なのは「好きだよ、フェイトちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:19:15 ID:vGvpW3TaO
フェイト「なんだ、夢か」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:24:30 ID:vGvpW3TaO
なのは「いや、だから……」

フェイト「おかしいな、今日はちゃんと寝てきたのに……」

なのは「だから、付き合って……」

フェイト「睡眠が浅かったのかな?」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:29:00 ID:vGvpW3TaO
なのは「現実だよ!」

フェイト「でも、ほら、ほっぺたをつねれば……痛い!?」

なのは「ね?」

フェイト「じゃ、じゃあ……」

なのは「うん、うん!」

フェイト「ティアナ!?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:32:41 ID:vGvpW3TaO
なのは「な、なんで……」

フェイト「だって本物のなのはは、もっと慈愛に満ちてて、なんと言うか崇高で……」

なのは「フェイトちゃん……」

フェイト「こう、手の届く存在じゃないんだよ」

なのは「バカ」

フェイト「え?」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:39:41 ID:vGvpW3TaO
なのは「フェイトちゃんのバカ!」

フェイト「いけないなあ……」

なのは「何が!?」

フェイト「偽物だとしても、なのはが私にそんなこと言っちゃいけないよ」

なのは「だから本物だって……」

フェイト「なのははね、こんな私でもね、いつも愛してくれるんだ、慈しんでくれるんだ、いつも、いつも……」

なのは「ひぃっ……!」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:42:18 ID:vGvpW3TaO
はやて「という、夢を見たんや」

ヴィータ「そろそろ、休暇取った方がいいんじゃねーか……?」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:42:58 ID:zVV3DvGE0
は?
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:50:27 ID:vGvpW3TaO
はやて「なんかなあ、リアルすぎて、最近二人がな……」

ヴィータ「完全にとばっちりじゃねーか」

はやて「でも、ありえそうやろ!?」

ヴィータ「いやいやいや……」

シャマル「じゃあ、実際にやらせてみましょう」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:54:22 ID:vGvpW3TaO
はやて「あ、おったんや」

シャマル「劇場版は常にそんなかんじでしたね」

ザフィーラ「くぅ~ん」

ヴィータ「で、どうやって、やるんだ?」

はやて「せやな、そこが重要やな」

ザフィーラ「くぅ~ん」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 02:59:18 ID:vGvpW3TaO
シャマル「ほら、ここにいい手駒が」

ヴィータ「どこだよ?」

はやて「ああ、そっか」

シャマル「ね?」

ヴィータ「だから……」

はやて「ヴィータ、なのはちゃん唆して来てくれへん?」

ヴィータ「はあ?」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:03:19 ID:vGvpW3TaO
次の日 教導課

ヴィータ「お、おい!」

なのは「あ、ヴィータちゃん、上がり?」

ヴィータ「そ、そうだけど、その……」

なのは「ん?」

ヴィータ「お、お前は……」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:08:12 ID:vGvpW3TaO
なのは「へ?」

ヴィータ「き、今日は……いや、今日の仕事は!?」

なのは「え、ああ、あと少しだから、手伝って貰わなくても平気平気」

ヴィータ「そ、そうか」

なのは「どうしたの?」

ヴィータ「いや、いいや、なんでも……」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:13:42 ID:vGvpW3TaO
なのは「もしかして……」

ヴィータ「なっ!?」

なのは「一緒に帰りたいのかな?」ニヤニヤ

ヴィータ「あ、いや、その……そうだよ」

なのは「え?あれ?珍しいな」

ヴィータ「何がだよ!?」

なのは「じゃあ、雨が降らないうちに……いや、霙かな?」

ヴィータ「うっせー!」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:18:58 ID:vGvpW3TaO
なのは「ほら~早く帰るよ!」

ヴィータ「ちょっ!やめろ!手握んな!」

なのは「えぇ~なんで~?」
ヴィータ「当然だろ!」

なのは「ヴィータちゃんから言ってくれることなんて殆どないのに……」

ヴィータ「わ、わかったよ!握ればいいんだろ!」

なのは「わーい!」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:25:03 ID:vGvpW3TaO
ヴィータ「離すぞ!」

なのは「そんなぁ……」

ヴィータ「そ、その顔止めろ!」

なのは「だって私、ヴィータちゃんのことこんなに好きなのに……」

ヴィータ「くっ……」バシッ

なのは「痛っ!」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:28:46 ID:vGvpW3TaO
ヴィータ「ご、ごめん、つい……」

なのは「あ、いや、私こそ調子に……」

ヴィータ「違う!!」

なのは「な……」

ヴィータ「アタシが悪いんだよ全部!」

なのは「ヴィータちゃん?」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:33:01 ID:vGvpW3TaO
ヴィータ「今日も……居るんだろ?」

なのは「な、なにが?」

ヴィータ「アイツだよ!テスタロッサだよ!」

なのは「う、うん、家に」

ヴィータ「じゃあ、なんで一緒に帰れるんだよ!?」
なのは「え?」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:37:14 ID:vGvpW3TaO
ヴィータ「お前ら付き合ってんだろ!?」

なのは「え、いや、そんな……」

ヴィータ「違うのか?違わねーだろ!?」

なのは「違うよ!」

ヴィータ「じゃあ、アタシと付き合えよ!」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:41:12 ID:vGvpW3TaO
なのは「え?……ええっ!?」

ヴィータ「さっきアタシのこと好きだって言ったじゃねーか!!」

なのは「ち、違うよ……」

ヴィータ「何が!?」

なのは「違うんだよ……」

ヴィータ「アタシとアイツの何が違うんだよ!?」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:48:40 ID:vGvpW3TaO
なのは「そ、それは……」

ヴィータ「自分でわかんねーのか!?」

なのは「え……うん……」

ヴィータ「そんなわけ……」
なのは「だって……ヴィータちゃんもフェイトちゃんも大切で……凄く大切で……」

ヴィータ「ちょ!な、泣くな!」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:53:27 ID:vGvpW3TaO
なのは「みんな大切で……笑顔が好きで……優しくしたくて……」

ヴィータ「な、なんか、ごめん」

なのは「いいよ、私が全部悪いの、ヴィータちゃんは悪くないよ」

ヴィータ「だから、それが……」

なのは「……え?」

ヴィータ「なんで、なんで全部一人で抱え込むんだよ」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 03:59:46 ID:vGvpW3TaO
なのは「え?」

ヴィータ「……聞けばいいじゃねーか」

なのは「だ、誰に?」

ヴィータ「お前がわかんねーなら、一番近くにいる奴に聞けよ!」

なのは「え、フェイトちゃん?」

ヴィータ「そうだよ!」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:02:24 ID:vGvpW3TaO
なのは「……いいの?」

ヴィータ「アタシが聞けって言ってんだよ!」

なのは「なら、……うん」

ヴィータ「……というか、そこで名前が出る時点で負けじゃねーか」

なのは「ははは……そうかも」

ヴィータ「そうだろ」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:07:48 ID:vGvpW3TaO
なのは「なんか……ごめん」

ヴィータ「うっせー!早く帰れ!」

なのは「う、うん」

ヴィータ「あと、気にすんな!」

なのは「それは難しいかな……」

ヴィータ「じゃあ……答えだけ聴かせてくれ」

なのは「うん、約束する」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:11:51 ID:vGvpW3TaO
なのは家

なのは「ただいま~……」

フェイト「あ、お帰り、なのは」

なのは「あれ?ヴィヴィオは?」

フェイト「ああ、友達のとこに寄って……なのは!?」

なのは「えっ!?」

フェイト「どうしたの?目赤いよ!?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:14:02 ID:vGvpW3TaO
なのは「あ、これは……別に……」

フェイト「泣いたの?」

なのは「う、うん」

フェイト「なんで?」

なのは「いや……その……」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:16:37 ID:vGvpW3TaO
フェイト「言いたくないの?」

なのは「うん……ちょっと」

フェイト「じゃあいいよ、言わなくても」

なのは「ごめん」

フェイト「でも、辛かったら、私に何か出来るなら言って欲しい」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:20:12 ID:vGvpW3TaO
なのは「じゃあ……フェイトちゃんは……」

フェイト「うん」

なのは「……違うや」

フェイト「いいよ、ゆっくりで」

なのは「その、今更だけど……」

フェイト「何かな?」

なのは「好きだよ、フェイトちゃん」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:24:42 ID:vGvpW3TaO
フェイト「……ぷっ」

なのは「な!なんで笑うの!」

フェイト「いや、だって、本当に今更だから」

なのは「そ、そんなに!?」

フェイト「うん、そんなに」

なのは「じゃあ、フェイトちゃんは!?」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:27:16 ID:vGvpW3TaO
フェイト「え、す、好きだよ?」

なのは「誰が?」

フェイト「その……なのはが」

なのは「ちゃんと目を見て!」

フェイト「な、なのはが好きです!」

なのは「どれくらい?」

フェイト「え?え?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:31:01 ID:vGvpW3TaO
なのは「フェイトちゃんは、私のことどれくらい好き?」

フェイト「いや、その、どれくらいって言われても……」

なのは「わからない?」

フェイト「いや、その……凄く好きだよ?本当に、一番」

なのは「そっか、フェイトちゃんもわからないのか……」

フェイト「え?」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:34:17 ID:vGvpW3TaO
なのは「あのね、今日、聞かれたんだ」

フェイト「うん」

なのは「私が、フェイトちゃんのことどれくらい好きか、他の人とどう違うのか」

フェイト「……どう答えたの?」

なのは「それが、わからなかったんだ、今更過ぎて」

フェイト「ふふ、そうだね」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:37:24 ID:vGvpW3TaO
なのは「ずっと子供の頃から一緒にいて、ずっと好きで」

フェイト「うん、私もだよ」

なのは「きっと、初めて見たときから好きで」

フェイト「私は……違うけど、本当に可愛い子だと思った」

なのは「ありがとう」

フェイト「本当だよ?」

なのは「知ってるよ」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:42:04 ID:vGvpW3TaO
フェイト「本当に、友達になってくれて、本当に嬉しかった」

なのは「私もだよ……でも、何が違うんだろ」

フェイト「他の人と?」

なのは「うん、アリサちゃんや、すずかちゃんや、はやてちゃん、みんな友達でみんな大好きなのに……」

フェイト「ごめん……うん、私はなのはだけは特別だ」

なのは「そうなの?なんで?」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:48:40 ID:vGvpW3TaO
フェイト「うん、そうなんだ、初めての友達だからかな……なのはのことは、なのはだけは護りたくて、傍にいたくて……」

なのは「うん、うん……」

フェイト「だから、今、こうやってなのはが私を好きでいてくれるだけで、幸せで、きっと子供の頃なら泣いてたと思う」

なのは「でも、私はみんな大好きだよ?」

フェイト「いいよ、私はそんななのはを、そんななのはだから好きになったんだ」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:52:02 ID:vGvpW3TaO
なのは「じゃあ……いいのかな」

フェイト「うん、いいんだよ、なのははそのままで」

なのは「ううん、違うよ、だから、私もフェイトちゃんが一番好きでいいのかなって」

フェイト「え?」

なのは「フェイトちゃんが私のこと一番好きだから、私もフェイトちゃんが一番好きなのかなって」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:54:36 ID:vGvpW3TaO
フェイト「そ、そうだと嬉しいけど……」

なのは「うん、だから頑張ってね」

フェイト「え?」

なのは「私は、フェイトちゃんの傍にずっといたいから」

フェイト「……なのはっ!」

なのは「わっ!?」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 04:58:19 ID:vGvpW3TaO
フェイト「なのは……なのは……」

なのは「……泣いてるの?」
フェイト「……聞かないでよ」

なのは「……ありがとう、本当に、一番好きだよフェイトちゃん」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:00:20 ID:vGvpW3TaO
後日

なのは「……という結論が出まして」

ヴィータ「ふーん、そうか」

なのは「あら?納得いただけない感じ?」

ヴィータ「ちょっとな」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:03:43 ID:vGvpW3TaO
なのは「どこらへんが?」

ヴィータ「なんか、アイツにアタシが負けたみたいじゃんか」

なのは「いや、それは……フェイトちゃんが強すぎると言うか……」

ヴィータ「おいおい、ノロケかよ」

なのは「なんか、意識してみると、こう、ね?」

ヴィータ「ノロケじゃねーか」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:08:38 ID:vGvpW3TaO
なのは「ははは……まあ、私も頑張って応えようかな、と」

ヴィータ「おう、頑張って早く帰れ」

なのは「あ、バレてます?」

ヴィータ「声が浮わついてんだよ、声が!」

なのは「ははは、面目ない」

ヴィータ「じゃあな、教導まで府抜けんなよ!」

なのは「うん、じゃあ、ごめんね」

ヴィータ「……うっせー、謝んな」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:11:40 ID:vGvpW3TaO
八神家

ヴィータ「ただいまー」

はやて「あ、待ってたで~」

ヴィータ「ん、テープ」

はやて「あ、いらんよ、そんなん」

ヴィータ「なんでだよ!はやてが……」

はやて「ヴィータの顔見たら分かるよ」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:14:40 ID:vGvpW3TaO
ヴィータ「なっ!?やめろ!恥ずかしい!」

はやて「ヴィータには、あたしがおるやん」

ヴィータ「ちげーよ!そんなんじゃ……」

はやて「ええよ、ちがくても、あたしはヴィータ好きやから」

ヴィータ「……うっせー」


おわり
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:16:16 ID:zUtmA8TU0
乙乙
甘甘のなのフェイにおまけまで付いてすっごく良かった
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:19:37 ID:vGvpW3TaO
おまけ

シャマル「ね、最高でしょ?」

はやて「ふふふ、お主も酔いどれ剣士と上手くいってますようで……」

シャマル「模擬戦で解消出来ないぶん、最近激しくて激しくて……」

はやて「うわ~大人やな~、爛れてるな~」

シャマル「其ほどでも~」

おわれ
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 05:23:59 ID:RC5C3r7z0
1乙

ところで、ヴィータちゃんとはやてさんが爛れるおまけはまだですか

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク