FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:53:49.63 ID:v4ZquAeK0
セイバー「…」ブロロ

セイバー(バイク楽しいです)ブーン

ファンファン

セイバー「…?」

セイバー「何やら後ろが騒がしいですね」

警察「そこの二輪車止まりなさい!」

セイバー「な…なんでしょう…?」

警察「制限速度何キロだと思ってるの?はい、免許証出して」

セイバー「めんきょ…?」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:54:21.34 ID:Ng5s25RW0
かわいい
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:58:43.57 ID:v4ZquAeK0
セイバー「あいにくですがそのようなものは持ち合わせていません」キリッ

警察(無免許かよ…)

警察「ちょっとこっち来てもらえるかな?」

セイバー「はぁ…」トテトテ

警察「無免許で公道あんなに飛ばして…危ないでしょ?交通事故起こらなかったからいいようなものの…」

セイバー「大丈夫です」

警察「はい?」

セイバー「免許など無くても絶対に事故にあったりはしません」キリリッ

警察「いや、そういう問題じゃなくてね…」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:04:03.36 ID:v4ZquAeK0
セイバー「ですから…私は事故など…」

警察「事故が起こってからじゃ遅いんだって!」

セイバー「ひぅっ…!」ビクッ

セイバー「なにもそんなに怒鳴らなくてもいいではないですか…」

警察「あのねぇ、君のそういう認識の甘さが事故のきっかけになるの、わかる?」

セイバー「はぁ…」

セイバー「しかし、私には騎乗スキルがあるので大丈夫です」

警察「…」

警察(なに言ってんだコイツ…)
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:11:01.07 ID:v4ZquAeK0
セイバー「騎乗スキルというのは乗り物という概念に対して発揮されるスキルでですね…」

警察「あーはいはい、君が運転に自信があるのは分かったから」

セイバー「わかっていただけましたか!」パァッ

警察「…で、いつから乗ってるの?無免許で」

セイバー「そうですね…この、バイク、といいましたか…乗り始めて三日ほどでしょうか」

警察「…」

セイバー「なかなか快適です」

警察「…」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:16:50.27 ID:v4ZquAeK0
警察(あー…ダメだ…会話できねぇ…)

警察「連絡先教えてもらえる?保護者の方と話すから」

セイバー「保護者は…いません…」

警察「…」

警察「な、なんかごめんね?」

セイバー「いえ、私は英霊ですから、この時代にいないのは当然で…」

警察「は…?」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:19:52.56 ID:v4ZquAeK0
セイバー「あ!」

警察「なに?」

セイバー「保護者…というか…マスターなら…」

警察「…」

警察「もうその人でいいから呼んでくれないかな?」

セイバー「はい」

セイバー「…」

セイバー「あ」

セイバー「こちらから連絡する手段がありません」キリッ

警察「…」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:20:23.46 ID:ufTXx0F/0
だいたい国籍もなにもかもないよなこいつ
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:22:50.48 ID:n+ACgwc10
警察「大体君どこの人なの」

セイバー「ブリテンの王ですが?」キリッ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:23:30.66 ID:iWh0WHSN0
不法滞在で強制送還されちゃうw
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:30:12.13 ID:v4ZquAeK0
警察「…」

警察「君、名前は?」

セイバー「いや、真名を名乗るのはちょっと…」

警察「いいから!」

セイバー「この度はセイバーのクラスで召喚されました、とだけ」

警察「さっきからふざけてるよね?君」

セイバー「なー!」

セイバー「私は至って真面目です!失礼な!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:35:44.95 ID:A4I5UB4H0
>セイバー「なー!」

可愛すぎだろ
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:40:29.04 ID:v4ZquAeK0
セイバー「大体貴方こそ何者なのですか!?」

警察「こういうものです」ケイサツテチョウピラピラ

セイバー「ふむ」

セイバー「名乗られたなら仕方ないですね…」

セイバー「私はブリテンのアーサー王です」エッヘン

警察「は…?」

セイバー「ふふん」ドヤァ

警察「…職業は?」

セイバー「だから王です!王様です!」

警察「…」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:40:42.41 ID:ipwEZdYW0
セイバーかわいすぎwww
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:42:15.43 ID:ci9+KUy1i
警察「(なんだこの電波…)」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:50:19.03 ID:v4ZquAeK0
警察「はぁ…その王様って何する人なの?」

セイバー「我が国の民のために使命を果たす、それが私の役目です」キリッ

警察「…」

セイバー「貴方は…?」

警察「警察です、市民の平和を守ります」

セイバー「!」

セイバー「同志ではありませんか!」ナカーマ

警察「いやね、たぶん違うよ」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 23:57:35.80 ID:v4ZquAeK0
セイバー「違うのですか…」シュン

警察「じゃなくて…いい加減に…」

アイリ「セイバー!」

セイバー「アイリスフィール!」パァッ

アイリ「帰りが遅いから探していたのよ」

セイバー「そうでしたか…申し訳ない…変な人に捕まっていたもので…」

警察「…」

警察「おたく、この人の知り合い?」

アイリ「えぇ」

警察「ちょっとお話いいですか?」

アイリ「は、はい…」

警察(まともな人来た!)ホッ
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:08:33.63 ID:B1O8zCYy0
警察「まず名前と…職業伺ってもよろしいですか?」

アイリ「は、はい…」チラッ

セイバー「!」

アイリ「セイバー…何か悪いことしたの…?」ボソッ

セイバー「いえ…」ボソボソ

警察「…」

アイリ「えっと、アイリスフィール・アインツベルン…魔術師です」

警察「まじゅ…なんだって?」

アイリ「魔術師です」

警察「…」

アイリ「9歳、ホムンクルスです」

警察「…」

警察(こいつもやべぇ…)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:17:30.78 ID:B1O8zCYy0
警察「あのですね…その、おたくの…王様がですね、無免許でバイクに乗ってましてね」

アイリ「無免許…?バイク…?」

警察「はい」

セイバー「私なら大丈夫だと何度も言ったのですが…」

アイリ「…あれって、乗るのに何か必要なの?」

警察「!」

アイリ「私も車に乗る時、免許?なんて持ってなかったけどあれは大丈夫なのかしら…?」

警察「ダメですよ」ニッコリ

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:26:40.24 ID:B1O8zCYy0
アイリ「ダメ…?」

警察「…」

警察「ダメです」キッパリ

アイリ「どうしましょ…」オロオロ

セイバー「大丈夫です、アイリスフィール…私には騎乗スキルがありますから」

アイリ「そうよね!それなら安心よね!」

警察「…」

警察(なんだよ…なんなんだよ…こいつら…)

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:33:21.51 ID:B1O8zCYy0
警察(特に後から来た方…ホムンクルスって…人間ですらねぇよ…)

警察「ほ、ほかに連絡がつく方はいますか?」

アイリ「あ…それなら夫が…」

警察(夫いんのかよ…9歳じゃねぇのかよ…いや、この見た目でそれはないだろうが…)

警察「じゃあその人に連絡を…」

アイリ「は、はい…」

警察「ちなみにその人は何やってる人なんですか?」

アイリ「魔術師ですけど…」

警察「あ、やっぱ呼ばなくていいです」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:34:30.20 ID:hy1VLWMw0
なんという真っ当な判断
でも間違いだぞ!
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:36:10.37 ID:53ioE5FE0
まあ呼んだら殺されてた可能性もあったし…
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:43:51.04 ID:B1O8zCYy0
警察「…とりあえず署まで行きましょうか」

警察(他の人に援護頼もう…)

アイリ「…?」キョトン

警察「じっくり向こうで話しましょう」グイッ

アイリ「きゃっ!?や、やめてっ…」

セイバー「あ、アイリスフィール!」バッ

パァン

警察「…」ドサッ

アイリ・セイバー「!」





切嗣「…」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:47:16.82 ID:rthonj0y0
警察の人がかわいそうだろ
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:50:20.78 ID:B1O8zCYy0
セイバー「こ、これは…!」

アイリ「…」

アイリ「逃げましょ!」

セイバー「えっ」

アイリ「セイバー、あの死体に向かって約束された勝利の剣を!」

セイバー「!」

アイリ「塵も残さないようにしないと…」

セイバー「あ、アイリスフィール…」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:57:21.26 ID:B1O8zCYy0
セイバー「し、しかしっ…!」



切嗣『令呪を以て命じる…セイバー…アイリの言うとおりにしろ』

セイバー「!」

セイバー「あなたはっ…!どこまでっ…!民に手をかけるなどっ…!」

セイバー「約束された勝利の剣!!!!!」ズシャァァァァァ

セイバー「…」

アイリ「…」

アイリ「セイバー、運転お願いね」

セイバー「あ…はい…」


ブロロロロロ


めでたしめでたし
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 01:00:26.50 ID:TlNyCnyi0
めでたくねーよ!
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 01:02:07.22 ID:wxm9ximm0
アイリもセイバーも無事だったんだ
これ以上にめでたいことはない
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 01:02:07.57 ID:53ioE5FE0
令呪の使用法ェ…
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 01:03:18.59 ID:7sIFm3hF0
令呪は容量、使用法をよく守り正しくお使いください
134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 01:19:16.92 ID:VCVhKAbn0
警官には気の毒だが気絶してたことにしよう、殉職でもされたら英霊がまた一人増えてしまう

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年02月13日

    ごめん、笑えない

  2. とあるSSの訪問者 2019年02月13日

    まじ、それ

  3. とあるSSの訪問者 2019年02月14日

    精神異常者みたいなSS

  4. とあるSSの訪問者 2019年02月14日

    途中まではそこそこ面白かったのに残念

  5. とあるSSの訪問者 2019年02月14日

    ↑ここまでが自演

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング