FC2ブログ
330: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:35:20 ID:pNLIM/2k
………………帰り道

陽真 「ほら、見て見て智波ちゃん」

智波 「? 写真?」

陽真 「うん! この前成ちゃんが家に来たとき、カツカレーをごちそうしたんだ」

陽真 「幸せそうな顔でしょ? 可愛いよね~」 ニヘラ

智波 「……あ、うん。そうだね」

智波 「………………」 (……また唯我くんの話かぁ)

智波 (陽真くん、本当に唯我くんのことが好きなんだなぁ。ちょっと妬いちゃうよ……)

智波 (唯我くんはきっと、わたしの知らない陽真くんもたくさん知ってるんだろうな……)

智波 (うらやましいなぁ……)

陽真 「成ちゃんは美味しいものを食べるとき、こういう幸せそうな顔をするんだよねー」

智波 「へー……」 (っていうか……)

智波 (陽真くん、わたしがどういうとき、そういう顔をするかとか、知ってくれてるのかな)

ズキッ

智波 (……ああ、なんか。わたしすごく、めんどくさいこと考えちゃってるな)
331: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:36:09 ID:pNLIM/2k
陽真 「……? 智波ちゃん?」

智波 「へっ?」

陽真 「どうかした? なんか、少し……」

陽真 「少し、悲しそうに見えたから……」

智波 「あっ……」 アセアセ 「そ、そんなことないよ! ないない!」

陽真 「………………」

智波 「………………」

智波 「あっ、えっと……」

智波 「じゃあ、わたしこっちだから! じゃあまた明日ね! 陽真くん!」

陽真 「あっ、うん……。また明日、智波ちゃん」

タタタタタ……

智波 「……はぁ」

智波 (……サイテーだ、わたし。陽真くんにウソついて、逃げ出しちゃった)

智波 (……うぅ)
332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:36:41 ID:pNLIM/2k
………………翌日 3-B教室

陽真 「………………」

ズーン……

成幸 「……おい、大森」 コソッ 「小林の奴どうしたんだ? めずらしくめっちゃ凹んでるぞ」

大森 「お前が知らないあいつのことを俺が知ってるわけないだろ」

大森 「尋常じゃない凹み方してるから、お前ちょっと聞いてこいよ」

成幸 「……うん。そうだな。そうするよ」

成幸 (小林があんな風にもろに感情を表に出すってめずらしいからな……)

成幸 (幼なじみとして、看過するわけにはいかない。よし、行くぞ……!)
333: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:37:14 ID:pNLIM/2k
成幸 「よー、小林。おはよう。どうしたんだ、元気がないけど」

陽真 「……ああ、成ちゃん。おはよう」

陽真 「昨日、ちょっとね……」 ニコッ 「大丈夫。大丈夫だよ……」

成幸 「いや、全然大丈夫に見えないんだけど……」

ハァ

成幸 「なんかあったんだろ? 俺は頼りないかもしれないけど、お前の幼なじみだからさ」

成幸 「何かあったなら教えてくれよ。相談に乗るくらいはできるからさ」

陽真 「成ちゃん……」

陽真 「ありがとう。じゃあ、少し聞いてもらおうかな……」

成幸 「おう!」
334: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:37:59 ID:pNLIM/2k
………………3-D

智波 「……それでね、陽真くんがあんまりにも唯我くんの話ばっかりするもんだから」

智波 「わたし、段々悲しくなってきちゃって……」

智波 「陽真くんは、唯我くんと同じくらい、わたしのこと分かってくれてるのかな、とか……」

智波 「……陽真くんは、わたしより唯我くんと一緒にいる方が楽しいんじゃないかな、とか……」

智波 「そしたらね、陽真くんが心配そうな顔で……」


―――― 『どうかした? なんか、少し……』

―――― 『少し、悲しそうに見えたから……』


智波 「……わたしはその後、ウソついて逃げ出しちゃって……」

智波 「……そのときから気まずくて、メッセージも返信してないし」

智波 「うぅ……陽真くんに申し訳なくてさぁ……」

あゆ子 「……なるほどなぁ」

うるか 「海っちが朝からヘコんでたのはそういうワケだったのかー」
335: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:38:43 ID:pNLIM/2k
智波 「うぅ~、うるかぁ、あゆ子ぉ、陽真くんきっと、もう……」

智波 「もう、わたしのことなんか……」

グスッ

智波 「……嫌いになっちゃったよね……」

あゆ子 「……!? お、おいおい、智波。泣くなよ。あの小林がそんなことでお前のことを嫌いになるわけないだろ」

智波 「でもぉ……」

あゆ子 「……というか、だ」 ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!

あゆ子 「彼女の前で唯我とのノロケを話す小林に、私から一言言ってやらないと気が済まないぞ」

うるか 「ま、まぁまぁ。こばやんにも悪気はないだろうから、おさえておさえて」

うるか (……とは言ったものの、海っちは本当に辛そうだし、このまま放っておけないよね)

うるか (……よーしっ)

うるか 「ふふ、ここは恋のキューピッド、うるかちゃんに任せなさい!」

智波 「うるか……?」

うるか 「あたしが絶対、海っちとこばやんを仲直りさせたげるから、オーブネに乗ったつもりで任せてよ!」

うるか (とはいえ、どうしたらいいか分からないし……。とりあえずは、成幸に相談かな)
336: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:39:52 ID:pNLIM/2k
………………昼休み

うるか 「……っていうわけでね。海っちは成幸に嫉妬してるんだよ」

成幸 「なるほどなぁ……」

ハッ

成幸 「って、俺に嫉妬!? 俺男だぞ!?」

うるか 「オトメゴコロは複雑なんだよ、成幸」 チッチッチ 「そんなんじゃモテないぞ~?」

成幸 「余計なお世話だよ。悪かったな……」

成幸 「……それにしても、俺に嫉妬ねぇ」

成幸 「まぁ、それに関しては完全に小林が悪いな。彼女に俺の話してどうするんだよ……」

成幸 「もっと他に面白い話してやれよ……」

うるか 「まぁ、こばやんにしてみれば、成幸の可愛さを大好きな海っちにも共有したかっただけなんだろうけど……」

成幸 「はぁ? 何度も言うけど、俺男だぞ? 俺が可愛いってなんだよ……」

うるか 「……!?」 (し、しまったー! つい、成幸の前で、成幸の可愛さとか口走っちゃったよー!)

うるか 「あ、あたしが思ってるんじゃないよ? あくまでキャッカンテキな目線の話だよ!?」

成幸 「客観的に見て可愛いのか!? 俺が!?」
337: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:40:33 ID:pNLIM/2k
うるか 「……オホン、オホン! 話がズレたね。元に戻すとしよーか」

成幸 (なんか誤魔化された気もするが、まぁいいか……)

うるか 「海っちもね、こばやんが成幸のこと大好きなのは知ってるから、理解は示してるんだよ」

うるか 「こばやんが成幸のことを話してるのを聞いて、少し不安になっちゃっただけなんだよ」

成幸 「わかってるよ。小林も海原もすごく良い奴らだ。ただのボタンの掛け違いだろ?」

成幸 「小林だって、少し俺の話をしすぎたって反省してたぞ」

成幸 「海原に謝りたいってさ」

うるか 「うんうん。さすがこばやんは、オトメゴコロをよく理解してるよね」

うるか (成幸とは大違いだよ) ジトッ

成幸 (……なんか、無言で責められている気がする)

成幸 「なんにせよ、海原も小林と仲直りしたいと思ってくれてるなら簡単だ」

成幸 「今話したことを俺が小林に、うるかが海原に話せば解決だな」

うるか 「オッケー! じゃあ、ゼンは急げってことで、あたし早速海っちと話してくるね!」

成幸 「ああ。じゃあ俺もすぐ小林のところに行くよ」
338: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:42:25 ID:pNLIM/2k
………………

成幸 「……ってことで、海原は全然怒ってないよ」

成幸 「お前が俺の話ばっかりするから、少し不安になってしまっただけなんだと」

成幸 「で、今は猛烈に反省していて、お前に嫌われたんじゃないかってうるかに泣きついてるみたいだぞ?」

陽真 「そっか……」

ホッ

陽真 「……よかった。嫌われたわけじゃないんだね」

陽真 「でも、智波ちゃんに不安な思いをさせてしまったのは、本当に反省しないと……」

陽真 「同じようなことをしないために、今後のことをしっかり考えないと……」

成幸 「………………」 ハァ 「まったく、お前は……。チャラい見た目のくせに根がまじめすぎるだろ」

陽真 「へ……?」

成幸 「いいからとにかく、会って謝ってこいよ」

成幸 「考えるのはそれからでもいいだろ?」

陽真 「成ちゃん……。うん、そうだね。とりあえず、智波ちゃんに会って、謝って、話してくるよ」

成幸 「おう!」
339: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:42:59 ID:pNLIM/2k
陽真 「本当にありがとね、成ちゃん。やっぱり成ちゃんは、俺にとって……」

成幸 「?」

陽真 「……ううん、何でもない。本当に頼りになる幼なじみだよ、成ちゃんは」

成幸 「そうか? そう言われると、幼なじみ冥利に尽きるってもんだな」

成幸 「ほら、早く行ってこいよ。川瀬の奴は少し怒ってるみたいだから、気をつけろよ」

陽真 「……まぁ、そうだろうね。川瀬と智波ちゃんは仲良いしね」

陽真 「武元にもお礼を言っておかないと……――」

――ビュォオオオ!!!

成幸 「っ……!?」 (痛つつ……突風で目にゴミが入ったな……)

陽真 「すごい風だったね。成ちゃん、大丈夫?」

成幸 「ああ、ちょっと目にゴミが入ったみたいだ……」 ゴシゴシ

陽真 「あっ、目をこすったらダメだよ。角膜に傷がついちゃうよ」

成幸 「そうは言ってもな、ゴミが取れなくて、痛くて……いててて……」

陽真 「ほら、こっち向いて、成ちゃん」 クイッ 「取ってあげるから」

成幸 「悪い、小林。頼む」
340: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:43:37 ID:pNLIM/2k
………………少し前

うるか 「かくかくしかじか、ってわけなんだよ」

智波 「………………」

ブワッ

智波 「よ、よかったよぅ~……。陽真くん、怒ってないんだね……」

智波 「うぅ……陽真くんに嫌われたらどうしようって、気が気じゃなかったから……」

智波 「力が抜けたよぅ……」

うるか 「よしよし。辛かったねぇ、海っち。もう大丈夫だよ」 ナデナデ

うるか 「ほら、早速こばやんのところに行こう? こばやんも海っちに謝りたいみたいだし」

智波 「うん。そうするよ。わたしも陽真くんに謝らないといけないし……」

智波 「っていうか、彼氏の男友達に嫉妬するって、やっぱり重いよね、わたし……」

智波 「わたし、自分がこんなに嫉妬深いなんて思ってなかったよ。改めないといけないよね」

うるか (少しヤキモチを妬いて、少し悲しくなるくらい、べつにいいと思うケド……)

うるか 「……今度から、こばやんとちゃんとお話すればダイジョーブだよ」

うるか 「悲しくなったら悲しいって言えばいいし、嫉妬しちゃったら甘えればいいし!」
341: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:44:08 ID:pNLIM/2k
うるか 「こばやんなら絶対、海っちの言うことを聞いてくれるだろうし、理解もしてくれるから!」

うるか 「女の子は少し嫉妬するくらいが可愛いって文乃っちも言ってたし!」

智波 「うるか……」 グスッ 「そうだね! わたしも、ちゃんと話をしなきゃダメだよね」

智波 「いくら彼氏だって、言わなくてわたしの考えが伝わるわけないもんね!」

うるか 「うんうん。その意気だよ、海っち」

うるか 「それに、少しくらい嫉妬しても仕方ないよ。だって、成幸とこばやんは本当に仲良しだし!」


うるか 「なんてったって、あのふたりはキスマークをつけるくらい仲が良いんだからね!」


智波 「……へ?」

うるか 「……うん?」

うるか (あ、あれ? おかしいな? 海っちの目が急に真っ暗になったよ?)

うるか 「海っち……?」

智波 「……ねえ、うるか? 今、わたしの聞き間違いかな?」

智波 「陽真くんと唯我くんが、キスマークをつけるくらい、仲が良いって聞こえたんだけど?」

うるか 「い、言ったけど……」
342: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:46:26 ID:pNLIM/2k
智波 「……キスマーク」

智波 「どこに?」

うるか 「えと……成幸の、首に……二箇所くらい」

智波 「首に二箇所」

智波 「それはいつ頃の話?」

うるか 「ついこの前だけど……」

智波 「本当に陽真くんがつけたの?」

うるか 「たぶん……」

智波 「……うん。そっか。うんうん。よくわかったよ」

うるか 「い、いやいや、海っち? あのふたり仲良いから、それくらいなら……――」

智波 「――それくらい!? キスマークつける関係は仲良いとかそんなレベルじゃないよ!?」

智波 「うるかはいいの? 大好きな唯我くんが、陽真くんにキスマークをつけられてて」

うるか 「へ……? あ、うん。こばやんだったらいいかな、って……」

智波 「……うん。うん。うるかはそうかもね」
343: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:46:59 ID:pNLIM/2k
智波 「………………」

ズーン

智波 「……そっか。ずっと、もしかしたら、って思ってたけど」

智波 「……やっぱり、陽真くんが一番好きなのは、唯我くんなんだね」

うるか (ま、まずいよ) ダラダラダラ (せっかくきれいにまとまりかけたのに……)

うるか (あたしが余計なこと言ったせいで、また海っちが沈んじゃったよーー!!)

智波 「はは……そっか……。首にキスマークつけるくらいかぁ……」

うるか 「う、海っち! とりあえずこばやんとこ行こ? ね?」

グイッ

智波 「……はぁ」

うるか (ま、まずいよー! とにかく早く、こばやんのところ連れて行かないと……)

ズルズルズル……

智波 「はは……あはは……」
344: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:47:31 ID:pNLIM/2k
………………

成幸 「いててて……」

陽真 「ほら、成ちゃん。動かないでってば。取れないよ」

成幸 「そんなこと言われても、痛いんだから仕方ないだろ……」

陽真 「まったくもう」 クスッ 「成ちゃんは仕方ないなぁ……」

成幸 「あとお前、ちょっと近いぞ……」

陽真 「仕方ないでしょ。これくらい顔近づけないとなりちゃんの目の中なんか見えないよ」

成幸 (まぁ、それもそうか……)

陽真 「……よいしょっ、と」

成幸 「ん……」

陽真 「どうかな? 大きいゴミは取れたと思うけど」

成幸 「ああ、ゴロゴロしてたのはなくなったよ。ありがとな」

陽真 「どういたしまして」

  「こ、こばやん……?」

陽真 「……? あれ、武元と……智波ちゃん!?」
345: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:48:14 ID:pNLIM/2k
成幸 (お、うるかの奴、海原を連れてきてくれたのか。ちょうど良いタイミングだな)

成幸 「ちょうど良かったよ、海原。いま、小林をお前のところに――」

智波 「――……か、顔を近づけて、お互いのことを見つめ合って……」

智波 「い、今、ふたりでキスの余韻に浸ってたよね……?」

成幸 「………………」

成幸 「……は?」

智波 「き、キスマークなんて話があったから、多分そうだろうとは思ってたけど……」

グスッ

智波 「やっぱりふたりは、そういう関係だったんだね……」

成幸 「いや、待て待て待て! 海原!? お前何を言ってるんだ!?」

成幸 「小林も何か言ってやれよ……って」

陽真 「智波ちゃんが、泣いてる……」

陽真 「俺はまた、智波ちゃんに悲しい思いをさせてしまった……」

成幸 「ショックを受けるのは後にしてくれないか!? 海原がよくわからん勘違いをしてるぞ!?」
346: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:48:46 ID:pNLIM/2k
智波 「……否定もしてくれないんだね」

智波 「もういいよ。陽真くんなんか知らない! 唯我くんのことなんかもっと知らない!」

成幸 「いや、待て! 話を聞いてくれって!」

うるか 「成幸ー! こばやんとの仲良しは許してあげてたけどー!」

うるか 「キスまでしていいなんて言ってないんだからねー!」

成幸 「お前までわけわからんことを言い出さないでくれないか!?」

智波 「うぇーーーーーーーーーん!!!」

タタタタタ……!!!

成幸 「あっ、ちょっ、海原! 待てって!!」

ガシッ

成幸 「へ……?」

陽真 「……ごめん、成ちゃん。ちょっと今、成ちゃんにまでどこかに行かれたら、立ち直れないから」

陽真 「しばらくそばにいて」

成幸 「あ、ああ……」 (こんなに弱ってる小林、久しぶりに見たな……)

成幸 (やっぱり、海原に拒絶されたのがショックだったんだな……)
347: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:49:32 ID:pNLIM/2k
………………放課後

うるか 「えっ? さっき、こばやんと成幸、キスしてたんじゃないの?」

成幸 「するわけないだろ!? 何考えてんだお前は!?」

うるか 「いやー、でも……成幸とこばやんだったらありえなくはないかな、って……」

成幸 「……お前は俺たちのことを何だと思ってるんだ」

成幸 「まぁいい。とりあえず、それは置いておくとして……」

陽真 「………………」 ズズズーン

成幸 「……この今にも溶けそうなくらい沈み込んだ小林をどうするかだ」

成幸 「うるか、海原は……」

うるか 「HRが終わってすぐカバンを持って行っちゃったよ……」

成幸 「とりあえず、海原の誤解をとくしかないよな。俺はただ、目に入ったゴミを小林に取ってもらってただけなんだが、」

成幸 「それを説明すれば納得してくれると思うか?」

うるか 「……うーん、それはちょっとムズカシイかもしれないよ」

成幸 「どうしてだ?」

うるか 「……あたしが、ちょっと、余計なことを言っちゃったから」
348: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:50:19 ID:pNLIM/2k
成幸 「余計なこと?」

うるか 「……ごめん、成幸。ちょっと口が滑っちゃってさ……」

うるか 「成幸がこばやんにキスマークをつけられたこと、海っちに話しちゃってさ……」

成幸 「は?」

うるか 「ごめん! 悪気はなかったんだ。つい、ツルッと、口が滑っちゃって……」

成幸 「いや、ちょっと待て。キスマーク? 俺が、小林に? つけられた?」

成幸 「何の話をしてるんだ? っていうか、何わけのわからないことを言い出してるんだ?」

うるか 「へ……? いやいや、とぼけないでよ、この前、首に跡がついてたでしょ?」

うるか 「バンソーコだって貸してあげたじゃん」


―――― 『成幸それ…… 虫にでも刺されちった…… のかな?』

―――― 『あっ あぁ! そんなトコ……! やっぱ…… 目立つ……よな』

―――― 『バンソーコあるけど』


成幸 「……!? あ、あのときのアレか!? いや、あれは、たしかに、キスマークと言えなくもないが……」

成幸 「でもなんで小林!?」
349: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:50:54 ID:pNLIM/2k
うるか 「あの前日、成幸が最後に会ってたのがこばやんだったから……」

成幸 「いや、たしかにそうだけど! そうだけれども!」

成幸 「違うよ! あれは……」 カァアアアア…… 「……寝ぼけた葉月と和樹に吸われてできた跡だよ」

うるか 「えっ!?」

カァアアアア……

うるか 「あっ、じゃあ……こばやんにキスマークをつけられた、っていうのは……」

うるか 「あたしの、ただの、カンちがい……?」

成幸 「……そういうことだ」

うるか 「………………」

うるか 「ど、どどどどうしよう、成幸!? 海っちにウソ教えちゃったよ!?」

成幸 「どうするもこうするも、しっかりと話をして誤解を解くしかないだろ……」

成幸 (とはいったものの、だ……)

成幸 (海原の誤解をといたとして、今回はいいとしても、また同じようなことが起こらないとも限らないし……)

成幸 「………………」

成幸 「……うるか。海原に連絡を取ることはできるか?」
350: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:51:24 ID:pNLIM/2k
うるか 「う、うん。もちろんできるけど……」

成幸 「なら、居場所を聞き出してくれ」

成幸 「あいつの居場所がわかったら、俺が話をしに行く」

うるか 「へ……? あ、あたしが行くよ? その方がいいでしょ?」

成幸 「いや……」

成幸 「……わからないけどさ、これは、俺が行かなきゃいけない気がするんだ」

成幸 「お前は、小林と一緒にいてやってくれ」

成幸 (……そうだ。これは、元を正せば、俺が海原を嫉妬させるようなことをしてしまったせいだ)

陽真 「………………」 ズーン

成幸 (小林は俺の大切な友達だ。俺のせいで、これ以上小林に悲しい思いをさせるわけにはいかない)

成幸 「……俺に任せてくれ、うるか」

うるか 「……うん! わかったよ、成幸!」
351: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:52:13 ID:pNLIM/2k
………………公園

智波 「………………」

智波 (……バカみたい。わたし)

智波 (陽真くん、きっとムリしてわたしと付き合ってくれてたんだよね……)

智波 (なのに、わたし……)

…………トッ

智波 「あっ、うるか……?」

智波 「えっ……?」

成幸 「……よう」

智波 「な、なんで……唯我くん……」

成幸 「……悪い。うるかに連絡を取らせたのは俺だ。だから、うるかを責めないであげてくれ」

成幸 「ちょっと、お前と話をしたくてさ」

智波 「……そっか」

智波 「いいよ。お話しよ、唯我くん」
352: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:53:53 ID:pNLIM/2k
………………生け垣 陰

うるか 「………………」

ドキドキドキドキ……

うるか 「だ、大丈夫かな、成幸」

うるか 「海っちのことも心配だし……」

うるか (成幸にはついてくるなって言われたけど、そういうわけにはいかないよね……)

うるか (ここで隠れてどうなるか見守ってよう……)

小林 「智波ちゃん……成ちゃん……」

うるか (こばやんも、ふたりのこと心配だよね……)

うるか (ここから見守ってるからね、成幸! がんばって!)
353: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:54:44 ID:pNLIM/2k
………………

智波 「………………」

成幸 「………………」

智波 「……お話したいことって何かな、唯我くん」

成幸 「ん、ああ……」

成幸 「……まぁ、わかってるとは思うけどさ、小林のことだよ」

智波 「うん」

智波 「……安心して。もうふたりの邪魔をしたりしないから」

智波 「今までごめんね。わたし……」

成幸 「………………」

成幸 「……うん、まぁ、お前の勘違いを正すのは後にするとして、」

成幸 「少し、小林の話をしてもいいか?」

智波 「……?」
354: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:55:16 ID:pNLIM/2k
成幸 「知ってるとは思うけど、小林とは幼なじみでさ」

成幸 「小さい頃、あいつの両親がいないときとか、よく家で一緒に遊んだよ」

成幸 「妹の面倒も見てくれてさ。本当に、ずっと一緒だったんだ」

智波 「……うん。そういう話も、陽真くんから聞いてるよ」

智波 「でも、どうしてそんな話をわたしにするの? 自慢?」

成幸 「……かもな。小林っていうすごい友達がいることを、お前に自慢したいのかもしれない」

成幸 「でもな、そんな小林も、最近はお前にべったりでさ」

成幸 「俺たちと一緒にいるときも、お前とのノロケ話を何度聞かされたことか……」

智波 「……え?」

成幸 「やれ “智波ちゃんとどこへ行った” とか、やれ “~をしていた智波ちゃんがすごく可愛かった” とか」

成幸 「…… “智波ちゃんは、こういうときこういう顔をする” とかな」

成幸 「……分かるんだよ」

成幸 「ああ、こいつは本当に彼女ことが大好きなんだな、って」

成幸 「そして思うんだ」

成幸 「小林はもう、俺の友達っていう以前に、海原の彼女なんだな、って」
355: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:56:04 ID:pNLIM/2k
智波 「陽真くん……」

智波 (そっか……)


―――― ((陽真くん、わたしがどういうとき、そういう顔をするかとか、知ってくれてるのかな))


智波 (……そう、だよね。陽真くんって、そういう人だもんね。知ってるに、決まってるよね)

智波 (わたし、バカだな……)

智波 (わたしばっかり陽真くんのこと考えてると思ってた……)

智波 (陽真くんも、わたしのこと、考えてくれてたんだね……)

成幸 「……なぁ、海原」

智波 「……?」

成幸 「だから、これからも、小林のことを、よろしくお願いします」

ペコリ

成幸 「……俺の幼なじみのことを、よろしくお願いします」

智波 (……そして、そう)

智波 (わたし以外にもたくさんの人が、陽真くんのことを思ってくれてるんだよね)
356: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:56:43 ID:pNLIM/2k
智波 「……顔を上げて、唯我くん。ごめんね。ありがとう」

智波 「わたし、自分が恥ずかしいや……」

成幸 「いや、俺の方こそ、誤解されるようなことをして悪かった」

成幸 「あっ、そうだ。本題に戻るけどさ、さっきは俺の目に入ったゴミを小林が取ってくれてただけだからな?」

成幸 「それから、うるかが勘違いしてた、キスマークの件だけど……」

成幸 「あれは、俺の弟妹が寝ぼけてつけただけであって、断じて小林につけられたものじゃないからな」

智波 「……うん。よく考えてみたら、陽真くんと唯我くんがそういう関係なわけないよね」

智波 「バカみたいな勘違いしてたね、わたし。ごめんね……」

成幸 「いや、まぁ……俺は気にしてないからいいよ」

成幸 「ただ、小林とは仲直りしてほしいかな」

智波 「……うん。もし陽真くんが許してくれるなら、わたしも仲直りしたいな」

智波 「だってわたし、やっぱり、陽真くんのことが……」

智波 「……大好き、だから」

ガサッ

陽真 「智波ちゃん!」
357: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:57:21 ID:pNLIM/2k
智波 「へ……? は、陽真くん!? な、なんでそんなところに!?」

うるか 「こ、こばやん。飛び出したら隠れてたのがバレちゃうよー!」

成幸 「うるか!?」

陽真 「ごめん、智波ちゃん! 俺、全然智波ちゃんのこと考えてなくて……!」

陽真 「不安にさせてごめんね? 苦しい思いをさせてごめんね」

智波 「違うの! わたしが、勝手に勘違いして、勝手に嫉妬してただけだから……」

智波 「陽真くんは悪くないよ。こちらこそ、ごめんなさい」

陽真 「俺は気にしてないよ。だから、大丈夫。智波ちゃん、俺のこと許してくれる?」

智波 「許すも何もないよ。陽真くんの方こそ、わたしのこと、嫌いになってない?」

陽真 「嫌いになんてならないよ。俺も、智波ちゃんのこと……」

陽真 「……大好きだよ」

智波 「陽真くん……」

ギュッ

陽真 「……ごめんね、智波ちゃん」

智波 「こちらこそ、ごめんなさい、陽真くん」
358: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:57:57 ID:pNLIM/2k
成幸 (め、目のやり場が……) カァアアアア……

成幸 (お、俺もいるんだから、いきなり抱き合うのはやめてくれよ……)

チョイチョイ

成幸 「ん……? うるか?」

うるか 「しーっ。静かに」

うるか 「……お邪魔虫になっちゃうから、このままこっそり退場しよ?」

成幸 「ああ……」

陽真 「智波ちゃん……」

智波 「陽真くん……」

成幸 「……それもそうだな」

成幸 (……小林が元気になってよかった)

クスッ

成幸 (じゃあな、小林。もう喧嘩すんなよ)
359: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:58:35 ID:pNLIM/2k
………………

うるか 「今日は本当にごめんね! 成幸!」

成幸 「もういいって。うるかばっかりが悪いわけじゃないしさ」

成幸 「ふたりが仲直りしてよかったじゃないか」

うるか 「……うん」


―――― 『だってわたし、やっぱり、陽真くんのことが……大好き、だから』

―――― 『嫌いになんてならないよ。俺も、智波ちゃんのこと……大好きだよ』


うるか 「はうっ……///」

うるか (あのふたりが抱き合ってるのを思い出すと、すごくドキドキする……)

うるか (いつか、あたしも、成幸と……――)

成幸 「――……悪くないんだな、ああいうのって」

うるか 「へ!?」
360: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:59:07 ID:pNLIM/2k
成幸 「いや、さっきの小林と海原を見て思ったんだ」

成幸 「俺は恋愛とかそういうのはよく分からないけどさ、」

成幸 「いいもんだなって、思ったんだ」

うるか (び、びっくりした。あたしの考えてることがバレたのかと思ったよ……)

成幸 「俺もいつか、誰かとああいうこと、するようになるのかな、とか……」

成幸 「あはは、何言ってるんだろうな、俺。恥ずかしいな」

うるか 「………………」

グッ

うるか (……うん。いつか)

うるか (いつか、あたしも……)

うるか 「……きっとなるよ。いつか、成幸も。大切な人を見つけて、大好きになるんだよ」

成幸 「ん……」

成幸 「……はは、なんかそういう風に言われると恥ずかしいな」
361: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 22:59:40 ID:pNLIM/2k
成幸 「……そうだな。いつか、俺も、いつか、そういう風になるんだろうな」

うるか 「ふふふん、ま、がんばんなよー、成幸」

うるか 「がんばんないと、こばやんみたいにはなれないぞー?」

成幸 「わかってるよ。ま、何にせよ受験が終わってからだな」

成幸 「……さて、ヘンなことで時間使ったし、この後挽回しないとだな」

成幸 「ファミレスで勉強でもしてから帰ろうぜ」

うるか 「うん! 行こ行こー!」

うるか (……いつか)

うるか (いつか、成幸が、恋愛をするようになったとき、)

うるか (どうか、その相手が、あたしでありますように)

うるか (成幸が、あたしのことを……)

うるか (大好きになってくれますように)

おわり
362: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 23:00:14 ID:pNLIM/2k
………………幕間1 翌日 「川瀬あゆ子」

智波 「ってことで、心配かけてごめんね! ちゃんと陽真くんと仲直りできたよ!」

あゆ子 「ほー。そりゃ良かった。何よりだよ」

あゆ子 (すっかり明るい顔になっちゃってまぁ……)

うるか 「ほんとごめんね、海っち。あたしがヘンな勘違いしたせいで……」

智波 「いいっていいって。元はといえばわたしが唯我くんにヤキモチ妬いたせなんだから、気にしてないよ」

あゆ子 「勘違い?」

うるか 「あ、いや……恥ずかしい話なんだケド……」

うるか 「成幸とこばやんがキスしてるように見えた、とか……」

うるか 「成幸の身体についてたアザを、こばやんがつけたキスマークだと思った、とか……」

うるか 「あはは、あたし、どうしてそんな勘違いしちゃったんだろうね」

あゆ子 「詳しく」

うるか 「へ?」

あゆ子 「それ、もっと詳しく教えなさい、うるか」
363: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 23:00:47 ID:pNLIM/2k
………………幕間2 「古橋文乃」

うるか 「……ってことがあってさ。昨日は大変だったんだよ」

文乃 「詳しく」

うるか 「へ?」

文乃 「それもっと詳しく教えて。特に、成幸くんと小林くんの目にゴミのくだりとか」

うるか 「ど、どしたん、文乃っち? なんか川っちも同じようなこと言ってたけど……」

文乃 「当然だよ。だって……」

文乃 「お耽美が嫌いな女の子なんていないんだから!」

バーン

理珠 (お耽美……?)

うるか (お耽美ってなんだろ……?)

おわり
364: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/09(日) 23:04:58 ID:pNLIM/2k
>>1です。
読んでくださった方、ありがとうございました。


問72~76の間だと思ってもらえれば幸いです。

小林くんも海原さんもすごくニュートラルな子たちなので、
実際こんなことが起きてもここまでこじれないとは思います。
それから、幕間で川瀬さんと古橋さんに勝手に余計なキャラ付けをしてしまいました。
申し訳ないことです。

また投下します。
367: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/11(火) 00:41:11 ID:ZwxQdVUY
原作でも小林って成幸大好きだし、海原さんに色々ノロケてそう

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年02月13日

    あたしそういうの嫌いじゃないから!

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング