FC2ブログ

【ガルパンSS】 みほ「舐めプ?」

1: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 21:41:50.02 ID:+SPXJpPj0
みほ「舐めプ?」

優花里「は、はい。この前、一年生のみなさんが西住隊長の舐めプは流石だよね、と言っていたのが聞こえまして。そして、先ほども会長殿が西住ちゃんの舐めプは流石だねえと仰っておられて……」

みほ「あれ?優花里さんは知らなかったんだっけ?」

優花里「え!?」

みほ「戦車道では舐めプは基本だと思うけど」

優花里「嘘ですよね?からかわないで下さいよう、西住殿」

みほ「だって、麻子さんや華さんも舐めプしてるよ?聞きに行ってみようか」

優花里「ええぇ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454935309
2: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 21:47:42.24 ID:+SPXJpPj0

麻子「舐めプ?ああ、学校に遅刻しまっくてることか。確かにあれは学校なんてまともに行かなくても高成績で卒業できることを誇示する舐めプだな」

優花里「そ…そうだったんですか。ですが、戦車道では全力なのでしょう?それこそ卒業が掛かっていたのですから」

麻子「どうだろうな。戦車操縦はマニュアルを軽く読んだだけという一種の舐めプだと私は考えているが。西住さんはどう思う?」

みほ「立派な舐めプだと思うな」

麻子「西住さんに認められると自信がつくな」

みほ「えへへ、そうかな」

優花里「ええぇ……」

みほ「じゃあ、華さんの所にも行ってみよっか」
3: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 21:53:48.81 ID:+SPXJpPj0

華「舐めプ……ですか?」

みほ「うん。ほら前に言ってた……」

華「ああ!私が同じ車両には一度しか砲撃しないというアレですか」

優花里「え、そうだったんですか!?」

華「ええ。華道も戦車も美しく花を咲かせる(戦車を撃破する)好機は一度のみですから」

優花里「ええぇ……。装填に集中してて全く知りませんでした」

みほ「華さんの舐めプは強い信念が感じられて好きだな」

華「まあ!ありがとうございます。みほさんにそう言われたら舞い上がってしまいます」

優花里「……そうだったんですか。もしかして、武部殿が高スペックな割りに彼氏ができないと嘆いているのも?」

華「いえ、あれは素です」

みほ「うん」

優花里「そ、そうですか。すみません武部殿……」アタマサゲー
4: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 22:12:49.02 ID:+SPXJpPj0
ねこにゃー「西住さんが舐めプ道を説いている……。まあ、ネトゲでも舐めプは基本」

杏「うんうん。決勝の即リタイヤしながらデカイ仕事をするってのは結構良かったよ~」

ねこにゃー「わわ。か…会長。でも、会長のプラウダ戦まで砲手をしないっていうのも中々凄かった」

杏「あれ?詳しいねえ。ねこちゃんは決勝まで温存舐めプしてたから知らないと思ったよ」

ねこにゃー「大洗の試合は全部みてたから…。録画もして何度も見た。未だに河嶋さんのゼロ距離砲撃ハズし

は鳥肌が…」

杏「いや~、かーしまのアレは素なんだよね」アッハッハ

ねこにゃー「ええ……。でも、その河嶋さんをずっと砲手にしてたっていうのは凄い舐めプかも」

杏「うんうん。やっぱ舐めプは至高だよねぃ」
5: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 22:13:35.78 ID:+SPXJpPj0

ペパロニ「舐めプ談義っすか。私も混ぜてくださいよ!」

優花里「アンツィオ校もですかぁ~」アアァ

みほ「いやー、私も騙された程の作戦にわざと欠陥をつくるなんて相当の舐めプだよ。規定車両数を超える偽者を配置するなんてかなりの舐めプだね」

ペパロニ「ですよね!でも姉さんは分かってくれないんだよなあ。姉さんは実はかなり真面目な人だから」

優花里「一応、良心的存在もいるんですね……」
6: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 22:14:08.91 ID:+SPXJpPj0

典子「バレー部復活させるぞー!」

妙子・忍・あけび「おおっー!」

優花里「なんか嫌な予感が……」

みほ「まあ、そもそも4人でバレー部っていう時点でね。ユニフォームで戦車に乗るし」

典子「こんにちは、西住隊長!バレー命って感じなのに戦車で大活躍、これって最高ですよね!」

みほ「うん。結構な舐めプ度だと思うな」

典子「ですよね!でも、なぜか舐めプバレーをやってくれる生徒が来ないいんだよなあ」

優花里「(それが原因では?)」
7: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 22:15:20.32 ID:+SPXJpPj0
みほ「あっ、ダージリンさんお久しぶりです」

ダージリン「ええ、久しぶりねみほさん」

優花里「……もしかして」

みほ「ああ、グロリアーナの舐めプは凄いよ」

ダージリン「ええ。『どんな走りをしようとも、我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ』

ふふふ、相手を逆上させられる最高のセリフね」

ローズヒップ「実際にはバッチャバッチャ溢しているというのもポイント高いですわ!」

ダージリン「……私は溢さないけれどね」

優花里「……」

みほ「……」

オレンジペコ「前にティーカップごと…」
ダージリン「どんな走りをしようとも、我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ」
8: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 22:27:02.32 ID:+SPXJpPj0

カチューシャ「ふふん。三時間も相手に準備時間を与えるなんてカチューシャにしかできないことだわ!」

ノンナ「はい、見事な舐めプでした」

優花里「うわぁ、あれ舐めプだったんですか。確かに偵察してたら、コサック踊ったり小宴会状態でしたが」

みほ「うん。ちなみにあんこう踊りとか、相手の守りの堅い所に突っ込んだのは私の舐め舐め作戦」

カチューシャ「確かにミホーシャの舐めプは凄かったわ」グヌヌ

ノンナ「ええ、美しくもありましたね」

優花里「カチューシャ殿も結構なものですって…。決勝用に戦車を温存もしてらしたのでしょう?」

カチューシャ「舐めプは勝たなきゃ意味が無いのよ!」フンッ

みほ「そうだよ、優花里さん。舐めプで負けたら、それは恥ずべきことなの」

ノンナ「流石はミホーシ…西住さんは舐めプ流と名高い西住流ですね。良く分かっています」

優花里「ええぇ……。西住流そのものが舐めプなんですかぁ!」アタマカカエ
9: ◆dg58rlMYS6 2016/02/08(月) 22:39:41.59 ID:+SPXJpPj0
ケイ「Hey、みほ。なんでも舐めプを布教してるって?」

みほ「こんにちはケイさん。そうなんです、友達に舐めプの真髄をと思って」

ケイ「Great!さっすがみほね!無線タレ流し舐めプは最高だったもの。実は無線傍受に最初から気づいてたんでしょ?」

みほ「はい。黒森峰にはスパイも多かったですから、見慣れた機械があるなーと」

ケイ「Marvelous!尊敬するわ」

みほ「ありがとうございます。ケイさんに言われると嬉しいです」

ケイ「That's舐めプ道!これは戦争じゃない。舐めプしなくちゃ戦車が泣くでしょ!」

優花里「なんか涙が出てきました」ウウウ

ケイ「Yeah!」

優花里「悪い意味で泣いてるんですぅ!舐めプ道に感動したわけじゃありません!」ウウウ
17: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 18:22:30.09 ID:s8MV4Ya10
そど子「最近、舐めプが流行っているみたいね。まったく」

カエサル「ああ、まったくもって喜ばしい」

そど子「へ?」

カエサル「あのアゥグストゥスも何度か舐めプをしていたと聞く。やはり舐めプは素晴らしい」

そど子「なっ、舐めプなんて校則違反よ!」

カエサル「何をいまさら。素人が固定砲台の戦車に乗るなんて普通するものか。舐めてなければできないさ。ふざけた羽織や帽子の着用、片目を閉じているだなんて舐めてなければできないだろう」

そど子「禁止、禁止!舐めプは禁止よ!」

カエサル「やれやれ」
18: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 18:23:39.20 ID:s8MV4Ya10
みほ「そういえば西さんの舐めプは凄かったです」

西「はい、有利な時も不利な時も何も考えずに突撃!相手など眼中に無いって感じで最高です!」

みほ「西さんの舐めプは負けても成り立つっていうのが凄いと思います」

西「いえいえ、西住さんほどではありません。我々がいくらふざけて撃破されても全く怒らず、自分ひとり居れば勝てるんだと敵にみせつける。とんでもない舐めプです!」

みほ「ええ。あれで勝ってもグロリアーナとプラウダはモヤモヤするだけのはずです。なにせ、散々舐められてギリギリの勝負に持ち込まれたんですから。名づけてもやもや作戦です」

優花里「いつの間にそんな作戦が……」
19: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 18:24:33.53 ID:s8MV4Ya10
梓「西住隊長!今日も舐めプ道を教えてください!」

みほ「うん。最近は梓さんも戦車から身をずっと乗り出してくれて嬉しいよ」

梓「ありがとうございます!///」

優花里「え、あれも舐めプなんですか?」

みほ「うん。あなたたちの砲撃なんてカスリすらしないっていう意味でやるんだよね。意外と相手はイライラするから楽しいんだ」

優花里「もう聞きたくなくなってきましたぁ」ウナダレー

みほ「うさぎさんチームは私もかなり期待してるんだ」

梓「重戦車キラーなんて最高にふざけた存在ですよね!でも、なかなか難しくて……」

みほ「大丈夫!梓さん達ならきっとなれるよ!私は信じてるよ。さっそくこれから練習しよっか」

梓「はい!よろしくお願いします」

優花里「良い話っぽくしないでくださーい!」
20: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 18:25:03.41 ID:s8MV4Ya10
アキ「舐めプって何のこと?」

ミカ「相手のしてほしくないことをすることさ」

アキ「じゃあ、舐めプっていけないことなんだ」

ミカ「舐めプって本当にいけないことかな?」

ミカ「人の目なんか気にしないで、思うとおりに戦えばいいのさ。誰に嫌われようと舐めプする。自由ってそういうことだと思うな」

ミカ「舐めプをするっていうのは素晴らしいことさ」
21: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 18:26:10.93 ID:s8MV4Ya10
ナカジマ「まあ、車でも舐めプは基本だね」

みほ「そうなんですか?」

ナカジマ「うん。タイムアタックとかだと敢えて1、2週目は酷いラップタイムを取ったりね」

みほ「なるほど。自動車部の舐めプ度は凄いと思っていたので納得です」

ナカジマ「そうかな?」

みほ「ええ。故障車を走りながら直すなんて、相手はかなりイライラしますから。廃校が掛かってる中でみなさんレベルの操縦技術を持っている仲間を最後まで隠すという会長の策も凄かったですけど」

ナカジマ「今度は戦車でドリフトしまくってみようと思うんだ。定常円描くのもいいかな」

みほ「いいですね。履帯なんて気にしない感が最高です」

優花里「やめてくださーい!戦車でそういうことしないで下さいよぉ!」
23: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 18:49:25.49 ID:s8MV4Ya10
まほ「撃てば必中、守りは固く、進む姿は乱れ無し、鉄の掟、鋼の心、それが西住流」

優花里「ああ。良い言葉です。心が癒されますぅ」ジーン

みほ「優花里さん。西住流は王者の舐めプなの」

優花里「はい?」

みほ「西住流はね、真正面から相手を潰すことをモットーとしてるの」

優花里「素晴らしいことではありませんか!これこそ戦車道ですよ」

みほ「はあ。まだ舐めプ道を理解してなかったんだね」ヤレヤレ

みほ「いい?西住流は相手がどんな作戦を使っても、何も対策せず真正面から戦うの。黒森峰との戦いで最後、フラッグ車が先頭きって乗り込んできたでしょ?普通、あそこは他の車両に様子見させるよね?でもそうしなかった。あれは小細工なんて必要ないっていう王者の舐めプ」

優花里「ええぇ……」

みほ「でも負けたら凄く恥ずかしいんだ、あの舐めプ。私も一年前の決勝でフラッグ車の車長が飛び出すなんて舐めプしたんだけどね、負けちゃった。まさか、車長が居なくなっただけで一歩も動けなくなるなんて思わなかったよ」

まほ「黒森峰は想定外に弱いからな。みほの舐めプレベルが高すぎたんだ」

優花里「逸見殿が激昂してたのも、今なら納得できます」

まほ「ああ、エリカは口で煽るだけで戦車道ではいたって普通だからな」

優花里「もはや逸見殿に同情すらしますよ」
25: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 19:03:16.70 ID:s8MV4Ya10
愛里寿「……やっぱりあの戦いで舐められてたのかな。まるでボコのストーリーみたいだった」

愛里寿「最初は適当にケンカ売ってやられる。それからは何度も立ち上がって敵に挑み続ける」

愛里寿「あの時、ヴォイテクを見てボコのストーリーをなぞってるって感じて、手が止まっちゃった」

愛里寿「私がボコミュージアムに居たのを知っるんだから、最後の決め手にヴォイテクを使うのもうなずける」

愛里寿「舐められた挙句、心理すらすべて見すかされてた?」

愛里寿「……流石にありえない。考えすぎだと思う」

愛里寿「あの高名な西住流が舐めたプレイをするとも考えにくいし」

愛里寿「うん、やっぱり考えすぎ。戦車道はいつも全力に決まってる」

愛里寿「次こそは勝ってみせる」


27: ◆dg58rlMYS6 2016/02/09(火) 19:13:20.65 ID:s8MV4Ya10
おまけ

しほ「……大洗のお土産」

しほ「やっぱり、あの子の舐めプ度は凄まじいわね」

しほ「出て行かせてよかったわ。あのままではみほに西住流が侵食されてしまっていたもの」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 19:15:44.74 ID:nkf9Pv5go
しぽりんもう手遅れや
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 19:33:11.05 ID:xV2W/U/wo

何これ愛里寿ちゃんぐうかわ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 13:22:11.46 ID:W/x1o1kd0

なんだかんだ筋通ってるっぽくて面白かった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング