FC2ブログ
4: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 10:35:12.55 ID:mSh0Q8sL
鞠莉「えぇ? 食べすぎて太った??」

善子「少しよ! 少し! あと大きな声で言わないでくれる?」

鞠莉「そんなの果南と一緒に走り込みしてきたらすぐ戻るわよ☆」

善子「私を全身ムキムキにする気!? 鞠莉がいつも使ってるアレを貸してほしいのよ!」

鞠莉「アレ? あぁ、何だ。それならそう言ってくれればいいのに……」フフッ

JOBA『……』ドーン

鞠莉「使い方は分かる?」

善子「ごめんなさい、一度も使ったことないから……」

鞠莉「仕方ないわねぇ……よいしょっと」トンッ

鞠莉「まずはこう跨がって、スイッチを入れます。最初は弱にしておくことを勧めるわ」ポチ

JOBA『……』ウィーン

鞠莉「あとは馬に乗っているみたいに、リズムよく腰を動かして……」クイックイッ

善子「……」ゴクリ

鞠莉「腰がポイントよ? ただ乗っているだけじゃ意味ないんだから」クイックイッ

善子「わ、分かったわ」

鞠莉「ふふ……♡」ナデ

JOBA『……』ウィーン

善子「何か手つきが……その」

鞠莉「本当の馬みたいに扱ってあげないと。乗馬シミュレーションなんだから♡」クイックイッ

JOBA『……』ウィーン

善子「そういうものかしら……」ドキドキ

鞠莉「少し強くしてみましょうか♡ えい」ポチ

JOBA『……』ウィーンウィーン

鞠莉「んふ……♡」ポチ

JOBA『……』ウィンウィンウィン

鞠莉「はっ……♡ ふっ……♡ なかなか、腰に来るわね……」クイックイッ

善子「す、ストップ!! もういい! もういいわよ!!」カァアア

鞠莉「そう……?」ポチ

善子「こんなダイエット……やっぱりダメ! 果南と走り込むわ!」ダッ


うっ……
6: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 10:49:35.50 ID:mSh0Q8sL
善子「ついに買ってしまったわ……! 鞠莉の家にあったのと同じ、JOBAを」ゴクリ

善子「いざ、開封の儀……」ベリッ

JOBA?『……』ドーン

善子「あれ? 何か違うような」ストッ

善子「まあいいわ、やってみましょう。確かスイッチを入れればいいんだったわね」ポチ

JOBA?『……』ウィンウィン

善子「おっ!? 弱でもこんなに来るの?」

JOBA?『……』ウィンウィン

善子「振り落とされそう……! でも、これを耐えなくては!」ポチ

JOBA?『……』グィングィン

善子「あっ♡ 変なところ触らないでっ♡♡」

JOBA?『……』グィングィン

善子「だ、だめっ♡ そこはぁ……♡♡」ビクンッ

ドサッ……

善子「はぁ、はぁ……♡ 何なのよこの器具……」

鞠莉「あらー。善子、Rodeo Boyの方を買ってしまったみたいね」

善子「何ですって? あといつからいたのよ!!」カァアア

鞠莉「ロデオボーイよ。JOBAよりも動きが激しくて……私はあんまり好みじゃないけど♡」

善子「ダイエット効果はこっちの方が高いって、レビューに書いてあったから……」

鞠莉「ノンノン! こんなのは大人のオモチャ同然よ。乗馬はそういう目的でするものじゃないの」

善子「大人の……オモチャぁ??」

鞠莉「そうよ。よく見て、座るところに何かセットする穴があるでしょう?」

善子「確かに……。何なのかしら」

鞠莉「ディルドーよ♡」

善子「えっ?」

鞠莉「ディルドー。男性器を模した玩具、いわゆる一人えっち用……♡」

善子「な、な……!!?」カァアア

鞠莉「善子がこういうプレイ好きだったなんてねぇ……♡ 今度一緒にやらない?」フフッ

善子「やらないわよっ!! やっぱり果南と走り込む!!」ダッ


うっ……!!
7: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 10:51:40.70 ID:8OrDrTBn
>>6
えっ...マジでそんな穴ついてんの...
9: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 11:05:27.45 ID:mSh0Q8sL
鞠莉「さてと。どうして呼び出されたかは分かるわね?」

善子「分かるわけないでしょ!?」

鞠莉「今日は本物の馬に乗ってもらおうかと思って」

善子「鞠莉、馬なんて持ってたのね……」

鞠莉「そうよ。本物があるのにシミュレーションなんておかしいかしら?」フフッ

善子「いや……よく分かんないけど」

鞠莉「来て」クイッ

馬『……』トコットコッ

善子「でっか!! こんなの乗るの!?」

馬『ヒヒーン!』グワッ

善子「怖っ!!? 鞠莉何とかしなさいよ!!」ビクビク

鞠莉「こら、いい子にしなきゃダーメ♡」ナデナデ

馬『……』ストッ

鞠莉「善子も。『こんなの』って言い方はこの子に失礼でしょ?」

善子「ご、ごめんなさい……」

鞠莉「敬意を持って接すれば、馬も敬意を持って応えてくれる……。乗馬ってのはそういうものなの」

馬『……』ヒヒン

鞠莉「ダイエットしたいからなんて不純な動機でするものじゃないのよ?」

善子「そうなのね……」

鞠莉「もちろん、えっちな目的なんて論外♡」

善子「そんなこと考えてないわっ!!」カァアア
10: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 11:05:57.03 ID:mSh0Q8sL
鞠莉「それで……どうする? 乗ってみる?」

善子「いや、無理よ。いきなり乗れだなんて……」

鞠莉「大丈夫。乗り方は全部この子が教えてくれるから♡」クイッ

善子「ひゃあ!?」ストンッ

鞠莉「うん♪ なかなかサマになってるわよ? この子も嫌がってないみたいだし」ナデナデ

善子「視線高っ! もし落ちたら……ケガじゃ済まなそうね」

鞠莉「不安な気持ちはノンノン! 乗り手は常に落ち着いて、馬のしたいことを聞くの……」

馬『……』ヒヒン

善子「今、何て?」

鞠莉「それじゃ行きましょっか☆ 最初は私がリードしてあげるから、善子は手綱を優しく握るのよ」

善子「優しく……こう?」クイッ

鞠莉「そう。『初めて』は大切に……ね♡♡」


うっ
11: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 11:08:13.78 ID:mSh0Q8sL
乗馬趣味設定は絶対活かせるよね
誰も覚えてないみたいだけど

人との付き合いが苦手な子ほどハマる気がする
善子ちゃんとか絶対向いてるわ

>>7
んなわけねーですわ

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング