FC2ブログ

初春「…zzz」 佐天「…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 04:39:35.15 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…おーい、初春ー」

初春「…zzz」

佐天「…どうしよう、腕が痺れてきちゃったんだけど…」

初春「…ん…ぅ…zzz」

佐天「………まぁ初春の寝顔が見れるんならいいか」

初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…ん…zzz」

佐天「…………」

初春「…んー…ぁ…zzz」

佐天「……………」

佐天「…襲っちゃいたい…」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 04:41:52.61 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…はっ!?…な、何考えてるんだろう、私…」

初春「…zzz」

佐天「…でも、初春の顔がこんなに近くにある…」

初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「…ほ、ほっぺた触るくらいなら、いいよね…?」

初春「…zzz」

佐天「………てい」

ぷにぷに

初春「…ぅ…ん…zzz」

佐天「………ぷにぷにしてる…」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 04:44:14.98 ID:8qQU4qao0
ぐにぐにっ

初春「………ん…zzz」

佐天「……柔らかい、すっごい柔らかいよ、初春のほっぺた」

初春「……んー…ぅん…?…」

佐天「っ!?」

初春「………zzz」

佐天「………起きない…」

初春「…zzz」

佐天「…右腕が痛い………でも初春可愛い…」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 04:52:20.96 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…よく寝てるなぁ…」

初春「…zzz」

佐天「…耳でも触ってみようかな…」

初春「…zzz」

佐天「…てい」

初春「…ぁ…ん…zzz」

佐天「…耳、弱いのかな?」

佐天「………ふぅー」

初春「…ぁ…ひゃぅ…」

佐天「っ!?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 04:56:04.20 ID:8qQU4qao0
初春「…うぅ、ん………zzz」

佐天「…びっくりしたー…起きたかと思った…」

初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「…ふぅー」

初春「…ん…ぅあ…」ピクッ

佐天「……………初春ー」

初春「…ん……佐天、さ…ん……zzz」

佐天「…今、何色のぱんつ穿いてるのー?」

初春「…ん……ピンクの…花、柄……」

佐天「おっほぅ」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 04:58:58.07 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…まさか寝言で答えるとは…」

初春「…んー…zzz」

佐天「…どれどれー?」

ぺらっ

佐天「…ふむ、本当にピンクの花柄だなぁ…」

初春「………ん、さ、佐天、さ…ん…」

佐天「っ!?」ビクッ

初春「………スカート…捲っちゃ、だ…め、です…よぉ……ん……zzz」

佐天「………」

佐天「…ふぅ、寝言、か………」

佐天「…しかし、私は初春の夢の中でもスカート捲ってるのか…」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:03:44.50 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「………」

さわさわ

初春「…んー…」

佐天「…初春の髪、サラサラだなぁ…」

初春「…ん…ぅ…」

佐天「………よしよしー」

なでなで

初春「……んぁ………えへへー…zzz」

佐天「くぁ…可愛い…」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:09:04.36 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…ちょっと抑えられなくなってきたなぁ…」

初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「…初春の首筋…てい」

つつー

初春「…ぁ…あ…っ……」

佐天「…ほほぅ」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:12:01.43 ID:8qQU4qao0
佐天「ていてい」

つつつー

初春「…ぁ…っ……ひゃ……ん…」

佐天「…なかなかいいね…いいね」

初春「…ぁ…ん……zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「…舐めたい、なぁ…」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:17:31.42 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…どうしよっかなぁ…さすがにまずいよね…」

初春「…zzz」

佐天「…うーん…」

初春「……んー…しゃてんしゃん…」

佐天「………」

つんつん

初春「…んむ………zzz」

佐天「…唇、柔らかいなぁ…」

初春「……ん…ぅ…zzz」

佐天「…よし、キスしよう。キスならいいよね」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:20:25.31 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…初春ー…キスしちゃうよー?………」

初春「…zzz」

佐天「…あーあー、こんなに無防備に寝ちゃって…」

初春「…zzz」

佐天「…こんなに可愛いのに、キスしないわけにはいかない、よね……」

初春「…zzz」

佐天「………ゴクリ」

初春「…zzz」

佐天「………佐天涙子、いきまーす」

スッ…

ちゅっ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:23:30.79 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「………」

初春「…zzz」

佐天「…ダメだ、ほっぺにしちゃった…」

初春「…zzz」

佐天「…やっぱり寝込みを襲うなんてダメだよね、うん」

初春「…zzz」

佐天「ごめんね、初春…」

初春「…んぅ…zzz」

佐天「………」

初春「……んぁ……zzz」

佐天「…でも…でも、鎖骨を舐めるくらいなら…!」

ペロッ

初春「…ぁ、ん……zzzz」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:33:43.96 ID:8qQU4qao0
初春「…ん…zzz」

佐天「…初春…自分でやっときながら、これでも起きないんだね…」

初春「…zzz」

佐天「…これはもう、私に襲えってことなのかな?」

初春「…ん…zzz」

佐天「…いやいや、さすがに本人の同意無しで寝込みを襲うのも…」

初春「…zzz」

佐天「…でも、なんかこう、イケナイことしてる感じっていいよね…」

初春「……んー…ぁ…zzz」

佐天「…………指、挿れてみようかな…」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:36:13.32 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「………」ドキドキ

スッ…チュプ

初春「…んむぅ……zzz」

佐天「…温い…」

初春「…ん…zzz」

佐天「…初春に、指、しゃぶられちゃった…」

初春「…むぁ…zzz」

佐天「………そりゃ」

ぬぷぷ

初春「…ぁむぁ…zzz」

佐天「おおぅ」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:41:38.26 ID:8qQU4qao0
初春「…んぅ…zzz」

佐天「…はぁはぁ…初春…指、気持ちいいよぉ…」

初春「…ぅ…zzz」

佐天「……うぁー…」

初春「…ん……ぁむぁむ…zzz」もごもご

佐天「おっほぅ…ゆ、指が…指がぁ…」

初春「…ん…ぅぁ…zzz」

ちゅぽん

佐天「…はぁはぁはぁ…初春の舌、柔らかかったなぁ………」

初春「…zzz」

佐天「………初春にしゃぶられた、指…!」

ぱくっ れろれろれろ

佐天「……………」

佐天「…ふぅ」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 05:58:49.30 ID:8qQU4qao0
初春「…zzz」

佐天「…さて、と…本当はキスしたいけど…」

初春「…zzz」

佐天「…やっぱり、寝込みを襲うなんてダメだよね」

初春「…zzz」

佐天「………初春の可愛い寝顔見れただけでも満足だし…寝ようかな」

初春「…んー…zzz」

佐天「………初春、おやすみー…」

なでなで

初春「…ぅ…んぁ…zzz」

佐天「…………zzz」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 06:45:48.96 ID:8qQU4qao0





佐天「…zzz」

初春「………あーあ、結局、キスしなかったんですねー、佐天さん」

佐天「…んぅー…zzz」

初春「…最初から起きてたから、キスしてきたら脅かそうと思ってたのに…まぁ、いいか」

佐天「…んー…ぅぃはるー…zzz」

初春「………」

初春「………私は…しちゃいますからね?…キス」


ちゅっ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 09:48:22.23 ID:8qQU4qao0
チュンチュン…

佐天「…ん…朝、か…」

初春「…zzz」

佐天「初春、まだ寝てる…」

初春「…んー………ぅ…ん……あ、あれ?佐天さん…?」

佐天「おはよー、初春」

初春「あ、おはようございま…あ、あれ、わ、私腕枕…されてる」

佐天「そうだよー、もう腕が痺れて大変なんだからー」

初春「す、すみませんっ」

佐天「いいよいいよ。初春の寝顔が見れたからねー」

初春「…へぇー」

佐天「…?…初春?」

初春「…寝顔を見た……だけですか?」

佐天「…な、何言って……!」

佐天(…ま、まさか…バレてる…!?)
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 09:51:02.23 ID:8qQU4qao0
佐天「何言ってるの、初春、やだなー、あはは…」

初春「…ふーん…ところで…」

初春「なんだか…鎖骨のあたり、べたっとしてるような…」

佐天「っ!…(…昨日舐めたとこだ…!)…き、きき、気のせい、だよ」

初春「…ほっぺたも…」

佐天「あはは!あはははは!そ、そうだ、朝ご飯私が作ってあげるよ!」

初春「そうですか?じゃあお願いします」

佐天(…やばいやばい、絶対疑ってるよ…!)

初春(…佐天さん可愛い)
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 09:56:26.00 ID:8qQU4qao0
佐天「はい、出来たよー」

初春「ありがとうございます」

佐天「さ、どんどん食べてー」

初春「はい。あ、おいしいですね」

佐天「ふふん、まぁねー」

初春「…あ」

佐天「どうしたの?初春?」

初春「…そういえば…昨日、寝てる間に何か食べたような夢をみたような…」

佐天「え」

初春「…そう、何か…棒状のものを」

佐天「気のせい!気のせいだよ!!!」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 10:00:26.81 ID:8qQU4qao0
初春「そういえば、耳がこそばゆい気が」

佐天「やだなー気のせいだよーあはは…」

初春「………」

佐天「………う、初春?」

初春「いえ何でもありません」

佐天「…(…なんとか誤魔化せたみたい…)…あ、じゃあ食器片付けてくるねー」

初春「あ、ちょっと待ってください」

佐天「どうしたの?」

初春「ちょっと見てもらいたいものがあるんです」カタカタ

佐天「見てもらいたいもの…?」

初春「えーっと、あぁ、あったあった…」カタカタ

佐天「…動画ファイル?なんの動画?」

『…………おーい、初春ー………』

佐天「…え…なにコレ…」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 10:27:24.52 ID:8qQU4qao0

『…………どうしよう、腕が痺れてきちゃったんだけど…………』
『………………まぁ初春の寝顔が見れるんならいいか……………』

初春「…なんだと思います?」

佐天「え、ちょ、ちょっと待って…う、初春!ちょっと止めて!!」

『……………襲っちゃいたい……………』

佐天「」

初春「…これはどういうことですか?」

佐天「…え、えっと…っていうか!何よこれ!と、盗撮ってやつじゃん!」

初春「ここは私の部屋だからいいんです」

佐天「そ、そういうことじゃなくて…」

初春「『…襲っちゃいたい』」ボソッ

佐天「っ!?」ビクッ

初春「…誰を襲っちゃいたいんですか?」

佐天「…な、何言って…」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 10:43:32.81 ID:8qQU4qao0
初春「…寝ている私に何かしたんですか?」

佐天「な、何もしてないよ…」

初春「…本当ですか?」

佐天「…ほ、本当だもん」

初春「…ふーん」

佐天「………そ、その動画、もう意味無いからゴミ箱に…」

初春「………」カチッ

『…ほ、ほっぺた触るくらいなら、いいよね…?…………てい』

初春「…ほっぺた、ぷにぷにされたますね。私」

佐天「…はい」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 10:46:47.08 ID:8qQU4qao0
初春「どうして何もしてないって嘘をついたんですか?」

佐天「…そ、それは…」

初春「…ごめんなさいは?」

佐天「…ごめんなさい」

初春「…じゃあ許してあげます」

佐天「本当!?じゃあ早くそれ消して…」

カチッ
『…耳でも触ってみようかな………てい』

初春「今度は耳を触られてますね」

佐天「…はい」

『…耳、弱いのかな?………ふぅー』
『…ぁ…ひゃぅ…』

初春「………」

佐天「………こ、これは」

初春「耳がこそばゆかったのはこれが原因ですよね?」

佐天「…はい」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 10:48:23.86 ID:8qQU4qao0
佐天「…あのさ、初春、もういいじゃん、ね?早くそれ消して…」

カチッ
『…今、何色のぱんつ穿いてるのー?…………』
『…ん……ピンクの…花、柄……』
『…おっほぅ…』

初春「…何をしているんですか?」

佐天「…ごめんなさい」

初春「何をしているんですか?」

佐天「…初春が穿いてるぱんつの色を聞いてます」

初春「どうしてですか?」

佐天「…見たかったから…」

初春「『おっほぅ』とはなんですか?」

佐天「…感動詞です…」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 10:58:08.92 ID:8qQU4qao0
『…どれどれー?……ふむ、本当にピンクの花柄だなぁ…』

初春「…見ましたね」

佐天「…えっと…」

初春「寝てる私のパジャマ捲って見ましたね?」

佐天「…はい」

『……ちょっと抑えられなくなってきたなぁ……』

初春「何が抑えられなくなったんですか?」

佐天「…何がって、その…」

カチカチ
『……ちょっと抑えられなくなってきたなぁ……』

初春「何が抑えられなくなったんですか?」

佐天「…ムラムラです…」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 11:09:26.72 ID:8qQU4qao0
佐天「…初春、もうこれ以上は…」

カチカチッ
『……よし、キスしよう。キスならいいよね…』
『……初春ー…キスしちゃうよー?…………』
『……あーあー、こんなに無防備に寝ちゃって……』
『……こんなに可愛いのに、キスしないわけにはいかない、よね………』
『…………佐天涙子、いきまーす…』
『…ちゅっ…』

初春「…ほっぺにキス、しましたね?」

佐天「…はい」

初春「本当はどこにしようと思ったんですか?」

佐天「え、さ、最初からほっぺたに…」

初春「佐天さん」

佐天「唇です。初春のファーストキスを奪おうとしました…」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 11:32:52.73 ID:8qQU4qao0
初春「じゃあこの後、私は佐天さんにキスされちゃったんですか?」

佐天「ち、違うよ!してないよ……あ」

初春「なんですか?」

佐天「う、初春、もう本当にここでやめたほうが…」

カチッ
『……やっぱり寝込みを襲うなんてダメだよね、うん…』
『……でも…でも、鎖骨を舐めるくらいなら…!…』
『…ペロッ…』

佐天「」

初春「…どこを舐めましたか?」

佐天「初春の鎖骨です…」

初春「だからベトベトしてたんですね?」

佐天「…はい…」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 11:40:55.74 ID:8qQU4qao0
『……………指、挿れてみようかな……』
『…スッ…チュプ…』
『……初春に、指、しゃぶられちゃった……』
『…ぬぷぷ…』
『…おおぅ…』

初春「佐天さん、これはなんですか?」

佐天「…初春に指をしゃぶらせました…」

初春「ではこの『おおぅ』とは?」

佐天「感動詞です…」

初春「またですか?」

佐天「またです…」

『……はぁはぁ…初春…指、気持ちいいよぉ……』
『…おっほぅ…ゆ、指が…指がぁ……』
『……はぁはぁはぁ…初春の舌、柔らかかったなぁ…………』

初春「私に指をしゃぶらせて気持ちよかったんですか?」

佐天「そりゃあもう、初春の柔らかい舌とか唾液とかでぬるぬるで最高だったよ!…はっ!」

初春「………」

佐天「…ごめんなさい、調子に乗りました…」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 11:53:35.47 ID:8qQU4qao0
『…………初春にしゃぶられた、指…!…』
『…ぱくっ れろれろれろ…』
『…ふぅ…』

初春「…私がしゃぶった指を自分でしゃぶったんですか?」

佐天「…はい」

初春「どうしてですか?」

佐天「…初春の唾液を味わいたかったからです…」

初春「変態ですか?」

佐天「変態です」

初春「『ふぅ』とはなんですか?」

佐天「…小五とロリを合わせました…」
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 12:20:09.34 ID:8qQU4qao0
初春「…もうお昼ですね…さて、何か言うことはありますか?」

佐天「…ごめんなさい」

初春「佐天さんは私とキスしたかったんですか?」

佐天「したかったです…結局しなかったけど…」

初春「違いますよ、佐天さん。私と佐天さんはキスしてますよ」

佐天「…え…どういうこと?私、初春の口にはキスしてないよ…」カチッ

『………あーあ、結局、キスしなかったんですねー、佐天さん』

佐天「…え、あ、あれ…?…これって、続き…?」

『……最初から起きてたから、キスしてきたら脅かそうと思ってたのに…まぁ、いいか』
『………私は…しちゃいますからね?…キス』
『…ちゅっ…』

佐天「っ!?初春、お、おお起きてたの!?っていうか、ほ、本当にこれキスしちゃってんむぅっ!?」ちゅっ…

佐天「………んっ…ぷはぁ…う、初春…?」

初春「…んふぁ………佐天さん…私は、佐天さんになら、いつでも、どこでも、襲われてもいいんですよ?」

佐天「…初春…初春っ!!」ガタンッ

初春「あっ…さ、佐天さん…っ!」


                                                                                       ‐完‐
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:56:50.68 ID:Rd7ai2zpO
素晴らしい
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 01:32:32.44 ID:oEpAoB1/0
>>1

やはり百合はいい

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング