男「観測史上最強だって」 幼馴染「マジで?」

1: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:00:08 ID:TsoPulPE
男「全然そんな感じ違うけどなぁ」

幼「風、たいした事無いよね?」

男「雨は結構降ってるけどな」

幼「この台風情報、ホントかな?」

男「ホントだろ。デマ流してどうなる」

幼「でもねぇ」
2: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:00:25 ID:TsoPulPE
男「お!予測最大瞬間風速、80メートルだって」

幼「マジで?」

幼「それ、人が空飛べるくらいの強さじゃない?」

男「まぁ、50メートルくらいで軽自動車くらいならひっくり返るもんな」

男「人が飛んでもおかしくないよな」

幼「絶対停電するよね」

男「しちゃうだろうなぁ」
3: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:00:46 ID:TsoPulPE
幼「家が飛んだりして?」

男「さすがに家は飛ばないと思うけどな」

男「そんな訳でさ、今日は泊まって行きなよ?」

男「こんな暴風雨の中、幼を外に出したりしないぞ?」

幼「う、うん。最初から泊まるつもりだったし」

幼「きっと停電はするだろうねー」

男「停電はするだろうなー」
4: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:01:19 ID:TsoPulPE
幼「…するだろうなー」

男「あ、停電する前に、お風呂入って来なよ」

幼「あ、うん。そ、そうさせてもらうね」

幼「まだ停電しそうにない?」

男「まだ大丈夫だと思うけど」

幼「ふ、ふーん。でもお風呂は早く入った方が良いよね?」

男「そうだな。幼の次、俺が入るからさ」

男「長風呂しないでくれよ?」
5: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:01:39 ID:TsoPulPE
男「それに、風呂から上がったらさ」

男「二人で誕生会、するんだから、な?」

幼「そ、そうだよねー」

幼「この様子だと台風は深夜に直撃みたいだしねー」

男「見事に直撃だなー」

男「気象台のおっさんが『厳重に警戒を』なんて」

男「俺、初めて聞いたよ」
6: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:02:08 ID:TsoPulPE
幼「そうだよね。こんなに念を押すなんて珍しいよね」

男「ウチも警戒しないとなー」

男「だから幼、今日は早めに寝るぞ」

幼「う、うん」

男「だからお風呂先にどうぞ?」
7: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:02:38 ID:TsoPulPE
幼「あ、あの…」

男「俺、晩飯の用意しておくからさ」

幼「う、うん…お先に行ってきます…」

幼(一緒にお風呂って言うのは…ダメかー)

男(しまった!今のって、一緒に入る?くらい言えたんじゃぁ…)

男・幼(…)
8: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:03:00 ID:TsoPulPE
幼「…男、入って来ないかな?」

幼「今日は特別な日なのになー」

幼「忘れてるって事は無いだろうけど…」

幼「でも男はうっかり屋だからなー」

幼「…覚悟完了!なのになー」

幼「…」

9: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:03:28 ID:TsoPulPE
男「幼、遅いな…」

男「もう1時間は経ってる」

男「お風呂場で気絶してるとか?」

男「いやいやいや。そんな馬鹿な」

男「でも、遅いな…」

男「ちょっと様子見に行くか…」
10: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:03:50 ID:TsoPulPE
コンコン
男「おーい、幼?まだかー?」

幼「…」

コンコン
男「おーい?」

幼「あれっ?男の声がする…」

幼「あ、お風呂の中だった」

幼「私、寝てた?」

幼「…」
11: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:04:15 ID:TsoPulPE
ドンドン
男「幼っ!返事しろよ!大丈夫か?」

幼「!」

幼「ご、ごめん、男!大丈夫だから!」

男「本当に大丈夫か?」

幼「ホント、大丈夫だから!」

男「…なら良いんだけどさ」
12: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:04:48 ID:TsoPulPE
幼「す、すぐに上がるから!」
ザバッ

男「お、おう…」

幼(しまった…そのまま返事しなければ)

幼(男が入って来てくれたかも…)

男(しまった…介抱って名目で、中に入っちまえば良かった…)

男・幼(しくじった…)
13: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:05:12 ID:TsoPulPE
幼「お、お先にお風呂、頂きましたー」

男「お、おう。長風呂だから、心配したぜ」

幼「ちょっと考え事してたよ、あはは」

男「ははは、溺れてるのかと思ったぜ」

幼「そんな、漫画じゃあるまいし」

男・幼「…」
14: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:05:36 ID:TsoPulPE
男「そ、それじゃあ、俺も入ってくるかな」

男「麦茶でも飲んで待っててくれよ」

男「晩飯の用意、だいたい出来てるからさ」

幼「う、うん。行ってらっしゃい」


幼「い、今の内に…」
15: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:06:31 ID:TsoPulPE


男「はぁ…幼が一時間も浸かってたお湯…」

男「飲むか?」

男「いやいやいや。変態か!」

男「でもちょっとくらいなら…」

男「ってしませんけどね!」

男「…」

男「……」

男「………」


コクッ
16: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:06:54 ID:TsoPulPE
男「ふぃー。良い湯だったー」

幼「お、お帰り、男」

男「ん?幼、ちょっと髪が濡れてる?」

幼「え?そ、そう?ちゃんとドライヤーで乾かしたけどなー」

男「拭いてやるよ、そこの椅子に座りなよ」

幼「い、いいよ」

男「いいからいいから」
ストッ

ゴシゴシ
17: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:07:18 ID:TsoPulPE
男「お客さん、かゆい所はありますか?」

ゴシゴシ
幼「とーくーにーなーいー」

男「ははは、へーんーなーこーえー」
ゴシゴシ

幼「ちょっと!人の頭で遊ばないでよー」

男「幼の髪ってサラサラだなー」

幼「へへー。普段から気を使ってますからねー」

男・幼「…」
18: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:07:43 ID:TsoPulPE
男(しまった!何か、急に恥ずかしくなってきた!)

幼(よ、良く考えたら、髪拭かれるって恥ずかしいかも!)

男・幼「…」

男「さ、そろそろ乾いただろう」

幼「う、うん。ありがとね、男」
19: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:08:38 ID:TsoPulPE
男「それじゃ、そろそろ晩御飯にするか」

幼「うん!お腹空いたよー」

男「今日のは自信作だぞー。何せ幼の誕生日だからなー」

幼「ありがと、男」

男「まぁ、半分くらいは昨日の夜、母ちゃんが用意してたんだけど」

幼「あはは。それでもありがとね。嬉しいよ」
21: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:09:11 ID:TsoPulPE
男「それじゃ、いただきます!」

幼「いただきまーす!」

幼「全部私が好きな物だー」

男「食後にはケーキもあるんだぜー」

男「しかもケーキは完全に手作りだ」

幼「男が作ったの?」

男「そう!初挑戦にしては、上手く行ったと思うぜ」

幼「楽しみ!」
22: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:09:47 ID:TsoPulPE


幼「美味しい!」

男「マジで?」

幼「男、もう将来パティシエになれば?」

男「それは言い過ぎだろ」

幼「いやいやー。もう、私専属のパティシエになってよ!」
23: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:10:24 ID:TsoPulPE
男「ははは、専属って…専属?」

幼「あ…い、今の無し!」

男「べ、別にパティシエにならなくても」

男「ケーキくらい、いつでも焼くよ」

幼「そ、そう?わーい。う、嬉しいなぁ」

男・幼(…)
24: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:10:49 ID:TsoPulPE
男「さ、次はプレゼントだ!」

幼「お、おー!」

男「二つあるぞ!」

幼「え?何で二つ?一つで良いよ」

男「まぁまぁ。もう買っちゃったから、受け取ってよ」

男「はい、まずはこれ」

幼「…開けても良い?」
25: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:11:18 ID:TsoPulPE
男「もちろん」

ガサガサ

幼「あ!私が欲しいって言った財布だ!」

男「通販で買いました!」

幼「雑誌見ながら、呟いただけなのに、よく覚えてたね」

幼「ありがとうー!凄く嬉しいよ!」
26: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:11:42 ID:TsoPulPE
男「プレゼントした側としても、喜んで貰えて嬉しいですよ」

幼「一生大事にするね!」

男「うん。大事にしてください」

幼「…」

男「…あー、あと一つのプレゼントなんだけどさー」

幼「…ここでクイズです!」

男「え?何、突然」
27: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:12:24 ID:TsoPulPE
幼「この革の財布ももちろん嬉しいけど」

幼「私が今、一番欲しい物、なーんだ?」

男「んん?」

幼「ヒント!それは物ではありません!」

幼「さぁ!シンキングターイム!」

男・幼「…」
28: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:12:53 ID:TsoPulPE
男「あの…それについてはさ」

男「1つ心当たりがあるんだけど」

幼「それは何?言ってみ?」

男「正解だったら、目を閉じて欲しい」

男「不正解なら、俺のほっぺにビンタしてくれ」

幼「わ、解った」
29: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:13:27 ID:TsoPulPE
男「十八歳になった、幼に、言いたい事がある」

男「幼稚園の時の誓いを、今、果たさせて下さい!」

男「陳腐な言葉で申し訳ないけど」

男「幼さん、俺と結婚を前提にお付き合いして下さい」

男「ずっと俺の傍に居て下さい」

男「お願いします!」
30: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:13:53 ID:TsoPulPE
男「…」

幼「…」

幼「男!目を瞑って、歯を食いしばって!」

男「お、おう…」

男(は、外れたか…)

幼「…」



ちゅっ
31: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:14:14 ID:TsoPulPE
男「!」

幼「せ、正解者に…ご褒美!」

男「ま、マジで?」

幼「ずっとその言葉を待ってた!」

幼「幼稚園の時の約束、覚えててくれて、嬉しいよ」

男「俺も…俺も嬉しいよ」

男「外れたかと思って、泣きそうだった」
32: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:14:46 ID:TsoPulPE
男「…俺、歯食いしばる必要あったか?」

幼「男の彼女としての、最初のサプライズです!」

幼「私が目を瞑ってたら、男からしてたんでしょ?」

男「ぉ、ぉぅ」

幼「そうはいきません!」
34: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:15:16 ID:TsoPulPE
男「…ふふっ」

幼「えへへ」

男「俺、幼の事大好きなんだな」

男「今、幼の顔見てると、心底そう思う」

幼「私、男の事、超好き!」

幼「騙し討ちで、ちゅーしたくなる位、大好き!」
35: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:15:39 ID:TsoPulPE


男「もう夜も遅いな」

幼「11時過ぎたね」

男「ど、どうするかな」

幼「どうしようね?」

男「台風情報見てみようか」
ピッ
36: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:16:08 ID:TsoPulPE
男「んー。相変わらず勢力強いって書いてあるなぁ」

男「飛行機は全便欠航だし…明日は様子見て運航か…」

幼「お父さんたち、どうなるのかな?」

男「んー。午前中は飛行機飛ばないんじゃない?」

男「空港も大混雑だろうし」

幼「そっかー」
37: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:16:29 ID:TsoPulPE
男「外、別に風強くないよね?」

幼「全然。雨はちょっと強いけど」

男「…」

幼「…ね、ねえ男」

男「うん?」

幼「そ、そろそろ、寝る?」

幼「今から風強くなって、停電するかもだし」

男「そうだなー」
38: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:17:05 ID:TsoPulPE
男「先月の教訓を活かして、ロウソクと懐中電灯用意したけど」

男「寝ちゃうかー」

幼「私、男の部屋で寝て良いんだよね?」

男「おう。あ…」

幼「…良いんだよね?」

男「お、おう…」

幼「停電したら…と思ってたよ」

男「お、おぅ…」
39: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:17:36 ID:TsoPulPE
幼「まだ、『今日』だよ?」

男「お、おぅ…」

男「じゃあ、俺の部屋で、ね、寝るか」

幼「う、うん…」
40: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:18:01 ID:TsoPulPE


男「あれ?ベッドにバスタオルが敷かれて…」

幼「言うな!」
バシッ

男「痛っ!何?幼がやったの?」

幼「…」

男「何だよ…バスタオ…ル…」

男・幼「…」
41: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:18:24 ID:TsoPulPE
幼「そ、そういう覚悟、出来てるって事!」

男「このタオル、幼のタオルだよな?」

幼「さっき家に行って取って来た!」

男「こらっ!」
ポカッ

幼「な、何で叩いたの?」

男「台風で危ないから、家に泊まるのに…」

男「外に出たら、意味ないだろ?」
42: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:19:06 ID:TsoPulPE
幼「ぶっちゃけ、雨は強かったけど、風は全然だよ」

男「観測史上最大なのになぁ…」

男「でも!とにかく!台風の時は外に出ちゃ駄目!」

幼「心配してくれてありがとう…」

男「い、いや。無事だから良いけど…」

男・幼「…」
43: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:19:27 ID:TsoPulPE
幼「そ、それじゃ、ね、寝る?」

男「お、おう…」

幼「は、恥ずかしいから、電気は消して、ね?」

男「お、おう」
カチッ

男「真っ暗だな」

幼「そうだね」
44: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:19:50 ID:TsoPulPE
男「電気消すなら、停電関係無かったんじゃないか?」

幼「そうだけど!切っ掛けが欲しかったと言うか…」

男「まぁ、俺もそうだけどさ」

幼「えへへ。真っ暗でも、男の顔がうっすら見えるよ」

男「幼の顔も、見えてるよ」

男・幼「…」


ちゅっ


男「愛してるぞ、幼」

幼「私も、愛してるよ、男」
45: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:20:28 ID:TsoPulPE



?A「ウチに居なかったって事は、こっちに居るって事だろ?」

?B「まぁそうだろうさ」

?C「アンタ達は一階で待機!」

?D「私たちが見てくるから!」

?B「娘の裸くらい別に見ても良いだろ?」

?D「絶対駄目です!」

?C「黙って、土産の温泉饅頭でも食べてなさい!」
46: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:20:57 ID:TsoPulPE
カチャッ

?C「…やっぱり」

?D「…だね」

?C「ついに結ばれたんだね」

?D「私、孫は3人は欲しいわ」

?C「私はもっと欲しい!」

?D「あ!お赤飯!お赤飯炊かなきゃ!」

?C「今日はお祝いね!」

?A&B「おーい!どうなんだー?」

?C&D「やっぱり男の部屋に居たー!」
47: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:21:20 ID:TsoPulPE
ガバッ!
男「はっ!?」

男「母ちゃん!おばさん!」

男「な、何で居るの?」

男「あ…こ、これは!そのっ!」

幼「男…うるさぃ…もうちょっと寝させてよぅ…」

男「お、起きろ!幼っ!」
ユサユサ
48: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:21:42 ID:TsoPulPE
男母「もう見ちゃったし」

幼母「全部見えちゃったし」

男「あ、あの…その…」

男母「アンタ、ちゃんと責任取りなさいよ」

幼母「男君なら、大丈夫よねー?」

幼「んぅー?お母さんの声がする…」

男「幼、ちょっと、マジで起きて」
49: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:22:20 ID:TsoPulPE
男「か、母ちゃん達っ!何で居るんだよ!」

男「た、台風は?飛行機は?てか今何時だ?」

男母「もう11時過ぎよ」

幼母「飛行機は朝一便から、全便運航よ」

男母「母さん達、第一便に乗って帰って来たの」
50: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:22:43 ID:TsoPulPE
男「あ、あの…」

幼「…あれー…お母さんとおばさんがいるー」
ぼけー

幼母「幼ちゃん!おめでとう!」

男母「幼ちゃん、男の事宜しくね?」

男母「頭は良くないけど、誠実な子に育ったと思うから!」

男母「二人とも、さっさと服着て一階に降りて来なさい」

幼母「幼ちゃんをちゃんと起こしてあげてね、男ちゃん」
バタン
51: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:23:07 ID:TsoPulPE
男「…」

幼「…あー、男。男が私のベッドに居るー」

幼「ずっと夢見てたんだー…叶ったー。えへへー」

男「幼、起きてくれ。ほら。もう昼前だぞ?」

幼「もうちょっと。良いじゃんかー…」

男「寝ぼけてる場合じゃないぞ!」

男「母ちゃん達、帰って来てて、全部見られた!」

幼「…」
52: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:25:11 ID:TsoPulPE
幼「はっ!?」

幼「い、今、お母さん達が居たような?」

男「目が覚めたか、幼。おはよう」

幼「おはよう、男。それより…」

男「あぁ…お互いの母親に、ばっちり見られた…」

幼「何で?台風は?飛行機飛んだって事?」

男「そうらしい…」
53: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:25:34 ID:TsoPulPE
幼「観測史上最大の台風はどこ行ったのよ!」

男「肩透かしだった見たいなだ」

男「…服来たら、下に降りて来いってさ…」

幼「お父さん達も居る…よね?」

男「そうだろうな…」

男・幼「…」
54: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:26:12 ID:TsoPulPE
幼「多分、ウチのお父さん、一発殴らせろ!とか言うと思う」

男「あぁ…言いそうだな」

男「けどまぁ、責任はちゃんと取るから」

男「一発殴られるくらい、なんてことないぜ」

幼「男…」

男「さ、いじられに行こうぜ!」
スッ

幼「う、うん」
ぎゅっ
55: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:26:34 ID:TsoPulPE


一ヶ月後

男「観測史上最強だって」

幼「マジで?」

幼「一ヶ月前もそう言ってなかった?」

男「だよなぁ」
56: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:27:01 ID:TsoPulPE
男「しっかし今年は台風多いな!」

幼「そうだねー」

男「しかも、またあの四人が旅行に行ってる時にって!」

幼「ひょっとしたら、四人の中の誰かが守護神なのかもよ?」

男「守護神?」

幼「守護神が居るから、普段台風来ない…みたいな?」

男「だとしたら厄介だな!旅行好きな守護神なんて!」
57: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:27:34 ID:TsoPulPE
幼「きょ、今日も泊まって行って良い?」

男「もちろんそのつもりだ」

男「て言うか、今日の台風はマジで強いな」

幼「そ、そうだよね」

幼「何か、家が揺れてる気がする…」

男「実際揺れてるんだろう」

男「風速50メートルだってよ」
58: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:27:53 ID:TsoPulPE
男「そろそろ最接近みたいだ」

男「お!瞬間最大も70メートル吹いたって」

幼「て、停電するだろうね」

男「あぁ、先に色々準備しておいて良かったぜ」

ビューーーーガタガタ

幼「ひゃっ!」
ぎゅっ
59: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:28:16 ID:TsoPulPE
男「おぉっと…大丈夫だよ、幼」

幼「風強い!怖いよ、男!」

男「…」
ぎゅうっ

幼「…」

男「大丈夫だから。俺が傍に居るからさ」

男「な?」

幼「う、うん…」

男・幼「…」


バツンッ
60: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:28:36 ID:TsoPulPE
幼「きゃっ!」

ガツンッ
幼「痛っ」

男「んがっ」
バタッ

幼「お、男?どこ?真っ暗で見えないよ?」

幼「た、倒れたの?まさか、また気絶?」

幼「こ、怖いよ、男…男!」
61: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:29:02 ID:TsoPulPE
男「うー…顎が痛い…」

幼「男っ!どこ?」

男「幼、落ち着いて」
カチッ

幼「あ、懐中電灯…」

男「用意しておいて良かったよ」

幼「ご、ごめんね、また停電にびっくりして…」

男「大丈夫だから、幼」
ぎゅうっ
62: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:29:21 ID:TsoPulPE
幼「うん…」

男「何があっても、俺が幼を守るから」

幼「うん…」

男「ずっと傍に居て、守るからさ」

幼「うん…」



幼「男と一緒なら…台風も、停電も怖くないよっ!」

幼「これからもずっとずっと宜しくねっ、男っ!」



おわり
63: ◆L0dG93FE2w 2012/12/24(月) 18:30:47 ID:TsoPulPE
これで終わりです
読んでくれた人、どうもありがとうございます

次スレは

幼馴染「クリスマス…ちゃんと伝えるんだ」


ってタイトルで立てます
割とすぐに
では。
65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 20:47:07 ID:a9qZWDX.
乙です
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/24(月) 22:01:02 ID:RKEAlsdE
あれ、これヤったの初めてかね?

だがそれすらも清々しい

乙です

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク