FC2ブログ
5: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:21:27.24 ID:tVku8zvi0
ちひろ「合宿をしたいと思います」


凛「……どうしたのいきなり」


ちひろ「最近Pさんがお疲れのようなので、忙しいPさんに変わって私がアイドルたちの特訓をしようかと思いまして」


未央「でも特訓ならトレーナーさんたちがいるじゃん。わざわざちひろさんがしな先導しなくてもよくない?」


ちひろ「いいえ、今回ばかりは私が行わなくてはなりません。それに、合宿と言ってもそれほど大がかりなものではありません。レッスンルームで一泊してもらう程度のものです」


まゆ「実質、お泊まり会みたいなものですねぇ」


卯月「でも、どうしてちひろさんが?」


ちひろ「……実は先日、Pさんから相談を受けまして」


6: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:23:35.06 ID:tVku8zvi0
モバP(以下P)『ちひろさん、今いいですか?』


ちひろ『はい、なんでしょうか?』


P『……実は最近、事務所で盗難事件が発生していまして』


ちひろ『えっ!? 大問題じゃないですか! どういうことですか?!』


P『シーッ! なるべく穏便にお願いします!』


ちひろ『す、すいません……。それで、一体どの子が被害に遭っているんですか?』


P『いえ、幸いにして、アイドルたちに被害は及んでないんですよ』


ちひろ『…………へっ?』


P『恥ずかしながら、実は盗難被害に遭ってるのは俺でして……』


ちひろ『えーっと……どういう被害か教えてもらっても?』


P『はい。実は最近、俺のロッカーからシャツがよく失くなるんですよ』
8: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:24:28.61 ID:tVku8zvi0
凛「あ、もしもし加蓮? 急にごめん。今からハンバーガー食べにいかない? うん。そうそう。この前行ったところ。うん。じゃあ十分後に……」



ヒョイ



ちひろ「ごめんなさい加蓮ちゃん。凛ちゃんはこれから特別レッスンがあるので。それでは」ピッ


凛「ちょっとちひろさん!」


ちひろ「凛ちゃん? 逃げようったってそうはいきませんよ? Pさんは気付いてないようですが、私の目は誤魔化せませんからね?」


凛「くっ……!」


まゆ「…………」ソロォ……


ちひろ「……まゆちゃん?」


まゆ「 ! 」ビクッ!


ちひろ「どこにいくおつもりですか?」


まゆ「……なぜか急にPさんに会いたくなったので、ちょっと会ってきますねぇ」


ちひろ「Pさんは今、幸子ちゃんの付き添いでマチュPチュに行ってますから、おそらく会うのは無理だと思いますよ?」


まゆ「くっ……!」


ちひろ「Pさんのスケジュールは全て把握しているはずのあなたにしては、あまりにもおかしな行動ですね?」ゴゴゴ……


まゆ「ひっ……!」


ちひろ「……席に戻ってもらえますか?」ニコッ


まゆ「…………」スッ


ちひろ「はい♪ お利口さんですね♪」


未央(なに今の笑顔……!)ブルブル


ちひろ「……では続けますね?」



10: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:33:51.63 ID:tVku8zvi0
ちひろ『…………えっ?』


P『あ、いや、急にこんなこと言われても驚きますよね。すいません変なこと言っちゃって。今の話は無かったことに……』


ちひろ『ちょ、ちょっと待ってください! 今の話をもう少し聞かせてもらってもいいですか!?』


P『えっ? 別にいいですけど……』


ちひろ(まさかとは思いますが……)


P『実は、以前からちょくちょくありまして。その時は自分の思い違いだと思ったんですけど、どうやらそうでもないみたいなんですよ』


ちひろ「と言いますと?」


P『この前、仕事が立て込んでいた時期があったじゃないですか』


ちひろ『はい、ありましたね。確かPさんが『もう俺この事務所と結婚しますね!』って叫んでたときですね』


P「はい。ちひろさんが『それなら私と事務所が奥さんになるので一夫多妻ですね! よっ! 幸せ者!』って返してくれたときです』


ちひろ『あの時は本当に辛かったですねぇ』


P『いやー、ほんとお互い頑張りましたよ……。それでその時、二人で夜明けまで働いたじゃないですか』


ちひろ『確かPさんは仮眠室で少しだけお休みになられたんでしたっけ』


P『はい。ちひろさんがいったん家に着替え行ってる間にです。で、寝る前に俺、シャツだけ着替えて寝たんですよ』


ちひろ『それはまたどうして』


P『あの仮眠室、俺だけじゃなくてアイドルたちも使う時がありますから。布団に俺の汗の臭いが付いちゃうと、アイドルたちが嫌がると思いまして』


ちひろ(逆なんですよねぇ……)


P『確か三時間ぐらい寝た後ですかね。もうみんなが来ると思って起きたんですよ。それで、せめて洗濯くらいは回そうと思ってロッカーを開けたら……』


ちひろ『……シャツが無かったと』


P『はい。ほんの三時間の間だと思って油断してました』
11: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:39:13.53 ID:tVku8zvi0
P『俺の予想ではあの間に誰かがこの事務所に侵入して、俺のロッカーから俺のシャツを盗んでいったんだと思います』


P『どうして俺のシャツを盗んだのかは、まったくわかりませんけどね』


ちひろ『……さいですか』


P『鍵を閉めておくべきでした……。もしかしたらみんな隠してるだけで、本当は被害に遭ってるのかもしれません……!』


P『みんないい子たちばかりですから、もしかしたら俺たちに心配かけさせないように黙ってるのかも……!』


ちひろ(Pさんが寝るのはわかっていたから、私が外からカギをかけたはずなんですけどねぇ……)


P『今のところ被害者が俺だけなので、警察には通報してません。大事になるのは避けたいので……』


P『早苗さんに相談することも考えたんですが、そうなると次は早苗さんが標的になるんじゃないかと思うと心配で……』


ちひろ『ちなみに聞きますが、Pさんが仮眠室から出た時、誰か事務所に居ましたか?』


P『えーっと、確か凛と響子がいましたね。響子が凛に裁縫を教えてたみたいです』


P『二人とも恥ずかしがって、俺が仮眠室から出てきた途端に大急ぎで隠してましたけど』


ちひろ『…………』
12: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:40:22.91 ID:tVku8zvi0
P『響子はともかく、凛があそこまで顔を真っ赤にするとは思いませんでしたね』


P『周りと比べて落ち着いているように見えて、中身は年相応なんだなぁと安心しましたよ』


ちひろ『ちなみに、どうやって二人が裁縫をしていると判断したんですか?』


P『ああ、それはですね、二人が布に顔を近づけてまして。なんていうんですかね、仮止め? してたみたいなんですよ』


P『二人ともじーっと固まったままで。ソファ越しだったんで、何作ってるかまでは見えませんでしたけど』


P『ちょうど失くなったシャツと同じ色の布だったんで、鮮明に覚えてますよ』


ちひろ『……ソウデスカ』


P『なんにせよ、二人に何もなくてよかったですよ。さて、対策を考えないとなぁ……』


ちひろ『……Pさん、この件、私に任せて貰えませんか?』


P『えっ?』


ちひろ『私の友人に、防犯アドバイザーの方がいらっしゃるんですよ。その人に今回の話をしようと思いまして』


P『ホントですか!? それは助かります!』


ちひろ『Pさんは来週のマチュピチュでの収録準備でお忙しいと思いますから、この件は全て私に任せておいてください』


P『はい! 宜しく願いします! いやぁ、ちひろさんは頼りになるなぁ~!』


ちひろ(……さて、早急に準備を急がなくては)
13: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:43:50.23 ID:tVku8zvi0
ちひろ「…………ということがありまして」


未央「…………」ササッ


凛「未央、さすがの私でも無言で逃げられると泣いちゃうよ?」


未央「ごめん、しぶりん。さすがの私でもこればかりはちょっとキャパオーバーだわ」


まゆ「人のこと言えませんが、さすがのまゆもドン引きですねぇ」ササッ


凛「ちょっとまゆ! まゆはこっちの人間でしょ!」


まゆ「同じにしないでください! いくらまゆでも、超えてはいけないボーダーラインぐらいちゃんと見極めてます!」


凛「裏切るつもり?! この前一緒にPさんの家のベッドに潜り込もうって約束したじゃん!」


ちひろ「ほほぅ? それは初耳ですね」


凛「あ゛っ」


ちひろ「なるほどなるほどわかりました。もうそんなに取り返しのつかないところまで来てしまっていたんですね。わかりました」ゴゴゴ…


未央(ちひろさんの後ろに鬼が見える……!)ガタガタ


ちひろ「どうやら状況は私の想像以上に深刻なようですね。これはたっぷりと『おしおき』が必要なようです」


凛「お、おしおき……? それって一体なにを……」


ちひろ「安心してください。『おしおき』と言っても、みなさんはアイドルですから。それほど激しいものは行いません」ニコッ


凛「ホッ……」


ちひろ「地に這いつくばって1mmも動けなくなるまでマストレさんの特訓を受けてもらうだけですから」ニッコリ


凛「」


未央「」


まゆ「」
14: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:47:09.69 ID:tVku8zvi0
ちひろ「さて! 善は急げと言いますし、さっそく今から始めましょうか!」ガシッ


凛「えっ!? ちょ、ちょっと待ってちひろさん! さすがに今からは無理でしょ!? 準備もあるだろうし――」


ちひろ「準備はもう出来ています。すでにレッスンルームでマストレさんがお待ちです」


凛「」


ちひろ「どうして多忙な凛ちゃんが、今日の午後と明日まるまるお休みだったのか不思議に思いませんでしたか?」


ちひろ「全てこのための布石だったんですよ?」ガシッ


凛「ぁ……やだ…………!」ズルズル


ちひろ「いくら売れっ子でも、あの人のレッスンは辛いでしょう? でも大丈夫です。寝具も、着替えも、親御さんへの連絡も、全て済んでますから。何も気にすることなく、安心して地獄を見てきてください♪」


凛「いやだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ズルズル



15: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 00:52:55.20 ID:tVku8zvi0

その日の夜




凛「」チーン


未央「な、なんで私まで……」ゼェ…ゼェ…


ちひろ「監督責任です♪」


未央「それならしまむーも同罪じゃんっ!」


ちひろ「卯月ちゃんはお仕事でこれませんでしたから仕方ありません♪」


未央「くっそー……昼間の話の時点で真っ先に逃げておくべきだった……。しぶりんと休みがまったく同じ予定ってヒントがあったのに……」


ちひろ「未央ちゃんなら気付くと思ったんですけどね」


未央「いやぁ……まさかこんなことになるとはね、さすがに想像つかないよ」


未央「それにPさん帰ってくるの今夜でしょ? てっきりいつも頑張ってる未央ちゃんにPさんからごほーびでも貰えるのかと……」


ちひろ「残念でしたね♪」


未央「くっ……全身が動かなくて何も出来ない……」


ちひろ「うふふ、これでも未央ちゃんだけは二人よりも軽めにしてくれるようにお願いしたんですよ?」


未央「確かに、そう言われればそうかもしれないねー」クルッ


響子「」チーン


未央「響子ちゃんもびっくりしただろうねー。収録から帰ってきたと思ったら、急に地獄のキャンプなんだから」


ちひろ「本当に驚いたでしょうね。まぁそうなるようにしたんですが」


響子「鬼! 悪魔!」


ちひろ「おや? 復活したようですね。反抗できるぐらい元気そうですから、もうワンセット受けていきますか?」


響子「すいませんでした!」ドゲザー


ちひろ「はい、素直でいいですね♪」


未央(誰もちひろさんには勝てないんじゃないかな……)
16: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 01:01:13.69 ID:tVku8zvi0
ちひろ「さて! みなさんお疲れ様でした! ここの近くに銭湯がありますので、まずはそこで汗を流してきてください。その後に夕食にしましょう」


凛「あぁ……やっと解放される……」


ちひろ「夕食後ももう少しだけプログラムがありますので、忘れないようにしてくださいね」


未央「えぇっ!? まだなにかあるの?!」


ちひろ「あ、安心してください。少しだけ映像資料を見てもらうだけですから」


響子「た、助かった……」


ちひろ「それではしばらく休憩にします。間違っても逃げ出さないようにしてくださいね」


ちひろ「もしそんなことをすれば、今夜は眠れないと思ってください」


未央「さすがにそんな度胸は無いよ……。ほら、しぶりん、早く行くよ!」


凛「未央……おんぶして……」


未央「出来るかぁ!」


響子「二人で担いでいきましょう……」


未央「そうだね……」




ホラ、ハヤクタチアガル!


ノコシテイコウカ、ワタシタチノアシアト…!(ガクガク


セットクリョクナイヨ……




ちひろ「…………」ニコニコ




32: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:04:42.46 ID:tVku8zvi0
未央「ただいま!」


ちひろ「お帰りなさい。銭湯と夕食はどうでしたか?」


凛「まあ、悪くないかな……」


響子「お風呂あがりにみんなでコーヒー牛乳飲んだら元気になりました!」


ちひろ「それはよかったです。これからが本番なので」


未央「でも体を動かすわけじゃないんでしょ?」


ちひろ「はい。映像資料を見てもらうだけです」


凛「だったらそんなに大変じゃなさそうだね」


響子「もしそうじゃなかったとしても、これ以上は動けませんよ……」


ちひろ「うふふ、そんなに疑わなくても大丈夫よ」


未央「でも前科があるからなぁ……」


ちひろ「まぁみなさんが私を疑う気持ちもわかりますが、今回ばかりは本当ですから安心してください」



ガチャ



ちひろ「はい、着きましたよ♪」


未央「え゛」


凛「ちひろさん! 話が違うよ!」


響子「ここ、レッスンルームじゃないですか!」
33: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:08:16.23 ID:tVku8zvi0
ちひろ「いくら社屋内とはいえ、もう夜ですからね]


ちひろ「ここは他の部屋と違って防音設備も整っていますから。視聴には最適の場所なんです」


未央「ほんとにぃ~?」


ちひろ「本当ですよ。ほら、見てください」


凛「……あ、椅子とでっかいテレビが置いてある」


響子「確かに、この状態でレッスンは出来そうにないですね」


ちひろ「でしょう? ではみなさんが理解してくれたところで、本日最後のプログラムに移りましょう」


ちひろ「向かって右から凛ちゃん、未央ちゃん、響子ちゃんの順番に座ってください」


未央「はーい!」


凛「うん」


響子「はい!」



スッ



ちひろ「みなさん座っていただいたようなので、説明に移りたいと思います」


ちひろ「今からみなさんに見てもらいたいのは、とあるライブ映像です」


響子「ライブ映像、ですか?」


ちひろ「はい。みなさんにはしばらくの間その映像を見てもらいます」


凛「それを見てるだけでいいの?」


ちひろ「はい♪ ただし、きちんと最後まで見てもらいますので、その点だけは覚えておいてくださいね」


未央「ライブを見るだけでしょ? 簡単じゃん!」


ちひろ「……そうですね♪」ニコッ


未央(えっ?)

34: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:13:22.77 ID:tVku8zvi0

ちひろ「それでは私は別室にいますので、きちんと最後まで見てくださいね」


ちひろ「終わり次第アナウンスしますので。それでは……あ、未央ちゃん」チョイチョイ


未央「ん? なんですか?」


ちひろ(……頑張ってくださいね)


未央(……えっ)


ちひろ「それではっ!」ダッ


未央「あっ! ちょっとちひろさん!」



バタンッ!カチャッ



未央「……なんだったんだろう」


凛「未央? そろそろ始まるみたいだよ」


未央「え? あ、うん」


未央(なんか嫌な予感がするなぁ……)

35: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:14:18.06 ID:tVku8zvi0
響子「あ! 始まったよ!」



ザザザザザザ……


ブンッ



凛「これは……事務所?」


未央「それに、あのソファに座ってるのって」


響子「Pさん、だね」


凛「え? もしかして今からプロデューサーが踊るの?」


未央「いや、それはないでしょ」


響子「でもちひろさんはライブ映像って言ってたよね?」

36: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:15:41.96 ID:tVku8zvi0

P『ふぅ……マチュピチュの景色は綺麗だったけど、さすがに疲れたな……』





未央「マチュピチュについて話してるってことは……」


凛「もしかしてこの映像って、今の事務所を映してる?」


響子「ということは……もしかしてライブ映像って……」


P『それにしても、幸子の反応はすごかったなぁ~』


P『まさか滅ぼされたはずの原住民に襲われるとは思ってもみなかっただろうな!』





三人(((ライブって、生中継って意味の『LIVE』かい!)))

37: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:17:33.55 ID:tVku8zvi0

未央「でも、この映像が今回の目的?」


響子「事務所でのPさんを隠し撮りって……」


凛「むしろご褒美にしか思えないね」


未央「しぶりん?」


凛「……」プイッ


未央「ま、しぶりんのことは置いといて、もう少し様子を見てみよっか」


響子「そうだね。ちひろさんの事だから、何かしらあるんだろうし……」


未央(それにしても、さっきのちひろさんの言葉……気になるなぁ……)


38: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:21:25.85 ID:tVku8zvi0


P『ふあぁ~……ああ、疲れた……。さすがに長時間のフライトはキツイな』ノビー


P『機内食もちょっと少な目だったから微妙に腹減ったし』





響子「…………」ウズウズ


未央「今、プロデューサーに夜食作ってあげたいとか思ってる?」


響子「へっ?! いや、全然そんなことは!」


凛「わかりやすい反応だね」





P『この後も仕事あるしなぁ。買い出し行って、軽い夜食でも――』



ガチャ



未央「あ、誰か来たよ!」


凛「こんな時間に誰だろ?」


響子「ちひろさんじゃない?」



バタン














まゆ『Pさぁん? あなたのまゆですよぉ♪』


未央「」


凛「」


響子「」
40: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:35:18.34 ID:tVku8zvi0

凛「なんでまゆがあそこに?!」


未央「そう言えば、まゆちゃんだけ今回の合宿に参加してない! 今さらだけど!」


響子「え? どういうこと?」


凛「実は……」カクカクシカジカ


響子「な、なるほど」


未央「レッスンがキツすぎてすっかり忘れてたけど、そういえばあの場にまゆちゃんもいたじゃん! なんで気付かなかったんだ!」


凛「ていうか、あそこにまゆがいる理由って……」


未央(……ハッ! ま、まさか……!)





P『ん? まゆか。どうしたんだこんな時間に。今日はもう仕事無いだろ?』


まゆ『はい、今日はもう何もありませんよぉ? ……Pさんのお世話を除いて♪』


P『ははは、おもしろいこと言うなぁ、まゆは』


まゆ『冗談じゃないですよ? 長時間のフライトでお疲れだと思いまして』


P『んー? 確かに疲れてはいるが……それよりも今はお腹がすいてるかな?』


まゆ『そうなんですかぁ?』


P『一応機内食は食べたんだけどさ、ちょっと量が少なくて』


P『思ったより遅くなって幸子を送って行く必要があったから、どっかに寄って飯食うわけにも行かなかったんだよなぁ』


まゆ『それならちょうどよかったです。まゆが何かおつくりしますねぇ♪』


P『え? いいよいいよ。アイドルにそんなことさせられないって』


まゆ『いえいえ。これはまゆがしたくてやることですから♪ それにPさんにはいつもお世話になってますし♪』


P『う~ん……まぁ、まゆがそこまで言うなら作ってもらおうかな。せっかくの厚意を無碍にするのもなんだし』


まゆ『はい♪ Pさんはしばらくお休みになっててください♪』


P『ありがとう。助かるよ』


まゆ『ちなみに、山芋と牡蠣と鰻とどれがいいですかぁ?』


P『そのチョイスが凄い引っ掛かるんだが……まぁ、なんでもいいよ。まゆが作りやすいやつで』


まゆ『わかりましたぁ♪』



バタン


42: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:40:03.31 ID:tVku8zvi0


響子「……私が作ってあげるのにな」ゴゴゴ…


未央「ま、まぁまぁ。今日はたまたま都合が悪かったってことで!」


未央(めっちゃ表情が怖いんですけど!)


凛「落ち着きなよ響子。このタイミングでこの流れ。おそらくちひろさんが仕込んだんだよ」


未央「そ、そうだよ! きっとそう! たぶんPさんも仕掛け人とかなんじゃないかな?!」


響子「……うん。そうだよ、ね」


未央「そ、そうそう!」


凛「それにちひろさん『おしおき』って言ってたし、十中八九仕込みだよ」


未央「たぶん今のこの状況も監視されてて、ちひろさん、ほくそ笑んでるんじゃないかな?」


凛「その可能性は高いよ。ていうか、そうとしか思えない」


響子「……そうだよね! なんかそう思うと元気が出てきた!」


凛「慌てるだけ相手の思うツボだよ。ここはクールにいかないとね」


未央「私はパッションだけどね」


響子「わ、私はキュートだよ!」


凛「そういうのいいから。……ほら、続き見るよ」



43: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:44:51.47 ID:tVku8zvi0

まゆ『……Pさぁん、お待たせしました』


P『ん、ありがとな。……お、いい匂いだな! このソース特有の臭い……まさかお好み焼きか?!』


まゆ『惜しいですねぇ。正解はこちらです♪』コトッ



ジュゥゥゥゥゥ



P『ん? お好み焼きじゃないのか? 青のりにかつおぶしにソース……どう見てもお好み焼きにしか見えないんだが』


まゆ『これはとん平焼きです。それも、山芋を使用したものなので、普通のお好み焼きに比べてカロリー控えめですよぉ』


P『おっ! それは嬉しいな。そういう小さな気遣いが嬉しいね――じゃあいただきます!』


まゆ『どうぞぉ♪』


P『ハフハフ……んんぉ! 旨い!』


まゆ『Pさんにそう言ってもらえて、まゆは幸せです♪』


P「俺の健康と空腹感の両方を考えてくれるなんて……まゆはいいお嫁さんになるだろな!」


まゆ「Pさんにそう言ってもらえて、まゆは幸せですよぉ♪」


44: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:45:18.93 ID:tVku8zvi0

イチャイチャ






凛「……なにこれ。私たちは何を見せられてるわけ?」イライラ


未央「うぉーい、しぶりん落ち着いて」


響子「Pさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてたPさんに美味しいって言われてた…………」ブツブツ


未央「こっちはもっと落ち着け!」


未央(ていうか、夜食のチョイスが渋いな……)


凛「Pさんが夜食食べてるところなんてどうでもいいから! 早くPさんがシャツを脱ぐシーンに移ってよ!」


凛「あと、まゆはPさんが使った箸を今すぐここに持ってきて!」


未央「そんなシーンは無いと思うしその要望は無理じゃないかなぁ!? あと数分前の自分の言葉を思い出そうか!」


未央「二人とも一旦落ち着こ! これは全部ちひろさんの策略、そう結論づけたでしょ? だったら冷静にならないと!」


未央「このままこっちが過剰に反応してたら、さらにまずいことになるかもしれないよ」


未央「Pさんがどっち側の人間なのかもまだわかってないんだしさ」


凛「それはわかってるんだけど……っ!」ググッ


響子「体が勝手に……っ!」ググッ


未央(ちひろさんが言ってたのはこの事か……! せめて私が最後の壁にならなくては……!)


45: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:48:56.26 ID:tVku8zvi0


P『――いやぁ旨かった。薄味かと思いきや意外にしっかりとしてて、それでいてなかなかにボリューミーだったから満足したよ』


まゆ『そう言っていただけてなによりです♪』


P『ありがとうな、まゆ』ナデナデ


まゆ『あっ……Pさん……///』ポッ





凛「…………」ゴゴゴ…


響子「…………」ズズズ…


未央「あぁ! Pさぁぁぁぁぁんっ!! なんでそんなことするのぉぉぉぉぉぉ!!」





P『ふう……結構ハラを満たせたが、もう一つ何か欲しいところだなぁ』


まゆ『もう一つですかぁ?』


P『何かデザート的な……。まゆ、冷蔵庫に何か甘いもの入ってなかったか?』


まゆ『甘いものですか? そういえば、かな子ちゃんが持ってきてくれたケーキの残りがあった気がしますねぇ』


P『お、いいね。せっかくだしいただこうかな。まゆも食べるか?』


まゆ『ありがとうございます。でももう遅いですし――』グゥゥゥ……


P『あ……』


まゆ『あっ……///』カァァ


P『……まゆも食べるか?』ニヤニヤ


まゆ『はぃぃ……頂きます……///』


P『よし、じゃあ俺が取ってくるよ。さっきはまゆが持ってきてれたことだしな。まゆはそこにでも座っててくれ』


まゆ『ごめんなさいPさぁん……///』


P『いやいや気にしなくていい。じゃあ、ちょっと待っててな』



ガチャ  バタン

46: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:49:26.19 ID:tVku8zvi0

未央「ふぅ……ひとまず小休止だね」


凛「なんとか理性が保って良かったよ」ハイライトオン


響子「そうだね」ハイライトオン


未央「どの口がそんなこと言ってるのかな?」


凛「これがちひろさんの言ってた『おしおき』? 全然大したことないよ」


未央「おーおー、その言葉を数秒前の自分に言ってみてくれんかね」


凛「未央はさっきから何を言ってるのかな? 私はいつも通りだけど」ファサ


未央「いつものしぶりんはそんなことしないけどね」

47: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:51:06.20 ID:tVku8zvi0

響子「あ! Pさんが出てきたよ!」


凛「ほら未央、続き見るよ」


未央「しぶりん、次取り乱したら罰ゲームね」


凛「かかってこいだよ」


未央「響子ちゃんもね」


響子「ええっ!? 私も!?」





ガチャ



P『お待たせまゆ』コトッ


まゆ『ありがとうございます』ペコッ


P『それじゃあ食べようか』


まゆ『はい♪ いただきます♪』


P『あむっ……んー! さすがかな子! やっぱり上手に作るなぁ』


まゆ『本当ですねぇ。まゆも料理には少し自身がありますけど、甘いものに関してはまだまだかな子ちゃんには敵いませんねぇ』


P『確かにこの味はなかなか越えられんよなぁ』


まゆ『ですよねぇ……』シュン


P『まぁそれでいいんじゃないか? それぞれに得手不得手があるっていうのいいことだと思うぞ』


P『完璧な人間なんているはずもないんだしな』

48: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:51:32.43 ID:tVku8zvi0

まゆ『それはそうかもしれませんけど……』


P『それに、俺はまゆが作るケーキも好きだぞ』


Pさん『お互いに特徴的な味があるし、少なくとも俺にはどっちが好きかなんて決められんしな』


まゆ『Pさん……』


P『ま、どっちがお店の味に近いかと聞かれれば、かな子かもしれんがな!』


まゆ『そこは嘘でもまゆの方って言ってほしかったですねぇ』


P『まぁこの味に勝つのは生半可じゃないっていうのはまゆが一番わかってるだろうし、下手にフォローするのもな。俺の性に合わん」


P『ま、響子辺りに相談してみたらどうだ? あいつの料理はジャンル問わず相当うまいからな。俺のお墨付き』





響子「…………」グッ


凛「…………」ガンッ!


未央「しぶりん、無言で椅子の足を蹴らない」



49: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:53:32.70 ID:tVku8zvi0

P『なんかそんな話してたら、久しぶりに響子の作るご飯が食べたくなってきたな』


まゆ『Pさぁん……?』


P『いやいや、まゆの夜食にかな子のケーキとくれば、響子の料理が出てくるだろ』


まゆ『もしかして、まだお腹がすいてるんですかぁ?』


P『食べれんことはないが、そこまでではないって感じだな』


P『ただ響子の料理が食べたいだけ』


まゆ『…………』ゴゴゴ…


P『え……? なんでそんな目で見るの……!?』


まゆ『Pさぁん……まゆと一緒に居るのに、他の子が欲しいなんて言うなんて何を考えてるんですかぁ……?』ゴゴゴ…


P『え!? 俺そんなこと言ってないんだけど!?』


まゆ『Pさんはまゆの料理だけ……まゆだけを食べていればいいんです……!』


P『まゆだけって……それ意味わかって言ってるのか?』


まゆ『もちろんですよぉ? まゆはPさんになら何をされても……』


P『ハハハ! それもいいかもな!!』


まゆ・未央・凛・響子『え?』


50: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/21(木) 23:59:31.69 ID:tVku8zvi0

P『おっと、もうこんな時間だ。そろそろ仕事に取りかからねば』スクッ


まゆ『ぴ、Pさん!? 今! 今なんて言いましたか!?」


P『え? そろそろ仕事に取りかからねば……』


まゆ『その前ですっ!!』


P『ん? ああ、それもいいかもなって言ったけど……』





凛「」ガタッ!!


未央「しぶりん! ステイッ!!」


響子「」スッ…


未央「響子ちゃんはその包丁今すぐ仕舞って! どっから持ってきたの!」





まゆ『Pさん! それ本気ですかぁ!?』


P『あっはっは。本気も本気! まゆがいいならいつでもオッケーだ――』



ギュッ



P『ま、まゆ?』


まゆ『……じょうぶですよぉ……』


P『え? なんだって?』


まゆ『まゆならいつでも……大丈夫ですよぉ……』カァァ


P『いつでも大丈夫って……めっちゃ顔赤くなってるけど』


まゆ『言わないでください! ……これでも精一杯なんです……///』


P(なにこの生物可愛い)



51: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:01:37.38 ID:n92mrr150

未央「あちゃー、これはまずいね。二人ともかなりいい雰囲気だ」グググ


凛「み、未央! いったいどこからロープを……っ!」ギギギ


未央「いや、気づいたら椅子の下にあった」


凛「離してよ未央! 私は今すぐ二人を止めに行かないといけないんだから! アイドルとして!」


未央「いやー、私も出来ればそうしたいけどさぁ……」チラッ


響子「Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫Pさんは大丈夫……」ブツブツ…


未央「扉を開けた瞬間にアレが解き放たれると思ったらさぁ……さすがにねぇ。さっきしまった包丁眺めてるし」


凛「大丈夫だよ! ちゃんと埋めるから!」


未央「どこに!?」


凛「お店のプランターに!」


未央「なにを!?」

52: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:04:21.06 ID:n92mrr150

未央(そうは言いつつも、たぶんPさんは大丈夫だと私は思うけどなー。)


未央(うちのPさんは結構イタズラ好きだし、まゆちゃんのこともからかってるだけの可能性大きいし)


未央(なにより仕事はちゃんとする人だからなぁ、ああ見えても。だから、間違ってもスキャンダルになるようなことはしないはず)


未央「大丈夫だよ二人とも。Pさんを信じよ? Pさんの事だから多分まゆちゃんをからかってるだけだと思うし」


未央「それにあのPさんがスキャンダルになるようなことをすると思う?」グググ


凛「確かに、そう言われればそうかもしれないけどさ……っ」ギギギ


未央「どうせここまでのやりとりは全て台本なんだよ。Pさんがまゆちゃんに言ったのも全て台本。これでPさんがどっち側の人間か確定したね」


響子「でもそう仮定したとして、どうしてPさんはちひろさんの言うことに従ってるんだろう?」シャーコシャーコ


未央「多分あれじゃない? スタドリとエナドリ安くします的なこと言われたとか。あと、包丁研ぐのやめようか。砥石どっから持ってきたし」


凛「……確かに、あのちひろさんにそう言われたら、いくらPさんでも言うこと聞いちゃうかもね」


響子「この前ぼやいてたもんね。『ドリンク代が給料の半分占めてる……』って」


未央「そんなこと言ってたの?!」


響子「うん。事務所のパソコンで臓器売買のレート表見ながら」


未央「……ちひろさんの方がおしおきされるべきなんじゃないかなぁ」

53: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:05:13.48 ID:n92mrr150

ちひろ(ようやく気づきましたか。そう、Pさんはこちらの人間です。三人とも、時間はかかりましたがよくできました)


ちひろ(ちなみに、臓器売買のくだりは仕込みです。すでにこの計画は早い段階から開始されていたのですよ!)


ちひろ(それにしても、まるで普段の私が悪魔のような言いぐさですねぇ……これはもっとキツイおしおきが必要そうですね……)

54: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:07:50.27 ID:n92mrr150

P『……あのー、まゆ?』


まゆ『きゅぅ……///』プシュー


P(あかん、オーバーヒートしてらっしゃる……ん?)



チカッチカッ



P(机の上に置いてあった俺の携帯が緑に点滅してる……ちひろさんからの合図か)


P(たしか、まばたきで会話するんだっけか。ええっと……)


P(な、に、か、あ、り、ま、し、た、か、?)パチパチ



チカッ、チカチカッ、チカッ



P(ん?! 『次のフェーズに移行してください』?! その可能性は無いって言ったじゃないですか!)バチバチバチ!



チカッ、チカッ、チカッチカチカ、チカ



P(『状況が変わった』?! クソっ! 一体なにやったんだあいつら……!)


P(だがこれも仕事だ……。最後まできちんとやらなければアイドルたちに示しがつかない……ちひろさん曰くだが)


P(この手だけは使いたくなかったが、ちひろさんが嘘をつくとは思わないしな……ちひろさんを信じよう)


P(保ってくれよ俺の理性……!)


55: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:10:20.10 ID:n92mrr150

P『……まゆ、まゆ!』ユサユサ


まゆ『……はっ! ぴ、Pさん……!』


P『急にどうしたんだ黙り込んだりして』


まゆ『へっ? あ、いえ! なんでもないですよぉ!』


P『そうか。それならいいんだが……それよりも、さっきの言葉は本当なのか? 俺になら、その、大丈夫ってやつ』


まゆ『……は、はいぃ……///』


P『……そっか、嬉しいよ。どうであれ、手塩にかけて育てたアイドルにそう言ってもらえるのは』


まゆ『Pさん……』


P『でも、まゆと俺はアイドルとプロデューサーの関係だからな』


P『まゆの気持ちは嬉しいけど、俺にとっての特別な存在としてまゆを選ぶことは出来ない。それだけはわかってくれ、まゆ』


まゆ『……はぃ、大丈夫ですよぉ……。Pさんはまゆにとっての全てですから。Pさんがそうおっしゃるのなら……まゆはそれに従います……』


P『……ごめんな、まゆ』


まゆ『いいえ、気にしないでください………』シュン


56: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:12:01.75 ID:n92mrr150


P『……それはそうと、まゆ。顔にクリームが付いてるぞ』


まゆ『えっ? 本当ですかぁ?』


P『ああ。ここについてる』チョンチョン


まゆ『んっ……取れましたかぁ?』ゴシゴシ


P『いや、取れてないな。どれ、俺が取ってやろう』


まゆ『すいませんPさん。お願いします』


P『あぁ……動くなよ……』スッ















チュッ



未央「」


凛「」


響子「」


まゆ『』


57: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:17:08.42 ID:n92mrr150

P『……ほら、取れたぞ』


まゆ『…………ふぇ?!///』



凛「」ガタッ!


未央「しぶりん、ステイッ! 角度のせいでそう見えただけかもしれない!」


凛「そう見えた、って何に見えたの!? つまりそういうことでしょ?!」ガタガタ!!


未央「いや、そう見えたけども! よくドラマの撮影とかであるじゃん! キスしてるように見えて実はしてないってやつ!」


凛「ほら! やっぱりそう見えてんじゃん! キスしたように見えてるじゃん!」


未央「いや、だから……ああああああ!! めんどくせぇぇぇ!!」


響子「」ポカーン


未央「響子ちゃんは戻ってきてぇ!」

58: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:19:39.94 ID:n92mrr150

まゆ『ぴぴぴぴぴぴ、Pさぁんっ?! いいっ、今のは……///』


P『……まゆと俺はアイドルとプロデューサの関係だ。だから、俺にとって特別な存在としてまゆを選ぶことは出来ない。それはお互いわかってるし、わきまえてるはずだ』


P『でも……』ガバッ


まゆ『きゃっ!(お、お姫様抱っこ……///)』


P『一日ぐらいは……間違いはあるかもしれない。人間だしな。失敗することもある。そう、一日ぐらいは』


まゆ『あっ……はいぃ……///』


P『行こうか、まゆ。ちょうどいい場所があるんだ』


P『防音設備完備でセキュリティ万全の、男一人ぐらいが普通に暮らせる程度の荷物しかないようなマンションの一室が。』


まゆ『一体どこでしょうねぇ……? まゆ、とってもドキドキします///』


P『ハハハ! そう怯えなくていい。きっとまゆもすぐに気に入ってくれるはずさ』チラッ


P(携帯で緑色のランプが激しく点滅している……どうやらそれ以上はいけないということらしいが……)


P(ごめんなさい、ちひろさん。やっぱり理性が持ちませんでした)


まゆ『まゆはPさんと一緒ならどこでも大丈夫ですよぉ……///』


P『嬉しいね。そう言って貰えると』スタスタ


まゆ『うふふ……』


P『……まゆ』


まゆ『何ですかぁ?』


P『……今夜は手加減なしだ』


まゆ『……はい♡』



ガチャ…バタン


59: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:23:27.73 ID:n92mrr150

未央「……行っちゃったね」


響子「ちひろさーん。凛ちゃんの体調が悪化したので、今すぐここを開けてくれませんかぁー」ドンドン


凛「」チーン


未央「ちひろさーん! 響子ちゃんの言ってることは本当だけど、今扉を開けたら十中八九刺されるから気を付けて! 騙されちゃダメ!」


ちひろ『その心配には及びません』


響子「ちひろさん?」


未央「これは……館内放送?」


ちひろ『未央ちゃん、正解です。さて、どうでしたか? メインイベントは』


未央「私の監督責任のバツ、重すぎない? 常に生死の境をさまよってる気がするんですけど!」


ちひろ『私も見ていてそれは思いました。ですが、まさかお二人がここまで錯乱するとは思ってもいなかったので』


響子「こんな映像見せられたら、誰だってこうなりますよー」ブンブン


ちひろ『あぁー、効果音が惜しいですね。出来れば破裂音でお願いします。それだと血みどろの結末にしかならないので』


未央「私は別にいいんだけどさ、色々説明してくれませんか? とりあえず、Pさんはそっちの人間ってことでいいんですよね?」


ちひろ『はい、正解です。Pさんには、あなた達へのお仕置きということを伝えた上で協力してもらいました』


凛「それって私がPさんのシャツを拝借してるって説明したってこと?!」ガバッ


未央「あ、復活した」


ちひろ『いえ、さすがにそこまでは説明していません。あくまでも『おしおき』ということだけ伝えました』


ちひろ『さすがに詳細を説明すると大変なことになると思ったので』


未央(あぁ……最悪担当変更なんてこともあり得るもんね。そうなったらしぶりんがどうなるやら……)


ちひろ(それをダシに、どんな変態プレイを迫るかわかりませんからね~あの人は)

60: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:26:12.98 ID:n92mrr150

ちひろ『おしおきの内容は至ってシンプル。他人のイチャイチャほど目障りなものはありません』


ちひろ『特に、恋人がいない人間、恋人を作れない環境に席を置く人間にとってはね』


未央「それはどこ情報なの?」


ちひろ『うちの事務所の20代以上のアイドルたちにアンケートを取りました。『どういうシチュエーションに、より怒りを感じるか』という名目で』


未央「なるほどー(アカン)」


ちひろ『ものの見事に票が集中しましてね。自由記入型のアンケートにしたんですがねぇ。トッテモフシギ』


未央「本心が隠せてないよ、ちひろさん」


ちひろ『……思春期のあなた達にこういう場面を見せるのには少し気が引けました』


ちひろ『恋愛がしたくても出来ない立場にありますから、精神面に大きな影響が出るのではないかと思いまして』


ちひろ『ただでさえ私たち大人が半ば強制的にあなた達を抑え込んでいる現状』


ちひろ『それらを考えた時、このおしおきはあまりにも酷だと思い、私は一度この合宿をやめようと決断しかけました』


凛「ちひろさん……」


ちひろ『でも……』


響子「でも?」


ちひろ「窃盗は立派な犯罪ですから。通報されるよりはマシかなぁと思いまして」


凛「う゛っ」


未央「まぁ、そうなるよね」

62: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:28:34.95 ID:n92mrr150

ちひろ『それに、こっちの方がおもしろそうじゃないですか。ねぇ?』


未央「絶対そっちの方が本心でしょ!」


ちひろ『まぁまぁ!! とにかく、これでしっっっかり反省したことでしょう』


ちひろ『Pさんに対して好意を抱くのは自由ですし、それを邪魔するつもりもありません』


ちひろ『ですが、超えてはいけないラインというものがあります。それだけはわきまえてください』


凛「ごめんなさい……」


ちひろ『未央ちゃんもですよ。親友を思いやることも大事ですが、道を逸れた時に引き戻してあげることも大切です』


ちひろ『今回は監督責任者として参加していただきましたが、今後はしっかりと凛ちゃん達を監視してくださいね』


未央「いや、そうは言っても……」


ちひろ『ん?』


未央「……ハイ」

63: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:29:48.23 ID:n92mrr150
響子「……あのー」


ちひろ『なんでしょうか?』


響子「私はどうして参加させられたんでしょうか? 正直、思い当たる節がないんですけど……」


ちひろ『あれ? 凛ちゃんたちから聞いていませんか?』


響子「はい。ぼんやりとだけしか……」


ちひろ『シャツ盗難のくだりはご存知ですよね? 盗難実行犯は凛ちゃんだとして、それを使用した響子ちゃんは共犯という形になります』


響子「でも私、なにもしてませんよ! ただちょっとだけ臭いを嗅いだだけです」


ちひろ『それだけでも大概な気がしますが、実はそれだけじゃないんですよ。響子ちゃんにもきちんとした理由があります。それこそ、凛ちゃんと同じぐらいのものが』


響子「そんなことありません!」


未央「……ちなみにその理由って言うのは?」


ちひろ『響子ちゃんに関しては、とあるアイドルからタレコミがありまして』


響子「タレコミ?」


ちひろ『…………ベッドシーツ』ボソッ


響子「 !! 」

65: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:33:27.69 ID:n92mrr150

ちひろ『思い当たる節、ありますよね?』


響子「……まゆちゃん、ですか?」


ちひろ『ご名答です♪』


凛「――あ、そうだよ! まゆもそっちのグルだったんでしょ?! すっかり騙されたよ!」


ちひろ『はい、まゆちゃんもこちらの人間ですよ。今朝の会話は全て仕込です。凛ちゃんとの会話も、全てカマをかけるためのものです』


凛「くっ……まんまと引っかかった……!」


ちひろ『意外な収穫でしたよ。まゆちゃんには感謝ですね』


未央「……まさかとは思うけど、さっきのやりとりをエサに協力してもらったとか?」


ちひろ『冴えてますね! その通りです』


ちひろ『まゆちゃんには『協力してくれたらPさんと二人っきりの時間を作ってあげます』と言ったら、快く承諾してくれました』


ちひろ『『約束を破ったら、どうなるかわかりますよねぇ?』と釘を刺されましたけどね。いやー、あの時ばかりは死を覚悟しましたね』ブルブル


未央「そのまゆちゃんだけどさ、あのままでいいの? 途中までは台本だったとして、最後のは絶対アドリブですよね?


未央「超えちゃいけないラインどうこう言ってましたけど、大丈夫なんですか?」


凛「未央、ナイスアシスト」


未央「アシストした覚えはないんだけどなぁ」


ちひろ『そうですよ! 私は中止するように連絡したのに、Pさんが暴走してしまったんですよ! 早く止めないと!』


響子「あれPさんのアドリブだったんだ……」ハイライトオフ


凛「だとすれば最後のキスももしかしたら……」ハイライトオフ


未央「まだそうと決まったわけじゃないから! もしかしたら外で待機してる可能性もあるし、まだ望みを捨てちゃだめだよ!」


響子「そう、だよね……」


凛「前向きに行こう。前向きに……」


66: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:35:35.77 ID:n92mrr150

ちひろ『……あ、もしもしPさんですか?』


P『あぁ、ちひろさん、お疲れ様です。どうしましたか?』


ちひろ『どうしましたか、じゃないですよ! 何してるんですか! 勝手にまゆちゃんを拉致して! 今すぐ戻ってきてください!』


P『拉致ってそんな……人聞きの悪い』


ちひろ『事実でしょ!』


P『お互い同意の上ですから、大丈夫ですよ』


ちひろ『そういう問題じゃありません! 今すぐまゆちゃんを連れて帰ってきてください!』


P『え゛っ! そりゃあないですよちひろさん! 俺、もう家に着いちゃいましたよ!』


ちひろ『はぁああ?! あなた、よりにもよって本当に自宅に連れ込むなんて――』



<アッ……Pサァン……///



ちひろ『……Pさん』


P『なんですか?』


ちひろ『後ろから不穏な声が聞こえるような気がするんですが、私の気のせいですかね?』


P『あー、そうですね。お疲れなんじゃないかと』



<Pサァン…! ジラサナイテクダサイ……/// マユ、モウガマンデキマセン……!



ちひろ『いや、絶対ウソでしょ! 絶対、事に至ってるでしょ!』


未央・凛・響子「「「 !? 」」」

67: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:38:11.69 ID:n92mrr150

P『すいません、ちひろさん。俺にはなんのことかさっぱり……』


ちひろ『しらばっくれないでください! 一体ナニをやってるんですか!』



<Pサァン! マユ・・・モウ……!///



P『すいません、ちひろさん。まゆがもう限界みたいなんで、そろそろ失礼しますね』


ちひろ『あ、ちょっと! 今――!』



ガチャッ  ツーッ、ツーッ……



ちひろ『…………』


未央「ち、ちひろさん……?」


ちひろ『……今日のプログラムはこれで全てです。会議室に寝具が一式用意されているので、今夜はそちらでお休みになってください。』


響子「え、えっ?」


ちひろ『私は急用が出来たので、ちょっと出かけてきます。日付が変わるまでには戻ってきますので、施錠の方はお気になさらず』


ちひろ『先に寝てもらっても大丈夫ですから。レッスンルームの鍵は開けておきますので、あとは自由に過ごしてください。……それでは』ブツッ


未央「……切れちゃった」


凛「とにかく、これで終わりなんだよね?」


響子「そうだと思うよ」


未央「なんか……凄い急展開だったね」


凛「取りあえず会議室に行こっか。色々あって疲れちゃったよ」


響子「そうだね。今日はもう休もっか」


未央「たぶん私が一番疲れた気がするなぁ……」

68: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:38:55.66 ID:n92mrr150


スタスタスタ……



凛「……ところでさ」


未央「どうしたの?」


凛「ベットシーツ、って……」


未央「あ」


響子「…………」


凛「……あるの?」


響子「……部屋に」


凛「……今度、響子の部屋に遊びに行っていい?」


響子「……皆には内緒だよ?」


凛「うん」


未央「二人とも、そういうところだよ」



ガチャ   バタン




69: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:41:12.02 ID:n92mrr150

翌日



ガチャ



P「おはようございます」


ちひろ「おはようございます、Pさん」


P「昨日の俺の演技どうでしたか! 結構いけてたでしょ!」


ちひろ「そうですね。思わず警察に通報したくなるぐらいには」


P「まぁ、その点は安心してください。こう見えてきちんとわきまえてるんで」


ちひろ「どこをどう見たらそういう結論に至るのか教えて欲しいですね」


P「いや~、それにしても緊張しましたね。おしおきの為に、まゆと一緒にカップル役で即興の演劇をしてくださいなんて言うもんですから、心底驚きましたよ」


ちひろ「その割には慣れていませんでしたか?」


P「まゆからのいつものスキンシップがすでにその域ですからね。いつもみたいに自然体で接していたら、不思議と落ち着いていられました」


P「後はそこに少しだけ肉付けした感じですね」


ちひろ「うら若きアイドルをお持ち帰りするのが少しの肉付けですか」

70: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:44:57.01 ID:n92mrr150

P「まゆはドラマ出演の経験がありますからね。俺もまゆのレベルに出来るだけ追いつこうと思いましたけど、やっぱり無理でした」


P「いやー。あそこまで上手く恥ずかしがることなんて、俺にはできませんよ」


凛「さっきからわざと言ってるの? それ」ガチャ


未央「Pさん本当に気を付けないと、そのうち刺されちゃうよ。不特定多数に」ガチャ


響子「朝ごはん何がいいですか?」ガチャ


P「おー、三人とも。昨日はお疲れさん。朝から物騒なこと言わないでくれ。そうだな、久しぶりにちゃんとした味噌汁が飲みたいかなぁ。最近はもっぱらインスタントばっかりだし」


響子「はいっ! ちょっと待っててくださいね!」タタタ


未央「響子ちゃんはもう上機嫌だなぁ~。昨日のPさんの言葉が効いてるみたいだね」


P「そういう未央も、もう大丈夫そうじゃないか」


未央「まぁね! 未央ちゃんは元気が取り柄の子だから! それに、なんか昨日の二人を見てたらどうでもよくなっちゃって。考えるだけ無駄かなと」


未央「あ、それともPさん的にはもっと落ち込んでて欲しかった感じかな?!」


P「はは、まぁそうなっててくれてたら嬉しかったけどな。ま、いいさ」


未央「そこは嘘でも『うん』って言って欲しかったかなぁ……」
71: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:45:31.20 ID:n92mrr150

凛「……プロデューサー、その」


P「……凛」スッ…


凛「!」ビクッ


P「……元気出せ」ナデナデ


凛「……えっ?」


P「何があったかは知らんが、おしおきされるってことは、結構なことをやってしまったんだろう。そこは反省すべきだ」


凛「…………」シュン


未央(うん。まぁ窃盗だからね。結構なことだよね)


P「でもまぁ、もう罰は済んだしな。今回のことを忘れずに、今日からまた頑張っていけばいい」


P「やってしまったことは仕方ないけど、反省すればまたやり直せるんだ。これからもみんなを笑顔に出来るようなアイドルとして活躍していってくれ」


凛「……うん、頑張るよ」ウルウル


P「ははは! 凛が泣くなんて珍しいな! まゆが見たら驚きそうだ」


凛「……っ! 泣いてないから! 何言ってんのバカっ!」


未央「まぁまぁしぶりん……ってそうだ。肝心のまゆちゃんはどこに?」


P「まゆか? そろそろ来るはずなんだが……」


未央「っていうか、結局あの後何が――」



ガチャ



まゆ「おはようございまぁす」


ちひろ「あ、噂をすれば来ましたね……って、え?」


まゆ「……? どうかしましたかぁ?」ヒョコヒョコ


未央「」


凛「」


ちひろ「」

73: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:48:46.82 ID:n92mrr150
響子「Pさん、お待たせしました! ……って、まゆさん……」


まゆ「なんですかぁ?」ヒョコヒョコ


響子「どこかケガでもしたんですか? 何か歩き方に違和感があるような……」


まゆ「えっ?! これは、あの、その……///」カァァ


未央「えーっと……質問変えていい? 昨日の夜、なにがあったの……?」


まゆ「昨日の夜は……」


凛「昨日の夜は?」


まゆ「……凄かったです///」


凛「プロデューサー? ちょっとこっちに来てくれるかな?」ゴゴゴ…


響子「Pさん、ちょっといいですか?」ゴゴゴ…


P「え? おいおい……二人ともどうしたんだそんな怖い顔して……って響子! その包丁どっから出してきたんだ!」


凛「すっかり忘れてたよ。あんまりにも衝撃的すぎることばっかりだったからね」


響子「きちんと説明してくれますよね? 聞けば、最後のキスのくだりは全部Pさんのアドリブらしいじゃないですか」


P「な、なんで知って……まさか! ちひろさん! 言わないって約束じゃないですか!」


ちひろ「知りません。勝手に暴走して、大事なアイドルとねんごろな関係になるような人は」


P「ねんごろって、何もやましいことはしてませんよ! ほら! まゆも説明して!」


まゆ「まゆの口からは、とても……///」


凛「植木鉢、幾つぐらい必要かな」


響子「とりあえず二個は必要かな。未央ちゃんもいる?」


未央「私はいいかな。まだそっちの世界に行きたくないし」


凛「そっか。残念」

74: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:49:37.28 ID:n92mrr150

P「未央! 助けてくれ! なんでも言うこと聞くから!」


未央「あーあー! 何も聞こえない、何も聞こえない!」


P「未央ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


未央「ごめんプロデューサー。これ以上精神に負担がかかることはごめんなんだ」


P「ちょ、ちょっと待て二人とも! 本当に何もやましいことはしてないんだ! 本当なんだ! 信じてくれ!」


凛「悪党に限ってそう言うことを言うよね。死に際に」


P「死に際!?」


響子「大丈夫ですよPさん! 私、介護も得意ですから!」


P「何を言ってるか俺にはさっぱりわからんぞ響子ぉ!」


凛「ちひろさん、しばらく会議室借りるけどいい?」


ちひろ「大丈夫ですよ。他の子が来るまで、まだ一時間以上ありますから」


凛「そっか、ありがとう。ということは、あと一時間はPさんを好きに出来るってことだよね」


響子「わくわくするね!」


P「わくわく?! 一体お前らは何をするつもりなんだ! ちひろさん! ちひろさぁぁぁん!!」


ちひろ「Pさんもこれを機に『おしおき』を体験してみるのもいいかもしれませんね♪」ニコッ


P「嫌だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」



バタン

75: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:54:09.66 ID:n92mrr150

ちひろ「…………で、改めて聞きますけど、昨日の夜何があったんですか?」


まゆ「昨日ですかぁ? Pさんに足ツボマッサージしてもらっただけですよぉ?」


まゆ「『いつも俺に気をかけてくれるから、そのお礼に』って」


ちひろ「電話の時に変な声が聞こえてきたんですが」


まゆ「痛気持ちいい、って言うんですかねぇ? 体験したことのない感覚だったので、つい変な声が出てしまって……///」


ちひろ「歩き方が変なのは?」


まゆ「昨日の夜もそうだったんですけど、今でも信じられないぐらい全身が軽くなりましてねぇ」


まゆ「体が楽過ぎて、なんだか慣れないので歩き方が変になっただけだと思います」


まゆ「体のバランスが正しくなって、逆にアンバランスに感じますねぇ」


ちひろ「それを説明できなかったのは?」


まゆ「ただのマッサージで変な声を出すなんて、はしたない女だと思われちゃうじゃないですかぁ……///」


ちひろ「……そうですか」


ちひろ(Pさん……どうか安らかに)




この後Pは、二人にめちゃめちゃ『おしおき』された。





おわり
77: ◆AhbphGAJlO0. 2016/07/22(金) 00:56:52.91 ID:n92mrr150
あと、まゆが受けたのはただのマッサージなので、まったく問題は無い。いいね?
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 01:15:06.33 ID:AWqtj4570

家に連れ込んだ事が問題なんだよな
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/22(金) 01:51:30.01 ID:yzM0dh+Ro
まゆの1人勝ちか

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング