FC2ブログ

シンジ「えっ?耳かき知らないの?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:07:03.641 ID:jnX+QueG0
アスカ「知らないわけないでしょ?その耳かきはなんなのって聞いてんのよ」

シンジ「ああそうか。海外だと耳かきって綿棒か。これは日本式の耳かきだよ」

アスカ「その木の棒が?痛くないの?」

シンジ「こっちの棒が良く取れて気持ちいいよ?」 カキカキ

シンジ「っ…///」 カキカキ

アスカ「うわぁ…腑抜けた顔してるわね…」

シンジ「アスカもやってみる?」

アスカ「…。やってみようかしら」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:11:24.659 ID:jnX+QueG0
シンジ「はい。こっちおいで」 ヒザポンポン

アスカ「はあ!?/// あんた何やろうとしてんのよ!!///」

シンジ「何って…ヒザに頭乗せないと耳かきできないよ」

アスカ「それよこしなさいよ!!私がやるから!!」

シンジ「慣れてないと耳の中で傷つけちゃうから…」

アスカ「…///」 ポフン


シンジ(恥ずかしいのかな?顔が耳まで真っ赤…)
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:15:51.580 ID:jnX+QueG0
シンジ「じゃ、やるね?」 スッ

アスカ「ひゃん!///」 ブルッ

シンジ「うわっ!危ないよ!」

アスカ「だ、だって!…///」

シンジ「我慢して!じゃなきゃできないよ!」

アスカ「うう~…こんななんて…」

シンジ「いくよ」 スッ

アスカ「はぅうっ!…///」 ブルル
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:24:32.891 ID:jnX+QueG0
シンジ「~♩」 カキカキ

アスカ「っぁ…ひっ…/// んん…ぅあっ…///」ビクン

シンジ「そ、そんなにくすぐったい?…」カキカキ

アスカ「んん~…///」 (くすぐったいというか…///) ビクビク

シンジ(み、妙に色気ある声だ…///) カキカキ


アスカ「ひゃ、ひゃやく終わらへなはいよ!」

アスカ「う…あっ!あっ!」

シンジ「はい。左耳終わり」

アスカ「は、はぁぁぁ…」ヘニャン

アスカ(ヤバいこれ…ハマったかも…イク所だった…)
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:30:19.554 ID:jnX+QueG0
シンジ「どうだった?」

アスカ「右耳も」

シンジ「えっ?」

アスカ「右耳もやんなさいよ!」 クルン

シンジ「あ、アスカ?僕の方に向いて頭置かなくても///」

アスカ「動くの面倒くさいでしょ?早く!」 ドキドキ

シンジ「わ、分かったよ」スッ

アスカ「んん!…///」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:36:42.399 ID:jnX+QueG0
アスカ「ひん!/// あっ、うう…///」 ビクビク

シンジ(かなり気に入ったみたい…でも、声が…///)カキカキ


アスカ「ぁん!…ひぅぅ…///」 モジモジ

アスカ(あああやばい…シンジの匂いも相まって頭がポーッとしちゃう…)

シンジ「取れる取れる♩」カキカキ

アスカ「っ!あっ!あっ!///」ビクビク


シンジ「はい、終わり」 フーッ

アスカ「…っ!!!! ~~!!!!///」 ビクビクビク ギュウウウウ

シンジ「うわわっ!あ、アスカ!?」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:43:11.207 ID:jnX+QueG0
アスカ「はぁっ!はぁ…はぁぁ…♡」 ヘニャン

シンジ「あ、アスカ?大丈夫?」

アスカ「だ、大丈夫…!?」 ハッ

シンジ「なんか濡れて…」

アスカ(ヤダわたし…お漏らししちゃった!?) ガバッ

アスカ「あっ、あっ…」 カアアアアア

シンジ「た、タオル」

アスカ「いやぁぁあ!!」 ダダダダ

ガチャ バタン!!!!
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:49:14.542 ID:jnX+QueG0
アスカの部屋

アスカ(私バカァ!!??)

アスカ(バカシンジの前でイクって…!!!!)

アスカ(し、しかもお漏らしとか!!)

アスカ「うう…」 ジワ


ドンドン

アスカ「!」 ゴシゴシ
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 22:53:57.330 ID:jnX+QueG0
ガチャ

シンジ「あ、アスカ…」オロオロ

アスカ「…何よ。」

シンジ「いやほら、その、あの、」オドオド

アスカ「お漏らしした私を笑いに来たわけ?」キッ

シンジ「ち、違うよ!その、…ごめん」

アスカ「あんたが…」

シンジ「?」

アスカ「あんたが耳にフーッてするから…」ジワ

アスカ「わ、私っ…変態になっちゃったじゃないのよぉ…」 ポロポロ

シンジ「あ、アスカ?」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 23:03:18.652 ID:jnX+QueG0
アスカ「あああん…えっぐ…ううう…」 ポロポロ

シンジ「アスカ?泣かないで…僕はなんとも思ってないから!」アセアセ

アスカ「ひっく…ほ、本当ね…よ、良かったわ…」 ポロポロ

シンジ「うん!大丈夫だよ?」

アスカ「し、シンジにっ…嫌われたらどうしよって…ひっく…思って」 ポロポロ

アスカ「は、恥ずかしくて…この私がシンジの前でって思うと…」

アスカ「わ、私シンジの事好きだから…」


シンジ「!!??」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/05(火) 23:09:59.241 ID:jnX+QueG0
シンジ「あっ…えっと…」

アスカ「ひっく…こんな私にも優しいから…無愛想なのに…」

シンジ「…だ、抱きしめていい?」

アスカ「…」 コクン



終劇

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ