FC2ブログ

七咲「む、胸が!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:15:26.13 ID:kB4Wlwi30
それは朝、いきなり起きた。

七咲「うっ…う~ん。さて、朝ごはん作らないと。」

ベットから降りた七咲逢は、身体に違和感を覚えた。

身体が重いのだ。

七咲「…疲れ過ぎかな?」

だが、その原因はすぐに分かった。

七咲「…む、胸が!大きくなってる!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1328282120 (SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:18:05.42 ID:kB4Wlwi30
七咲「これは…C?いや、Eくらいある!?」

彼女は驚愕したと同時に、とても感激していた。

七咲「なぜかは分からないけど、これで先輩にもっと好かれる!」

だが、すぐ気付いてしまった。現実に。

七咲「はっ!ブラが無い!?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:22:00.91 ID:kB4Wlwi30
彼女に残されていた時間は無かった。

朝ごはんを作り、弁当を作り、学校に行かなければならないのだ。

七咲「う…どうしよう…。」

カタッ

弟の七咲郁夫が目を覚ました。

彼は胸の大きくなった彼女を見て、まだ目が覚めて居ないと思い、顔をつねった。

しかし、状況は変わらない。

郁夫「…うわぁっ!」ダッ

七咲「郁夫!?…さすがに急に大きくなったらびっくりするよね。」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:24:16.81 ID:kB4Wlwi30
仕方なく彼女は朝ごはんと弁当を準備し、服を着替えた。

もちろんノーブラである。

七咲「冬服だし、カーディガン着てるから問題ないよね?」

そして学校を出た彼女に、悲劇(?)が起こるのは時間の問題だった。
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:26:59.04 ID:kB4Wlwi30
通学路

七咲「あ、先輩だ。先輩!」

純一「あ、七咲。おは…YOU!?」

七咲「YOU?」

彼氏である橘純一は驚愕した。

彼女の胸がいきなり大きくなっているのだ。

しかも自分の好みに。

純一「…パッド?」

七咲「失礼な!」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:28:22.55 ID:kB4Wlwi30
純一「え?本物?」

七咲「…確認します?」

純一「ぜひ!」

七咲「…変態。」

純一「うっ…。」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:30:11.53 ID:kB4Wlwi30
七咲「でも、どうしてもと言うなら確認させてあげないこともないですが?」

純一「ホント!?」

七咲「先輩になら良いですよ。」

純一「やった!さっそく…。」

七咲「なっ!」

パシーン

七咲「場所を考えてください!」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:42:19.36 ID:kB4Wlwi30
昼休み ポンプ小屋


純一「と言うわけでポンプ小屋なんだ。」

七咲「人来ませんしね。」

純一「じゃあ早速…。」クニクニ

七咲「なんで触ろうとしてるんですか!」

純一「だって確認するって言ったら…。」

七咲「見るだけです!」

純一「なんだ…。でも、それだけでも十分良い!」

七咲「…じゃあ行きますよ?」スッ
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:45:05.27 ID:kB4Wlwi30
彼女は忘れていた。

ノーブラだと言う事を。

いつものように水着をしていると勘違いした彼女は、思い切り服をめくった。

その瞬間、大きな2つのものはプルルンと飛び出す。

純一「お、お、おおおおおおおおおおっ!!!」

七咲「ど、どうです…か…。キャーーーーーッ!!」パシーン

純一「なんでっ!?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 00:53:58.59 ID:kB4Wlwi30
七咲「ハッ!す、すみません!」

純一「はは…。それより、下着は?」

七咲「…急にこうなったので、サイズが無くて。」

純一「ああ。」

七咲「でも、冬服だから見えないかなって…。」

純一「めくらなければね。」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 01:11:18.97 ID:kB4Wlwi30
純一「だったら、放課後買い物に行こうか。」

七咲「でも、部活が…。」

純一「その胸で入るとでも?」

七咲「うっ…。わかりました。」

純一「じゃあ放課後校門で。」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) 2012/02/04(土) 20:09:36.87 ID:b55asz8no
七咲が胸を手に入れることは世界を手にしたも同然
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/04(土) 22:38:11.58 ID:vClJXzqX0
放課後 校門


七咲「お待たせしました。」

純一「早速行こうか…って、さっきより大きくなってないか?」

七咲「言われてみればさっきより前が重たくなったような…。」

純一「凄い成長だ…///」

七咲「胸ばかり見ないでください///」

純一「ごめんごめん。」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:22:46.35 ID:Rn0xQBCt0
ショッピングモール


七咲「下着売り場はこの階ですね。行きましょう。」

純一(自分から言っててなんだけど、恥ずかしい…。)

七咲「どうしたんですか?」

純一「え?いや!行こう!」

七咲「?」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:26:38.72 ID:Rn0xQBCt0
店員「いらっしゃいませ~。」

七咲「あの…胸のサイズ測りたいんですけど。」

店員「あ、それでしたらこちらへどうぞ。」

七咲「先輩はここに居てくださいね。」タッ

純一「あ、うん。」

純一(…七咲、なんで急に胸が大きくなったんだろうか?)

純一(前々からコンプレックスは感じてたみたいだから、いろいろ実践してたみたいだけど…。)

純一(それにしても急すぎだよな。E…いや、Fくらいになるなんて。)
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:29:44.71 ID:Rn0xQBCt0
店員「えっと…。」

七咲「…。」

店員「サイズはFですね。今からお探しですか?」

七咲「はい。」

店員「E以上のサイズはあちら側となっておりますので。」

七咲「ありがとうございます。」


七咲「お待たせしました。」

純一「どうだったサイズは?」

七咲「…言うと思います?」

純一「う…ごめん。」

七咲「…ふふっ、Fです。」

純一「F!?予想と一緒じゃないか!」

七咲「予想!?…変態。」

純一「ごめん。」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:33:12.28 ID:Rn0xQBCt0
七咲「やっぱり大きいのだとあまりバリエーションは無いですね。」カチャッ

純一「そ、そうだね…。(周りの視線が気になる。)」

七咲「先輩は何色が好きなんですか?」

純一「え!?あ…僕は何色でも…。」

七咲「どうせだから、先輩の好みが知りたいんです。」

純一「…じゃあ黒?」

七咲「黒…ですか。」カチャカチャ

純一「あ、やっぱり白!」

七咲「白ですね。」カチャカチャ

純一「でも水色も良いかもなぁ。」

七咲「…変態。」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:38:59.24 ID:Rn0xQBCt0
純一「結局水色にしたんだね。」

七咲「もし見えちゃってもカーディガンの色と同じですしね。」

純一「まあ、いいんじゃないの?」

七咲「ちょっと試着してきますね。」シャーッ


七咲(あんまり先輩の反応良くないなぁ…。)

七咲(ここは下着姿で悩殺…何考えてるの私!?///)

七咲(…。)


シャーッ
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:41:52.24 ID:Rn0xQBCt0
純一「どうだ…った!?」

そこに居た彼女は、下着のみであった。

純一(わ…わぁお…///)ジーッ

七咲「あ、あんまり見ないでください///」

純一(胸が…はじけ飛びそうだ!!)

七咲「先輩?///」

純一「良い…良いぞ…。」ニヘラー

七咲「先輩!」

純一「は、はいっ!」

七咲「…エッチ///」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 17:56:13.21 ID:Rn0xQBCt0
純一「それにしても…かなり胸がきつそうだけど大丈夫?」

七咲「そうなんですよ。Fカップの中で一番大きめのを選んだんですけど…。」

純一「…ちょっともう一回測ろう。店員さーん!」



店員「えっ…Gカップ…。」

七咲「大きく!?」

店員「ここまで成長する胸は初めて見ました。」

純一「この調子だと、今下着を買った所ですぐはいらなくなるということか。」

七咲「…。」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 22:39:18.22 ID:Rn0xQBCt0
純一「それにしても、いったい何をすればこんなに成長するんだ?」

七咲「えっとですね…」


ーーー
ーーーーー
回想IN
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 22:42:26.95 ID:Rn0xQBCt0
美也「相変わらず紗江ちゃんはフカフカだねぇ~。」モニュモニュ

中多「み、美也ちゃんっ///」

七咲「ふふっ、こらこら美也ちゃん。」

美也「逢ちゃんも触りなよ。ご利益あるよ~。にしししし!」モニュモニュ

中多「やんっ///」

七咲(いいなぁ。私も大きくなれば、もっと先輩に好きになって貰えるかな?)

美也「あ、そうだ逢ちゃん。」

七咲「ん?」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 22:47:30.27 ID:Rn0xQBCt0
美也「これ知ってる?」デン

七咲「…『簡単に巨乳になる方法』?」

中多「私も見せて。」

美也「紗江ちゃんは大きくなりすぎちゃうからダメ!」

中多「そ、そんな…。」シュン

七咲(へぇ…いっぱい方法が載ってるんだ。ん?)ペラッ

美也「お、逢ちゃん。いい所に目を付けたねぇ。」

七咲「『たった1週間で1サイズ以上アップ出来る方法』!?」ゴクリ
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 22:53:52.44 ID:Rn0xQBCt0
ーーーーー
ーーー



純一「トラブルの陰に美也有りか…。どんな方法なの?」

七咲「そ、それがですね…。」

純一「ん?」

七咲「…恥ずかしい///」

純一「は、恥ずかしい事なの!?」フンフン

七咲「…そんな期待に胸を膨らませないでください変態///」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 22:56:55.73 ID:Rn0xQBCt0
七咲「絶対引きませんか?」

純一「七咲なら引かないよ。」

七咲「…す、好きな人の…」

純一「の…?」ゴクリ

七咲「…し、下着で胸を揉んだりするんです!///」

純一「…えええええええええええええっ!!!???」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 22:59:27.56 ID:Rn0xQBCt0
純一「それで最近パンツが減ってきてたのか。」

七咲「…流石にひきますよ…ね?」

純一「むしろ興奮する!」

七咲「…それもそれでどうかと。」

純一「それで、胸を揉むだけなの?」

七咲「え!?」

純一「だって『揉んだり』って…。」

七咲「こういう時だけ鋭いんですから…。」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:04:02.82 ID:Rn0xQBCt0
七咲「う…。し、しました!穿いたり自慰したり!変態ですみません!///」

純一「声大きい!…別に変態でも良いんじゃないかな?僕だって紳士だし。」

七咲「そうでしたね。取るに足らない問題でした。」ケロッ

純一「即効けろっと変わっちゃったなぁ。」

七咲「ちゃんと使った下着は、先輩のタンスに直しておきました。」

純一「帰ったら速攻探す!」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:08:29.37 ID:Rn0xQBCt0
純一「それにしても、凄い効果だね。」

七咲「ええ。これなんですけど…」バサッ

純一「あ、持ち歩いてたんだ。どれどれ…」

『あなたの一番想う人の下着で胸を揉んだり自慰をすれば、1週間で1サイズ以上大きくなれます。
 ※注意
 必ず使う下着は毎日替えましょう。
 必ず異性の想う人で行いましょう。
 想う気持ちが強すぎると胸が暴走する恐れがあります。(暴走の止め方は次ページへ)』

純一「…暴走!?」
38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:13:18.05 ID:Rn0xQBCt0
七咲「先輩の事…大好きなのがいけなかったんですか…。」

純一「いけない事は無いけど…。とりあえず止める方法を見よう。」ペラッ

『暴走した場合の止める手段
 1.下着を借りた想い人を用意します。
 2.その想い人と性行為をしましょう。
 3.必ず精液は膣内に出してもらいましょう。
 以上の事を行う事で、元の胸の大きさ(多少誤差あり)に戻れます。』

七咲・純一「性行為…///」
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:15:25.06 ID:Rn0xQBCt0
純一「これは…困ったぞ。」

七咲「…。」

純一「紳士とはいえ、高校生で性行為は…。」

七咲「…。」

純一「しかも膣内に出しちゃったら妊娠しちゃうじゃないか…。」

七咲「…やりましょう。」

純一「ええっ!?」

七咲「でもそれしかないんですよ?責任はすべて私が持ちます。」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:19:05.51 ID:Rn0xQBCt0
純一「でも…。」

七咲「お願いします!」

純一「…分かった。でも、責任を持つなんて言わないでくれ。2人で責任を持とう。」

七咲「先輩…///」


橘家 純一の部屋


純一「で、来ちゃったわけだけど…。」

七咲「…ちょ、ちょっとシャワー借りていいですか!?///」

純一「う、うん!///」

純一(まさか…こんな形で初めてをする事になるとは…)
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:26:20.44 ID:Rn0xQBCt0
シャーーーッ

七咲(初めてがまさか…。)

七咲(…でも、結果オーライなのかな。)

七咲(確かに高校生じゃちょっと早いかもしれないけれど…それでも私は先輩としたいくらい好き。)

七咲(だから後悔はしない。)

七咲(ふふっ。先輩、どんな反応してくれるだろ?)

キュッ
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/10(金) 23:30:10.97 ID:Rn0xQBCt0
七咲「おまたせしました///」

純一「ぼ、僕もシャワーしてこよっと///」

七咲「はい、待ってます。」

バタン

純一(僕は紳士だからエッチな事は考えちゃうけど…)

純一(まさか本当にこんな事になるとは。)

純一(…まあ、いつかしちゃう事だろうし、それが早まっただけだよね。)

純一(ポジティブに行こう!あまり気乗りじゃないと七咲が可哀そうだ。)

純一(僕は…七咲が大好きなんだ!)
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:14:28.55 ID:efbJpujA0
純一「おまた…せ。あれ、七咲?」

七咲『ここですよ。』モゾモゾ

純一「なんで布団に?」

七咲「裸ですから///」

純一「っ!///」

七咲「先輩もどうぞ///」

純一「う、うん///」

ガサガサ

純一(緊張する…///)

七咲「恥ずかしい…ですね///」

純一「…七咲、1つ言っておきたいんだ。」

七咲「はい?」

純一「大好きだ。一生一緒に居よう。」

七咲「…はい!」
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:19:59.41 ID:efbJpujA0
純一「…。」

七咲「先輩…いいですよ///」

純一「分かった///」

純一(まずは…この胸か)モニュ

七咲「ん…///」

純一(す…凄く柔らかい!!)モニュモニュモニュ

七咲「せ…先輩…あっ…はやい…です…んあっ!///」

純一「あ、ごめん!///」

七咲「…急に止めないでください///」
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:25:11.74 ID:efbJpujA0
七咲「先輩にもさせてください///」パクッ

純一「ななっ!///」

七咲「わたひにほさへへくたさひほ///」アムアム

純一「や…気持ち良すぎるぅぅぅ!!!///」クリクリクリ

七咲「ひゃぁっ!?い、いきなり下は…ひゃんっ///」

純一「お返しだ///」ペロン

七咲「あっ…こ、こっちも!///」アムン

純一「うおっ!…やばい…もう…///」

七咲「先輩早いですよ///」

純一「…面目ない///」

七咲「ふふっ。そろそろ…お願いします。///」

純一「うん///」
47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:28:32.32 ID:efbJpujA0
ズズッ

七咲「ひゃぁんっ!///」

純一「なんだこれは!!///」ズンズン

七咲「ああっ…気持ちいいです…先輩!///」

純一「僕もだ七咲!///」

七咲「私…んん…もう…ひゃっ!///」

純一「僕ももう…うあっ!///」



純一「はぁはぁ…。」

七咲「ん…温かい…///」
48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:31:11.93 ID:efbJpujA0
シュシュシュシュシュ

七咲「!?胸が!」

純一「急に小さく!?」

シュン

七咲「元に…。」

純一「戻った…。」

七咲「やりましたね!」

純一「ああ!」

七咲「でも、これで巨乳じゃなくなっちゃった…。」

純一「七咲。僕は巨乳が好きなんじゃない。七咲が好きなんだ。」

七咲「せん…ぱい///」

純一「胸を大きくするなんて考えなくても良い。ずっと僕の七咲で居てくれ。」

七咲「…はい!///」
49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:33:16.11 ID:efbJpujA0
数か月後


純一「ホント、妊娠しなくて良かったよ。」

七咲「ホントですね。」

純一「でも、妊娠してもいいかも。僕たちの子供なわけだし///」

七咲「ふふっ。ダーメ。それはまたいつかです!///」


Fin
50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 00:46:31.66 ID:efbJpujA0
本当はエッチする展開にするはずじゃなかったんだけどなぁ…

ま、いいやwwwwww
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/11(土) 06:07:04.40 ID:3BpfK4Cso
乙ぱい
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) 2012/02/11(土) 22:13:43.17 ID:0Vz6AVDLo
ぱい乙

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング