FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:40:57.04 ID:uDgquUeoo
アイドルマスターシンデレラガールズ×シャイニーカラーズのSSです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1545414056
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:41:53.41 ID:uDgquUeo0
恋鐘「かーっ!見んね響子!卑しか!四つ葉のクローバーを渡してPの気を引こうなんてばり卑しか女たい!」

響子「はい!とっても卑しいです!」

恋鐘「こげな卑しか行為は見逃せんとよ!行くけん響子!」

響子「はい!取り締まっちゃいましょう!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:42:32.06 ID:uDgquUeo0
恋鐘「よし!今回も完璧やね!」

響子「はい!見事な取り締まりでした!」

恋鐘「ウチら卑しか警察の目的はただ一つたい!」

響子「はい!事務所の卑しい行動の根絶です! Pさんと私達が結ばれるために、他のアイドル達のPさんに対する卑しい行為を取り締まる、ということです!」

恋鐘「そうたい!そしてPとウチは無事結ばれて…えへへ…」

響子「Pさんが私と…ふふ…」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:45:10.86 ID:uDgquUeo0
まゆ「あの…」

響子「あれ?まゆさんじゃないですか、どうしましたか?」

まゆ「Pさんが他のアイドルと二人きりでいますよぉ」

響子「Pさんが?それは何としても阻止しなければいけません!行きましょう恋鐘さん!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:45:38.44 ID:uDgquUeo0
デレP「美優さん、もうレッスンが終わったなら帰っていいんですよ?」

美優「いえ…まだもう少しここにいたいんです…」

デレP(もしかして、俺を待ってくれてるんだろうか)

美優「ふふっ」

デレP「どうしました?」

美優「今この空間には、貴女と私だけで…とても素敵な時間です…」

デレP「美優さん…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:46:12.61 ID:uDgquUeo0
響子「ぐぬぬぬぬぬ…」

響子「もう!Pさんったら…私以外のアイドルと二人きりなんて…」

響子「それもよりにもよって美優さんと!」

恋鐘「お、落ち着くけん響子!急にどうしたと?」

響子「あの女…美優さんは隙あらばPさんにグイグイ迫る、私にとって一番のライバ…卑しかアイドルなんです!」

恋鐘「それはいかんね!とりあえずこの状況を打開する作戦を授けるたい!」

響子「作戦…?」

恋鐘「そうたい!その名も…『お休みブースト!』」

響子「お休みブースト?」

恋鐘「ウチの勘が正しければ、このあとあの女はPと一緒に帰ろうとするけん、その前に響子があの女を誘って事務所から帰るばい!」

響子「なるほど、分かりました!ありがとうございます!恋鐘さん!」

恋鐘「がんばるけん!響子!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:46:56.09 ID:uDgquUeo0
美優「………………」すーはー

美優(よし!)

美優「Pさん…このあと…お時間ありますか?」

美優「もしよかったら、私と一緒に―」

響子「ちょーっと待ったー!」

デレP「うわっ響子!?いたのか!?」

美優「………………………………………………」

響子「美優さん、まだ帰ってなかったんですか?だったら私と一緒に帰りましょう!」

美優「………………………………………………」

デレP「そうだな!美優さんと一緒なら響子も安心だな!」

デレP「美優さん、もし良かったら響子を寮まで送り届けてやってくれませんか?」

美優「貴方の…お願いなら…」

響子「せっかくですし、少し『話し合い』ませんか?」ゴゴゴゴゴ

美優「はい、私もちょっと『お話』したいと思ってました…」ゴゴゴゴゴ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:47:32.38 ID:uDgquUeo0
響子「なんとか阻止できました!」

恋鐘「やったけん響子!」

響子「はい!恋鐘さんに教えていただいた作戦のおかげです!」


凛世「あの…」

恋鐘「ん?どしたん?」

凛世「千雪さんがPさんと手を繋いでいるんですが…」

恋鐘「かーっ!本当にあの卑しか女は…!」

響子「うわっ!びっくりしました…」

恋鐘「おっと、ウチとしたことがつい…」

恋鐘「ただあの女は本当に油断ならん女ばい…」

恋鐘「いつもいつも何かとPといちゃいちゃいちゃいちゃ…」

恋鐘「卑しかーっ!行くけん響子!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:48:21.40 ID:uDgquUeo0
シャニP「本当にごめんな?千雪」

シャニP「今週はボーカルレッスンがしたいって約束だったのに…他のアイドルの先約が入ってたんだ」

千雪「ふふっ、いいんですよPさん」

千雪「仕方のないことですし、Pさんが悪い訳じゃないですよ」

シャニP「でも…」

千雪「なら、指切りをしましょう?」

シャニP「指切り?」

千雪「今度は、私とPさんの約束が叶う、おまじないです…」

千雪「Pさん、手を…」ぎゅっ
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:49:06.24 ID:uDgquUeo0
恋鐘「むぐぐぐぐぐ…」

響子(恋鐘さんが普段は見せないようなものすごい顔をしている)

恋鐘「かーっ!卑しか!見んね響子!!」

恋鐘「きっとこの後『もう少しこのまま握ってていいですか…?わぁ♪ありがとうございます…Pさんの手…暖かいです…ずっとこうしていたいです…』とか言ってずっとPの手を握ってるつもりたい!かー卑しかーっ!」

響子「長っ!そしてやけに具体的!恋鐘さんの願望ですか?」

恋鐘「こうなったら作戦『約束リカバー』で対抗するばい!」

響子「約束リカバー?」

恋鐘「そうたい!あの女との約束を守れなかったPのフォローをウチが行い、Pからの好感度アップ!完璧やね!」

恋鐘「じゃあ行ってくるけん!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:49:35.11 ID:uDgquUeo0
シャニP「千雪…」

千雪「Pさん…」



恋鐘「ちょーっと待つたい!」

シャニP「うわっ!恋鐘!?」

千雪「きゃっ!?」

恋鐘「Pは千雪との約束を破ってしまったと?けどそれは仕方なか!」

恋鐘「Pが悪くないことはよーくわかっとるとよ!ウチが一番Pのことを分かっとるけん!」

千雪「……………」イラッ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:50:17.94 ID:uDgquUeo0
響子「ふー、なんとかお互い阻止しましたね」

恋鐘「今回はなんとかなったとよ…でも…」

響子「はい…美優さんも…千雪さんも強敵ですね…」

恋鐘「あの二人…ちょっとやそっとじゃ図れない卑しか力たい…何かウチらにもあの二人に対抗できる武器が必要たい…」

響子「武器…」じー

恋鐘「なんね響子、ウチの胸ジロジロ見て」

響子「いえ、その胸は立派な武器ではないですか…?」

恋鐘「こげなもん大きくてもジロジロ見られるだけでなんもいいことなか!」

響子「でも283のプロデューさんは大きい胸の女の人が好きだって言ってましたよっ」

恋鐘「すごかろー?」

響子「わあ…すごい変わり身の早さ…」

恋鐘「でもそれだったら響子のほうが問題たい…」

恋鐘「何かウチらに共通の武器…」

響子「うーん…」

恋鐘「そうだ!料理たい!」

響子「いいですね!私達の武器は料理!」

恋鐘「Pを掴むには…」

響子「まず胃袋から!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:50:57.75 ID:uDgquUeo0
---------そして-------------

デレP「これ…響子が作ってきてくれたのか?」

響子「はい!私からPさんに…です!」

デレP「ありがとう響子、とっても嬉しいよ」

響子「えへへ…///」






美優「……………」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:51:28.99 ID:uDgquUeo0
シャニP「恋鐘が俺に手作りのお弁当を?」

恋鐘「そうたい!」

シャニP「ありがとう恋鐘、今度呼ぶタクシーは高級車にしとくからな」

恋鐘「またタクシー!?」

シャニP「ははは、冗談だって、ありがとな…」なでなで

恋鐘「あ…えへへ…///」





千雪「……………」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:52:03.39 ID:uDgquUeo0
恋鐘「やったばーい!」

響子「やりました!」

恋鐘「ばんざーい!」

響子「恋鐘さん!ハイタッチです!」

恋鐘&響子「イエーイ!」

響子「恋鐘さん!283のPさんとお幸せに!」

恋鐘「響子こそ、他の女に渡したらいかんよ!」




まゆ「大変ですよぉ」

凛世「プロデューサー様が…」

恋鐘&響子「……………え?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:52:39.75 ID:uDgquUeo0
美優「Pさん…スーツのボタンがほつれてますよ…」

デレP「え…あ、本当だ」

美優「私が直します…さ、こちらへ…」

美優「あ、脱がなくてもいいですよ…そのままで…」ぴとっ

デレP「美優さん!?」

美優「Pさんは動かないでください…このままPさんが着てる上から、直しますので…」

デレP(ち、近い…さっきから色んなところが美優さんと当たって…)

美優「うーんなんだか難しいですね…もっとPさんと密着しないと…」ぎゅっ

デレP「ちょ…あの、美優さん」

美優「いつだって貴方の傍にいたい…」ぼそっ

デレP「ん?何か言いましたか?」

美優「いえ…」ぎゅうう
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:53:08.71 ID:uDgquUeo0
千雪「Pさん、私Pさんにお守りを作ってきたんです」

シャニP「千雪…いいのか?」

千雪「はい♪このお守りは私のとお揃いになってて…」

千雪「Pさんと私が、ずっと一緒にいられますようにって願いが込められてるんです」

シャニP「千雪…」

千雪「Pさん、これからも…ずっとずっと一緒ですよ…?」

シャニP「ああ、俺はずっと千雪の傍にいる」

千雪「Pさん…」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:54:06.01 ID:uDgquUeo0
響子「ぐぬぬぬぬぬ…」ギリギリ

恋鐘「むぐぐぐぐぐ…」ギリギリ


美優「Pさん…」ぎゅううう

千雪&プロデューサー「………………」


恋鐘「本当に…」

響子「本当に…」

恋鐘&響子「卑しか女たい!」「卑しか女です!」



おわり
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 02:55:02.82 ID:uDgquUeo0
なぜかいきなりラスボス戦となってしまいました
この二人のライバルなので出さないわけにはいかなかったので
なぜ違う事務所なのにそれぞれのPやこのが二人が同じ場所にいるのとかそういう部分については目をつぶっていただけると…
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/22(土) 03:55:01.82 ID:tOVHTSZB0
むしろ何故まゆと凛世はこの二人に協力しているのか…

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング