FC2ブログ

提督「……辞めたい」

1: 水源+α 2019/02/27(水) 22:36:35.66 ID:xMIAKMMXO
着任後から一年間が経ったある日、提督は鎮守府近くの病院の病室に居た。誰かに階段から突き落とされた結果、骨折してしまったのだ。 犯人は以前として見つかっていないものの、艦娘の誰かというのは明らか。といっても一年間もの間、前任のせいもあり、艦娘達から酷い風評被害を受け、無視や陰口、暴力等が日常的に行われていたのでいつかこうなるとは提督も分かっては居た。これまで落ちぶれていた艦娘達の為に尽力してきた提督だったが、ついにこの事件がきっかけで愛想を尽かしてしまう。


 不意に、そんな弱音を病室のベッドの上で吐き出しまった。
 これまで色々なことを、見舞いに来てくれた一人の艦娘である大和と話し込んでいたが、俺は一通り会話が終わると、自然と口からそんな弱音を溢していたのだ。

 何かにすがるような思いだった。会話が終わった後に訪れた静寂が、元々疲弊しきって極限まで心細くなった心をさらに寂しくさせたのだろうか。

大和「……提督」

 俺の言葉に、大和が先程までの会話で淑やかに微笑んでいた表情を暗くさせる。

提督「……いや。ごめん。今のは、ちょっとした冗談って奴だ。……まだ二十二才という若輩者が、しかも提督の立場に立っているというのに、こんな弱音を吐くわけにはいかない。……だから、今の言葉は無かったことにしてくれ」

 やはり病室に居ると心細くなるのだろう。普段はこんな弱音は吐かなかった筈なのに、こうして無意識に吐いてしまった。気も滅入っている。

 普段の大和は俺のことを凄く思いやってくれる艦娘だ。だから、そんな俺のちっぽけな命令もいつも通り聞き入れ、俺が弱音を吐いたことを流してくれるだろう──そう思ったが、

大和「……無理です」
2: 水源+α 2019/02/27(水) 22:41:18.30 ID:xMIAKMMXO
提督「──」

 今日の──いや、今の大和はそうではなかった。

大和「……提督は私達艦娘の為に、もの凄く頑張ってくれました。あれほど前任によって落ちぶれていた横須賀鎮守府は、提督の尽力によって今はすっかり栄光ある横須賀鎮守府に、いやそれ以上のものへと成長を遂げています」

提督「……そうらしいな」

大和「なのに、なのに……私や武蔵、陸奥さん、翔鶴さん以外の艦娘達は……提督に酷い扱いをしました」

 怒りを腹に抑え込んでいるかのように、静かに大和は語る。

大和「……誰も見向きもしませんでした。誰も提督の努力を認めませんでした……そして──」

提督「お、おい大和」

大和「──誰もが提督の存在を否定しましたッ!!」
3: 水源+α 2019/02/27(水) 22:45:09.87 ID:xMIAKMMXO
 これまで怒りを沸々と溜め込んでいたのだろうか。普段は俺の前ではこれほど声を荒らげることはなかった大和が初めて怒りを露にした。

大和「提督は無茶しすぎです! 今まで無視を始めとした酷い扱いされているにも関わらず提督は何も言わずに甘んじて受け続けています! しかも今回のような人間の力の数倍はある艦娘達から暴力を振るわれても執務を続け、挙げ句には懲りずに交友を持とうと近付いて……また暴力を受けて!」

提督「……すまん」

大和「しかも今回に至っては暴力の範疇を超えて階段から突き落とされたんですよ!? 頭を打って死んでも……こうして助かった今で後遺症があってもおかしくなかったんですよッ……!」

提督「……」

大和「……私は。そして武蔵や陸奥さんや翔鶴さんだって今回のことを知ったとき……どんなに心配したかっ……」

提督「や、大和……本当に申し訳ない。あ、ああ……ここにティッシュが」

大和「私がこうして涙を流してるのは誰のせいなんですかっ……ティッシュなんて取らなくて良いんです! 今は私の話に集中してください!」

提督「……分かった」
9: 水源+α 2019/02/27(水) 22:52:06.42 ID:xMIAKMMXO
あ、ここで一応シリアス注意です。
12: 水源+α 2019/02/27(水) 22:55:46.16 ID:xMIAKMMXO
大和「……先程、提督が私に本音を呟いてくれる前、正直迷っていました。鎮守府にこのまま残り私達と共に護国の鬼として戦って欲しいと言うか。それか鎮守府から出て、違う余生を送って欲しいと言うのかを」

提督「……俺は、提督だ。だからこれからも戦k「ですがもうひとつの考えが浮かびました」……ぇ」

大和「──もう私は……あなたに無理をさせたくありませんっ」

提督「大和……」

大和「思えば、着任から今までで、初めて提督の本音を聞けることが出来ました。……普段は私達が心配しても、苦笑するだけでしたから」

 そこで依然として涙を流しながら、大和は淋しく微笑する。

大和「初めて私に溢してくれた本音が……なんでこんなものなのでしょうか。なんでこんなにも、互いを心苦しくさせるものになってしまったのでしょうか?」

提督「……それは、」

 大和は言い淀んだ提督を見た後、涙を袖で拭い、普段のような確りとした雰囲気になった。
13: 水源+α 2019/02/27(水) 22:59:43.55 ID:xMIAKMMXO
大和「……提督。もう良いのです。提督は何も悪くないんです。提督は、あの娘達が過去から脱け出せるように尽力しました。そして、その結果がこの現状なんです。全てはあの娘達をあのようにしてしまった前任のせいもありますが、多くはそれらの暗い過去からすがり付いて脱け出せない、弱いあの娘達のせいです。目に余る行為を犯してきたんです。





……ですから私はあの娘達の解体処分を希望します」

提督「……大和。自分が今何を言っているのか理解できてるのか?」

大和「はい。味方を……戦友を、死刑に処して下さい。……今回を含めて今までのようなあの娘達の行いは、上官に対する暴力や命令違反という、立派な軍規違犯であると同時に、法律上裁かれるべき犯罪行為にもなります。それに……もしも他の方が今の提督のような立場になったとしたら、精神的な疾患に必ずと言っていいほど陥り、即刻自殺もしてしまうことでしょう。今の提督はそれほど酷い扱いを受けてるんです……前任の後に着任したのがあなたでなければ、他の方が今のような状況になり、自殺という犠牲者になっていたことも容易に想像が出来ます。……私でもあのように扱われれば気が狂いそうになると思います。正直提督がいつか自殺してしまうのではないかと気が気でありませんでした」

提督「……いや、それは結果論で他の奴でも自殺はしn「提督ッ!!」──っ」
14: 水源+α 2019/02/27(水) 23:02:01.66 ID:xMIAKMMXO
大和「……提督。どうか自覚してください。これまでの提督は端から見ればどれほどの酷い扱いを受けていたという事実を……そして、提督の自己犠牲を見て心が張り裂けそうになるほど心配している人がいるということを」

提督「……」

大和「もっと御自愛下さい。提督は少々自己評価が低すぎます。世間から見てもあなたはとても素晴らしい提督です。そして尊重に値する人間でもあるんです。確かに指揮した多くの艦娘があなたの力を認めませんでした。しかし、少なくとも私──大和。武蔵、陸奥さんや翔鶴さんはあなたのことを誰よりも認めてます」

提督「そう、か」

大和「そうです」

提督「……」

大和「提督は軍を辞めますか?」

提督「──いや、まだ続けたいと思っている」

大和「ではもう一度やり直しましょう。現在の横須賀鎮守府の多くの艦娘を解体処分で一新して、新生横須賀鎮守府に生まれ変わらせましょう」

 強い意志を持った瞳で告げてくる大和の言葉に心が揺れた。

提督「……」
19: 水源+α 2019/02/27(水) 23:09:49.23 ID:xMIAKMMXO
 確かに。大和の言う通りかもしれない。今のままでは、今回の階段から突き落とされた以上のことをされ、どんどんとエスカレートしていくと思う。挙げ句には俺の命も……


 なれば現在横須賀鎮守府に所属して、俺に反抗的な態度を取る多くの艦娘達を解体処分して、新しい艦娘を建造で増やし、艦隊を一新すれば良いのではないか。
 今まで俺にして来たような目に余る態度をする艦娘が他の鎮守府に異動させたとしても上手くやっていけるわけがない。
 実際、今横須賀鎮守府に所属している艦娘の多くが一緒に前任の悪虐非道な振る舞いを耐え抜いたことで生まれた仲間意識による強い絆で結ばれている。その為絶対に離れたがらないので、他の鎮守府での戦闘で連携がとれずに力をを発揮できないとも予想がつく。

 だからこそ解体処分して、新規に着任した艦娘を最初から育成すれば良いのではないだろうか。

 
 大和からの提案に、今まで散々揺れ動いてきた心が融解し始める。
20: 水源+α 2019/02/27(水) 23:12:00.02 ID:xMIAKMMXO
──何をしたって又、裏切られるだけだ

(そんなことはない。いつか……きっと)


──もう疲れただろ? あいつらがお前に死んでほしいと思ってるように、きっとお前も心の底ではあいつらに死んでほしいと思い始めてるはずだ

(違っ……)

──なんでそこまであいつらに拘るんだ。あんな奴等、唯のバケモノだ。お前も散々身を以て体験したじゃねえか。そうだろう?

(……うるさい)

──お前がいくら手を差し伸べたって変わろうともせずに悲劇のヒロインぶってるクソアマ達を救う義理なんてあんのか?

(……黙れ)

──お前がこれまで頑張ってきても、結局何も過去から進展してねぇ。大和が言った通り、あいつらは弱いんだ。そんな奴等に、重要拠点である横須賀鎮守府を守らせるのか?

(……)

──もう諦めろ。横須賀鎮守府はここ一年間、ほぼお前だけの力で建て直してきたんだ。対して勝手に出撃して、勝手に遠征して、資材も勝手に減らし、報告書さえ出さずにお前と妖精さん達が苦労して直した入渠場で暢気に傷と汗を流してるような奴等だぞ?

(…………)



──あいつらを解体しろ。そうすればお前の功績も認められるようになって、昇進すr

(──黙れッ!)
21: 水源+α 2019/02/27(水) 23:14:50.59 ID:xMIAKMMXO
 これまで艦娘にされてきたことが一瞬のうちに、走馬灯のように流れた。
 溜め込んできた怒りや哀しみ、妬み等で蝕んでいた心の闇がここに来て大きくなっている。

 
 (俺は……あいつらを)






提督「……大和の言いたいことは分かった」

大和「……提督!」

 やっと分かってくれた。そのような嬉々とした表情を浮かべたが、次の俺の言葉で、大和は又その顔を涼しくする。

提督「──だがダメだ。解体処分は受け入れられない」

 例えその心の殆どが艦娘への憎悪に蝕んでしまっていても、俺の一番大事な心の根っこは生き続けている。
 それは俺の信念であり夢でもある。


大和「……何故ですか」

提督「俺は横須賀鎮守府に着任する前に元帥から、ある命令を仰せつかっていた」

大和「それは、一体?」

提督「横須賀鎮守府を救ってやってくれ。とな」
26: 水源+α 2019/02/27(水) 23:21:16.75 ID:xMIAKMMXO
大和「……しかし!」

提督「ああ! わかってる。そうした結果がこの有り様だ」

大和「ではどうして「俺がバカだからだ」……え?」

提督「あいつらは、心にそれはそれは深い傷を負っている。前任の独裁的な統制によって身も心も汚された」

大和「はい」

提督「勿論、お前だってそうだ」

大和「……はい」

提督「あいつらは来る日も来る日も俺なんかがされているような生温いものなんか目じゃないほどのことをされ続けた。俺は……ここ一年間ずっと耐え忍んで来て、あいつらの痛みを充分に理解できたんだ。いや、そう簡単に理解できたなんて言ってはいけない。それほどのことをあいつらは俺と同じように耐え忍んできたから、今日まで俺も耐え忍んだんだと思う」

大和「……」
27: 水源+α 2019/02/27(水) 23:22:05.24 ID:xMIAKMMXO
大和「……しかし!」

提督「ああ! わかってる。そうした結果がこの有り様だ」

大和「ではどうして「俺がバカだからだ」……え?」

提督「あいつらは、心にそれはそれは深い傷を負っている。前任の独裁的な統制によって身も心も汚された」

大和「はい」

提督「勿論、お前だってそうだ」

大和「……はい」

提督「あいつらは来る日も来る日も俺なんかがされているような生温いものなんか目じゃないほどのことをされ続けた。俺は……ここ一年間ずっと耐え忍んで来て、あいつらの痛みを充分に理解できたんだ。いや、そう簡単に理解できたなんて言ってはいけない。それほどのことをあいつらは俺と同じように耐え忍んできたから、今日まで俺も耐え忍んだんだと思う」

大和「……」
29: 水源+α 2019/02/27(水) 23:23:28.52 ID:xMIAKMMXO
提督「憎悪の対象が目の前に無抵抗で突然現れたとしたら、やり場のない怒りを俺もあいつらと同じようにしてぶつけていたと思う。大和」

大和「はい」

提督「……俺が憎いか?」

大和「提督」

提督「なんだ?」

大和「金輪際そのようなことを言葉にしないで下さい。流石に私も……怒ります」

提督「……すまん。だがこれだけは分かってほしい大和」

大和「……はい」

提督「誰もがお前のように心を切り替えられるわけじゃないんだ。……お前のように強くなんかない」

大和「わ、私は弱いですよ……提督があの時来なければ、私の精神は今のように立ち直ってません」

提督「そうだ。俺もこれまで耐え忍んでこれたのはお前が居たお陰なんだ。お前が俺を精神的な支柱とするように、俺もお前を精神的な支柱とした。だからお前はここまで立ち直り、俺もここまで頑張ってこれた。だがあいつらの場合は違う。俺たちのように精神的な支柱が姉妹に居たとしても、その精神的な支柱が今にも崩れそうになってるんだ。──つまり、あいつらには希望を持てる存在が居ないということだ」

大和「──!」
30: 水源+α 2019/02/27(水) 23:26:27.28 ID:xMIAKMMXO
提督「さっきお前が話した、暗い過去から脱け出せない弱いあいつらが悪いという話だが、確かにお前の言う通りだとは思う。だが、一番の原因はあいつらの周辺に希望をもてるきっかけがないことだと、俺は思う」

大和「……」

提督「だから俺は……あいつらを解体処分したくない。生きる希望を持たせてやりたいんだ。救いたいんだ。大和、心配してくれてありがとう。でも大丈夫だ。これからも俺は横須賀鎮守府の為に尽力したいと思っている。これは元帥からの命令であり、一年間を通しても変わらない、彼女達とぶつかり合って益々叶えたいと思った俺の夢でもある」

大和「提督の、夢」
32: 水源+α 2019/02/27(水) 23:29:24.49 ID:xMIAKMMXO
提督「そうだ。俺の夢だ。だからこれからもよろしく頼む。こんな懲りないバカ野郎だがな」

大和「……そんなバカ野郎だなんて」

提督「それに、もう心を鬼にして仲間を解体処分して下さいなんて言うな。お前が傷付くだけだろうが」

大和「っ! ……もしかして、気付いてたんですか?」ウルウル

提督「バカ。一年間も一緒に居るんだ。お前は心優しい性格してるのは重々理解してる」

大和「てい、とくっ……」グスッ

提督「ほら。泣くなよ実際俺の方が今骨折して泣きたいっていうのに」ナデナデ

大和「だって……だってぇ」ボロボロ

提督「はは。たまに子供っぽくなるよな」ナデナデ

大和「! 提督だっていつでも子供っぽいじゃないですか!」///

提督「撫でられて言われても説得力がないぞ」ナデナデ

大和「なっ!/// 離してください」ブンブン

提督「おっと」バッ

大和「ぁ」
33: 水源+α 2019/02/27(水) 23:30:39.81 ID:xMIAKMMXO
提督「ん? どうした」

大和「……なんでもありません」

提督「そうか。……まあ、とはいっても現状が危険なままなのは変わりないな」

大和「そうですね。ですからこれからは交代制で提督の護衛に付くことにしました」グスッ

 涙をハンカチで拭いながらも、そう告げてきた大和に思わず聞き返す。

提督「え? いつ決まったんだ?」

大和「もしも提督が解体処分もせずに又鎮守府に戻ってくるケースも考えて、事前に私と武蔵、陸奥さん、翔鶴さんで取り決めたことです。……ですがもしものケースではなく本当に適用することになりそうですね」
35: 水源+α 2019/02/27(水) 23:34:11.33 ID:xMIAKMMXO
提督「そうなのか……俺としても、今まではお前らも側に付かせようとはしなかったが今回のことを考えると付けざるを得ない状況だと思うが、……迷惑じゃないか?」

大和「ですから提督は自己評価が低過ぎます! これは個人的な理由を外したとしても提督をお守りするという艦娘としては当たり前の対応ですからね? 私達に迷惑だとか迷惑じゃないとかそういう次元の話では無いんですよ!」ムスッ
36: 水源+α 2019/02/27(水) 23:36:14.96 ID:xMIAKMMXO
提督「……そうか。すまん」

大和「それで提督。これからも今までのようにあの娘達と接していくんですか?」

提督「……いや。流石にもう無理だと思ってる。不必要に親しみを持って接していくことはもうしない。実際、生きる希望は自分で見つけるものだし、無理に俺がお前みたくあいつらの精神的な支柱にならなくても良いと思う。突き落とされる少し前の鎮守府は俺が居ないところでは、頼み込んで支給した娯楽品を楽しんで居たようだったし、料理も美味そうに食べていたようだ。だから皆の心で徐々に鎮守府に帰ってくる理由も出来ていると思っている」

大和「ではどうするおつもりで?」

提督「それはもう決まってるだろう──」









提督「基本不干渉。要は事務以外の会話はしない。流石に俺も、あいつらには愛想が尽きかけている。あいつらに何か生きる希望を持たせて真っ当な人生を送らせるという夢は達成するが、もう友好関係を結ぶのは諦めようと思う」
43: 水源+α 2019/02/28(木) 00:05:38.82 ID:R/eA80b2O
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

一方その頃、鎮守府の執務室では





金剛「ハア……なんでワタシが執務室に行かないとならナイノー」

金剛(高級な紅茶カップなんて本当にあるデショウカネ?)

ガチャ

シーン

金剛「……そういえば確か、誰かに階段で突き落とされて入院中デシタネ」

金剛(まあ、ワタシ的にはどうでも良いことネ。さっさと妹達と更にゴージャスなティーパーティーするために見つけないとデスネ)

金剛「棚には何も置いてないネ……」

金剛(だとしたら机かもしれないネ)

金剛「この大きな引き出しに……あ、あったネ。──?」

金剛「ここ、なんかおかしいデスネ」

 ガコ

 パカ

金剛「……ダイヤリー?」

金剛(日記……よネ?)

金剛「……」

金剛(……もしかしたらシークレットシートかもしれないネ)



ペラッ



金剛「──」
44: 水源+α 2019/02/28(木) 00:08:20.78 ID:R/eA80b2O
○月△日 天気は曇り

 今日は曇りで、近くの泊地から嵐の恐れありという連絡を受けたので、大事を取って休みにした。朝礼では相変わらず嫌われているようだ。着任してから二ヶ月経つが未だに俺と艦娘達との関係の間に深い溝がある。どうにかしなければならない問題だが、皆はそれほどのことを前任されたのだろう。ここは俺が耐えなければならない時だ。

 皆に今日の活動は休みだということを知らせると、皿やコップなどが投げつけられた。どうやら皆は働きすぎると手当てを出費しなければならないので、態と手当てを減らすために短い間隔で休日を強要していると思っているらしい。

 短い間隔で休日を設けてるのは皆の体の疲弊を癒してもらうためと英気を養ってもらうためという意図があるのだが、皆は必要ないのだろうか。特に潜水艦達の疲弊は相当だと思うのだが。

 それは置いておこう。
 投げられた皿等が頭に当たり、少したんこぶが出来て朝礼は終了した。執務室で大和に心配されたが、これからこのようなことがエスカレートすると思うので今のうちにある程度の耐性は付けておかないと体が持たない。と返したら微妙な顔をされた。いつも心配をかけてすまない大和。

 そういえば金剛姉妹は紅茶好きとか大和に話されたことがあった。それもお茶会を開いて和気藹々としているのだそうだ。艦娘達との関係を進ませる為にも、これを利用する……というのは言い方が悪いが、良好な上下関係を成立させる為にも、この話を聞き流すことは出来ない。そう考えて、俺は先ず早々に執務を終わらせて金剛姉妹と仲良くなるために紅茶カップを買いに出掛けた。
 が、しかし。高級な紅茶カップを買ったら財布が随分と寂しくなってしまった。そういえば艦娘達の給料に俺の給料の三割くらい当ててた気がする。所得税もなんやかんやあるので、これは結構痛手だったが、金剛姉妹と仲良くなれるのなら問題ない出費だと思う。
45: 水源+α 2019/02/28(木) 00:10:08.16 ID:R/eA80b2O
金剛「……なんデスカこれは。こんなのまるで……ウソっ」

金剛(しかもこの紅茶カップ……それに)

金剛「ウソデス! こんなの、アイツじゃない! 違う! ワタシは……っ」

 ペラ
46: 水源+α 2019/02/28(木) 00:12:24.14 ID:R/eA80b2O
 ○月×日 天気は雨


 天気は雨。土砂降りだ。朝礼ではまた休日と伝え、やはりいろんなものを投げつけられた反応だったが、心のなかではやっぱり昨日休日にして遠征しなくてよかったと思った。

 彼女達が沈むことはあってはならない。彼女達には前任によって潰されてきた喜怒哀楽が出来る人生を歩んでもらはなければならない。仲間達と清々しい朝を迎え、仲間達と一緒に美味い飯を食って下らない話をして、共に目標を達成して、時に喜び、ぶつかり合い、哀しみ、そして生きていて楽しいと思ってほしい。だからそれまで、俺は絶対に誰も轟沈させやしない。

 終戦まで、絶対誰も死なせない
47: 水源+α 2019/02/28(木) 00:13:45.99 ID:R/eA80b2O
金剛「……ウソデス。ぜったいありえないデスっ。アイツがこんなこと書くわけが……っ」

ペラ
50: 水源+α 2019/02/28(木) 00:18:58.49 ID:R/eA80b2O
○月△×日 天気は晴れ

 

 早速、金剛姉妹の噂のお茶会を覗いてみた。扉の隙間から覗いて見ると本当に和気藹々としていた。

 そして同時に羨ましいと思った。俺には兄弟が居ない。小さい頃からこういう家族ながらの温かな雰囲気を感じられるのは父や母、お祖父さん、お祖母さんと一緒に居るときぐらいなものだった。しかし、その全員が深海の奴等の襲撃によって亡くなり、今や天涯孤独の身だ。
 だから、この雰囲気が羨ましかった。本当に輝いて見えた。

 あの後は結局覗いていたのが見つかり、主に金剛と比叡から殴られたり蹴られたりした。まあ覗いてたのが悪かったし、別にここで愚痴を書くつもりもないが、毎日こういう理由もなくサンドバッグにされるのは理不尽でならないと俺は思う。

 それでも俺は例え上官への暴力という軍規違反を犯しているあいつらを本部には報告しない。あいつらは真っ当な人生を歩むべきだ。
 そういえばもうすぐで監察官が来るんだった。明日の朝礼では厳しく監察官のいる間は暴力をしないように言っておこう。でないとやらかしかねないからな。
 いつか俺もあのお茶会に参加したいな。でも今のままでは叶わない夢。

 願わくば、艦娘と良好な関係を結べるように。ここで神に静かに願っておこう。 
金剛。邪魔して悪かった。いつの日か分かり合えたらその時は俺も……
51: 水源+α 2019/02/28(木) 00:24:37.34 ID:R/eA80b2O
金剛 「っ……」ポロポロ

日記 ポタポタ

金剛(ワタシは……わ、たしは……)

金剛「……」バッ ガチャ


金剛(──……テイトク!)タッタッタッタ
68: 水源+α 2019/03/01(金) 05:55:26.26 ID:Dmw+c3z90
第二話 提督の復帰
69: 水源+α 2019/03/01(金) 05:56:18.45 ID:Dmw+c3z90
 階段から突き落とされて入院した数ヵ月後。骨折した部位も完治し、懸命に続けていたリハビリの甲斐もあって以前のように歩けるようになった。
 家族は居ないので、入院中は基本独りで過ごすことになると思っていたが、度々大和と翔鶴が見舞いに来てくれたので、そこまで寂しさとかは気にはしなかった。
 それに俺のことを知ってか、士官学校以来に会ってなかった元提督候補生──つまり今俺と一緒に一線で艦娘の指揮を執っている他の提督達も見舞いに来てくれたことがあるので退屈もしなかった。

 そうして今、明日で退院するので病室を退く準備を終わらせてから、本を読んで時間を潰していると


???「──うーっす」

提督「……? なんだ。お前か清二(せいじ)」
70: 水源+α 2019/03/01(金) 05:58:03.45 ID:Dmw+c3z90
一通り片付けられた病室の扉を開け、そこに居たのは提督の証である純白の軍服を着て、軍帽を片手に人懐っこそうな笑顔を浮かべる坊主頭の青年だった。

清二「よ。何読んでんだ?」

提督「純文学だ。恋愛小説だな」

清二「へえ。お前には似合わないな」

提督「そりゃお互い様だぞ坊主」

 宮原 清二。俺が提督候補生として士官学校で学んでいたときの同期だ。
 成績は結構下の方だったが、艦隊運営の腕はずっとずば抜けていた。今じゃその腕を見込められ、舞鶴鎮守府の提督補佐として活躍しているらしい。
71: 水源+α 2019/03/01(金) 06:00:03.02 ID:Dmw+c3z90
清二「坊主は今関係無いだろが母ちゃん」

提督「母ちゃん言うな」

清二「え~? 今更本業隠すなよ。昔お前の部屋に勉強教えて貰いにきたときは俺らに良く夜食振る舞ってくれたじゃねえか」

提督「……それぐらいで母ちゃん呼ばわりは止めろと言ってるだろうが。あんぐらい誰でも簡単に作れるって言うのに」

???「──ふふ。そのやり取り懐かしいですね。……又、やってるんですか?」
72: 水源+α 2019/03/01(金) 06:00:54.86 ID:Dmw+c3z90
提督「ん? ──あ、お前もしかして新島(にいじま)……だよな?」

新島「はい。お久し振りですね。西野くん」

清二「あ、そうだったな。新島が来てるんだったわ。言うの忘れてた」

提督「おいおい……」

新島「すみません。宮原くんが早く言わないから、つい。待てませんでした」

 そう悪戯な笑みを浮かべる新島に対して清二は

清二「いやすまん。本当はもうちょっと御膳立てしてから登場させるつもりだったんだがなー」

 と頭を掻きながら苦笑した。

新島「本当ですよ全く。……これは後で反省文、十枚ですね」

清二「ファッ……!?」
73: 水源+α 2019/03/01(金) 06:01:29.13 ID:Dmw+c3z90
 ──清二の後から入ってきた、清二と同じように純白の軍服を着た女性の名前は新島 楓(かえで)という。こいつも厳しい訓練を一緒に乗り越えてきた俺の同期だ。
 女子でありながら成績も実技も常にトップをひた走っていた。こと指揮能力についてはその当時誰も右に出る者ははなく、試験的に艦娘を貸し出されて行われた演習では、未踏の無敗の記録を保持している。
 それに、黒いショートカットという綺麗で清楚な髪型で顔も整っているので、多くの士官候補生並びに提督候補生からの人望もあった。勿論今も人望はあるが、当時の男だらけの士官学校の時の比ではない。
74: 水源+α 2019/03/01(金) 06:02:46.00 ID:Dmw+c3z90
提督「相変わらずナイス支援だな新島」

新島「それはありがとうございます。あ、勿論冗談ですからね」

清二「……そ、そうか良かった。当時はやることなすこと本気だったから今もてっきりそうなんじゃないかとな」

新島「ああ。確かにそんな頃もありました。……懐かしいですね。でも卒業する頃にはもう今の感じでしたよね? 西野くん」

提督「いや俺に聞かれても……まあ確かに、出会った当初とはまるで印象は変わったけどな」

新島「まあ、あの頃は私も若かったんですよ」

提督「何言ってんだよ。今も充分若いだろうが」

清二「そうだぜ。まだピッチピチのお姉さんじゃねえかよ」

新島「ふふ。それもそうですね」

 清二のセクハラ紛いの発言も今やこの三人では恒例となっているので、新島は特に気にもせずに微笑んで応えている。
75: 水源+α 2019/03/01(金) 06:03:53.64 ID:Dmw+c3z90
 因みに新島が俺のことを西野くんと呼んでいるのは、俺の名前が西野 真之(さねゆき)だからだ。同期からは普通に西野やら真之やらで呼ばれるのが専らだが、ここには居ない一人の同期から『さねっち』という愛称で呼ばれている。

提督「それにしても、二人とも最近はどうなんだ? 上手く行ってるのか?」

清二「俺は順調に提督街道を突き進んでるぜ。この頃艦隊指揮も任せられるようになって、地位も提督補佐兼参謀になってる。もうジャンプの主人公並の成り上がりようだわ」

提督「へえ……やれば出来るじゃねえか。ジャンプの主人公は流石に言い過ぎだけど、作戦参謀は中々良い経験させてもらってるんじゃないか?」

清二「まあな。何も舞鶴の提督さんが言うにはあともうちょっと、だそうだ」
76: 水源+α 2019/03/01(金) 06:05:02.20 ID:Dmw+c3z90
提督「あともうちょっと、か。……新島」

新島「……はい」

 清二の言葉から俺と新島は、あともうちょっとの理由を察することができた。

提督・新島(……絶対セクハラ紛いの言動が問題で昇進が先送りされてるよな)(女性にとって少々近寄りがたい性格なのが難点ですね……)

清二「ん? どうした二人とも。悟り開いたか? ムハンマドか?」

提督「違ぇよ。イスラム教の布教なんてするか。……ま、あともうちょっとって言われたけど、今のお前じゃもう少し長くなりそうだなと思っただけだ」

新島「……同じく、です」

清二「うっわ相変わらずひっでえなお前ら。良いし。その内抜かしてやるし」

提督「そうかよ。じゃあ俺は一足先に執務室でコーラとポテチを嗜みながら高見の見物でもしてますかね」

新島「宮原くんには何だか、絶対に負けたくありません。……下手すれば私の人生の最大の屈辱になります」

清二「西野。お前は取り敢えずウザい。そして新島。お前は取り敢えず酷い。もう泣きそうだぜ」
77: 水源+α 2019/03/01(金) 06:06:18.35 ID:Dmw+c3z90
新島「はあ……泣かないでくださいよ。塩水がこぼれてしまうじゃないですか」

提督「ついでに米もな」

清二「俺は塩むすびじゃねえよ! 坊主=おにぎりみたいな定理を造らないでいただきたい」

新島「宮原くん。残念ながら、既にその定理はとある芸人の力により、あの三平方の定理並に世間では浸透してしまっています。もう手遅れです」

清二「……ふざけんな! 芸人、許すまじ!」

提督「新島。清二はどうやらマジで許してくれるらしいぞ」

新島「マジですか? ありがとうございます」

清二「もう煩い! こうなったら見返してやる。……というか俺をイジるときだけお前ら本当に息ピッタリだな」
78: 水源+α 2019/03/01(金) 06:08:01.73 ID:Dmw+c3z90
提督「──それで新島の方はどうなんだ?」新島「私も呉の方ですが、宮原くんと同じような感じですね」


清二は「……もう良い。俺ぁ不貞寝する」

 ついにスルーされたことに清二のライフはゼロになったようで、俺のベッドに顔を埋めてしまった。

新島「提督の補佐をしつつ、作戦の立案や指揮を参謀として任されています」

 不貞寝する行動さえもスルーする新島に容赦ないなと思いつつ、苦笑して応えた。

提督「新島も提督まであと一歩のところまで近付いてるな。……清二、新島。取り敢えず二人とも、ここまでお疲れs「──おうっ!」……反応が早えよ清二」

新島「ふふ。本当に単純なんですから。……私たちが目指すべき提督である西野くんからそう言われると、何だかやっと一段落着いた気がしますね」

提督「そうか?」
79: 水源+α 2019/03/01(金) 06:09:21.28 ID:Dmw+c3z90
新島「ふふ。本当に単純なんですから。……私たちが目指すべき提督である西野くんからそう言われると、何だかやっと一段落着いた気がしますね」

提督「そうか?」

清二「確かに言われてみれば。誉められるには誉められるんだけど、やっぱり周囲の皆は何処か忙しないからなぁ……」

新島「同感です。確かに本心から功績を讃えてくれているのでしょうけど、まだ周囲の皆さんからは壁があるように思えて釈然としないんですよね。……まあ、私達はどうやら、若くして提督の才能を遺憾なく発揮する『稀代の卵』と世間から呼ばれているらしいですし、注目されているのは分かりますが……」
80: 水源+α 2019/03/01(金) 06:10:23.58 ID:Dmw+c3z90
清二「そうそう。なんか誉められてるのにあんまり嬉しくないんだよな。昔俺をバカにしてた知り合いとかも急に連絡寄越してきて誉めちぎってくるし。なんというか……」

新島・清二「「気持ち悪いんだよな(ですよね)」」

提督「……成程。分かる気がしないでもない」

清二「そんなときに、こう……同期のお前から労われると、ああ~……ってなるんだよ。分かるか?」

提督「いや……ちょっと分かった気がしたけど、やっぱり分からなかった」

新島「つまり、西野くんのような自分達が目指すべき提督でありながらも、本音を遠慮なく言い合える仲の人に労われた方が、真実味があって本当に自分が頑張ってきたということを実感できる……ということですね」クスッ

清二「そう! それだ」

提督「…………なんか、恥ずかしいな」
81: 水源+α 2019/03/01(金) 06:11:40.09 ID:Dmw+c3z90
新島「ふふ。……実は私も、です。普段は軽口ばかりでこうして本心をさらけ出すことは滅多にしませんからね。特に宮原くんに至っては普段はぶつかり合ってる相手に本心を言ってしまったも同然ですから、恥ずかしさは二倍ですね」

清二「お、おいおい……お前ら顔赤らめてんぞ。可愛いな~!」

提督「自己紹介すんな」

清二「……うっせぇ! あそろそろ彼女とデートなんだまたなっ!」

 勝手に自滅して顔を更に赤らめた清二は、慌ただしく病室を後にする。

新島「あらら。今日は有給でこの後予定がないとここに来る前に豪語していたのにも関わらずに行ってしまいましたね」

提督「新島さんよ。それ以上は止めたげて」

新島「おっと。口が滑ってしまいました。この話はここだけの話ですよ?」

提督「もうその約束ごと全く意味がないんだよな。……というかあいつが一番恥ずかしがってんじゃねえか」
82: 水源+α 2019/03/01(金) 06:13:45.38 ID:Dmw+c3z90
新島「ふふふっ。間違いありません」

提督「まあ、又会ったときにでも、一応俺を頼りにしてくれた礼でも言っておくか」

新島「そうしてください。多分ですが、西野くんから礼を言われた後の数日間の宮原くんは、恥ずかしさを悟られないように普段以上に突っかかってこようとしてくるはずですから、受けて立ってやってください」ニコッ

提督「……お前本当に容赦ねえな。普通そういうことは逆に悟ってやらないんだよ」

新島「おっと。口が思いの外滑ってしまったようです。この話は忘れてください?」

提督「ごめんもう忘れられなくなったわ。次会うときちょっと気まずくなったらどうすんだ」

新島「その時はいつも通りに軽口を叩き合い、そしていつも通りにそこに私が現れて、いつも通りに愉しげに三人で牽制し合えばいつも通りなって済む話ですよ」クスッ

提督「……そうだな」
83: 水源+α 2019/03/01(金) 06:15:07.71 ID:Dmw+c3z90
新島「それでは私もここら辺でお暇させていただきます。……一年ぶりの再会とは思えないほど話が弾みました。楽しかったです」

提督「こちらこそありがとうな。次は三人……いや、次はあいつも含めて四人で又駄弁ろうな」

新島「はい。お元気で」

提督「またな」



ガララ 

ガチャン




新島「やっぱり……西野くんは、西野くんでしたね」

新島(……次は提督同士、二人きりで……だなんて言えませんでしたけど、彼の元気な姿だけでも見れて良かったです。そして又、次に出会う日まで頑張れそうですね)

新島「必ず又会いに来ます。西野くん」

 それから彼女は手に持っていた軍帽を深く被り、歩いて遠ざかっていく彼の病室を背にして、独りでに綺麗に微笑んだのだった。
84: 水源+α 2019/03/01(金) 06:16:03.02 ID:Dmw+c3z90
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆



大和「──提督。お迎えに上がりました」

提督「ああ。ありがとう大和。早速行くか」

大和「はい」

 同期達の突然の再会が会った日の翌朝。
 純白の軍服を確りと着て荷物とともに外に出ると、朝一の大和の華々しい笑顔が出迎えてくれた。
 病院前まで態々迎えに来たらしく、黒い高級車が停まっていた。
85: 水源+α 2019/03/01(金) 06:17:02.41 ID:Dmw+c3z90
 高級車のシートに大和と共に座ること一時間。大和とは情報交換を行っていた。



大和「──以上が提督が不在中の鎮守府の様子でした」

提督「……」

 そして今大和から聞かされた情報に、俺は少々困惑している最中である。話し手である大和さえも自分が伝えた情報に理解が追い付いていない様子だった。

提督「それは……本当、なのか?」

 思わず真偽を問い質してしまう。それほど、大和から聞かされた俺が不在中の鎮守府の様子が様変わりしていたのだ。

大和「……はい。全て本当のことです。身近で見ている側である私や武蔵他二人の秘書艦も同様に、くまなく一ヶ月間鎮守府を監視しておりましたが、本当に唯信じられない現実としか言い様がない光景でした」

提督「──」

 絶句する。
86: 水源+α 2019/03/01(金) 06:17:58.49 ID:Dmw+c3z90
 目の前の大和がこの期に及んで嘘を吐くとは到底思えない。いや、大和は普段から信頼しているし、これまでの言動の全てが信用に足る艦娘であると証明している。しかしそんな信頼を寄せている大和を疑ってしまうほど、俺が今聞かされた『提督が不在中の鎮守府の様子』についての内容が衝撃的なものだった。

 大和からの話によれば、これまで不定期に自分達のタイミングで出撃や遠征をしていた多くの艦娘達が、俺が入院した後日を境に、きちんと割り当てられたローテーションで出撃をする艦娘が増えていったらしい。しかも最初の発端はあれほど俺に嫌悪感を露にしていた戦艦、それも金剛型というのだから驚きだ。
 お茶会を興味本意で覗いていたのが見つかり、暴力を受けて以来、主に金剛と比叡から悪口や暴力を振るわれていた。
 
 それなのに。どうして金剛型が率先して適切な行動を取るのだろうか。あれほど俺を嫌い、俺を否定し、率先して行っているらしい俺が立案した出撃と遠征のローテーション表を皆の前で破り捨てたこともあったというのに。

 分からない。なぜだ。
87: 水源+α 2019/03/01(金) 06:19:24.40 ID:Dmw+c3z90
 それにまだあった。
 前任が退任し俺が着任した直後素行を著しく悪化させた一部の艦娘達がどうやら気持ち悪いほど大人しくなっているらしい。そいつらは勿論俺に暴力や嫌がらせを行っていた奴等だ。満潮、霞、曙、五十鈴、摩耶、能代だった気がする。大人しくなった時期も金剛型が精力的に活動し始めた時期と一致するとの話だが、一体何があったのだろうか。
 大和も流石に気になったようで直接、「何故急に大人しくなったのか」と単刀直入に聞いてみたらしい。
 すると帰ってくる答えは誰もが口を揃えて「償い」だと言ったとのこと。

提督(償いか……)

 彼女らが償いたい相手。それはどう考えても俺のことだと思うが、どうして今更そのような行動に出たのか俺は先ずそれが知りたい。

 又大和によれば全体的に活動は活発ではあるが、雰囲気はお通夜ぐらいに暗いらしい。
88: 水源+α 2019/03/01(金) 06:20:17.08 ID:Dmw+c3z90
提督「一体何が起こってるんだ?」

大和「すみません。この現象の原因ついては未だに解明が出来ていません。聞き込みするにしても、前々から提督側についてた私達ですから不審がられる可能性があるので……なんとも」

提督「そうか……」

提督(……とにかく。これはどの道にしろ、早急に鎮守府へ帰らなければならないな)

提督「運転手さん。急用が出来ました。横須賀鎮守府へ急いでください」

運転手「……は、はい。分かりました」


提督「大和」

大和「……はい」

提督「嫌な予感がする。着いたら直ぐに執務室へ行き、状況を確認次第講堂に皆を集めて緊急集会を開くからそのつもりで居てくれ」

大和「はい!」
108: 水源+α 2019/03/02(土) 21:30:26.94 ID:B+XkXyqR0
第三話 とある艦娘の話
109: 水源+α 2019/03/02(土) 21:31:24.72 ID:B+XkXyqR0
 提督が不在の鎮守府内のそれぞれの場所では、それぞれの艦娘達が多種多様な会話をしていた。

 例を挙げるとするならば、弓道場。

???「……ついに、今日ですね」

???「……ええ。そうね」

 そこには的前に立ち、早朝の射込み練習の後片付けをしている二人の艦娘が居た。

 的を取って土を払い、矢が刺さり穴が空いた土を水を掛けてから慣らす。

 普段から幾度もなくやっているその作業。当然手間取ることもなく、綺麗に片付けをしていく。だが今の二人は、何処か一つ一つの行動に焦りや悲しさが感じられる。
110: 水源+α 2019/03/02(土) 21:31:57.69 ID:B+XkXyqR0
???「……」ザーッザ

???「……」サッサッサ

 無言。不気味で居心地が悪い静寂が二人の間を取り巻く。
 辺りに響くのは土の足音や、土を払う又は土を慣らす音だけである。 

???「…………私は──私達はどんな顔をして迎えれば良いのでしょうか」ザーッザザーッザ

 静寂が訪れて暫くした後、不意に土を慣らしている片方の艦娘が口火を切った。
 その声は酷く落ち込んでいて、不安げである。
111: 水源+α 2019/03/02(土) 21:33:07.26 ID:B+XkXyqR0
???「……分からない、わ」サッサッサ

 不安げで聞かれた質問に、箒で矢取りで使う通路を掃除するもう片方の艦娘が少し力無く答えた。

???「そう、ですよね」

???「……ええ」

 そうしたときには既に、二人の艦娘は無意識に作業を止め、顔を俯かせていた。
 
112: 水源+α 2019/03/02(土) 21:33:58.38 ID:B+XkXyqR0
???「……」

???「……」

 再び静寂が訪れ、土を慣らしていた方の艦娘は密かに、提督にどう顔を合わせれば良いのかを考えるために提督との記憶を振り返っていた。
 
113: 水源+α 2019/03/02(土) 21:35:02.64 ID:B+XkXyqR0
………………

…………

……




???『ふふ。今日はB定食ですねっ』スタスタ

提督『あ。あの、赤城さん』

赤城『っ』ピタッ

提督『少し、良いですか?』

赤城『……何か用ですか』

提督『あの、もし宜しければなんですけど、執務の方を手伝ってくれませんか。今日は特に多くて……』
114: 水源+α 2019/03/02(土) 21:35:50.58 ID:B+XkXyqR0
赤城『……すみません。加賀さんを待たせてますので』タッタッタ

提督『ぇ』









赤城(朝食を堪能してたら蒼龍と一緒に練習することをすっかり忘れてましたっ……)スタスタスタ

提督『──赤城さん』

赤城『……』ピタッ

提督『あの』
115: 水源+α 2019/03/02(土) 21:36:40.36 ID:B+XkXyqR0
赤城『すみません。忙しいんです』スタスタスタ

提督『……』





赤城(今日は練習もありませんし、何も約束ごとは無いですからゆっくりお茶でも飲んで過ごしましょうか)

提督『……赤城さん』

赤城『──っ』

赤城(また……ですか)

提督『あの、今日は空いてますか?』

赤城『……すみません。今日も予定が』

提督『そう、ですか……──いッ!?』

赤城『?』
116: 水源+α 2019/03/02(土) 21:37:32.41 ID:B+XkXyqR0
赤城『?』

赤城(……何を痛がって──成程。他の方がされたのですね……よく見れば肘が腫れ上がってますね。ああ。だから執務もままならないので最近私を誘ってきているのですか)

赤城『……』

赤城(ですが、私は提督を嫌いでもありませんし好きでもありません。しかも過激な人達から暴行されてるようなので火種がこちらに来ないか心配なので余り関わりたくないと思っています……。それにしても提督に暴行している人達のことですが……確かに前任のことは憎たらしいのですが、今の提督のことは何も知らないし、何よりあの時無関係だった人に暴行をしたくなるとは……到底思えないですね。しかし気の毒ですがここは私のこれからの平和な生活の為にも火種を持っている提督は邪魔でしかありません)

赤城『それでは』

提督『……はい』

赤城(……まあ、私がこういう行動をとっている時点で、提督に対して無意識に嫌悪感があると言えばあるのでしょうね)
117: 水源+α 2019/03/02(土) 21:38:11.89 ID:B+XkXyqR0
………………

…………

……














???「……そろそろ時間です。行きましょう赤城さん」


赤城「っ……はい。加賀さん」

加賀「……」

 
118: 水源+α 2019/03/02(土) 21:38:58.30 ID:B+XkXyqR0
 重巡寮のとある一室で、二人の艦娘が話し合っている。

 見た目からして高校生ぐらいの見た目から、一見して話している内容は年相応の明るい話だろうと誰もが思うだろうが、実際のところはその真逆だった。
 暗く、そして鬱々とした雰囲気がその部屋に、いやその部屋だけでなく、鎮守府全体にも及んでいる。
119: 水源+α 2019/03/02(土) 21:39:31.54 ID:B+XkXyqR0
???「……そろそろ時間だね」

 早朝だからだろうか、電気を点けてない。日は昇りきってはいるものの曇りという天気が理由で、まだ鎮守府には晴天時のような明るい光は差し込んでいないので、事実点けていないと薄暗く、見えにくい位の部屋の明るさである。
 なので今日の曇りで比較的薄暗い現在の場合は点けた方が良いと思うのだが、しかしこの二人の間に流れる重い空気から察するに、それは態とだということが想像できるだろう。
120: 水源+α 2019/03/02(土) 21:40:19.52 ID:B+XkXyqR0
???「そう、ですわね」

???「熊野。大丈夫、なの?」

熊野「……」

 そう心配された艦娘──熊野は瞳を僅かに揺らし、それを隠すように下へ俯いた。

???「……熊野?」

熊野「ごめんなさい。……分かりませんわ。ですが今は胸の奥が締め付けられて、とても……とても苦しいのです。これしか今は分からないんですの。私は……どうしたら、良いのでしょうか──鈴谷」

 熊野から聞かれたもう一方の艦娘──鈴谷も、先程の熊野と同様に、表情を曇らせ、今ではこれで一杯一杯かのような苦笑を見せる。
121: 水源+α 2019/03/02(土) 21:41:05.49 ID:B+XkXyqR0
鈴谷「……ごめん。私も分かんないや」

熊野「……っ」

 鈴谷と熊野。二人は今、どうしようもないくらいに後悔していた。

 会話が途切れて、二人の間に沈黙が訪れたことからもそれは一目瞭然だろう。
 
鈴谷(どうしよう、か)

 熊野から言われたことを、心のなかでもう一度自問した。

 今までであれば、鈴谷のその性格上直ぐに答えを生み出し、行動に移していたところだろうが、今の鈴谷にはそれは到底出来ないものなのだ。

 これからどうしようと言われても、自責の念や罪悪感、後悔ぐらいしか浮かんで来ない。無力感に襲われて、それを振り払おうと行動に移そうとしても今度は悪化しないかという不安の波が押し寄せてくる。

鈴谷(……もうすぐ提督が戻ってくるというのに、私は何やってるんだろ)



 そこでふと甦る、後悔した記憶。
122: 水源+α 2019/03/02(土) 21:41:38.98 ID:B+XkXyqR0
………………

…………

……







 ──それは提督が階段から落とされる日の数日前。憂さ晴らしに勝手に出撃して帰還した時のことだった。

提督『あ、ちょっと今時間良いか? 鈴谷』

鈴谷『……はぁ。何ですか?』

 当時の鈴谷はその時、何で私が……と思った。
 普段から皆から煙たがられ、避けられ、陰口を叩かれては少し悲しそうに苦笑する。鈴谷から見てもこんな扱いを受けているというのに、何故笑っていられるのかという気持ち悪い印象と、前任のこともあり同じ軍人なので一方的に、話したこともないのに嫌悪感を抱いていた。一部からは暴力を受けているのを見たことがあり、その暴力を受けたとしても平然と執務室へ戻っていく提督の行動にもっと気持ち悪く思っていた。
123: 水源+α 2019/03/02(土) 21:42:43.06 ID:B+XkXyqR0
提督『ごめん。実は熊野のことで用があって』

鈴谷『……熊野に?』

提督『そう。食堂で熊野の財布が落ちてるの拾ったんだけど……熊野が何処に居るのか知ってるか?』

鈴谷『っ……何で私に聞くんですか』

提督『普段から鈴谷と熊野は仲良しに見えるし、姉妹だからな。知ってそうだから聞い──』

鈴谷『──ッ!』ブン

提督『……っ!?』パシーン

鈴谷『ふざけんな! あんたっ……そうやって私が知らないのを良いことに平然と聞いて、何度も何度も裏では熊野を探しだして……熊野をぉッ!』ドガドガ

提督『な、何を言ってるんだ! いっ……俺は何もっ──』
124: 水源+α 2019/03/02(土) 21:43:39.44 ID:B+XkXyqR0
鈴谷『黙って! 私は……あんたが大っ嫌い! キモい! 死ねばいいのに……軍人なんてっ……死ねばいいのに!』ドガドガ

 これまでの鬱憤を、これまで溜め込んできた怒りを前任に似たようなモノにぶつける。鈴谷はそのような的外れで、最低な行為を提督にしていたのだ。

鈴谷『死ね! 私を騙して熊野を苦しませたあんたなんて絶対に許さない……! 殺してやる……ころしてやるぅ!!』ボコボコ

 そして今の鈴谷は過去の記憶を見て思う。

鈴谷『軍人なんて……軍人なん、てっ!』ゲシゲシ

 最低だと。

 そしてこの後のことは一生に忘れられないと、鈴谷は俊巡する。 
125: 水源+α 2019/03/02(土) 21:45:01.89 ID:B+XkXyqR0
提督『──……それは俺じゃねえよッッ!!』

鈴谷『……!?』ピタッ

 それまで無我夢中に振るっていた蹴りを、その頃は憎悪の対象だった提督相手だというのに思わず止めてしまうほど、提督が放った咆哮は──怒りに、そして悲壮に満ちていた。
 まるで自分達と同じように、憎悪に、怒りに、悲しみに染まっていたのだ。


提督『……け、んな』ガシ!

 声を張り上げた後、提督はそう言って、当時の鈴谷の襟を強く握り締めて引き寄せ──

鈴谷『──!』グイ

 

提督『ふざけんじゃねえよぉッ!!』

 ──瞠目する鈴谷に、提督は間近で怒鳴り付けた。
 まるで先程の鈴谷のように、これまで溜め込んできた鬱憤を、怒りをぶちまけるように。
126: 水源+α 2019/03/02(土) 21:46:21.78 ID:5qd+ZIFmO
 その時の鈴谷は何よりも提督がその瞳に涙を溜まらせているのが衝撃的だった。

提督『いつも……いつもいつもお前らは、俺に……俺はお前らの為にと頑張ってるのに……お前らはいつもぉ!!──』ボロボロ

鈴谷『っ、……』

 依然として瞠目し、そこで若干瞳が揺れる。そんな襟を強く握られて揺らされるままの鈴谷に

提督『…………あ』バッ

 提督はそこで正気に戻ったのか、強く握り締めていた鈴谷の襟から手を離し

提督『………………ごめん』ヌグイ


 その一言を残して、鈴谷の前から逃げるようにその場を走り去っていった。
127: 水源+α 2019/03/02(土) 21:47:06.55 ID:5qd+ZIFmO
鈴谷『──……っ』

 そこで初めて、自分がしでかしたことを理解した。

 これまでの気持ち悪い印象は変わらない。しかし、今自分がしたことは唯の八つ当たりで、前任がしていたことと変わらないことだと。

 作戦がうまく行かず、作戦時に旗艦だった艦娘を一人残らせて暴行を行う。あの時の前任と同類な行動を取ってしまった。

鈴谷『……ぁ』

 遠ざかっていくその背中にその時の鈴谷はただ呆然と、弱々しい声を漏らし、力無く片手を伸ばしただけだった。


 その後、鈴谷は直ぐに提督に謝ろうとしたが、そんな行動も虚しく、提督は階段から突き落とされ病院に搬送されてしまい、敢えなく謝ることは叶わなかった。






………………

…………

……
128: 水源+α 2019/03/02(土) 21:48:02.69 ID:5qd+ZIFmO
 あの日から一ヶ月後の今日、当時のことが色濃く記憶に残り、心には絡み付いている。

鈴谷 ポロッ

 不意に鈴谷の瞳から頬へ一筋の雫が流れ落ちる。

熊野「! す、鈴谷?」

鈴谷「……くまのぉっ……わた、じ……ていとくに……ていとくにぃっ……」ボロボロ

熊野「鈴谷……」

鈴谷「……わだし……どうし、だらいいのかなぁ……?」ボロボロ

熊野「……」ダキ

鈴谷「わかんないっ、わがんないよぉ……」グスッ 

熊野(提督……) 



129: 水源+α 2019/03/02(土) 21:48:33.99 ID:5qd+ZIFmO
………………

…………

……




熊野『──近づかないでッ!』

提督『!』

熊野『あなたも……どうせっ、どうせ同じなんでしょう!?』ポロポロ

提督『……ち、違う! 俺はただ熊野を……──くっ』パシーン

熊野『……近づかないで。これ以上私を……汚さないでッ!!』タッタッタ





提督『……熊野』



………………

…………

……
130: 水源+α 2019/03/02(土) 21:49:05.57 ID:5qd+ZIFmO
熊野「……っ」ツー

熊野(ごめんなさい……提督。本当に)

熊野「ごめん、なさい」ポロポロ

鈴谷「……ていとくっ」ボロボロ
131: 水源+α 2019/03/02(土) 21:50:32.31 ID:5qd+ZIFmO
………………

…………

……



△月 ○日 天気は晴れ

 最近、熊野の体調が気になっている。何処が虚ろげとしており、足取りも少し怪しい。声を掛けてみようか。
 それよりもこの頃艦娘から俺への嫌悪感が増してる気がしている。正直辛い。辞めたい。そう思う日々が続いている。
 暴力の頻度も増してきている。体の方もアザだらけで、寝るときに一々痛くて、寝返りを打っても痛みは増すばかり。執務中に寝不足気味で倒れそうになることもある。
132: 水源+α 2019/03/02(土) 21:51:10.42 ID:5qd+ZIFmO
 だがそれでも俺は諦めない。
 例えどんなに拒絶されても、例えどんなに殴られても、例えどんなに無視されても俺は絶対に諦めない。前任が着任する前の活気があり、栄光ある横須賀鎮守府を取り戻して見せる。

 そして元帥から仰せつかった──横須賀鎮守府、ならびに艦娘達を救ってやってほしいという命令を、俺の夢を必ず叶えて見せる。
133: 水源+α 2019/03/02(土) 21:51:51.19 ID:5qd+ZIFmO
△月×日 天気は雨

 今日は凄く気が参っている。気が参っているのはいつものことだが、今日は特に心苦しい。胸がチクチクと痛み、ふとした瞬間に涙が出そうになる。

 つい先程、食堂で熊野の財布を見つけ、届けるついでに熊野の様子が心配だったので声を掛けてみたのだが、酷く拒絶され、挙げ句には頬を叩かれてしまった。どうしてなんだろうか。その気持ちだけだった。しかしよく考えてみれば直ぐに分かることだ。前任になにかトラウマを植え付けられたのだろう。
134: 水源+α 2019/03/02(土) 21:52:33.51 ID:5qd+ZIFmO
 涙を溢しながら走り去ってしまった熊野のことが更に心配になり、探していると熊野とよく一緒に居る鈴谷を見かけた。場所を知っているのかと思い、鈴谷に熊野のことを知らないか聞いてみれば、鈴谷にもいきなり激昂され、溝に打ち込まれて屈んだ俺をこれでもかと蹴りを喰らわせられた。

 ……そこで俺はついにやってしまった。
135: 水源+α 2019/03/02(土) 21:53:05.67 ID:5qd+ZIFmO
 あの時の記憶はよく覚えていない。ただ、俺の心が限界を迎えていたのか、鈴谷に掴み掛かってしまったことは覚えている。俺は何故あのような愚行に走ってしまったのだろうか。何故俺よりも辛い思いをした艦娘にこれまでの怒りをぶつけてしまったのだろうか。
 
 こうして文字にしているが、書いている今でも今日のことを思い返して後悔し、そして情けなくも──だめだ。涙を流してしまっている。
 紙に滲まないように涙を何度も拭いながら書いているが、駄目だ。止まらない。
136: 水源+α 2019/03/02(土) 21:53:50.60 ID:5qd+ZIFmO
 俺が何も考えずに近付いたりしてしまったから熊野を泣かせてしまった。

 俺が依りにもよって普段から不干渉だった鈴谷に怒りをぶつけてしまった。

 鈴谷、熊野。本当にすまなかった。俺は最低男だ。本当に、最低な提督だ。

 
 

………………

…………

……
138: 水源+α 2019/03/02(土) 21:55:48.40 ID:5qd+ZIFmO
以上で第三話閉幕となります。今日一日お疲れ様でした
146: 水源+α 2019/03/03(日) 14:04:03.66 ID:p+8UkvQu0
第四話 提督の再着任
147: 水源+α 2019/03/03(日) 14:04:57.19 ID:p+8UkvQu0
提督「これは……」

大和「……」

 現在、俺と大和は鎮守府に到着して門を通り、執務室向かっている。

 門を通る前は一月前と何ら変わりはないように見えたのだが、通った後建物に近付く毎に段々と違和感を感じ始めていた。
 大和は俺が不意に困惑して呟いた言葉を予想しているかのように目だけを瞑って、歩き続けている。

 その俺が感じた違和感の正体。それは──
148: 水源+α 2019/03/03(日) 14:06:03.44 ID:p+8UkvQu0
大和「……静か過ぎ、ですよね」

提督「……ああ」

 そう。静か過ぎるのだ。
 横須賀鎮守府はここ日本では都心の護る盾となる最重要拠点の1つ。しかも大平洋側に位置しているので、最も深海棲艦の襲撃を受けやすい。そのため、約100名後半以上もの艦娘が在籍している。
 一月前ならばこの前庭を歩いていても誰かしらの談笑や演習中の砲撃音、工廠等からの金属音が聞こえてくるはずだ。 
149: 水源+α 2019/03/03(日) 14:07:35.44 ID:p+8UkvQu0
 なのに今、木々や防波堤に波打ちしている自然音ぐらいしか耳に届いていない。
 ここまで聞こえて来ないとすると、まるでもぬけの殻になった広大な廃墟のなかを歩いているようだ。

大和「二週間前までは、まだ騒々しさはありました。ですが……」

提督「……? もしかして、この静けさの原因が分かったのか?」

大和「いえ、これはあくまでも予測なのですが」
 静かな鎮守府というなんとも不気味になった勤務地を歩いている不思議な経験をしていると、隣を歩く大和が不意に、無意味な情報かもしれないと遠慮しながらも俺へ話し始めた。
150: 水源+α 2019/03/03(日) 14:09:54.12 ID:p+8UkvQu0
大和「……大勢の艦娘達の集まりが、とある日の夜に行われたらしいのです」

提督「艦娘達の集まり……? まさか俺が不在中に大規模な作戦でも行ったのか?」

大和「私もそれを耳にしたときは警戒したのですが、そのような動向は見られませんでした。皆さんはいつも通り、提督のローテーション通りに出撃し、報告書も確りと提出していました」

提督「……やっぱり信じられないな。ちゃんと、ただ深海棲艦を撃滅するだけの艦娘としてではなく、横須賀鎮守府の艦娘として任務を遂行しているという話は……中々信じられない」

大和「……ですが、何度も申し上げた通りこれは真実です」

提督「ああ。大和が言うことだから信じる他ないんだけどな……それでも、俺のなかであいつらに期待をするな……とかな? 後ろ向きな言葉ばかりが浮かんでくるんだ」

大和「……提督」
151: 水源+α 2019/03/03(日) 14:11:18.42 ID:p+8UkvQu0
提督「…………すまん。話が脱線したな。それで、勝手に大規模な作戦を実行しようとしたという線は消えた訳だ。じゃあ他に何か大和に心当たりがあるのか?」

大和「……はい。心当たりというよりは、憶測です。実は、その集まりをするように促したのは金剛さんだったそうなんです」

提督「金剛?」

大和「はい。金剛さん……いや正しくは金剛型の姉妹達が発端です。それで……そもそも横須賀鎮守府の艦娘達がどんどんと改心し、任務を真面目に遂行するようになったのは金剛さんが始まりだと先程話しましたよね?」

提督「あ、ああ」

大和「しかも提督が突き落とされた事件が起きてからそう経ってはいない時期、そして積極的に鎮守府の活性化をする今までは考えられなかった行動を照らし合わせてみれば、あの集まりの目的が大体見えてきます」
152: 水源+α 2019/03/03(日) 14:13:18.21 ID:p+8UkvQu0
提督「……俺に関係すること、だよな。多分。……そういえばさっき、俺にあんな過激な反抗──暴力をしていた一部のやつらが償いだといって大人しくしていると聞いたし……考えられるとすれば」

大和「はい。多分ですが、これからの提督への対応をどうすれば良いのか……みたいなことを考える集まりなのではないかと」

提督「うーん……」

大和「ま、まあ、これはあくまでも私の憶測なので……」

提督「ああ。わかってる。でも気持ちに留めておくよ」

大和「はい」

提督(取り敢えず、今は執務室に行って状況整理をしなきゃな)
153: 水源+α 2019/03/03(日) 14:15:07.81 ID:p+8UkvQu0













大和「──ここまで誰も会いませんでしたね」

提督「ああ。……ちょっと不気味だ」

 前庭から建物に着き、執務室間近まで来ている。
 誰にも会うことなく、辺りに響くのは俺と大和二つの足音のみでだ。

提督「久し振りだな」

 執務室の扉前まで来ると、思わずそんな言葉を呟いていた。

 ここのドアノブを握る度に浮かんでくるのは、痛みや悲しみ、怒り──そして心地好さと優しさ。様々なものが複雑に絡まり合っている。

 気持ち悪い。しかし、僅かな温かな思い出がそれを抑え込んでくれている。
154: 水源+α 2019/03/03(日) 14:16:38.01 ID:p+8UkvQu0
………………


…………


……



大和『提督。お茶が入りましたよ』

提督『ああ。ありがとう大和』

陸奥『あら? 私もお茶淹れちゃったんだけど……』

提督『……ふっ。いいよ陸奥。そっちのも飲む』

陸奥『そう? ごめんなさいね。大和も』

大和『良いですよ。提督も、二杯飲めて嬉しいようですし』クスッ

提督『まあな。そういえば朝から一滴も水を飲んでなくてな。喉乾いてたんだよ』

大和『え……もうっ提督! そうでしたら早く言ってくだされば良かったのに』

陸奥『そうよ? 一日に結構な水飲んでおかないと、後々それが祟って体調不良
155: 水源+α 2019/03/03(日) 14:18:04.98 ID:p+8UkvQu0
を起こすことになるの。無理しないで頂戴』

提督『いやあはは。……善処する。でも今日は特に調子良くてな。いつも退屈だと思っていた執務がスラスラと終わるもんだからつい明日のぶんにまで手を出してて、つい休憩するの忘れてたんだよ』

大和『ついって……日々の仕事量も他の鎮守府に比べて多いという激務なのに倒れたらどうするんですか』

提督『その時は溜まってる有給使って休むよ。久し振りにゲームとか手を出してみたいと思って……いや大和。わかってるからそんなジト目で見ないでくれ。勿論ちゃんと休んでからするから。』

陸奥『提督もゲームがしたいお年頃なのね』

提督『お年頃っていうよりは世代じゃないか? 俺の世代の遊びは専らゲームだったし』

陸奥『ふーん……じゃあ提督は私のようなお姉さんが出てくるエッチなゲームとかやってるわけね?』
156: 水源+α 2019/03/03(日) 14:19:04.14 ID:p+8UkvQu0
提督『いやいや、エロゲーなんかやるかよ。ストーリーはきっちりしてるのが多いけど。俺が好きなのはRPGだ。冒険する奴』

陸奥『冒険する奴って言われてもやったことがないからどういう奴か分からないわね……というか提督、赤くなってる?』

提督『は? いや? 別に』ドキッ

大和『……も、もう陸奥さん。終わりましょう』///

陸奥『あら。大和さんが赤くなってたわね』

提督『大和は純粋だからな。因みに陸奥はあざとい』

陸奥・大和『……提督?』

提督『……お、おう。あ、時間だな。さ、執務に戻るぞ』ビクッ

大和『て、提督! 私はこれでも大人なんですよ! 純粋とか子供扱いしないでくださいっ』ムス

提督『そういう怒りっぽいところ』ナデナデ

大和『は、はいぃ!!?』プンスカ
157: 水源+α 2019/03/03(日) 14:20:57.80 ID:p+8UkvQu0
陸奥『もう提督? あざといって何かしら? 私の何処があざといのよ?』プク

提督『……そういう無駄にむくれるところだな』

陸奥『ふふっ。流石に露骨過ぎたかしら』

提督『はは。ほら。やるぞ。明日の分も終わらせちゃおうぜ』





………………

…………

……
158: 水源+α 2019/03/03(日) 14:22:01.94 ID:p+8UkvQu0
提督「……ふ」クスッ

大和「……提督? どうかしたんですか?」チラ

提督「いいや。何でもない」

大和「そうですか。入りましょう」

提督「ああ」



ガチャ


ギィイ


バタン


提督「……え」

 扉を開けた先にはいつも通りの執務室。しかし、そこには
159: 水源+α 2019/03/03(日) 14:24:03.96 ID:p+8UkvQu0
満潮「……」

霞「……」

曙「……」

五十鈴「……」

摩耶「……」

能代「……」


 満潮、霞、曙、五十鈴、摩耶、能代がそれぞれ、それはそれは深く床に頭を打ち付けて土下座をしていた。



大和「あなた達は……」

 俺もそうだが、大和もさずがにこの光景は驚いたようで瞠目している。
160: 水源+α 2019/03/03(日) 14:26:21.81 ID:p+8UkvQu0
大和「……何を、してるんですか」

満潮「……」

霞「……」

曙「……」

五十鈴「……」

摩耶「……」

能代「……」

大和「っ……」

 困惑しながらも大和がした質問に依然として答えず、唯土下座をしている。
 ただ、俺はもうこの六人が大和の質問にも答えずに土下座を敢行する真意に気付いてしまった。
161: 水源+α 2019/03/03(日) 14:28:29.23 ID:p+8UkvQu0
大和「……もう一度聞きます。何をしてるんですか。」

 再度、大和が質問する。しかし、その時の声は先程のものと比べ格段に低くなり、困惑気味だった語気も鋭く、そして冷たくなっていた。

満潮「……」

霞「……」

曙「……」

五十鈴「……」

摩耶「……」

能代「……」

 然れど、その六人は答えず、ただじっと頭を床に打ち付けている。
164: 水源+α 2019/03/03(日) 14:37:24.86 ID:p+8UkvQu0
大和「一体、何をしてるんですか。──今頃、何をしに来てるんですか?」

満潮「……っ」

霞「……」ビクッ

曙「……」ビクッ

五十鈴「……!」ピクッ

摩耶「……ッ」

能代「……!」ビクビクッ

大和「……さい」

提督「や、大和?」





大和「ふざけないでくださいッッ!!」

提督「……!」

皆「……!?」
165: 水源+α 2019/03/03(日) 14:38:33.89 ID:p+8UkvQu0
大和「今頃……今頃何をしに来てるんですか。あれほどのことをいつものように提督にしておいて今頃土下座ですかっ!? 本来は祖国日本のために着任された提督が、前任のせいで傷付いた私たちの心身を治そうがために必死で態々大本営の上官にまで頭を下げに行って、私達が快適に過ごせるように施設の改良や娯楽品などの導入してくださったり、汚れて壊れたままだった入渠場の一部を修理、又は改良してくださったりしてましたのにっ……なのにあなた達は……日々の激務で疲れている身でありながらも私達に残り続けている傷を支えてあげようと、交流を持とうとする提督を無視や陰口の対象にして、挙げ句には散々暴力を振るっていたことを分かっているんですかッ!?」
166: 水源+α 2019/03/03(日) 14:39:43.40 ID:p+8UkvQu0
皆「……っ」

大和「……今提督がされたことを挙げましたが、これはまだ一部に過ぎません。もっと、もっと私達艦娘の為にされたことはあります。ですが、挙げてもあなた達はどうせ信じないでしょう。だって、一年もの間提督の言葉を、提督から差し伸べられた手を無視していたのですから」

皆「…………」

大和「多分ですが、提督はあなた達を許すことでしょう。提督はどこまでも優しい方ですから。……いえ、どこまでも優し過ぎる方だからこそ、ここまでの事に発展してしまったのでしょう」

提督(大和……)
167: 水源+α 2019/03/03(日) 14:41:27.33 ID:p+8UkvQu0
大和「ですが私はあなた達を……目の敵にしていた殆どの方を易々と許す気はありません。いえ、一生許せないでしょう。たとえ駆逐艦であっても、絶対に許しません。早く演習がやりたい気分です。……そして、滅多撃ちにしたいです」

皆「っ!?」ビクッ

提督「お、おいそれh「分かっています」……え」

大和「そんなことをすれば私はあなた達と同等になってしまい、これまで寄せていただいていた提督からの信頼を裏切ることになります。ですからしません」
168: 水源+α 2019/03/03(日) 14:43:12.04 ID:bXP9wSU/O
皆「……」フゥ

大和「ですがもし、又提督に危害を及ぼすようであれば、秘書官権限で提督の護衛行為として即刻敵と見なし、問答無用で撃ち込みますので……覚悟をしておいてください」

皆「……!!」ドキッ

大和「……さて。提督。私は側で確りと見守ってますので、この先はお任せします」

提督「……分かった。──大和」

大和「はい?」

提督「本当に……その、ありがとう」

大和「……はい。それでは提督」クスッ

提督「ああ。……それで、だ。土下座してるから見るに分かるんだが……お前らは一体何をしに来たんだ? 謝罪に来たのか?」
169: 水源+α 2019/03/03(日) 14:44:40.41 ID:bXP9wSU/O
満潮「…………は、い」

提督「お前は確か、満潮だったな。お前が言い出したのか?」

満潮「い、いえ……その……皆で」

提督「皆で、か。じゃあ誰かが言い出したから仕方なくやってるって言う奴は居ない訳なんだな?」

満潮「……はい」

提督「……満潮。俺にどんなことをしたのか、覚えてるか?」
170: 水源+α 2019/03/03(日) 14:45:48.40 ID:bXP9wSU/O
満潮「はい。沢山の……その。嫌がらせや暴、力を……しました」

提督「確かにそうだな。だけど、満潮は俺が突き落とされる前にした嫌がらせや暴力の内容は覚えてるのか?」

満潮「ぇ……えっと……その、……あんまり」

提督「……霞。お前はどうなんだ」

霞「…………私も、です」

提督「曙」

曙「……覚えてないです」

提督「五十鈴は?」

五十鈴「…………」フルフル

提督「摩耶」

摩耶「……オレ、あ……いや。私も、覚えてない、です」

提督「……能代は?」

能代「ごめんなさ、いっ………ご、めんなざ、い」ウルウル

提督「俺は今謝ってほしい訳じゃない。俺が聞きたいのは、俺が突き落とされる前にした嫌がらせや暴力の内容を覚えてるのか、だ」
171: 水源+α 2019/03/03(日) 14:47:12.24 ID:bXP9wSU/O
能代「……っ」フルフル グスッ

提督「……俺がなんで今こんなことを聞いてるか分かるか?」

皆「……」フルフル

提督「……満潮には資料を運んでいたら出会い際に足を引っ掛けられて転ろばされられた。そしてその時大笑いしながら『さっさと辞めてくれない?』と言われたんだ」

満潮「……あっ」
172: 水源+α 2019/03/03(日) 14:48:28.64 ID:bXP9wSU/O
提督「霞は朝食の時だった。俺が食堂で朝食を食べているとお前は『何駆逐艦の方を見てニヤついてんのよクズ』って周囲に聞こえるように言ったんだ。お陰で皆からゴミを見るような目で見られたよ」

霞「……そ、それは」
173: 水源+α 2019/03/03(日) 14:49:47.02 ID:bXP9wSU/O
提督「曙には出撃後だ。報告書の提出を促した瞬間、脛を蹴られたな。その後は……そうそう。爆笑しながら蹲ってた俺の頭、踏んづけてたよな」

曙「……っ」
174: 水源+α 2019/03/03(日) 14:50:50.35 ID:bXP9wSU/O
提督「五十鈴には散々やられたよ。出会い頭に溝に一発。頬に二発だもんな」

五十鈴「!……」

提督「摩耶も随分と五十鈴がやったところへ的確に殴ってきたよな。もしかして手を組んでたのか?」

摩耶「…………!」
175: 水源+α 2019/03/03(日) 14:52:03.51 ID:bXP9wSU/O
提督「……能代は……俺のこと階段から突き落としたんだろ?」

能代「……っ!!?」ビクビクッ

提督「別にお前らを責めたい気持ちがない訳じゃない。……ただ、まぁ何が言いたいかと言うとさ。お前達加害者よりも被害者の方が圧倒的にその時の記憶が刻まれるってこと。それは何故かというと、体に、心に一方的に痛みを感じているからなんだよ」
176: 水源+α 2019/03/03(日) 14:56:55.86 ID:bXP9wSU/O
皆「……!」

提督「お前らは対して痛みを、哀しみを感じなかった。俺を痛ぶることで得ていたのは優越感と幸福感。そして──前任と同じ軍人に暴行をすることによって他の艦娘を守っていると思っていた正義感だろ?」

皆「…………」

提督「皆でやれば怖くない。皆が言っているから、皆がやっているから正義なんだ……そう思ってたんだろ」

皆「……」ウツムキ

提督「これは大和にも言ったことなんだが、皆の気持ちはこの一年間で充分に分かったつもりだ。だが一月前までのお前らがやっていたことなんて比にならないくらいのものなんだろ? だから、俺はこの一年間耐えてきたことを鼻にかけるつもりはない。復讐したいのも分かる。何かに行き場のない怒りをぶつけたいのも分かる。……だが、お前らがやっていたのは前任と何ら変わりない最低な行為だ」
177: 水源+α 2019/03/03(日) 15:00:22.17 ID:bXP9wSU/O
皆「……」

提督「……それはお前らの他の艦娘を守るために行った決して正義に乗っ取ったものではなく、正義と言う建前で自己の鬱憤の発散のためにやっていた自己中で最低な行為だ。……お前らはそんなことのために痛みつけてきた最低な奴だ」

皆「……っ」

提督「もう一度言う。お前らは最低だ。前任と同じだ。被害者の皮を被った加害者だ」

皆「……」ウツムキ

提督「正直今、お前らを目の前にしてやり返したい気持ちが凄くある。だが俺はそんな最低な奴等を──苦しんでる艦娘達を、救いたいという気持ちもある」

皆「……え」
178: 水源+α 2019/03/03(日) 15:02:42.29 ID:bXP9wSU/O
提督「……病院で大和にもそんな反応をされたな。まあそれが普通の反応だろうが、俺はどうやら普通じゃないらしいからな。どこまでも馬鹿で、どこまでも人を信じれずには居られないアホな奴だからだろう」

皆「……」

提督「……俺は本当に馬鹿なんだ。昔からこういう性でな? 直ぐ人を信じて、直ぐ騙されるんだ。お陰でどんどん友達、恋人に裏切られる。家族も全員死んだ。……昔からどうも裏切られる側だから、俺はどうしても信じて切ってほしいと躍起になっちまう。だからこうして無視されたとしても、陰口を叩かれたりしても、暴力を受けたとしても、そして階段から突き落とされたりしても──」

能代「っ」ビクッ

提督「──俺は何処か、お前らには期待しちゃうんだろうな。同じ裏切られる気持ちを味わったからかもしれないけど」
179: 水源+α 2019/03/03(日) 15:05:38.06 ID:bXP9wSU/O
能代「……てい、とくっ」

提督「勿論、この件は許すつもりはない。大和は許してくれると期待したが俺も流石に無理だ。大和すまんな」

大和「別に大丈夫ですから。続けてください」クスッ

提督「おう……まぁ、だから。罰は与えようと思う。その方がお前らにとっても気が楽だろうし、何よりここは海軍だ。規律を違反した輩は懲罰しないといけないからな。これまで見逃してきたが、これからは厳重にしていく。肝に命じておくように」

皆「……はいっ」

提督「それとだ。許さないとは言ったが、ここからやり直すことは出来る。過去は過去。今は今。未来は未来。お前らはここからだ。日本最高の横須賀鎮守府の艦娘としての誇りをこれから取り戻していけ。今も深海の勢いは止まってない。前線基地によれば、数も増えてきているとのことだ。だから……頼むぞ」
180: 水源+α 2019/03/03(日) 15:06:34.72 ID:bXP9wSU/O
皆「──はい!」

提督「あ、最後は俺にちゃんと謝ってから退室しろ。これ命令な」

皆「は、はい……」

提督「はい。先ずは満潮」

満潮「はい。その……今まで本当に、本当にすみませんでした。罰も確りと受けます。……それと、これからもよろしくお願いします!」

提督「よろしく。退室してよし。次、霞」

霞「……はい。……本当にごめんなさいっ! 誤解も勿論この身をかけて解いておきます……なのでこれからも……よろしく、お願いします」
181: 水源+α 2019/03/03(日) 15:07:43.23 ID:bXP9wSU/O
提督「よろしく。俺はロリコンじゃねえからな。はい次、五十鈴」

五十鈴「はい。本当にすみませんでした。その……一杯殴ったりして……本当に、ごめんなさい」

提督「……もう殴ったりすんなよ。次、摩耶」

摩耶「………………本当に、申し訳……ありませんでした。だから、その……これからもよろしく、お願いします」
182: 水源+α 2019/03/03(日) 15:08:51.16 ID:bXP9wSU/O
提督「……おう。よろしく。次、能代」

能代「…………」ウルウル

提督「……能代?」

能代「…………てい、とくっ……ほ、んとうに…………もうしわけ、ありませんでしたっ!」ボロボロ

提督「……」

能代「わだじ……ていど、くを……でいとくをっ……」ポロポロ

提督「……ああ。そうだな。痛かったよ。……腕の骨とか折れたな」

能代「ひぅっ!?」ボロボロ ビクッ

提督「だけどお前のお陰で皆は前に向いて歩き出すことが出来た。それはお前も同じで……まあつまり、ありがとうな。……痛かったけど」

能代「……っ!?」ビクッ

提督「もう謝ったんだ。出ていいぞ」

能代「…………は、はい」グスッ
183: 水源+α 2019/03/03(日) 15:09:44.44 ID:bXP9wSU/O
提督「能代」

能代「……?」

提督「これからよろしく」クスッ

能代「…………! は、はははいぃ……!」/// タッタッタッ
184: 水源+α 2019/03/03(日) 15:10:43.63 ID:bXP9wSU/O
提督「……ふう」

大和「……お疲れ様でした。提督」

提督「そっちこそ。俺のために叱ってくれた時……嬉しかった。ありがとう」

大和「……いえ。秘書艦ですから」

提督「頼りにしてる」

大和「はいっ」

提督「……さて。色々と問題は山積みだな」

185: 水源+α 2019/03/03(日) 15:12:11.78 ID:bXP9wSU/O
以上で第閉幕となります。お疲れ様でした。
曙は次に出すので安心した下さい。

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年03月22日

    いくらなんでも文章酷すぎない?
    まさかの1レス目で脱落
    もしかして日本語ネイティブじゃない人?

  2. とあるSSの訪問者 2019年03月22日

    酷いというか、それ以前だな。
    なんか読むのに抵抗ができる、、
    普段あまり文章を書いたりしないやつの作品なんだな、
    タイトルで面白そうと思って、俺も見たが1スレでリタイヤした

    これ面白いと思わんわ

  3. とあるSSの訪問者 2019年03月24日

    全部読んだ。作者さんいじめられてるのか?端々にそう感じる。

  4. とあるSSの訪問者 2019年03月25日

    確か本スレでは結構荒れていたな、話は結構面白いのに、、

  5. とあるSSの訪問者 2019年04月14日

    最後まで読んだけど特に違和感無く普通に面白く読めたよ。文章酷いって言ってる人たち普段あまり文章読んだりしない?

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング