FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:22:24.23 ID:7xsajYlE0
セイバー「シロウ、なぜ嘘をついたのですか」

士郎「ごめんって」

セイバー「なぜ嘘をついたのですかと聞いているのです」

士郎「だって、セイバーに言ったら全部食べちゃうだろう?おやつのどら焼き」

セイバー「食べません!失礼な」

士郎「すいません」

凛「どうしたの?」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:29:00.39 ID:7xsajYlE0
セイバー「聞いてください凛。シロウがおやつが無いと言ったくせに実はあったのです」

セイバー「私がつまみぐいするのを恐れて」

凛「あらら。セイバーはそんなことしないもんね」

セイバー「もちろんです」

士郎「すまんセイバー。家計を預かる者として神経質になってしまうんだ」

セイバー「とにかく、我々の間に嘘は無しにしてください」

セイバー「信頼関係が損なわれてしまいます」

凛「あら、それはどうかしら」

セイバー「え?」

凛「時には嘘も必要なんじゃない?嘘も方便っていうし」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:35:01.16 ID:7xsajYlE0
セイバー「そうは言いますが、私とシロウの間には方便などいりません」

凛「士郎だって隠したいことくらいあるでしょ。ねぇ士郎」

士郎「まあ……な」

セイバー「あるのですか?言ってください士郎」

士郎「いや、言えないから隠し事なわけで」

セイバー「隠し事は無しにしてください」

士郎「おっとセールの時間だスーパーに行ってくる」

セイバー「あっお待ちくださいシロウ!逃げる気ですか」

士郎「今晩のスキヤキ用の食材を買いに行くんだけどな」

セイバー「行ってらっしゃいシロウ。気を付けてくださいね」

凛(さすが、セイバーの扱い方を心得てるわね士郎)
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:37:19.93 ID:7xsajYlE0
士郎「あれっ鍋がないぞ」

セイバー「どうしたのですかシロウ」

士郎「鍋を土蔵に置いてきちゃったみたいだ。取りにいってくるよ」

セイバー「いえ、シロウはそのまま調理を!私が取ってきますので」

士郎「そうか?悪いな」

セイバー「お安いご用です。その代わりと言っては何ですが…」

士郎「わかってるよ。肉はたっぷりな」

セイバー「ありがとうございます。行ってきます」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:41:00.03 ID:7xsajYlE0
セイバー「これですね鍋は」

セイバー「よいしょっと……うわっ!」

ガシャァァァァァァァン

セイバー「いたた…。何かにつまづいてしまった」

セイバー「これは何でしょう。なにかの芳香剤でしょうか」

セイバー「妙なにおいだ…」

セイバー「はっ、はやくシロウに鍋を届けなければ」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:41:32.91 ID:7xsajYlE0
士郎「おお、サンキュー」

セイバー(楽しみですねスキヤキ)

???『タノシミデスねスキヤキ』

士郎「はは、そんなに楽しみか」

セイバー「はい、とっても」

セイバー「って、え?今私何か言いました?」

士郎「言ったろ今。楽しみですねスキヤキって」

セイバー「言いましたか…」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:42:00.62 ID:7xsajYlE0
セイバー(心の中で思っただけだけなのに…)

???『ココロのナカでオモッタダケナノニ』

士郎「え?また何か言った?」

セイバー「ええっ?また聞こえたのですか?」

セイバー(もしかしたら…私の心の声が周りに漏れてしまっている!?)

セイバー(あの芳香剤のせいか…。きっと土蔵に魔術グッズが紛れていたのだ)

セイバー(どうして土蔵を整理しておかないのです!シロウのばか!)

心の声『シロウノバカ!』

士郎「ええっ?何が?」

セイバー「い、いえっ!何でもないのです」

心の声『シロウのズボラ!』

士郎「えええ!?ごめん!」

セイバー(ああああ心の声が勝手にしゃべってしまうぅぅぅ)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:47:00.12 ID:7xsajYlE0
セイバー「今日ななるべく無心でいましょう…」

セイバー(一体効能がどれくらいできれるかはわかりませんが…)

士郎「おーいみんなスキヤキできたぞー」

セイバー「はああい!」

セイバー(スキヤキキターーーーーーーーーー!)

心の声『スキヤキキターーーーーーーーーー!』

桜「びっくりした。セイバーさん叫ぶくらい楽しみにしてたんですね」

セイバー「えっ」
15: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 2012/04/19(木) 22:51:06.06 ID:yFsDyNUR0
サトリナときいて
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:51:21.13 ID:7xsajYlE0
イリヤ「セイバーったらはしたなーい」

セイバー「いや違うんですこれは」

心の声『そうなんです!今日はこのために生きてましたスキヤキヒャッホォォォォォイ!』

桜「セイバーさん…」

ライダー「はしゃぎすぎでしょう…。いつも以上に」

セイバー(うわあああああああ。清廉潔白な私のイメージがあああああ)
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:52:31.38 ID:U5birmNO0
>清廉潔白な私のイメージ


ははっ。ご冗談を。
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 22:56:30.22 ID:7xsajYlE0
士郎「いただきまーす」

凛「んーやっぱり日本人はスキヤキよね」

桜「みんなで食べるとおいしいですよね」

セイバー「もぐもぐ」

心の声『umeeeeeeeeeeeeee!肉最高です全て胃袋におさめてやるううううあああ』

セイバー「むぐっ!」

桜「…」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:02:00.47 ID:7xsajYlE0
凛「セイバー、どれだけ飢えてるのよ」

セイバー「違います!これは」

ライダー「セイバー、一応居候の身なのですからもう少し慎んでください」

セイバー「はいすいません」

心の声『そんなもん関係ありません食の前ではすべてが同価値肉umeeeeeee!』

ライダー「…」

士郎「ま、まあいいじゃないか。お腹すいてたんだろセイバーも」

セイバー(あああああああああああああああああああああああ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:06:50.41 ID:7xsajYlE0
士郎「さてと食後の後片付けだ」

セイバー「あっ手伝います。私手伝いますシロウ」

心の声『あー満腹になったら眠くなってきやがりました!早くひとっ風呂あびたいですう』

士郎「…」

セイバー「あ…」

士郎「俺に遠慮しないで風呂入ってこいよ」

セイバー「…はい…」

セイバー(駄目だ…。このままではシロウに嫌われてしまう…)

セイバー(というかそもそもこの家にすらいれなくなってしまう…)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:09:52.22 ID:7xsajYlE0
セイバー「あ、あがりました」

士郎「ようセイバー。お茶でも飲むか」

セイバー「あ、いえ自分で」

心の声『飲みたい飲みたい!麦茶がいいですシロウ』

セイバー「あ…また…」

士郎「…待ってろ麦茶な」

セイバー(恥ずかしいを通り越えて情けなくなってきました…)
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:10:52.32 ID:7xsajYlE0
セイバー「ごくごく」

セイバー(……まずい!)

セイバー(いえお茶がまずいとかそーいう意味でなくなんだか)

セイバー(体が火照ってきたというか…)

セイバー(魔力供給をしてもらいたくなってきてしまった…!)

士郎「さーて俺も風呂に入ってくるかな」

心の声『セックスしたいです!』

セイバー(ぎゃああああああああああああああああああああああ)

士郎「…なんか今幻聴が」

セイバー「ききき気のせいです士郎空耳です!」

士郎「そうだな…俺なんか疲れてるみたいだ」

セイバー「そうですよ」

心の声『セックス!』

セイバー(おぎゃああああああああああああ)
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:16:20.07 ID:7xsajYlE0
士郎「セイバー…」

セイバー「ひぃぃぃぃぃぃ違うんですシロウ違うんです助けて誰か」

士郎「俺に…気をつかってくれてるんだな!」

セイバー「えっ?」

士郎「ありがとうセイバー…。実は、最近ものすごくたまっていたんだ…」

セイバー(ええええええええええええええ)

心の声『セックス!』

士郎「ああ!しよう!セックスをしようセイバー!」

セイバー「し、士郎!?」

士郎「さあしよう今すぐしようここでしよう居間だけに」

セイバー「あ、ああーっ!」

心の声『ああんシロウそこですっ!もっとぉぉぉぉおおおおん』

凛「喘ぎ声まで周りにもらすのはやめて」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:20:52.61 ID:U5birmNO0
ルート分岐で、次は家を追い出されるんですね
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:21:49.07 ID:uKs62OC8O
飽きるな
おい

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング