FC2ブログ

【GTO】鬼塚英吉「ケツの穴が小せぇっつってんだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:27:16.60 ID:NN4ofID60
「昨今、教師の体罰が問題となっており……」

私の名前は内山田ひろし。年齢は永遠の51歳。
妻子持ちで、職業は東京吉祥学苑の教頭職だ。
今しがた口にした通り問題に頭を痛めている。

「我々教員は、いつ如何なる時でも……」

一番問題を起こしそうな問題教師に歩み寄る。

「コンプライアンス! を、重視して……」

念のため、もう一度、耳元で法遵守を訴える。

「コンプライアンス! コンプライアンス!」
「コンドームがどうかしましたか、教頭?」
「コンプライアンスだ!」
「ああ、それそれ。それがどうかしました?」
「法を遵守しろと、私は言っているんだ!」
「わかってますよ。コンドームは着けます」
「だからコンプライアンスと言ってるんだ!」
「だから、コンドームなら尻のポッケに……」
「いい加減にしたまえ、鬼塚くん!」

この会話を聞けば、お分かり頂けるだろう。
この、鬼塚英吉という男は、問題教師だった。
尻のポッケに『避妊具』を忍ばせているとは。
神聖な学び舎で、一体何をするつもりなのだ。

やはり、この男だけは、野放しにはできない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1548084436
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:28:46.92 ID:NN4ofID60
「とにかく! 法を遵守するように!」
「はいはい、わかってますって」
「君がわかっていた試しなど一度もない!」
「そんなことより、教頭」

こちらの訓示などおかまい無しに打ち切って。
鬼塚は近ごろ流通しているスマートフォンを。
私の眼前に差し出すも、老眼でよく見えない。

「近すぎる! もっと離したまえ!」
「そんなこと言ってる場合じゃないっすよ」
「何が言いたいのかね、君は!?」
「これ、たぶんうちの生徒だと思うんすけど」

スマートフォンとやらには動画が映っていた。

「うちの学苑の生徒が……?」
「あ、本当ですね」

横から画面を覗き込んで、冬月先生が頷いた。

「冬月先生もこの動画に見覚えが?」
「はい。この鞄は学苑指定の物です」
「言われて見れば、たしかに」

うちの学苑の鞄を持った生徒がバイクに跨る。

「うちの学苑はバイクは禁止の筈なのに」
「バイクって言っても、原付きっすよ」
「しかし、原付きにしてはメーターが……」
「おっ? いいとこに気づきましたね」

バイクが走り出しスピードがみるみる上がる。

!?

メーター読みで、時速100キロを、超えた。
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:31:05.09 ID:NN4ofID60
「どうすか? めっちゃ速いでしょ?」
「速すぎる! 本当に原付きなのか?」
「ええ、だいぶ弄ってあるみたいですけどね」

たかが原付きで、時速100キロとは。危険だ。

「す、すぐにこの生徒を呼び出しなさい!」
「そうは言っても、顔が映ってませんから」
「万が一、事故でも起こしたら大変だ!」
「それよりも、警察に捕まらないかが心配で」

そう言って、鬼塚は動画を巻き戻して見せる。

「ほら、ここ」
「この場所に心当たりがあるのかね?」
「たぶん、倉庫街の広い直線道路ですよ」
「では、事故を起こす心配はないと?」
「まあ、そっちは心配してませんが……」
「なんだ? はっきり言いたまえ」
「恐らく、警察が張り込んでますよ、ここに」

一大事だ。もし捕まれば学苑の名に傷がつく。

「す、すぐにやめさせないと!」
「だったら、一緒に行きますか?」



「教頭のクレスタで……」
「クレスタはもう死んだ」
「だったら、クラウンで」

嫌な予感しかしないが、背に腹は代えられん。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:33:01.15 ID:NN4ofID60
「すみません、お待たせしました」

そう言ってクラウンに乗り込む鬼塚に尋ねた。

「君、下回りに潜って何をしていたのかね?」
「ちょっとサイレンサーをぶった切りました」

!?

「き、切ったのか!? サイレンサーを!?」
「ええ、やっぱり音は重要ですから」
「我々は暴走少年を止めに行くんだぞ!?」
「だからこそ舐められるわけにはいきません」
「ルーレット族の抗争じゃないんだから!」
「さあ、出発進行ー!」

カカカンッ! ブォンッ!

「か、勝手にプッシュスターターを押すな!」
「ふぉー! 良い音っすね」
「たしかに良い音だけども!」
「ちょっと踏んでみてくださいよ」
「えっ? ふむ……どれどれ?」

ブォンッ! オンッ! オンッ! オンッ!



「最高の吹け上がりっすね」
「う、うむ。流石はクラウンだ」
「では、改めて、出発進行ー! わははー!」

こうして私は、直管のクラウンで走り始めた。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:34:50.40 ID:NN4ofID60
「というか、鬼塚くん」
「なんすか?」
「あの少年は、今日も同じ場所に居るのか?」

勢いで現場に向かったは良いものの。
そこに暴走少年が居るかは不明だ。
気になって尋ねると、鬼塚は自身満々に。

「間違いなく、居ますよ」
「何故わかる?」
「なにせ、月曜日はダルいっすから」

なんだその理由は。呆れて物も言えない。

「学校サボって、原チャリで遊んでますよ」
「まったく、嘆かわしい」
「ええ、俺も同感です」
「おっ?」

生徒の非行を嘆くとは。ようやく鬼塚も成長。

「原チャリ如きで、何を粋がってやがんだか」

してなかった。何を嘆いているんだこの男は。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:37:58.04 ID:NN4ofID60
「しかし、今の原付きとは凄いものだな」

私のイメージでは、原付きはスーパーカブだ。

「いや、あれはだいぶ昔の原付きっすよ」
「そうなのか?」
「ええ、ツーストでしたからね」

懐かしい。そういえば、そんな時代もあった。

「4サイクルよりも、効率が良いですから」
「だから、低排気量でもパワーが出るのか」
「その分、環境には悪いですけどね」
「ははっ。オイルを撒き散らすからな」

くれぐれも、後ろにはつかないようにしよう。

「それにしても、本当に情けないっつーか」
「何のことだね?」
「乗るなら400ccに乗れって話ですよ」
「普通自動二輪の免許が無いのだろう」
「学校に内緒で取る勇気がないだけですよ」
「校則を守るのは当然だ」
「だから、半端にしかなれないんすよ」
「鬼塚くん……」

中途半端を嫌う彼は、罵詈雑言を吐き捨てる。

「小せえな」
「えっ?」
「ケツの穴が小せえっつってんだよ」

恐らく、彼には彼なりの信念があるのだろう。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:41:44.18 ID:NN4ofID60
「そろそろ見えて来ましたね」
「ああ。しかし、もしや、あれは……?」
「チッ。一足遅かったみてぇだな」

現場に着くと、カーチェイスが始まっていた。

「教頭、運転代わりますよ」
「馬鹿なことを言うな」
「えっ?」
「このクラウンのオーナーは、この私だ」

直管のクラウンでパトカーの群れに突っ込む。

「どけどけ! 善良な市民のお通りだ!!」
「コンプライアンスはどうしたんですか?」

ふん。そんなものは、この際、重要ではない。

「どうせ、君のことだ」
「は?」
「ナンバーは外してあるんだろう?」

分かり切ったことを尋ねると、鬼塚は笑った。

「へへっ! 当たり前じゃないっすか!」
「ならば、方遵守もへったくれもないな」
「ぶちかますだけです!」

爆音を響かせながら、パトカーの進路を塞ぐ。
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:44:01.08 ID:NN4ofID60
「それにしても、やっぱ原付きっすね」
「ああ、あれでは逃げ切れまい」

原付きは結局、原付きだった。遅すぎるのだ。

「しゃーねぇ。ちょっと時間稼いでください」
「どうするつもりかね?」
「ダチに連絡を取ります」

そう言って鬼塚はダチとやらに連絡を取った。

「……さてと。あとは待つだけですね」
「あまり長くは保たんぞ」
「なので、パチンコ玉を撒きます」

!?

「おらっ! 持ってけドロボー!」

キャキャキャッ! ドカンッ! ガシャンッ!!

「いくらなんでもやり過ぎではないかね!?」
「生徒の為っすから」
「し、しかしだな!」
「俺たち大人が守ってやらないで……」

鬼塚は窓から身を乗り出して箱乗りしながら。

「誰がガキを守ってやるってんだよっ!!」

釘バットで、パトカーの窓を、粉々に割った。
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:46:00.22 ID:NN4ofID60
「君は、教師失格だな」
「今更、何言ってんすか」
「だが、生徒には必要な存在だ」

蛇行運転を続けながら、私がそう言うと。

「今になって教頭の正しさがわかりましたよ」
「鬼塚くん……」
「世の中は、どんどん窮屈になっていく」

私の時代よりも、彼の時代よりも、はるかに。

「ガキ共は、酸欠気味なんすよ」
「息が詰まる程、規則に縛られているのか」
「今の時代は、相互監視社会ですからね」

スマートフォンの普及により世界は狭まった。

「大人たちはコンプライアンスばかり」
「だが、大切なことだ」
「ええ、教頭の言うことは、正しいです」

ついに改心した鬼塚。しかし、嬉しくはない。

「私は常に、正しいことを教えてきた」
「教頭は、先が見えていたんすね」
「だが、正しい結果に繋がるとは言えない」

たとえ、正しいことをし続けたとしても。
それで、必ず成功する保証はどこにもない。
もちろん、警察には捕まらないかも知れない。
様々なリスクを、回避出来るかも知れない。

けれど、幸せな結末があるとは、限らない。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:49:21.51 ID:NN4ofID60
「鬼塚くん」
「……なんすか?」
「君はもう大人だ」
「……はい」
「だったら、結果を示したまえ」

大人は結果が全て。それで、正しさが決まる。

「教え子に正しさを示すのが、教師の務めだ」
「はい!」
「では、行ってきたまえ」
「うす! 行ってきます!」

気づくと、すぐ隣を並走していたレッカー車。
恐らく彼のダチとやらが駆けつけたのだろう。
鬼塚はクルマの窓からその荷台に飛び移って。
積載されていた単車に跨り、アクセルを回す。

ウォンッ! ウォンッ! ウォンッ! ウォンッ!

鳴り響くのは重く太い、エキゾーストノート。
原付きとは、比較にならない、本物の咆哮。
彼は愛車のZⅡと共に、荷台から飛び降りた。

「これで、一安心だな」

思わず独りごちて、苦笑する。
何が一安心だ。どの口がそれを言うのか。
一番任せておけない存在の筈なのに不思議と。

「彼に任せておけば、生徒は大丈夫だ」

そう思えるだけの信頼を、鬼塚に抱いていた。
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:51:33.10 ID:NN4ofID60
「私は私の仕事をするとしよう」

横滑り防止装置をカット。
トルコンを含めた電子制御をオールカット。
シフトダウンしつつ、ブレーキをベタ踏み。

国家の犬共! とくと見よ! これぞ私の真骨頂!

「団・塊!」

ギャギャギャッ! ギャアアアアアアアアッ!!

「ドリフトォォオオオオオオオオッ!!!!」

クイックイッと、カウンターを当てるも。
勢いあまって、ハーフスピンに陥った。
なんとも締まらないが、これで良かった。

車線を塞げば、もうパトカーは追えない。

鬼塚のZⅡは原付きに追いつき。
少年の首根っこを掴み、タンデムシートへ。
無事に、怪我をさせることなく、保護をした。
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:54:18.94 ID:NN4ofID60
「ったく、手間かけさせやがって」
「……ごめんなさい」
「なんで、原付きなんかに乗ってんだ?」

保護した生徒に問いかけると、苦い顔をして。

「だって、教習所が学校にチクるから」
「チクられても別にいいだろうが」
「停学になっちゃうじゃん」
「それがどうした?」

尋ねても答えは沈黙。結局、その程度なのだ。

「少なくとも、停学にはさせねーよ」
「本当に?」
「ただし、条件がある」
「条件って?」
「バイトでもなんでもして任意保険に入れ」

万が一の為の任意保険。それが、条件だった。

「自賠責じゃダメ?」
「ダメだ。絶対に許さん」
「……わかったよ、バイトする」
「ああ、そうしろ」

バイクに乗るなとは言わない。
しかし、乗るなら任意保険は必須だ。
教師としての忠告は、それだけで良かった。

「よし。じゃあ、さっさと降りて帰れ」
「先生……やっぱりゼッツーってカッコいいね」
「当たり前だろ。ほら、原付き回収してこい」

教頭に警察が群がってる間に、生徒を帰した。
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 00:57:00.62 ID:NN4ofID60
「いや~免停で済んで良かったっすね!」
「良いわけないだろうが!」
「まあまあ、生徒は無事だったわけですし」

ヘラヘラしながら、鬼塚は軽く笑い飛ばす。
私は免停になったのに、こいつはお咎めなし。
ほとぼりが冷めたら、この調子である。

「それで、生徒指導は上手くいったのかね?」
「ええ、教頭のおかげです」
「ならば、私からは何も言うことはない」

免停は痛いが、結果として生徒は助けられた。
大人は結果が全て。結果が出たならば良し。
そう自分を納得させていると鬼塚が提案した。

「教頭、寿司でも食べに行きません?」
「違反金の支払いで財布の中身は空っぽだ」
「特別に、今日は俺が奢りますよ」

何を偉そうに。巻き込んだのだから、当然だ。
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 01:02:08.43 ID:NN4ofID60
「しかし、私のクルマは押収されていて……」

免停になっても自宅までの自走は認められる。
だが、今回は違法改造車として押収された。
よって、現在、クラウンは手元になかった。

「なら、俺のゼッツーで2ケツしましょう!」
「この歳でタンデムとは少し照れるな」
「そんな気にすることないっすよ!」

そうは言うが恥ずかしい。というかそもそも。

「ちなみに私の分のヘルメットはあるのか?」
「ないので、ここをこうしてっと」

!?

鬼塚はおもむろに油性ペンを取り出して。
私の頭皮を黒く塗り潰して、ヘルメットに。
あまりに雑すぎる、ボディペイントを施した。

「鬼塚ぁあああああああああああッ!!!!」
「んじゃ、しっかり掴まっててくださいね!」
「あっ、ちょ、待っ……ぬあっ!?」



「教頭! 糞を漏らさないでくださいよ!?」
「フハッ!」
「なに嗤ってんすか!?」
「フハハハハハハハハッ!!」
「タンデムシート糞塗れっすよ!!」
「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

走り出しでウィリーされて、糞を、漏らした。
もはや嗤うしかなく、哄笑しながら私は思う。
教師として、どれだけ正しい結果を示しても。
やはりこの男。鬼塚英吉は問題教師であると。


【グレード・アド『便』チャー・内山田】


FIN
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 01:45:56.74 ID:qXuzg7pIo


懐かしいノリだ。こんな感じだったよな
ただ、パトカー壊したら絶対逮捕されると思うw

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング