FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:15:12.63 ID:m3lOhXqf0
グラン「うーん……」

ビィ「おいどうしたんだ、グラン? そんなに眉間にしわ寄せて」

グラン「ちょっと悩み事があって……」

ビィ「悩み事? 水臭いじゃねえか、悩みがあるのならまずはオイラに相談しろよ!」

グラン「でも騎空団の運営についてだよ?」

ビィ「あ、そりゃ無理だ、オイラじゃわかんねぇ」

グラン「今までは行き当たりばったりでもよかったけど、人が増えると色々やることも増えてさ」

ビィ「確かにな……でも、一人で悩んでてもわかんないだろ? オイラじゃなくても別の人に相談したらどうだ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446290112
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:15:38.34 ID:m3lOhXqf0
グラン「そうだな……誰に相談するか」

ビィ「こういうのは年長者に聞くってのが一番だぜ!」

グラン「年長者か……」

ビィ「そうだ、つまり……」

グラン「カタリナだな」

ビィ「おいバカやめろ」

グラン「ダメなのか?」

ビィ「グランが姐さんの剣の錆になりたいんなら止めないぜ……じゃなくて、もっと適任者がいるだろ? ほら、あの爺さんだよ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:16:09.04 ID:m3lOhXqf0
グラン「爺さん……ああ、確かに年長者だな」

ビィ「そうそう、オイゲ……」

グラン「カリオストロか」

ビィ「そっちかよ!?」

グラン「男の年長者じゃないか、数千年生きてれば立派な爺さんだ」

ビィ「いや、確かにそうだけど……え、でも、あれは……男? 爺さん? うーん……」

グラン「とりあえず、聞いてくるよ」

ビィ「お、おう……」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:17:08.87 ID:m3lOhXqf0



グラン「カリオストロ、ちょっといい?」

カリオストロ「……なんだ、グランか、オレ様は今忙しいから用事なら後にしろ」

グラン「忙しい? 鏡の前に立ってるようにしか見えないけど」

カリオストロ「はあ? 目ん玉どこについてんだよ」

グラン「え?」

カリオストロ「まったく仕方ない奴だな、よく見てろ……キャハ☆」

グラン「……」

カリオストロ「どうだ、オレ様可愛いだろ?」

グラン「まあ、可愛いポーズはとってたけど……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:17:51.34 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「そうだろう? そんな可愛いオレ様がもっと可愛く見える研究に忙しんだよ、用事なら後にしろ」

グラン「……」

カリオストロ「……こうか? いや、違うな……」

グラン「……」

カリオストロ「もっと庇護欲をかきてる感じがいいんだよな……」

グラン「……」

カリオストロ「これも……ちょっと違うな、どうもしっくりこないぞ、うーん……」

グラン「……カリオストロ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:18:25.95 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「あぁん? なんだ、まだいたのかよ? 後にしろって言ってるだろ」

グラン「庇護欲をかきたてたいのなら、もうちょっと大人しい感じを出した方がいいと思う」

カリオストロ「……なに?」

グラン「こんな感じにもっと上目づかいで……」アゴクイ

カリオストロ「え、あ……」

グラン「それで、もうちょっと小さくなる感じで……」

カリオストロ「お、おう……」

グラン「後、首も少しかしげた方が……」

カリオストロ「……こ、こうか……?」

グラン「そうそう」

カリオストロ「……キャハ☆」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:19:05.24 ID:m3lOhXqf0
グラン「うん、これでさっきよりも可愛くなったよ」

カリオストロ「そ、そうか……つうかお前、割とナチュラルに女の顔にさわれるんだな……」

グラン「え?」

カリオストロ「な、なんでもねえよ! ま、まあ、これでオレ様の可愛さにも磨きがかかったってことだな!」

グラン「うん、これでそっちの用事も済んだみたいだし、こっちの用事にも付き合って欲しいんだけど……」

カリオストロ「……そういうことかよ、意外にしたたかだな……まあいい、その用事ってのは何だ?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:20:02.78 ID:m3lOhXqf0
グラン「ちょっと相談事があって、カリオストロからアドバイスが欲しくてさ」

カリオストロ「この天才美少女錬金術師のカリオストロ様からアドバイスを貰いたいだと? 言っとくがかなり高くつくぞ」

グラン「え、タダじゃないの!?」

カリオストロ「タダなわけないだろ、オレ様からのありがたい教えを貰うために全財産を投げ出せる奴なんざ世界にごまんといるんだぜ?」

グラン「全財産なんか無理だって……騎空団を解散しなくちゃいけなくなる」

カリオストロ「……」

グラン「なんとか、まからないかな?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:20:32.76 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……ふん、まあオレ様だって鬼じゃあない、団長さんが相応の誠意ってやつを見せてくれれば特別に少しくらいまけてやってもいいぞ?」

グラン「誠意?」

カリオストロ「そうだ……金以外でオレ様を満足させられるか?」

グラン「誠意か……」

カリオストロ(困ってる困ってる……くくく、別に金なんざ興味ないが、さっきは無駄にドキド……じゃなくて、無駄に驚かされたからな、そのお返しだ)ニヤニヤ

グラン「……そうだ、デートをしよう」

カリオストロ「ぶはぁ!?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:21:03.54 ID:m3lOhXqf0
グラン「どうしたんだ、カリオストロ? いきなり吹き出して」

カリオストロ「お、お前がいきなり変なこと言いだすからだろうが! なんだデートって!」

グラン「いや、この前シェロが『女の子に人気のお店が出来たんですよ~』て言ってたからさ、そこに連れて行こうかと思って」

カリオストロ「……それでオレ様が満足すると思ったのか?」

グラン「うん、だってカリオストロは可愛い女の子の研究に余念がないんだろ? だったら女の子がたくさんいるところに行った方がいいじゃないか」

カリオストロ(こいつ……微妙に説得力のあることを言いやがる)

グラン「どうかな?」

カリオストロ「……まあ、いいだろう、オレ様にとってみれば金なんざどうでもいいからな、それで勘弁してやるよ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:21:34.43 ID:m3lOhXqf0
グラン「ありがとう、それで早速相談なんだけど……」

カリオストロ「おう、なんだ言ってみな」

グラン「騎空団の運営についてなんだ、ちょっとどうすればいいのかわからないところがあって……」

カリオストロ「騎空団の運営? そんなのオレ様に聞かれてもわかるわけないだろ」

グラン「え、そうなの……?」

カリオストロ「当たり前だろ、最近まで封印されてたんだし」

グラン「あ、そっか……」

カリオストロ「そういうのはオイゲンに聞けよ、アイツの方がくわしいだろ」

グラン「……わかったよ、ありがとう、それじゃあ……」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:22:08.65 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「おい待て、どこに行くんだ?」

グラン「どこって、オイゲンのところに……」

カリオストロ「その前にまず、オレ様にお礼をするのが先だろう」

グラン「え? でもアドバイスもらってない……」

カリオストロ「教えてやっただろうが、オイゲンに聞けって」

グラン「いや、それはアドバイスじゃないだろ!」

カリオストロ「立派なアドバイスだ、文句を言われる筋合いはねえぞ?」

グラン「そんな……」

カリオストロ「それじゃあ団長さん☆、カリオストロをぉ、デートに連れてってぇ?」

グラン「……」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:22:48.82 ID:m3lOhXqf0

お店

カリオストロ「きゃあ☆、このパフェ美味しそうだね、団長さん☆」

グラン「う、うん……」

カリオストロ「……おい、こんな超絶美少女とデートしてるんだぞ? もっと楽しそうにしろよ」

グラン「いや、まだ飲み込めないところがあって……」

カリオストロ「カリオストロ、団長さんがなに言ってるかわからなぁい、早く食べよ☆」

グラン「……」

カリオストロ「はい、団長さん、あーん」

グラン「え?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:23:19.40 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「え、じゃねえよ、世間が羨む美少女がわざわざ食べさせてやるってのになに呆けてんだよ」

グラン「だ、だってカリオストロがやさしくしてくれるなんて思わなくてさ」

カリオストロ「はあ? なに勘違いしてんだ」

グラン「勘違い?」

カリオストロ「オレ様みたいな、ゆるフワ可愛い系美少女があーんをしてるんだぞ? 周りから見れば最高に可愛い絵面だろうが」

グラン「……つまり俺に優しくしてくれたわけじゃないってこと?」

カリオストロ「当たり前だ、早く食え」

グラン「……いただきます」パク
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:23:48.16 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「どお? 団長さん、美味しい?」

グラン「……美味しい」

カリオストロ「よかった☆」

グラン「……」

カリオストロ「それじゃあカリオストロもいただきまー……」

グラン「……ちょっと待て」

カリオストロ「……なんだよ?」

グラン「……今度は俺があーんさせてあげるよ」

カリオストロ「はあ? ……あ、スプーン取んな」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:24:33.98 ID:m3lOhXqf0
グラン「遠慮せずに食べてよ、さあ、あーん」

カリオストロ(……この野郎、さっきのの意趣返しのつもりか)

カリオストロ「別にぃ、絶世の美少女であるカリオストロちゃんのやるあーんだったら可愛いけど……冴えない団長さんがやったってぇ……」

グラン「確かに俺がやったって俺は可愛くないかもしれない」

カリオストロ「わかってんじゃねえかよ」

グラン「だけど、あーんで食べさせられるカリオストロは、きっと可愛い」

カリオストロ「……! なん……だと?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:25:07.09 ID:m3lOhXqf0
グラン「想像してみてくれ、美少女があーんで食べさせられる姿を、多分きっと可愛いはずだ」

カリオストロ(オレ様のような小動物的な美少女があーんで食べさせられる姿? ……………確かに可愛い!)

カリオストロ「……お前、オレ様の次くらいに天才かもしれないな」

グラン「えーと……褒められてるんだよね?」

カリオストロ「よし! 食べさせろ!」

グラン「わかった、はい、あーん……」

カリオストロ「あーん……」モグモグ

グラン「……」

カリオストロ「……ゴクン……どうだ? オレ様、最高に可愛かったか?」

グラン「うん、カタリナの気持ちが少しわかったよ」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:25:47.74 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「カタリナ……? 何の話だ?」

グラン(カタリナがビィにご飯を食べさせようとするのは、きっとこういうのが見たいんだろうな)

カリオストロ「まあいい、次はオレ様の番だ、スプーンをよこせ」

グラン「え、また俺が食べるの?」

カリオストロ「交互にあーんをするんだ、オレ様の可愛らしさをよりアピールする為にな」

グラン(なるほど、と言っていいのか……)

カリオストロ「ほら早く、あーん」

グラン「……あーん」

グラン(まあ、満足してくれたみたいだし、いいか)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:26:23.40 ID:m3lOhXqf0
次の日

ビィ「よお、グラン、悩みは解決したか」

グラン「ああ、無事に解決したよ」

ビィ「へえ、やっぱりすごいんだな、カリオストロって」

グラン「いや、カリオストロじゃなくてオイゲンに聞いたんだ」

ビィ「え? なんだ、結局オイゲンに聞いたのか」

グラン「最初はカリオストロに聞きに行ったんだけど、そしたらオイゲンに聞けって言われて」

ビィ「……まあ、当たり前だよな」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:26:55.07 ID:m3lOhXqf0
グラン「でもしっかりアドバイス料はとられたよ」

ビィ「まさか金でもとられたのかよ?」

グラン「いや、最近できたお店の売れ筋パフェで手を打ってもらった」

ビィ「……意外と安上がり、なのか?」

カリオストロ「あっ☆、団長さんこんなところにいたんだぁ! 探したよ☆」

グラン「カリオストロ? どうしたの?」

カリオストロ「カリオストロ、団長さんにお願いがあってきたんだぁ」

グラン「聞けるものだったら聞くけど、何?」

カリオストロ「団長さんとデートしたいなぁって」

グラン「え?」

ビィ「ええ!?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:27:39.78 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……まさかぁ、断ったりとしかないよねぇ? こんな美少女とのデートをさぁ?」

グラン「こ、断るわけないじゃないか……」

ビィ(断ったらただじゃおかねえって顔してるじゃねえか)

カリオストロ「よかったぁ、それじゃあ、早速行こっか☆」

グラン「う、うん、ビィも……」

ビィ「……デートってことだからオイラは邪魔しないように艇にいるぜ」

グラン「……」

カリオストロ「ほらほら、団長さん☆、早くぅ」

グラン「……」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:28:33.90 ID:m3lOhXqf0

街中

グラン「街まで連れ出されておいてなんだけど、なんで急にデートなんてしようと思ったの?」

カリオストロ「喜べグラン、オレ様はお前の事を認めてやったんだ」

グラン「……どういうこと?」

カリオストロ「お前の話はそこら辺の凡人に比べてまだ聞く価値があるってことだ、特別にオレ様の助手に任命してやる」

グラン「助手って……俺、錬金術の事とかよくわからないよ?」

カリオストロ「馬鹿、お前なんかに錬金術の手伝いをさせるわけないだろ」

グラン「それじゃあ助手っていうのは?」

カリオストロ「オレ様の可愛さを磨くための助手に決まってるだろ」

グラン「そんなこと決まってたのか……」

カリオストロ「団長さんには、デートをしながらぁ、カリオストロがもっともっと可愛くなるために手伝ってもらうからね☆」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:30:13.76 ID:m3lOhXqf0

カリオストロ「ねえ見てグラン君、このぬいぐるみ可愛い☆」

グラン「そうだね」

カリオストロ「やっぱりオレ様みたいなさいかわ系には小さな熊ぬいぐるみは定番だよなあ?」

グラン「……うーん」

カリオストロ「なんだよ、オレ様には似合わないっていうのか?」

グラン「いや似合うとは思うよ、でもこのぬいぐるみじゃないと思う、どちらかといえば……こっち」

カリオストロ「こんなデカいやつか?」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:31:04.01 ID:m3lOhXqf0
グラン「ほら、こうして抱きつくようにの持つとさ」

カリオストロ「こ、こうか?」

グラン「そうそう、こうするとカリオストロの小っちゃさが強調されて可愛く見えるよ」

カリオストロ「ちょっと確認したい、姿見ないか」キョロキョロ

グラン「露店にそんなものないよ、艇に戻ってからだね」

カリオストロ「……ち、しょうがねえな、楽しみとしてとっておくか、ほれ」ヒョイ

グラン「え、俺がこれ持つの?」

カリオストロ「女の子に荷物もたせるわけねえよな?」

グラン「……持たせていただきます」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:31:44.16 ID:m3lOhXqf0

カリオストロ「さて次はなにを見るかな」

グラン(……あれ、この匂いは)

カリオストロ「もうちょっと小物を漁ってみるか、なあグラン……あれ、グラン?」キョロキョロ


グラン「……」

カリオストロ「おい、グラン、急にいなくなるんじゃねえよ、びっくりするだろうが」

グラン「あ、ごめん、これの匂いに釣られてさ」

カリオストロ「匂い? ……これは、香水か?」

グラン「うん、カリオストロもつけてみない?」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:32:19.09 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「香水ねえ……見た目が変わるわけでもないし、いらないだろ」

グラン「いや、匂いは重要だよ、良い匂いだとそれだけで印象が変わるし」

カリオストロ「……そうなのか?」

グラン「そうだよ、カリオストロの場合は……」クンクン

カリオストロ「うぉ!?」

グラン「……うーん、ちょっと汗臭いかもな」

カリオストロ(だからなんでコイツは平気な顔でこういうことができるんだ!?)
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:33:02.89 ID:m3lOhXqf0
グラン「やっぱり何かつけたほうがいいよ……どうしたの?」

カリオストロ「……なんでもねえよ、それでどんなやつをつければいいんだ?」

グラン「自分につけるものだから、カリオストロ本人が心地良い匂いを選べばいいと思うよ」

カリオストロ「オレ様が心地良い……」クンクン

グラン「……」

カリオストロ「……なに見てんだよ」

グラン「何を選ぶのかって思って」

カリオストロ「……お前が選べ」

グラン「俺が? でも……」

カリオストロ「いいから選べ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:33:36.68 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ(どれを選べばいいからよくわからん……それにこいつが選んだのなら多分大丈夫だろ)

グラン「……うーん、それなら……」クンクン

カリオストロ「……」

グラン「……これなんてどう?」

カリオストロ「どれ……」クンクン

グラン「甘い香りでカリオストロの見た目にはピッタリだと思うよ」

カリオストロ「……確かに良い匂いだな、よしこれにするぞ」

グラン「わかった、それじゃあこれでお会計してくるね」

カリオストロ「おう」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:34:10.02 ID:m3lOhXqf0


グラン「ちょっとこのあたりで休憩しようか」

カリオストロ「そうだな……あっ☆ 団長さん、あの屋台に美味しそうなお菓子があるよ☆」

グラン「う、うん……寄ってみよう」


店主「いらっしゃい」

グラン「えーと、このリンゴパイを二つ」

店主「毎度あり……おや、お二人さんもしかしてデートかい」

カリオストロ「そう見えるぅ?」

店主「よかったな兄ちゃん、こんな可愛い子とデートできて、うらやましいぜ」

カリオストロ「だってさぁ……よかったね、団長さん☆」

グラン「……」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:35:01.11 ID:m3lOhXqf0
店主「俺ももう少し若かったらお嬢ちゃんみたいな女の子と遊べるんだろうけどな」

カリオストロ「もう、おじさんったらぁ、カリオストロがいくら可愛いからって、ナンパしちゃうのはダメだぞ☆」

グラン「……」

店主「ははは、それじゃあ、ナンパできない代わりにちょっだけとサービスだ、リンゴパイを特別にもう一個つけてやるよ」

カリオストロ「わーい、おじさん大好き☆」

グラン「……!」

店主「ははは、彼氏に嫉妬されちまうな!」

カリオストロ「ええぇ、団長さん、妬いてるのぉ?」

グラン「……」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:35:45.20 ID:m3lOhXqf0


カリオストロ「団長さん、このリンゴパイ美味しいね☆」

グラン「……うん」

カリオストロ(……なんだこいつ、急に元気なくなったぞ……いや、そういえばオレ様があの店のおっさんと話してる時から静かだったな……)

グラン「……」

カリオストロ(……もしかして本当にオレ様と店主が親しく話したことに嫉妬したのか? ……いや、まさかな)

カリオストロ「あれぇ? 団長さん元気ないねぇ……もしかして、嫉妬しちゃったのかなぁ?」

グラン「うん」

カリオストロ「えっ!?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:36:33.25 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ(マ、マジで嫉妬してたのかよ……まさかコイツ、オレ様の事を……?)

グラン(……俺もリンゴパイ、もう一個欲しかったなあ……初めてカリオストロのことを羨ましいと思った)

カリオストロ(そういえばコイツやたらとオレ様に触るよな……それに最初にデートに誘ってきたのは向こうの方なわけだし……)

グラン(やっぱりこのリンゴパイ美味しいし、もう一個買って来ちゃおうかな)

カリオストロ(オレ様って本当に罪な美少女だな……)

グラン(まあいいや、今度ビィも連れてきて食わせてやるか)
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:37:14.27 ID:m3lOhXqf0


カリオストロ「ちっ、段々人が多くなり始めたな」

グラン「この辺の通りは盛況だからね」

カリオストロ「団長さん、迷子になっても泣かないでね☆」

グラン「ははは……はい」

カリオストロ「なんだ、その手は?」

グラン「手をつないでいれば迷子になることはないでしょう?」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:39:01.95 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……オレ様は別に迷子にならねえぞ」

グラン「俺が迷子になるかもしれないからつないでほしいんだ」

カリオストロ「……」

グラン「ダメ?」

カリオストロ「……仕方ねえな、ほれ」

グラン「うん、ありがとう」グイ

カリオストロ「……」ギュッ
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:39:42.23 ID:m3lOhXqf0

グラン「色々小物があるね」

カリオストロ「そうだな」

グラン「どれがいいかな……」

カリオストロ「オレ様がより可愛いくなるやつだ」

グラン「それだと……このチョーカーなんてどうかな?」

カリオストロ「ふーん……まあいいんじゃねえか、お前のセンスは認めてやってるしな」

グラン「はは、ありがとう……すみません、これください」

カリオストロ「……」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:40:12.37 ID:m3lOhXqf0
グラン「……よし、じゃあ、早速つけてみようか」

カリオストロ「ああ」

グラン「……」

カリオストロ「何してんだ、早くつけろ」

グラン「あ、うん、俺がつけるのはわかってたんだけど、その……手がね」

カリオストロ「……あ」

グラン「握ったままだとふさがってるからさ」

カリオストロ「……」パッ
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:40:57.17 ID:m3lOhXqf0
グラン「それじゃあ、首を上げて」

カリオストロ「ん」

グラン「ありがとう…………よし、つけられたよ」

カリオストロ「どうだ? 可愛くなったか?」

グラン「うん、良く似合ってる」

カリオストロ「ならいい……ほれ」ヒョイ

グラン「え?」

カリオストロ「手をつないでやらないとお前が迷子になるだろうが」

グラン「あ、そうだったね」グィ

カリオストロ「次はあそこに行くぞ」

グラン「わかったよ」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:41:26.82 ID:m3lOhXqf0

次の日

ルリア「あれ、カリオストロさん……」

カリオストロ「なんだ?」

ルリア「なんだか良い匂いがします」

カリオストロ「お、わかるか?」

ルリア「はい、なんだか甘い香りが……香水ですか」クンクン

カリオストロ「ああ、つけてるが……どうだ、オレ様に似合ってるだろう?」

ルリア「はい! とっても良い匂いです、ずっと嗅いでいたいくらい」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:41:59.75 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「オレ様は常にさいかわ美少女を目指しているからな、この香水も美少女の嗜みってやつだ」

ルリア「そうなんですか……もしかしてそのチョーカーも?」

カリオストロ「もちろんだ、オレ様にピッタリだろ?」

ルリア「はい、とっても可愛いです!」

カリオストロ「ふふん、当然だな……あ、そうだグランのやつを知らないか? 部屋にはいなかったんだが」

ルリア「グランですか? さあ……? 私も見かけてないです」

カリオストロ「ちっ、どこ行ったんだ、アイツ」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:42:29.22 ID:m3lOhXqf0
ルリア「グランに何か用事ですか?」

カリオストロ「まあな、アイツじゃなきゃいけないんだが……」

ルリア「はあ…………あ、オイゲンさん!」

オイゲン「うん? なんだ、ルリアに……カリオストロか」

ルリア「オイゲンさん、グランがどこに行ったか知りませんか?」

オイゲン「グランだったらさっきすれ違ったぜ、イオを連れて街の方に向かってたが」

ルリア「イオちゃんを……?」

カリオストロ(イオ? あんな小娘と街に?)
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:43:08.00 ID:m3lOhXqf0
オイゲン「イオの方は随分ウキウキしてたみたいだがな、あれはデートかもな」

ルリア「え!?」

カリオストロ「……!」

オイゲン「ルリアもウカウカしてたらとられちまうぞ」

ルリア「そ、そんなこと……」

カリオストロ「……」

オイゲン「ははは、冗談だ、冗談」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:43:39.08 ID:m3lOhXqf0
ルリア「もう……あれ、カリオストロさん? どうしたんですか?」

カリオストロ「何でもない、オイゲン、グランのやつは街の方に行ったんだな」ギロ

オイゲン「お、おう……」

カリオストロ「ありがとよ」スタスタ

カリオストロ(グランの野郎、オレ様のことが好きだったんじゃねえのかよ……オレ様の方があんなチビジャリも数万倍可愛いってのに……)

カリオストロ(……まさか小っちゃい女の子なら誰でもいいってやつじゃねえだろうなあ? ……だとしたら承知しねえぞ)


オイゲン「……な、何だあれ、一瞬殺されるかと思ったぞ」

ルリア「はい、恐かったです……カリオストロさん、さっきまで機嫌良さそうだったのに……」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:44:08.88 ID:m3lOhXqf0
街中

イオ「まったく、二人だけでこそこそして良い思いをしようなんて百年早いわ」

グラン「別にそんなつもりはなかったんだけどなあ……」

ビィ「まあ、いいじゃねえか、三人で食べようぜ、その美味いアップルパイってのを」

イオ「でも、トカゲってアップルパイとか食べれるの?」

ビィ「オイラはトカゲじゃねえ!」

グラン「ははは…………あ、着いたよ、二人とも」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:44:39.95 ID:m3lOhXqf0
店主「いらっしゃい……おや、兄ちゃん、この前も来たな」

グラン「ええ、アップルパイを三つ」

店主「毎度あり……うん? この前のあの子は連れてきてないのか?」

イオ「あの子?」

グラン「カリオストロのことだよ、一緒にここに来たんだ」

ビィ「そういえば、デートしてたんだっけな」

イオ「ええ!? カリオストロとデート!? あなたそんな趣味があったの?」

グラン「趣味というか……」

ビィ「向こうから誘ってきたんだよ、ありゃあ断れねえぜ」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:45:10.04 ID:m3lOhXqf0
店主「なんだ、あんな可愛い子が向こうからデートに誘ってきたのか? 羨ましいねえ」

グラン「はは……」

イオ「ちょっと、可愛い子なら目の前にもいるじゃない」

店主「おお、そうだったな、悪い悪い、お詫びにアップルパイをおまけで一つサービスしてやるよ」

イオ「本当に? やったー!」

グラン「……!」

グラン(イオまで……羨ましいことを!)

ビィ「とっとと食おうぜ、オイラも腹減っちまったよ」

イオ「そうね、おじさん、ありがと」

店主「おう、また来てくれよな」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:45:38.64 ID:m3lOhXqf0


イオ「本当、あなたの言うとおり美味しかったわ」

ビィ「おう、サービスもしてくれるし、良い店を見つけたな、相棒」

グラン「……」

イオ「さっきから黙っちゃってどうしたのよ?」

グラン「……俺もアップルパイ二つ食べたかった」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:46:18.18 ID:m3lOhXqf0
イオ「はあ?」

ビィ「相棒、そんなこと気にして落ち込んでたのか?」

グラン「……」

イオ「もう、それならもう一個くらい買ってきなさいよ、別に高級品ってわけじゃないんだし」

ビィ「そうだぜ、ついでにオイラの分ももう一個買ってきてくれ」

グラン「現金だな……まあいいや、買ってくるから待ってて」

イオ「はいはい、いってらっしゃい」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:46:55.07 ID:m3lOhXqf0


グラン「すみません」

店主「おう、兄ちゃんまた来たのか、ちょうどアンタの彼女も来てるぜ」

グラン「彼女? ……あ、カリオストロ」

カリオストロ「……団長さん、こんな所にいたんだぁ?」

グラン「カリオストロも来たんだ、美味しいよね、ここのアップルパイ」

カリオストロ「……そうだねぇ」

グラン「おじさん、アップルパイ二つ」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:47:41.33 ID:m3lOhXqf0
店主「毎度あり……はい、彼女にも」

グラン「え」

カリオストロ「ありがとねぇ、団長さん」

グラン(カリオストロの分じゃなくてビィの分だったんだけど……)

カリオストロ「ところで団長さん……ちょっとお話があるんだけどいいよね?」

グラン「いや、俺ちょっとビィとイオのところに戻らなくちゃいけないから……」

カリオストロ「……そんなもんどうでもいいだろうが」

グラン「え」

カリオストロ「顔貸せって言ってんだよ」ギロ

グラン「は、はい……」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:48:17.17 ID:m3lOhXqf0


カリオストロ「……このあたりでいいか」

グラン「あの……一体何の話なのかな?」

カリオストロ「お前、どういうつもりだ?」

グラン「どういうというのは……?」

カリオストロ「なんであの小娘とデー……出かけてんだって話だ」

グラン「小娘ってイオのこと……?」

カリオストロ「そうだ、なんでアイツを誘ったんだ? ……お前まさか幼女趣味じゃないだろうな?」

グラン「よ、幼女趣味!? 違うって、それに俺から誘ったんじゃなくてイオの方からついてきたんだよ」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:49:02.15 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……向こうからついてきた?」

グラン「うん、最初はビィと一緒に二人で出かけようとしたんだけど、そこにたまたまイオが通りかかってね」

カリオストロ「……つまり強引にあの小娘がついてきたってことだな?」

グラン「ご、強引ってほどでもないけど……」

カリオストロ「……」ギロ

グラン「……」ビクッ

カリオストロ「……まあいい、許してやる」

グラン「あ、ありがとう……」ホッ
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:49:58.23 ID:m3lOhXqf0
グラン(よかった……あれ? なんで俺、カリオストロに許してもらっているんだろう? というかなんでカリオストロはこんなに怒っているんだ?)

カリオストロ「それじゃあ行くぞ」

グラン「え? どこへ?」

カリオストロ「オレ様がわざわざ会いに来てやったのに、何もせず帰すつもりか?」

グラン「ええぇ……カリオストロの方から会いに来たのに俺が何かするの……?」

カリオストロ「当たり前だろうが、グランもうれしいだろう? こんな美少女をエスコートできてさあ?」

グラン「でも、ビィとイオを待たせて……」

カリオストロ「ああん?」

グラン「な、なんでもないよ、そ、それじゃあどこに行こうか……」

グラン(……ビィたちには後で謝るしかないな)
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:50:34.99 ID:m3lOhXqf0
次の日

ビィ「……それは災難だったな」

グラン「本当にびっくりしたよ……それでイオは?」

ビィ「すっかりご機嫌斜めだぜ、待ちぼうけ食らった上にグランは遊んでたって」

グラン「遊んでいたわけじゃ……いや、遊んではいたんだけど、ちょっと違うというか……」

ビィ「その辺の言い分はイオに言ってやれよ」

グラン「……許してくれるといいんだけどな」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:52:26.38 ID:m3lOhXqf0

イオ「……」プンスカ


ビィ「完全に怒ってるな、あれは……」

グラン「完全に怒ってるね……ちょっとビィ……」

ビィ「オイラは嫌だぞ」

グラン「……はあ」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:53:03.83 ID:m3lOhXqf0

グラン「イオ……ちょっといい?」

イオ「あ、グラン! 一体どういうことよ!?」

グラン「ま、待ってくれ、俺もある意味被害者みたいなもので……」

イオ「何が被害者よ! さっきもカリオストロが来て『グランはお前みたいなお子ちゃまと遊ぶ気はないってさ』……とか言ったのよ!」

グラン「……え?」

イオ「何がお子ちゃまよ! 自分だって子供のくせに!」

グラン「いや、カリオストロは見た目が子供なだけで中身は……」

イオ「なによ! どうせグランも私の事を子供だって馬鹿にしてたんでしょ?」

グラン「し、してないって、それに俺はカリオストロにそんなこと言ってないよ」

イオ「もうグランなんか知らない! ふんだ!」

グラン「あ、イオ……」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:53:39.47 ID:m3lOhXqf0

ビィ「見てたぜ、相棒、ダメだったみたいだな」

グラン「……なんか変な風にこじれてたっぽいんだけど、どうしよう」

ビィ「変な風って、どうこじれてたんだ?」

グラン「俺がお子ちゃまには興味がないってそんな話に……」

ビィ「何なんだそれ?」

グラン「俺が聞きたいよ……とりあえず、今のイオには何言ってもダメそうだし、少し時間をおこう」

ビィ「そうしとけ、オイラもフォローしとくから」

グラン「助かるよ……さてと、後は……カリオストロだな」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:54:20.04 ID:m3lOhXqf0

グラン「カリオストロ」

カリオストロ「なんだグラン、またデートの誘いか? ……仕方ないなぁ、モテない団長さんのためにぃ、特別に付き合ってあげちゃおうかな☆」

グラン「違うよ、イオの事で来たんだけど、彼女に何か変な事吹きこまなかった?」

カリオストロ「……ああん? あの小娘が何だって?」

グラン(昨日もそうだけど、イオの話になると途端に機嫌が悪くなるな……)

グラン「もしかして、イオと喧嘩でもしたの?」

カリオストロ「喧嘩なんかしてないさ……ただまあ、さっき生意気にも絡んできたから、ちょっとわからせてやったけどな」

グラン「……その時変な事言わなかった? 俺がお子ちゃまに興味がないとか何とか……」

カリオストロ「お前、昨日自分で幼女趣味じゃないって言っただろうが」

グラン「そ、それは確かに言ったけど……」

カリオストロ「じゃあ合ってるだろ」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:54:57.23 ID:m3lOhXqf0
グラン「それはそうかもしれないけど……いや、そうなのかな? あれ?」

カリオストロ「そんなどうでもいい事よりも今日もデート……もとい、可愛い女の子を研究するために出かけるぞ、ちゃんとエスコートしろよ?」

グラン(相変わらず強引だな……でも、カリオストロにまで機嫌を損ねられると困るし……)

グラン「……わかった付き合うよ」

カリオストロ「ふふん、カリオストロとデートできるんだからぁ、素直に喜んでいいんだよぉ? グラン☆」

グラン「なんだかカリオストロの方が嬉しそうに見えるけど」

カリオストロ「なっ、そ、そんなわけないだろうが!! とにかく行くぞ!」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:55:30.26 ID:m3lOhXqf0
数日後

ビィ「なあ、相棒、最近やけにカリオストロに絡まれてないか?」

グラン「ビィもそう感じる?」

ビィ「当たり前だろ、『デート』にも何回も行ってるみたいだしさ」

グラン「デートか……」

ビィ「わかるぜ、相棒、デートという名の人体実験か何かに付き合わされているだろ?」

グラン「いや、そんな事はされてないんだ」

ビィ「……え、違うのかよ、じゃあ何してんだ?」

グラン「普通のデート」

ビィ「え」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:56:01.52 ID:m3lOhXqf0
グラン「一緒にご飯食べたり、服や小物を見たり、公園を散歩したりしてる」

ビィ「それは……普通のデートだな」

グラン「うん、一応、可愛さを磨くための研究ってことでやってるんだけどね」

ビィ「研究熱心ってことか、まあ錬金術師ってのはそういうものなのかもな」

グラン「そうだね……」

ロゼッタ「本当にそれだけが理由だと思う?」
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:56:29.11 ID:m3lOhXqf0
ビィ「うぉ!?」

グラン「ロゼッタ!? いつからいたの?」

ロゼッタ「あら、さっきからいたわよ」

グラン「そ、そうだったの? ごめん気づかなかった……」

ロゼッタ「ふふ、別にいいのよ……それよりもカリオストロのことでしょう?」

グラン「ロゼッタはカリオストロのこと何か知ってるの?」

ロゼッタ「いいえ、話したこともあまりないわ」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:56:55.83 ID:m3lOhXqf0
ビィ「でも、さっきの口ぶりは何か知ってる感じだったじゃねえか」

ロゼッタ「話したことがなくても、だいたい察しはつくわ」

グラン「……とりあえず、その別の理由っていうのを教えてよ」

ロゼッタ「すぐに教えるっていうのはちょっと面白くないわねえ、それにこれはグランが自分から気づかないといけないものだし」

グラン「俺が自分から? ……うーん、特に思いつかないけど……何かヒントくれない?」

ロゼッタ「……そうね、それなら……」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:57:44.00 ID:m3lOhXqf0
街中

グラン「本当にこんなのでわかるの?」

ロゼッタ「ええ、私とグランがデートをするだけでいいのよ」

グラン「……ところでビィの姿が見えないんだけど」

ロゼッタ「あの子には別のお願いをしておいたから、気にしなくていいわ」

グラン「……本当に何を企んでるの?」

ロゼッタ「いずれわかるわ……それよりも『デート』なんだから、細かい事なんか気にしないで楽しみましょう?」

グラン「う、うん……」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:58:34.32 ID:m3lOhXqf0

カリオストロ「おい、トカゲ、オレ様をどこまで連れて行くつもりだ?」

ビィ「オイラはトカゲじゃねえって言ってるだろ! とにかくついて来てくれ」

ビィ(カリオストロを連れてくるよう頼まれたけど、一体何をするもりなんだ、ロゼッタのやつ)

カリオストロ「まったく、オレ様は超忙しいってのに……下らない用事だったらウロボロスの餌にしてやるからな」

ビィ「鏡の前で暇そうにしてたじゃねえか」

カリオストロ「鏡の前で可愛いポーズの研究をしてただろうが」

ビィ「……」

カリオストロ「で、まだかよ?」

ビィ「あー、この辺に……あ、いたいたアレだ」

カリオストロ「……!」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:59:13.89 ID:m3lOhXqf0

ロゼッタ「来たみたいね」

グラン「え? ああ、カリオストロにビィ……ビィに頼んだのってカリオストロを連れてくるのことだったの?」

ロゼッタ「ええ、そうよ」

ビィ「ロゼッタ、これでいいか?」

カリオストロ「……」

ロゼッタ「ありがとう、トガケさん」

ビィ「だからオイラはトカゲじゃねえ!」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:59:51.10 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……」

グラン「カリオストロ、どうしたの? なんだか怒っているように……」

カリオストロ「……てめえ、どういうつもりだ?」

グラン「え?」

カリオストロ「どういうつもりでその女と街にいるのかって聞いたんだよ」

グラン「え、えーと……」

ロゼッタ「私がデートに誘ったのよ」ギュッ

カリオストロ「……本当なのか?」

グラン「う、うん、そうだけど……」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:00:22.02 ID:m3lOhXqf0
ロゼッタ「グランも楽しんでくれたみたいよ、グランは大人のお姉さんが好きなのかしら」

カリオストロ「……ああん?」

グラン「い、いや、そんなことは……」

ロゼッタ「あら、違うの? ショックだわ」

グラン「そんなことは……ないとも言えないというか……」

ロゼッタ「やっぱり大人のお姉さんが好きなのね、よかったわ」

カリオストロ「……」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:01:13.44 ID:m3lOhXqf0
グラン「カ、カリオストロ……? なんか後ろにウロボロスが召喚されてるけど……?」

カリオストロ「うん? これはぁ、粗相しちゃった女狐とぉ、どこかのスケベ野郎をお仕置きするために召喚したんだよぉ?」

グラン「……それってもしかして、俺とロゼッタのこと……?」

カリオストロ「うん☆ グラン君はイヤイヤ巻き込まれただけみたいだから、特別に半殺しで許してあげる☆ そっちの女狐は丸のみにするけど☆」

グラン「お、お、お、落ち着いて、カリオストロ!」

ロゼッタ「丸のみにされちゃうのは困るわねえ……」

ビィ「ロゼットはなんでそんな平静なんだよ……つうか、カリオストロ、マジで止めろって!」

カリオストロ「黙れトカゲ、てめえも丸のみにするぞ」

ビィ「……すまん相棒、ロゼッタ、骨は拾ってやるから」

グラン「あ、ビィ、薄情だぞ!」
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:04:00.47 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「それじゃあ覚悟はできたか?」

ロゼッタ「さあ、グランいってらっしゃい」

グラン「え、俺!? ……ああ、つまり俺が犠牲になっている間にロゼッタが何とかしてくれるってこと?」

ロゼッタ「違うわ、グランが何とかするのよ」

グラン「お、俺が!?」

ロゼッタ「あなたなら出来るわ、というかあなたが何とかしないと私が丸のみにされるわ、頑張って」

グラン「そ、そんな無茶な……」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:04:54.43 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……なに二人でゴチャゴチャ話してんだよ? ……あ、わかった、さてはグランも丸のみにされたいんだぁ、それならそうと早く言ってよねぇ☆」

グラン「ち、違……」

ロゼッタ「とうとう後がなくなったわね、もう躊躇してる暇はないわよ?」

ビィ「そうだぜ、相棒、このままじゃどちらにしろ終わりだ!」

グラン「く、くそ……」

グラン(……仕方ない、どうせ死ぬなら精一杯足掻いてから死のう!)

グラン「カ、カリオストロ、聞いてくれ……」

カリオストロ「遺言? いいよ、手短にね☆」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:05:32.81 ID:m3lOhXqf0
グラン(何かないか、カリオストロが俺を丸のみにするのを諦めてくれる何か……カリオストロの機嫌が直ってくれるような何かは……)

グラン「……デ、デートに行かないか?」

カリオストロ「……」

ビィ「あ、相棒、こんな時に何って言ってんだ!?」ヒソヒソ

グラン「いや、デートの時のカリオストロはなぜかいつも機嫌が良かったから……」ヒソヒソ

カリオストロ「……」

グラン「ど、どうだろう?」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:06:04.72 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……ふーん、他の女とデートして、その後カリオストロともデートするんだぁ? グランはモテモテだねぇ?」

グラン「い、いや、えーと……お、俺が本当にデートしたかったのはカリオストロだったんだよ!」

カリオストロ「……」

グラン「あー……そうだ! 実はロゼッタとのデートはカリオストロの予行演習のつもりでやったんだ! 本命はカリオストロだから!」

カリオストロ「……」

ビィ(完全にいま思いついた言い訳じゃねえか……というか、なんか浮気を責められてる彼氏みたいな言い訳になってねぇか?)

ロゼッタ「……ふふ」

グラン「ど、どうだろう……?」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:06:47.57 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「……わかった、そこまでいうのなら、一回だけデートしてやるよ」

グラン「ほ、本当!? ありがとう」

カリオストロ「ただし、オレ様が満足しなかったら問答無用で丸のみだからな?」

グラン「わ、わかった」

グラン(よかったー、なんとか生き残った……)

ビィ「……」

ビィ(すげぇキレてたのにあんな言い訳でいいのかよ……いや待てよ、そもそもカリオストロはなんでキレてたんだ? 相棒はロゼッタとデートしてだけだし……うん?)
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:07:25.84 ID:m3lOhXqf0
ビィ「他の女とデートしてるのを見てキレた……? しかもデートの約束で機嫌を直した? あれ、もしかして……いやでも……」

ロゼッタ「ふふふふ、トカゲさんは気付いたようね?」

ビィ「……ロゼッタ……まさかカリオストロのやつ……」

ロゼッタ「さあ、邪魔ものはさっさと消えましょうね、これからデートをするみたいだし」

ビィ「お、おう……」


カリオストロ「それでぇ、グランはカリオストロをどこに連れて行ってくれるのかなぁ?」

グラン「えーと……とりあえずこのあたりを……」
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:08:01.98 ID:m3lOhXqf0
次の日

グラン「まったく昨日は大変だったよ、ビィもロゼッタもいつの間にかいなくなってるしさ」

ビィ「悪かったな……とりあえず、グランが丸のみにされなくてよかったぜ」

グラン「うん、俺もカリオストロの機嫌を損ねない様にヒヤヒヤしてたよ」

ビィ「……ちなみにどんなデートをしたんだ?」

グラン「正直、いつもとあまり変わらなかったよ、服を買ったりとか……」

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:08:57.73 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ『おい、グランこれなんてオレ様に似合うだろ?』

グラン『なんだか大人っぽいね、いつもはもうちょっと可愛らしい感じのを選ぶのに』

カリオストロ『……オレ様はこういうフェミニンな雰囲気も似合う美少女なんだよ』

グラン『でもこのオフショルダー、胸元が開きすぎて見えちゃいそうだよ?』

カリオストロ『別に見たかったら見てもいいんだよぉ? グラン?』

グラン『う、うん……だけど、カリオストロにはこっちの方がいいんじゃないかな、こっちもセクシーな感じだし』

カリオストロ『背中が開くタイプか……コイツはこういうのがいいのか』

グラン『え?』

カリオストロ『なんでもねえよ……確かに胸元が開くオフショルダーなんて下品な服、着てる奴の気が知れねえよなあ?』

グラン『げ、下品かどうかわからないけど、とにかく、カリオストロにはこっちの方がいいんじゃないかな』

カリオストロ『わかった、これを買うぞ』
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:09:27.27 ID:m3lOhXqf0

ビィ「……」

グラン「あとは一緒にご飯を食べたりとか……」


カリオストロ『はい、グラン、あーん』

グラン『……あーん』モグモグ

カリオストロ『グラン、美味しい?』

グラン『うん……カリオストロも、はい』

カリオストロ『あーん……美味しい☆』モグモグ

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:10:00.31 ID:m3lOhXqf0
ビィ「……ちょっと待て、まさかカリオストロと食べさせあってるのか?」

グラン「デートの時はいつもそうだよ」

ビィ「……」

グラン「あと……道端でやってた大道芸を見たりとか、たまたま立ち寄った雑貨屋を冷やかしたりとか……」

ビィ「……それでカリオストロの機嫌が直ったわけか」

グラン「うん、本当によかったよ」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:10:29.49 ID:m3lOhXqf0
ビィ「……なあ相棒、思うんだが、相棒とカリオストロのデートは完全に恋人同士がするものだよな?」

グラン「そうかな?」

ビィ「そうだって……まさか自覚がなかったのか?」

グラン「自覚がなかったというか、カリオストロもそんな風に感じてないと思うよ、すごく自然に接してくれるし」

ビィ「……いや、カリオストロの場合は昨日のあの修羅場で証明されただろうが」

グラン「え? そうなの?」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:10:57.91 ID:m3lOhXqf0
ビィ「……相棒、まさかとは思うが、昨日なんでカリオストロがあんなにブチ切れてたかわかってない……のか?」

グラン「そういえば、なんであんなに怒ってたんだろうね、ロゼッタとデートしてことに怒ってたみたいだけど」

ビィ「……え、マジで言ってんのか?」

グラン「マジって?」

ビィ「……ちなみにカリオストロがなんでデートに誘いまくっているか、わかってるか?」

グラン「だから、可愛い女の子になるための研究でしょ?」

ビィ(こいつやべえ)
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:11:36.73 ID:m3lOhXqf0
カリオストロ「おい、グラン」

グラン「ああ、カリオストロ……あ、その服、昨日の……」

カリオストロ「……どうだ、セクシーなオレ様も最高に可愛いだろ?」ウィンク

グラン「そうだね……でも、その服を着ている時はもっとこう、両手で後ろ髪を持ち上げる感じ……」ペタペタ

カリオストロ「おう、……こうだな?」

グラン「うーん、このポーズはポニーテールにした方が似合うんだよなあ……」サワサワ

ビィ(もう普通にカリオストロの体をベタベタ触ってやがる……そしてカリオストロも全然嫌がらねえな)

カリオストロ「別にポニーテールにしてもいいぜ」

グラン「じゃあポニーテールにしようか、髪留めは持っている?」

カリオストロ「いや、持ってないな……買いに行くか」
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:12:21.05 ID:m3lOhXqf0
グラン「そうだね、じゃあ今日もデートということで」

カリオストロ「……ふふ、デートねぇ……ついでに、あのアップルパイでも食いに行こっか☆」

グラン「いいね……あ、ビィも来る?」

ビィ「え? オイラは……」

カリオストロ「……」ギロ

ビィ「い、行くわけないだろ、二人で行って来いよ」

グラン「そっか……じゃあ、カリオストロ、行こうか」

カリオストロ「うん☆」

ビィ(……相棒……いや、もうオイラが口を出すことじゃねえか)


END
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:13:31.78 ID:m3lOhXqf0
後日談

ルリア「カリオストロさん、最近、雰囲気変わったよね」

カタリナ「ルリアもそう思っていたのか? 私もこころなしか笑顔でいる場面を見かける事が多くなった気がしていたんだ」

ルリア「……あと、いつもグランがそばにいる気がする」

カタリナ「そういえば、よく二人で出かけているな」

ルリア「……もしかして、カリオストロさんとグランが……その……付き合うってことはない……よね?」

カタリナ「あの二人が? それはないな」

ルリア「そ、そうだよね!」

カタリナ「カリオストロは元は男性なのだろう? 互いに恋愛対象からは外れてるはずだ」

ルリア「うん、カタリナが言うんだから間違いな……」

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:14:03.70 ID:m3lOhXqf0

カリオストロ「グラン~、今日はどこ行こっかぁ?」

グラン「今日はちょっと遠出してみようか……というかカリオストロ、まとわりつかれると歩きにくいよ」

カリオストロ「あぁん? 嬉しいだろ? こんな可愛い子に抱きつかれてさあ?」

グラン「はは……」

カリオストロ「あれぇ? グラン、顔赤くない? もしかして……照れる?」

グラン「いや、一応、カリオストロも女の子だったんだなって……」

カリオストロ「失礼なこと言ってんじゃねえよ、オレ様ほど可愛い美少女なんていないだろうが」

グラン「ご、ごめん」

カリオストロ「失礼なグランにはぁ……お仕置きだぞ! えい☆」

グラン「わ!? こ、こんな所でダメだってカリオストロ……」
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:14:55.80 ID:m3lOhXqf0
ルリア「……だ、大丈夫だよね?」

カタリナ「……」

ルリア「カ、カタリナ? 返事をして?」

カタリナ「……すまない」

ルリア「なんで謝るの!? カタリナ!」


END
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:25:39.58 ID:xfoqSMo+o
おっさんかわいい
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:36:21.00 ID:j5D1E/XaO
やっぱおっさんが一番やな
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 01:27:50.41 ID:uK+s5KFOo
めちゃくちゃかわいい 
もとっと続きを・・・

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング