FC2ブログ
1: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 21:59:05.78 ID:BT/ZXUba0
(事務所)

P「~」ペラペラ

愛海「~」ペラペラ

テクテクテク...

慶「(あ、プロデューサーさんと愛海ちゃんだ。レッスン終わったのに…帰らないで何の話をしてるんだろう?)」

慶「(…ちょっと気になるな)」

コソリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522069145
2: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:00:10.07 ID:BT/ZXUba0
愛海「…だからね、プロデューサー。お山の価値は大きさで左右されるようなものじゃないんだよ」

P「でも、雫山には普段よりテンションあがってるじゃん」

愛海「ちっちっち甘いね。そりゃ大きいとあたしだって燃えるけどさ、小さくても同じくらい愛おしさを感じるんだよ」

P「ほう」

愛海「例えば、プロデューサーは松坂牛のステーキを目の前に出されたら嬉しいでしょ?」

P「嬉しいなぁ」

愛海「そう嬉しい。でもさ、寝る前の質素な梅茶漬けとか緑のたぬきも最高でしょ?」

P「確かにどちらも違った美味しさがある」

愛海「あたしにとってのお山はそれと同じなんだよ。優劣はつけられないのさ☆」ジュルリ

P「的確な例えでスッと頭に入ってくるよ。なんか腹立つけど」

愛海「うひひひ。プロデューサーさんだって同類のくせに♪」ワキワキ

P「そうだけどさ」

愛海「うん?」

P「俺はやっぱり大きい方が好き」

慶「…!」ガ-ン!

愛海「まだまだお子ちゃまだねー」フゥ

P「やかましい変態」

愛海「あたしは純粋なる求道者だよ!」カッ!

慶「(小さい人は範囲外…大きい人が好き…)」フラフラ
3: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:00:41.31 ID:BT/ZXUba0
(後日)

慶「…」ムス-

柚「ねえプロデューサーサン。どうして慶サンは部屋の隅っこでいじけてるの?」

P「わからない。俺も困ってるんだ。朝から機嫌悪くて、柚のレッスン終わった後はずっとあのままだし」

柚「プロデューサーサンが何か変なこと言ったとか?」

P「まさか」

柚「『ささみが不味い!』とか」

P「慶のささみは不味くはないんだよ。不味くは。毎日食わされて飽きてるけども」

柚「ふむ…謎は深まるばかりだね」

P「やっぱり直接話すしかないな。慶、さっきからいじけてどうしたんだ?」

慶「ふーん!」プイ-

P「取りつく島もない」

柚「慶サンどうしたの? 何かプロデューサーサンが悪いことしたの?」

慶「…」ジ-

柚「?」ポヨ-ン

慶「柚ちゃんは15歳でしたよね?」

柚「うん? そだよ?」

慶「バストは80…さらに成長の可能性がある、と」ボソリ

柚「???」

慶「ふーん! 柚ちゃんも敵です!」プイ-!

柚「ええええ!?」ガ-ン!

慶「ふんふーん!」プンスカ
4: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:01:21.25 ID:BT/ZXUba0
柚「け、慶サンに敵認定されちゃった…!」ワナワナ

P「いや今のは柚は悪くないぞ。よしよし」

柚「ひーん! プロデューサーサーン!」ガシ-

慶「…!」

慶「ふ、ふんっ! ふーん! やっぱり小さくない子しか相手しないんだ! ふーん!」プンスカ

P「今のは慶が悪いだろ。柚に謝りなさい」

慶「…」

慶「フン」

慶「ごめんなさい。柚ちゃん」ペコリ

P「素直だよなぁ」

柚「い、いいよ。それよりどうしたの? 事情もわからず怒ってたら柚もプロデューサーサンも心配しちゃうよ」

慶「…」

柚「よかったら話してもらえるカナ?」
5: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:02:16.73 ID:BT/ZXUba0
慶「…」

慶「プロデューサーさん」

P「何?」

慶「昨日! あなたはとんでもない爆弾発言をしたんです!」カッ!

P「俺!?」ガ-ン!

柚「ほら! やっぱりプロデューサーサンのせいじゃん! プロデューサーサンの発言じゃん!」

P「いうてもまるで記憶にないんだけど」

慶「ふーん!」プンスカ

柚「どんな小さなことでもいいから思い出してよ」

P「小さい…ねぇ」

慶「!」ピクリ

P「駄目だ。まるで思い出せない」

慶「プロデューサーサンは小さいものなんて目に入らないということですね!」プンスカ!

P「えぇ…」

慶「ふーん! どうせ大きくなんかないですよ!」プンスカ!

柚「大きくない?」

P「ん…?」

P「…」

P「あ」ピ-ン!
6: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:04:22.53 ID:BT/ZXUba0
柚「いま何か思い出したね。プロデューサーサン」

P「も、もしかしてBの話?」

柚「B?」

P「B・U・S・TのB」

柚「びーゆーえすてぃーって…バスト!? 誰とそんな話ししてたの!?」

P「愛海」

柚「うっわ。サイテー」ジト-

P「だ、だって誰もいなかったし! つーか、慶聞いてたのかよ!?」

慶「ふーん! たまたま聞こえちゃったんだよ! ふーん! ふんふーん! ふーん…ふん…っ…うぅ…」グズッ

柚「な、泣いてる…?」

慶「ひーん! なんで大きいのが好きなんて言うのー!」シクシク

P「えぇ…」

柚「これはプロデューサーサンに全面的に非があるね」

P「待って!? 俺が悪いの!?」

柚「悪い! 慶サンに謝るべきだよ!」

慶「謝るべきだよ!」カッ!

柚「あ、泣き止んだ」
7: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:04:51.49 ID:BT/ZXUba0
P「慶は別に小さいってわけではないじゃん。ただ若干サイズが物足りないだけで」

慶「物足りないと思われていることが問題なんでしょうがァ!」バ-ン!

P「ヒェ」

柚「柚は? 柚はどうかな?」

P「ちょうどいい」

柚「ふふん♪」

慶「ふーん! プロデューサーさんなんてもう大っ嫌いです! 小さい人差別をする人なんて最低です!」プ-イ!

P「いやいや。差別なんかしないって」

慶「嘘です! 私を見る時の視線は『スケベ視線』じゃありませんから!」

P「そんな目線、誰にも向けたことねえよ!」

慶「美波さんや夕美さんにはしょっちゅう向けています! とりわけ水着の時には!」

柚「そうなの?」

P「ソンナコトナイヨ」

柚「うっわ」

慶「ほら目をそらしています! 嘘ついてます! 獣の本性を現して人の身体を舐め尽くすように見たらどうですか!」

P「な、舐めるようには見てないから!」

慶「でもスケベ視線を向けることがあることは認めるんですよね?」

P「…まあ」

慶「卑劣! 極まりない!」カッ!

P「散々な言われようだ」
9: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:06:56.32 ID:BT/ZXUba0
柚「やーいスケベー」ヤンヤヤンヤ

P「うるさい。スケベな身体をしている方が悪いんだ。美波とか見ずにはいられないに決まってるだろ。見ない方が失礼だ」

柚「柚の水着姿は?」

P「柚のもまあスケベだと思う」

柚「ふふん♪ 最低だね~♪」

慶「ちくしょうです! 柚ちゃんは私の味方をしているようでストライクゾーンを探っているだけの策士です! まんざらでもない表情です!」

P「ていうかさ」

慶「なんですか!」

P「慶は水着姿を見せたことがないよね」

慶「!」ギクリ

柚「そういえばトレーナーサンだもんね」

P「見たいなー。でもトレーナーだしなー。アイドルになれば見れるのになー」スッ

【契約書】テ-ン!

慶「こ、この機会にスカウトしようとするのはずるいですよ! 私は三足のわらじなんて履きませんから! 履けませんから!」カッ!

柚「YOU。アイドルになっちゃいなよ」

慶「ええい! なりません! 水着姿が見たいなら今度海に連れて行ってください! 他の人に見られるのは恥ずかしいので2人きりでです!」カッ!

柚「え?」

P「ほう」
10: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:07:27.85 ID:BT/ZXUba0
柚「駄目だよプロデューサーサン。騙されちゃ駄目だよ。これは巧妙なわなだよ。うまくデートに連れて行ったもらおうとしているよ」

P「夏に行こう!」グッ!

柚「このスケベ!」

P「スケベで結構。柚も一緒に行こう」

柚「なら許す♪」コロリ

慶「…」チィ
11: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:08:46.69 ID:BT/ZXUba0
カチャ

藍子「おはようございます♪ あら、柚ちゃん。レッスンは午前中で終わりですよね?」

柚「あ、おはよう。藍子チャン。レッスンは終わったけどプロデューサーサンたちとお話ししてたんだ」

藍子「ふふふ、いいですね♪」

慶「よくありませんよ! 藍子さん!」カッ!

藍子「ど、どうしたんですか。すごい剣幕で」

P「や、やめなさい。慶」

慶「ここだけの話…プロデューサーさんは小さいものは範囲外なんだそうです」

P「ちょ!?」

藍子「…」

藍子「オパイノハナシデスカ?」

慶「オパイノハナシデス」

藍子「…」ハイライトオフ

P「あの…藍子さん?」

藍子「ふーん! ふんふーん!」プンスカ!

P「うわァァァ! 感染しやがったァ!」
12: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:10:39.45 ID:BT/ZXUba0
藍子「プロデューサーさんなんかふんです! こんちくしょう! ふんふんふん!」ペシペシ!

P「痛い痛い。二の腕をペシペシ叩くのはやめてください」

藍子「ふーん! やめてほしかったら頭を撫でてください!」カッ!

P「よしよし」サスサス

藍子「ふーん! ふんふんふーん♪」スリスリ

柚「あ、攻撃するふりをしながら全力で甘えにいってる!」

藍子「まだ私は怒り心頭ですよ♪ ついでにハグしてください♪」スリスリ

P「致し方ない」ギュ-

藍子「♪」ギュ-

慶「…!?」ガ-ン!

慶「あ、藍子さん…裏切ったの…!?」ワナワナ

藍子「何のことでしょう♪」ギュ-
13: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:11:24.28 ID:BT/ZXUba0
慶「ひ、卑怯です! スポーツマンシップに反していますよ! こんな企みは!」カッ!

藍子「ふふふ、慶さん。何を甘っちょろいことを言っているのですか? ここは知恵と愛嬌が物をいう弱肉強食の現代社会。ないものばかりを悔やんでも淘汰されるだけなのですよ」キリッ

藍子「いま自分にあるものをきちんと見つめる。そして自分の武器を自覚する。それが持たざる者の生き残り方なんですよ」クワ-

慶「!!!」

柚「プロデューサーサン。柚も柚も」

P「ほい」ギュ-

柚「ほほう。悪くありませんな♪」ギュ-

慶「!!!」

慶「わ、私も…」ヨロリ

藍子「そろそろレッスンの時間ですね。慶さん。よろしくお願いします♪」パッ

慶「」

P「あ、いつの間かそんな時間か」

柚「プロデューサーサン。一緒に帰ろう」

P「よしきた。帰りにゲーセンでも行こうか」

柚「もっと大人っぽいとこがいい」

P「ホームセンターとか?」

柚「どういうチョイスなの!?」ガ-ン!

P「DIYを共にしよう」

柚「やーだー! つまんないっ!」

P「じゃあ美味しいご飯食べに行くか」

柚「よろしい。エスコートしたまえ♪」コロリ

P「じゃ、2人ともお疲れ様。後は頑張って」

柚「早く~♪」

キャッキャ♪
ワイワイ♪

テクテク...パタン

慶「」

藍子「慶さん。レッスンしますよ」
14: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:11:57.59 ID:BT/ZXUba0
(レッスンルーム)

慶「私の! 私の何が駄目だというんですか!」バ-ン!

藍子「…」

慶「ひーん! 毎日ささみも食べてるし! マッサージしてるし! 頑張ってるのに~!」ヒ-ン!

藍子「駄々をこねるのはやめてください」クワッ!

慶「!」

藍子「先ほど。私が何を言ったのか覚えていますか?」

慶「…も、持たざる者であることを自覚する、ですか?」

藍子「そうですよ。私たちにはBがありません。残念ながらこれから先、成長する見込みも薄いでしょう」

慶「…クスン」

藍子「ですが…生き残る術は必ずあります。私が先ほど見せたように。プロデューサーさんを籠絡するチャンスをものにするのです」

慶「…!」

藍子「さあ、今日のレッスンの時間は後回しにして慶さんの話をしましょう。それこそが有意義な時間の使い道だと思います」クワッ!

慶「ゆ、ゆるふわ先生…! どうして私にそこまで優しくしてくれるのですか…!」

藍子「ふふふ…昔の私に似ていたからですよ…♪」

慶「せ、先生…!」ジ-ン!

藍子「まずは自己啓発からですよ。私は甘くありませんから。付いてきてください!」

慶「はい!」
15: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:12:44.44 ID:BT/ZXUba0
【こうしてゆるふわ先生による地獄のレッスンが始まった】

藍子「では、鏡に映っている自分に向かって『私は小さいです』と大声で叫んでください」

慶「い、言えません…!」ガクガク

藍子「…私はお願いしているのではありませんよ? 命令をしているのです!」カッ!

慶「ヒィィィッ!」ガタガタガタ!

藍子「さあ! 昨日までの自分にはグッバイです! 大声で叫んでください!」

慶「わ、私は小さいです!」カッ!

藍子「もいっちょ!」

慶「私は小さいです!!!」

藍子「次はシャツを脱いでください! 私にはわかります。慶さんは運動用のスポーツブラを着けているにも関わらず、パッドでサイズを盛っていることを!」

慶「何故それを!」ガ-ン!

藍子「私の鍛え抜いた観察眼を舐めないでください。さあ! パッドを取り、真の自分を見つめるのです!」

慶「あ、ちょ! 無理矢理取らないでー!」

ガシッ!
ポ-イ! ポ-イ!

藍子「だいぶスッキリしましたね」

慶「うわァァァ! 嫌だァ! こんなの私じゃないッ!」ブンブンブン

藍子「そんなことをしていると『シャドウ』が出てきますよ!」カッ!

慶「ペルソナ4の世界じゃないですか!」

藍子「ほら! 『我は影真なる我』って来ちゃう前に努力です! ふぁいとです!」

慶「認め…たくない! やっぱり認めたくないよー!」ヒ-ン!
16: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:13:15.24 ID:BT/ZXUba0
【ゆるふわ先生のレッスンは厳しく】

慶「…」ムシャムシャムシャムシャ

藍子「ささみを食べるのは禁止です!」カッ!

慶「な、何故ですか! これは筋肉を付けて、よりよい身体を作るために…!」

藍子「嘘をついてますね。マストレさんに聞いたので知ってますよ。そのささみはサイズを大きくするためのものであると」

慶「!」ドキッ!

藍子「ささみが悪いわけではありません。しかし、今の慶さんはささみに『大きくなれたらいいな』という願望を抱いているのです。それはいけません。小さくてもいい。ありのままの自分を愛せるようになるために、ささみを捨てましょう」カッ!

慶「い、嫌です! これは私のライフワークなのです!」カッ!

藍子「甘えるな!」ガシ-

慶「あ…あああ…嫌ッ…! ささみを…ささみを持っていかないで~!!!」

藍子「これはフライにしてプロデューサーさんの晩ご飯にします。ささみも本望でしょう」テクテクテク

慶「うぅ…グスッ…いつか…いつか復讐してやるぅ~…覚えといてくださいよ~…!」シクシクシク
17: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:15:26.70 ID:BT/ZXUba0
【時代錯誤とも言える熱血な指導は続いた】

藍子「復唱! 私は大きくありません!」

慶「はい! 私は大きくありません!」

藍子「小さくても素晴らしい!」

慶「小さくても素晴らしい!」

藍子「もしも大きくなれる薬があると言ったら?」

慶「え…!」パァァァァァ!

藍子「嘘です! そんなものありません! 夢を見てはいけません! 現実を受け入れるのです!」

慶「ちくしょう! 私は小さいです! 小さくてもいいです!」カッ!

藍子「そうです!」
18: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:16:36.54 ID:BT/ZXUba0
【そして…】

慶「先生…ありがとうございましたッ!」ビシッ!

藍子「よく…乗り越えましたね…」ガシッ!

慶「ゆるふわ先生…!」

藍子「慶さんはもう小さくなんかありません。Bは物足りないと言われるかもしれませんが…人間性の大きさは誰にも負けませんから」ニコリ

慶「うぅ…ありがとうございます…!」

藍子「さあ! 行ってきてください! 生まれ変わった自分を信じて!」

慶「はい!」

タッタッタッ...!
19: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:17:32.82 ID:BT/ZXUba0
(事務所)

P「~」ペラペラ


愛海「~」ペラペラ

慶「(あ、プロデューサーさんだ。ようし…もう私は自分の小ささなんかにとらわれないから!)」

慶「(…あれ? また愛海ちゃんと話してる)」コソリ

P「だからな。大きいに越したことはないんだって」

愛海「わかってないなー。プロデューサーさん。チョコベビーは小さいからこそ美味しいんだよ」

P「チョコベビーには数があるだろう。山は平等に2つだけだ」

愛海「それは違うよ!」ロンパァ!

P「…なんだと」

愛海「あの透明な容器からチョコベビーを2粒取り出して食べることを考えてみてよ…ガバッと食べるのはもちろん美味しい…でもね、あのちんまりとした粒を味わって食べる…それもまた別の美味しさがあるんだよ…!」

P「くっ…!」

愛海「だから! サイズじゃないの!」バ-ン!

P「それでも…それでも…」ワナワナ

愛海「?」

P「俺は大きいのが好きだ!」バ-ン!

愛海「!」

P「これだけは譲らん!」

愛海「…ふっ。負けたよプロデューサー」

P「愛海…」

愛海「でも、あたしの信条は変わらない。考え方は違うけど。あたしたちは同士だよ」スッ

P「…ああ!」スッ

ガシッ!

2人「「はっはっはっ!」」

慶「…」ハイライトオフ
20: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:19:04.48 ID:BT/ZXUba0
(次の日)

P「…あの」

慶「ふーん! ふんふーん!」プンスカ

P「慶さんや。俺の机やらカバンやらロッカーやらに超スレンダーボディの女性が載った雑誌が大量に詰め込まれているんだけど。何かしらない?」

慶「ふーん! 知りません! ふんふん! それを見て好みのタイプを変えるまでふーんです!」ブンスカ

P「小さいのも嫌いじゃないんだけどなぁ」ペラリ

慶「ふんっ!」プ-イ

終わり
21: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/26(月) 22:21:14.11 ID:BT/ZXUba0
以上です。
お読みいただきありがとうございました。

いうても慶ちゃんのサイズは小さいうちに入らないと思います。
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/27(火) 04:54:05.01 ID:7c83gp8ko
ルキトレちゃんかわいいなぁ!
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/28(水) 07:41:38.21 ID:RRiqm6RpO

良かった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ