FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 05:41:53.57 ID:KUfX3wlY0
ルリア「~♪」ルンルン


ソリッズ「…でな、これは実は…」ボソボソ


ジン「…そっ、それは本当か、ソリッズ殿…」ボソボソ


ルリア(…?何か隠れてお話ししてます…)


ルリア(…ちょっとだけ聞いちゃお!)コソコソ


ソリッズ「ああ…俺もこいつを見つけ出すために、誰だけ苦労したことか……」


ジン「こっ…これは世紀の大発見であるぞ…!」ワナワナ


ルリア(…?コンタクトレンズ…?そんなに珍しい物なんでしょうか…?)


ソリッズ「こいつは、星の民が遺したオーパーツの内の一つ…使用者の魔力・体力を格段に向上させてくれる上に…」


ソリッズ「…自分が見た姉チャンたちの服を透視出来るっちゅー優れものよ!!!」ドン!!


ルリア「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505767313
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 05:52:22.09 ID:KUfX3wlY0
ジン「おっ、おい、ソリッズ殿!声が大きいぞ!」ボソボソ  


ソリッズ「おっ、オオ!こいつァすまねえ…とにかく、この事は俺とお前のひみ…つ……」


ルリア「……」ゴゴゴゴゴ


ジン「うわああっ!?ル、ルリア殿!?!?」


ソリッズ「ル…ルリア…オメェ、どこまで聞いた…?」


ルリア「…全部です♪」ニコッ


ジン「やっ、やばい!!ソリッズ殿、某はこれにて逃げるでござるよ!」ダッ


ソリッズ「おい!!テメエ、1人で逃げるんじゃねえ!」ダッ


ルリア「はわぁぁぁぁぁ!!ルリアスイッチオン!!!」ポチ-


ルリア「ウォウウォォウイエェェェ!!!!」ドカカカカ!!!


ジン・ソリッズ「うあああああああああああああ!!!!」ドゴオ!!!

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 05:59:35.77 ID:KUfX3wlY0
ジン・ソリッズ「」チ-ン


ルリア「全く…油断も隙もない人達です…」プンプン 


ルリア「…でも、このコンタクトレンズ、どうしましょうか…?星の民のオーパーツって言ってたし、壊しちゃうのも…」


ルリア「…そうだ…!」ニヤァ

ーーグランの部屋ーー
ルリア(お邪魔しまーす…)ソロ-


グラン「zzzzzz…」グオ-


ルリア(良かった…お昼寝中のようですね)


ルリア(よし!寝てるグランにこのコンタクトレンズを…!)フフフ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 06:13:47.05 ID:KUfX3wlY0
グラン「…うーん…」


グラン「ちょっと昼寝しようと思っただけなんだけど、いつの間にか熟睡してたなあ…」


ルリア「あっ、グラン!おはようございます!」


グラン「ああ、ルリアおは…よ…」


ルリア「?」ゼンラ-


グラン「!!?!!?!?!?!?!?」ガタアッ


ルリア「うわっ!ど、どうしたんですか!?」タッタッタッ


グラン「なっ、ルリア!!服!!!何か着てよ!!!」カアアアッ


ルリア「…何言ってるんですか?私、いつもと同じ格好ですよ?」(ふふ、驚いてる驚いてる…!)


グラン「そんな訳ないだろ!!は、早く服を!!」カオソラシ-


ルリア「グラン…もしかして、疲れてませんか?」ズイッ


グラン「あああっ!!!だ、ダメだって近づいたら!!!」


ルリア「熱は…無いみたいですね」オデココツン


グラン(ル…ルリアの裸が…こんな近くに…!)プシュ-


グラン「くぁwせdrftgyふじこlp」


ルリア( wwwwwwwwwwwwwwww )

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 06:22:01.66 ID:KUfX3wlY0
ルリア「ふわぁ…私ちょっと眠くなってきちゃいました…私もグランのお隣で、お昼寝してもいいですか…」モゾモゾ


グラン「ダメに決まってんだろそんな格好で!!」


ルリア「だから私はいつもの格好だって言ってるのに…」(裸じゃなかったらいいのかな…///)


ルリア「まあいいです、おやすみなさいグラン!」ギュッ


グラン「~~~~~~!!!うわああああ!!」ダッ


ルリア「…あっ、行っちゃった…」


ルリア「ふふふ…でも、外に出たからと言って、この呪縛からは逃れられませんよ…?」ニタァ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 06:30:36.48 ID:KUfX3wlY0
グラン「はあっ、はあっ!!た、助けてくれビィ!!」ガシィ


ビィ「うわああっ!?なっ、どうしたんだってんだよグラン!?」


グラン「ルリアが……ルリアが痴女になっちゃったんだああああ!!!!」


ビィ「…は?」ドンビキ


グラン「ひ、引かないで!!本当なんだ!!ルリアが…は、裸で僕の部屋に…!」


ビィ「…お前、疲れてるんじゃねえか…?最近古戦場で忙しかったからな…」アワレミ


グラン「ビ、ビィまで…!」ガ-ン


ビィ「…あそこに>>8が居るから、あいつにも相談してみたらどうだ?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 06:40:29.78 ID:PlviuflP0
ナルメア
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 07:33:52.91 ID:517QZGtZO
ビィ「おい、ナルメア!何だかグランが疲れてるみたいなんだ…話聞いてやってくれよ!」


ナルメア「ええっ!?団長ちゃんが!?」バッ


グラン「ナルメアさん、聞いてよ!!ルリア…が…」


ナルメア「どうしたの?大丈夫?お姉さんにできる事なら何でもするよ?」タユンタユン


グラン「うわああああああああああああっ!!」


ナルメア「きゃっ!!だ、団長ちゃん!?どうしたの!?」オロオロ


グラン(ナルメアさんの…おっ、おっぱいが…!)


グラン「…はっ!そっ、そうじゃない!!ナルメアさん!!服!!服を着て下さい!!///」


ナルメア「えっ??私、いつもと同じ格好だけど…」アセアセ


ビィ「グラン…お前今日、本当におかしいぜ…」


グラン「えっ、えええ!?!?」


ナルメア「…団長ちゃん、疲れてるならお姉さんの所においで?疲れてる時位、甘えたっていいんだよ?」バッ


グラン「だっ、ダメです!!うわちょっ、うぷっ!!」ギュウッ


ナルメア「よしよし…団長ちゃん、いつもお疲れ様…!疲れたらいつだって、お姉さんに甘えていいんだよ…!」ナデナデ


グラン(ヤ…ヤバイ…!ナルメアさんのおっぱいが、直接顔に…!)パフッ


グラン(こ、このままでは…理性が…持たない…!)


グラン「うおおおおっ!!」ドンッ


ナルメア「きゃっ!!だ、団長ちゃん!?!?」ズテン


グラン「ごっ、ごめんなさい、ナルメアさん!!僕はこれで!!///」ダダダダ


ビィ「おっ、おい!!ナルメア、大丈夫か!?」


ナルメア「わ、私…団長ちゃんに、嫌われちゃった…」ズウウウン


ビィ「お、おい!大丈夫だって!!グランがナルメアのこと嫌う訳ないだろ!!」


ナルメア「うっ、うう…」シクシク


ビィ「ナルメアアアア!!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 07:48:43.81 ID:517QZGtZO
グラン「はあっ、はあっ…一体皆、どうなってるんだ!?」


グラン(ルリアだけじゃなく、ナルメアさんまではっ、裸で…!///)プシュ-


グラン(…!あそこに>>10と>>11が!!)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 07:49:29.26 ID:517QZGtZO
やってしもうた
>>12 >>13
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 07:53:34.41 ID:7P/wvb93O
ディアンサ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 07:54:15.34 ID:rDf8R2mDO
ハレゼナ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 15:47:52.04 ID:517QZGtZO
ディアンサ「ああっ、団長さん!!ちょうどいい所に!!」


グラン(まっ、また裸……!もしかして、僕の方がおかしくなったのか……?)メソラシ-


ディアンサ「…団長さん?」ジ-


グラン「ひゃい!!ど、どうしたの?」アセアセ


ディアンサ「大変なの!!ハレゼナちゃんが特訓中に倒れちゃった!!」


ハレゼナ「うきゅぅ…」チカチカ


グラン「うわっ!大丈夫なのハレゼナ!?」


ハレゼナ「だんちょうが…2人いるぜェ…」グルグル


グラン(大丈夫じゃなさそうだ…)
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 15:58:26.10 ID:517QZGtZO
ディアンサ「取り敢えずハレゼナちゃんを、医務室まで運んであげてほしいの!お願い!」


グラン「うん、分かった……って待って!?この状態(裸)のハレゼナを僕が運ぶの!?」


ディアンサ「…?何か変?」


グラン(何故だ…!普通僕なんか、裸の女の子に触らせないだろ…!)アセアセ


ディアンサ「ほら、はやく!!おぶってあげてよ!」


グラン「おっ、おぶる!?!?」タジッ


ハレゼナ「だんちょう…たのむ…つれてってくれェ…」フラフラ


グラン「~~!!ああっ、もう!!どうにでもなれ!!」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:30:12.10 ID:517QZGtZO
ハレゼナ「うぅ~…」ムニュッ


グラン(…ハ…ハレゼナの暴力的なまでに大きなおっぱいが、僕の背中に押し付けられている…!)バクバク


ハレゼナ「はぁっ、はあっ…」


グラン(それに…ハレゼナの吐息が、僕のうなじにかかって…ッ!)ゾクゾク


グラン(だっ、ダメだ!!ハレゼナは、僕のことを信用してこんなことをお願いしてくれてるんだ…!!考えるな、心を無にしろッ!)ギュッ!!


ハレゼナ「っ!!」ビクッ


ディアンサ「うわっ!は、ハレゼナちゃん大丈夫?」


グラン「あひっ!!ご、ごめんハレゼナ!!」


ハレゼナ「だ、だんちょう…そんなに強くつかまないで…」ウルウル


グラン「~~~~!!!!」(声にならない声)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:47:43.53 ID:517QZGtZO
グラン(い、今そんな泣き目でこっちを見ないでくれよ!!ただでさえこんな状況で、僕は耐えられそうにないって言うのに…!)


グラン(落ち着け僕、落ち着け僕…素数を数えて落ち着くんだ、2、3、5、7、11、13、17…)


グラン「ブツブツ…僕は素数…僕は素数…ってうわあっ!」グラッ


ハレゼナ「ひゃあっ!!」


ディアンサ「危ない!!」ガシイッ


グラン「ふっ、ふう…ありがとうディアンサ…っ!!」


ディアンサ「もう!!体調の悪い人を背負ってるんだよ!?もっと気をつけてよ!!」ギュウウウ


グラン(今度は前からディアンサの控えめのおっぱいに……っ!!!)コリッ


グラン(…こりっ…?これって……ディアンサの…!!)


ディアンサ「…ちょっと?団長さん?」ジ-


グラン「ああっ、うああ…」


グラン「うおおおおおおお!!!」ドダダダ


ディアンサ「うわっ!!ち、ちょっと!!」


ハレゼナ「うわああああ!!団長、速すぎるゥゥ!!」


グラン「医務室はここだな!?」バアン


グラン「ハレゼナ!ここで寝てしばらく休憩してるんだ!!ぼっ、僕はこれで!!」ビュ-


ハレゼナ「…なっ、何が起こったんだァ…!」ポカ-ン
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:59:55.57 ID:517QZGtZO
グラン(…やってしまった…!ディアンサのち、乳首を…!)カアアッ


グラン「うわあああああ僕は最低だああああああっ!!」ダダダ


グラン「誰でもいい!!誰でもいいんだ!!裸じゃない人は居ないのか!?」

グラン「…そうだ…、>>21なら…!彼女なら絶対、服を着てるはずだ……!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:00:07.50 ID:i9bdYWKVO
ソシエ
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:30:12.86 ID:KUfX3wlY0
グラン「恥ずかしがり屋のソシエの事だ…!彼女に限っては、全裸なんて事絶対にあり得ない…!!」


グラン(…その割にいつも、目のやり場に困る服着てるけど…)


グラン「ソシエなら…それでも、ソシエなら大丈夫なはずだ!!」ダッ


ーーソシエの部屋ーー
ソシエ「ふんふふーん…♪」ヌギヌギ


ソシエ(団長はんは、どんな服が好きなんやろなぁ…///)


グラン「うおおおおお!!!ソシエエエエエエ!!!」ドドドド


ソシエ「っ!?だ…団長はん!?」


グラン「はあっはあっ、入るよ!!」ガチャッ


ソシエ「!?!?まっ、待って…今はウチ…ひゃあっ!!」ゼンラ-


グラン「」ガクッ


ソシエ「うっ、ううう…!!」プルプル


グラン「そん…な…この団は、僕が少し寝ている間に…変わってしまったのか……?」フルフル


ソシエ「うわああああ!!団長はんのばかあっ!!ウチ、もうお嫁に行けへん…!!」エグッエグッ


グラン「…?ソシエ…?」ピタッ


ソシエ「団長はんに…ウチの一糸纏わぬ姿を…」ヒグッ


グラン「ま、まさか…ソシエ、全裸を見られて、恥ずかしがって…」


ソシエ「当たり前やろ!?何言ってるんよ団長はん!!」キッ


グラン「ああっ…良かった…!!ソシエは、ソシエだけは変わってない…!!」プルプル


ソシエ「なっ!?何を言い出してるんや、気持ち悪い…!!」サアアアッ


グラン「ソシエエエッ!!」ダッ


ソシエ「いっ、嫌ああああああああ!!!!」ドゴォ!!


グラン「ウギエエエエエエエエエエ!!!!!」ズガシャア!!
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:42:27.85 ID:KUfX3wlY0
グラン「わっ…悪かったってば…開けてくれ、ソシエ…。」ボロボロ


ソシエ「嫌や…団長はんなんて、嫌いや…」プルプル


グラン「本当にごめん…」


ソシエ「…き…今日の団長はん、おかしいんよ…何ていうか、何かを恐れてるような…!」


グラン「…」


グラン「僕自身も…僕は頭がおかしくなったんだと思ってた…。」


ソシエ「…団長はん…?」


グラン「でも、ソシエ…君のことを見て…やっと、自分はおかしくなかったって確信できた…!」


グラン「ソシエになら、僕の悩みを全て話せる…。いや、ソシエにしか話せないんだ!!」


ソシエ「…」


グラン「身勝手だとは思う…だけど僕の事をもし、少しでも憐れむ気持ちがあるなら…この扉を開けてくれ…!」


ソシエ「…わ、わかった…着替えるから待っててえな…///」



グラン「…ソシエ…!!」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 18:14:57.86 ID:KUfX3wlY0
グラン(よかった…少なくともソシエは、服を着ていない事をおかしい事だと思ってくれてる…!)


グラン(僕がおかしくなった訳じゃない…皆が何か、変わってしまったんだ…!!)


ソシエ「…入ってええよ…」コンコン


グラン「ああ、ありがとう。入るよ。」


ソシエ「えと…ど、どうかな、この服…///」ゼンラ-


グラン「!!??!?!?!?!?!?!?!?」


ソシエ「どない、したん…?」


グラン(嘘だ…これは何かの間違いだ…!!)フルフル


グラン(さっきも言ってたじゃないか…ソシエは、人前で服を脱ぐような娘じゃない…!もう一度見たとき、ソシエはいつもの格好を…)バッ


ソシエ「…?」ゼンラ-


グラン「」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 18:26:22.22 ID:KUfX3wlY0
グラン「あっ、あああ…」ワナワナワナ


ソシエ「だっ…団長はん…!しっかりして…!」オドオド


グラン「うっ、うわああああああああああ!!!」ダッ


ソシエ「あっ…」


ウワアアアアアアアアア!!!


ソシエ「い、行ってしもうた…」ボ-ゼン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グラン「うへ、あへへへへ」


グラン「そうか、僕が間違っていたんだ」


グラン「あらゆる生物の中で、服を着ているのは人間だけ。つまり、服を着ている方が本当は不自然なんじゃないか!」


グラン「よーし!!僕も全裸になって、自然に還るぞ!!うふふふふふふふふふふふ」ヌギヌギ


ラカム「何かグランの奴が今日やべえって聞いたんだが、大丈夫なのか…?」テクテク


ラカム「あっ、グランじゃねえか!!皆から聞いたけど何かあったのか?お前?」


グラン「うふふふふふふふふふふふふ」ヌギヌギ


ラカム「」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 18:51:16.41 ID:517QZGtZO
グラン「あっ、ラカム!!どうしたの??服なんか着て!!」パンイチ


ラカム「はっ、はあ!?お前何言ってんだよ!!さっさと服を着ろ馬鹿!!」


グラン「服を着るだなんて、自然の摂理に反したことをしちゃいけないよ!!ラカムの服も脱がせてあげるようふふふふふふふふふ」バッ


ラカム「ぎえええええええ!!た、助けてくれェェェェッ!!」


ルナール「はぁ…何だか最近、作品へのインスピレーションが湧かないのよね…」


ギエエエエエエエエ!!!!!


ルナール「…うるさいわね…?一体あっちで何が起こって…?」トコトコ


グラン「うふふふふふふふ、ラカムも自然に還ろうね?」


ラカム「やめろ!!頼むから落ち着いてくれグラン!!!」


ルナール「!!!!!!!!!!!!!!」バッ
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:07:37.49 ID:517QZGtZO
ルナール(いっ、今の何よ!?!?グランがラカムの服をひん剥いて…!!)


ルナール(ああっ、やばいやばい!!インスピレーションが止まらない!!!)


ルナール(…って、そういう問題じゃない!!私、とんでもないものを見てしまったのでは……!?)


ラカム「グラン、落ち着いてくれ!!俺達は服を着てるのが当たり前だろうが!!」


グラン「服を…自然に…全裸…グギ…うう…ガガ…」


グラン「あれ…僕は一体、何を…?」


ラカム「よっ、良かった…落ち着いてくれたか…」


グラン「…!!ラカム、君は……全裸じゃないんだね……!!」フルフル


ラカム「な、何を当たり前のことを…気持ち悪い……」ゾゾゾ


グラン「うわああああ!!!ラカムゥゥゥ!!!!」ダキィ


ラカム「ぎゃあああああああああ!!!パンイチで抱きついてくるんじゃねえええええええ!!!」


ルナール(さっきのはきっと幻影…2人がそんな関係なんて、あり得ない…!)


ルナール(もう一度…もう一度だけ見てみるわ!!)バッ


グラン「う゛わ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!゛!゛!゛!゛」ギュウウウウ


ラカム「うぎああああああああああああああ!!!!」


ルナール「!!!!!!!!!!!!!!!!!」バババッ
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:57:11.13 ID:5JXSp132o
無粋なこと言うけど透けて見えるだけなら服の感触はあるのでは?
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:11:05.34 ID:517QZGtZO
確かに触った感触とかは衣服のままだろうなぁ…
次から気をつけるので許して
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:30:16.27 ID:517QZGtZO
ルナール(きっ……決まりだわ……この2人は出来てる、間違いないッ!!)ババ-ン


ルナール「こんなところでボーッとしてる訳にいかないわ!!早く作品を作り始めなきゃ!!」ダッ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラカム「そ、それで、お前は騎空団の皆が裸に見えるようになっちまった、ってわけか!?」


グラン「う、うん…原因はわからないんだけどね…」


ラカム「なっ…なんて羨ましい悩みだテメェ!?ぶっ殺してやろうか!?」グワングワン


グラン「ぐええええ!!やめてラカム!!」


ラカム「はぁ、しかしなぁ…。このままじゃ情報が少なすぎて、解決なんてできやしねえよ。その他に何か変わった所はねえのか?」


グラン「うーん…言われてみると、体中から力がみなぎってくるよつな…?」


ラカム「なんじゃそりゃ…余計に訳わかんねえぞ…」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:18:23.97 ID:KUfX3wlY0
ワ-ワ-!!ナンダナンダ!?


ラカム「…ん?何だか甲板の方が騒がしいな…」


ドコオオオオオオオン!!!


グラン「なっ!?」ガタデ


ラカム「…ただ事じゃねえな…グラン、行くぞ!!」ダッ


グラン「うん!!」ダッ


ーー甲板ーー
ディアンサ「ううっ…い、痛い…!」ボロッ


ハレゼナ「がま、ん…!」プルプル


グラン「皆!!大丈夫か!?」バッ


グラン(…クソッ!!皆、体中傷だらけじゃないか…!)


ルリア「グ、グラン…!大変です!!さっき突然、フェンリルさんがグランサイファーを攻めてきて…!!」


グラン「…フェンリルだって!?」


フェンリル「うう…がるるるる…」フシャ-


グラン(…やっぱり…裸だ…)ポ-


ラカム「オイ!!お前、鼻の下伸ばしてんじゃねえぞ!!」ボカッ


グラン「いてっ!!ご、ごめん…!」キリッ
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:29:47.02 ID:KUfX3wlY0
フェンリル「オイ…オレが今回こんな所にきた理由は、分かってるだろうな…?」ゴゴゴゴ


グラン「分かる訳ないだろ!!早くここから出て行け、さもないと…!」シャキン


フェンリル「ハッ、それで脅しのつもりか?笑わせんな!」


グラン「脅しじゃない…これ以上団員を傷つけるなら、容赦はしない!!」


フェンリル「オレに団員を傷つけて欲しくねえなら、とっとと『プロビデンスの目』を渡すんだな!!」


グラン「…プロビデンスの…目…?」


フェンリル「とぼけんじゃねえ!!今、それをお前んとこの団員が持ってること位、調査済みなんだよ!!」


ルリア(そ…そういえば、あのコンタクトレンズ……星の民のオーパーツって言ってたけどもしかして……?)タラ-

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:40:45.97 ID:KUfX3wlY0
フェンリル「分かったら、さっさとプロビデンスの目を持って来い!!10秒以内だッ!!」


グラン「物分かりの悪い奴め…!そんなものは無い!とっとと帰ってくれ!!」


ルリア「あ、あの~、グラン…実はそれなんですけど…」


グラン「ルリアは危ないから下がってて!!」キッ


ルリア「い、いや…そういう訳にもですね…」


フェンリル「…っだああ!!時間オーバーだ!!お前らを食って、死体から力ずくで奪い取ってやる!!」バチイッ


ルリア「きゃあっ!!」ズザザザ


グラン「…ルリアッ!!」バッ


フェンリル「ああ?よそ見してる暇があんのかよ!!」ブンッ


グラン「……」キインツ!!


フェンリル「…なっ!?こ、こいつ…俺の攻撃を片手で、それも見ずに止めた…!?」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:52:23.29 ID:KUfX3wlY0
グラン「…言ったよね…?これ以上団員に手を出すなら…」


グラン「容赦しない、って」ギロオッ!!


フェンリル「!!?」(なっ…何だってんだこの剣幕は!?!?)


グラン「僕はあまり人との争いを好まない。平和的な解決ができるなら、そうしようと思っていた…。」


グラン「だが、ルリアに手を出した時点で、平和的解決の道は閉ざされた…!!」


グラン「自分のした事を…地獄で後悔しろ!!」ゴオッ


ラカム「グ、グランの周りに、圧倒的なまでのオーラが…!」タラッ


グラン「はあああああああっ!!!」ザシュウッ!!


フェンリル「うぐああっ!!」ズザザザ


グラン「まだまだ!!だあああっ!!」バッ!


フェンリル「クッ…クソが!!おらおらああっ!!」バッ


バキイッ!!


フェンリル「うああっ!!オ、オレの爪が…!!」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:59:06.13 ID:KUfX3wlY0
グラン「今だ!!だあああああっ!!!」パッ


フェンリル「くっ…くっそおおおおお!!!!」


ドゴオオオオオオオン!!!!


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 00:11:19.99 ID:vhBRjmIe0
プシュ-……


ラカム「やっ…やったのか…?」


ルリア「いや!まだ3人とも立ってます…!」


ゴゴゴゴゴゴ


ラカム「…おい、今立ってるのが、『3人』だと…?」


ロキ「いやー…やっぱり強いなあ!団長クンは?」ギリギリ


グラン「…ロ…ロキ…っ!!」


ラカム「…っ!!あの、野郎…!!」ギリギリ


グラン「…クソっ!」シュバッ


ロキ「おおっと!!勘違いしないでくれたまえよ?僕は君達と争いに来た訳じゃあない…。ただ飼い主として、勝手に出てったフェンリルを、探しに来ただけなんだ。」


フェンリル「うるせえ!!オレがどこに行ったって、お前には関係無えだろ!?」


ロキ「…そんなこと言ってると、晩御飯抜きだよ?」


フェンリル「なあっ!?ば、晩御飯抜きと俺の行動に、何の関係があるんだよ!!おい!!」タジタジ
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 07:20:06.32 ID:vhBRjmIe0
ロキ「団長クン…君がその目につけてるものは、はるか太古に星の民によって作られたアーティファクトさ。」


グラン「…?僕、何もつけていないんだけど…」


ロキ「…とぼけないでくれたまえよ?さっき見せてくれた圧倒的なまでの剣気…あれが証拠さ。」


グラン(…言われてみれば、目に何か違和感が…?)


ロキ「あのアーティファクトは、使用者のあらゆる能力に共鳴し、それらを大きく増幅させる。魔力、筋力、体力などは今までとは比べ物にならないほど強化されるだろう。」


ロキ「だが欠点もある…まあ、君はそれを楽しんでいるようだけどね?」ニヤリ


グラン「…!け、欠点ってもしかして…!」カアアッ


フェンリル「おい…何訳のわかんねーことばっか話してんだよ!さっさとあいつと戦わせろ!」


ロキ「ああ、可哀相なフェンリル…君のあられもない姿が、こんなケダモノに露わになっているだなんて…!」


フェンリル「だから…訳分かんねーって!」ガルルル


ロキ「フェンリルだけじゃない、この騎空団にも憐れな犠牲者達がたくさんいる!!プロビデンスの目の最大の欠陥…それは…」ニタァ


グラン「おっおい!!やめろ、やめてくれえええっ!!」ダッ


ロキ「ズバリ『使用者が異性の服を透けて見えるようになる』ことさ!!」ドンッ


フェンリル「…なっ、なあああああっ!?!?」カアアアアッ


団員「…はああああああ!?!?」


ルリア(私、知ーらないっと…)コソコソ
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 08:00:54.60 ID:ylDf2DTTO
ロキ「このケダモノは、バレないのを良い事に団の女性のあられもない姿を堪能し、それに飽き足らずボクのフェンリルにまで手を出した変態さ…!」


フェンリル「うっ…うわああああロキイイイイイ!!!!」ガシイッ


ロキ「おおよしよし…悔しかったね…」


グラン「ほっ、本当に僕の目にそんなものが…?」プルプル


プロビデンスの目「」ポロッ


グラン「」


ディアンサ「う、嘘…団長さんが、こんなこと…!」プルプル


ハレゼナ「ボ、ボクは団長のこと信じてるゼェ?」トオマキ-


グラン「まっ、待ってくれ!!僕は今の今まで、そんなものが僕の目にあるだなんて知らなかったんだ…!」


ロキ「…見苦しい言い訳だね。君以外の誰が、しかも君に対して…一体どうしてこれを使うって言うんだい?」ニヤニヤ


グラン(…終わった…僕の人生…)
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 17:23:31.79 ID:ylDf2DTTO
ルナール「ちょっと待ったあああああああ!!!」ババ-ン


ラカム「!?ル、ルナール!?」


ロキ「…どうしたって言うんだい?君は、このケダモノくんをかばうって言うのかな?」


ルナール「さっきから聞いてれば、皆敵の口車にまんまと乗せられて…!ウチの団長は、いつも女の子をエッチな目でばっかり見てる卑劣漢だったかしら?」


グラン「うう、るなーるぅ…!!」ブワァッ


ロキ「そんなこと君には分からないはずだよ?人には多かれ少なかれ、秘密があるものさ。君は今まで彼のことを信頼していたのかもしれないけど、今回のことで分かったはずさ…彼の本性をね。」


ルナール「分かってないのは貴方のほうね。私には、団長が女の子を貶めるようなことをしない、と確信できる理由があるわ…!」


ロキ「…ふぅん?いいね、聞かしてもらおうかな?」


ルナール「いいわ…教えてあげる。今まで隠してたみたいだけど、団長はね…ラカムと…!」


ラカム「…えっ、俺?」キョトン


ルナール「付き合っているのよッ!!!」ビシイッ!!


グラン「」


ラカム「」


ロキ「」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 17:41:41.11 ID:ylDf2DTTO
ナルメア「そっ…そうだったの!?団長ちゃん!?」バッ


グラン「いっ、いやいやいやいやいや!!!そんなことないから!!」ブンブンブン


ラカム「ふっ、ふざけんじゃねぇ!!俺もグランも、そっちの趣味はねえぞ!?」ブンブン


ルナール「とぼけても無駄よ…!私、見てしまったのよ。2人が人目につかない所で、服を脱がしあっているのを!!」ジュルリ


グラン「待って!!あっ、あれは僕も気が動転していたんだ!!!決して僕たちはそういう関係な訳じゃあ…!」


ディアンサ「…脱がし合いは、したんだ…///」カアッ


グラン「違ぁうッッ!!」グワッ


ルナール「それに、グランがラカムに裸で抱きついているのも見たわよ!!」ハアハアハアハア


ラカム「やめろ!!テメエ、それ以上喋るんじゃねえ!!!」


グラン「だから僕はソッチじゃないんだああああ!!!」
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 18:03:28.51 ID:ylDf2DTTO
ロキ「なっ、なるほどね…君達はどうやら…そっち、の人だったようだ…。」アトズサリ-


ラカム「おいロキ!!その全てを悟った顔みたいなのやめろ!!!」


ロキ「フ、フェンリル、この場から離れるよ。どうやらここにいると、君じゃなくボクが危ないらしい…!」


フェンリル「…気持ちわりぃ…」ジロ-


ロキ「じゃあね諸君!!また会う時を楽しみにしてるよ!!」シュバアッ


ラカム「おっ、おい!!行くな!この状況に俺たちを2人にしないでくれえええええ!!!」


ルナール「うへ、うへはへへへへ!インスピレーションインスピレーション!!!筆が勝手に動くようだわ!!!」バババババ


グラン(……よし、死のう……)
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 18:44:48.52 ID:vhBRjmIe0
ーー3時間後ーー
ラカム「…で、結局はルリアが原因、って訳か…。」


ソシエ「…ルリアはん、ちょっとおいたが過ぎるなぁ…」


ルリア「うぅ~…ち、ちょっとしたイタズラのつもりだったんです~…」シュン


グラン「おかげで僕は散々な目に遭ったんだよ…」ハァ


ハレゼナ「言ってただろォ!?ボクは団長の事、信じてたぜェェ!!」ブォオン


グラン(あんなに僕から離れてたけどね…)


ディアンサ「…まあ、悪気は本当に無かったみたいだし、今回に関しては許してあげる…///」


グラン「デ、ディアンサ…!」


ナルメア「…」テクテク


グラン「…?」


ナルメア「だ、団長ちゃんがどうしても我慢出来なくなったら…お姉さんの所に…甘えに来ていいのよ?///」ボソッ


グラン「!?!?!?」ボオッ


ナルメア「そ、それだけ!お姉さんも今回のことは気にしてないから、もう気に病んじゃだめだよ!!///」ダッ


グラン(あっ、アカン…破壊力ヤバすぎだって…)プシュ-


ソシエ「…な、なあ団長はん…」モジモジ


グラン「…?どうしたの?」


ソシエ「さっき団長はんは、ウチのこの格好のこと見えてなかったんやろ…?新しいのなんやけど…ど、どうやろか…?」ドキドキ


グラン「…!本当だ、綺麗じゃん!」


ソシエ「っ!」ビクッ!


グラン「いつもの和服もいいけれど、今日みたいなドレスもソシエには似合うね~」シゲシゲ


ソシエ「えと、その…あの…ありがと…///」タパタパタパタバ


ラカム(…ギャルゲーの主人公かよこいつ…)
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:18:53.96 ID:vhBRjmIe0
グラン「とにかく、皆本当にゴメン。ルリアには後で言い聞かせておくから…!」


ディアンサ「はいはい…じゃあ、私たちは部屋に戻るね?」


ハレゼナ「じゃあな!団長ゥ!!」


ソシエ「さっ、さよなら…」タパタバタパ

バタン!

グラン「…はぁ…ねえ、ルリア?」


ルリア「ひゃい!ご、ごめんなさい!!」ビクッ


グラン「もう怒ってないよ…そ、それよりさ…」


ルリア「…?どうしたんですか?」キョトン


グラン「ルリアは僕が、あのコンタクトレンズを付けてることを知ってたんだよね…?だったら、最初に何で僕の所に来たりしたの…?」


ルリア「…ああ、それなら簡単ですよ?」ズイッ 


グラン「…っ!」(顔が近い…///)


ルリア「…だって、グランになら私、何を見せたって恥ずかしくありませんから!」ニコッ


グラン「っ!?そ、そんなことを女の子が言っちゃ…!」


ルリア「もうっ!!私だって他の人にだったら裸なんて恥ずかしくて見せられません!!」


ルリア「でも、グランになら裸だって見せられる…!…私は、グランにだったら、何だって捧げられます」ジイッ


グラン「……ル……リア……」


ルリア「……これは、今回の騒動へのお詫びです!」チュッ


グラン「……!?っんん~~っ!!//」ガタタッ


ルリア「ぷはっ…えへへ…私の初めて、あげちゃいました…!///」


ルリア「じゃあグラン!私はこれで失礼しますね!」ガチャッ


グラン「……っ!!」


グラン(こっ、こっちだって……初めてなのに…!!)カアアアッ


グラン「ルッ……ルリアアアアアッ!!///」ガチャッ


ルリア「あははっ!!ごめんなさい、グラン!」ダダッ
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:21:57.32 ID:vhBRjmIe0
終わります

皆さんこんなのに付き合って下さってありがとうございました
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:29:55.61 ID:2rB5RrCDO
乙。後日談もできれば頼む
やっぱり裸を見られるって大変なことやと思うよ
後遺症のケア(意味深)は必要かと

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング