FC2ブログ

ユウキ「キミへ」

1: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 02:15:10.78 ID:pnBiLajZ0
ユウキとアスナ(SAO)に関するネタバレあるかも
書き溜めなし
ただのポエム
若干、百合






眩しい。
太陽だ。
ボクの目の前に、
広がっている。

光。

全ての光。
朝靄の中で、
神に祈りを捧げるように、
ボクは剣をかざした。
右手にはとても大切な仲間の手を握り締めていた。

剣は光を遮って、
ボクらの顔に陰を作った。
それ以外の全てを照らしてくれる、光。

「アスナ」

名前を呼ぶと、必ず笑ってくれる。

「なあに」

問いかけてくれる。
瞳の中に、焼き付けるように、じっとこちらを見る。
彼女の癖なのか。
どうなのか。
わからないけれど。
その瞬間、ボクは彼女の中にいるんだと、
とても落ち着いた気持ちになる。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417281300
2: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 02:25:52.97 ID:pnBiLajZ0
優しいのだ。
お母さんのような。
お父さんのような。
姉ちゃんのような。
離れても、そばにいる。

優しいものは、どうしていつも、
こんなに近くまできてしまうのだろうか。
近すぎて、今まで頑なに張っていた線を
飛び越えて、すぐそばまで来て。
本当は、ダメなのに。
優しい人を、傷つけたくなんかないのに。

優しく頭を撫でて、ここへおいでと手招きする。
そこへ行くわけにはいかないのに。
足はふらふらと向かう。
突き放そうとしても、ダメ。

「森の家、今日は誰も来ないの?」

「そうよ、今日はね二人だけ」

「そっか」

「のんびりできていいでしょ」

「うん、キリトはたまに小言を言うからね」

「あらあら……ふふ」

3: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 02:38:39.00 ID:pnBiLajZ0
ゲーム中なら、どんな敵が出たって、
いの一番に突っ込んでいく。
猛進して、ぶつかって。
後ろなんて振り返ってられない。
それが楽しい。
生きている実感が湧く。
なにしろ、それがボクの全てだ。
ボクは人生の全てを捧げている。
この、仮想世界に。
でも、不意に。
驚かされる。
あまりにも近くにいるものだから。
錯覚してしまう。

触りたいと、欲求が生まれてしまう。
それは、そう。
赤ん坊が腕を広げて、
母の温もりをせがむように。
手を伸ばせば、掴めるんじゃないかと
そんな思い込みに過ぎないけれど。

「そう言えば、キリト君がまた決闘したいって……ぼやいてたよ」

「えー、今度は両手剣?」

「んーどうだろ」

「なんか、片手だとアンバランスだよね、あの人」

「やっぱり分かるんだ」

「まあ、ボス部屋の前であんな戦い見せられたらねえ」
4: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 02:50:40.94 ID:pnBiLajZ0
「でも黒い剣と金色の剣って地味なの派手なのどっち? って思っちゃった、私」

「あの人は、金より黒って感じだよね」

「そうそう、金は似合わない」

アスナは言ってから、苦笑した。

「今のは内緒ね」

人差し指を薄桃の唇に当てる。

「うん、わかってるよ」

仮想世界で握り締めた手の感触が、どこまでリアルを再現できているのかというと、
ボクには、もうよくわからない。
遠い遠い昔。
感じたことがある。
でも、忘れてしまっている。
そう、忘れてしまっているだけ。
思い出せないだけで、ボクの体にはきっと記憶されている。

だから、まだ、手を繋ぎたい、と思うのだ。
それは、ボクがまだ生身を忘れていないという証かもしれない。
5: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 02:58:03.32 ID:pnBiLajZ0
「今日はね」

ぽつりとアスナが言った。

「ユウキと二人になりたかった」

互いにソファに座って、手を握り、窓の外を見ていた。
雪が降っていた。
部屋は暖かい。
そういう設定変更だ。ただの設定。
BGMの音量を調節したり、グラフィックの解像度を上げることと、
なんら変わりない。
でも、暖かい飲み物を飲みたくなるし、暖かいシャワーを浴びたくなる。

現実世界で目覚めた時には、絶対にそんなこと思わない。
ただ、クラゲみたいにボクは海中を漂っている。
そんな気分で。
6: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 03:17:14.88 ID:pnBiLajZ0
クラゲにいるのはほんの少しのエネルギーだけ。
例えば、本物のクラゲは体の拡張と縮小を行う過程で、
クリティカルな一時休止を挟み、高効率な推進性を
獲得している。

ボクは、ほんの少し体力を削って、
成長と崩壊の傍ら、
仮想世界で暴れまわり、
現実世界でふよふよとジェルに身をゆだねている。

キミが近づいてきて、ボクを見つけてしまった時は、
とても驚いたけど。
ボクはただ、ふよふよと漂うクラゲだった。
これからもずっと、クラゲ。

ボクは海の上で、波の気のまま、ダンスを踊る。
キミの清らかで、優雅な動きには劣るかもしれないけど。
速さなら負けないよ。


「だから、誰も呼ばなかったの?」

ボクは聞いた。

「……ええ」

「嬉しい……」

ボクは笑った。

7: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 03:24:50.17 ID:pnBiLajZ0
こてん、とアスナの頭がボクの肩に置かれた。

「今日は、帰るまで、こうしてたいなあ」

「甘えん坊だ」

「そうよ、知らなかったの?」

「全然、知らなかったよ」

「私、たぶん年下に甘えるの……好きなのかも」

最後の方は、尻すぼみであまりよく聞き取れなかった。
その照れくさそうな感じ。
優雅?
じゃないかもね。

「お疲れモード?」

「ユウキの子守がちょっとね」

「えー!?」

「うそうそ」
8: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 03:42:13.74 ID:pnBiLajZ0
笑い声が、広いログハウスに響く。
こんな日々が、とてつもなく愛おしい。
アスナが大好きだ。
大好きで、大好きで堪らない。

「アスナ」

「はーい?」

ボクはゆらゆらと漂うクラゲになって、
キミのすぐそばで踊っていたい。

どこにいても誰かを想ってしまう切ない気持ちを、
ボクはきっと、生涯、どの世界に行こうとも、
忘れることはない。
幸せだ。
もしかしたら、一目惚れ?
女の子同士だから、それはないか。
ただ、この想いを。
心からの幸せを。
いつまでも。
どこまでも。
願わくば忘れたくないよ。

「大好き」

恥ずかしそうに笑った。





おわり
9: ◆/BueNLs5lw 2014/11/30(日) 03:44:52.80 ID:pnBiLajZ0
SAO見るたびに、ユウキ熱もらう。
誰か書かないかな。ユウキとアスナss

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング