FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:30:07.68 ID:cD3+PP9i0
菜々「仕事ですか、ハイ、ナナがんばっちゃいますよー!」




※内容はひどいです

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1367069407
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:32:14.72 ID:cD3+PP9i0
P「よし、がんばってくれ」

P「あ、これ仕事内容の詳細だから、目を通しておいてね」

菜々「はい…え、あれ、これって…え、えぇえええええええええええ!!!!?」

P「頼んだぞ」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:33:33.33 ID:cD3+PP9i0
ブロロロロロロロロロロロロロロロ

ヒュウウウウウウウウウ

(カメラに向かって)

菜々「な、ナナはいまぁ、ヘリコプターではるか上空にいます!」

菜々「こ、これからぁ!ナナは!下のライブ会場まで降下します!」

菜々「ナナの勇士…み、見ててくださいね!!」

菜々「い、いきますよぉー!」

菜々「(こんなの…怖すぎですよぉ……)」

菜々「(けど仕事ですもんね…しっかりやりとげないと…)」

菜々「いきます!てやぁーーー!!」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:35:28.89 ID:cD3+PP9i0


ひゅうううううううううう



菜々「ひいいぃいいい!!!あ、だ、ダメですこれ」

菜々「こ、こわいぃいいいい」

菜々「お、おかあさーーーーん!!!」

菜々「ハッ、ぱ、パラシュート、パラシュートひらかないと・・・」

バッ

菜々「うぅ・・・パラシュートで降下はゆっくりになりましたけど、それでもやっぱり怖いですね…」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:36:46.73 ID:cD3+PP9i0

ワーワー
オリテキタゾー
ナナチャーン

菜々「あ、ライブ会場が見えてきましたね。よし、調子取り戻して……」

菜々「みなさーん、ウサミン星からナナがきましたよー!」

ワーワー
ウサミーン

菜々(よし、このまま気持ち切り替えて、ライブがんばろう!)



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:38:34.74 ID:cD3+PP9i0


―事務所―

P「すまん、あんな幸子みたいな真似させて…」

菜々「い、いいんですよ、無事におわったんですから。」

P「あんな役は、多分今回だけだと思うから、安心してくれ」

菜々「そうだとありがたいですね…。でも、どうしてあんな仕事がナナにまわってきたんですか?」

P「あぁ、幸子の仕事がたまたま流れてきてな…」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:40:05.41 ID:cD3+PP9i0
菜々「プロデューサー、気のせいか目が泳いでませんか?」

P「そ、そんなことはないぞ?」

菜々「ピピッ!ウサミン星から電波を受信しました!プロデューサーは嘘をついてますね!

P「だ、だって言えるわけじゃないじゃないか!スカイダイビングでおっぱいぷるんぷるんしてる菜々が見たかっ

たなんて!」

菜々「…え?」

P「あ」

菜々「ぴ、ピピッ!あ、う、ウサミン星がピンチみたいなので菜々は帰りますね!お、お疲れさまでしたっ!」

P「あ、おい!菜々!菜々ぁーー!!!!」






10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:41:05.12 ID:cD3+PP9i0
―菜々の家―

菜々「ぷ、プロデューサーが菜々の胸を、胸を…」

菜々「やっぱりプロデューサーも男だったんですね、ってそれよりもっ」

菜々「明日からどんな顔してプロデューサーに会えばいいんですか」

菜々「こんなときは…」

チラッ

ビールビール

菜々「と、とりあえず飲みましょう!それで今日あったことは忘れよう!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:42:10.27 ID:cD3+PP9i0
―数刻後―

菜々「うーん…むにゃむにゃ…もう飲めませーん」

菜々「zzz……プロデューサーさーん……」

菜々「……うへへへへ……すぅーすぅー」

トゥルルルル
トゥルルルル

菜々「zzz……あぁん……」

トゥルルルル
トゥルルルル

菜々「…だめですよぉ……そこはぁ……zzz」

トゥルルルル
トゥル……

菜々「すやすや」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:42:49.52 ID:cD3+PP9i0




―翌日―

P「お、おはようございます」

ちひろ「ど、どうしたんですかプロデューサーさん、ひどい顔してますよ」

P「あ、あはは、ちょっと担当アイドルと電話がつながらなくて心配で…」

ちひろ「もう、だからってちゃんと寝ないとだめですよ」

P「はい…。ところで菜々はまだきてないんですか?」

ちひろ「菜々ちゃんなら、もうレッスン場へ行ったとおもいますけど」

P「わかりました。ちょっと行ってきます」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:44:37.62 ID:cD3+PP9i0


―レッスン場―

菜々(事務所でプロデューサーと顔合わせづらいよぉ…)

ガラガラッ

トレーナー「あら、おはようごz…」

P「菜々ぁっ!」

菜々「ぷ、プロデューサー!」

凛(え、何この空気。それにプロデューサー、ひどい顔になってる…)
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:45:33.40 ID:cD3+PP9i0
P「菜々ぁっ!!昨日はすまなかった!俺が悪かった!」

菜々「そ、そんな!頭あげてください。プロデューサーが謝ることなんて…ちょっとはあるかもしれないですけ

ど…」

P「その上で頼む!菜々!触らせてくれ!」

菜々「」

P「おれはっ!菜々、お前の体が好きだ!お前の胸が好きだ!」

菜々「」

凛「ねぇプロデューサー、ちょっと屋上行こうか。久しぶりにキレたんだけど」

P「あ、凛、おはようっ。今日もがんばろうなっ」

凛「」

菜々「」

トレーナー「え、何これ、朝から昼ドラ?」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:46:05.11 ID:cD3+PP9i0






―屋上―

凛「それで、説明してくれるかな」

P「菜々はこんなにも低身長で凛以上に胸があってごふぅっ」

凛「うん、続けて?」

P(凛が無言で腹パンしてくる…)

P「俺はただ…菜々のおっぱいを揉みたいと……うごぁっ」

P(凛の腹パンが容赦ない…)
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:47:30.77 ID:cD3+PP9i0
菜々「そ、そんなにナナの胸がいいんですか?」

P「もちろんだとも!そのトランジスタグラマーは最高だ!」

菜々「な、なら…ちょ、ちょっとだけなら……」

凛「な、ちょ、ちょっと何を言ってるの!?」

P「うっひょおお!マジ!?マジで!じゃあさっそくいただきまーす!
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:47:31.66 ID:0Z7uwATBo
確かに酷い
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:48:52.82 ID:ge5l/ZW70
Pがひどいって事かww
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:50:20.27 ID:cD3+PP9i0
モミモミ
 モミモミ

菜々(あ、私今、プロデューサーに揉まれてるんだ…)

モミモミ
 モミモミ

菜々(男の人に…プロデューサーに…あれ?プロデューサー、気絶してる?

モミモミ
 モミモミ

菜々「あれ、じゃあこれは…」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:51:00.11 ID:cD3+PP9i0
愛海「うひひひ、菜々先輩の胸は最高ですなぁ」

菜々「愛海ちゃん!?」

愛海「凛先輩も良かったけど、菜々先輩もやっぱり大きくて良いですなぁ」

菜々「あ、凛ちゃんが何かアイドルが見せちゃいけない恍惚とした表情で倒れてる!」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:51:32.73 ID:cD3+PP9i0
それからナナは愛海ちゃんにずっと揉まれ続けました。
気絶から立ち直ったプロデューサーにも揉まれました。

そして今も揉まれてます

菜々「どうして、こんなことに…ナナのおっぱい、変になっちゃうよぉ…」

その後、なんやかんやでロリ巨乳アイドルとして成功し
Pと結婚して引退するまでトップアイドルでありつづけたとかなんとか
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 22:54:32.73 ID:inDPvagxo
揉んでるだけじゃねえかwww

みくにゃんのファンやめます
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 23:07:56.34 ID:cD3+PP9i0
おまけ

菜々「ぷ、プロデューサー、そ、そんな胸ばっかり揉んじゃ…ダメです……」

P「いやだってなぁ、菜々の胸気持ちいいし」

菜々「それに、こんな…社長室で…誰か入ってきたら……」

P「見せつけてやればいいじゃん」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 23:09:17.18 ID:cD3+PP9i0



P「みたいなのがしたいんですよ」

菜々「」

P「だから揉ませてください」

菜々「あの、普通にベッドでしませんか?」

P「なんかマンネリ化してるじゃないですかーやだー」

菜々「バレたら菜々のアイドル生命が終わっちゃいますよぉ…」

P「大丈夫!」

菜々「えっ?」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 23:10:38.88 ID:cD3+PP9i0
P「俺のプロデューサー人生も終わるから!」

菜々「…プロデューサー、ちょっとそこに正座してください」

P「え、あ、はい」

菜々「いいですか、仕事というのはですね…(クドクド」

P(あぁ…菜々さんのお説教タイム…良い)

菜々「もう、ちょっと、聞いてるんですかプロデューサー!(プンプン」

P「聞いてる、聞いてるよ」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 23:12:00.34 ID:cD3+PP9i0

菜々「じゃあ聞きながら胸揉まないでくださいっ!」

モミモミ

P「仕方ないじゃないか。菜々の胸が気持ちいいんだから」

菜々「いつもそうやって…プロデューサーは菜々の体だけが目当てなんですね」

P「ば、ばか、胸なんか関係なく、菜々のことが好きに決まってるだろ!」

P「ただ、その…ちょっと、恥ずかしくて」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 23:13:25.18 ID:cD3+PP9i0
菜々「あのですね、プロデューサー。はっきり言っておきますけど」

P「え、うん」

菜々「普通は胸揉ませてとか言う方が恥ずかしいです。」

P「あーそうだね、うん。とりあえずベッドいこうか」

菜々「もう、ナナはそんなのじゃごまかされませんよ!ナナは、ナナは、」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/27(土) 23:15:24.56 ID:cD3+PP9i0
ここから先は見せられないんで今度こそ終わりますね!
ありがとうございました!

HTML化依頼だしておきます

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ