FC2ブログ

七咲「もうっ…またですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:34:24.16 ID:a7F8vKHEO
七咲「飽きないですね…先輩も」

七咲「ふふっ。私も、ですけど」

逢プラス~飽きるなんてありえない篇~
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:35:28.83 ID:a7F8vKHEO
七咲「はい、先輩。どうぞ…ぎゅってして、いいですよ?」

七咲「…んっ」

七咲「はふっ…落ち着きます…」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:37:32.17 ID:a7F8vKHEO
七咲「ふふっ、これじゃ人の事言えませんね」

七咲「私の方が落ち着いちゃってるんですから…」

七咲「私をここまでにした責任、取ってくださいね?」

七咲「飽きるなんて、ありえないんですから」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:39:04.60 ID:a7F8vKHEO
七咲「仕方ないじゃないですか…それぐらい、先輩が大好きなんです」

七咲「だからほら…」

七咲「もっと、です」

逢プラス~飽きるなんてありえない篇~
おわり
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:40:59.69 ID:a7F8vKHEO
七咲「せんぱい…」

七咲「先輩」

逢プラス~名前、篇~
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:42:09.89 ID:a7F8vKHEO
七咲「私、先輩のコト、あんまり名前で呼んでませんね」

七咲「先輩も、私のコト、いつも『七咲』って呼んでますよね?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:42:50.33 ID:a7F8vKHEO
七咲「ふふっ、呼んでほしい…ですか?」

七咲「な・ま・え」

七咲「…ふふっ、」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:43:51.17 ID:a7F8vKHEO
七咲「しんご、さん?」

七咲「ふふっ、次は先輩ですよ?ほら…」

七咲「逢って…呼んでください?」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:45:15.91 ID:a7F8vKHEO
七咲「…はい」

七咲「ふふっ、何だか照れちゃいますね。でも」

七咲「ほんとにだいすきになった人だから…」

七咲「嬉しい…です」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:46:52.16 ID:a7F8vKHEO
七咲「…ふふっ、これが私の気持ちですから」

七咲「ちゃんと、受け止めてくださいね?私を」

七咲「私も、しんごさんのこと…受け止めますから…」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:47:50.34 ID:a7F8vKHEO
七咲「ほんとですよ?」

七咲「ほら…こうやって…」

七咲「ぎゅって…」

七咲「んっ…」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:49:44.06 ID:a7F8vKHEO
七咲「キスすることだって、」

七咲「できちゃうんですから…」

七咲「女の子にここまでさせたんですから、ずーっと名前で呼んでくださいね?」

七咲「私は、しんごさんだけの、逢、なんですから…」

七咲「ちゅっ」

逢プラス~名前、篇~
おわり
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:51:45.46 ID:a7F8vKHEO
七咲「ふふっ、おはようございます。しんごさん」

七咲「朝、ですよ?」

逢プラス~おはよう篇~
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:52:33.94 ID:a7F8vKHEO
七咲「ふふっ、仕方ないですね。遅刻、しちゃいますよ?」

七咲「でも…ふふっ、」

七咲「ちゅっ」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:53:56.87 ID:a7F8vKHEO
七咲「眼、覚めましたか?」

七咲「ふふっ、なら良かったです」

七咲「ほら、私も手伝ってあげますから」

七咲「朝の支度、しちゃいましょう?」

逢プラス~おはよう篇~
おわり
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:54:48.81 ID:a7F8vKHEO
七咲「…にゃんにゃん」

七咲「…」

逢プラス~にゃんにゃん篇~
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:56:11.43 ID:a7F8vKHEO
七咲「にゃっ、ふにゃあ…」

七咲「ふにゃふにゃ、にゃ…」

七咲「…ふふっ、顔…真っ赤ですよ?」

七咲「こういうの、好きなんですよね?」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:58:27.65 ID:a7F8vKHEO
七咲「猫耳にゃんにゃん探偵団」

七咲「ふふっ、これ先輩の、ですよね?」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 00:59:29.50 ID:a7F8vKHEO
七咲「私のにゃんにゃんは良かったですか?」

七咲「なら、良かったです」

七咲「…」

七咲「たまになら、またしてあげますね」

逢プラス~にゃんにゃん篇~
おわり
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:04:09.10 ID:a7F8vKHEO
七咲「私だって、女の子…なんです…よ?」

逢プラス~ふたりの夜篇~
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:04:53.16 ID:a7F8vKHEO
七咲「緊張ぐらい…します」

七咲「ねぇ、先輩」

七咲「勇気、ください」

七咲「ぎゅ~って…」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:07:22.32 ID:a7F8vKHEO
七咲「…んっ…」

七咲「もっと強く…離さないで、」

七咲「私だけの、先輩」

七咲「…ふたりの夜、」

七咲「嬉しいものですね、やっぱり」

七咲「…もう!またそんなことばっかり」

七咲「ふふっ、許してあげます」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:07:53.90 ID:a7F8vKHEO
七咲「だから、このままでいてくださいね?」

逢プラス~ふたりの夜篇~
おわり
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:09:37.34 ID:a7F8vKHEO
梨穂子「うわぁ!美味しそうだね、しんご!」

梨穂子「早く食べようよぉ~!」

梨穂子プラス~甘いものは別腹?篇~
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:11:08.38 ID:a7F8vKHEO
梨穂子「ん~、甘くておいしー!…しんごのも美味しそうだねぇ?」

梨穂子「えへへ~」

梨穂子「ひとくち、お~くれっ♪」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:12:41.52 ID:a7F8vKHEO
梨穂子「あむっ」

梨穂子「ん~、しんごのチーズケーキも美味しいねぇ」

梨穂子「ふっふっふ~」

梨穂子「はい、あ~ん、して?」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:14:20.19 ID:a7F8vKHEO
梨穂子「ねっ?ここのフルーツタルトが美味しいんだぁ~」

梨穂子「でも、今日はいつもよりずっとずーっと美味しいんだ!」

梨穂子「…うん…そうだよ?」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:15:41.08 ID:a7F8vKHEO
梨穂子「今日は、しんごもいるから…」

梨穂子「えへへ…」

梨穂子「…あっ」

梨穂子「…ぺろっ」

梨穂子「…えへへっ。甘い、ね?」

梨穂子プラス~甘いものは別腹?篇~
おわり
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:18:28.25 ID:a7F8vKHEO
七咲「きれいですね」

七咲「…ほら、日が昇ってきましたよ?」

逢プラス~夜明け篇~
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:19:51.66 ID:a7F8vKHEO
七咲「ねぇ先輩?」

七咲「私、後悔なんかしてないですからね?先輩と、一緒になったの」

七咲「だから…そんなに不安そうな顔をしないでください」

七咲「……」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:22:49.01 ID:a7F8vKHEO
七咲「大丈夫」

七咲「だいじょうぶだから…ね?」

七咲「そんな寂しそうな顔しないで?」

七咲「私のなでなで、気持ちいいですか?」

七咲「前に、先輩がしてくれたことなんですよ?」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:24:24.54 ID:a7F8vKHEO
七咲「先輩だから、ずっと側にいたいんです」

七咲「ほら、見てください。あの星」

七咲「夜明けでも、キラキラ光ってます」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:26:06.65 ID:a7F8vKHEO
七咲「先輩は、私にとっての星なんですよ?」

七咲「いつもキラキラしてて」

七咲「私を笑わせてくれて」

七咲「だから、私も先輩のすぐ近くで輝きたいんです」

七咲「先輩のすぐ近くだから、輝けるんです」

七咲「夜が明けても」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:27:01.37 ID:a7F8vKHEO
七咲「こうやって…てとて、繋がっていれば」

七咲「ひとつの星座になりますね」

逢プラス~夜明け篇~
おわり
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 01:28:14.89 ID:a7F8vKHEO
七咲は可愛いなぁ!!!
という事で、今夜はひとまずここでお開き

貴方の七咲との、いい夜をお過ごしください

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング