FC2ブログ

アレッタ「少し困ったお客さん」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:00:13 ID:W8X8kNCw
異世界食堂×ぐらぶるっ!になります。

原作未読ですので異世界食堂で
ちゃんとした理由付けがあるのかもしれませんが
ここはひとつ「こまけぇことはいいんだよ!」の精神で
お読みいただけると嬉しいです。
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:01:25 ID:W8X8kNCw
マスター「お待たせしました」

マスター「いつものお持ち帰りのお品です」つ(寸胴)

赤の女王「うむ」つ(寸胴)

赤の女王「では、また来る」

マスター「はい。 またのご来店を」

     キィ… カララン♪ パタン

マスター「ふう……」

アレッタ「お疲れ様です、マスター」

マスター「ああ、お疲れ様……と言いたいが」

マスター「今日はもう一人来る予定なんだ」

マスター「『少し困ったお客さん』がね」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:02:09 ID:W8X8kNCw
アレッタ「ああ……あの娘ですか」

マスター「ああ。 その娘だよ」 クスッ

     このお店……ねこやでお出しするお料理は

     私から見ても少々……いえ

     かなり高めのお値段ですけど

     それには、ちゃんとした理由があったんです。

     それは……

―――――――――――

     キィ… カララン♪

???「ほわわー!」

???「こ、ここは、いったいどこなんですか!?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:03:13 ID:W8X8kNCw
マスター「いらっしゃい」

マスター「ここは洋食のねこやという飯屋だよ、お嬢さん」

???「飯屋……というと、ご飯屋さんですか?」

マスター「はい」

???「でも、グランサイファー号のルリアの部屋に現れたドアから来たんですけど」

マスター「う~ん……それは説明のしようが無くて」

マスター「7日に一度、どこか、特定の場所に現れるドアをくぐると」

マスター「ここに来てしまうんだ」

ルリア「ほわぁ~そうなんですか」

マスター「まあ、せっかくここへ来たのだから」

マスター「何か食べて行きなよ、お嬢さん」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:03:57 ID:W8X8kNCw
ルリア「……せっかくですけど」

ルリア「ルリア、お金を持ってなくて……」

マスター「それならツケでいいから」

ルリア「ツケ?」

マスター「また今度、来た時に払ってくれたらいいから」

ルリア「い、いいんですか!?」

マスター「ああ、構わないよ」

ルリア「分かりました!」

ルリア「今度来た時に払いますね!」

マスター「うんうん」

マスター「アレッタさん。 レモン水とお品書きをお持ちして」

アレッタ「はーい」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:04:45 ID:W8X8kNCw
ルリア「はわわ~!」

ルリア「どれも美味しそうですぅ」

アレッタ「どれも美味しいですよ」 クスッ

ルリア「オススメとかありますか?」

アレッタ「う~ん……」

アレッタ「よく頼まれるのは、メンチカツやエビフライ、ロースカツですかねぇ」

ルリア「じゃあ、それ全部ください!」

アレッタ「え……3つともですか?」

ルリア「はい!」

アレッタ「分かりました」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:05:50 ID:W8X8kNCw
アレッタ「お待たせしました」

ルリア「はわわ~美味しそうですぅ」

アレッタ「あと、パンやライスはお代わり自由ですので」

ルリア「え!?」

ルリア「いくらお代わりしてもいいんですか!?」

アレッタ「はい。お腹いっぱいになるまでどうぞ」 クスッ

ルリア「きゃあ~☆☆☆」

     この時

     この何気ない一言が

     あの恐ろしい光景へ繋がるなんて

     思いもしませんでした……

ルリア「いただきまぁす!」

ルリア「はむはむ……」

ルリア「美味しい~♪♪」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:06:44 ID:W8X8kNCw
ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「は~い」

―――――――――――

ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「は~い」

―――――――――――

ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「は~い」

―――――――――――

ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「……はい」

―――――――――――
―――――――――――
―――――――――――
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:07:21 ID:W8X8kNCw
ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「は、はい……」

アレッタ「あ、あの、マスター」

マスター「……こいつは困ったぞ」

マスター「ライスはまた炊くとしても、パンはヤバイ」

マスター「ちょっと時間が掛かっちまう」

マスター「アレッタさん、あの娘に少し待ってもらう様、言って来てくれ」

アレッタ「わ、分かりました」

―――――――――――

ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「ひ、ひいっ」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:08:19 ID:W8X8kNCw
ルリア「どうかしたんですか?」

アレッタ「い、いえ……その」

アレッタ「そろそろお腹いっぱいになったんじゃないのかな?と思いまして……」

ルリア「大丈夫です!」

ルリア「まだ半分くらいですから!」

アレッタ「」

アレッタ(は、半分!?)

ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」

アレッタ「は、はい……」

―――――――――――

アレッタ「あの……マスター」

アレッタ「またお代わりだそうです……」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:09:25 ID:W8X8kNCw
マスター「……信じられんな」

マスター「こういうのを俗に痩せの大食いと言うんだが」

マスター「正直、ここまで凄いのは初体験だ」

アレッタ「あんな小柄な女の子の体のどこに食べ物は消えているんでしょう……」

マスター「軽く20人前くらいは食べているが……」

マスター「いくら何でもそろそろ終りだろう」

アレッタ「それが……」

アレッタ「まだ半分くらいだそうです……」

マスター「」

アレッタ「ここは正直にお話になって」

アレッタ「帰ってもらう、というのはどうでしょうか?」

アレッタ「このままだと他のお客さんの分が……」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:10:38 ID:W8X8kNCw
マスター「……倉庫に行って有りったけの小麦粉とお米を取ってくる」

アレッタ「マ、マスター!」

マスター「なぁに、何とかなるさ(震え声)」

     ……結局

     各種揚げ物数点と、実に約40人分のパンとライスを平らげた

     このルリアという名前のお客さんは

     ようやく満腹になって満足げに帰られました。


     その日はライスがまったく無くなってしまい

     パンもお代わりは出来なくるという有様で

     カツ丼好きのライオネルさんが悲しそうに

     カツサンドをもそもそと食べられるのを見て

     胸を締め付けられました……
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:11:32 ID:W8X8kNCw


     しかし

     問題はこれで終わった訳では無かったんです。



     このルリアというお客さんは

     お仕事の都合で毎週必ず来る、という訳ではなく

     そのため、せっかく用意した食材が

     来なかった時はダメになったり、古くなって味が落ちたりと

     困った事態が起きました……
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:12:59 ID:W8X8kNCw


     マスターは、こういった事も考えて

     普段、料理のお値段を高めにしているのですが……

     それでも彼女一人が来る来ないで

     実に40人分の食材が無駄になるか、ならないか

     という事になってしまうので

     これは値上げもやむを得ないかな……と

     さすがのマスターも弱音を吐くようになってしまいました……


.
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:14:44 ID:W8X8kNCw




     でも

     そんな時、一人の英雄が現れて

     この問題を解決してくれたんです!




.
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:16:02 ID:W8X8kNCw
―――――――――――

     キィ… カララン♪

ルリア「おはようございまぁーす♪」

アレッタ「ひっ……い、いらっしゃいませ」

ルリア「はい! 来ちゃいましたぁ」

ルリア「今日は、ねこやさんを紹介したくて」

ルリア「グランも連れてきたんです♪」

アレッタ「グラン?」

グラン「ど、どうも……」

アレッタ「あ、初めまして」

アレッタ「えと……もしかしたら彼氏さんですか?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:17:06 ID:W8X8kNCw
グラン「あはは……僕はある騎空団の団長をしてて」

グラン「う~ん、形としては……ルリアの上司?という感じですかね」

アレッタ「そうなんですか」

アレッタ「それはともかく、ようこそ洋食のねこやへ」

アレッタ「どうぞ、空いているお席へお着きください」

ルリア「グラン、早く早く♪」

グラン「うん、分かってるよルリア」

グラン「でもその前に……ここの店主さんとお話がしたくて」

グラン「構わないでしょうか?」

アレッタ「あ、はい」

アレッタ「マスター。 こちらの……ルリアさんの上司?という方が」

アレッタ「お話をしたいそうです」

マスター「俺に?……分かりました」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:18:18 ID:W8X8kNCw
マスター「それで、ご用件は何でしょう?」

グラン「…………」

グラン「その……もしかしたら」

グラン「ルリア、このお店にご迷惑をおかけしているんじゃないでしょうか?」

マスター「…………」

マスター「い、いえ、お勘定もきちんと払って頂いてますし」

マスター「大丈夫ですよ」

グラン「……最近、ルリアの食事量がたまに落ちる時があって」

グラン「事情を聞いたら、7日に一度、ここで食べ放題?のパンとライスを」

グラン「たくさん食べているから、と言ってました」

マスター「…………」

グラン「彼女は……その、もの凄く食べるので」

グラン「お店、大変なんじゃないでしょうか?」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:19:10 ID:W8X8kNCw
マスター「…………」

グラン「ここだけのお話ですので」

グラン「どうぞ、正直に話してください」

マスター「……う、うん」

グラン「…………」

マスター「ま……正直を言えば…………少々厳しい……ですね」

グラン「やはりそうでしたか……」

マスター「…………」

マスター「でもね、グランさん」

グラン「はい」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:19:59 ID:W8X8kNCw
マスター「確かに少々厳しいですけど」

マスター「あのお嬢さん、うちの料理を本当に旨そうに食ってくれててね」

マスター「作った方としては、それは素直に嬉しいんだよ」

グラン「…………」

マスター「なので、出来れば怒るとか、咎めるとか」

マスター「ここへ来ない様に言うとかは、やめてあげてくれないかな……」

グラン「マスターさん……」

グラン「…………」

グラン「分かりました、マスターさん」

マスター「せっかく気を使ってくれたのにすまないね……」

グラン「いえ……」

グラン「…………」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:20:46 ID:W8X8kNCw
グラン「!」

グラン「そうだ……それなら、こういうのはどうでしょう?」

マスター「というと?」

―――――――――――

グラン「お待たせ、ルリア」

ルリア「遅いですよ、グラン」

グラン「ごめん」

ルリア「ルリア、先に注文しちゃいますよー?」

グラン「ルリアのオススメはあるかい?」

ルリア「はい!」

ルリア「エビフライ、メンチカツ、トンカツ、カキフライ、ロースカツ……」

グラン「こ、このあと、仕事があるから、どれか一つにしような?」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:21:56 ID:W8X8kNCw
ルリア「えー!?」

ルリア「どれか一つなんて、あんまりですぅ……」

グラン「また来ようよ」

グラン「二人で」

ルリア「え……」

グラン「みんなにはちょっと悪いけど……」

グラン「僕は……ルリアと二人だけの時間が欲しいんだ」

ルリア「ルリアと……二人だけ……」

グラン「ダメ……かな?」

ルリア「!」

ルリア「ううん! そんな事ないです! グラン!」///

ルリア「ルリア、嬉しいですっ!」///

グラン「良かった」 ニコッ
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:22:55 ID:W8X8kNCw
―――――――――――

アレッタ「今日は早々に帰って行かれましたね」

マスター「ああ」

アレッタ「それでグランさんと、どんなお話をされたんですか?」

マスター「ある事を三つ提案された」

アレッタ「ある事?」

マスター「一つは閉店間際の時間に来ること」

マスター「一つは来店した際、次週に来るかどうか、必ず予定を伝えるという事」

マスター「最後は、その日に残った食材で」

マスター「スペシャルメニューを考えて、あのお嬢さんに振舞って欲しいとさ」

アレッタ「まあ! ステキな提案ですね!」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:23:46 ID:W8X8kNCw
マスター「おいおい、簡単に喜ばれると困るんだが」

マスター「最後の提案なんて、残る食材でまったく違うものを考えないといけないし」

マスター「これは骨だぞ」

アレッタ「うふふ」

アレッタ「それにしては嬉しそうです」

マスター「まあ……料理人の血が騒ぐからね」

     キィ… カララン♪

マスター「お、お客さんが来たみたいだぞ」

アレッタ「あ、はい」

アレッタ「いらっしゃいませー♪」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:25:03 ID:W8X8kNCw
     こうして

     一人の英雄が、ねこやで起きた騒動を静め

     再び、平穏が訪れたのでした。


     その後

     ルリアさんは少し物足りなそうな顔をなさいますが

     先に食事を終えたグランさんが居る事で暴食は無くなり

     持ち帰りでそれを満たす様になりました。


     ……ただ

     その量がもの凄いので、マスターの負担は少し重くなった気がします。

     でも、以前の様に弱音は吐かなくなったので

     たぶん楽しく料理をなさっているのでしょうね。 ふふふ♪
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:26:15 ID:W8X8kNCw
マスター「お待たせしました」

     ドンッ!

マスター「ふう……ねこや特製スペシャル丼(どんぶり)」

マスター「ロース・メンチカツ・エビフライ盛り、親子丼風になります」

ルリア「ほわわぁ~☆」

グラン「タ、タライみたいなどんぶりだね……」

アレッタ「はい、こっちがグランさん、ご注文のミートスパゲティになります」

     コトッ

グラン「どうも」

ルリア「いただきまぁ~す♪」

マスター「お代わりもあるからね」

ルリア「はい♪」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:27:10 ID:W8X8kNCw

     ……いっぽうその頃

     グランサイファー号では


ラカム(…………)

ラカム(グランの奴、今週もルリアちゃんの部屋へ入ったか)

ラカム(とうとう……ひとりの娘に心を決めた様だな)

ラカム(…………)

ラカム(何があっても俺は、お前のこと応援するぜぇ……ふふふ)


     ちょっと勘違いされていた。




     おしまい
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/15(火) 00:30:50 ID:W8X8kNCw
良かったらこちらもどうぞ~

カイザル「そうか……そういう事だったんだ」


ガッツ「セルピコ……お前って料理が上手いんだな」



関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年02月10日

    異世界食堂のSSって増えないよな

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング