FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 15:37:02.16 ID:O81sAvcL0
まどか「わ、私が言いました…」ガクガク

マミ「知ってるわよ!」

まどか「ひえー!」

マミ「どさくさに紛れて言ったらバレないとでも思ったの!?」

まどか「ひ、ひえー!」

マミ「小声で聞こえないように言ったつもりなんでしょうけどちゃんとハッキリ聞こえたわ!」

まどか「マミさんごめんなさい…マミさんごめんなさい…」ポロポロ

マミ「…今回は許すけど二度とこういうこと言っちゃダメよ?」

まどか「はい!」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 15:41:49.20 ID:O81sAvcL0
さやか「ま、待ってください!」

マミ「何!?」

さやか「わ、私も言いました…」ガクガク

マミ「知ってるわよ!」

さやか「ひえー!」

マミ「裏声で言ったらバレないとでも思ったの!?」

さやか「ひ、ひえー!」

マミ「誰の声かわからないようにしたつもりなんでしょうけど、他のみんなの声は普通だったから1人だけ浮いててすぐにわかったわ!」

さやか「マミさんごめんなさい…マミさんごめんなさい…」ポロポロ

マミ「…今回は許すけど二度とこういうこと言っちゃダメよ?」

さやか「はい!」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 15:50:03.82 ID:O81sAvcL0
杏子「ま、待ってくれ!」

マミ「何!?」

杏子「じ、実は…私も言ったんだ…!」ガクガク

マミ「知ってるわよ!」

杏子「ひえー!」

マミ「早口言葉風に言ったらバレないとでも思ったの!?」

杏子「ひ、ひえー!」

マミ「みんな1回しか言わなかったのにあなただけ噛まずに3回言えるまで言い続けてたからすぐにわかったわ!」

杏子「マミさんごめんなさい…マミさんごめんなさい…」ポロポロ

マミ「…今回は許すけど二度とこういうこと言っちゃダメよ?」

杏子「はい!」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 15:55:27.26 ID:O81sAvcL0
ほむら「ま、待って!」

マミ「何!?」

ほむら「あなたは知らないでしょうけど…実は私も言ったの…!」ガクガク

マミ「知ってるわよ!」

ほむら「ひえー!」

マミ「私の目を見ながら大きな声ではっきりと言ったらバレないとでも思ったの!?」

ほむら「ひ、ひえー!」

マミ「本当にバレないと思ったの!?本当に!?あなたちょっとおかしいわよ!…あっ!ねえ今なんでニヤニヤしたの!?」

ほむら「金髪豚野郎ごめんなさい…金髪豚野郎ごめんなさい…」ポロポロ

マミ「ダメよ!あなただけは絶対に許さないわ!」

ほむら「そんな!」

まどか「金髪豚野郎」ボソッ

さやか「金髪豚野郎(裏声)」

杏子「金髪豚野郎金髪豚野郎キパンツブ……」

マミ「ちょっと!今金髪豚野郎って言ったの誰!?」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 15:55:56.75 ID:O81sAvcL0
おわり
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 15:57:57.90 ID:Fu4SATMi0
あれ? QBさんは無いのか

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年01月17日

    金髪豚野郎といえばインギー

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング