FC2ブログ
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 15:24:48.11 ID:4HD+tSlme
アスカ「これ賭けてゲームに負けたんだから、しょうがないわ……」

シンジ「まさか、本気でくれるなんて思ってなかったのに」

アスカ「約束は守るわよ。ああもうっ、最悪!」

シンジ「……」

アスカ(あ。あの顔は、頭の中エロいことでいっぱいになっちゃってる顔ね……)ドキドキ

シンジ「……オークション……」ボソッ

アスカ「え?」
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 15:29:19.09 ID:4HD+tSlme
シンジ「……」カタカタ

アスカ「ちょっ、ちょっと、なにやってんのよ!」

シンジ「大丈夫だよ。ここ、わりと紳士的なサイトだから」カタカタ

アスカ「こんなもん扱えるオークションサイトが紳士的なわけあるか!」

シンジ「写真、ちゃんと目は隠しとくからね? よしっと」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 15:35:07.90 ID:4HD+tSlme
ピッ
ピッ

アスカ「うわ……」

シンジ「凄いや、もう二つも入札あるなんて」

アスカ「取りやめなさい! 今すぐ!」

シンジ「そんなことしたら、僕のアカウントに悪い評価が付いちゃうじゃないか」

アスカ「どーでもいいでしょそんなことっ」

シンジ「良くないし、アスカ、心配しすぎだってば」

アスカ「あ……そ、そーよね。冗談よねこんなの。ちゃんと救済策があるんでしょ?シンジ」

シンジ「うん。まだオークション期限終了まで一週間あってゆっくり待てるから、心の準備できるよ」

アスカ「」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 15:44:09.19 ID:4HD+tSlme
一週間後

アスカ「……ぁぁぁ……ぁぅぅぅ……」

シンジ「な、なに唸ってるのアスカ。なんか怖いよ」

アスカ「あんたのせいでしょーが!!!」

アスカ(中止させようとしたのにバカシンジのパスが分かんないし、自分で入札しようにも額が上がりすぎて手が出ないし。世の中スケベが多すぎんのよ!)

シンジ「そろそろ時間になるね」

アスカ「……」

シンジ「アスカ、見て。240万まで上がってる! 凄いや」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 15:46:01.99 ID:pB/Vx6Ah0
あんなキツいことやっておきながら240万円も払えないのかwwwwwww
ネルフはブラック過ぎるだろwwwwwww
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 15:51:19.81 ID:4HD+tSlme
ピッ
ピッ
ピッ

シンジ「もっと上がってく……やっぱり、終了間際のラッシュが一番激しいみたい」

アスカ「あああああもうっ、この際思いっきり高値になりなさいよ! 目隠ししてるとはいえこの私を好きにできる権利なんだから!」

ピッ
ピッ
ピッ

シンジ「一気に倍以上になってく……でも、そろそろ終わるね」

ピッ

シンジ「アスカ、終わったよ」

アスカ「687万3600円……これが私の値段……」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:06:37.77 ID:4HD+tSlme
アスカ「で―――この『LOVEoppai_2015』とかいう変態のところに私は売られるわけね」

シンジ「そうだけど、でもこのアカウントは綾波だから」

アスカ「はぁ!?」

シンジ「綾波に言って、僕が作っておいてもらったんだ。せっかくアスカの身体を貰ったから、どのくらいの価値か確かめておきたくて」

アスカ「あ……あ、あんたバカァ!!?? そんなふざけた事のために、私がどれだけ……!!!」

シンジ「ごめん」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:08:01.31 ID:4HD+tSlme
アスカ「サイッテー!!! せめて先にカラクリ説明しときなさいよ! っていうか、しててもサイテー!!!」

シンジ「ごめん。それと一応この金額、父さんの口座からアスカと僕の口座に半分ずつ振り込まれるから」

アスカ「……ホントに!? 343万6500円!?」

シンジ「うん」

アスカ「振込手数料はどっち持ち??」

シンジ「あっち」

アスカ「そ、そう……まあ、そういうことなら許してやらなくも……うん」

シンジ「……でもこれだったら、真希波の券のほうが高値が付いたな……」ボソッ

アスカ「今なんて?」
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:14:22.88 ID:Vj9/nD8Ce
シンジ「いや、だから、真希波がさ」

アスカ「待ってやっぱり言わなくていい」

シンジ「『好きにしていい券』って実は今流行ってるのかな?」

アスカ「流行るわけないでしょーがっっ」

シンジ「でもみんなくれるから……」

アスカ「」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:16:50.77 ID:Vj9/nD8Ce
シンジ「初めにくれたのは、マナだったんだ」

アスカ「スパイ女が!? あいつ、やっぱり変態だったのね」

シンジ「アスカだって同じことしたくせに。で、それを真似て綾波が」

アスカ「人形のくせに! 人形のくせにぃ!」

シンジ「面白がって真希波も」

アスカ「コネメガネ……裏切り者……」

シンジ「まあ、一番高くで売れたのはカヲル君だったんだけど」
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:24:59.64 ID:Vj9/nD8Ce
アスカ「渚が……? ふん、どっかの金持ちBBAでも食いついたってわけね」

シンジ「ううん。落札したのはいい感じのホモだった」

アスカ「なんで知ってんのよ。第一落札は、要するにあんたの指示でするんでしょ?」

シンジ「それが、カヲル君の時は手違いでホントに……対応しないとアカウントに悪い評価付けられちゃうから、ちゃんと手渡ししてきたよカヲル君」

アスカ「どうりで、最近見ないなー……って」

シンジ「ねえアスカ。話変わっちゃうけど、アスカってどんなことされたいの?」

アスカ「質問が抽象的すぎよ」

シンジ「えっと……だからあの、性的な意味で。どんなことされるのが嬉しくて、キモチイイのかなって」

アスカ「!?」
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:32:44.58 ID:dVx+Lkdce
シンジ「僕、してもらうより、女の子にしてあげる方が好きなんだ」

アスカ「んな、なに言い出してんのよいきなり」

シンジ「この券。結局、僕が貰ったままなんだから、アスカの身体は僕のだよね?」

アスカ「う。そ、そうなるわね」

シンジ「だからその取り扱い説明が欲しいんだ。教えて、アスカ」

アスカ「そんなこと……っ、急に言われたって、私だって……な、なに言えばいいかも思いつかないわよ!バカ!」

シンジ「……そっか。じゃ、部屋行こうよ。慌てなくていいから、ゆっくり色々―――」

アスカ「あ……」
38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:34:28.32 ID:dVx+Lkdce
―――

ミサト「たっだいまー!」

シンジ「おかえりなさいミサトさん」

ペンペン「クェー」

ミサト「ん~。おかえりの声がひとつ足りないわよーアスカ」

アスカ「シンジ……シンジぃもっとぉ……♥」スリスリ

ミサト「…………なにしてんの?」
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:36:50.04 ID:dVx+Lkdce
シンジ「え、えっと。なにってわけじゃないけど……ちょっとやり過ぎちゃったみたいで」

アスカ「……好きなの……♥ ぁぁ、シンジぃぃ……」

ミサト「ふーん。よく分かんないけど、ま、仲が良いのはいいことよね。シンちゃん、ビール出しといてくれる?」

シンジ「あ、はい」
40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:39:37.45 ID:dVx+Lkdce
ミサト「ぷっはー!!! くぅぅぅぅ効くわ~~~」

シンジ「……おっさんそのものだ」

ミサト「なんか言った?」

シンジ「いえ。ただ、ミサトさん、少しはお酒の量減らしたほうがいいんじゃないですか?」

ミサト「だ~い丈夫よこのくらい」

シンジ「僕には、ほとんどアル中みたいに見えますけど……」

ミサト「ぎゃはははは! 心配性ねえシンジ君は。ぜ~んぜん中毒なんかじゃないわよ。止める気になればすぐ止められるんだから」
42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:42:56.62 ID:dVx+Lkdce
シンジ「……」

ミサト「んぁ? その目は、さては信じてないわね?」

シンジ「ええ」

ミサト「よーし分かった! じゃあやってやろうじゃない、禁酒ってやつを!」

アスカ「んふー♥」ゴロゴロ

ミサト「今日から一週間、いえ二週間! 一切お酒を飲まずに過ごしてみせるわ!!」

シンジ「ミサトさんが? 無理ですってば、絶対」

ミサト「なら、賭けでもしましょ」
45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 16:47:27.84 ID:JL+na44ze
ミサト「私が見事酒断ちをしたら、中毒じゃないしコントロールして飲めてると認めること!」

シンジ「……いいですけど」

ミサト「にひひ。そーしたら今後は、酒量について子供に口出しなんてさせないわよ~」

シンジ「それで、もし結局禁酒に失敗したら、その時はどうするんですか?」

ミサト「その場合は……んー……よし! シンちゃんに私から、ビッグでハッピーなプレゼントをあげちゃう!」

シンジ「プレゼント……」

ミサト「なんと! このナイスバディ美人お姉さんの身体を好きにできちゃう券よ!! うわぁ豪華!」

シンジ(やっぱり、流行ってるんだ)

シンジ「それはいりません」



終わり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

話題の記事

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング