FC2ブログ

浜面「透視能力に目覚めた」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 00:02:43.51 ID:N8sBfrpYP
浜面(目覚めたのは良いけど……)

麦野「さっさと歩きなさい荷物持ち」ゲシゲシ

浜面「へいへい」

浜面(バレたら殺されるよな……使ってない証拠とかないし)

麦野「どうでもいいけど、そのサングラス全然似合ってないわよ」ヒョイ

浜面「わっ!バカ取るな!」

麦野「あぁ?」

浜面「み、見えるんだって……」

浜面(やべぇ透けてきた……)
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 01:53:15.07 ID:n+7NduAX0
浜面「お、おおう、これはこれは」

麦野「な、何をジロジロ見てんの?」

浜面「何でもない!」バッ

麦野「変な奴」

浜面「ピンクか……意外に可愛い趣味してんだな」

麦野「はあ?」

浜面「な、なんでもねぇ!」

浜面(下着までが限界か……にしても黒タイツ越しのパンツはエロ過ぎだろ)
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 02:16:41.03 ID:n+7NduAX0
浜面「まだ何か買うのかよ」テクテク

麦野「当たり前でしょ、久々に暇なんだから」テクテク

浜面「俺の休みが」

麦野「黙って着いてこないと殺す」

浜面「……はい」

浜面(まあケツに食い込んだパンツ見れるし良いか)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 02:22:38.23 ID:I8qnI5w1O
間違いなく歩行困難になる自信がある
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 02:39:21.95 ID:n+7NduAX0
浜面(それにしても)

浜面(道行く通行人は透けないんだよな、何でだ?)

浜面(透視するにはある程度対象の情報が必要らしいから……)

浜面(一応、仲間の麦野だけは見えるのはそういう事か)

浜面(まあ知りもしねぇオッサンの裸なんて見たくもねぇけど)

浜面(いや逆に言えば知ってるオッサンの裸は見えちまうのか……うえっ)

麦野「何ブツブツ言ってんの?」

浜面「別に」

麦野「今日はずいぶんおかしいわね」

浜面「そんな事より、ブラの肩紐ズレてるぞ」

麦野「え、あ、ほんとだ、ありがと……ん?」

浜面「……しまった」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 02:46:51.44 ID:n+7NduAX0
麦野「何であんたがそんな事解るのよ!!」

浜面「な、何となく、勘、勘だって!」

麦野「……」

浜面「信じてくれよ……俺が無能力なのは知ってんだろ?」

麦野「まあ良いわ、ちょっとそこで待ってなさい」

浜面「お、おい」

麦野「うるさいわね……察しなさいよ」

浜面「あ、トイレか」

麦野「後でぶっ殺す」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 02:59:51.19 ID:n+7NduAX0
浜面「はぁ、あぶねぇあぶねぇ」

浜面「上手く使えば仕事にも確実に役立つんだがなー」

浜面「現状は知り合いの下着が見れるだけなんて、難儀な能力だぜ」

浜面「つーか連れ回し過ぎだろあの女……普通に疲れた……」

浜面「ん、んん?」

浜面(目を閉じたら麦野が……? トイレ……?)

浜面「こいつは……」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 03:11:21.63 ID:n+7NduAX0
麦野『う~寒い寒い、よっこしょ……』

浜面「ば、ババ臭いな……っていやいや!」

浜面「ど、どうなってんだこりゃ!?」

麦野『んしょ……』ヌギヌギ

浜面「おおい!!」

ザワザワ

浜面「はっ! い、いやいやすいません!」コソコソ

浜面(どうやら俺の能力は透視と監視を併せ持つらしい……)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:27:20.24 ID:6lUtmUqP0
麦野『んしょ……』ヌギヌギ

浜面「……ゴクリ」

麦野『ん……』

浜面「ま……まさか麦野……」


絹旗「ん? 誰かと思えば超浜面じゃないですか? そんなところに超突っ立って何してるんですか?」


浜面「どえええええええええええええええええいいいいいいィィィイイイイ?!」


絹旗「いくら超浜面でもリアクションが超オーバーすぎですよ、頭でも超打ったんですか?」

浜面「いやなんでもないなんでもないからあはははははははあはは」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:32:24.36 ID:6lUtmUqP0
浜面(ああドチクショウびっくりして集中切れちまったじゃねえか)

浜面(絹旗か……)

浜面(そういえば昔こいつの下着見た事あっけど……今はどんなの穿いてるんだろうな)


絹旗「なんですか人の顔超ジロジロみて、まぁたどうせ超エッチで超くだらない妄想でもしてるんじゃないですか?」

浜面「そ、そんなわけあるか。お前の中で俺はどんな人間なんだよ」

絹旗「超変態バニー……」

浜面「ごめんなさい俺が悪かったですそれ以上は勘弁してください」

絹旗「ったく、超発情期の犬じゃないんですから超変な目で見るのはやめてください」

浜面「そんな子供っぽい色のブラつけてるうちは大丈夫だけど」

絹旗「はっ?!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:34:32.56 ID:6lUtmUqP0
絹旗「何で超浜面がそんな事超知ってるんですか!!」

浜面「な、何となく、勘、勘だって!」

絹旗「……」

浜面「信じてくれよ……俺が無能力なのは知ってんだろ?」

絹旗「まあ良いです、ちょっとそこで超待っててください」

浜面「お、おい」

絹旗「超うるさいですね……超察してください」

浜面「あ、トイレか」

絹旗「後で超ぶっ殺します」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:36:20.91 ID:6lUtmUqP0
浜面「はぁ、二回連続であぶねぇ」

浜面「ついついうっかり思った事を口走っちまったぜ、へへっ」

浜面「ったくよー、でもこれ命の危険と常に隣り合わせじゃねえか」

浜面「もう二度と使わねぇよ……こんな能力」

浜面「ん、んん?」

浜面(目を閉じたら絹旗が……? トイレ……?)

浜面「こいつは……」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:38:29.27 ID:6lUtmUqP0
絹旗『う~、ここは超寒いですね』

浜面「どんだけ寒いんだよそのトイレ」

浜面「ってちがあああああああうう! 俺の意思に関係なく能力発動してるんですけどおおおおおお」

絹旗『んしょ……』ヌギヌギ

浜面「おおい!! まて絹旗! 脱ぐな! 脱ぐんじゃない! 見えちまう! 色々みえちまう!」

ザワザワ

浜面「はっ! い、いやいやすいません!」コソコソ

浜面(いや客観的に見たら俺でかい独り言つぶやいてる変人だろうが)
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:41:46.07 ID:6lUtmUqP0
絹旗『んしょ……』ヌギヌギ

浜面「……ああ、もうだめだ……」

絹旗『ん……』

浜面「絹旗……、でもちょっと見てみたい……」


フレンダ「結局、誰かと思えば浜面じゃない? そんなところに突っ立って何してる訳よ?」


浜面「どえええええええええええええええええいいいいいいィィィイイイイ?!」


フレンダ「ちょっとあんまり大きな声出さないでよー、鯖缶に響くでしょ?」

浜面「いや鯖缶に響いたところでどうなんだよ」

フレンダ「鯖缶をバカにする浜面は鯖缶に死ぬわけよ」

浜面「意味がわからん、というかなんでもないなんでもないからあはははははははあはは」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:46:30.94 ID:6lUtmUqP0
浜面(あーもう、フレンダのせいでびっくりして集中切れちまったじゃねえか)

浜面(というかどんだけ集中してたんだよさっきの俺)

浜面(いくらなんでも病的だなおい)

浜面(いや、そりゃちょっとは見たいけどさ)

浜面(そういやフレンダも……普段あんまり意識しないけど、良い身体してるんだよな……これでセンが出やすいバニーなんか着せたら……)


フレンダ「なによ、人の顔超ジロジロみてさ。まーたどうせエッチでくだらない妄想でもしてるって訳?」

浜面「そ、そんなわけあるか。だいたい、お前らの中で俺はどんな人間なんだよ」

フレンダ「え? 変態だけど」

浜面「生まれてきてごめんなさい」

フレンダ「結局、わかればいいって訳よ」

浜面「くそ……言いたい放題言いやがって、そんな柄の下着着てるくせに……」

フレンダ「は~?」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:48:47.95 ID:6lUtmUqP0
フレンダ「何で浜面の分際でそんな事しってる訳?」

浜面「な、何となく、勘、勘だって!」

フレンダ「……」

浜面「信じてくれよ……俺が無能力なのは知ってんだろ?」

フレンダ「言い訳は良いから、ちょっとそこで待ってる訳よ」

浜面「お、おい」

フレンダ「うるさい。結局浜面には察しが足りない訳よ」

浜面「あ、トイレか」

フレンダ「後で×××焼き切るから」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:51:04.91 ID:6lUtmUqP0
フレンダ『う”~、なんだか寒いわけよ』

浜面「そのトイレの空調どうなってんの? 学園都市の科学技術はどうしたの?」

浜面「ってちがあああああああうう! また俺の意思に関係なく能力発動してるんですけどおおおおおおおおおお」

フレンダ『んしょ……』ヌギヌギ

浜面「おいコラ、フレンダ! 待て! 見えちまう! お前の×××みえちまう!」

ザワザワ

浜面「はっ! い、いやいやすいません!」コソコソ

浜面(くそ、何か今人として言っちゃいけない範囲を超えた気がするぜ……、でもたぶん気のせいだろ)
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:52:40.42 ID:6lUtmUqP0
フレンダ『んしょ……』ヌギヌギ

浜面「……ああ、もうだめだ……、今度こそ見ちまう、視ちまうからな」

フレンダ『ん……』

浜面「フ、レ、ン、ダ、あぁぁぁ~~~~~~~~!!!」


滝壺「はまづら、なにしてるの」

浜面「」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:55:24.80 ID:6lUtmUqP0
滝壺「なにしてるの?」

浜面「え、ええと? これは、その」

滝壺「そのトイレ、みんなが居るのにじっと見てる」じぃ

浜面「え? イヤアハハ、ナンノコトカナア」

滝壺「はまづら、私に隠し事?」

浜面「……」

滝壺「はまづら」

浜面「あの」

滝壺「いって」

浜面「えーっと……実はだな……」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:57:19.03 ID:6lUtmUqP0
浜面「……という事なんだ」

滝壺「……」

浜面「あ、はは……ごめん、引いた……よな?」

滝壺「はまづら」グイ

浜面「へ? たきつぼさん? あれ? どちらへ向かわれるので?」グイグイ

滝壺「隠れ家」

浜面「なんですとー?!」

滝壺「悪いはまづらにはオ・シ・オ・キしないと」

浜面「ふ……不幸だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/15(水) 07:58:50.11 ID:6lUtmUqP0
ジャーーーーーーーーーーーーー


麦野「さーて、浜面ぶっ殺すか」

絹旗「さて、超浜面を超ブチ殺しますか」

フレンダ「さてと。結局、あのバカをぶっ殺す訳よ」


三人「「「ん?」」」



おわれ

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2018年12月27日

    超浜面はないわw

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング