FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 01:53:45.03 ID:Wf4n0yt30
上条「金欠だ・・・それはいつものことだが、今月は特に辛い。
もう1週間まともに食べてない。不幸だ・・・」

上条「何か売って金に換えるしか・・といっても金目の物ってそんなにないし。
   あるといえばテレビか。いやさすがにテレビは・・・」

上条「・・・でも死ぬよりマシか、さっそく質屋にでも・・ヨイショっと」

禁書「とーま、何してるの?」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 01:55:48.30 ID:Wf4n0yt30
上条「あっいや、テレビを売ろうかと思って」

禁書「そんなのダメなんだよ!とーまが家にいない間あたしの唯一の楽しみなんだよ!
   それを奪うなんて酷いんじゃないのかな」

上条「でも飯食わないと生きていけないし、インデックスだって腹減ったままは嫌だろ?」

禁書「あたしは毎日しっかり食べてるから大丈夫なんだよ。そんなの心配してくれなくていいんだよ」
   
上条「・・・」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 01:57:38.25 ID:Wf4n0yt30
禁書「とーま、そんなことより朝ごはんまだかな?お腹すいたんだよ」

上条「だから冷蔵庫にも食材がなくて・・・」

禁書「ないなら買いにいけばいいんだよ」

上条「・・・」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:00:09.64 ID:Wf4n0yt30
上条「とりあえずコンビニに着いたけど・・財布に入ってるのは・・・108円・・
まぁパンひとつなら買えるか、食べるのはインデックスになりそうだけど・・」

美琴「よっ何してるの?」

上条「なんだビリビリか・・」
美琴「その呼び方やめてよね。あんたは朝ごはん買いにきたの?」

上条「ああ、まぁな」

美琴「なんか元気ないわね、それに顔色悪いわよ」

上条「そうか?ここ最近食事とってないからかな・・・」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:02:40.13 ID:Wf4n0yt30
美琴「そうなの?じゃあパンなんかよりもっと栄養価高いものの方がいいんじゃない?」

上条「それが無理なんですよ・・」

美琴「無理って・・このままじゃ倒れるわよ!
朝ごはん食べるならちょうどよかった。これから一緒に食べない?」

上条「悪いな、上条さんはこのパンをシスターのもとへ届けなければならないんです
   そういうことだから、またな」

美琴「ちょっと待ちなさいよ!ねえってば!」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:04:23.65 ID:Wf4n0yt30
ガチャッ
上条「インデックス、買ってきたぞ」

禁書「とーま、遅いんだよ。待ちくたびれてお腹と背中がくっつきそうなんだよ」

上条「ごめんな」

禁書「あれっパンだけ?」

上条「ああ、それしか売ってなかったんだ」

禁書「ふーん」ムシャムシャ

上条「なぁ、インデックス」

禁書「なーに、とーま?」ムシャムシャ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:05:45.94 ID:Wf4n0yt30
上条「俺を見て何か思うことはないか?」

禁書「?」ムシャムシャ

上条「たとえば体調悪そうだな。とか・・」

禁書「そういえば最近のとーまは元気ないかも」ムシャムシャ、ゴックン

上条「ああ、その原因は何だか分かるか?」

禁書「よく分かんないけど、しっかり食べてよく寝るといいんだよ」
   とーまが学校休んで家で寝ていてくれるとインデックスも退屈しないですむんだよ」

上条「・・・」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:07:04.77 ID:Wf4n0yt30
禁書「とーま、どこ行くの?」

上条「ちょっと用事があるんだ」

禁書「お昼ごはんまでには帰ってくるんだよ」

上条「・・・ああ・・」バタン
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:08:04.58 ID:Wf4n0yt30
上条「・・・はぁ、腹減ったな・・残金3円か・・・もうすぐ死ぬな・・」

美琴「あっ見つけたわよ!」

上条「・・なんだビリビリか・・悪いがあなたの相手できるほど上条さんは元気じゃないのです」

美琴「違うわよ!はい」サッ

上条「んっ?これは?」

美琴「お弁当よお弁当。あんたが何も食べてないって言うから作ってあげたのよ」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:08:59.41 ID:OF1rGzsc0
ビリビリまじ天使
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:09:48.92 ID:xC0F3dWOO
ビリビリが可愛すぎて呼吸するのが辛い
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:09:59.10 ID:Wf4n0yt30
上条「わざわざ俺のために・・上条さんは泣きそうです」グスン

美琴「それくらいで泣かないでよ。あそこのベンチに座りましょ」

美琴「どう?おいしい?急いで簡単に作ったから豪華じゃないけど」

上条「ああ、すごく美味いよ。最高のごちそうだよ」ムシャムシャ
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:10:42.50 ID:Wf4n0yt30
美琴「よかったぁ。喜んでもらえて嬉しい」///

上条「ん?おまえも嬉しいのか?」ムシャムシャ

美琴「ち、違うわよ!あまりものの食材が無駄にならずによかったってことよ!」///

上条「あまりもの?でもわざわざ作ったって言ってなかったか?」ムシャムシャ

美琴「い、言ってないわよ!」///
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:13:51.00 ID:OnO5WTmz0
ビリビリ可愛いな
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:14:05.30 ID:Wf4n0yt30
美琴「それより何で食事抜いてたの?ダイエットってわけじゃなさそうだし」

上条「それにはふか~い訳があるんです」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「----------ということなんだ」

美琴「・・・」

上条「あれっ御坂さん?」

美琴「あんたが女の子と同棲してただなんて・・・」

上条「違うぞ、決してそんな関係じゃなくて・・・アイツは居候みたいな感じで
   寝るとき俺は風呂場だしさ」
28: >>26今日は2時半くらいかも 2011/02/03(木) 02:16:52.05 ID:Wf4n0yt30
美琴「あんたの家なのに肩身狭いのね。何か可哀そうになってきた、しかも食事もまともに取れないなんて・・・」

上条「ハハハ、確かにどっちが家主かわからないな。

上条「ごちそう様。弁当ありがとな、すごく美味しかったよ。
   なんか嬉しそうだな」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:17:49.95 ID:Wf4n0yt30
美琴「へへへ、おいしいって言ってくれて全部食べてくれるんだもん、こちらこそありがとう」

上条「・・・」ジィー

美琴「な、何よ!黙って見つめてこないでよ!」///

上条「いやぁ、こんなことでありがとうなんて言われると思ってなかったからさ」

美琴「えっ?」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:19:37.51 ID:Wf4n0yt30
上条「アイツは常に一緒にいるがそんな言葉もらったことがない・・・
   それに俺の体調の変化にも気付いてくれなかった」

上条「だけど、おまえは気付いてくれた。心配して弁当まで作ってくれた」

美琴「・・・」

上条「じゃあな、アイツ待ってるし帰るわ」

美琴「ちょっと、これからどうするの?」

上条「そうだな、インデックスはしばらくの間知り合いに預けることにするよ
   俺と一緒にいたら飢え死にしそうだしな」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:20:55.63 ID:Wf4n0yt30
美琴「あんたはどうすんのよ?」

上条「俺は何とかなるよ。今めちゃくちゃ美味しい弁当食べたし、しばらくは大丈夫だ」

美琴「・・・」

上条「そんな心配そうな顔すんなよ。おまえのおかげで元気でたし
   それにおまえは笑ってたり照れたりしてる顔のほうが可愛いぞ」

美琴「!!!」///

上条「じゃあ、またな」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:22:10.93 ID:Wf4n0yt30
上条「インデックスはステイルに預けたから大丈夫として
   俺はどうしよう・・・さすがに何も食わず過ごすのもな・・」

ピンポーン

上条「はい?」ガチャ

美琴「よっと、入るわよ」ズカズカ、ドサッ

上条「なんだいきなり、それにその荷物」

美琴「あんたにご飯作ってあげようと思って買ってきたの」

上条「俺のために作ってくれるのか?」

美琴「うん、すぐ作るから待ってて」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:23:37.78 ID:Wf4n0yt30
上条「ああ・・食事だ。目の前にご飯がぁ」ウルウル

美琴「そんなに飢えてるの?」

上条「目の前に料理が並ぶなんて夢のようです」

美琴「喜んでくれるのは嬉しいけど、そんなたいしたものじゃないわよ」

上条「そんなことないぞ、立派なごちそうだ。それに御坂の料理はおいしいし
   あと・・その気持ちが嬉しい」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:25:10.54 ID:Wf4n0yt30
上条「ごちそう様でした!二度も飯ごちそうになるとは、御坂さんが天使にみえます」

美琴「あんまり料理って得意じゃないんだけどね、あんたは素直に喜んでくれるから嬉しい」

上条「ああ、これなら毎日食べたいくらいだ」

美琴「ちょっと何言ってんのよ/// はい、お茶」ソッ

上条「一緒に暮らしてるのがおまえだったら良いのにな」

美琴「えっ」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:28:24.83 ID:Wf4n0yt30
上条「いやっ変な意味じゃないぞ!飯を作ってもらえるからとかじゃなくて
   なんか優しさが心地良いというか、安心するというか」

美琴「わ、私もあんたといるt

ガチャ
禁書「とーま、帰ってきたんだよー。
・・・・・」

上条「お、おうインデックス、何でここに?しばらくは帰ってこないはずじゃ」

禁書「とーまのこと心配して帰ってきたんだけど・・これはどういうことかな?
   あたしを追い出したのも短髪とイチャイチャするのが目的だったのかな?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:29:37.58 ID:Wf4n0yt30
上条「違うんだ、これにはふか~い訳がありまして」

禁書「言い訳なんか聞きたくないんだよ!しっかりご飯まで食べて!」キラッ

上条「イ、インデックスさん・・・?」

御坂「元はと言えばあんたg

禁書「これはあたしととーまの問題なんだよ!部外者は黙っててほしいかも」

美琴「ッ!」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:31:20.70 ID:Wf4n0yt30
上条「わ、わかったからインデックス落ち着け。おまえを除け者にするつもりはなかったんだ、ごめんな。
   わるいけど御坂も今日のとこは・・・」

美琴「そう・・・」スタスタスタ

上条「わるいな。もう暗くなってきてるし寮まで送るよ」

美琴「・・・いい・・・」

上条「いやっでも・・飯まで作ってもらってそれじゃ・・・」

美琴「いいって言ってるでしょ!」バタン
270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 16:57:31.94 ID:Wf4n0yt30
スタスタスタ
美琴「あっ・・・」

上条「おう、昨日は悪かったな。ごちそうになったのにあんな感じで帰らせちまって。
インデックスも悪気はなかったと思うんだ。ただむきになってっただけで」

美琴「わたしこそゴメン。あんな態度で帰っちゃって・・・」

上条「いいんだよ。誰だってあんな言われ方したら腹も立てるさ」

美琴「・・怒ってた理由はそれだけじゃないもん・・・」ボソッ

上条「ん?何か言ったか?」
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 16:58:32.60 ID:Wf4n0yt30
美琴「何も言ってないわよ!それより、はいこれ」サッ

上条「これって・・弁当?また作ってくれたのか?」

美琴「うん、どうせお昼ご飯食べるものないんでしょ?」

上条「昨日の今日だからもう食べれないものだと・・・
   それをわざわざ俺のために」

美琴「ち、違うわよ!家庭科の宿題でお弁当をつくることになってたのよ。
   だからそのついでよ、ついで!」
276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 16:59:21.89 ID:Wf4n0yt30
上条「常盤台ってそんな宿題あるのか?」

美琴「うちの学校変わってるからね、ハハハ」

黒子「おねーさま!」ダキッ

美琴「ちょっと黒子!いきなり抱きつくなってっ言ってんでしょ!」バシッ

黒子「朝早く起きていなくなったらと思ったら、こんなとこで殿方と密会なさってるとは
   これはどういうことですの?」ギッ
277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:00:04.10 ID:Wf4n0yt30
上条「いや、家庭科の宿題で作った弁当のおこぼれをもらっただけでして・・」

黒子「宿題でお弁当?うちの学校にそんなものあるわk
ガシッ
美琴「アハハ、黒子ったら何言ってんのかしらね~」ガシ

黒子「ンーンー」モゴモゴ

上条「?」

上条「じゃ、じゃあ俺先に行くな、ありがとう。またな」スタスタ

美琴「ああ、うん」

黒子「ンーンー」モゴモゴ
279: >>278 2011/02/03(木) 17:01:38.88 ID:Wf4n0yt30
上条「おーい御坂~」

美琴「えっ、どうして寮の前にいるのよ」

上条「弁当箱返そうと思ってさ。ありがとな、今日のもすっげえうまかったぞ」

美琴「そ、そう?/// 弁当箱なら家まで取りに行ったのに」

上条「そこまではさすがに上条さんも頼めません。
あのさ、これから暇か?」

美琴「まぁ特に用事はないけど・・」

上条「じゃあ、これから飯食いにいかないか?」

美琴「えっ」
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:02:58.09 ID:Wf4n0yt30
上条「やっぱり、寮の規則とか門限で難しいか?」

美琴「いや、それは何とかなるけど・・・」

上条「ああ、金なら心配すんな!ジャーン!」サッ

美琴「なにこれ?」

上条「なんとレストランのチケットです。けっこう高い店のらしいぞ
   しかもこのチケットがあればタダなんだって」

美琴「これどうしたの?」

上条「それはだな------------」
283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:04:16.09 ID:Wf4n0yt30
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子萌「上条ちゃんにこれを差し上げます」

上条「なんですか、これ?」

子萌「レストランのチケットです。かなり有名な三ツ星のお店ですよ」

上条「こんなのもらっていいんですか?」

子萌「先生は用事があって行けないのですよ。だから上条ちゃんにあげます。
ペアチケットだからシスターちゃんとでも行ってください。料金はタダですから」

上条「はぁ、どうもありがとうございます」

子萌「子どもには似合わないお店かも知れませんが、それも社会勉強だと思って楽しんで行ってください。
あくまで学生なのだから調子にのってお酒とか飲んじゃダメですよー」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:05:36.17 ID:Wf4n0yt30
上条「------------ってことなんだ」

美琴「なるほど、それでこのチケットを・・
   でもわたしでいいの?あの子と行ったほうが・・」

上条「インデックスなら大丈夫だ。また預かってもらった、それに見張りも二人に増えたみたいだ
   それに美琴にしてもらってばっかじゃ悪いしな、せめてものお礼だよ」

美琴「!・・そう、じゃぁ行こうかな・・」///ドキドキ

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:08:44.53 ID:Wf4n0yt30
上条「・・・・不幸だ・・まさか今日に限って休みだなんて・・・」ガックシ

美琴「ま、まぁしょうがないわよ。それにチケットの期限まだあるみたいだし、また行けば」

上条「すまない・・・またこうして御坂さんに食事を作ってもらうことになるとは・・」

美琴「いいのよ、わたしも好きでやってんだから」

上条「今度また一緒に行こうな」

美琴「行っていいの?」

上条「ああ、これは美琴と行くって決めたから」

美琴「そう、はいできたわよ」///
295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:11:07.62 ID:Wf4n0yt30
上条「ごちそうさま、結局またごちそうになったわけで・・
   上条さんは申し訳ないですよ」

美琴「気にしないでってば、それに今度あたしを連れって行ってくれるんでしょ。
   それよりさ・・昨日一緒に暮らしてるのがわたしだったらって言ってたでしょ?」

上条「ああ」

美琴「一緒に暮らすわけにはいかないけど・・ご飯作りにくるくらいなら、あたしがしてあげてもいいよ・・」///

上条「いいのか?俺としては美琴の料理が食べれるから嬉しいけど」

美琴「うん、わたしも作ってあげたい。///
   あ、あんたに倒れられても困るしね」

上条「そうか、それは助かるよ」

美琴「ねぇ・・と、とうま?」///

上条「ん、なんだ?」

美琴「んん、なんでもない♪」
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:13:29.15 ID:Wf4n0yt30
―それから数日―


舞夏「なるほどなー最近ほっとかれてるわけかー」クルクル

禁書「そうなんだよ。」

舞夏「おまえは上条当麻のことどう思ってるんだ?」

禁書「どうって・・///
とーまとは仲良くやってたつもりだったんだよ。だけど最近は短髪とばっかいるみたいで・・」

舞夏「それで自分が嫌われたんじゃないかと心配になってるわけか。
でも上条当麻はそんなやつじゃないと思うぞ」クルクル

禁書「でも・・・」
300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:14:45.85 ID:Wf4n0yt30
舞夏「日頃の感謝はしてるのか?家に置いてもらって食事ももらって上条当麻に甘えてたんじゃないのか?
   メイドもそうだが感謝の心は大切なんだぞ」クルクル

禁書「いちおう感謝はしてるんだよ」

舞夏「思ってても相手に伝わらないと意味ないしなぁ」クルクル

舞夏「御坂は口ではあんなだけど素直なとこもあるんだぞー。
   それに見た目に出るから分かりやすいしな、分からないやつもいるみたいだが」クルクル
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:16:06.37 ID:Wf4n0yt30
舞夏「おまえも何か想いが伝わるように行動したらどうだ?」クルクル

禁書「何かって言われても・・何も思いつかないんだよ」

舞夏「じゃあ、おまえも料理を作ればいいんじゃないか?」クルクル

禁書「あたしは修行中の身でまだ料理とかはそういうのは得意じゃないんだよ」

舞夏「私もメイド見習いだが料理は得意だぞ」クルクル

禁書「ぅ~」ムゥ
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:16:59.79 ID:Wf4n0yt30
舞夏「味や見た目も大事だが気持ちっていうのが大事なんじゃないか?
   どんな高級な料理でも心がこもってる料理にはかなわないと思うぞ」クルクル

禁書「むぅ~」

舞夏「そうだな、少しくらいなら教えてやってもいいぞ」クルクル

禁書「ほんと?」パァ

舞夏「ああ、でも作るときは自分一人の力で作るんだぞ」クルクル
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:18:34.34 ID:Wf4n0yt30
カチャッ
上条「うわっなんだこれ!」

禁書「おかえり、とーま」パァ

上条「インデックスさん?これは何ですか、台所がめちゃくちゃじゃないですか」

禁書「とーまのために作ったんだよ」

上条「作ったって・・これを・・・ですか?」

ドヨーン

禁書「そうだよ。一生懸命作ったんだよ」フンス

上条「はぁ」

禁書「その顔は信用してないね。おいしそうだと思ってないね」

上条「いやあのハハハ・・・」
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:19:52.83 ID:Wf4n0yt30
禁書「ともかく食べてほしいんだよ」

上条「はぁ、いただきます・・」パクツ

上条「・・・・・」モグモグ

禁書「どうかな?」

上条「うん、おいしいぞ!見た目はアレだけど味は間違いない」

禁書「ホント?」パァ
313: >>310少しだけ 2011/02/03(木) 17:21:41.06 ID:Wf4n0yt30
美琴「今日は何作ってあげようかな~♪当麻ったら何作っても喜ぶからな~♪
   なんかこれって新婚生活みたいじゃない」デレデレ
フフン~♪
美琴「笑い声?」
カチャッ ジッー
上条「まさかインデックスから料理が出るとわなー」

禁書「シスターたるものこれくらい当然なんだよ」フンス

禁書「ねぇとーま喜んでくれた?感謝の気持ち伝わった?」

上条「ああ、すっげえ伝わった、ありがとなインデックス」

禁書「フフンッ」パァ

美琴「・・・・・・」
カチャ
美琴「ははは、食材無駄になっちゃったな・・・
   一人で盛り上がってバカみたい・・」グスッ

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 17:22:31.19 ID:hM4R71+m0
ミコト・・・
403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 21:56:22.95 ID:Wf4n0yt30
―次の日の朝―

スタスタスタ

上条「よぉ」

美琴「あ、うん・・・」

上条「なんか元気ないな、大丈夫か?」

美琴「えっ?そ、そう?別にいつもと変わらないわよハハハ」

上条「そうか?ああ昨日はインデックスが飯作ってくれてさ、見た目は悪いけどこれが味はよかったんだよ、
   でもその後の片付けが大変でさぁ」

美琴「・・・そう、よかったわね・・
   わ、わたしも昨日は用事あってさ、ちょうど行けなかったんだよねーハハハ」

405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 21:58:19.20 ID:Wf4n0yt30
上条「そうなのか、あと何とか金銭面は大丈夫になった、今までホントありがとな美琴のおかげで生きてこれたよ
   ああ、それと食事のことだけどいつ行くか?」


美琴「・・もうシスター戻ってきたんでしょ、なら二人で行けば?」

上条「でも一緒に行くって約束したしさ、それにお礼はちゃんとしたいんだ」

美琴「・・いいわよ・・」

上条「えっ?」

美琴「お礼なんていらないって言ってんの!
   どうせあんたはしてもらった恩を返すってくらいの気持ちしかないんでしょ!」

上条「み、御坂さん?」

御坂「人の気持ちもしらないで、もう知らない!」
406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 21:59:52.47 ID:Wf4n0yt30

―別の日―

上条「あの、御坂さん?」

美琴「・・・・・」スタスタスタ

上条「怒ってらっしゃるみたいですが話を聞いてくれませんか?」

美琴「・・・何よ、これから帰るとこなんだから・・」スタスタ

上条「あまり怒ってる姿は見たくないんですが・・・」

美琴「じゃあ近くによらなければいいでしょ
   誰も近くにいてくれって頼んでないし」

上条「前に言っただろ?美琴といると心地いいって安心するって、だから上条さんは一緒にいたいんです。
それに何か悩んでるんなら言えよ。俺もたまには美琴の力になりたいs」

美琴「ふぇ・・ぇぇっ・・」ヒックヒック

409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 22:04:08.94 ID:Wf4n0yt30
上条「み、御坂さん?どうしたんですか急に?」

美琴「どうじて・・優しくするのよ」ヒックヒック

美琴「軽々しく一緒にいたいとかそんなこと言わないでよ、優しくしないでよ・・
   辛いから忘れようと思って考えないようにしようとしてたのに・・忘れられないじゃない!」ヒックヒック

美琴「あんたは何にもわかってない・・・」ヒックヒック
410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 22:07:24.14 ID:Wf4n0yt30
美琴「あの時わたしは自分のことで怒ったんじゃなくて、とうまのことが心配だったから可哀そうに思ったから・・
   でも自分はあんまり力になれなぐて・・・それが悔しくて・・・」ヒックヒック

上条「えーっと・・」

美琴「こんな気持ちしたことある?自分に嘘つかなきゃいけない気持ち・・・
   あんたのことで悩んで苦しいのに、それも分からず力になりたいだなんて・・
   バカも休み休み言いなさいよ」ヒックヒック

上条「あの、何かごめんな」

美琴「この鈍感!バカぁ!」

上条「落ち着け美琴、な?」アワアワ

美琴「名前で呼ばないでよぉ・・あんたは何気なく呼んでるだけかも知れないけど
   わたしはそれだけでドキドキしてたんだからぁー」ヒックヒック
412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 22:10:17.94 ID:Wf4n0yt30
上条「わ、わるかった、名前で呼ばれるのが嫌だとは知らなくて・・・」アワアワ

美琴「違うわよ!好きな人に・・ひっぐ・・言われたら、こっちだって色々考えたりして・・」ヒックヒック

美琴「一人で盛り上がっちゃってバカみたいじゃない・・」グスン

上条「美琴・・」ガシッ

美琴「ふえっ」

上条「俺は一言も嘘を言ったことはないぞ。一緒にいたいと思ったのも本当だ。
   美琴に救われたんだ。食事のことじゃない、心が美琴に救われたんだ」

美琴「・・うっ・・うっ」グズッグズッ
415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 22:12:32.31 ID:Wf4n0yt30
上条「辛い思いさせてごめんな・・でもそれも今日限りだ・・」
   上条さんは・・御坂美琴のことが大好きです」

美琴「えっ・・」ヒグッ

上条「あまりそういうの感じ取るの得意じゃないから美琴にも迷惑かけたかもしれないし鈍感かもしれない・・
   でもこれが俺の正直な気持ちだ。分かりづらかったかも知れないけど俺は美琴のこと好きだったんだぞ」

美琴「ほんとに・・?」

上条「ああ、俺は美琴のそばにいたい・・美琴はそばにてくれるか・・?」

美琴「・・うん、ずっとそばにいる!」

上条「泣いてるのも可愛いけどさやっぱり美琴は笑ったりしてる顔のほうがいいな

美琴「もう・・」///



420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 22:18:31.47 ID:Wf4n0yt30
―数年後―

  「ママー」

  「どうしたの?」

  「何かチケット見つけたのーでもこれもう使えないみたいだよ」

  「そうね、使えないけどとってるの」

  「捨てないの?大切なものなの?」

  「いつか行こうとしてたんだけどね。行くことが出来なくて。今はパパとママの思い出の宝物かな」

  「ふーん」

  「ほら、ご飯にするからパパ呼んできて」

  「は~い、パパーご飯だよー」

  「そうか、今日のご飯は何かな?」

  「パパってママの料理好きだよね、いつも嬉しそうだもん」

当麻「そうだな、世界で一番好きだな」

美琴「もう、何言ってんのよ」///


おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング