FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:32:03.16 ID:R9Dv3nBD0
桐乃「私には生でするのに」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:38:32.41 ID:R9Dv3nBD0
京介「何やってんだ、桐乃」

桐乃「ゴミ漁り…」

京介「はぁ?」

桐乃「ねぇ?なんでこんなに使ったゴムが出て来る訳?」

京介「なんだよ、お前もゴム付けた方がいいのか?」

桐乃「ち、違うし!私以外の誰としてんのか聞いてるに決まってんでしょ!?」

京介「誰とって…」

京介「俺の部屋に来た女とはだいたい…」

桐乃「…………」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:43:34.69 ID:R9Dv3nBD0
桐乃「そいつらとはゴム付けるんだ…」

京介「流石に妊娠させちゃ可哀相だからな」

桐乃「わ、私だって妊娠するわよ!?」

京介「うん」

京介「だって桐乃、俺の子供生みたいって言ってたから」

桐乃「ば、バッカじゃないの!!」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:50:15.80 ID:R9Dv3nBD0
京介「なんだよ…。する度いつも『な、中に出して、妊娠させてぇ!兄貴の子供が欲しいのぉ!』てか言ってるだろ、お前」

桐乃「は、はぁ?私がそんな事言う訳ないし!エロゲーのやり過ぎで幻聴聞いてんじゃないの!?」

京介「そうかぁ…?」

桐乃「そうよ!」

京介「……わかった。次からは桐乃とする時もゴムつけるよ」

桐乃「ふん!常識よ、常識」

京介「桐乃と生でするの、最高に気持ちよかったのになぁ………」

桐乃「………」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:57:01.90 ID:R9Dv3nBD0
翌日

<ギシギシ、アンアン!

桐乃(今日はあやせか…)

桐乃(昨日も私とあの後3時間はしてたのに、猿みたいによくやるわね…)

桐乃(…………)

桐乃(疲れたし、今日は混ざらないで寝よう)

<ン…イッパイデマシタネ

<アヤセガカワイスギルカラナ

<スグニデモマタイケルゼ?

<ア、チョットマッテテクダサイ

桐乃(?)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:03:23.60 ID:R9Dv3nBD0
<トン、トン

あやせ「桐乃、起きてる?」

桐乃「あやせ?」

あやせ「あ、起きてた。入るね、桐乃」

<ガチャッ

桐乃「どうしたのよ?今日は私、調子悪いから、混ざらないからね」

あやせ「そうなの?それじゃあ、お兄さんの精液は私が一人占めがしちゃうよ?」

桐乃「……?」

あやせ「ほら見て。今日のお兄さん、私に容赦なく種付けしてくれたよ?」トロ…

桐乃「なっ!あんた、生でやったの?」

あやせ「だって、桐乃が生でさせてくれなくなったから、お兄さん寂しそうだったから…」

あやせ「生でさせてあげたら、私が一番好きって言ってくれたし」ニコッ

桐乃「…………」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:10:15.78 ID:R9Dv3nBD0
別の日

沙織「京介氏が中出し好き?」

桐乃「この前まで私が生でさせてたんだけど、いい加減ヤバイからやめさせたのよ」

桐乃「そしたら、その次の日には他の子に中で出してて…」

黒猫「はぁ…。兄さんも男の本能には抗えなかったようね……」

桐乃「中出しなんて、危ないだけで気持ちよさはゴムとそんなに変わらないじゃない!」

沙織「ふふん、青いでござるな…」

黒猫「そうね。貴女はまだ男という物が理解できていないわ」

桐乃「はぁ?」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:15:11.76 ID:R9Dv3nBD0


沙織「京介氏。こんばんはでござる!」

黒猫「お邪魔するわ」

桐乃「………」

京介「おお、いらっしゃい。三人揃ってうちに来るなんて久しぶりだな」

沙織「ああ、今日は皆でスマブラでもやろうかと思いまして」

京介「ふ…いいのか?俺のドンキーがステージを揺らすぜ?」

黒猫「やめなさいよ…」

桐乃「………」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:22:50.09 ID:R9Dv3nBD0
夜も更けて

沙織「ま、また道連れ…」
京介「一生離さないぜ、沙織…」ギュッ

沙織「ぐぎぎ…。怒るに怒れないでござる…!」ワナワナ

黒猫「二人揃って最下位よ。さっさと服を脱ぎなさい」

京介「最後までありがとな、マイソックス…」ヌギヌギ

沙織「あ、あの、拙者もう脱ぐ服が…」

黒猫「眼鏡があるじゃない」

沙織「あう、承知したでござる…」カチャッ

京介「沙織。敗者同士、暖めあおうぜ…」スッ


沙織「ん…、京介さん…」ギュッ

桐乃「暖房効いてるんだから寒い訳ないでしょうに…!」イライラ
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:31:00.22 ID:R9Dv3nBD0
黒猫「今度は私が最下位ね…」ヌギヌギ

桐乃「あんた、今わざと…!」

黒猫「失礼ね。ちょっとコマンドミスしただけじゃない」ヌギヌギ

黒猫「さて、遂に私も服がなくなってしまった訳だけど…」

<サオリ…!ナカデダシチマウゾ!

<ンッ!ハ、ハイ!オネガイシマス…!!

<アッー!

黒猫「………寒いし、あちらに混ざってくるわ」

黒猫「貴女は?」

桐乃「………生でするんでしょ?」

黒猫「そうね。きっと中に散々出されるわ」

桐乃「…………行かない」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:34:59.03 ID:R9Dv3nBD0
翌日

桐乃(3Pになるといつもは一人に二回ずつしか出さない兄貴が、昨日は四回も出していた)

桐乃(やっぱり、生でしないと兄貴は満足しないのかな…)

桐乃(今日、兄貴に聞いてみよう)

桐乃(それで、もし生の方がいいって言うなら、私は…)
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:38:39.30 ID:b5ndZreuO
12回……だと…!?
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:39:54.95 ID:z2TexxzZO
>>59
8回だろ
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:42:44.26 ID:R9Dv3nBD0
お風呂

京介「~♪」

<ガラガラッ

桐乃「……兄貴」

京介「桐乃か。また髪の毛洗うの手伝って欲しいのか?」

桐乃「ううん、そうじゃなくて」

桐乃「………」

京介「うん?」

桐乃「と、とりあえず、兄貴のこれ、綺麗にしてあげる!」

京介「あ、ああ。頼む」

桐乃(………つい癖でフェラ始めちゃった)ヂュプッジュポッ

京介「んく…!相変わらずエロい顔でちんこしゃぶるな、桐乃は」ナデナデ

桐乃(…………兄貴嬉しそうだし、後で聞こう)ヂュッズズッ
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:49:29.82 ID:R9Dv3nBD0
――――
―――
――

<チャポンッ

京介「あ゛ー。いい湯だなー」

桐乃「………おっさんみたい」

京介「風呂ぐらいいいだろ?ほら、桐乃も肩まで浸かれよ」

桐乃「だ、だって、狭いしっ」

京介「こっち詰めればいいだろ。ほれっ」グイッ

桐乃「あっ…」

桐乃「………エロ兄貴。また硬くなってるじゃない」

桐乃「さっき私に盛大にぶっかけた癖に…」

京介「はは、悪い。桐乃とくっついてると、どうしてもさ」

桐乃「………ばか」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:54:31.92 ID:R9Dv3nBD0
京介「…………」

桐乃「…………」

桐乃「ねぇ」

京介「うん?」

桐乃「兄貴はさ…」

桐乃「私とか、他の女の子と比べてさ」

京介「うん」

桐乃「………生でさせてくれる女の子の方がいいの?」

京介「んー………」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:58:23.27 ID:R9Dv3nBD0
京介「別に、どっちだっていいんだよ」

桐乃「…嘘でしょ?あやせと生でした時、あやせが一番だって」

京介「あれはまぁ、雰囲気で…」

京介「ただ、生でできた方が確かに興奮するし、嬉しいのはあるな」

桐乃「ふーん…嬉しいんだ」

桐乃「……じゃあさ」

桐乃「私がまた生でいいって言ったら?」

京介「………」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:07:32.54 ID:R9Dv3nBD0
桐乃(その日、お風呂から出た私は、身体を拭くのもそこそこに、兄貴に抱えられ、せっかく用意した着替えも無視して、兄貴の部屋に連れていかれた)

桐乃(ベッドで私に覆い被さる兄貴は凄く興奮してて怖かったけど、私が脚を開いて、いいよ、と言うだけで、兄貴は私だけに夢中になってくれた)

桐乃(最初はまるで猛獣のように犯されて、泣きそうになったけど、一度射精すると、今度は優しく抱きしめて、いっぱいキスをして)

桐乃(空が白むまで、兄貴と繋がり合って、愛し合えた)

桐乃(射精する度に私の中に残る精液が、愛の証みたいで)

桐乃(やっぱり、私も生が一番好きみたいです。まる!)
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:08:14.76 ID:2xep30/k0
おしまい
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:08:53.85 ID:R9Dv3nBD0
賢者化してしまった。

書き足りないけど、とりあえずこれで終わり!
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:15:28.78 ID:ur44knpm0
抜いてんじゃねぇよ!

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング