FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 20:35:17.91 ID:rD4K8h/40
<イヤアアアアアアアア

ガチャッ

さくら「はぁっ、はぁっ・・・なんやt」

リリィ「ふぎぃっ!」ドス


さくら「はわっ、あわわわわ」バタン

サキ「グエッ」

さくら「あっ、すみませ・・・ヒッ・・・」

サキ「ったく、なんなんだよ」

さくら「ひっ、いぃぃぃ」


愛「うぅ・・・なんなの」パチ
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 20:38:55.30 ID:rD4K8h/40

さくら「ひゃっ!? ひいいいいいいぃぃ」

サキ「さくら?」

リリィ「さくらちゃん、気が付いたんだ!」

純子「よかった・・・」

さくら「あうう、ひいいいいい」ガクガクブルブル

サキ「さくら・・・?」(こいつ、もしかして・・・)

愛「!・・・ちょっと!」(さくら、もしかして私たちの事が)

純子「・・・」(分かっていない・・・?)



サキ・愛・純子 チラッ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 20:56:10.52 ID:rD4K8h/40
さくら「あうううう・・・」

純子(あんな天真爛漫なさくらさんがこんなに・・・)

愛(これは・・・)

愛(逃げれなくして、縛り付けて、私のこと直視してほしい・・・かな)

サキ(ヤバイ、こん顔はヤバイ・・・っと)

サキ「・・・どうしたんだよ?」

さくら「ヒっ、ひぇ、うわああああ」

さくら「はあっ、はあっ・・・」ガタ

愛「ヒッ・・・・」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:01:46.56 ID:rD4K8h/40
純子「さくらさん・・・・」(覚悟と絶望が入り混じったその表情、とても良いです)

サキ「なんだ?またおかしくなったとか?」(へへっ、ゾンビ映画の追い詰められたデカチチ女みたいな顔しやがって)

リリィ「!」(えへへ、そういうことねー)

愛「?・・・」(何なの?さっきの・・・)

さくら「はあっ、はあっ・・・無理」ゴトリ

リリィ「・・・!」チラ(ここはリリィが行くよ、ちっちゃい方が精神ダメージ少ないし長く楽しめるからね!)

サキ「・・」コク(分かってんじゃねーかチンチク、行って来い!)

純子「・・・」(さくらさん、漏らしてくれないでしょうか・・・)
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:09:23.29 ID:rD4K8h/40
リリィ「さくらちゃん・・・?」トテトテ

さくら「・・・どうせなんしても碌な事にならん・・・がんばるだけムダやん・・・」

サキ「これもう分からんな」(ったく、なんだよもう諦めちまうのかよ)

純子「私たちを怖がってましたよね」(さくらさん、ど根性娘と思ったら意外と気弱なんですね・・・可愛い)ジュルリ

ゆうぎり「いっぺん叩いてみんすか?」

愛「待って!・・・k」(この私にあんな無様なことさせるなんて・・・私からオシオキが必要みたいね、さくら)





伝説の山田たえ「あうああああああああああ」ドゴォ

サキ「あっ、ちょっ空気読めって!」

さくら(ほらね・・・私、もっとらん)
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:15:51.25 ID:rD4K8h/40
―――
――


とある洋館の一室



サキ「さくらは?」

愛「気を失ってるみたい、タエがみてるわ」

純子「ほ、本当に忘れてしまったんでしょうか?」

サキ「今問題なのはそこじゃねえ」

純子「へっ?それはどういう・・・」

サキ「次目覚めたさくらに記憶が戻ってりゃ”良かったな”、で済ませりゃ良い話だ」

サキ「あんグラサンも言っとったやろ?”チャンスは最大限に生かす、それが私の主義だ”ってな」

サキ「ここは今のさくらをどう料理するかの話だろうが?」

純子「料理って・・・そ、そんなこと」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:17:05.04 ID:rD4K8h/40
愛「別に隠さなくても良いの・・・何となく分かってたし」

純子「べべべ別にんなななにも隠してなんて居ません!」

サキ「バレバレや」

リリィ「うん、あの時純子ちゃんなんかモジモジしてたし」

サキ「モゾモゾもしとったな」

愛「床濡れてたしね」

純子「う、え、ええぇ!?」

サキ「安心せい、ここに居る奴はみんな同じや」

愛「そうよ、みんな同じ」

リリィ「そ、だから恥ずかしがる事なんてないよ!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:50:50.90 ID:rD4K8h/40
愛「という訳で今回は逆パターンよ」

サキ「逆?」

リリィ「つまり、私たちがメイクして―」

純子「さくらがノーメイクということですか?」

愛「そう、そして私たちはあくまで人間として振舞う」

サキ「そりゃがばいおもろそうやん!」

リリィ「でもそれって、私たちはさくらちゃんをどうするの?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:54:42.92 ID:rD4K8h/40
純子「ゾンビとして今度は私たちが怖がる番ではないですか?」

愛「確かにそれも面白そうなんだけど・・・」

サキ「なんや、他にもなんば有るとや?」

愛「あくまでも人間として扱うって言うのも有りだと思うんだよね」

サキ「アイツは今度は化粧しとらんとやろ?どっからどう見てもゾンビやろ?」

愛「そう、本人にもそう見えてる・・・けど私たちは人間として――いいえ、気付かないフリをする」

純子「気付かないフリ・・・」

愛「とても混乱すると思う、いいえきっと混乱してオロオロして絶望して涙でグチャグチャになって崩れ落ちて、たところを
私がそっと後から慰めてあげるの、そして耳元で「オーケーオーケー」」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/20(木) 21:56:06.99 ID:rD4K8h/40
サキ「・・・ちっとがめすぎやなかとや?」

リリィ「流石にちょっとヒくわ」

純子「でも発想は素晴らしいと思います!」パァ

サキ「・・・」(コイツ吹っ切れたら遠慮が無くなったな)

サキ「まあ良い、アタシは愛の案に乗る!お前らはどがんするとや?」

純子「私もそれが良いです」

リリィ「リリィも!」


サキ「んじゃ、化粧してまた集合だな!」




13: ◆j91AQXUUuA 2018/12/20(木) 22:20:11.08 ID:rD4K8h/40

たえ「あ、あうあ、おいおおー」

リリィ「大変、さくらちゃん目を覚ましそうだって!!」

愛「もう起きそうなの!?」

純子「どうしましょう私たちまだお化粧終わってないです」

サキ「ちっ、しゃあねぇ・・・愛、とりあえず終わってんのはお前だけだ、行って来い」

愛「分かった」(・・・計画通り)ニヤリ

愛(あー包帯してて良かった、口元見られずに済むしね・・・これでさくらは独り占め・・・)


14: ◆j91AQXUUuA 2018/12/20(木) 22:22:34.33 ID:rD4K8h/40
さくら「なんやとけ・・・えっ?」

愛「大丈夫?」

さくら「へっ!?・・・え、水野愛・・・へっ!?」

愛「」(!!!????!?)

愛(何よフルネーム呼びって!?いやでも新鮮かも!!ってまるで他人みたい・・・って”初対面”なのに私の名前・・・)

愛「ん・・・」(ああ、確か十年前だっけ?知っていてもおかしくない、か)

さくら「なんで水野愛が・・・」
15: ◆j91AQXUUuA 2018/12/20(木) 22:24:57.51 ID:rD4K8h/40
愛「・・・」(この感じ、この視線・・・まるで、っといけない演技演技)

愛「ねぇ?自分が誰だかわかる?」

さくら「え、源さくら・・・です」

愛(よし、とりあえず今のさくらは生前の――つまり生さくら・・・そう、そしてはじめての生さくらが私!)

愛(まあ何処でアイツが見てるか分からないし、とりあえず演技かな)

愛「自分の住所とか、電話番号とか、家族は?」

さくら「わ、わかりますけど・・・?」

愛「やっぱり」

さくら「あの、アイアンフリルの・・・水野、愛さん、ですよね」
16: ◆j91AQXUUuA 2018/12/20(木) 22:26:53.16 ID:rD4K8h/40

愛(!!??)

愛(あぁ・・・この目、知ってる、私は何度も見てきた・・・私のファンの目)

愛( 私 の フ ァ ン )

愛(私のさくら!愛ちゃん大勝利!!!!)

愛(純子、勝ったわ・・・フフ、私の完全勝利よ、さくらっ!」

さくら「はい!?」
17: ◆j91AQXUUuA 2018/12/20(木) 22:30:38.37 ID:rD4K8h/40
愛(あ、まずい・・・つい)

愛(どやんす!?どやんす!?)

愛「ぁ―今から――どうしてあなたがここに居るのか?、今まで何があったのか、話すから落ち着いて聞いて」

愛(よし、持ち直したわ!流石ファーストセンターの私ね!)

愛「貴女はもう死んでるの、ゾンビなの」

愛(って流れで言っちゃったZE)

さくら「はい?・・・何を、言って?」

愛「十年前、おそらく事故か何かで」
18: ◆j91AQXUUuA 2018/12/20(木) 22:33:12.56 ID:rD4K8h/40
さくら「・・・はい?」

さくら「!?」(なんこれ!?ほんに・・・わたしの・・・手!?)

さくら(私、轢かれて・・・死ん・・・だ?)ドクンドクンドクン

愛「大丈夫!」

さくら「ヒッ!?」

愛「大丈夫・・・私が、憑いてるから・・・大丈夫」

さくら「えっ、あの!わたしっ!その、こんげんなってて」

さくら「気持ち悪くない・・・ですか?」

愛「ん・・・」チュッ

さくら「ひぇっ!?」(え、愛ちゃんがわたしに・・・え!?)

愛「ね、大丈夫でしょ?」

さくら「あわわわ・・・・」///

愛「大丈夫、私に任せて・・・全部」
21: ◆j91AQXUUuA 2018/12/21(金) 22:17:54.93 ID:KxbxhF5z0
洋館・屋根裏部屋


さくら「なんやとけ・・・」

さくら(あの娘、ほんとに愛ちゃんだったとよね?)

さくら(でも、愛ちゃんがあんなことするとは・・・うぅ、がば恥ずかしい)

さくら(最後の方なんてやめてって言ったとにあげなこと・・・)

さくら(他の娘もあんな娘ばっかなんかな・・・)
22: ◆j91AQXUUuA 2018/12/21(金) 22:22:44.09 ID:KxbxhF5z0
―――
――



サキ「とまあ愛がやらかした訳だが・・・」

純子「アイアンフリルのセンターは愛さん程度の人間でも務まるんですね」

リリィ「さすが量産型アイドルだね☆」

愛「ぶっ殺すわよ」

愛「ま、私、全然ダメだと思ってないんで、こういう失敗も次に繋がると思ってるんで」

サキ「ドヤ顔でいうことかよそれ」



サキ「ま、愛は今夜お預けってことで」

愛「チッ・・・ま、仕方ないか」
23: ◆j91AQXUUuA 2018/12/21(金) 22:26:53.57 ID:KxbxhF5z0
夜―寝室―



サキ「――もいっぺん水浴びしてくるわ」

純子「・・・」(やはり一番に行きますか)

リリィ「浴びるのはさくらちゃんのs「黙ってろチンチク」」
24: ◆j91AQXUUuA 2018/12/21(金) 22:28:30.16 ID:KxbxhF5z0
さくら「何度言われてもやりません」

さくら(誰があんな変態と・・・愛ちゃんがアレならきっと他の人も・・・)

サキ(マジでアタシらとのこと忘れちまったんだな・・・)

サキ(そう思うとちっとさびしい気もするけどな)

サキ「お前マジで気合入っとったとぞ」

さくら「そのときのわたしはどうかしとったとです・・・忘れて下さい」(ほんにあんな人たちのとこに居たと?、わたし)

サキ「出来るか、んなこと!ぶっ殺すぞ!!」(お前の事・・・忘れられっかよ///)
25: ◆j91AQXUUuA 2018/12/21(金) 22:31:23.45 ID:KxbxhF5z0
さくら「これ以上の議論は無駄です、もうわたしからは言う事は無いので怒鳴りたいだけ怒鳴って下さい」

サキ(ん?、嬲りたいだけ弄ってよかと!?)

サキ「マジで言っとるつか?」

さくら「ええ、本気です」

サキ「後からやっぱ無しってのはねえぞ」

さくら「?・・・何度も言わせないでください」

サキ「そうよな!そげにかっこつけてもやっぱ我慢できんよな!!」

サキ「アタシも我慢できん!」

さくら「・・・なんなんですか?・・・何でいきなり脱ぎ始めるんですか!?」

さくら「こ、来ないでください!!警察呼びますよ!」

サキ「おう、やれるもんならやってみや!」

<イヤアアアア
<オラオラ
26: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 09:45:28.25 ID:4K/fVTVG0
純子「ちょっと貝殻で波音を聴いてきます」

リリィ「さくらちゃんのアワビn「お黙りなんし」」


さくら「・・・」

純子「・・・」

純子(こんな冷たそうな目のさくらさん初めてです)

純子(面と向かうとなんだかゾクゾクしますね///)

さくら(おとなしそうだけど・・・この人も・・・)
27: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 09:46:17.80 ID:4K/fVTVG0
純子「さくらさん・・・」

さくら「・・・用があるなら早く言って下さい」

純子(あぁもうこの氷点下の声音・・・最高です)ビクンビクン

さくら「?・・・」(何で一人で震えてるんやろ)

ポタポタ

さくら「!?」

さくら「え、なに!?ちょっとこっち来ないでください!!」
28: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 09:48:22.25 ID:4K/fVTVG0

リリィ「あれ?お星様が呼んでる・・・お空見てくるね☆」(屋根裏に居るさくらちゃんはお星様だよね☆ミ)

サキ(アイツ結構怒ってんだろうな・・・)

純子(私のときは堪忍袋の緒が切れかかってました・・・)

サキ(それでもヤる事ヤったんだろ?)

純子(そ、そんな、ことは・・・///)

サキ(その満足そうな顔みりゃ分かるて)
29: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 09:54:01.10 ID:4K/fVTVG0
<モッテナイケン!!!
<アワワワワ

サキ(あーあ)

純子(・・・やっぱり)



ドタドタドタ

バタン!!

サキ・純子・愛「!」

さくら「たしかに・・・」

さくら「確かにわたしは持ってなかったと!何も持ってなかったと!!」

さくら「・・・なして死んでもまだこげな目に遭うと?」

さくら「わたし・・・皆さんに何か悪い事しました?」

サキ(ヤベ、ありゃマジな目だ)

純子(どうしましょう、達してしまって腰に力が入りません)

愛(すごい・・・もっと、もっとそういうの頂戴!!)

さくら「次来たら・・・わかってますよね?」ギロッ
30: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 09:54:54.12 ID:4K/fVTVG0
―――
――



リリィ「うぅ・・・怖かったよぉ」

ゆうぎり「んぅ・・・騒がしいでありんすな」

リリィ「ゆうぎりん・・・」ダキッ

ゆうぎり「どうしたでありんすか?」

リリィ「さくらちゃんががばい怖くなってるんだよぉ」

リリィ「リリィ、仄暗い水野底からで子役やったときより怖かったよぉ」

ゆうぎり「なるほど・・・そろそろお座敷のお時間・・・」
31: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 09:55:31.14 ID:4K/fVTVG0
サキ(おい、誰か止めろ)

愛(無理に決まってるじゃない!)

純子(もうああなったら誰にも止められませんよ・・・)

サキ・愛・純子(・・・終わった)
32: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:10:04.14 ID:4K/fVTVG0



さくら(ゾンビ・・・ゾンビィ・・・ヴォーキングデット・・・リビングデット・・・)

さくら(事故にあって目が醒めたと思ったら病院じゃなくて洋館で十年後で・・・)

さくら(・・・皆わたしがアイドルやっとった言いよる)

さくら(アイドルはあんなことせんよ、きっとせくしーアイドルの間違いと)

さくら「・・・これでいいとよ」

さくら(嫌な事ばっか思い出す)
33: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:35:15.30 ID:4K/fVTVG0
―――
――


愛「さくら・・・」ハァハァ

愛「・・・私のさくら・・・私以外見れないようにしてあげるから・・・」ハァハァ


サキ「そんな顔もできんだな、さくら」

サキ「アタシ以外に見せたらぶっ殺すからな・・・」///


純子「さくらさん・・・私にだけそんな無反応だなんて・・・」

純子「それではまるで死体じゃないですか・・・もう死んでますけど」

純子「あっそんな睨まないでください」ビクンビクン


――
―――

さくら(ほんと嫌な事ばっか思い出す)
34: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:38:00.97 ID:4K/fVTVG0
幸太郎「今お前が居るべき場所は此処ではない筈だぞ・・・源さくら」

さくら「・・・はい?」ギロッ

幸太郎「ヒエッ」

さくら「何なんですか誰なんですかわざわざ追いかけてきたんですか連れ戻しに来たんですか?」

幸太郎「エッ、…ト、ソノッ…とりあえず場所変えません?」



35: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:40:09.12 ID:4K/fVTVG0
さくら「・・・それで?」

幸太郎「・・・」

さくら「何なんですか?こやんかとこ連れてきて」

幸太郎「・・・虹ノ松原だ」

さくら「知ってます・・・真っ暗で何も見えませんけどね」

幸太郎「・・・アレが今のお前じゃい」

さくら「・・・まあ、確かに、こん真っ黒な心は・・・こんドス黒い感情は・・・言い得て妙かもしれません」

幸太郎「・・・え?」
36: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:41:14.66 ID:4K/fVTVG0
さくら「わたし・・・何かしました?」



幸太郎「・・・何のことじゃい」

さくら「わたし、あの人たちに何かしたとですか?」

幸太郎「ようやっとったぞ、手始めにサキじゃろ、んでもって次に純子と愛、タエもじゃ」

さくら「・・・記憶なくなる前のわたしは・・・そんな・・・手当たりしだいに・・・」プルプル
37: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:47:07.02 ID:4K/fVTVG0
幸太郎「みーんなお前のお陰じゃい!」

さくら「は?」

幸太郎「今のフランシュシュがあるのはたしかに皆の力だ」

幸太郎「だが、だがなフランシュシュが蘇ったのは間違いなくお前の力だ」

幸太郎「みーんなお前のお陰で腐った死体から一人前のゾンビィに立ち直れたんじゃい!!」

さくら「訳が分かりません」
38: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:52:15.90 ID:4K/fVTVG0

さくら「そもそも何でゾンビなんですか!?」

さくら「普通に生きてる女の子集めてやればよかないですか!!」

幸太郎「・・・」

幸太郎「それは・・・」

さくら「何ですか?早く言ってくださいよ」

幸太郎「お前らが”もっとる”からじゃい」
39: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:54:21.55 ID:4K/fVTVG0
さくら「!?」

さくら「・・・喧嘩・・・売ってるんですか?」ワナワナ

幸太郎「違う!!」

幸太郎「さくら!俺は・・・

さくら「馬鹿は死ななきゃ治らんと、性根は死んでも治らん!!」

幸太郎「え」

さくら「わたし、なんされたか分かりますか!?」
40: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:55:14.51 ID:4K/fVTVG0
幸太郎「えっ、あのもしかして」

幸太郎(目覚めた日メイクして見抜きに使っとったのバレとったんかーい)

さくら「最初は水野愛・・・(略



幸太郎「それ証拠は残っとるんか?」

さくら「ある訳無いじゃないですか」

幸太郎「そうか」ショボン
41: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:56:12.86 ID:4K/fVTVG0

幸太郎「まあなんだ、・・・うん、仲間内ですれ違いもあるじゃろがい」

幸太郎「そん位でジメジメしとったらアイドルなんてやれんぞ」

さくら「そん位?・・・」ワナワナ

さくら「こげな尊厳の愚弄、ありますか!?」

幸太郎「え、いや、あの」

さくら「何なんですか?FranChouChouって!?」

幸太郎「うぇ、いやそれはお前たちが」
42: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 10:57:06.37 ID:4K/fVTVG0
さくら「赤ちゃんみたいにおっぱいちゅーちゅー吸うからですか!?ふざけてるんですか!?」

幸太郎「え、あ、君が?されたの?」

さくら「幸太郎さんも吸いますか!?そうですよね!「是非お願いします」」

さくら「・・・は?」

幸太郎「さくら・・・いや、さくらさん!!是非お願いします」

さくら「・・・そうですよね、あん変態集団のプロデューサーですもんね、常識も良識もある訳無かですよね」

さくら「はい、どうぞ、勝手に吸ったら良いじゃないですか」ピラ


翌日、ハイエースで冷たくなっている幸太郎が発見された



(完)
43: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 11:11:05.81 ID:4K/fVTVG0
おまけ

8話後

さくら「サキちゃん、大事な会議ってなん?」

サキ「お前ら危機感無さすぎだぞ」

リリィ「リリィ、サキちゃんにだけは言われたくないかな」

サキ「ぶっ殺すぞ」

愛「まあまあ、その位にしておいたら?」

ゆうぎり「大事な話、なのでありんしょう?」
44: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 11:11:45.81 ID:4K/fVTVG0
サキ「ああ、グラサンは”知っとった”て言うとった」

サキ「つまり、全部見とった・・・アタシらのも全部な」

純子「ぜぜぜぜ全部・・・」///カァ

愛「はあ・・・何かと思えばそのこと」

愛「病院みたいなものだと思えばいいじゃない」

ゆうぎり「びょう・・・?」

リリィ「お医者さん・・・診療所ってことかな」

ゆうぎり「あぁ、そういうことでありんすな」

ゆうぎり「わっちは殿方にm「はいストップ」」

愛「子供もいるから、ね」
45: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 12:36:57.27 ID:4K/fVTVG0

サキ「不公平やろ!グラサンは全部見たっつうとに」

サキ「な、さくら!」

さくら「えええ、わたし!?」

さくら「わたしもお医者さんだと思えばあまり気には・・・」

サキ「ホントかぁ?本当にそうかぁ?」
46: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 12:37:35.35 ID:4K/fVTVG0
サキ「特にお前なんかそんなデカ乳付けとるけんなぁ・・・」

さくら「な、なに?そんなジッと見つめんといて」

サキ「そりゃ、愛みたいな男か女か分からんような奴には恥ずかしくないだr

純子「今すぐ蝋人形にして差し上げましょうか?サキさん」

愛「・・・」

さくら(愛ちゃんの花が彼岸花になってる・・・)

リリィ(どうなってんだろアレ)

サキ「・・・すんませんでした」
47: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 13:11:06.86 ID:4K/fVTVG0
後日

幸太郎「はいっ、という訳でみなさん、おはようございます!!」

一同「・・・」

幸太郎「どした?元気ないぞぉ~」

幸太郎「ほれさくr・・・ハッ!?」

幸太郎(なんじゃい!?こんプレッシャーは・・・!?)

幸太郎(まるで金縛り・・・蛇に睨まれた蛙の様じゃい・・・!・・・そうか、俺は今、本能で危機を感じている・・・!)



幸太郎(まさかあん馬鹿ゾンビィども、ゾンビィの本能が・・・)



サキ「よっしゃ、今だ!」

純子「はい!」

リリィ「えい☆」
48: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 13:13:38.96 ID:4K/fVTVG0
―――
――




サキ「まず最初に運動神経の鈍いチンチクと純子で仕掛ける」

サキ「グラサンの力はどんなもんか分からん、ここで見極める」

リリィ「リリィたち捨石なのぉ?」

サキ「アタシらゾンビだ、力も並の人間よりかよっぽどあるけん、あっさりここで終わるかも知れん・・・」

サキ「が、念には念を入れて2重3重にキめる」

純子「つまり真っ先に幸太郎さんを・・・」ジュルリ


サキ「次にさくら、お前は真っ先に出入り口を塞いだ後、二人の援護だ」

さくら「ホントにいいとかな・・・」

サキ「そしてアタシと愛でトドメだ」

サキ「姐さんは〆を頼む」

サキ「あとたえは決戦兵器な」

たえ「がう」
49: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 13:15:01.99 ID:4K/fVTVG0
―――
――


幸太郎「フンッ」

リリィ「きゃっ」

純子「ぐえっ」

サキ「回し蹴り!?」

愛「違う!」

愛(アレは・・・トリプルアクセル!?)

サキ「なんじゃありゃ!」

愛「まるでスケートね」


サキ「さくら!絶対抜かれるなよ!!」

愛「2秒稼げば私たちが追いつくから!」
50: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 13:15:46.80 ID:4K/fVTVG0
さくら(どやんすどやんす?!)

さくら「えいっ!」ポフ

幸太郎「・・・オゥ」

サキ「何処に抱きついてんだ!さくら!!」

愛「それじゃただの痴女よ!」


サキ「オラっ大人しくしろ」

愛「3人に勝てるわけ無いでしょ!」

幸太郎「なんじゃい!わしゃ勝つぞこん馬鹿ゾンビィ!!!」
51: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 13:16:46.28 ID:4K/fVTVG0
ゆうぎり「幸太郎はんっ!」シュッ

幸太郎「!?」

ドサッ

サキ(姐さんが何かしたのは分かる・・・一体なんだ!?)

愛(恐ろしく早い手刀・・・動体視力の良い私じゃなきゃ見逃しちゃうわね・・・)






サキ「・・・さてと」

サキ「んじゃあ引ん剥きますか!!」

純子「・・・ごくり」dokidoki

愛「・・・」ジー

さくら「あわ、あわわわ・・・」メカクシ

リリィ「リリィはどうでも良いかな」

ゆうぎり「・・・」スパー

たえ「・・・うが」


<どりゃああああ

<がうっ

<たえちゃん!それソーセージじゃなかと!!

<わー痛そー(棒

<諸行無情でありんすなぁ

<それ意味違うから!


<さささ触ってもだだだ大丈夫でしょうか
52: ◆j91AQXUUuA 2018/12/23(日) 13:28:33.28 ID:4K/fVTVG0
こんどこそおわり
依頼出しときました

これから木曜が暇じゃー

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング