FC2ブログ

医術士「東奔西走!!皆を癒しちゃうよ!!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 00:20:45.90 ID:Ycj8gK9xo
首都、王国、王の間。

医術士「ほえ?」

医術士「世界中を私が慈善事業で周る?」

王様「うむ、そうだ」

王様「医術士が持っている、あらゆる者を治す力を我が国の為に役立てて欲しい」

王様「世界統一から五年が経ったが……今迄上手く行ってた統治が、最近流行り始めた疫病の所為でままならない」

医術士「はぁ……そこで私に白羽の矢が?」

王様「うむ、引き受けてくれるか?」

医術士「そもそもですよ?私は疫病を治す為に世界を周っていましたし、一昨日からこの国も去ろうとしてたのに、無理矢理王様が引き止めていただけじゃないですか!!」ビシッ!!!

医術士「私は元々しがない村の住民です!!」

王様「ちっ……」

医術士「もしかしてアレですか!?自分の名声が欲しいから私を利用しようとしたクチですか!?」ズビシィ!!!

王様「馬鹿で有名な村の住民だから、騙せると思っていたが……」

医術士「私の故郷は馬鹿で有名だったんですか!?」

王様「つい最近まではお前より有名だったぞ」

医術士「えー!?」ガーン

王様「まあ、出来ればそう言う名目にしたかっただけだから気にするな」

医術士「もー」プンプン

王様「お前、この世界の王に生意気な口を叩くなよ、打ち首だぞ」

医術士「昨日は唯一無二の友だって言ってたでしょ!?」

王様「俺、庶民の友達作らない派だから」

医術士「絶対友達少ないですよね?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369322445
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 02:17:54.04 ID:QmFuQbiQo
王様「あ!?」

医術士「失礼しました」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首都近辺の村の近く。

テクテク

医術士「はぁ……王国から首都へ行くのに3時間」

医術士「首都から外に出るのに4時間もかかっちゃったよぉぉ!」

医術士「王様からお金は沢山もらっちゃったけど、今は使えないから意味ないよぉぉ」グー

医術士「お腹空いたよ、うん」

医術士「でも……」

医術士「皆の笑顔を見る為に頑張らなきゃ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首都近辺の村。

医術士「到着ーえへへ」

医術士「さてさてーご飯ご飯ー♡」

医術士「ご飯……ご飯……?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 08:52:40.97 ID:kVktLSvdo
村人B「……」

村人C「ぅ……」

村人D「ぁぁ」

医術士「ご飯なんて食べてる場合じゃないよね」

村人A「やあ、ここは首都近辺の村だよ」

医術士「あのー」

村人A「どうしたんだい?」

医術士「今とっても辛いですよね?」

村人A「え……どうして?」

医術士「だって……」

医術士「貴方以外、皆死にそうだから……」

村人A「……」

医術士「私は医術士と言います。人を治す事が仕事です。良ければ、疫病にかかっている人を見せていただけますか?」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 09:02:06.73 ID:kVktLSvdo
子供「ぅぅ……ん」グデー

村人達「……」グデー

医術士「これは……可哀想に」

村人A「早く皆を助けてやってくれ!!頼む!!」

医術士「分かりました」コォォォォ

村人A「手……手が……光って……!!」

医術士「楽にしてね」キィィィン

シュイン

子供「う……うん?」

子供「あれ?元気になった……痛くないし、気持ち悪くも無いや」

医術士「元気になった……はい。完治ですね」

村人A「す……凄い」

医術士「次の患者をお願いします。一刻も争います」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 09:10:25.00 ID:kVktLSvdo
シュイン

「あれ?痛くも気持ち悪くも無い」

医術士「ふぅ~」

医術士「これで、全員完治ですね!」

村人A「た……助かりました!」

村人A「貴女様のお名前は!?」

医術士「貴女様なんて大袈裟だな~」

医術士「私は通りすがりの医術士ですよ♡」

医術士「人を治す事が仕事です!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宿屋、寝室。

医術士「ふぅ~」ドサッ

医術士「ご馳走を一杯いただいちゃった~♡」

医術士「皆、親切だったなぁーえへへ」

医術士「あれ……?」

医術士「お腹一杯で……」

医術士「眠たく……」

医術士「なっちゃ……」

医術士「……Zzz」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 13:33:14.86 ID:C8lhTNhro
朝、近辺の村前。

医術士「さようならー!」フリフリ

村人A「次の村は南だからなー!間違えるなよ!!」

医術士「はーい!」

子供「ありがとー!」

村人達「ありがとう!」フリフリ

医術士「えへへ……」

村人達「照れるなよ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ケモノ道。

医術士「……」

医術士「迷子だよー!」ピエーン

医術士「村人さん達の言う通りに、南に行ったのに……」

医術士「南は上に行けば良いのに……」

医術士「この世の人間は嘘つきだぁーー」ウガー

医術士「もう誰も信じられないよぉ……」シクシク

ガサガサ

医術士「ヒィッ!」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 13:36:34.48 ID:C8lhTNhro
今日の分は終わりです。

最初はゆるふわドタバタで行きます。
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 13:49:54.99 ID:eZpKYPKo0
>>8
了解
つまらなくなるまでは追う
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 15:53:14.51 ID:hnHK2JNeo
ガサガサッ

医術士「……」

ガサガサ

医術士「うぅぅ」ガクガク

医術士「どうしよう……おばあちゃん、おじいちゃん、ポチ……私はここで獣さんの餌になっちゃうよぉ」ガクガク

医術士「嫌だよぉ嫌だよぉ……」

ガサガサ

ガサガサガサガサ!!!

医術士「うわぁぁぁん!!!」ピューッ

医術士「もう嫌だよお!」ダダダダ

医術士「うわぁぁぁん!!!」ダダダダ

狸「キュッ?」ヒョコ
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 16:54:09.86 ID:hnHK2JNeo
ケモノ道、奥。

医術士「獣さんは居なくなったけど、もっと迷子になった気がする」

医術士「はぁ……ついてないなぁ」トボトボ

医術士「あれ?」

医術士「人だぁ!!」パァァァッ

医術士「おはようございまーす!!あ!今はお昼だから……えーっと!こんにちはー!!」ダダダダ!!!

ガシッ

医術士「え?」

ヒュッ

医術士「一本背負いー!?」

医術士「きゅう~」ドスーン

?「動くな」チャキ

医術士「!」

医術士「きゃー!!私は悪い者ではありませんー!人を何人も殺していそうな弓を私に向けないでくださいー!」

医術士「私はしがないボランティアの医術士ですーー!!」ワー

?「医術士……?」

医術士「はい……人を治す事が喜びですぅ……」ウルウル
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 00:28:50.02 ID:mzcDrJvco
?「ふむ、興味深い」スッ

医術士「やややや、やっと分かってくれましたね。そうなんです、私は無害でいたいけな少女なんですよ」ホッ

?「頼みがある」

医術士「ほえ?」

?「お前の力の事は聞いている」

?「私の足をお前の力で治してくれ、容易いだろう?」スッ

医術士「あわわ、綺麗な足に大きなトゲが」

医術士「これなら力を使わずとも治せますっ!」キリッ

?「力は使わないのか?」

医術士「ふふふ、私は力が無くとも人を治す事が出来るのです!!」

医術士「どうしようも無い人以外は自力で治しますよ!」フフン

?「おい」

医術士「?」

?「私は“お前の力で治してくれ”と頼んだ、そしてお前は力を使う気が無い」

?「殺すぞ?」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 00:37:14.14 ID:mzcDrJvco
医術士「殺すのなら」

医術士「ーーどうぞ」

?「!」

医術士「私は力を使わずに治せる人なら、持てる限りの医学で治します」

医術士「それが理解されないのなら殺された方がマシです」

医術士「私の力を使わずに治すのは、痛いかも知れません」

医術士「でも、私は治るまでそばにいます」

医術士「ね?一緒にがんばろう?」

?「本当だな?」

医術士「?」

?「本当に治るまでそばに居るんだな?」

医術士「!」

医術士「はい!」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 01:39:58.67 ID:DjLZoW4Xo
医術士「はーい、足を出してください」

?「わかった」プルプル

医術士「まずは棘を抜きます」

クチュ

?「~~ッ!!」ガクガク

医術士「はい、落ち着いて深呼吸してください」

?「……」スーハー

医術士「消毒……そして軟膏……」

医術士「包帯……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

医術士「処置は終わりましたよー!!!」

?「むぅ……」

医術士「そう言えば、お名前は?」

弓使い「弓使いだ。その……ありがとう……」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:19:23.02 ID:v06s+R+mo
医術士「弓使いさんですかー」

弓使い「そうだ」

医術士「外への出方は分かりますか?」

弓使い「出方って……途中にあった看板通りに歩けば……」

医術士「看板?」キュー

弓使い「看板だ」

医術士「私、知らないです」

弓使い「……」

こいつ……馬鹿だ。

弓使い「ーーお前、故郷は?」

医術士「けやきの村です」

弓使い「ああ……馬鹿で有名な……」フムフム

医術士「私の故郷って……」ガーン

弓使い「まあ、何かの縁だ。お前もボディーガードは欲しいだろう?」

弓使い「旅に同行しよう、私は役に立つぞ」

医術士「わーい!」

医術士「巨乳黒髪ポニークール可愛い弓使いさんありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!」

弓使い「恥ずかしいからやめろ///」

医術士「それで照れちゃうんですか!?」

弓使い「うるさい貧乳!」

医術士「あ?」

弓使い「すまない」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:26:19.71 ID:v06s+R+mo
夜、ケモノ道。

医術士「ゔー疲れましたー」テクテク

弓使い「我慢しろ」テクテク

医術士「我慢できないですよぉ~」テクテク

医術士「巨乳黒髪ポニークール可愛い弓使いさんお願いしますぅ~」

弓使い「仕方ないな、ここで野宿しよう」キリッ

医術士「ちょろい」ボソッ

弓使い「さあ、焚き木を取りに行くぞ」

医術士「はーい!」ピョン

医術士「頑張りますよー」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:32:47.14 ID:v06s+R+mo
バチバチ

バチバチ

医術士「ご飯まで作ってくれてありがとうございます///」

弓使い「お前の思考回路が段々分かってきたよ」

医術士「このお肉、美味しそうです♡」

弓使い「私の狩りの賜物だ」

医術士「いただきまーす!!」アーン

弓使い「いただきます」アーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医術士「ふぅ……お腹一杯です」

弓使い「私の分もほとんど食べた結果だな」ヒクヒクッ

医術士「えへへ///」

弓使い「照れるな!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:42:52.37 ID:v06s+R+mo
医術士「くぅー……くぅー」Zzz

弓使い「医術士か……こいつの旅に同行したら奇跡の力を拝めるのか」

弓使い「奇跡の少女……か」

弓使い「確かに奇跡かもな」

医術士「うーん」Zzz

ギュッ

弓使い「こらこら、ひっついてくるな」ヤレヤレ

医術士「うひー」Zzz

ムニュ

弓使い「ひゃん!?」ビクゥ

弓使い「馬鹿っ!胸に触るな」

医術士「良いではないかーうひひ」Zzz

弓使い「すけべ親父か!?」ガーン

「駄目だ!そこは!」

「ひゃん!?」

「らめだらめだ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


朝。

チュンチュン

医術士「ふうー」

医術士「よく眠れました!!」

医術士「あれ?弓使いさん、どうしたんですか?」

弓使い「ふふふ」グデー

弓使い「安心しろ、後で殺してやる」グググ

医術士「えー!?理不尽ですよーーーーーー!!!!」ガーン
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 00:26:59.36 ID:ucobhalso
朝、ケモノ道。

医術士「足は大丈夫ですか?」

弓使い「昨日よりは痛まないな」

医術士「えへへー良かったです」

弓使い「それよりも」

医術士「ほえ?」

弓使い「最初は何処を目指していたんだ?」

医術士「首都近辺の村から南にある村へと行く予定でしたよー」

弓使い「このケモノ道は首都近辺の村から北だぞ?」

医術士「え?」

弓使い「え?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 02:27:46.99 ID:ucobhalso
医術士「あははー」アセアセ

弓使い「……」ジトー

医術士「うううっ、やめてくださぃぃ……」ウルウル

弓使い「流石馬鹿で有名な……」ハァ

医術士「うわーん!!」ピエーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昼、首都近辺の村、前。

医術士「結局ここへ着きましたね」

弓使い「南に行くぞ、ついてこい」

医術士「はーい!」

弓使い「たくっ……」

医術士「全力前進だー!」

弓使い「ふふっ」

弓使い「妹を思い出すよ……妹を……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「苦しい、苦しい、苦しいよお」

「お姉ちゃん……早く……薬を……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弓使い「ッ!」

医術士「どうかしましたかー?」

弓使い「嫌、なんでも無い」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/27(月) 16:57:05.04 ID:cAHMXy9Ao
海沿いの村、前。

医術士「首都近辺の村って海沿いだったんですねー」

弓使い「ああ、知らなかったのか?」

医術士「おいしいお魚さんがいっぱいなんだろうなー」(はい!楽しそうです!)

弓使い「」

医術士「しまった……」

弓使い「飯の事しか考えていないのか?」

医術士「違いますよー!!」ウワーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海沿いの村。

ザワザワ

漁師「今日は大漁だー!!」

村人A「500で!!」

村人B「600で!!」

村人C「700で!!」

漁師「はい売ったぁ!」

医術士「とても元気な村ですね♪」

弓使い「騒がしいだけだと思うが?」

医術士「弓使いさんは心が冷たいです!」

弓使い「お前はうるさい」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/27(月) 17:07:28.92 ID:dsGgGVu0o
弓使い「この村にはどれくらい滞在する予定だ?」

医術士「四泊五日ぐらいですね、早く世界の人を治したいので」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宿屋。

医術士「四泊五日でお願いしまーす!」

宿屋の女将「細かい事言わないで、五泊六日にしな!値段は四泊にしておいてあげる!」

医術士「わーい♡」

弓使い「それで良いのかお前は……」ガクッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日後、漁師の村。

医術士「私は医術士です!!この村に体が悪い人は居ませんかー!?」

ザワザワ

村人A「あれが噂の医術士って人か」

村人B「お嬢ちゃん、この村の人間は皆元気なんだ、心遣いは嬉しいけどお嬢ちゃんの力は必要ないよ」

村人C「おい」

村人B「あん?」

村人C「居るだろ、一人」

村人B「あ!でも、あの人は……」

村人C「死んでも良い人間なんて居ないだろ!!!!」

医術士「??」

弓使い「どうやら訳ありの様だな、話を聞こう」

医術士「弓使いさん……それ私のセリフ……」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/27(月) 17:21:25.29 ID:VKYrDAxxo
医術士「不治の病を患ったおじいちゃんですか……」

村人B「この村の村長なんだけど……」

村人C「これで嫁の元へ行けるって言って、医者に診てもらう事すら拒んでいるんだ」

村人C「村長の意見を無視して治して欲しい」

医術士「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村長の家

ガチャ

医術士「失礼します」

弓使い「ふむ」

村人C「村長!お邪魔するよ!」

村長の孫「おじいちゃん、お客さんだよ」

村長「ふん……なんの用だ?」

医術士「私は医術士と言います」

村長「!」ピク

村長「帰れ!!」

村人C「そんな事を言わずにさぁ……」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 00:21:02.19 ID:4gSTrBYdo
村人C「村長!!頼むよ!!」

村長「うるさい!!私はこれから死ぬつもりだ!!!」

医術士「あうあう」ウルウル

弓使い「元気そうに見えるな」

ギャーギャー

医術士「どうしよう」オロオロ

弓使い「はぁ……」

弓使い「落ち着け!」

医術士「あ、はい」

弓使い「あ、頑張ってください」

医術士「さて……説得でもしてみましょう」

弓使い「落ち着くのが早いと思うぞ」

医術士「村長さん」スッ

村長「なんだ!?」

医術士「疫病にかかってしまったんですかー?」

村長「そんな物にはかかる軟弱者では無いわ!!」

医術士「ならば、どんな病気に?」

村長「知らん。毎朝血を吐くだけだ」

医術士「……」
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 00:34:50.42 ID:4gSTrBYdo
医術士「もう、死んじゃっても良いんですか?」

村長「嫁の元へ行けるなら本能だな」

医術士「……」チラッ

村長の孫「……」

医術士「お孫さんは望んでいるのでしょうか?」

村長「孫には親が居る、私の息子がな」

村長「それで十分だ。私は必要ない」

医術士「村長さんは多分もう、長くはありません」

村長「私が一番わかっているさ」

医術士「次第に吐血の量は増えて、最後には致死量の血を吐いて絶命をします」

医術士「苦しんで苦しんで苦しんで、誰かに助けを求めてしまう程苦しんでしまうと思います」

村長「ふん、助けなど求める訳が無い!」

医術士「……」

医術士「村の人全員、村長さんに生きて欲しいと願っている筈です」

村人C「……」

村長「ふんっ」

村長「確かにお前の力は凄い、なんでも治してしまう」

村長「お前の力に世話になりたいと思う人間だって沢山居るだろう」

弓使い「……」

村長「逆もまた然りだ」
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 01:01:55.85 ID:4gSTrBYdo
医術士「うーん、どうしよう無いひとですねー!!」

村長「なーにー!?」ガタッ

弓使い「!」ガクッ

医術士「お孫さんの悲しい顔は私が見たくありません!!」

医術士「ね?」

村長の孫「……」コクンッ

村長「私は妻の元へ……!」

村長「ゴホッ!」ピチャ

医術士「!」

村人C「村長!」

村長の孫「おじいちゃん!!」

村長「ゴホッゴホッ!」ビチャビチャ

村長「やっと……妻の元へ行けるっ……ゴホッゴホッ」ビチャ

医術士「村長さん、お孫さんの顔が見えますか?」

村長の孫「おじいちゃん!!おじいちゃん!!」ポロポロ

村長「……!」

村長の孫「おじいちゃん……ひっく……治してもらってよぉ……」

村長「……」

村長「妻には遅れると伝えるか」

医術士「!」

村長「治してくれ、医術士さん」

医術士「お安い御用ですよ!!」キィィィィン

シュイン
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 01:03:59.10 ID:4gSTrBYdo
村長「……」

医術士「体調はどうですか?」

村長「最高だよ」
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 09:04:31.54 ID:8WSfQ7LXo
翌日。

医術士「さようならー!」フリフリ

村人C「元気でなー!」

村長「また会おう!!」

村長の孫「ばいばーい」フリフリ

弓使い「結局は二泊か」

医術士「どんどんハイペースで行きましょう!」エヘン

弓使い「ご飯を食べる時のお前の方がハイペースだよ」

医術士「そこには触れないでください……」

弓使い「ふふふ」

医術士「頭に毛虫がついてますよ?」

弓使い「うわぁ!!!」
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 09:08:20.42 ID:8WSfQ7LXo
弓使い「取ってくれ……取ってえぇ……うぅぅ」ガクガク

医術士「あらやだ可愛い」

医術士「はい」ヒョイ

弓使い「うぅ」

医術士「取れましたよ」ニコー

弓使い「ありがとう……」

医術士「そのギャップを大切にしましょう!」グッ

弓使い「大切にはしたくない」

医術士「あれ?クールに戻るの早いですよ?」

弓使い「ふん」キリッ

医術士「頭に毛虫が」

弓使い「うわぁ!!!」
48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 16:36:55.07 ID:eEjb6ANJo
道。

医術士「次はどの村へ行きますかー?」

弓使い「私に聞くのか?」

医術士「いやー詳しそうなのでー」テヘヘ

弓使い「そうか……そうだな……」

医術士「わくわく」

弓使い「反乱地域はどうだ?」

医術士「反乱地域ですか!?」

弓使い「先程見た新聞によると、ここから西へ行けば4時間程度で辿り着くぞ」

医術士「王国に結構近い所でやっているんですね……」

弓使い「今回の反乱軍は“珍しく”王国付近まで来ただけだ」

弓使い「いつもなら辿り着く前に王国軍に潰される」

弓使い「しかし、今回は王国軍の対応も遅かった様だな」

医術士「ほえー大変そうですねー」

弓使い「王国軍が反乱軍を壊滅させるのも時間の問題だろう、急ぐぞ!」

医術士「はい!」
49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/29(水) 16:42:19.03 ID:eEjb6ANJo
医術士「長い道のりですねー!」チラッ

医術士「私疲れちゃったなー!」チラチラッ

弓使い「う る さ い」

医術士「ふえぇ……」

医術士「疲れたよぉ」ウルウル

弓使い「前の村で海産物を沢山食べただろう?」

医術士「それとこれとは関係ありませんよぉ」

弓使い「甘えん坊だな」

医術士「え?」

弓使い「え?」

医術士「私の村の近所の子は、甘えたら家を買って貰っていましたよ?」

弓使い「え?」

医術士「え?」
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 09:10:25.14 ID:gQsHNTNLo
弓使い「あ、うん。そうかそうか」

医術士「ええ!?私変な事言いましたかぁ!?」

弓使い「私はもう疲れたよ」

医術士「うわああああん」ピエーン

弓使い「お金持ちの村でもあったのか」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二時間後。

医術士「そう言えば弓使いさんは何歳なんですか?」

弓使い「そう言えば教えてなかったな」

医術士「早く知りたいです☆」

弓使い「17歳だ」

医術士「私より2つ歳上ですねー」

弓使い「医術士は15歳か」

医術士「はい♡」

弓使い「妹と一緒……か」ボソッ

弓使い「?」
53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 18:09:27.04 ID:QmwdKR2Bo
反乱地域、農村。

農民A「うっ……ううう」

農民B「痛い……痛い」

農民C「助けてくれぇ」

農民D「どうしてこんな事に」

弓使い「凄い事になっているな」

医術士「ええ、早く治さないと」

反乱兵「貴様ぁ!!王国の手の者だな!?」

医術士「え!?」

反乱兵「殺す!!」

医術士「違いますー!一般人ですー!」アワアワ

弓使い「……」ヒュッ

ブスッ

反乱兵「あ……あああ」ドサッ

医術士「殺すまでしなくても……!」

弓使い「奴等に常識は通じない、相手か自分が死ぬまでは止まらないぞ、そう……死ぬまで……」

医術士「でも……」

弓使い「分かってくれ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「弓使い……妹を頼むぞ……お姉ちゃんだろ?」

「嫌だよぉ……嫌だよぉ……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弓使い「早く怪我人を治せ!反乱兵は私が止める!!」

医術士「分かりました!」
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:08:42.36 ID:Ta5oKaKqo
弓使い「……」ヒュッ

反乱兵B「ぐあ!」ドサッ

医術士「うう」キュイイイン

シュイン

農民A「治った!」

医術士「次の人!治しますよ!」

農民B「足が……足が……」

弓使い「!」

右足が無いぞ、無理だな。

医術士「じっとしててください」

キュイイイン

弓使い「なっ!」

治せると言うのか?

シュイン

農民B「足が……」

弓使い「治っている」

否。最早、何事も無かったかのように戻っているぞ。

あらゆる者を治す力?あらゆる者を元に戻す力と言ったほうがしっくりくるな。
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:28:26.52 ID:Ta5oKaKqo
弓使い「この世の法則を無視している」

弓使い「まるで……」

王様「神の力だな」

弓使い「!!??」ズザザザザ

王様「警戒をする必要は無い」

王様「私はこの世の父だからな」

王様「お前の無礼は許そう」

弓使い「王様でしたか、どのような御用で?」

王様「反乱軍を黙らせる為に出向いただけだ、この村の怪我人は任せる」

弓使い「王国軍の兵士は?」

王様「私の軍に怪我人が居る訳が無い」

弓使い「なんと」

王様「怪我人になるぐらいなら玉砕を望むさ」

弓使い「……」

王様「今回の反乱軍も根絶やしにした」

王様「一人だけ、私が直々に手を下した人間が居たが……」

王様「その男以外は取るに足らない雑魚だったよ」

弓使い「流石です」

王様「お前の弓捌きは素晴らしい」

弓使い「光栄です」

王様「私の軍に入らないか?」

王様「弓捌きにおいて君に並ぶ者は居ないだろう」

弓使い「光栄ですが……お断りさせていただきます」

王様「分かった」

王様「その力、野放しにしておくには惜しいが、諦めよう」

弓使い「医術士の力を見て何も思わないのですか?」

王様「素晴らしいが、私には必要の無い物だ。何よりあの少女は私には眩しすぎる。自由にさせてあげるのが一番だ」

弓使い「優しい一面が……」

王様「あの少女に出会ってから、私も変わった……かな?」
57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:45:37.04 ID:Ta5oKaKqo
王様「私は国に帰るとしよう」

王様「医術士には良くやったと伝えてやってくれ」

王様「あとこれを」スッ

弓使い「そのような大金、受け取れません」

王様「私の気持ちだ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

医術士「終わったぁ~♡」

弓使い「王様は良くやったと言っていたぞ」

医術士「友達少ない王様!来てたんですか!?」

弓使い「それと、王様から生活費を貰った」

医術士「友達少ない癖に甲斐性がありますね……」

弓使い「……」

どれだけ友達が少ないのだろう……

医術士「あっ……!」

弓使い「ん……?」

?「うっ……!かはぁ……!」ガクガク

?「糞っ!糞っ!」ポタポタ

?「王!!!仇を!仇を!」

医術士「早急に治療をしないと」

弓使い「良いのか?反乱軍だぞ?」

医術士「関係ありません!」
58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:11:05.15 ID:Ta5oKaKqo
キュイイイン

?「!」

?「傷が治った……」

医術士「大丈夫ですか?痛む所はありますか?」

?「大丈夫だ……」

弓使い「動くな」チャキ

弓使い「反乱軍の一員だな?」

?「そうだ」

弓使い「仮面を外せ」

?「……」スッ

カラァンカランカラン

?「……」

弓使い「女か……」

傭兵「私の名前は傭兵。反乱軍に雇われた者だ」

傭兵「お礼をさせてもらいたい」
60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 01:27:47.12 ID:Ta5oKaKqo
弓使い「お礼?何だ?」

傭兵「旅の護衛だ。貴様の腕も確かな者だが、二人では心許ないだろう?」

弓使い「むぅ」

傭兵「王に殺されかけ、生死の淵を彷徨っていた時に助けてくれた事を感謝する。お礼をさせてくれ」

医術士「大丈夫ですよー♡」

傭兵「本当か!?」

医術士「頑張りましょう!」

傭兵「おー!」

弓使い「おいコラ」

医術士「?」キョトン

傭兵「?」キョトン

弓使い「傭兵……殺すぞ」

傭兵「すいません、ふざけ過ぎてしまいました」

弓使い「よろしい」

傭兵「ありがたき幸せ」

医術士「弓使いさん、酷いですよ!」ビシイ

弓使い「ふん、認めてやる」

医術士「えっへん!」ドヤッ

傭兵「……」

無い胸を張って言っても……

医術士「あ?」

傭兵「すいませんでした」
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:59:59.64 ID:3EMmFm9M0
すまん、>>56あたりぐらいから展開が急すぎて何度か同じところを読み返してしまった
もう少しだけ周りの状況を詳しく書いてもらえるとありがたい
読者様で申し訳ない

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 08:54:38.84 ID:dXRCzggco
>>62
王様登場→弓使いが警戒→王様は自分の軍の指揮をしに来ただけだった→王様は弓使いを自分の軍に勧誘する→弓使いは断る→王様は国に帰る→その前に弓使いに金を渡した→医術士が農民を全員治す→瀕死の反乱軍の兵士を見つける→医術士が治す→治る→実は女だった→傭兵と名乗る彼女も着いて行く事になった。

こんな感じで大丈夫でしょうか?

実際にまとめてみると展開が急過ぎでしたね、反省です。
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 09:08:50.15 ID:dXRCzggco
弓使い「それにしても……男っぽいな」

王様と一騎打ちをしたのはこいつ……か?

傭兵「むっ……傷付くな」

医術士「男っぽくても可愛いですよー!」

傭兵「そ……そうか///」

弓使い「ちょろいな」

医術士「私もビックリです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

農民A「宿は反乱軍に潰されてしまったなぁ……力になれなくてすまない」

医術士「そうですかぁ……」

農民B「あっ!」

傭兵「?」

農民B「あれっ?なんでも無い」

傭兵「私は罪を犯し過ぎたな、居心地が悪い」

弓使い「医術士、西へ進もう」

医術士「行きましょう♡」
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 09:13:48.11 ID:dXRCzggco
農民A「ありがとうー!」

農民B「反乱軍に見えたけど……鎧も付けてないし……違うかな?」

農民C「ありがとう!」

医術士「さよーならー!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数時間後、夜、森。

ギャーギャー

キーキーキー

ガサガサ

キキキキキ

アオーン

医術士「どうしてこうなったんですかぁ……?」ガクガク

弓使い「西に行くには森を超えるしか無いからだ……ぁ……虫怖い……虫怖い……」ガクガク

傭兵「駄目だこいつら」
67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 00:24:21.12 ID:VgmfRynoo
医術士「けけけ、け、け、ケモノ道では平気そうだったじゃないですかぁ……」ガクガク

弓使い「ふ、ふ、ふ、ふ、ふふふ、ケモノ道と森では訳が違うんだ、訳が」ガクガク

医術士「た、た、た、確かに森の方が虫が多いですけどぉ……」ガクガク

傭兵「情けないな」

弓使い「うっるさぁぁい。だっ大体、傭兵は私とキャラが被るんだ~少しはキャラを変えてくれぇっ」ガクガク

医術士「ゆゆゆゆ、弓使いさんと傭兵さんのキャラが被り過ぎで、私の頭が痛いっです」ガクガク

傭兵「泣きたくなってきた」

医術士「幽霊が出そうで怖いですね……」

傭兵「ゆっ!幽霊!?」ビクゥ!!!

傭兵「本当か?本当か?本当か?」ガクガク

傭兵「ううう」ガクガク

医術士「よよよ、よ、よ、傭兵さんにも意外な一面が」ガクガク

弓使い「お、お、おお、男勝りな女と思っていたが、女らしい一面もあったんだな」ガクガク
68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 00:28:03.06 ID:VgmfRynoo
ガサッ

医術士「今、獣さんが……」

ブーン

弓使い「夜だから少ない筈の虫が……」

ゾゾゾゾ

傭兵「幽霊独特のアレが……」

医術士「……」コクン

弓使い「……」コクン

傭兵「……」コクン

全員「うわああああああ!!!!!」ダダダダダダダ

ダダダダダダダダダダダダダダ

傭兵「もう嫌だぁ!!!」ダダダダダダダ

弓使い「来るな来るな来るなぁ!」ダダダダダダダ

医術士「獣さん落ち着いてぇぇぇ!!」ダダダダダダダ
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 00:37:32.82 ID:VgmfRynoo
森の外。

医術士「はぁはぁ……覚えてやがれっ!です……」ドサアッ

弓使い「次は森を燃やしてやろう……ははっ!」ドサアッ

傭兵「霊能力……霊能力……霊能力……」ドサアッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医術士「ふわふわー」プカプカ

医術士「宙を浮いてます!」

茄子「ははは」

医術士「うわあ!?茄子が喋った!?」

茄子「君の力は素晴らしい」

医術士「勝手に話を始めてる……」

茄子「だが」

茄子「この世に永遠は無い。覚えておけ」

医術士「???」

茄子「さらばだ」ドカン

医術士「爆発!!??」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝。

医術士「爆発……ガバッ

弓使い「すーっすーっ」グゥー

傭兵「エクスプロージョン……」グゥー

医術士「そこでシンクロされても……」ガクッ
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 00:47:08.99 ID:VgmfRynoo
医術士「そうだ、森の前で力尽きたんでした」フワァ

医術士「んー、どうしよう」グググッ

傭兵「んぅ」

傭兵「おはよう」ガバッ

医術士「おはようございまーす♡」

傭兵「ここで力尽きるとは……恥ずかしい」

医術士「誰も気にしていないですよぉ~」ナデナデ

傭兵「んっ……」クシャクシャ

傭兵「もっと撫でてくれ」

医術士「?……おやすいごようでーす♡」ナデナデ

傭兵「むぅ」クシャクシャ

医術士……か、癒されるな、可愛いな。
71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 01:04:09.16 ID:VgmfRynoo
弓使い「……」チラッ

医術士「えへへー」ナデナデ

傭兵「ふふっ」クシャクシャ

弓使い「……」



どうしてこうなった。

目が覚めたらこの二人がイチャイチャしていた。

私は起きるタイミングを逃した。

酷いな、酷いな。

傭兵は私とキャラが被りすぎる、もう見分けが付かないぐらいだ。

片方が死ぬまでは続くな、このジレンマは。

ふふふっ、辛いな。

弓使い「……」チラッ

傭兵「次は抱きしめて欲しい」

医術士「了解です!」ギュー

傭兵「ふふふっ」ニコッ

弓使い「……」

アウト。

レズか?

この二人はレズなのか!?

なんなんだ!?

もう良い。

疲れた……

弓使い「……」グゥーグゥー
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 01:22:49.93 ID:VgmfRynoo
弓使い「ん」ガバッ

医術士「やっと起きましたねー☆」

弓使い「そうだな」

弓使い「所で何をしている?」

傭兵「焚き木の準備だ」

傭兵「今日はここでキャンプをしよう。たまには休憩も必要だろう?」

弓使い「分かった」

因みに私は女が好きでは無い、至ってノーマルだ。

弓使い「鳥でも狩ってくる」スタスタ

医術士「いってらっしゃーい!」フリフリ

傭兵「私は魚を獲ってくる」スタスタ

医術士「いってらっしゃーい!」フリフリ

医術士「……?」

医術士「って、え?」

医術士「私が一人って危ないですよね?」ダラダラ

ギャアギャアギャア

医術士「う……うわぁあああ!!!ん!!!!」ピエエエン
76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 17:03:57.71 ID:LJQax+oQo
数時間後。

弓使い「ただいま」

傭兵「ただいま」

医術士「……」ツーン

傭兵「怒らせるような事をしたのか?」

弓使い「心当たりが無い」

医術士「私を置いていきました!!」

傭兵「ああ」

弓使い「なるほど」

医術士「ふんっ」

傭兵「どうすればっ……」アワアワ

弓使い「ご飯あげたら治るぞ、真面目に」
77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 07:15:51.28 ID:HM2JW7QOo
弓使い「あーー、鳥が沢山取れたな!!美味しそうだ!!!」

医術士「っ」チラッ

弓使い「私の故郷に伝わる調理をしよう!」ジュー

傭兵「沢山魚獲れたなーー!!」ピチャピチャ

医術士「!」ピクッ

傭兵「海賊料理を作ろうか~!!」

医術士「……」フンッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

弓使い「さあ完成だー!たくさんたべるぞー!」チラチラッ

傭兵「おいしそうだなー!!」チラチラッ

医術士「ぐぬぬ」

医術士「……」

医術士「うわーん!!食べさせてくださいー!!」ピエーン
78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 07:16:21.36 ID:HM2JW7QOo
弓使い「ほら来た」

傭兵「確かにちょろい」
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 01:06:26.54 ID:20uiALgLo
医術士「~♪」ニコニコ

弓使い「美味しいか?」

医術士「はいー♡」ニコニコ

傭兵「それなら良かった」

私だけが生き残り、私だけが幸せを堪能している。

反乱軍に雇われたなんて嘘だ。

生まれも育ちも最果ての地域で、反乱軍の中で育った。

生粋の犯罪者だ。

傭兵「もっと食べてくれ」ニコッ

この少女の笑顔を見ていたらそんな事すら些細な事に感じてしまう。

残った反乱軍はもう居ない、私だけが生き残った。

少女に助けられた命は少女の為だけに使おう。

医術士「はーい♡」ニコッ
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 01:36:46.87 ID:20uiALgLo
一日後、戦士の街。

医術士「ほえー都会ですねー」アワワ

弓使い「戦士の街か、懐かしい」フフッ

傭兵「ああ、懐かしいな」フフッ

医術士「ほえ?懐かしい?」

弓使い「この街では年に一回、強さを競う大会がある」

傭兵「世界中の実力者が集まる、名誉のある大会だ」

弓使い「私は第99回大会優勝者だ」

傭兵「ほう、奇遇だな、私は第98回大会優勝者だ」

弓使い「99回大会には出ていなかったのか」

傭兵「その時は忙しかったからな」

弓使い「ふふふ」バチバチ

傭兵「ははは」バチバチ

医術士「野蛮です~」

弓使い「ふっ、医術士に免じて許してやろう」

傭兵「こちらの台詞だな、それは」

雑兵A「戦士王のお通りだ!」

雑兵B「どけどけ!」

ザワザワ

弓使い「馬車の中で偉そうに踏ん反り返っているのが戦士王か」

傭兵「王様の方が強いな、臭いで分かる」

医術士「あの人……」

弓使い「どうした?」

医術士「弱ってます」

傭兵「何!?」

医術士「恐らく病を患っています」
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 02:11:01.05 ID:20uiALgLo
弓使い「そうか……」

傭兵「どうした物か……」

医術士「!」ダッ

弓使い「なっ!」

医術士「戦士王様に合わせて下さい!」

雑兵A「なんだ小娘!?」

雑兵B「帰れ帰れ!」

医術士「戦士王は病を患っています!!合わせて下さい!!」

雑兵C「ならんならん!」

戦士王「……」

弓使い「医術士落ち着け」ガシッ

傭兵「焦るのはいけないな」ガシッ

医術士「だけど!」ジタバタ

弓使い「私の妹が無礼を働いて申し訳ありません、失礼します」サッ

傭兵「行くぞ、医術士」サッ

医術士「最低です~!」ジタバタ
84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 09:16:57.62 ID:wJtBAsMzo
一時間後、宿屋、一室。

医術士「第100回大会!?」

弓使い「そうだ」

傭兵「その大会で優勝する事が出来れば戦士王と面会が可能になる」

医術士「って事は、弓使いさんと傭兵さんは戦士王様と面会をした事があるんですかぁ?」キョトン

弓使い「ある。一騎打ちを申し込んだけど断られてしまった」

傭兵「想像以上に臭いから、顔を合わせただけで帰った」

弓使い「傭兵は後でお仕置きだな」

医術士「ですね」

傭兵「分かってる」
85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 09:23:26.44 ID:wJtBAsMzo
弓使い「大会は丁度この時期に行われる」ニヤ

傭兵「明日だろ?」ニヤ

医術士「頼もしいです」

弓使い「最近暴れ足りないから、こういう機会を待っていたんだ」

傭兵「ほぅ」ニヤ

弓使い「ふふふ」ニヤニヤ

医術士「あー、身内同士がぶつかった場合はどっちかが降参ですよー?」

傭兵「ぐっ」ガクッ

弓使い「まあ、仕方ない」

医術士「明日に備えて英気を養いましょう!」

傭兵「たしか……温泉が有名だったな……」キラーン

弓使い「行かせんぞ」ガシッ
86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 20:58:13.02 ID:zvydmd/+o
医術士「温泉よりご飯が食べたいです!」

弓使い「戦士の街の料理は豪快で絶品と聞くな」

傭兵「いや!先に温泉にしよう!」

弓使い「医術士の意見を尊重しよう」ニヤニヤ

傭兵「ぐぬぬ」

医術士「?」キョトーン

弓使い「はっはっは!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

医術士「ご馳走様でしたー♡」

弓使い「味は濃いけど、美味しかったな」

傭兵「故郷を思い出す味付けだな」

傭兵「さて」ガタッ

そろそろ温泉タイムだ!!

弓使い「医術士、眠くないか?寝よう」

傭兵「!?」ガクッ

医術士「ほえ?」
87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 21:02:32.83 ID:zvydmd/+o
傭兵「ぐっ!」

この女ぁ……!

弓使い「医術士、寝よう。出来れば早くだ」

医術士「私はまだ眠くありませんよー?」

弓使い「なっ!」

医術士「早く温泉に入りたいです!」バーン

弓使い「なんだとぉ!」ガクー

傭兵「よし!行こう!医術士!温泉だ!」キラキラ

弓使い「糞緑髪女め……」
88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 23:49:17.91 ID:05LPZUV3o
温泉。

カポーン

傭兵「何故貴様がここに居る」プルン

弓使い「医術士の為だ」プルン

医術士「はわわ、大きな桃が四つ」ペターン

傭兵「医術士こっちに来てもらっても良いか?」

医術士「はーい♡」パシャパシャ

弓使い「医術士!はしたないからタオルで隠しなさい!」

医術士「?」

傭兵「それが良い」ダキッ

医術士「わわっ。どうしたんですか?いきなり抱き付いて」キョトン

弓使い「しまっ!」

傭兵「ははは、気にするな気にするな」サワサワ

医術士「変な所を触らないで下さいよー」ビクッ

弓使い「この!」ガシッ

傭兵「腕を掴むとは……やるな」

弓使い「ふふふ」

医術士「前と後ろに獣さんが居ます……」
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 23:59:42.91 ID:05LPZUV3o
傭兵「こうなれば……ふん!」

医術士「!?」

弓使い「なっ……!」

医術士の股間に……!

傭兵「膝を当てるのさ」ドヤッ

弓使い「くっ」グヌヌ

傭兵「さあどうする!?貧乳の胸を触りたいが、触れない事を悟った私は下に行ったぞ!」

弓使い「くっ……貧乳好きを我慢しての苦肉の策か」ガクッ

傭兵「これから私は医術士の[ピーーー]を[ピーーー]して[ピーーー]するのさ!!」

弓使い「この女……!」
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 00:01:35.91 ID:HB5+d29Oo

「 お い 」

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 00:05:41.47 ID:HB5+d29Oo
傭兵「!」ゾクゥ!!!

弓使い「!」ゾクゾク!!!

医術士「さっきから言わせとけば、好き放題言いやがって……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

弓使い「わ、私は悪く無い!」

医術士「あ?」

弓使い「すいませんでした」

傭兵「あ……あ……あ……」ガクガク

医術士「放せ」

傭兵「あ……ぅぅ」スッ

医術士「よ~し」コキッコキッ

医術士「覚悟は出来ているんだろうな?」ゴゴゴ

ズズズズズ

弓使い・傭兵「ひっ……!!」ビクッ
92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 00:06:17.29 ID:HB5+d29Oo

キャー
94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 09:07:17.09 ID:pvSl7qcKo
翌日、大会。

ワァァァァァァァ

司会者「世界中の猛者が集まった記念すべき第100回大会だああぁぁ!!」

パチパチパチパチ

司会者「優勝候補筆頭!第99回大会優勝者!!弓使いぃぃぃぃ!!!」

ワァァァァァァァァァァァァァキャァァァァァ

弓使い「相変わらずテンションが高いコロシアムだな」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席

医術士「弓使いさん頑張って下さい!!!」キャーキャー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

司会者「そーしーて!何を想い帰って来た!?第98回大会優勝者!!男女!!傭兵だぁぁぁあ!!!!」

ウオオオオオオオオオオキャァァァァァ

オトコオンナァアァァァア

傭兵「後で殺す……!」ヒクッヒクッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席

医術士「傭兵さんファイトー!」ピョンピョン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

司会者「続きましてはーー」

ワァァァァァァァ

弓使い「後で会おう」

傭兵「お前が勝ち上がれたらな」

弓使い「私のセリフだ」フッ
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 09:17:15.20 ID:pvSl7qcKo
30分後、第一回戦、弓使いサイド。

司会者「お待たせしました!!」

司会者「第一回戦は弓使い対雑魚兵だぁ!」

ワァァァァァァァァァァァァァ

司会者「試合開始ぃぃぃぃぃ!!!!!」

ワァァァァァァァワァァァァァァァ

雑魚兵「くっ……くそおおおお!!」ダッ

弓使い「弱い」バキィ

メキメキ

雑魚兵「がっっ!」ドサッ

司会者「勝者!!!!弓使いいぃぃぃ!!」

キャァァァァァ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

司会者B「さあ始めましょう!!」

司会者B「傭兵対ゲスト!!」

司会者B「そのゲストとは……」

ザワザワ

司会者B「なんと……!」

司会者B「我らが世界の王様だあ!!」

ワァァァァァァァキャァァァァァ

傭兵「」
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 16:17:15.94 ID:/E5XjMVgo
王様「ほう、あの時の……」

傭兵「」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

医術士「あっ無理だ」

弓使い「こちら側の観客席に来てみたら、大変な事になっているな」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

傭兵「わ、私は別人デスよ?」

皆の仇を取るのは今しか無い!

……できれば。

王様「とどめを刺し損ねたな、次こそは殺してやろう」

キャァァァァァ

傭兵「」

王様「許してやらない事も無い……が」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

医術士「そんなんだから友達が居ないんですよー!」ブーブー

弓使い「なんという度胸」

医術士「ほら!弓使いさんも!」

弓使い「えっ……え……くたばれー友達0人~」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

王様「何故か無性に腹が立つからやっぱり[ピーーー]」

傭兵「」

司会者「なんと!王様は第85回大会の優勝者だ~!!」

司会者「10歳と言う若さで歴代最年少優勝を果たし!!第95回大会が行われる頃には我らが戦士王すら倒し、世界を統べた偉大なる王だぁぁぁぁ!!!!」

ワァァァァァァァァァァァァァキャァァァァァ

王様「ははは、あの時は運が良かっただけだよ」

司会者「第98回大会優勝の実力者は果たして王様を倒せるのか!?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

医術士「引き立たせ役ってこういう事を言うんですね」フムフム

弓使い「私も実際に見たのは初めてだ」

医術士「噛ませ犬の方が近いかも、です」
100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 16:29:51.90 ID:/E5XjMVgo
司会者「試合」

王様「よし」チャキッ

傭兵「」チャキッ

司会者「開始ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」

傭兵「糞っ!」ザッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

弓使い「以外と冷静だな、王と絶妙な距離を取っている」

医術士「流石ですっ」

弓使い「あの化物の前には無駄だと思うけどな」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

王様「早速距離を取るか。利口だな」

傭兵「ははは」ジリジリ

王様「はっ!」ダダダ

傭兵「!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

弓使い「一瞬で間合いを詰められてしまう」

医術士「ちょっと何言ってるか分かりません」

弓使い「よし、黙れ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

王様「はっ!」ブンッ

ガキィン

傭兵「ぐぐっ!」ギリギリ

王様「……」ギリギリ

王様「私は女を殺した事が無い」ギリギリ

傭兵「なっ!……と言う事は……」ギリギリ

王様「そうだ、普通に手当てをしたら生きていける程度に留めた」ギリギリ

傭兵「本当か?」ギリギリ

王様「私は嘘を吐かない」ギリギリ

傭兵「貴様ァ!どこまで私を侮辱するつもりだぁ!!??」ドゴッ

王様「くっ」バッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

弓使い「良い蹴りだな」

医術士「痛そうです~」ゾクッ
101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:21:49.65 ID:JZP91B85o
傭兵「はぁぁ!!」ブンッ

ガキィィィィン

王様「ぐっ」ギリギリ

傭兵「ふーっ!ふーっ!」ギリギリ

王様「落ち着け」バン

キャンッ

傭兵「!?」

しまっ……!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

弓使い「振り払われた……不味いっ!」

医術士「……」スゥー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

王様「さあ、トドメだ」

「王様~~~~~!!!!!!!!!」

傭兵「なっ……!」

王様「医術士か」

「傭兵さんを殺さないでもくださーいー!!!!!!!」

王様「!!!」

王様「……」スッ

王様「降参だ」

傭兵「っ!」

司会者「しょ、勝者!!!!!!!傭兵いいぃぃぃぃ!!!!」
102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:28:47.81 ID:JZP91B85o
ワァァァァァァァ

王様「運がよかったな」スタスタ

傭兵「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数時間後、夜、宿屋。

弓使い「なんとか私と傭兵も準決勝に駒を進める事が出来たな」

医術士「おめでとうございまーす♡」

弓使い「明日は準決勝と決勝に備えて早く寝るか」

傭兵「……」

医術士「傭兵さんどうしたんですか~?」

弓使い「放っといてやれ」

医術士「?」

医術士「明日も頑張って下さいね」ナデナデ

傭兵「……」クシャクシャ
103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 16:14:58.69 ID:GZ8/015No
傭兵「……」クシャクシャ

医術士「ふふっ」ナデナデ

傭兵「……」クシャクシャ

医術士「……」ナデナデ

傭兵「もう大丈夫だ」

医術士「!」ピタッ

傭兵「明日は勝ってやるさ」フフフッ

医術士「傭兵さん……!」パァァァァ

医術士「今日は傭兵さんの為に私が料理を作ってあげます!」

傭兵「医術士……!」

弓使い「おっ、医術士の料理を食べるのは初めてだな」

医術士「傭兵さんの分しか作りませーん!」フフン

弓使い「なら私は外で食べてくるさっ!」フンッ

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 16:24:01.39 ID:GZ8/015No
翌日、大会

司会者「えー、傭兵対僧兵を始めます」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

王様「まあ、優勝は弓使いか傭兵だろうな」

医術士「いつの間に」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

傭兵「……」チャキッ

僧兵「名高い傭兵殿……いざ……!」

傭兵「ふっ」

傭兵「ちょっと待ってくれ」

僧兵「む?」

傭兵「……よし。大丈夫」

僧兵「??」

傭兵「そろそろ始めよう」

やっっっっっべえ……お腹痛い……
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 19:38:41.55 ID:gaWiMo6mo
ズッキューン!!!

傭兵「!」

僧兵「む?火薬の音か?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

王様「なんだ?あの音は」

医術士「物騒ですねー」ブルッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

傭兵「……」

僧兵「どうした?屈んでるが……」

傭兵「準備……たぃそぅだ」

僧兵「声が準備体育する人間のソレでは無いぞ」

傭兵「ははは」

ちょっと……何?ズッキューンって!腹が爆発したと思ったぞ!

あの音からお腹がやばいやばい、ちょっと耐えられない。

司会者「試合開始ぃぃぃぃぃ!!」

傭兵「!」

ちょっと待ってくれ!

僧兵「ハッ!」ダッ

傭兵「糞!」チャキッ
106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 20:24:34.67 ID:O2lGQBfio
観客席。

王様「傭兵の様子がおかしいな」

医術士「そうですかー?」キョトン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

傭兵「はぁ!」ブンッ

僧兵「ぐっ!」サッ

傭兵「よし!」ブンッ

僧兵「ぐぅ!」プス

僧兵「くっ!」ザッ

傭兵「行くぞ!」ダダッ

ズッキューン

傭兵「!」

耐えろ!

傭兵「うおぉ!」グググッ

ズッキューン

ズッキューン

傭兵「」

傭兵「はぁ!」ブンッ

ズッキューン

傭兵「ぐっ!」ブンッ

僧兵「くっ!」ザッ!

僧兵「しまっ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

王様「後ろは壁」

王様「勝負あり。だな」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

傭兵サイド。

ドサッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

王様「えっ?」

医術士「えっ?」
109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 00:14:38.27 ID:sK435LPFo
傭兵サイド。

傭兵「」ピクッピクッ

医術士の料理は二度と食べ無い事にしよう。

意識がーーー

司会者「突然傭兵さんが倒れたぞおおおおお!!!!」

僧兵「えっ?えっ?えっ?」

司会者「勝者ぁぁぁぁぁぁ!!!!僧兵いぃぃぃ!!!」

ワーワーワー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

観客席。

王様「これで興行収入が取れるらしい」

医術士「何言ってるか分からないけど、とても残念な事になっている事が分かりました」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4時間後。

司会者「優勝は弓使いだぁぁぁぁぁ!!!」

司会者「弓使いさん、史上初の大会連覇についてコメントを」

弓使い「取るに足らない物だったな」

司会者「大物だぁぁぁ!!!」

ワーワーワーキャーキャーキャーキャー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後、面会室。

医術士「緊張しますね~」ドキドキ

弓使い「あれ?傭兵は?」

医術士「知らないんですか?食中毒で病院で寝込んでますよー」

弓使い「!」ゾクッ

弓使い「治してやらないのか?」

もしかしてお前のせい……

医術士「人の手で治せるので放置しました」エッヘン

弓使い「ああ、そうだったな」

コッコッコッ

弓使い「来るぞ……失礼の無いように」

医術士「はいっ」

コッコッコッ

弓使い「……」

コッコッコッ

医術士「……」

ガチャ

戦士王「優勝おめでとう、弓使い」

戦士王「大会連覇をした君の偉業を称えよう」
110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 09:07:57.81 ID:YKAXXXgbo
弓使い「お褒めにいただき誠に光栄です」

戦士王「これからの健闘を願う」

医術士「……」

戦士王「この少女は……?」

弓使い「ああ、妹です。戦士王の病を治しに来ました」

医術士「こんにちはー」ペコッ

戦士王「!」ガタッ

戦士王「何故分かる……?」

医術士「えーっと」

医術士「とても辛そうな顔をしていたからですねっ!」ニコー

戦士王「そうか、でも……手遅れでは無いのか?」

戦士王「疫病にかかってしまい、医者もお手上げな状況だ」

戦士王「そこらの医者には治せない」

医術士「私は医者ではありません!医術士です!」

戦士王「!」

戦士王「噂に聞いてはいたが、本当に居たとは」

医術士「今から治しますよ」

戦士王「なんと」

医術士「……」キイイイイイイン

シュイン

戦士王「なっ」

戦士王「身体が治った……!」

弓使い「これにて一件落着だな」

戦士王「いつ死ぬかも分からない状況だった」

戦士王「ありがとう。医術士」

医術士「えへへっ」テレテレ
111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 09:15:56.87 ID:YKAXXXgbo
翌日、戦士の街の前。

戦士王「ありがとうー!」

雑兵A「ありがとうー!」

雑兵B「ありがとうー!」

医術士「さようならー!」フリフリ

弓使い「さあ、行くぞ」スタスタ

傭兵「お腹の調子も良い」スタスタ

医術士「待って下さいよー!」タッタッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

医術士「戦士王……」

弓使い「どうした?」

医術士「とても臭かったです」

傭兵「私の言う通りだろ?」

弓使い「まあ、否定はできない」
113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 20:49:29.49 ID:TtxVaLVUo
一日後、旅路。

医術士「今はどこに向かっているんですか?」

弓使い「西だ」

傭兵「西となると……疫病が大変になっていくな」

医術士「患者さんが一杯なんですねー」ホエー

弓使い「私もできる限り手伝うぞ」

傭兵「暴漢が現れたら任せろ」

医術士「二人とも……!」パァァァ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日後、経済の村。

村人A「ゴホッゴホッ」

医術士「大丈夫ですかー?」

村人A「大丈夫そうに見えるか?この村は数日もしたら壊滅だよ」

医術士「私は医術士です、疫病にかかった人を集めて下さい。全員治します」
114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 21:05:51.25 ID:TtxVaLVUo
ザワザワ

医術士「ひどい……」

弓使い「なんと……」

傭兵「疫病……ここまでとはな」

ザワザワ

弓使い「全員が疫病にかかった、末期患者とはな」

医術士「早く治さないと……!」キイイイイイイン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

医術士「これで……終わりです!」

シュイン

弓使い「完璧だな」

傭兵「相変わらずの力だ」

チュチュチュドーン

医術士「!?」

弓使い「あの独特な火薬の音は……」

傭兵「反乱軍だな、厄介な」

弓使い「どうする?」

傭兵「私が話をつける」

医術士「……」

弓使い「私も行こう」

傭兵「大丈夫。私が話をつけなければいけないんだ」

弓使い「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村の前。

傭兵「奇遇だな」

100人程度か……それに少数精鋭か。

ザワザワ

?「元気だったか?」

傭兵「死にかけたけど、大丈夫」

傭兵「故郷は?」

?「王に占領されたよ、同志もこれで全員だ」

傭兵「精鋭だけが生き残ったのか」

?「ああ、残念ながら」
115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 21:17:51.19 ID:TtxVaLVUo
?「こんな所で会うとはな」

傭兵「故郷が潰されたのなら、どうする?」

傭兵「この前の最大戦力が潰されたから、諦めたと思ったけど」

傭兵「もう、軍ですらない」

?「とりあえずこの村を潰す」

?「それから考える」

傭兵「父上……もうこんな事はやめましょう」

傭兵「私は目の前で同志が全員死ぬ所を目の当たりし、私だけが幸せを堪能しています」

傭兵「一人の少女の為に生きると決めた」

傭兵「まだ間に合いーー」

キィン

傭兵「!!!」ギリギリ

傭兵父「ゴタゴタと抜かすな。妻の仇を取る事は忘れたのか!?」

傭兵「母上は死ぬ間際にやめろと言っていたじゃないですか!!」

傭兵父「仇を!!仇を取らねば気が済まぬのだ!!」

傭兵「だらだらと同志を見殺しにする!!それが王であった者の答えか!?」

傭兵父「話にならないな、殲滅するぞ」

オオオオオ

傭兵「お待ちください」

傭兵父「?」

傭兵「場所をかえましょう。皆に気付かれてしまう」

傭兵父「ずいぶんと余裕だな」

傭兵「勘違いしないでください」

傭兵「皆殺しを気付かれたくないだけです」
116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 21:28:27.86 ID:TtxVaLVUo
4時間後、経済の村、出口。

医術士「傭兵さん遅いですねぇ」

弓使い「夕飯も食べてしまったな」

医術士「どうしましょう」

弓使い「!」スクッ

医術士「どうしましたかー?」

弓使い「血の臭い……」

傭兵「……」ザッザッ

ポタッポタッ

弓使い「全身血だらけ……!!」ダッ!!

傭兵「ぅ……ごめんなさい……ごめんなさい……ちちぅぇぇ……」フラッ

ガシッ

弓使い「傭兵!!大丈夫か!?」

弓使い「不味い……今生きているのも不思議な状態だ……!」

医術士「傭兵さん!」キィィィィン

弓使い「大丈夫なのか……?」

医術士「うぅぅ」キィィィィン

弓使い「少しずつ治ってる……」

死んでさえいなければ……医術士の力があれば!

医術士「傭兵さん!しっかりしてください!」キィィィィン
117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 00:41:05.52 ID:HZSK4ey0o
一時間後。

傭兵「……」ボー

弓使い「治った!」

医術士「良かった……良かった」ポロポロ

傭兵「ああ」

弓使い「ったく……」

傭兵「私は……父上を……同志を……」

傭兵「皆……皆……殺したぁぁぁっ!」ポロポロ

医術士「……」

弓使い「先程の反乱軍は……なるほど」

弓使い「傭兵は元はお姫様だったのか」

医術士「……」

弓使い「あの傷も頷ける」

医術士「っっ!」

パシーン

傭兵「ッッ!」ジンジン

医術士「どうして……!どうして……!黙っていたんですか!?」

医術士「一言でも相談してください!下手したら死んでいたじゃないですか!」

傭兵「だけど……だけど……」

ギュッ

医術士「もう勝手な事はしないでください」ギューッ

傭兵「ぅぅぅ……ぇえ」ポロポロ

そうか……私は医術士と母上を重ねていたのか。
118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 09:01:20.19 ID:HZSK4ey0o
翌日。

チュンチュン

医術士「んー……良い天気です」

弓使い「次は北にでも行こう」

医術士「これ以上西へは行かないんですか?」

弓使い「ここから更に西は特に何も無い」

弓使い「一番西にある村はここぐらいだ」

医術士「北には何があるんですかー?」

「都会」

傭兵「都会がある、とても良い街が沢山ある」

医術士「良いですねー!行きましょう!!」

弓使い「ああ、行こう」

傭兵「どこまでも着いて行くよ」

弓使い「それに」

北は疫病が更に……

医術士「東奔西走です!」エヘヘ
120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 09:15:00.90 ID:HZSK4ey0o
一時間後、街道。

医術士「整備された道ですね~」

弓使い「あと5日はかかるな」

傭兵「今日はここで休むか」

弓使い「まだ早い。行くぞ」

医術士「弓使いさんのケチー!」ブーブー

傭兵「ケチー!」ブーブー

弓使い「うるさい。行くぞ」スタスタ

医術士「はーい」スタスタ

傭兵「ちっ」スタスタ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜、テント。

医術士「テント持ってたんですね……」

弓使い「経済の村で買った」

傭兵「便利だな」

医術士「あの……」

弓使い「?」

傭兵「どうした?」

医術士「戦士王が臭いのって、私の力で治せるんでしょうか?」

弓使い「私は無理だと思う」

傭兵「同じく」

医術士「可哀想」
122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 12:00:16.68 ID:+n9YkyCfo
5日後、学問の街。

医術士「学問の街ですよー!」

弓使い「お前の故郷とは正反対である事は分かるよな?」

傭兵「余計な発言はするなよ?」

弓使い「良いな?何があっても黙るんだ」

医術士「ひどい」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10分後。

医術士「さっきから誰も家から出て来ませんね……」

弓使い「やはりこの村にも疫病が……」

傭兵「捜索してみよう」

弓使い「一人一人の家を訪ねて行こう」
123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 16:48:11.23 ID:+n9YkyCfo
民家前。

弓使い「すいません」コンコン

シーン

医術士「んー居ませんねー」

傭兵「嫌な匂いがする」クンクン

弓使い「開けてみるか」ガチャ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民家内。

弓使い「誰も居ないな……」

傭兵「変だな」

弓使い「なんだ、ベッドで寝てるじゃないか」

傭兵「……?」

医術士「死んでます。その人」

弓使い「えっ……?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三十分後。

弓使い「私達で全ての民家を訪ねた結果。この街の人間は全員死んでいる」

弓使い「それで良いな?」

傭兵「間違いない」

医術士「もう少しでも調べてみませんか?」フルフル

弓使い「医術士、気持ちは分かるけど……」

医術士「私もう少し探してみます……!」ダッ

弓使い「あ…….!」

傭兵「行ってしまったな」

弓使い「人を助ける事があいつの仕事だ。仕方ないな」
124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 16:53:28.68 ID:+n9YkyCfo
広場。

医術士「誰か居ませんかー?」

医術士「居たら出て来て下さーい」キョロキョロ

医術士「誰かー!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

市場。

医術士「誰か居ませんかー?」キョロキョロ

医術士「ううぅ」

医術士「助けに来ましたー!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

外れ。

医術士「あっ……」

?「……」

?「皆……死んだ」ポロポロ

医術士「あのー?」

?「えっ……?」ヒック

医術士「一緒にご飯を食べましょう!」ナデナデ
126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 00:50:47.19 ID:2GvkKb9Wo
?「……」パクパク

医術士「食べる量が少ないですねー」パクパク

?「今まで……何も食べて無かったから……」パクパク

弓使い「ゆっくり、良く噛んで食べるんだ。かき込むと死ぬぞ」

傭兵「生存者は一人……一人居ただけでも幸いか」

医術士「生きてる子が居て良かったです」エヘヘ

弓使い「旅に同行させる……しか無いな」

傭兵「この子の身体は大丈夫なのか?」

医術士「弱っている以外は奇跡的に何もありません!」

傭兵「なら良かった」ホッ

?「俺だけ……俺だけ……」パクパク
127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:04:46.87 ID:2GvkKb9Wo
医術士「私達の旅に着いて行ってもらうけど、大丈夫かな?」

?「えっ……ここに居たい」フルフル

弓使い「ここに居てものたれ死ぬだけだ」

傭兵「本当にそれで良いのか?」

?「うん、疫病でお父さんとお母さんが死んだから、お迎えが来るのを待たないと」

弓使い「お迎え……?」ガタッ

?「そうだよ。天国へのお迎え」

?「いつかは来る筈だから」

弓使い「っッ!」

都会に負けずと劣らぬ規模のこの街の人間を簡単に死滅させる程の威力を持つ疫病。

この子が疫病による被害の象徴だ。

傭兵「目が死んでいる……可哀想に」

医術士「ねえ、辛い?」

?「うん」
128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:20:54.02 ID:2GvkKb9Wo
医術士「名前は?」

少年「少年」

医術士「年齢は?」

少年「15歳」

医術士「そっか……私と同い年だね」

傭兵「もっと若く見えた」

弓使い「同じく」

医術士「好きな人は居る?」

少年「遠い所に許嫁が居るらしいけど、別に好きじゃない」

医術士「あはは、私もそうだよ」

医術士「私には好きな人が居るよ」

医術士「とっても強くて頼りになる人が」

少年「?」

医術士「死ぬにはまだ早いんじゃないのかな?」

医術士「この世の全ては素晴らしいから」

医術士「私はこの世界の世界が大好きなの!」

医術士「だから、もう少し頑張ろう?」

少年「眩しい……」ポロポロ

弓使い「もう少し頑張ってみろ、私が支えてやる」

少年「うん……うん……」ポロポロ
129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 09:30:24.53 ID:2GvkKb9Wo
傭兵「……」

少年の心を開く事は出来た。

だが。

本当に病んでいる人間に医術士の言葉は届くのか?

疫病を患う事を好都合と思う空虚な人間には医術士の言葉は届くのか?

心と身体を病んでいる人間に医術士の言葉は届くのか……どうか……

傭兵「少年が心を開いただけ良しとするか」ボソッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日後、朝、街の前。

弓使い「必要な荷物は持ったか?」

少年「うん」

傭兵「油は撒いたぞ」

医術士「本当に良いんですか?」

弓使い「疫病の菌を殺す為と、死んだ人を供養する為だ」

弓使い「一人一人供養する事が出来ない私達にはこれが精一杯だ」

傭兵「大丈夫か?少年」

弓使い「火を灯すのはお前の役割だ。少年」

少年「大丈夫……」チッチッチッ

少年「……」チッチッチッチッチッ

少年「マッチが……」チッチッチッ

弓使い「仕方ないな」スッ

少年「……」チッ

ボウ

弓使い「手を添えてやるのもここまでだ。後はお前次第だ」サッ

少年「皆……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「母さん、学校でまた一番を取ったよ」

「少年は頭がいいわね」

「母さん、今日は少年にごちそうを作ってあげよう」

「やったー!」

「おっ少年!!母さんによろしく言っといてくれ!今度新鮮な野菜を送るぞ!」

「少年ーあーそーぼ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少年「ーーさようなら」ヒュッ

ボオオオオオゴオオオオオオオ

パチパチパチパチ

少年「……」ポロポロ
130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 10:57:27.36 ID:qVYxknTYo
一時間後。

街道。

医術士「はうー」テクテク

弓使い「疲れたか?なら死ね」テクテク

医術士「まだ何も言ってませんよ!」ガビーン

少年「ふぅ」テクテク

傭兵「む?」

傭兵「覚えの無い傷が腕にあるな」

弓使い「なんだ、かすり傷程度じゃないか」

医術士「傭兵さんなら大丈夫ですよー!」

傭兵「そうだな、この程度はなんとも無いな」
131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:06:29.81 ID:qVYxknTYo
医術士「一応包帯を巻きましょう!」

スルスル

医術士「出来ましたー」

傭兵「ありがとう」ナデナデ

医術士「えへへー」デレデレ

弓使い「早く行くぞ」

少年「どこへ……?」

弓使い「北だ」

少年「北……」

弓使い「綺麗な街が沢山あるぞ」ハハ

医術士「村はもう無いんですかー?」

弓使い「無い。北は発展しているからな」
132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:12:57.93 ID:qVYxknTYo
一日後、街道。

傭兵「それにしても」

傭兵「少年は女みたいだな」

少年「どこが……?」

医術士「全部ですよー」

少年「??」

弓使い「顔立ちとかは最早、女だろう」

少年「!」ガーン

弓使い「変わり者ばかりだな」

医術士「えっ?」

弓使い「一番はお前だよ」

医術士「え?」

傭兵「もう黙ろう?な?」

医術士「うわーん!」ピエーン
133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 16:14:32.86 ID:xaHRlj8do
一日後、街道。

医術士「あとどれくらいかかりますか?」

弓使い「まだまだかかる」

医術士「はうー」キュー

少年「疲れた」

傭兵「いい度胸だな」

弓使い「はぁ……ここで休憩をするか」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

弓使い「ん?少年は?」

医術士「水を浴びに行ってますよー!」

傭兵「水浴びる所……あったか?」

医術士「奥に池がありました」

傭兵「医術士は浴びないのか?」

医術士「私は大丈夫ですっ」

傭兵「そうか……」シュン

弓使い「傭兵、何故残念そうにする?」チャキ

傭兵「私が悪かった。弓を下げてくれ」

弓使い「たくっ……」スクッ

傭兵「?どこに行く?」

弓使い「少年の所だ」スタスタ
134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 16:21:23.96 ID:xaHRlj8do
池。

少年「ふぅ……」パシャーン

少年「疲れた……」パシャーン

弓使い「ずいぶんとお気楽だな」

少年「!」バシャーン!!

少年「どどど、どうしてここに」ブクブク

弓使い「様子を見に来ただけだ」スルッ

少年「!」ビクッ

少年「どどどど、どうして服を……脱いで」

弓使い「水を浴びる為に決まってるだろう?」スルスル

少年「……」

少年「先に出る」キュピーン

弓使い「駄目だ」キュピーン

少年「!?」ガーン
137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:27:00.33 ID:U/+lnV4ro
少年「……///」ドキドキ

弓使い「……」

少年「……///」ドキドキ

弓使い「どうした?固まって」

少年「俺……戻ります」バシャン

弓使い「前を隠せ、前を」

少年「あっ……」サッ

弓使い「冗談が過ぎたな。私は水を浴びているから遅れると言っておいてくれ」パサッ

少年「……」スルスル

少年「……」タッタッタッ

弓使い「ふぅ……」チャプ
138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:40:09.36 ID:U/+lnV4ro
一時間後。

弓使い「さあ行くぞ」

少年「うん」コクッ

医術士「出発進行でーす!」

傭兵「行くぞ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日後、僧侶の街。

医術士「わー!協会ばかりです」

弓使い「一人一人の家が協会と言う話は本当だったのか」

傭兵「観光客が多いだけはあるな」

少年「……」キョロキョロ

医術士「こんにちはー!」

僧侶A「やあこんにちは」

医術士「人が少ないですねー」キョロキョロ

僧侶A「皆は悪魔と戦っているからね、大変なんだ」

医術士「悪魔……?」キョトン

弓使い「疫病の事だ」ボソッ

医術士「!」

医術士「良ければ、一人一人見させてもらっても大丈夫ですか?」

僧侶A「……」

僧侶A「戦いの邪魔だけはしないように」
140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:39:42.81 ID:dxq/5BHlo
大聖堂。

「ううう、ぁぁあ」

「悪魔!悪魔!消えされぇ!」ビクン

「ゴホッゴホッ」

「カハッカハッ」

「悪魔め……悪魔め……」

医術士「早く治さなきゃ……」

弓使い「血が酷いな、腐乱臭も凄い」

傭兵「早くしなければ様々な弊害を起こしてしまうぞ」

少年「うっ……」

僧侶A「何を考えている?」

弓使い「馬鹿は黙ってろ」

トンッ

僧侶A「うっ……」フラッ

ドサッ

弓使い「医術士!早く行け!」
141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:48:41.33 ID:LD4bL20po
医術士「大丈夫ですかー?」スッ

「うぅぅ……あっ……」ピクッ

医術士「今助けますよー」キィィィィン

シュイン

「えっ……悪魔が消えた?」

医術士「これで大丈夫ですっ」ニコッ

医術士「さぁー!じゃんじゃん治していきますよー!」

少年「凄い」

弓使い「これが医術士だ、凄いだろう?」

少年「うん」コクッ

傭兵「私も医術士には何度も助けられている。命の恩人って奴だな」ニコッ

キィィィィン

シュイン

「おおっ!」

医術士「まだまだいきますよ!」
142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 18:42:49.36 ID:LD4bL20po
二時間後。

医術士「疲れましたー」キュウゥゥ

傭兵「よしよし」ナデナデ

弓使い「全員治すとはな、驚かされたぞ」

少年「唖然」

「治った……」

ザワザワ

僧侶A「なっ何が……」ムクッ

「僧侶A!医術士様が悪魔を倒してくれたぞ!!」

僧侶A「なっ……なんと」

「天使だ……」

僧侶A「天使様だ!!」

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 20:51:20.71 ID:9vilZsgzo
天使(アホ)
146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 08:56:07.36 ID:0RGWEaNBo
「天使様!」

「天使様!」

医術士「誰の事ですかー?」キョトン

弓使い「お前」

医術士「ええー!?本当ですかー!?」

傭兵「天使様だぞ」

医術士「ふふふ……」

医術士「ははははー!」

医術士「私が天使様ですよー!」

「おお!」

「天使様!」

僧侶A「神の使いだ!」

「神に感謝をせねば!」

医術士「えっへん!」フンス
147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 09:03:15.31 ID:0RGWEaNBo
医術士「私の事は尊師と呼んでください!」

弓使い「それは多分ダメだ馬鹿」スパーン

医術士「頭叩かないでください~」ウルウル

傭兵「尊師、医術……」

弓使い「やめろ」スパーン

医術士「もう疲れました……寝ます」

ドサッ

傭兵「おっと」ガシッ

弓使い「寝かせてやるか」

少年「……」
148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 09:10:21.29 ID:0RGWEaNBo
翌日。

医術士「さようならー!」

「天使様!ありがとうございます!」

僧侶A「天使様!ありがとうございます!」

医術士「さようなら~♡」フリフリ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後。

医術士「次はどの方角に?」

弓使い「そろそろ東だ」

医術士「やっと東ですかー!?」パァァァ

弓使い「と言っても、少しだぞ」

医術士「分かってますよー♡」

傭兵「何故はしゃいでる?」

弓使い「故郷が近いからだろ」

少年「変……」
152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 09:15:54.50 ID:xOqEXJ7po
一日後、朝、弓使いの集落。

医術士「わー♡森の奥深くに綺麗な集落がありますよー!」

傭兵「村人の髪が黒い……?」

弓使い「ただいま」

老人「やあ、おかえり」

傭兵「ああ……なるほど、黒髪の一族はまだ残っていたんだな」

弓使い「そういう事だ、残るは私と老人だけだがな」

傭兵「優秀な一族が……勿体無い」

弓使い「代々弱い一族だからな、強いのは私ぐらいだ」

少年「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

墓。

弓使い「妹……お母さん……お父さん……ただいま」

傭兵「……」

弓使い「傭兵。私の父と母は反乱軍に殺されたんだ」

傭兵「!」

弓使い「驚かせてすまない。厳密に言うと王国へのクーデターの方だ」

傭兵「……」

弓使い「ははは、悪かった」

弓使い「妹は……疫病でも怪我でも病でも無い何かに殺された」

傭兵「それを突き止める為に旅をしているのか……」

弓使い「ふふっ、そういう事だ」
153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 10:48:31.16 ID:BB/GkFbdo
田んぼ前。

医術士「言い辛いですけど……老人さんは今日で……」

弓使い「分かった、悪いけど傭兵の所に行ってくれ」

医術士「はい」ペコッ

タッタッタッ

老人「ふむ、やはり天寿が来たか」

弓使い「本当に今日だったのか」

老人「前々から予想はしていたが……今日になるとは……弓使いが折角帰郷してくれた時に限って……皮肉な」

弓使い「……」

老人「……」

老人「旅はまだ続けるのか?」

弓使い「ああ、その前に供養するから安心してくれ」

老人「ふふっ、息子と妻と孫達家族は亡くなってしまったが」フラッ

弓使い「!」

老人「私は誰よりも一族に恵まれている」ガクッ

弓使い「ぁーー」

老人「ーー素晴らしい一族に生まれて良かったよ」

ドサッ
154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 18:34:21.64 ID:fkpOndXNo
夜、墓。

傭兵「まだ座り込むつもりか?」

弓使い「まだ一人にしてくれ」

傭兵「……朝までには戻って来い」ザッ

弓使い「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ははは、凄い弓の腕前だなぁ」

「おとうさんよりじょうずになったよ!」

「これが天才か、きっと弓使いは凄い事を達成するよ」

「すごいこと?」

「きっと世界を救うような……」

「あはは!おもしろーい!」

「その前におにぎりでも食べて大きくなりなさい」スッ

「わーい!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弓使い「懐かしい」フッ

弓使い「もう、黒髪の一族は私だけか……」

弓使い「ははは……」

弓使い「一人でもなんとかなる」

弓使い「辛くなんてない」

少年「……」

弓使い「どうした少年?今は一人にっ……!」

ボフッ

少年「……」ナデナデ

弓使い「っっ……!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「おっ……何処に行くんだ?」

「少し旅に出てくる」

「そうか」

「いつ頃帰ってくる?」

「○○日後だ」

「そうか、ご馳走を作って待ってるよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少年「はい」スッ

弓使い「これはおにぎり?」

少年「老人さんの家にあった」

弓使い「……」パクッ

ポロポロ

少年「……」ナデナデ

弓使い「ちょっと……塩が強すぎるな」パクッ

弓使い「ーーうぅぅ……!うっ……!ぐすっ……ひっく……!……うぁぁっ……」ポロポロ
155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 18:47:08.73 ID:fkpOndXNo
外伝、10日前。

老人「ふーっ……」

老人「ゴホッ」ビチャ……

老人「はーはー……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9日前。

老人「……」ドサッ

老人「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8日前

老人「ゲホッゲホッ」

老人「おえっ」

ビチャビチャ……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7日前。

老人「ゴホッゴホッゴホッゴホッ」

老人「はーはぁー」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6日前。

老人「耐えろ……耐えろ」

老人「耐えろ……」

ポタッポタッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5日前。

老人「……」

156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 18:48:18.61 ID:fkpOndXNo

4日前。

老人「かはっ!かはっ!」ビチャビチャ

ドポッ

老人「ぅぅ……」ドサッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3日前。

老人「うゔゔ……」ポタッポタッ

ポタッポタッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2日前。

老人「あと……少し……」

ビチャビチャ

老人「ゴホッ」ピチャ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1日前。

老人「があぁ!」ポタッポタッ

老人「ふー!ふー!」ギラギラ

老人「カハッカハッ」ビチャビチャ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日、早朝。

老人「清々しい朝だ」

老人「おっと」フラッ

老人「弓使いを迎えてあげないと」ガシッ

老人「ふふっ」

老人「そうだ、何か作ってあげよう」

老人「と言っても、簡単な物以外作れないが」

老人「ははは」
158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 00:07:20.50 ID:5Zx7wzMxo
翌日、弓使いの集落。

弓使い「……」

傭兵「この集落はどうする?」

弓使い「そのままにしておくよ、それが良い」

少年「だね」

弓使い「私がいつ帰って来ても良いように……」

医術士「行きましょう」

ザッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日後、街道。

医術士「次はどの街に行くんですかー?」

弓使い「賭博の街だ」

傭兵「今は賭博禁止だけどな」

医術士「賭博禁止なのに、賭博の街?」フエッ

傭兵「様するに、何も無いって事だ」

弓使い「王様の改革が失敗した街の一つだな」

傭兵「そう言えば元賭博王国だったな」

弓使い「賭博王が居るな」

傭兵「多分壊れてるだろ」

弓使い「そうだな、絶対壊れてる」

医術士「壊れてる!?」

弓使い「賭博と国が無かったら賭博王は壊れるに決まっているって話だ」

傭兵「ジャンキーだな、色々と破綻している」

弓使い「治してやってくれ、医術士」

医術士「かしこまりましたー!」

傭兵「……」ポタッポタッ

医術士の本領が試される時が来た。
159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 00:17:00.88 ID:5Zx7wzMxo
一日後、賭博の街。

弓使い「ここが賭博の街だ」

医術士「見事に何も無いですね」

傭兵「馬鹿を言うな、貧民街があるだろう」

弓使い「先に貧民街の人間を治そう」

医術士「貧民街の人は体が悪いんですか?」

弓使い「当然だ、環境が悪い」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貧民街。

貧民A「ああ……やっと死ねる」

医術士「今治しますねー♡」キィィィン

シュイン

貧民A「えっ……え?」

貧民A「治ったら……明日からどうしたら……」

医術士「疫病の人が多いですね」

貧民B「やめてくれ、治さないでくれ」

医術士「治さないと死んでしまいますよ?」

貧民B「それで良いんだ……明日に希望は無い……それに疫病は楽に死ねるんだ」

医術士「死ぬよりは生きた方がマシです」キィィィン

シュイン

貧民「あっ……ああ……」
160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 00:29:13.42 ID:5Zx7wzMxo
一時間後、賭博の街、広場。

医術士「全員治せましたねー♡」

弓使い「……」

傭兵「……」ポタッポタッ

少年「あれで良かった……?」

医術士「死ぬよりはマシです!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後、賭博の街、民家。

村人A「ダメだ」

医術士「だけどっ!」

村人A「俺は治りたく無い、楽に死にたいんだ」

医術士「駄目です。治します」キィィィン

村人A「何故だ!?妻と子の元へ行かせてくれ!」

村人A「生きてたって何も……」

シュイン

村人A「あ……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後、王の間。

賭博王の嫁「貴方が有名な医術士さん……」

医術士「呼び捨てで大丈夫ですよー♡」

医術士「さて……!」

医術士「治しまーす!」

賭博王「……」ジー

医術士「疫病になった人に稀に現れる症状ですね……」

傭兵「虚ろな目だな」ポタッ

傭兵「……!」キュッ

医術士「早く治しましょう」キィィィン

シュイン
161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 00:57:32.05 ID:5Zx7wzMxo
賭博王「あっ……あ……」

賭博王「治った……」

賭博王「様々な魔法使いや僧侶達を見たが……」

賭博王「こんな力を持った人間が居るとは……」

賭博王「ふざけるな、これ以上苦しめと言うのか、もう嫌だ、もう税は払いたくない……あんな理不尽な税は……」

医術士「?」

傭兵「行くぞ」

医術士「えっ?えっ?」

賭博王「ふざっ……ふざけるなぁぁ」ポロポロ

医術士「何故?どうして?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日、街道。

弓使い「次の街で最後だな、ある程度回る事が出来た」

弓使い「次は、秘境村だ」

医術士「とても良い響ですね!」

傭兵「そうだな」ニコッ

ポタッ
163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 09:11:56.28 ID:b4Ke/9/Qo
翌日、鉄鋼の村。

カーンカーン

医術士「弓使いさーん、秘境村は何処に行ったんですかー?」

カーンカーン

弓使い「すまない、途中にある村を忘れていた」

カーンカーン

傭兵「鉄鋼の村……初めて聞くな」

弓使い「この辺りは辺境だからな、どんな村があっても不思議では無い」

村人A「やぁ、いらっしゃい。ここは鉄鋼の村だよ、鉄鋼を常に生産しているよ」

弓使い「体が悪い人間は居るか?」

村人A「え?どうして?」

弓使い「医術士が居るからだ」

村人A「!」

少年「……」

村人A「分かった、紹介するよ」
164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 13:59:40.09 ID:+e95D/IFo
民家。

少女「ケホッケホッ」

医術士「症状が重いですねー」

弓使い「疫病は凄まじいな」

傭兵「全くだ、あらゆる所で猛威をふるっている」キュッ

傭兵「……」ポタッ

医術士「さぁて!治しましょう」

少女「や……やだ」

医術士「まだ人生はこれからですよ?」

少女「友達も居ないし……お母さんも居ないし……お父さんも……居ない」

少女「死なせて……」

少女「ケホッ」ピチャ

医術士「きっと明日は素晴らしいですよ?」ギュッ

少女「明日なんてどうせ……」

医術士「私を信じて少しだけでも生きてみませんか?」

少女「やだ、もうやだ……」

医術士「大丈夫です、ね?」キィィィン

シュイン
166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:05:38.00 ID:xQT0VL3Ho
翌日、普通の道。

医術士「風が気持ちいいですねーっ」

少年「……」

傭兵「山も多くなって来た」

弓使い「自然も増えたな」

医術士「なんだか楽しくなってきましたー!」

弓使い「まだ街道が整備されていないこの辺りは景色も綺麗だな」

傭兵「秘境村は更に奥だろう?」ポタッ

弓使い「そうだな、もう少しかかる」

医術士「次着いたのは、黄金村とかだったら私嫌ですよぉ……」

弓使い「うっ」ギクッ

傭兵「おいおい、医術士。もしかしたら銀山村かも知れないだろう?」

弓使い「うっ」ギクッギクッ

医術士「それは嫌ですねー」ニヤニヤ

傭兵「そうだな、一人のミスが皆に響かないようにしないとな」ニタニタ

弓使い「ひどい」

医術士「///」

弓使い「何処に照れる要素があるんだ、何処に」
167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:19:05.37 ID:xQT0VL3Ho
一時間後。

医術士「巨乳黒髪ポニークール可愛い弓使いさん!!!!!!!!!!!!!!!」

弓使い「おい、やめろ」

傭兵「巨乳黒髪ポニークール可愛い弓使いさん!!!!!!!!!!!!!!!」

弓使い「殺す」

少年「巨乳黒髪ポニークール可愛い弓使いさん」

弓使い「one more time」

傭兵「おい」

医術士「それは危ないです」
168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:19:06.28 ID:IsieMlDqo
夜、原っぱ。

医術士「わー!星が綺麗ですねー☆」

傭兵「ああ、とても綺麗だな」

傭兵「……」

傭兵「弓使いはどうして人を無償で治す?」

傭兵「それだけの力があればいくらでも金を稼ぐ事は出来るだろう?」

弓使い「私ってお金に興味が無いんです」

傭兵「ほう」

医術士「お金を持っていたら裕福な気持ちになれるかもしれません」

医術士「でも」

医術士「私は、私が治した人の顔を見るだけで心が満たされるんですよー?」ニコッ

傭兵「偉いな」ナデナデ

医術士「えへっ☆」クシャクシャ

傭兵「因みに、この力を使えるようになったのは何歳からだ?」

医術士「力を使えるようになったのは……あれ?」

傭兵「?」

医術士「忘れました」テヘッ

傭兵「こいつが馬鹿だって忘れてた」
169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:28:24.25 ID:IsieMlDqo
傭兵「忘れたって……大事な力を……」

医術士「だって~」

医術士「気付いたら使えるようになっていたんです~」プクーッ

傭兵「気付いたら?」

医術士「旅に出る三日前に、どんな人でも治せるようになりたいな~って思ってたら使えるようになりました☆」

傭兵「うん。旅に出る三日前が力を使えるようになった日だな」

医術士「はっ!」キュピーン

医術士「もしかして天才ですか……?」

傭兵「馬鹿なお前が可愛いから抱きしめたい」

医術士「?」キョトーン

傭兵「旅に出る三日前は誰を治したんだ?」

医術士「ポチです!」

傭兵「人以外も治せたのか……っ」ガクッ

医術士「凄い怪我だったから、ビックリしましたよー」

医術士「治したい!って思ったら治せました!」エヘッ

傭兵「人に使えないとかは考えなかったのか?」

医術士「……」アセアセ

医術士「テヘッ☆」

傭兵「馬鹿わいい」
170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:41:39.91 ID:IsieMlDqo
翌日、秘境村。

弓使い「着いたぞ」

医術士「わーい☆」

少年「……」

傭兵「綺麗な村だな」

弓使い「最後を飾るには素晴らしいだろう?」

医術士「はい!」

傭兵「さて、患者は……」ポタッ

村人A「やあ、いらっしゃい」

医術士「この村に体を悪くした人は居ますか!?」

村人A「居ないよ」

医術士「良かったー」フゥー

村人A「あなたの名前は……?」

医術士「医術士です!誰でも治しますよ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜、村の外れの森。

傭兵「秘境村は医術士の踏破記念でお祭り騒ぎだな」ポタッポタッ

傭兵「この旅に着いて来れて良かった」ポタッポタッ

傭兵「右腕から血が止まらない……」ポタッポタッ

傭兵「包帯を使っても止まらなくなっている……」キュッ

傭兵「右眼も何故か見えなくなって来た……」ポタッポタッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一章、完
171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:45:46.41 ID:fW8bVbX0o
後で第二章をスタートします。

医術士のゆるふわ?珍道中の、行く末を見守ってやってください。
173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 01:22:23.06 ID:Ef+bHHFFo

第二章

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一ヶ月後、秘境村。

弓使い「ここにも長い間滞在したな」

医術士「居心地が良すぎるのも考え物ですねー」グテー

村人B「因みに最近は変死があるらしいですよ、王国であったらしいです」

傭兵「怠惰な生活は終わりにして王国に戻ろう」

村人B「変死は突発的にあらゆる所であるらしいですよ」

少年「そろそろ行こう」

弓使い「ついでに今まで回った村も見に行こう」

医術士「いいですね!行きましょう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二日後、鉄鋼の村。

医術士「こんにちはー!」

村人A「……」

医術士「少女ちゃんは元気ですかー!?」

村人A「少女なら自殺したよ」

医術士「え……?」

村人A「あんたが行った次の日に首を吊ってたよ」

村人A「あんたが救えるのは体だけらしいね」
174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 01:26:02.87 ID:Ef+bHHFFo

村人A「心なんか救えやしない」
175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 09:11:10.22 ID:w3iAAk5uo
二日後、賭博の街。

医術士「……」

弓使い「……」

あれから誰も話していない。

傭兵「……」

弓使い「……」

正直に言うと傭兵の様子もおかしい。

少年「……」

弓使い「貧民街に行こう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貧民街。

貧民A「あぁぁ……苦しい……苦しいぃぃぃ」

貧民B「ちょうーちょーさんがーひとーつーふたーつ!」

貧民A「全ては医術士のせいだ……!」

ザッ

医術士「こんにちはー♡」

貧民A「!」

貧民A「あの時の……!」

医術士「あれから状態はどうですかー?」

貧民A「ふざけるなよ……何も治っていな……ガハッ!」 ポタッ

医術士「ーーえ?」

弓使い「早く治せ!」

医術士「はい!」キィィィン

医術士「……」キィィィン

医術士「効かない……効かない…….」

貧民A「前よりも借金に追われ……前よりも苦しみを味わって……」

貧民A「ただのその場凌ぎで、後々二倍の苦しみを味わう事になるだけだ!」

貧民A「死にたかっ…….た。死にたか……」サァァァァ

医術士「力が効かないよぉ……」ポロポロ

貧民B「どろどろ、ようがんようがん」ドロドロ

グチャァグニャグニャドポォドロドロ

貧民A「ーーえ?貧民B……?」

貧民A「あ……体が……粉にーー」

サラサラサラサラサラ

カラーンッ

カランカラン

医術士「ーーあ」

全部無駄だった。

二人の貧民は骨と泥に姿を変えていた。

私のした事はただの自己満足にすぎなかった。
176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 09:29:26.56 ID:w3iAAk5uo
一時間後、賭博の街、民家。

医術士「あれー?」

医術士「村人Aさんが居ないですねー」

弓使い「なぁ……もう……」

傭兵「……」ポタッ

医術士「どこに居るんでしょうー?」

弓使い「やめよう、出よう」

医術士「いや……患者さんが……」

弓使い「……」

傭兵「医術士、下の泥を見てみろ」

医術士「……」チラッ

傭兵「“ソレ”だ」

医術士「……」

医術士「はい……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

王の間。

弓使い「多分賭博王も……」

医術士「誰かはきっと……」

賭博王「……」

医術士「あ!」

医術士「賭博王さん!」ガシッ

賭博王「」ボロッ

ポロポロポロポロ

傭兵「ついさっき死んだようだな……」

賭博王の嫁「あなたが去ってから夫はずっと苦しんでいた……!」

賭博王の嫁「許さない……!」ギリギリ

弓使い「……」

どれもひどい死に様だな……骨と泥……

死ぬ前は地獄の苦しみを味わうのなら、あの時死んだ方がマシだったな……
181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 22:30:11.15 ID:7Ou60pRio
数日後、僧侶の街。

「あ…………」

「見てはいけません!」

弓使い「なぁ、医術士……もうやめよう」

医術士「嫌です。私の力を受けた人は結局死ぬのか見たいんです」

カランカラン

医術士「……」

ザッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大聖堂。

パチパチ

傭兵「室内にも関わらず火を焚いているな」

弓使い「お前……最近細くなったか……?」

傭兵「そうか?心当たりが無い」

僧侶A「!」

医術士「あっ!僧侶Aさん!」

僧侶A「……」スッ

弓使い「?」

医術士の足元に?

僧侶A「ブツブツ……」

僧侶A「ブツブツ」ポロッ

僧侶A「悪魔……め……立ち去れ……」ポロポロ

僧侶A「うっ……ぅぅ」ポロポロ

僧侶A「悪魔……悪魔……めぇ……」ポロポロ

弓使い「あ……」

医術士の足元で唱えていたのは、悪魔払いか……

弓使い「医術士、行こう。」

僧侶A「貴様のせいで……貴様のせいで……数多くの同志が……耐え切れぬ苦しみで、泥と骨に……っ!」ポロポロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一時間後、街道。

弓使い「大丈夫か?」

医術士「大丈夫ですよー!」ニコッ

弓使い「そうか……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テント。

弓使い「……Zzz」

傭兵「……Zzz」

少年「……Zzz」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テント外。

医術士「……」ポロポロ
182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 09:13:48.35 ID:mMSzpZbro
数日後、経済の村。

弓使い「くっ……」ガクッ

傭兵「……」

少年「……」

医術士「あぁ……」ガクガク

弓使い「全員……死んだ」

傭兵「泥まみれじゃないか……」

少年「おえっ……」ウプ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、戦士の街、王の間。

戦士王「ふーふー……」

医術士「ごめんなさいごめんなさい」

戦士王「……」ギロッ

弓使い「……」

戦士王「」サラサラサラサラサラ

シュウウウ

医術士「ごめんなさいごめんなさい」ポロポロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元反乱地域、農村。

医術士「……」

農民A「あんたが治した奴等は俺以外全員死んだよ」

農民A「伸ばしてもらった命だ、短い間でも好きに生きるよ」
183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 12:56:35.34 ID:mMSzpZbro
数日後、海沿いの村、村長の家。

村長「うーうー」フガフガ

村長「うーーー」フガフガ

村長の孫「おじいちゃんに謝れ!!」ポロポロ

村長の孫「おじいちゃんに謝れ!!」

村長「」サラサラサラサラサラ

シュウウウ

医術士「ごめんなさい…….ごめんなさい……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、首都近辺の村。

村人A「今の方がずっと辛いよ」

村人A「俺以外皆死んだ」

村人A「後を追う事にするよ」

村人A「出来ればあんたも死んでくれ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首都近辺村、外、テント。

傭兵「ぅぅ……」

医術士「傭兵さん……嫌だ……嫌だ……」キィィィン

傭兵「医術士……病むんじゃない、お前のせいではない……お前はできる限りの事はしたぞ?」

医術士「うぅぅ」ポロポロ

キィィィン

弓使い「傭兵……」

傭兵「弓使い……医術士を頼んだ」

弓使い「分かってる」

傭兵「さて」スクッ

傭兵「死に場所は自分で決めるさ」ズルズル

医術士「傭兵さん!待って!」タッ
184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 13:20:15.19 ID:mMSzpZbro
外、崖。

医術士「傭兵さん!待ってください!」

傭兵「来るな!」ズルズル

弓使い「傭兵!早まるな!」

少年「……」

弓使い「くっ……」

下手に刺激する事も出来ない……

傭兵「医術士……お前だけには……見せたくない」

ポタッ……

傭兵「お前だけには見せたくない」ポロポロ

傭兵「骨になった姿をお前には見せたくないんだ」ポロポロ

医術士「傭兵さん……」ポロポロ

医術士「どうして……どうしてぇ……」ポロポロ

傭兵「ーーぁ」サラサラサラサラサラ

傭兵「医術士、お前は悪く無いぞ」サラサラサラサラサラ

弓使い「!」

傭兵の体が粉に…….

傭兵「ーーああ。全てが憎い」サラサラサラサラサラ

シュウウウ

医術士「……」プチンッ

私の中で何かが壊れました。

カランカランッカラッ

弓使い「医術士……傭兵……」

医術士……骨になった傭兵を抱きかかえるなんてやめてくれ。

医術士「この世の全てが憎い……この世界が大嫌いだ」ブツブツ

弓使い「……」

翌日の朝、医術士は傭兵の骨と共に失踪した。
185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 13:21:08.80 ID:mMSzpZbro
第二章







今日の分は終わりです
189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 00:29:25.81 ID:KmVAl6j6o
最終章

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二日後、王国、王の間。

王様「そんな事があったとは……な」

王様「辛かっただろう?特別な部屋を用意する。そこで休め」

弓使い「はい……」

少年「……」

王様「あの力が死の期限を伸ばすだけの物だったとは」

王様「無理に祭り立てた私の責任だ」ギリッ

王様「はぁ……」

王様「傭兵の墓を立ててやろう」

王様「仕方ない」

少年「……」

弓使い「世界を愛していた少女が……全てを愛していた少女が……こんな事になるなんて……」

弓使い「医術士は……」

弓使い「医術士は!」

弓使い「皆の笑顔を見たかっただけなんです」

王様「それは分かっている。だが、仕方ない」

王様「医術士が持っていた力は詐欺のような物」

王様「世界中で詐欺師と認定されるだろう」

少年「辛い」

弓使い「そうだな、辛いだろうな」

王様「1番辛いのは本人だろう」

弓使い「結局疫病も根本的には解決しない。どうすれば……」

王様「凄腕の医者を集めてなんとかするしか無いさ」

弓使い「この国は……」

王様「どうなるんだろうなぁ……」

王様「これからはどうするつもりだ?」

弓使い「来年には“山越え”をするつもりです」

王様「おお、そうか。山越えは辛いからなぁ」

王様「私が確立した道は使わないのか?」

弓使い「使うつもりはありません、己が力で越えるつもりです」

王様「山越えした先は私も知らない所が多い、出来れば調査をしてくれないか?」

弓使い「世界制覇した王様からこのような言葉を聞くなんて思いもしませんでした」

王様「ふふふ、世界は広い」

弓使い「その前に……今は休みます」

王様「存分に休め」
190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 16:23:29.74 ID:DmGn5KXKo
一時間後、客室。

少年「お疲れ」ポン

弓使い「言ってくれるな」ハハハ

少年「……」

弓使い「医術士も傭兵も何処かに行ってしまった」フゥ

少年「うん」

弓使い「私も何処かに行きたいよ」ククク

少年「着いて行く」

弓使い「なら訓練をしないとな」クックック

少年「え」ビクッ

弓使い「そうだな……筋は良さそうだからある程度鍛えたら傭兵は越えられそうだな」

少年「待って」ガクガク

弓使い「もう遅い。実は王様に許可は取ってある」

少年「ちょっ」

コンコン

少年「!」ビクゥ!!!

弓使い「ほら、お迎えが来たぞ」ニタァ

少年「急展開にも程が……」ガクガク

弓使い「これから何があるか分からないからな、存分に鍛えておけ」

ガチャ

スタスタ

ガシィ

少年「」

王様「なるほど、筋はよさそうだ」
191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 22:56:11.10 ID:OcwSRprAo
同時刻、首都。

都民A「何?」

都民A「各地の村や街で失踪者が相次ぐ?」

都民A「最近の新聞は物騒だな」ハハハ

ガシィ

都民A「え?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、王の間。

弓使い「失踪事件?」

王様「そうだ」

王様「全国各地で相次いでいる」

弓使い「はぁ」

王様「それの調査をして欲しい」

弓使い「旅が終わってまだ数日しか……」

王様「報酬は弾むぞ」

弓使い「しかし」

王様「頼む、今は手が放せない」

弓使い「……わかりました」

少年「……」

王様「少年は訓練だ」

少年「!」ガーン
193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 00:32:44.02 ID:0KXWUg2uo
弓使い「はぁ……」パカラッパカラッ

パカラッパカラッ

弓使い「無駄に優秀な馬だ」

パカラッパカラッ

馬「ヒヒーン!!」

弓使い「うるさい」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首都近辺の村。

弓使い「誰も居ない」

弓使い「唯一居た村人も連れ去られたようだな」フム

弓使い「嫌な予感がする」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1日後、海沿いの村。

弓使い「……」

村長の孫「……」

弓使い「何があったんだ?」

村長の孫「起きたら皆……が……お父さんもお母さんも……居なくなっちゃった」ポロポロ

弓使い「そうか」ギュッ

弓使い「王国でお父さんとお母さんが帰るまで待とう」ニコッ

村長の孫「うん」ポロポロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二日後、王国、王の間。

村長の孫「……」キョロキョロ

弓使い「この子を厳重な監視下に置いて下さい」

王様「分かった、ご苦労」

弓使い「それでは」

ザッ

王様「有能だな」

村長の孫「……」キョロキョロ

王様「お父さんとお母さんが帰ってくるまで、ここで待てるか?」

村長の孫「うん……」

王様「偉い子だ」ニコッ

村長の孫「……」

あんまり友達と笑った事無いのかな……?気持ち悪い笑顔だなぁ。
194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:02:43.74 ID:gxi3Pa3so
馬「ヒヒーン!!」

パカラッパカラッ

弓使い「一体何が……」

パカラッパカラッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、元反乱地域、農村。

弓使い「……」

弓使い「恐らくあれは農民Aの骨だな」

弓使い「墓を作るか」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、戦士の街。

弓使い「数人が連れ去られたか」

弓使い「深刻な事態だな」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数十日後、僧侶の街。

弓使い「僧侶A他数人が行方不明か」

弓使い「ここまで人を連れ去ってどうするつもりだ……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、賭博の街。

弓使い「まだ被害は無いか」

弓使い「今日はここで休むとしよう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

深夜、貧民街。

貧民C「ん……?」ガバァ

貧民C「あれ?誰も居ない?」

ガシィ

貧民C「え……?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝、賭博の街。

弓使い「糞!!!」ドガァ

弓使い「生き残りの貧民全員を丸ごと持っていかれた!糞!」ガッ
195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:08:50.42 ID:gxi3Pa3so

一日後、鉄鋼の村。

弓使い「被害者は村人A他数人」

弓使い「人攫いは、チームで行動をしている……?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二日後、秘境村。

弓使い「……」

村人A「やぁ、久しぶり」

村人の肌が所々剥がれている。

それに……殺気がひしひしと感じられる。

成る程。

人攫いの総本山はここか……

そして、馬が数匹……あれで行動をしていたのか……

弓使い「ああ、思い出を振り返りにやって来た」

弓使い「そろそろ帰る事にする」

村人A「なんだなんだ、ゆっくりして行きなよ」

弓使い「急いでいるからな、もう帰る」

ガシィ

村人A「ゆっくりして行きなよ」ニヤァ
196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 03:17:12.04 ID:gxi3Pa3so
グシャ

弓使い「凄い馬鹿力だ……」

弓使い「だが」

弓使い「首を180度回転させれば、そんな力も消えるだろう」

村人A「」

弓使い「……」

村人A「なーんてね」グルン

弓使い「なっ……っ!」

村人A「首如きが180度回転した所で意味は無いよ」

村人A「死なないからね」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

ブスブスブスブスブス

村人A「なっ……」

弓使い「もっと射つぞ」

弓使い「そうだな……後50はいっておくか」

村人A「くぅ……!」ギリッ

村人B「……」

村人C「……」

村人D「……」

村人E「……」

「「「「……」」」」

ワラワラ

弓使い「成る程、完全な不死では無いらしい」

弓使い「助けが来るのがその証拠だ」タッ

村人A「しまっ!」

弓使い「許されると思うなよ」タタタ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数十日後、王国、王の間。

王様「成る程、秘境村にそんな秘密が」

弓使い「私達が秘境村を後にした時に確実に何かがありましたかと……」

ドゥン!!!

ズズズーン!!!

弓使い「!」

なんて力だ……

王様「根絶やしだ!!」
197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 13:23:56.55 ID:tLD8kkFAo
弓使い「……」

王様「おっと……机が壊れてしまったな」

王様「相手は未知の生物だ。1万程度の軍勢を連れて行く」

弓使い「何かがおかしい……」

王様「?」

弓使い「不死の生物ですが、知識と行動原理を持っています」

弓使い「生半可な相手では無いかと」

王様「2万に増やそう」

王様「軍に帯同して欲しい」

弓使い「勿論そのつもりです。少年も連れて行ってもらえますか?」

弓使い「私と少年が行かなければいけない気がします」

王様「分かった。連れて行こう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一ヶ月後、秘境村の前。

王様「気付いているだろう?」

王様「降伏も受け付けない」

王様「根絶やしだ」

スッ

スタスタ

王様「あれは?」

戦士王「久しぶりだな」

王様「おい、死者も生き返っているぞ」

弓使い「不死の時点で気付くべきだったっ……!」
199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 15:07:47.65 ID:tLD8kkFAo
スタッ

スタッ

スタッ

スタスタ

スタスタ

テクテクテクテク

弓使い「どうしてだ……」

弓使い「どうしてお前が!」

弓使い「何故だ!?」

弓使い「糞!」

王様「あぁ……壊れていたのか」

少年「どうして……こんな事に……」

キィィィン

シュイン

貧民A「え?生きてる」

貧民A「あ……お前は……」

弓使い「人の道を外したか……」
200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 15:08:42.93 ID:tLD8kkFAo

医術士「こんにちはー☆お久しぶりです!」

201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 15:47:50.62 ID:tLD8kkFAo
医術士「私知っちゃったんです!」

医術士「傭兵さん以外大っ嫌いだって」

医術士「そして私は思ったんです。傭兵さんに思いを伝えたいって」

医術士「死んでからの物を期限付きでも蘇らせる事は出来るかな?って考えた結果」

医術士「出来ちゃいました!」エヘン

医術士「人を物と考えると簡単でしたよ!」

医術士「最初には戦士王さんを蘇らせました!」

医術士「蘇らせた物は必ず言う事を聞くんですよー☆」

医術士「物凄く使える道具ですよー」

医術士「そして戦士王さんに人攫いをさせて蘇らせて、殺させて、蘇らせる」

医術士「鼠みたいに物が増えていきました!」

医術士「そして今はこれだけの人がいます!」

医術士「今回で沢山殺して傭兵さんを蘇らせます!」

医術士「大量の血肉がありさえすれば、傭兵さんもきっと喜んでくれる筈です!」

弓使い「……」

王様「……」

少年「……」

弓使い「ーーもう取り返しはつかない」
202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 16:24:22.45 ID:JgLZvrJZo
医術士「ーーえ?」

医術士「後戻り?」

医術士「私が旅を始めた時には既にもう」

医術士「全ておわってましたよ?」

医術士「ポチも多分死にましたし」

医術士「おばあちゃんとおじいちゃんもそろそろ寿命ですよ?」

医術士「私にはもう完全な傭兵さんしか居ません!」エヘヘ

医術士「物みたいな傭兵さんはいりません!」

王様「ああ、分かった分かった」

王様「早く戦を始めよう」

医術士「みんなー!」

ワラワラワラワラ

「うう……」

「うう……」

弓使い「この様子だと村長の孫の親も……」

「ああ……」

少年「どうすれば……」

馬「ヒヒーン!」

弓使い「私の後ろに乗っていろ」パカッパカッ

少年「うん」スタッ

弓使い「一度距離を取ろう」

弓使い「この戦は医術士の勝ち目が無い事ぐらい、馬鹿の医術士にもわかる筈なのに……何故だ……」

弓使い「何故戦おうと……」

医術士「皆ー!いっけえええ!」

弓使い「傭兵を完全に蘇らせさせすれば満足なのか……?」
208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 23:54:40.03 ID:MxTB9ydwo
「なんだこいつらは!!」

「本当に斬っても斬っても立ち上がる!」

王様「頭を切り落とせ!!」

ザッザッザッ!!!

王様「!」ピクッ

ギイイィィン!!!!

戦士王「衰えていないようだな」ギリギリ

王様「以前闘った時よりも強くなったな……!」ギリギリ

戦士王「そうだな……前回お前と闘った時は全盛期が終わっていた」ギリギリ

戦士王「息子は元気か?」ギリギリ

王様「私に息子は居ない……」ギリギリ

戦士王「私の娘と駆け落ちしておいてよく言えるな」ギリギリ

戦士王「一度目の死の間際に確信したよ、あれは間違いなくお前の息子だ」ギリギリ

王様「……」ギリギリ

戦士王「どうやら他人を装っているようだな……何故だ?」ギリギリ

王様「私と居る人間は不幸になる」ギリギリ

戦士王「娘の事をまだ気にしているのか?」ギリギリ

戦士王「お前と似て可愛らしい顔をしているじゃないか……もっと接してやれ……っ!」ズンッ!!!

グググ

王様「くっ……」ギリギリ
209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 00:27:49.68 ID:OEhgGJU5o
戦地から500m離れた場所。

少年「……」

弓使い「……」

弓使い「ここで見守るか」

少年「え」

馬「ヒヒーン!」

少年「戦わない?」

弓使い「人が多過ぎて狙いが定まらないからな」

少年「一人を狙ってる?」

弓使い「ああ」

少年「悲しい」

弓使い「仕方ないだろう」

少年「うん」

弓使い「ああ……」

弓使い「集中と狙いが定まった瞬間」

弓使い「ーー私は寸分違わず巨悪の根源を射抜く」
213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 09:18:26.85 ID:K7wt/WUAo
戦士王「はぁ!」ギャンギャンィン

王様「……!」カキィンキィン

戦士王「成長をしたな……!」ギリギリ

王様「一度勝った相手には負けないさ」ギリギリ

王様「何故あの小娘の言う事を……!」ギリギリ

戦士王「仕方ないだろう、命令されたら体が勝手に動いてしまう」ギリギリ

王様「そうか。出来るだけ早く終わらせてやりたいが……!」ギリギリ

戦士王「それは難しいと思うぞ?」ギリギリ

王様「分かってる!」ズンッ!!

医術士「もっと頑張ってくださーい!」

「こいつら……!」

「なんなんだよ……」

「首を切り落とさなきゃダメだ……」

ワラワラワラワラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

500m地点。

弓使い「……」

少年「今はあれでも、感謝してる」

弓使い「分かってる」

少年「……」

弓使い「分かってる」
214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 09:34:25.59 ID:K7wt/WUAo
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医術士「きゃー!!私は悪い者ではありませんー!人を何人も殺していそうな弓を私に向けないでくださいー!」

医術士「私はしがないボランティアの医術士ですーー!!」ワー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弓使い「……」フッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医術士「私は力を使わずに治せる人なら、持てる限りの医学で治します」

医術士「それが理解されないのなら殺された方がマシです」

医術士「私の力を使わずに治すのは、痛いかも知れません」

医術士「でも、私は治るまでそばにいます」

医術士「ね?一緒にがんばろう?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弓使い「……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医術士「この村に体を悪くした人は居ますか!?」

医術士「医術士です!誰でも治しますよ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弓使い「……」グッ

弓使い「ーー医術士」

弓使い「お前は度が過ぎた」

弓使い「仮初めとは言え、自身が救った者にすら苦しみを与えるのはいけないな」

「なんだ……?」

「こいつら……泣いている」

弓使い「!」

空いた!

少年「……」
215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 16:18:14.73 ID:BRrxpWjqo
弓使い「!」キッ

微かに見える一筋の道!

今しか無い、今しか無い、今……全てを終わらそう。

医術士……お前は誰一人も救えていないと思っているのか?

ーーそんな訳が無いだろう?

お前は私と少年と傭兵の心を救ってくれたのさ。

医術士「……」シュウウゥ

ガサガサ

キュッ

ーー次は私が救う番だ。

医術士「……」グググググ
216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 16:40:06.78 ID:BRrxpWjqo
ヒュン

ヒュウウウウウウウウウ

少年「……」

グウウウウウウウウン

「なんだあれは?」

「矢……?」

ヒュウウウウウウウウウ

戦士王「……」チラッ

戦士王「素晴らしい精度だな」ギリギリ

王様「だろう?我が国最高の女だ」ギリギリ

戦士王「今回もお前の勝ちだ」ギリギリ

戦士王「息子よ」

ズバァン

ドロドロドロドロ

王様「ふぅ……」

ヒュウウウウウウウウウ

医術士「!」

医術士「ーーぁ」

ブスゥッ!!
217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 16:48:05.03 ID:BRrxpWjqo
ああ……

えっと……治さなきゃ……

キィィィィィィィィィィィィィンキィキィキィキィンキィンキィンキィン

ズオオオオオオオオオオ

え?

力が……

医術士「」

「化け物達が泥に……」

弓使い「……」タッタッタ

少年「……」タッタッタ

王様「可哀想に……」

王様「あれほど人を救いたいと願った人間の末路が泥人形なんてな」

弓使い「帰ります」クルッ

少年「……」クルッ

パカラッパカラッ

王様「ああ、そうしてくれ」

王様「……」

王様「おい、これを回収しろ」
220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 21:30:48.74 ID:7j6aPn2ko
王国、奥、暗部、研究室。

医術士「」

ここはどこですか?

王様「疫病の対策に使えるかも知れない」

王様「解剖してくれ」

え?

解剖?

私が?

「かしこまりました」スチャ

え?

プス

グシュグシュ

医術士「」

~~~~ッッッッ!!!

痛い!痛い!痛い!

助けて!傭兵さん!弓使いさん!少年君!

声が出ないよ……痛覚と視力と聴力と感覚だけが残ってる……

他の人から見たら私は泥人形で既に死んでいる扱いなんだ……

王様「なんと……」

「切り落とした右腕が再生していますね」
221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 21:39:16.78 ID:7j6aPn2ko
王様「……」

王様「流石に気分が悪い」

王様「解剖が終わったら呼んでくれ」ガチャ

ギイィ

バタン

「これは無限に取れる最高の資料だ」

「王国で代々と受け継がれる大事な資料だ」

「あらゆる部位を気にせずにバラすぞ」

「始めるぞ」

え……そこは……解剖しては……駄目……

ああ……そうか。

私はこれから永遠に苦しみを味わうんだ。

終わる事の無い地獄を。

どうしようかな?数字でも数えようかな?

ね?傭兵さん。

次は皆の苦しむ顔が見たいなぁ……








222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 21:40:19.72 ID:7j6aPn2ko
完結です。

質問などはありますか?
223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 21:49:25.90 ID:wo+DnlTAO
結局医術師の能力って何だったの?
ってか何物?
224: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/17(月) 22:03:15.96 ID:7j6aPn2ko
>>223
人の生を一時的に伸ばす能力です。
痛み等が消えるのはほんの僅かのあいだです、治った後は倍の苦しみを味わう事になります。
絶望から人への認識が変わった事で死んだ人間も一時的に蘇らせる事が出来るようになりました。
蘇った人間は首が落とされない限り死ぬ事は無いですが、生前よりも苦しみを味わう事になってしまいます。



結局は魔の存在です。
226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/18(火) 00:08:22.71 ID:VzjJpR1s0
結局、誰も癒されなかったんだな…

俺はてっきり、人の限界を越える治癒力で、助かるはずの命さえ確実に殺してしまうような能力かと思った。
227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/18(火) 00:26:32.49 ID:77G0JEsgo
>>226
無駄に苦しみを味わっただけですね。

医術士の力の本質は“詐欺”ですね。
傭兵も最初は人の手で治せましたが、二回目にあれほど傷付いた時点で死亡確定でした。


今回は今まで作ったSSの中でもスレタイ詐欺を目指して作ったので結構楽しかったです。
229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/18(火) 16:14:56.23 ID:GxEZ2h+To
おまけ。

秘境村。

医術士「暇ですね~」グテー

弓使い「じゃあ村を出よう」

医術士「却下です」ドヤ

弓使い「殺すぞ」

医術士「弓使いさん」

弓使い「なんだ……?」

医術士「私とっても幸せです!」

弓使い「あ、はい」

医術士「えへ☆」

弓使い「ずっと続くと良いな」

医術士「勿論続きますよ!」
230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/18(火) 16:53:34.37 ID:GxEZ2h+To
それではHTML化依頼を出します。

乙やコメントありがとうございました。

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング