FC2ブログ

P「今日で契約満了ですね…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:33:01.58 ID:ECdKeJmr0
社長「そうだね。振り返ってみると、あっという間だったよ」

P「今までお世話になりました。たくさん勉強させていただきました」

社長「まあ、そんなかしこまらずに」

社長「それで、今後のことなんだがね…」

P「はい」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:37:19.92 ID:ECdKeJmr0




亜美「……はるるん、ミキミキ。今の話聞いた?」

春香「うん、壁が薄いから聞こえちゃった」

美希「危なかったの。ミキでなきゃ聞き逃しちゃうの」

春香「確か契約満了って言ってたよね。え? プロデューサーさん辞めちゃうの!?」

亜美「ヤバいよヤバいよ、えまーじぇんしーだよ!」

美希「こ、これはまずいの。このままだと…」

春香「えっ? 何?」




美希亜美「事務所が倒産しちゃうの(Yo)!!」

春香「えーっ!?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:42:07.50 ID:ECdKeJmr0
春香「…いやいや。いくらプロデューサーさんがいなくなるからって、事務所はなくならないよ」

亜美「もう! はるるんは全然わかってないよ!」

美希「春香、これは事務所の危機なんだよ?」

春香「そ、そうかもしれないけど。でも、さすがに潰れたりは…」

美希「はあ……まったく、これだからシロウトは困るの」

亜美「万年リボンと呼ばれるのも納得だよ」

春香「それは関係なくない!?」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:48:00.08 ID:ECdKeJmr0
春香「二人とも、そう言うからには、何か根拠があるんだよね?」

亜美「当然だよ!」

春香「じゃあ、どうして?」

亜美「ほら~、昔から言うっしょ? 風が吹けば桶屋が吹っ飛ぶって」

春香「うわっ、風強っ!」

美希「春香、これはことわざだよ? ハクションなの」

春香「み、美希が風邪をひいた!?」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:52:03.64 ID:ECdKeJmr0
美希「なーんか悪意を感じるの」

春香「自分の発言には感じないの!?」

亜美「だいたい桶屋さんなんてあるわけないじゃん。亜美、見たことないもん」

春香「いや、あるから。伝統の技が受け継がれてるから」

亜美「え、そうなの?」

美希「春香が住んでるとこは田舎だもんね。そりゃ桶屋ぐらいあるの。向こう三軒両隣が桶屋なの」

春香「桶屋多っ! というか田舎!? あ、あはは、今日は二人からの風当たりが強いなー」

春香「なーんて」

美希亜美「……」ジトー
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:57:00.74 ID:ECdKeJmr0
春香「えーっと、ごめんなさい…」

美希「まったく緊急事態だって言うのに、春香は自覚が足りないの」

春香「えー…」

亜美「で、桶屋さんは本当にあるの?」

春香「あっ、そこに戻るんだ…」

春香「本当だよ。最近は後継者の問題とか大変だって聞くけど…」

美希亜美「春香(はるるん)!」

春香「な、何?」

美希亜美「問題はそれなの(だYO)!」

春香「……へ?」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:00:13.96 ID:qNxf3OBB0
亜美「一般人、いや、普通人のはるるんにもわかるように説明してあげるね!」

春香「どうして言い直したの!?」

亜美「兄ちゃんが辞めるってことは、新しい兄ちゃんが来るってことだよね?」

春香「まあ、そうなるよね」

美希「でも、それでうまくいくはずないの」

春香「え? なんでわかるの?」

美希「経験的に知ってるの」

春香「経験!?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:04:25.40 ID:qNxf3OBB0
春香「ちょ、ちょっと待って。経験ってどういうこと?」

亜美「兄ちゃんが事務所からいなくなるとね」

美希「事務所は滅び、アイドル達も不幸になるの。経験的に」

春香「だから二人は何を経験したの!?」

亜美「我々は歴史から学ばなければならないのだよ」

美希「過ちを繰り返すようでは二流なの」

春香「言ってることは正しく聞こえるけど、全然納得できないよ…」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:07:53.81 ID:qNxf3OBB0
春香「というか何? いなくなると不幸になるって、プロデューサーさんは座敷童なの?」

美希「うーん、ミキ的には、違うと思うな」

亜美「でも、兄ちゃんは妖怪の一種かもね。だって、あの頭は…」

P「俺の頭がどうしたって?」

亜美「うわっ、兄ちゃん!?」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:11:07.58 ID:qNxf3OBB0
P「おいおい、そんなに驚くことないだろ?」

P「頭がアルファベットの形の人間を見たようなリアクションだな」

春香「あの、プロデューサーさん!」

P「おう、どうした春香?」

春香「実は、お話聞いちゃいました…」

P「ん? 話って?」

亜美「兄ちゃん、事務所辞めちゃうんでしょ?」

美希「ミキを置いて行っちゃヤなの!」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:13:35.75 ID:qNxf3OBB0
P「それはだな…」

社長「ははっ、君たちは何か勘違いをしているようだね」

美希「社長?」

社長「実は、事務所を辞めるのは私なんだよ」

亜美「え?」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:13:55.30 ID:WezGhChQ0
え?
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:16:03.01 ID:auswP9cTO
それはそれで大事じゃね
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:16:34.32 ID:qNxf3OBB0
春香「えーと、説明お願いしてもいいですか?」

社長「うむ。彼とは、前の職場では上司と部下の関係だったのだがね」

P「ちょうど俺が独立を考えていたときに、社長が引退すると知ってな」

P「社長の持ってるパイプが欲しくて、新事務所の代表になってもらうよう頼み込んだんだ」

社長「だが、私もいつまでも社長を任されては困るからね。社長の座はあくまで一時的という条件で契約したんだよ」

春香「なるほど?」

社長「早い話が雇われ社長だね」

社長「その契約も今日でおわりだ。ようやく老後を楽しめるよ」

P「あはは…」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:20:09.72 ID:qNxf3OBB0
P「というわけで俺は事務所に残るからな。というか俺が社長兼プロデューサーだ」

春香「そ、そうですか! えへへ、これからもプロデューサーさんとお仕事できるんですね!」

P「はは、嬉しいこと言ってくれるじゃないか。俺も春香のことは頼りにしてるからな!」

春香「ほ、本当ですか!?」

P「本当だとも。これからもよろしくな!」

春香「は、はい!」

亜美「も、もー、兄ちゃん、亜美達もいるっしょ?」

美希「ミキのこと忘れるなんて、ハニーはお茶目さんなの!」

P「あ、そうだった」



P「亜美と美希も契約満了な!」

美希亜美「え?」

終わり
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:22:19.72 ID:WUByeY/Z0
ん?んん?
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:35:08.96 ID:qNxf3OBB0
おまけ


美希「うう、ハニーってばひどいの…」

亜美「本当に捨てられるかと思ったよ…」

P「まったく、お前たちは最近調子に乗りすぎなんだ」

美希亜美「ごめんなさい…」

P「これに懲りたら先輩には敬意を持って接すること。いいな?」

美希亜美「はい…」

P「よし、じゃあ春香に謝ってこい」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:43:31.58 ID:qNxf3OBB0
亜美「はるるん、ごめんね」

美希「ミキ達、ちょっと調子に乗ってたの…」

春香「気にしなくていいよ! ただ、気をつけてね?」

美希亜美「え?」

春香「私のストレスが限界になるとね…フフッ……『閣下』が暴れだしちゃうから…」

美希亜美「ヒッ」

終われ

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング