ太君にソックリ……!)

ギャ=リック「なかなかいい女じゃないか」

アク=マイト「ありがとうございます」

ギャ=リック「よし、女。俺が遊んでやろう、光栄に思うがいい」

どどん子「誰がアンタなんかと!」

ギャ=リック「なんだとぉ~!?」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:24:16.79 ID:HB+ioEV60
ギャ=リック「俺を怒らせて、そんなに死にたいか!」

バシッ!

どどん子「うぁっ!」

ギャ=リック「嫌がる女をムリヤリ……というのも、また楽しいものだ」

ギャ=リック「このリック様がたっぷりと料理してやるぞ!」

どどん子「い、いやぁ……やめて……」

ギャ=リック「ハッハッハ……諦めろ!」

どどん子(助けて……)

どどん子(はめ太君、助けて!)
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:30:14.29 ID:HB+ioEV60
バタンッ!

チェンジ「リックさん、大変です!」

ギャ=リック「どうした?」

チェンジ「わけの分からない連中が、このクラブに乗り込んできました!」

ギャ=リック「なんだとぉ~!?」

アク=マイト「どっかの暴走族か!?」

チェンジ「いやちがう。ただ……乗り込んできたヤツのうちの一人が」

チェンジ「リックさんにソックリなんだ!」

ギャ=リック「俺に……?」

どどん子(きっと、はめ太君たちだ!)

どどん子「は、はめ太君──!」

ギャ=リック「ええい、暴れるなっ!」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:36:17.08 ID:HB+ioEV60
むろん、乗り込んできたのははめ太たちであった。

鍛えた体で敵を殴るはめ太。

かめはめ太「だあっ!」バキッ

剛腕で敵を圧倒する砲作。

気功砲作「はっ!」ドガッ

懐中電灯で敵の目をくらませてから殴るという、頭脳プレーのケン。

太陽ケン「ケンカも頭を使わないとね」ドスッ

魔貫光司譲りの根性で戦うヒカル。

魔閃ヒカル「うおりゃっ!」ドゴッ
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:42:15.28 ID:HB+ioEV60
そして──

狼牙風助「ようやく俺が活躍する時が来たか……」

狼牙風助「こないだカンフー映画を見ておいて、よかったぜ!」

狼牙風助「はいぃーっ!」タタタッ

バゴッ!

狼牙風助「うぎゃあっ!」

かめはめ太「ムチャしやがって……」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:48:29.59 ID:HB+ioEV60
はめ太たちは順調に不良集団を倒していく(風助除く)。

アク=マイト「ちっ、だらしねぇヤツらだぜ」ザッ

チェンジ「ヒャッハッハ、俺らの出番のようだな。チェーンジ!」ザッ

魔閃ヒカル「あいつらは──!」

かめはめ太「あいつらがリーダーか!?」

魔閃ヒカル「いや……ヤツらは幹部だ」

魔閃ヒカル「“便所悪魔”のマイトと、“デリヘルマスター”のチェンジ」

かめはめ太(ずいぶん恥ずかしい異名だな……)

狼牙風助「へっ、おもしれぇじゃねえか」

狼牙風助「よし、はめ太。幹部は俺たちに任せて、お前は奥にいるボスを倒せ!」

かめはめ太「で、でも……」

気功砲作「俺たちなら平気だ」

太陽ケン「どん子ちゃんは、君が救ってあげなければね」

かめはめ太「ありがとうっ!」ダッ
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:51:22.17 ID:HB+ioEV60
はめ太はギャ=リックの部屋にたどり着いた。

ギャ=リック「よく来たな。ほう、たしかに俺とソックリだ」

かめはめ太「どん子ちゃんを返してもらおうか!」

ギャ=リック「あんまり暴れたんでな。奥の部屋に眠らせてある」

ギャ=リック「あの女を救い出したかったら、俺に勝つしかない」

かめはめ太「うおおっ!」

バキッ! ベキッ! ドガッ!

ギャ=リック(なんだと、この俺が押されているだと!?)

かめはめ太「どん子ちゃんを返せぇっ!」

ドゴォッ!

ギャ=リック「ぐわぁっ!」ドサッ
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:54:21.38 ID:HB+ioEV60
ギャ=リック「お、おのれ~! この俺様の気高い血を流させやがって!」

ギャ=リック「ぶっ殺してやる!」

リックは塗料で、自分の髪を金色に染めた。

かめはめ太「うわっ!?」

ギャ=リック「俺は……超(スーパー)リックだ!」

ドゴッ! ドカッ! バゴッ!

かめはめ太「ぐわあぁっ!」

かめはめ太(なぜだか分からないけど、強くなった!)

ギャ=リック「今まで数々の敵を打ち倒してきた俺様が、キサマなどに負けるか!」

ズガァッ!

かめはめ太「く、くそっ……!」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 00:57:18.53 ID:HB+ioEV60
はめ太とリックの死闘の音で、どん子が目を覚ます。

どどん子「……ん」

どどん子「ここは……」

どどん子「そっか私、あいつに殴られて気絶させられて……」

どどん子「外で誰か戦ってる……?」

ガチャッ

ドアを開けると、リックと戦っているはめ太がいた。

どどん子「はめ太君!」

かめはめ太「どん子ちゃん!」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:00:23.99 ID:HB+ioEV60
ギャ=リック「ちっ、もっと強く殴っておくべきだったか」

かめはめ太「なんだとぉ……許さねえっ!」

バキッ!

ギャ=リック「ぐおっ……!」

ギャ=リック(くそったれ、女が来たせいで勢いを盛り返してきやがった!)

ギャ=リック(こうなったら止むを得ん! 奥の手だ!)

リックは棚やテーブルに置いてある酒瓶を、次々に投げつけ始めた。

ガチャン! バリン! ガッシャーン!

ギャ=リック「ふははははっ! 手も足も出まい!」

ガシャン! バシャン! ガチャーン!

ギャ=リック「や……やったか!?」ハァハァ
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:06:30.62 ID:HB+ioEV60
かめはめ太「やってない!」

ギャ=リック「なにぃ!?」

かめはめ太「お前が超リックなら、俺だって超かめはめ太だっ!」

かめはめ太「うおおおおっ!」ダダダッ

バゴンッ!

ギャ=リック「ぐおおっ……!」

ギャ=リック(バ、バカな……この俺様が……!)ドザァッ

かめはめ太「………」ハァハァ

どどん子「はめ太君!」ダッ

かめはめ太「どん子ちゃん!」

二人は抱き合った。
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:12:46.35 ID:HB+ioEV60
一方、風助たちは幹部に苦戦していた。

狼牙風助「ピクピク」

気功砲作「もう動けん……(スタミナ切れだ……)」ハァハァ

太陽ケン「参ったね。サングラスをかけられたら、懐中電灯も効かないな……」ゼェゼェ

魔閃ヒカル「つ、強い……!」ハァハァ

アク=マイト「そろそろトドメと刺してやる」

チェンジ「全員病院送りにしてやるぜ」

するとそこへ──
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:16:09.46 ID:HB+ioEV60
二名の警官が駆けつけてきた。

界王ケンシロウ(巡査)と元気玉男(巡査長)である。

アク=マイト「なんだ、テメェらは」

界王ケンシロウ「あたたたたたたたたっ!」ズガガガガッ

アク=マイト「あべしっ!」

チェンジ「顎がしゃくれたポリ公なんかこわかねぇ!」

元気玉男「元気があれば何でもできる!」ドゴッ

チェンジ「ぐぎゃあっ!」



気功砲作「いったい誰が通報したんだ……?」

太陽ケン「ぼくが突入前にしといたんだ。女の子がさらわれたんだから、当然だろ?」

魔閃ヒカル「国家権力恐るべし」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:18:57.04 ID:HB+ioEV60
界王ケンシロウ「君たち、ご協力感謝する!」

元気玉男「コイツらは町を転々として、あちこちで傷害事件を起こしていたんだ」

こうして、クラブ『ヴェズィータ』を根城にしていた外国人不良グループは逮捕された。
一ヶ所に留まらず悪事を繰り返していたため、警察としても手こずっていたようだ。

かめはめ太「いやぁ~よかった、よかった」

どどん子「ありがとう、みんな!」

狼牙風助「気にすんな。いいってことよ」

気功砲作(風助は結局一人も倒してないけどな……)

太陽ケン「これにて一件落着だね」

魔閃ヒカル「病院送りにされた光司さんの仇を討てて、よかった……!」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:20:42.16 ID:HB+ioEV60
どどん子「やっぱり、来てくれたね……はめ太君」

かめはめ太「どん子ちゃんがピンチなら、俺はどこへだって駆けつけるよ」

どどん子「はめ太君、最高っ!」ギュッ

かめはめ太(ああ、幸せ……)

狼牙風助「ヒューヒュー熱いねぇ」

気功砲作(俺も妖子に電話してみるか)

太陽ケン「やっぱりお似合いのカップルだよ。君たちは」

魔閃ヒカル(恋っていいなぁ。俺も爆力マコちゃんにコクろっかな……)
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:24:10.54 ID:HB+ioEV60
仲間たちと別れ、二人きりになったはめ太とどん子。

どどん子「今日は本当にありがとう」

かめはめ太「いやぁ~無事でよかったよ、どん子ちゃん」

どどん子「ねぇ……もうお互い呼び捨てでもいいんじゃない?」

かめはめ太「えっ?」

どどん子「お願い……」

かめはめ太「わ、分かったよ」ゴクリ

かめはめ太「どん子……」

どどん子「はめ太……」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:28:20.18 ID:HB+ioEV60
かめはめ太「どん子」

どどん子「はめ太」

かめはめ太「どん子!」

どどん子「はめ太!」

かめはめ太「どん子っ!」

どどん子「はめ太っ!」

かめはめ太「どん子ーっ!」

どどん子「はめ太ーっ!」

かめはめ太&どどん子「……プッ」

かめはめ太&どどん子「アハハハハッ!」



どこかの有名な技に似た名前を持つ男女の恋物語、これにておしまい。
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 01:37:00.24 ID:1o8JLXNB0

なぜだか懐かしい気分になった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング